CoCoSiA(ココシア)

LINEの名前は本名かニックネーム...(続き2)

筆者の仲良しの後輩ちゃんは夜のお仕事をしているということもあり、LINEの名前には本当の名前の文字をひとつものせることもないですし、だからといってお店でつかっている源氏名をつかうわけでもなく、フルーツのスタンプで名前登録をしています。

まぁ最初はどうしてこんな名前にしているんだろう!とびっくりしてしまいましたが、彼女なりに出した答えだったんですよね。

そのように設定した名前によって、相手からどのような印象を持たれるのかって変わってくるものです。

ひとつ前の項目で、あなたのLINEの友達リストをながめてほしいとお伝えしましたよね。

そこには、本名で名前設定している人もいれば、ニックネームで名前設定しているような人もいたはずです。

それぞれの人にどのようなイメージをもったでしょうか?

相手のことをよく知っていたとしても、そこでの名前設定によって「日ごろどのようにふるまっているのか」というのをなんとなくでも想像することができたのではないでしょうか。

そうはいっても、あまりイメージできない!友達リストの友達がいない!

なんていう方もいらっしゃるはず。

そのような方のために、ニックネームと本名それぞれの名前を設定することによって、どのような印象を持たれやすいのかについて解説していきましょう。

ニックネームはプライベート感が出る

ニックネームを設定している人のLINEをみると、相手がどんなに厳しいような性格をしているとわかっていてもなんだか“やさしい雰囲気”だとか“やわらかいもの”を感じるのでは?

それは、ニックネームでの設定がプライベート感があるからなんですよね!職場でしか関係の持たない相手とLINE交換をしたとしましょう。

あなたが知っているのはその職場での相手の姿だけです。

働いているところだけではなく、人に対して厳しくしているところしか見たことがないかもしれません。

しかし、そのような相手のLINEの名前がニックネーム設定になっていると「ああ、この人も普通の人間なんだな」と心のどこかで納得できるはず。

プライベート感を出したいと思っていなかったとしても、ニックネーム設定にすることによって相手から親近感をもたれやすくなるんですね。

本名は固い感じが出る

実際に会った時にどんなに厳しい人であったとしてもニックネーム設定にしてあればなんだか親近感がわいてしまうとのことでした。

では、本名でLINEの名前を設定している人に対して、人々はどのような印象を持つのでしょうか?

ずばり、ニックネーム設定とはまったく正反対で「つっこみづらい」とか「手堅い」「厳しそう「なんだか堅そう…」なんていう固そうな印象を与えることになります。

日本人の多くの方の名前ってすべてが漢字で構成されていますね。

なかには漢字にしないですべてひらがなで本名を名前設定している方もいますが、それでもやはりニックネームに比べると“他社との間に壁を設けている”ということを瞬時に判断されるので、相手から厳しいような、かたくるしいようなイメージをもたれることになるんです。

もしも、周りからとっつきにくいのではなくもっと親近感をもってほしいと感じていたり、せっかくLINE交換できた知人ともっと仲良くなりたいと思っているのであれば、一時的にでも名前をニックネームにしたほうがいいのかもしれません。

しかし、仕事関係でもそのLINEを使っているというのであれば、公私をはっきりさせるためにも会社の人たちには威厳を保つためにも本名設定したほうが良いでしょう。

LINEの名前をニックネームにするメリット・デメリット


これまでにLINEの名前においてニックネームにしたときと本名に設定したときにそれぞれどのような印象を持たれるのかについて解説してきましたね!

あなたが今設定している名前は、いったいLINEの友達たちにどのように思われているのでしょうか?

それをなんとなく把握できたかもしれないですね。

しかし、LINEの名前をニックネームにする意味が分からない!というかたも中にはいらっしゃるかもしれません。

これまでに本名で名前を設定してきた人にとって、ニックネームでLINEの名前を設定しているなんてありえないですよね。

また、これまでずっとニックネームをLINEの名前に設定してきたかたもいることでしょう。

そんな“LINEの名前をニックネーム”にすることに関して、なんらかの疑問を抱えていたり、反対にそれに満足している人に“LINEの名前をニックネームにすることの良いところと悪いところ”をご紹介しようと思います。

物事に良い面もあれば、確実に悪い面もあるもの。

ぜひ、これを確認してすこし考え直しているといいかもしれないですね。

【メリット】親しみやすい印象

ふたつあるうちの一つ目のメリットは、ニックネームを名前に設定することによって「親しみやすい印象」を相手に与えることができます。

すでにこれまでにお伝えしましたが、本名を名前設定していると相手がどんなに親しみやすい性格をしていると知っていたとしても、なんだか絡みづらいような気がしてしまうんですよね。

それは、漢字で構成されている名前で堅苦しいイメージを増長させてしまっているからです。

しかし、ニックネームですと大体の方がひらがなもしくはカタカナ、スタンプなどに設定しているので堅苦しいイメージを与えません。

その結果、日ごろどんなに堅苦しいイメージを持っている人であってもLINE上では“親しみやすそう”と思わせることができるんです。

直接会話をしてコミュニケーションをとるよりもLINEのようなコミュニケーションツールで気持ちを伝えることが増えた現代では、名前で親近感を伝えるのは重要だといえます。

【メリット】プライバシーが守られる

二つ目のメリットは、プライバシーが守られるということです。

LINEって気軽に交換することができるので、電話番号やメールアドレスをしらないような初対面の相手にでも教えてしまっていませんか?

もしも本名をLINEの名前に設定してしまっていると、まだよくもしらない相手にあなたの本名を伝えることになります。

現代ではなんとその名前だけでも犯罪につかわれたり、さらにはあなたのストーカーとなって家までやってくるなんていうこともあります。

それにフェイスブックなどの本名で登録するものまでもやっているのであれば、そこをつきとめられ、しつこい攻撃にあってしまうことも。

どんなに信用できる人だと思ったとしても、相手ってわからないものなんです。

誰でも信用してしまう人、もしくはこれまでに騙された経験がある人ほど名前はニックネームにしておいたほうがいいでしょう。