発想力があれば、あんなことやこんなことなんてスムーズにできるのではないか?

あの人ってどうしていつもあんなにすばらしい発想をすることが出来るんだろう?

・・・なんて、自分にはまったく才能がないように思える”発想力”って誰もが手に入れたいスキルですよね。

なにせ、この世界はあらゆる人がその発想力によって発想したことで出来ているもので溢れています。

飛行機だって、毎日使っているスマホだって、それにパソコンだって、電車だって。

誰かが発想することがなかったら、いつまでもそれがなくて不自由な生活をしていたことでしょう。

それくらいに”発想すること”ってすばらしいことなんですよね。

とはいえ、あなたでも発想することはできるんです。

だって、小さい頃はほいほいと今思えばびっくりするくらいに色々なことを発想することが出来たのではないでしょうか。

でも大人になるにつれて、子供の頃のように色々な発想が浮かばなくなってしまうんですよね。

それってあなたがあなた自身で自分の発想力をとめてしまっているだけなんです。

しかし、世の中にはあなたと同い年くらいになっても、大人になったとしても子供の頃のような発想力やさらにそこに大人の知識を加えた新しい発想ガで切る人もいますよね。

そのように発想力がある人には、ある共通点がみられることがわかったんです!
この記事では、そんな世界を支えている”発想力のある人”について特集していきます。

発想力のある人ってどんな人なの?

そもそも想像力と何が違うの?

なんていう単純なギモンにお答えするだけではなく、発想力のある人の特徴、そしてこれから発想力のある人になる(戻る)にはどんなことをすればいいのかについてお伝えしています!

今は自分の発想力に自信がないかもしれませんが、この記事を読み終える頃にはあなた自身も発想力のある人になれると確信をもてるはずですよ☆

発想力がある人に共通することとは?

あなたの周りには、「発想力がすごいなぁ」とかんじるような人はいませんか?

この世界には、そのように発想力がすごいなぁとかんじるような人もいれば、まったくもって発想力がない人がいるものです。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?

まったく発想力がなくて、お仕事に支障が出てしまっているという人もいれば、最近なんだか発想力がすごくてこれから何かこれまでにないような発表が出来るかもしれない!

なんて心おどらせている方もいらっしゃるかもしれないですね。

発想力がある人が周りにいる人は、お分かりかと思いますが発想力がある人には必ずして共通してみられる特徴があるんです。

もしも、あなた自身はまだ「自分は発想力がない人間だ」なんて考えていたとしても、その特徴に当てはまるのであれば確実にその発想力を持っていることになります。

それを忘れてしまっているだけであって、そのコツを思い出しさえすればあなたが憧れているようなあの人のように発想力を使って何かを成し遂げることが出来るかもしれないんです。

とはいえ、発想力に共通することってなかなか分からないですよね。

そんなあなたのために、次の章にて「発想力がある人の特長」をいくつかご紹介しています!それをチェックしてみてくださいね。

発想力と想像力の違いは?

発想力が欲しい!と思う人のなかには、ひとつだけ疑問が浮かぶことがあります。

そもそも発想力と想像力って何が違うの?という話。

発想力と想像力というのは、似ているような気がしてしまいますよね。

しかし、これらって実は明確な違いがあるんです。

発想力がある人の特長を知っていく前にまずは「発想力と想像力の違い」をはっきりさせておこうじゃありませんか!

想像力というのは、自由に想像することの出来る力のことをいいます。

あなたは、毎日何かを想像しているのではありませんか?

「あんな服装ができたら私も可愛くなるのにナァ」なんて考えながら、その特定の洋服を着ている自分を想像するなんて日常茶飯事のはずです。

好きな人がいれば、その好きな人と手をつないで歩いているのを想像しているかもしれないですね。

それに反して発想力とは、”想像したことから得ることの出来る結果”といったら分かりやすいでしょうか。

想像力というのは、まだもっていないようなことを自由に頭の中で想像するということでしたね。

想像するだけでもとてもすばらしいことですし、これは誰もがすることのできることです。

今あなたに問題を出してみましょう。

目を瞑って羊のいる牧場を想像してみてください。

想像することができましたか?

しかし、その先にあるのが”発想力”なんです。

誰でも簡単にできるのが想像力であり、そしてその羊がたくさんいる牧場をもっと簡易性のあるものにするにはどうしたらいいのかというような問題ができたときにどのように対処するのかを考え抜く、もしくはパッと頭にひらめくのが”発想力”とよばれるものになります。

要するに、「想像力」というのは、ここにはないものを頭の中で自由自在に想像できるチカラのこと。

そして「発想力」というのは、その想像したものを元にしてソコから先にどのようなことをしていくのか、どうすればその想像したものを実現できるのかの対処方法や解決策などを考え付く力ということになります。

ずばり、発想力を豊かにするためにはまずは想像力を豊かにしておかなければいけないってことなんですよね。

あなたは想像することができていますか?

想像力は鍛えることが出来るもの。

それを鍛えることが出来れば、必然的に発想力が浮かびやすくなるということになるんです。

発想力がある人の特徴とは?

あなたの身近な人のなかに「発想力が豊かだなぁ」なんて感じる人だったり、「この人は発想力がスゴイ!」なんて思われるような人はいますか?

周りにそのような人がいればいいのですが、発想力のある人が身近にいないと「いったい発想力がある人ってどんな人なんだろう」なんてどんどん疑問が浮かぶばかりですよね。

それなのに自分が発想力のある人を目指すなんて少し難しい話です。

そんなあなたのために、ここでは”発想力のある人の特長”をお伝えしていきます!

まずは、発想力のある人の特長を学んでいきましょう!

もしかしたら、あなたはすでに発想力のある人間かもしれませんよ!

また、身近に「発想力があるなぁ」なんて感じる人がいるのであれば、その人のことを想像して読み進めると楽しいかもしれません。

1、頭の回転がすごく速い


発想力のある人は、とにかくなんといってもこれです!

頭の回転が速いんですよね。

「え?それっていつ考えたの?」なんて思えるような少し難しいようなことであっても、すぐに発想してきます。

そう。

常に頭の中はフル回転状態になっているので、そのように感じるのかもしれません。

あなたは、自分自身が頭の回転が速いと思いますか?

ひとつの物事に対してあれこれ悩んだりしていて数日たってしまう・・・というのであれば、現段階では”発想力のある人”とはいえないかもしれません。

しかし、あれこれ考えるのを数分でおえることができる、なにかを考えようとすると頭の中にスパスパッと浮かぶようになっている、というのであれば、もう頭の回転がはやくなる基礎ができあがっているといってもいいでしょう。

頭の回転が速いからこそ「あれがいいか」「これのほうがいいのか」なんてすぐに悩むことが出来るので、誰よりも早く良い結果を出すことが出来るんですね。

2、独創性がある


発想力があるというのは、なにも周りのみんなが考えられるようなことを考えるのとはまったく違うはずです。

それは大衆性のある考えを持つ人の特長になります。

では、発想力のある人はどんなことを発想することができるかといいますとずばり”まったく誰もが考え出さなかったようなこと”なんですよね。

今の世界では、モノが上から下に落ちるなんて当たり前に感じられますね。

たしかに昔の人でも今のアナタと同じ様に当たり前に感じていたかもしれません。

しかし、そこに”重力”という見えない力が働いていると発想することができた人がいたからこそ、今は「重力」という原理によってあらゆるものが応用して作られるようになったわけです。

当たり前のなかにこそ発見できることってたくさんあって、それってやすやすと見逃されてしまっていることが多いんです。

ずばり、それこそが独創性のある考えをする人の特長でもあります。

3、ユーモアがあって面白い

発想力がある人は物事を硬く考えていません。

そのため、想像すること、そして発想することというのは、他の人よりもはるかに”ユーモアセンス”がきらりと光っていることが多いんですよね。

あなたは、なにかを考えるときに重くとらえすぎていませんか?

そのように重くとらえてしまいますと、せっかく想像することができるかもしれないことを見逃してしまうってよくあることです。

しかし、発想力のアル人というのはいつでも”楽しく””大きな視点で”物事を見ているので面白い発想力を発揮するんです。

あなたの身の回りに発想力のある人がいるのであれば、もしかしたらそのようにどこかで感じたことがあるのではありませんか?

「この人は他の人とは違う面白いものの見方をしてるなぁ」なんて!

4、マニュアル社会の中で動けない

発想力がある人というのは、物事を他の人(発想力がない人)とはまったく違う視点でみています。

それは社会全体までもそのようにみているんですね。

そのため、誰もが従うことの出来る”マニュアル”だとか”礼儀””一般常識”というものに従うことが出来ません。

どんなときでも、たとえ上のものに求められたとしても”我流”を貫いてしまうんです。

それは、そうしたくてしているのではなく、自然とそうなってしまうもの。

また、マニュアル社会にとけこもうとするんですが、なかなかできないんですよね。

そのため、発想力のある人は若いうちはどこかの企業に勤めているということが多いですが、年齢があがっていくにつれてそこに違和感を覚えるようになり、独自の会社を立ち上げているケースがとても多いです。

いわゆる”変人”といわれるような人が多いってことなんですよね。

発想力が邪魔してしまう

では、どうしてなんでもできるような発想力のある人がマニュアル社会にとけこむことができないのでしょうか?

ずばり、発想力があってそれがジャマしてしまうからなんですよね。

「ここはこうしたらいいのに」とか「上司はあのようにいっているけれど、絶対にこうしたほうがいいのにな」という発想を浮かべることがあっても、絶対的に上司や会社のやり方に従わなければならないのってとても苦痛でしかないんです。

でも周りにいる人(たとえばあなたや筆者のような人)というのは、そのような考えさえも浮かばないのでそのまますんなりと受け入れてしまいます。

そこにもまた違和感を感じて「ここはいるべき場所ではない」と感じてしまうんですよね。

5、高い目標がある

あなたは、何か目標を持って生きていますか?

多くの方はなにかしらの目標を持っているかと思います。

もちろん、発想力のある人も目標をもっていきているんです!

ずばりその目標というのは、発想力がない人とはちょっとレベルがちがいます。

普通の人であればまったく想像しなかったようなスケールのでかい夢や目標を掲げていることが多いんですよね。

そのため、周りの人に話すと「そんなの絶対にむりだよ」なんていわれてしまいます。

しかし、発想力のある人というのは自分に根拠のない自信をもっていることが多く、そのような言葉を鵜呑みにするどころかそそくさとかなえてしまいます。

6、五感の働きが人並み以上

発想力のある人というのは、五感の働きがとても優れています!

例えば、食事をするにしても多くの方は見た目や香り、そして味を楽しむんですが「食事から音が聞こえる」とか「文字に色がついている」なんて言い出すんですよね。

それって一種の才能であり、もっている人ともっていない人がいるといわれているんです。

発想力のある人のほとんどは、それをもっています。

もしかしたらあなたも持っているのではないでしょうか?

周囲の変化にすぐ気付く

また、そのようにモノに色がついている・・・ということだけではなく、周囲の変化にスグに気づくことが出来るという才能まであります。

例えば、ちょっとしたもののズレを発見してそれによって大事故を防ぐことが出来たなんてよくある話。

要するに”良く見ている”んですよね。

それも目だけではなく、心の目を通してあらゆるものをみているので直感がよく働きやすいんです。

そのため、発想力がある人と一緒に行動していると急に「ここは空気が変」とか言い出します。

おばけか!?なんて怖い思いをしてしまうんですが、そうではなく、その部屋にいような空気(例えば誰もが気づかないような微量のガスのにおい、風邪を引いている人の風邪菌のにおい)なんかをかぎわけているんです。

すごいですよね。

感覚が鋭い

感覚が鋭いからこそ、五感が人並み以上に活躍しています。

発想力のない人にとっては、それがとてもすばらしいことだと感じるんですが、発想力のアル人というのはそれを”普通”だと考えているんですよね。

それも誰もが持っているものだとおもっていることも。

やはり自分の感じている”当たり前”というのは、別の人にとっては当たり前ではないってことなのかもしれません。

7、いつも他人と違うことをする

発想力のある人は、他の人と同じことをするのを好みません。

それどころか自分で自分にしか出来ないことをやりたい!取り組みたい!というきもちがとても強いんですね。

だって自分以外にもできる人がいるのであれば、わざわざ自分がやることはないって分かっているからです。

それに誰かと同じことをすることに違和感を感じますし、また他人と同じやり方で何かを進めようとしても発想力が途中で出てくるのでそれによっていつも別の人とは違うやり方になってしまいます。

また、最終的には発想力のある人が取り組んだやり方のほうが効率が良かった、なんていうこともよくある話。

あなたは、「君のやり方っていつも手際がいいし、効率いいよね」なんて褒められたことはありませんか?それって発想力がある証拠かもしれません。

視点が人と異なる

では、どうして他人とはべつのやり方で物事をこなしてしまうのでしょうか?ちょっとあまのじゃくな性格をしていることもあるのですが・・・。

それだけではなく、発想力のある人全員にみられる特長として”他人の目線とは違う目線で物事をみている”からなんです。

これについてはさきほども少しだけふれてきましたね。

そのように視点が他の人とちがうからこそ、その人独自の発想がうまれるわけなんです。

8、多くの経験をしている

発想力がある人のなかには、もともと発想力がなかった、あなたのように発想力がほしくてたまらないと考えていた人もいます。

しかし、そのような人はどうして発想力を高めることが出来たのでしょうか?ずばり、色々な経験をこれまでにしてきたからなんですよね。

色々な経験をすると、これまでに感じていた物事の視点を一気に覆されるような事が多いです。

例えば、「女性は女性らしくするのが当たり前だ」なんて感じていた女性が建築業で働くようになれば、女性であっても男性のように泥にまみれて働いていることもアルという現実をみるわけです。

真実というのは、ひとつからの見え方だけではありません。

あらゆる角度からみる真実があり、見る人によってはその意味もどんな様子なのかも変わってきてしまうんです。

それらを経験することでみているので「あらゆる角度から物事を見る目」というのをやしなっています。

その”目”が発想力を作るのに「役立っているんですね。

9、好奇心が強く、いろんなことにチャレンジしている

経験が多いということは、さぞかし苦労した人生を送ってきたのだろう・・・と思ってしまうかもしれません。

しかし、そんなことないんですよね!発想力のある人というのは”好奇心”にしたがっていつでも生きています。

そのため、発想力はそのあとについてくる”オマケ”のようなものでしかないわけです。

それに好奇心がとても強いので「気になる!」と思うようなことがあれば、そのままにしておくことができません。

すぐにでもチャレンジしたくなってしまいますし、必ずのようにその物事にチャレンジしているもの。

あなたもそのように好奇心の強さがあるのであれば、発想力のアル人の予備軍なのかもしれません☆

10、笑わせるのが得意

発想力のある人というのは、ユーモアセンスに優れているし、それに他の人と歯まったく違う視点で物事をとらえているとのことでしたね。

それって”お笑い”に共通するんです。

お笑いというのは、人によってはツボがちがいますよね。

それをうまく捉えることが出来るのが発想力のある人なんです。

そのため、発想力のある人と会話をするとこれまでに笑ったことがない人でも笑うことが出来るもの。

それも相手(発想力がある人)が無理しているように見えないので、自然と身を任せられるんですよね。

11、ひとつのことに満足しない

あなたは、なにか一つの物事を達成することで満足するタイプですか?

それともそれでは満足せずに他にもどんどん派生してチャレンジしていくタイプでしょうか?

発想力のある人というのは、後者のような性格をしていることが多いです。

アイディアがどんどん湧き出てくるので、最初に目標に掲げていたことを達成することが出来たとしてもそれだけでは物足りないと考えています。

そのため、ひとつのことを達成したとしてもまた新しい目標が出来てどんどん成長していきます。

それも苦痛をみせるkとなく”楽しんでいる”ので周りの人も求めようがないんですよね。

発想力を鍛える10個の方法

これまでに発想力のある人の特長をお伝えしてきましたね!

あなたの性格にあてはまるところってあったでしょうか?

筆者も発想力が欲しい人間なので(笑)

チェックしてますが、好奇心が高いところくらいしかあてはまりませんでした。

そのように少しの項目しかあてはまらないと、どうしても「発想力のある人間になれないのではないか」「自分はこのまま凡人でいるしかないんじゃないか」なんて思ってしまうもの。

しかしそうではないです!

発想力って鍛えることが出来るって知っていましたか?

発想力のある人間になりたいと思っているのであれば、これからご紹介していく”発想力のある人になるための項目”をクリアしてましょう!

ぜひそれらを参考にしてあなたも発想力のある人になっちゃいましょう☆

いろんな角度から物事を考えてみる

あなたは、何か悩んでるときなどにひとつの視点からしか物事を見ていないのではありませんか?

それじゃあ、解決することができたとしても”一過性”にとどまってしまうんです。

しかし、あらゆる角度からその問題(悩みの種となっているもの)を見ることが出来れば、まったく問題ありません。

なぜならば「このようになってしまったけれど、他のやり方がある」というのを分かっているからです。

さきほどもお伝えしましたが、この世界には真実とよばれるものがあります。

その真実ってみる人によっては、まったく別のモノになっているんですよね。

あなたもいろんな角度から物事を見るクセをつけてみましょう。

それだけで”生きやすくなる”というのは確実です。

いろんなところに旅に出る

あなたはいつも職場と家をいったり着たりの生活をしていませんか?それでは、脳みそがマンネリ化してしまいます。

脳ってたまには少しの刺激を与えてあげないとだめになってしまうんです。

幼い頃は見るもの全てが新しくて、それが刺激になっていました。

しかし、いろんなところに旅に出ることができれば、大人になってもソレを体験することが出来るんです。

身近なところでもかまいません。

コレまでに言ったことのないようなところに足を運んでみてください。

「こんなことがあったのか!」なんて大人になってまでも新しい発見ができるはずですよ。

タガを外す

あなたは、なんでもかんでも規則を守らなくてはいけない!と考えていませんか。

それこそがあなたの発想力を生み出すのをじゃましています。

発想力がある人というのは世間のしがらみにとらわれていません。

だからこそすばらしい発想をすることができるんです。

自分の外側に行く

あなたは、いつも自分の内側にとじこもっていませんか?

例えば、いつも自分のなかの考えで自己完結してしまっているなんていう状況のこと。

しかし、それではせっかくの発想したものが無駄になってしまいます。

そうならないように、自分の内側に出てきた思いは外側にだすこと。

そして、自分のスペースだとか地元とよばれるようなところから離れてみること。

そうすることで旅に出るのと同じ様に刺激を得ることが出来ます。

発想力にその刺激は必要不可欠なんです。

柔軟性のある考え方を身につける

あなたは、「これといったらこれ!」なんてかたくなに決めているのではありませんか。

発想力のある人というのは、そのようになにかを法則的に決めるようなことがありません。

それどこか「前はこうだったけれど、今回はべつのやり方があるかもしれない」なんて柔軟的に物事を考えているんですよね。

たとえ、その方法がすぐに見つからなかったとしてもそのように「新しい方法」をさがすことは脳の刺激になり、そして発想力につながるんです。

【柔軟性がある人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

意外性のあるものを組み合わせる

これからは、意外性のあるものを組み合わせるようにしてみましょう!

料理をするにしても「これとこれは合うけれどコレとこれをあわせているのは見たことがない!」と思われるような食材同士を使って料理してみるんです♪

あらゆる物事にチャレンジするときもそれと同じ!

周りの人であれば「これってやばい組み合わせじゃん」なんていうかもしれないようなものにあえてチャレンジします。

そうすると意外性のあるものから、これまでにみたことのなかったようなすばらしい何かができあがるもの。

ぜひチャレンジして!ちなみに筆者は料理でそれこそこの方法を試していますが、家族には評判がいいですよ。

連想ゲームで発想力を鍛える

あなたは、発想力に自信がないんですよね。

発想力がないということは、さきほどもご紹介したように「想像力」がないことが問題となっていることが多いです。

発想するのは誰だってできるはずなんです。

でもそれができないのであれば、想像力がとても乏しくなってしまっているか、もしくはメンタルブロックを自分で自分にかけてしまっているだけ。

メンタルブロックは、自分を信じてあげること、そして結果を残していくことで解除していくことが出来ます。

でも発想力を鍛えるためには、その結果を出すためには想像できなければ意味がないんですよね。

そのため、ぜひとも連想ゲームをやってみてください!小さい頃によくやっていたアレです。

「バナナといったら黄色!」「黄色といったらレモン」なんてそれでいいんです。

それを友達や家族とやるのもいいですし、自分ひとりで頭の中でやるのもいいですね。

これであれば、通勤中にも簡単にできるのではないでしょうか。

最初のうちはすぐに頭に浮かばなかったようなことも、続けていくうちにスグに頭に浮かぶようになりますよ。

発想の転換をするトレーニングを行う

あなたは、「こうしたらコレ」なんて、一定の法則を頭に作り出しているのではないでしょうか?

しかし、それではもったいないです。

そこで終わるのではなく、そこから発想の転換をおこなうようにしてください。

例えば、「甘いものは太る」としか考えられないのであれば、甘いものが他にどのような効果をもたらすのかそのメリットを調べてみるんです。

そうするとストレス緩和だとか実はダイエット効果があるなんていうこともわかるはず。

そのようになんでもかんでも発想の転換をしてください。

あなたが今当たり前に感じていることは、他の人からしたら当たり前ではないのですからその当たり前を自分で壊していきましょう。

結婚式など冠婚葬祭などの参加を断る場合

結婚式などの冠婚葬祭に断るとき、多くの方はハガキを通してその不参加を伝えていますよね。

そんなときも、ただ単に送り返すのではなくそこにユーモアセンスをもりこむようにしましょう。

結婚式のその招待状の返信用ハガキにかわいいイラストを書いてみたりするのもいいですね!

それを見た相手も、不参加でも何も感じないどころかそのハガキで祝福されていることに喜びを感じるはず。

それさえも発想の転換で乗り越えていきましょう。

発想力が身につけられる本を読む

もしもあなたが読書好きだとか今回のような記事を読むのが好きだというのであれば、ぜひとも発想力を身につけることの出来る本を読んでみてください。

本屋さんの自己啓発本エリアにいくことができれば、必ずおいてあるはずです。

それも数多くの書籍が出版されているので、かならずあなたが読みやすくてあなたのやり方に落ち仕込みやすいものがあるはずです。

ぜひ本屋さんに足を運んでみてくださいね!

ネットでも本を読むことが出来るので、そちらを利用してもいいでしょう。

まとめ

今回は、発想力のある人についてお伝えしてきました!

いかがでしたか?

あなたも発想力のある人の特徴を生活に取り入れ、そして発想力が豊かになれる”鍛える方法”を実践していきましょう。

そうすればしらない間に発想力のある人間になれるはずです!