「地味顔を華やかにしたい!」と思っている人はいませんか?

華やかな派手顔に憧れて、地味顔にコンプレックスを抱えている人は少なくないと思います。

そこで今回は“地味顔の6個の特徴”と、地味顔をカバーする“おすすめメイク方法5選”をご紹介します!
地味顔に悩む人は是非参考にしてみて下さいね。

地味な顔…もっと華やかになりたい!

地味顔だと人に顔をなかなか覚えて貰えなかったり、顔の印象だけでなく存在感まで薄くなってしまったり、地味顔のせいで暗い性格に見られたり…と損をする事も多いですよね?

そんな地味顔にも「品がある」「素朴で安心感がある」「親しみやすい」といった良いところも沢山ありますが、コンプレックスに思っている人がそれなりに存在するのも事実…。

そんな地味顔をもっと華やかにしたい…!という願いを叶える為に、今回は“地味顔の6個の特徴”と地味顔をカバーする“おすすめメイク方法5選”をご紹介したいと思います!

地味顔の6個の特徴

ところで、「地味顔ってどんな顔…?」「派手顔とどう違うの?」と思っている人も居るのではないでしょうか?

「薄い顔」「純和風の顔」と、ザックリとは理解していても、目・鼻・口などのパーツは具体的にどうなっているか?と聞かれて、上手く説明出来る人は意外と少ないかもしれませんね。

地味顔をメイクで華やかな印象にするにも、まずは地味顔の特徴を把握しておかなければなりません。

そこでまずは、“地味顔の6個の特徴”をご紹介していきたいと思います。

「地味顔で悩んでいる…」という人は、自分の顔が本当に地味顔に当てはまるのか、次の特徴をチェックしてみて下さい。

1.目

地味顔の特徴は目元によく現れていると言っても過言ではありません。

目元の印象が薄いと、顔全体の印象もボヤけてしまいがち…。

特に目元は、顔のパーツの中でも他人の視界に入りやすい部分なので、目元に特徴がないと相手の記憶にも残りにくいのです。

それでは、地味顔の目にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

一重

地味顔と言われる人の目は、一重である確率がかなり高いと言えます。

一重にも種類がありますが、例えば、瞼が厚く腫れぼったい一重・瞼がすっきりとしてキリッとした一重・日によって二重になる一重など。

ちなみに日によって二重になる場合は、むくみや肥満が原因で二重の線が消えていると考えられます。

二重線を復活させたいなら、むくみ解消マッサージやダイエットが効果的です。

また、瞼が厚く腫れぼったい一重の場合は、瞼に脂肪が多く溜まっている状態なので、二重を作る為のテープや糊を使用しても、脂肪が邪魔をして二重線が作りにくいと言えます。

奥二重

地味顔には一重の人だけでなく、奥二重の人も多いです。

奥二重は遠目で見ると一重の様に見えるので、地味顔に分類されてしまうのかもしれません。

一重や奥二重だと、目の縁(上瞼、まつ毛の生え際)が瞼で埋もれ、目の輪郭が見えなくなってしまいます。

すると目力が弱くなり、目元の印象も薄くなってしまうのです…。

一方、派手顔と呼ばれる人々の目は、二重の線がくっきりとついた幅広の二重瞼が多く、二重だと目の縁が埋もれる事がないので、目力も強くなり印象的な目元になる訳ですね。

目が切れ長

地味顔は細く切れ長な目をしている特徴もあります。

“切れ長”と言っても、つり目やたれ目で印象は大きく変わるかもしれませんね。

つり目×切れ長なら、キリッとしてクールで知的な印象を与えるでしょうし、たれ目×切れ長なら、大人っぽくてセクシーな印象を与えるでしょう。

その様な特徴があるのにも関わらず、印象に残りにくいのは、つり目×切れ長は「さっぱりしている」とも言えますし、たれ目×切れ長は「眠そうな目」にも見えてしまうからかもしれません。

目が小さい

地味顔な人の目は、比較的小さい傾向にあります。

「目は口ほどに物を言う」と言いますが、目が小さいと感情が読み取りにくいので、顔の印象も薄く感じるのかもしれません。

ちなみに、ここで話している小さい目の程度はそれぞれで、目に見えて小さい目はもちろん、言われなければ気付かない程度に小さい目も、地味顔の特徴に含まれる場合があります。

微妙なサイズ差であっても小さければ、見る側には物足りなく(=地味に)映ってしまうでしょう。

2.まつ毛

一般的に派手顔と言われる人のまつ毛を観察して見ると、長さがありビューラーを使用しなくても自然と上にカールしており、1本1本の毛が太くて濃く毛量もありますよね。

やはり、まつ毛の存在感が強いと目元の印象も華やかになります。

では、地味顔のまつ毛にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

短い

地味顔な人のまつ毛は派手顔な人のそれと比べ、短いという特徴があります。

まつ毛の長さが足りなくてビューラーを使用しても上手くカールしなかったり、付けまつ毛やまつ毛エクステをしないとメイク顔が決まらない、という場合は、“自まつ毛が短い”と言えるかもしれません。

ただし、地味顔な人のまつ毛が短いのは、“短く見えるだけ”というパターンも存在し、これには一重や奥二重が関係していると言えます。

一重や奥二重だと瞼で目の縁=まつ毛の生え際が埋まってしまい、まつ毛が見える部分が少なくなるので、長さがあったとしても短く見えてしまう訳です。

少ない

派手顔な人の場合は、上まつ毛だけでなく下まつ毛もバサバサ。

すると目の輪郭が強調されるので、目力がアップし目元も引き立ちます。

逆に、地味顔な人のまつ毛は量が少ないです。

毛量が少ないので目の輪郭もボヤッとしがち…。

また、まつ毛の量が少なく見える原因には、1本1本が細く薄い事も関係していると言えます。

毛量を増やして1本1本を濃くしたい場合は、まつ毛専用の美容液を使ってケアをすると良いかもしれませんね。

3.眉毛が薄い

眉毛が薄いのも地味顔の特徴の1つです。

メイクで理想の形を描く為に、眉毛を剃っている人もいるかもしれませんが、眉なしのすっぴん顔ってとても地味に見えますよね?
これは、表情が読みにくくなっている事が原因とも言えます。

目と同じく、眉毛は表情を豊かに見せるのに大きく関わるパーツです。

眉が薄いと眉の形がはっきり見えないので、表情の変化が分かりにくくなってしまいます。

それから眉が濃いと、目元が強調され目が大きく見える効果があるのだとか。

つまり、眉毛が薄いと目元の印象も薄くなってしまう訳です。

4.鼻が低い


鼻が低いのも地味顔と言われてしまう特徴でしょう。

低い鼻だと顔にも凹凸が生まれないので、立体感がなくのっぺりとした印象になりがちです…。

逆に派手顔な人は、鼻が高く顔の彫りも深いですよね?

低い鼻も愛嬌があると言えますが、目立つは鼻筋の通った高い鼻でしょう。

それに平面的な顔よりは、メリハリのある立体的な顔の方が印象に残りやすいはずです。

ちなみに低い鼻の基準は、眉間が平らで指で摘めなかったり、メガネやサングラスを掛けた時にすぐにずり落ちてしまう場合になります。

5.色白

小麦肌や透明感のある美白肌は目を引きますが、実は地味顔にも色白肌な人が多い、という特徴があります!

色白肌は清楚なイメージで男性ウケも良いですが、血色が悪く見える色白肌のパターンも少なくありません…。

健康なのに肌が白過ぎるせいで、「具合悪い?」「ちゃんと寝て、食べてる?」と、周りの人に心配されるのも地味顔あるあるかも。

透明感や美白ではなく、単に色白なだけではインパクトも弱いと言えるでしょう。

6.メイク映えする

地味顔はメイク映えするとも言われ、中にはメイク前と後で別人の様に変わってしまう人もいます。

派手な顔を目立たない顔にするのはメイクでもかなり難しいと思いますが、地味な顔を華やかな印象にする事はメイクで出来ますよね?
地味顔で悩んでいる人には、メイクという強い味方がいるので大丈夫!

とはいっても、地味顔をカバーするメイク方法を知らないと失敗してしまう恐れがあるので、次の項目では、“地味顔のおすすめメイク方法5選”をご紹介したいと思います。

地味顔のおすすめメイク方法5選

“地味顔の6個の特徴”はいかがでしたか?

「バッチリ当てはまってしまった…」と落ち込んでいる人も、今からご紹介する“地味顔のおすすめメイク方法5選”を実践すれば、華やかな印象の顔になれるはずです!

地味顔を華やかな印象にしたい人だけでなく、「地味顔に合うメイクが分からない」という人や、「地味顔のマイナスな部分をカバーしたい」という人にもオススメのメイク方法なので、最後までしっかりチェックしてみて下さいね。

それでは、“地味顔のおすすめメイク方法5選”を見ていきましょう!

1.アイメイク

まずはアイメイクからです。

地味顔の場合、普段と少し違うアイメイクで目元に特徴を出すだけで、顔全体の雰囲気もガラリと変わります。

つまり、目元は特に力を入れるべきパーツなのです!

華やかな印象にしたいなら、目元をぱっちり大きく見せるアイメイクを施しましょう。

上下まつ毛の根元からしっかりビューラーを当て(カールさせると言うより、まつ毛を上下にパッと開く感じが良い)、同じくマスカラも上下まつ毛の根元から塗ります。

ちなみに、裸眼やコンタクトの場合は長さとボリュームの両方を重視したマスカラを使用し、眼鏡をかける場合はボリューム重視のマスカラを使う(まつ毛が長いとレンズに当たってしまう)と良いでしょう。

目の周りは囲まない

よく、「目力を出す為」とか「目を大きく見せる為」といって、目の周りをアイラインでぐるりと囲うメイクをしている人もいますが、それだと逆に目が小さく見えてしまう場合があります。

このメイク法はパンダ目の元にもなりますし、目の周りをアイラインで囲むのはやめた方が良いかもしれませんね。

アイラインは少し太めに


地味顔の場合、アイラインは少し太めに引くのがポイントです。

目を開けた時にラインがしっかり見えるくらいがベスト!

小さくつぶらな目なら、アイラインの色は黒をチョイスして目立たせるのが良いでしょう。

それから、アイライナーはリキッドタイプがオススメです。

奥二重なら、太めのアイラインを引いた後にアイシャドウでしっかりぼかせば、印象的な目元になります。

ただ一重の場合は、単に太い線を引くと逆に目が小さく見えてしまう場合も…。

なので、まず全体的に細めのラインを引き、黒目の上部分のみ太めにするのがオススメです。

こうする事で目が大きく見える効果が狙えますよ。

アイラインは目尻からやや下にはみ出して描くと、印象的な目元になるでしょう。

さらに、アイラインと同じ色のアイシャドウを目尻に入れてぼかすと、さらに華やかな印象になるはずです。

ブラウン系でグラデーションをつけて

アイシャドウには地味顔に馴染みやすいブラウン系を使うのがオススメ。

ブラウン系はナチュラルさを演出し、ブラックのアイラインとの組み合わせでイマドキなメイクになります。

ところで、目と眉の距離が近いと濃い顔に見えますよね?

瞼にグラデーションをつける事によって、目と眉の距離を近く見せる事が出来るのです。

ただし、濃いブラウン一色をアイホール全体に塗ってしまうと、ただメイクが濃い印象になってしまうので気を付けて下さい。

濃いブラウンと薄いブラウンを使い分けて、目頭から目尻にかけて色が濃くなる様に綺麗なグラデーションをつける事で、目元が一気に華やかな印象になるでしょう。

それから、涙袋も目元の印象アップに繋がります!

涙袋用のメイク道具がない場合は、アイシャドウでも簡単に作る事が可能です。

白・薄いピンク・ベージュなどのアイシャドウを涙袋の部分に薄く塗り、涙袋の下に薄い茶色のラインを引けばOK!

涙袋がない人はメイクで作ってみては?

2.鼻筋を通す

顔の彫りが浅い地味顔に立体感を持たせるには鼻筋を通して鼻を高く見せるのがオススメです。

鼻の形を変えるのは難しいですが、メイクを施せば高い鼻に見せる事は可能!

ハイライトとノーズシャドウを使い、鼻筋を目立たせましょう。

鼻に入れるハイライトは、太過ぎると鼻自体が大きく見えてしまうので、鼻の最も高い部分に細く入れるのがポイントですよ。

肌より暗めのノーズシャドウで

肌色より暗めのノーズシャドウを使い、鼻筋に影を入れていきましょう。

まず、目頭上の部分にやや濃い色のノーズシャドウで小さな三角形の影を入れます。

次に、眉頭と鼻筋のを繋げる感覚で、明るい色のノーズシャドウを鼻筋寄りに薄く入れましょう。(濃く入れ過ぎると眉毛と繋がって見えてしまうので注意して下さい。)

続いて、眉頭から鼻筋にかけて入れたシャドウの延長線上に、さらに明るい色のノーズシャドウを鼻筋に沿って入れます。

ここで鼻先まで入れてしまうと顔が間延びして見えてしまうので、小鼻の始まりで止めるのがポイントです。

最後に、指の先で眉頭から鼻筋にかけて入れたシャドウと鼻筋に入れたシャドウを優しくなぞってぼかせば完成!(※強くこすると、ノーズシャドウが広がって鼻が黒くなってしまうので気を付けましょう。)

肌に近過ぎる色だとシャドウを入れても、鼻筋があまり目立たないので注意して下さいね。

ノーズシャドウの色は、自分の肌色や眉色などに合わせて、パレットにある色(2〜3色がセットになっている場合が多い)をブレンドして使うと自然な色合いが表現出来るでしょう。

濃い陰影には注意

影になる部分が濃くなり過ぎてしまうと、悪目立ちしてしまったり、一昔前の古いメイクを彷彿とさせるので気を付けましょう。

ちなみに、ノーズシャドウが馴染みやすい様に眉毛を濃いめに描くのがポイントです。

3.ベースメイク

地味顔の場合は、ベースメイクの段階から顔の立体感を意識して下地などを塗っていく必要があります。

メリハリのある顔にする為に、ファンデーションもツヤ系とマット系の2種類を使用するのがベスト!
おでこ・鼻・頬などの高さを出したいところには、くっきりとした印象を演出するツヤ系のファンデーションを塗り、その他のところには上品で柔らかい印象を演出するマット系のファンデーションを塗っていきます。

くっきりなツヤ感と柔らかいマット感で、顔にメリハリのある凹凸が生まれるはずです!

ただし、ベースメイクが厚くなってしまうと逆にのっぺりとした感じになってしまうので、仕上げのフェイスパウダーも軽めに乗せるのが良いでしょう。

パウダーを多くはたき過ぎると顔が真っ白になり、せっかく作ったツヤ感も失われてしまうので注意が必要。

それから、下地やファンデーションは自分の肌に馴染む色や自分の肌質に合ったものを使用して下さいね。

均一のベタ塗りを避ける

下地やファンデーションが一色のみで均一にベタ塗り状態だと、のっぺりとした顔が強調されてしまいます。

くまや毛穴が目立つ部分など、カバーしたいところは厚くならない程度にしっかりと塗り、それ以外のところは全体のバランスをよく見ながら薄めに塗り、均一のベタ塗りにならない様に加減していくと良いかもしれませんね。

また、顔の彫りを演出したいところには暗めの色、高さを際立たせたいところには明るい色を置く…といった感じで、ポイントによってファンデーションの色を変えると、のっぺりとした印象になるのを防げるでしょう。

ハイライトで奥行きと高さを出す

顔に奥行きや高さを出すには、ファンデーションの色を変えるだけでなく、ハイライトやシェーディングも上手く使いましょう。

Tゾーン・両頬骨・顎など、顔の中で高さを表現したいところにはハイライトを入れて目立たせます。

おでこ(髪の生え際)・目頭から鼻筋・フェイスラインにシェーディングを入れると影が出来て立体感だけでなく小顔効果も狙えますよ。

ハイライトとシェーディングを入れるのと入れないのとでは、メイクの仕上がりなかなりの差が出るので、今まであまり意識してこなかった人は、次回から取り入れてみて下さいね。

4.チーク

色白で血色が悪く見られがち地味顔は、チークに明るい色をチョイスし血色の良い色白肌を演出しましょう!
ナチュラルカラーより、1トーンだけ明るい色にすると自然な華やかさを演出する事が出来るでしょう。

ちなみに、チークとリップの色を統一すると全体のバランスが取れ、地味顔でもチークやリップの明るい色が浮かずに済みますよ。

頬骨の少ししたに沿う形でスライド

チークを頬に丸く円を描く様にして入れている人も多いかもしれませんが、チークを丸く入れてしまうと子供っぽい印象になったり、頬骨(凹凸)を意識せずに塗り込んでしまっているので顔に立体感が出ません。

立体感を演出するチークの入れ方は、頬骨の少ししたに沿う形で、ブラシで横にスライドする様に広く入れるのがベストと言えます。

こうする事で頬骨が強調されて、顔の凹凸が際立つのです。

5.眉頭

眉毛を描く際にもちょっとしたポイントがあります。

実は、左右の眉頭の間隔が広いと優しい印象になり、逆に狭いとハッキリとした印象になるのです。

つまり、地味顔には左右の眉頭の間隔が狭い方が向いているという事。

一般的に眉頭は、目頭の真上にくるのが基本的な位置だと言われており、眉を描く際に目頭の位置を参考に眉頭の位置を決める人も多いと思います。

しかし、地味顔をクッキリとした顔に近づけるには、眉頭を目頭よりも少し内側に描き込むのがベストです!

少し求心的にやや鼻筋に繋げる気持ちでぼかす

描き込んだ眉頭をぼかす際は、少し内側にやや鼻筋に繋げる気持ちでぼかすのがポイントになります。

こうする事で鼻筋が際立ち、鼻が高く見えるのです!

ちなみに、眉毛は全体的に太く&濃く描いた方が目元の印象が強くなり、眉マスカラを使う時は髪色よりワントーン明るい色をチョイスすると今風になるので、試してみて下さいね。

自分を知ろう

いくら派手な印象の顔になっても、自分の雰囲気に合っていないメイクでは意味がありませんよね?
みなさんが求めているのも、自分に似合う華やかな印象のメイクでしょう。

映えるメイクを施すには、自分の顔の特徴や雰囲気(見た目はもちろん、内面も含む全体的な雰囲気)に似合うものをチョイスする必要があります。

ですが自分の事を知らないと、似合うメイクか似合わないメイクかすらも分からないでしょう…。

つまり、似合うメイクを施すには、まず自分の事を知る必要があるのです!

「“自分を知る”って…?」と思った人は、次の項目に目を通してみて下さい。

1.パーソナルカラー診断

みなさんは「パーソナルカラー診断」をご存知でしょうか?
“パーソナルカラー”とは、その人の髪・肌・瞳・頬・唇などの色と調和する色、つまりの“自分に似合う色”の事。

そして「パーソナルカラー診断」とは、その“自分に似合う色”を見つける為の診断で、「自分の肌色は“ピンク系”or“黄色系”?」とか「よく着る服の色の系統は?」といった、いくつかの質問に答えていくと、パーソナルカラーが導き出せるというものです。

パーソナルカラー診断は、サイトやアプリなら無料でセルフチェックする事も出来ますが、本格的な診断がしたいならパーソナルカラー診断が受けられるビューティーサロンでプロに相談するのがオススメ。

大抵のサロンではパーソナルカラー診断の他に、カウンセリングやカラーコーディネート&メイク道具の提案などのサービスがコースになって提供されているはずです。(※料金はサロンやコースにより異なります。)

興味のある人は、お近くのサロンに足を運んでみては?

自分に似合う色を知って失敗を少なく

パーソナルカラー診断で自分に似合う色を把握しておけば、メイクやコーデの色選びで失敗を減らす事が出来るでしょう。

さらに、自分に似合う色をメイクに取り入れる事で、肌の色が映え顔のパーツが際立ち、地味顔を華やかな印象にしてくれるのです!

ちなみに、パーソナルカラーには「スプリング・春」「サマー・夏」「オータム・秋」「ウィンター・冬」の4タイプが存在し、それぞれに以下の様な特徴があります。

「スプリング・春」タイプの人は、透明感とキュートな印象があり、周りを明るくするオーラを持ち合わせています。

そんなスプリング・春タイプの人には、明るく澄んだ色ピッタリ!

暖色系なら→スカーレット・ウォームパステルピンク・オレンジレッド・ライトクリアゴールドetc…

寒色系なら→ターコイズブルー・ライトペリウィンクル・パステルイエローグリーン・ライトトゥルーブルーetc…

メイクに取り入れたい色→ファンデーション:黄みがかったベージュ・アイシャドウ:ライトブラウンorイエローベージュ・リップ&チーク:コーラルピンクorオレンジレッド

「サマー・夏」タイプの人は、爽やかで涼しげな印象がありつつ、エレガントでソフトな雰囲気も持ち合わせています。

そんなサマー・夏タイプの人には、上品かつ優雅なパステル色が似合います。

暖色系なら→ローズレッド・ラズベリーレッド・ローズピンク・ライトレモンイエローetc…

寒色系なら→ライラック・ラベンダー・ベビーブルー・ミントグリーンetc…

メイクに取り入れたい色→ファンデーション:ピンクベージュ・アイシャドウ:ラベンダーorローズブラウン・リップ&チーク:ローズピンクorレッドorローズレッド

「オータム・秋」タイプの人は、大人っぽい落ち着きと知的な印象があり、周りの人を癒し和ませる雰囲気の持ち主です。

そんなオータム・秋タイプの人には、柔らかくて深い、洗練された色が似合うでしょう。

暖色系なら→ラスト・パンプキン・ディープバイオレット・マスタードetc…

寒色系なら→ティールブルー・ホリゾンブルー・オリーブグリーン・モスグリーンetc…

メイクに取り入れたい色→ファンデーション:オークル系・アイシャドウ:モスグリーンorカーキー・リップ&チーク:サーモンピンクorオレンジ

「ウィンター・冬」タイプの人は、モダンでシャープな印象で、人を惹きつける強いオーラと華やかな雰囲気を持っています。

そんなウィンター・冬タイプの人には、原色の様な鮮やかな色かモノトーンが似合うでしょう。

暖色系なら→ワインレッド・ローズ・レモンイエロー・アイシーピンクetc…

寒色系なら→パープル・ウルトラマリンブルー・チャイニーズブルー・ビリジアンetc…

メイクに取り入れたい色→ファンデーション:黄みの少ないベージュ・アイシャドウ:ブルーグレーorパープル・リップ&チーク:ワインレッドorローズorレッド

パーソナルカラーが分かったら、参考にしてみて下さいね。

2.特性を活かす

自分に似合うメイクとは、自分の顔の特性を活かすメイクとも言えます。

メイクを“欠点を隠すもの”だと考えている人は、“自分の顔の特性を伸ばすもの”という認識に変えた方が良いかもしれませんね。

自分の顔の特徴やパーツのバランスから、どんなメイクなら自分の顔が映えるかをよく考えてみましょう。

顔の特徴やパーツバランスを把握しておく事も大切ですが、メイクをする時は「どんな顔になりたいか?」という具体的な仕上がりのイメージを持たないとダメです!

“華やかな印象の顔”にも種類がありますよね?

例えば、“柔らかく女の子らしい可愛い系の華やかさ”とか、“シャープで大人っぽくセクシー系の華やかさ”など…。

そういう自分のなりたい顔のイメージを強く持って、メイクを施していきましょう。

特に希望がないのであれば、自分の顔をよく観察してみて、どんな雰囲気が似合いそうか考えてみれば、良いイメージが湧いて来るかもしれませんね。

流行りを追いかけすぎない

流行りをいち早く取り入れるのがオシャレだと思っている人も多いと思いますが、流行りのメイクが自分の顔に似合うとは限りませんよね?

いくら流行っていても、似合っていなければオシャレでも何でもありません…。

なので、流行りを追いかけ過ぎない事も大切です!

流行りを取り入れるにも、自分の顔に合わせて多少アレンジを加える必要があるでしょう。

自分の顔の特性を活かしたメイクなら、無理に流行りに乗っからなくてもオシャレさを演出する事が出来るはずですよ。

自分を活かせるメイクで華やかに(まとめ)

“地味顔の6個の特徴”と、地味顔をカバーする“おすすめメイク方法5選”はいかがでしたでしょうか?

メイクも最初の内はしっくり来なかったり、上手く決まらなかったりするかもしれませんが、パーソナルカラーを参考に色味を変えたり、何度か練習を重ねれば、必ず理想の華やかな顔に近づくはずです。

地味顔に悩む人も、自分を活かしたメイクで華やかに変身しちゃいましょう!