大好き同士で付き合っていたはずの彼氏の言動がどうもおかしい、気持ちが離れた気がすると感じたら早めに対処した方が良さそうです。

なぜ冷めてしまったのかという理由を分析し、彼の気持ちを取り戻すための手段を講じましょう。

放置する期間が短いほど効果が得られるので、予感がある段階なら今すぐ、既に気持ちが離れていることが確実なら複数の手段を取ることが大切です。

冷めた彼氏の気持ちを取り戻す方法

料理が冷めたのとはわけが違うので手軽にレンジでチンすればいいというわけではありませんから、結構大変です。

結婚していない以上、別れという結末はわりとあっという間にやってきます。

彼氏の気持ちが冷めるというのは、付き合って間もなくの「釣った魚に餌をやらない」状態とは異なっているので誤認しないようにしましょう。

男性は付き合える瞬間のテンションは高いのであれこれ尽くしてくれますが、実際付き合い出すとその熱意がフェードアウトしていくのが大半です。

それは愛情が冷めているからではなく、いままで尽くしたのでちょっとお休みという思いがあります。

「ここからはありのままの俺を愛せるかどうか見てみてね」な感じで、気の向くままに振る舞うことが多いです。

しかし、冷めたとなると態度はその限りではありません。

冷めた時の態度はLINEなどのメッセージも既読無視、デートに誘っても断られて忙しいを連発する、一緒にいても会話がない、なんなら無視されることもしばしばといったものです。

こうなると気持ちを取り戻さない限り、気ままに振舞っていた時にすら戻れなくなるのでいくつかの方法を試す必要があります。

どうして冷めちゃったの?その理由を考えよう

まずは彼の気持ちを理解する必要があります。

なぜ冷めてしまったのかという理由を考えてみましょう。

いくつかの理由が考えられるので、その中でも代表的なものを4つご紹介します。

もちろんいずれにも該当しないことはありますから、彼という個体で考えるようにしましょう。

一緒にいることに慣れた

いて当たり前の存在になるというのは、悪いことではありませんが恋愛らしいトキメキというのは消えうせている状態です。

離れていくことはないだろうという妙な自信から来る安心感で、ないがしろにしても問題ないと勘違いしているのかもしれません。

改めてありがたみを感じさせないとこのまま調子に乗ります。

一緒にいることに慣れたから冷たくなったレベルなら、まだいかようにも手のほどこしようがあります。

できればこの段階のうちに対処に入りましょう。

他に好きな人ができた

この理由だと、気持ちを取り戻すのはちょっと厳しいです。

性的な遊び相手というものではなく、心から他者に傾いてしまっているからです。

誰だか知らないその人以上に魅力的な女性にならない限り、勝ち目がありません。

こればっかりは、彼女側に非があるとはいいきれない部分です。

残念ながら、こちらより魅力的な女性がいたというだけですからね。

こちらだって、彼氏よりもはるかにイケメンの石油王が現れたら気持ちが揺らがないとは言い切れないでしょうから、どうしようもないことです。

その好きな相手を特定するのは意味がないのでやめておきましょう。

その女性のことを非難するのに躍起になる暇があったら自分を磨いた方が早いですし、単に彼の片思いだった場合はいい迷惑です。

あるいは浮気している


肉体的な浮気ならまだしも、精神的にも浮気相手に傾いているなら、むしろこっちが浮気状態です。

どちらにせよ、別れ話を切り出しもせず、同時並行で他の女性と肉体関係を持つような彼氏であれば、気持ちを取り戻さなくてもいいのではないでしょうか。

浮気は男の甲斐性なんていうのは、男に都合の良い言い訳であって、まず考え方がアウトですし、病気を持ちこむリスクを高めている点からしても不義理です。

こういう倫理観の人と一緒になっても苦労するので、これを機に別れるのが無難です。

あなたに魅力を感じなくなった

女性としての魅力どころか人としての魅力まで感じなくなると大変マズイです。

長く付き合えば付き合うほど、恋愛のドキドキ感から人としての愛情に変化していくものですが、人としての魅力すら感じないとなると、それはもうただの無関心です。

無関心ですから露骨に冷たい態度をとるようになりますし、もうその頃には一緒にいる必然性すら感じていません。

別れを切り出されるのも時間の問題です。

なぜそこまで魅力を感じられなくなったかをよく考えて見る必要があります。

そもそも付き合う前から虚偽報告をしていた場合は致命的です。

たとえば、料理がヘタクソなのに料理が得意だと言っていたとか、綺麗好きだと言っていたのに実は苦手で、甘えが出た頃から家の中が散らかり放題、おっとり系を装っていただけで、実はめちゃくちゃ攻撃型だったなどです。

あるいは、付き合い出した当初と比べて大きく変化していることがあればそれも要因と考えられます。

体型、生活リズム、性格まで変化することがあるので自分では意識していなかったとしても注意が必要です。

あなたが重い態度を取った

束縛大好き女子がフラれる確率はかなり高いです。

電話がかかってくるたびに「誰?」と聞いたり、こっそり彼氏の携帯を見るなんて言語道断。

その他、彼氏が忙しいと分かっているのに頻繁にデートを要求したり、「私と仕事どっちが大事なの」と喚き散らしてみたり、友達と飲みに行くにもその場にいる人達の写真報告を求めるなど、信頼されていないと感じる言動が多いと彼氏は疲れ果ててしまいます。

この疲れは彼女への幻滅を伴うので、これらの行動をやめたからといって戻ってくるものではないし、謝罪したところで「まぁ、もう疲れたよね」と言われるのが大半でしょう。

改心したことを全力で示すしかありません。

実は簡単?!離れた彼の気持ちを取り戻す方法10個

彼氏の気持ちを取り戻すために頑張ろうと思っていると難しいですが、もう一度彼氏が追いかけたくなるような女になろうと思えば簡単です。

この女を逃すのは惜しいなと思われるようなイイ女を目指すことが大切です。

そうなるための10個の方法を詳しく見てみましょう。

1、彼にとって都合の良い女にならないこと

イイ女と都合の良い女は全く別物ですから、都合の良い女に成り下がらないようにしましょう。

とにかく彼の気持ちをつなぎとめたいと思う女性の多くは、必死になって尽くそうとするから上手くいかないのです。

そんなことをしても長く尽くし続けるのは限界が来ます。

本質的に愛され直したわけではなく、そのように無理してつなぎとめた関係は短期間で終了するとみてまちがいありません。

そんなことをするよりも、惚れ直させるにはどうすべきかを考えましょう。

【都合のいい女になりがちな女性の特徴は、こちらの記事もチェック!】

2、焦らない

冷めるまでに時間がかかっていますから、一気に着火して熱が戻るなんてものではありません。

きっかけが「服がダサイ」ことだったとしても、態度が冷めるまでには他の理由もたくさん見つかっている状態なので、なにか1つの理由を取り上げて改善すればいい、短期間でどうにかしよう、とは考えない方が上手くいきます。

また、自分だけが悪いとも思わないことです。

自分が悪いと理由もハッキリしないうちから思い込むと必死さが出てしまいます。

恋愛なんてものはタイミングも関係が深いので、まったく同じことをしても、相手の体調が良いときと悪いときで、どう思うかは異なります。

相手によりけりなので、冷めたきっかけの全てがこちらのせいであるとは限りません。

3、自分の行動や言動を見直す

何かしら思い当たることがあるかは見直してみましょう。

いつ頃から彼氏の態度に変化があったかを遡ってみると思い出しやすいです。

致命的な言動がなくても、日頃の積み重ねということもありますし、思い出せる限り紙に書きだすなどして冷静に見つめてみてください。

そうしたときに「こりゃ嫌われてもしかたがないや」と思えるかもしれませんし、「こんなことで?」と思うかもしれません。

「こんなことで?」が多いなら、性格や価値観の相性が良くないのでしょう。

4、依存することをやめる

彼氏の気持ちを取り戻したいという思いは大いに理解できますが、彼氏がいなくても生きてはいけます。

生きていけるのだから依存する必要性は皆無です。

依存心が強いと重い行動に出やすいので、これを機に彼氏がいない場合の自分というものを取り戻してみてはどうでしょうか。

言ってみれば、たまたま今の彼氏と出会えたから付き合っているだけで、出会えていなければこの瞬間も1人で生きていたわけですから、いたらプラスだけど、いないからマイナスってことではないはずです。

これは結婚する上でも大切な考え方です。

旦那さんがいなければマイナスだと思うような人は結婚に向いていません。

結婚するとこの先何十年も一緒にいるので、環境が変化したり、思わぬケガや病気をすることも考えられます。

そのとき、旦那さんがいなければ落ち込んでどうしようもなくなる、という女性と家庭を作っていくのを想像するのは、とても難しいです。

【彼氏依存をやめるには、こちらの記事もチェック!】

5、男性が喜びそうな習い事を始める

まず正直に言うと、習い事を始めても彼の気持ちは戻ってきません。

それは「始めただけでは」戻ってこないという意味であり、習い事を始めた結果、得られたスキルやメリットによって彼の気持ちを取り戻す可能性が上がるということを示しています。

そのため、「こんな習い事を始めた」といちいち伝えてはいけません。

「通った結果これかよ」と思われたら意味がありませんし、期待され過ぎても困りものです。

料理

料理が下手で彼の胃袋を掴めていないなら料理教室に通うことをおすすめします。

結婚を考えると女性に料理の上手さを求めるのは一般的です。

いくら共働き家庭が増えて、料理が女性の家事ではなくなってきたといっても、やはり女性は料理ができて欲しいと男性が思うのは変わっていないからです。

そして、今時の男性は自分でも料理ができることが多いので、女性も同じように料理くらいできて欲しいと考えるため、とりあえず食べられればいいというより美味しいかどうかを求める割合は昔より増えているとすら考えられます。

ただし、通う料理教室の種類はよく検討しましょう。

男性はコース料理を作れる女性を求めているわけではありません。

簡単に手に入る食材でパパッと手早くご飯がすすむおかずを作れるかどうかを見ているだけです。

家庭料理の基本を教えてくれるような料理教室が適しています。

ヨガ


付き合い出した頃と比べて体型が大きく変化しているならヨガがおすすめです。

ヨガは女性的な美しさを残したまま、つまり筋肉と脂肪がちょうどいいバランスになるように引き締めてくれます。

バキバキの腹筋に筋張った手足はお呼びでないので、ヨガで健康的にスタイルアップしましょう。

ただ、ヨガやダイエット、エステにお金をかけることは男性からすると高評価ではありません。

そういったものに頼らなくても自己管理の上でスタイルをキープできる女性が理想なので、始めたことは言わないことをおすすめします。

結果的にセクシーなスタイルになれば、彼も恋愛対象としての興味を取り戻してくれるはずです。

6、自分を変える努力をする

いっそのことフラれる前提で1人でも平気な女性になっておいた方が良さそうです。

今の彼氏には「彼女から別れを切り出すことはないだろう」という安心感や「別れの予兆を示してあちらから別れを切り出させてやろう」という打算があったりします。

そんな中、彼女は彼女でどんどん魅力を増していき「あれ?これは誰かにとられるかもしれない」とまで思わせれば勝ちです。

浮気していたとしても、男性はわりと身勝手で、自分から捨てる分にはよくても、誰かにとられてフラれるというのは我慢ならないため、気持ちが引き戻される可能性が高くなります。

自分を変えるという方法について、最大のポイントは「彼氏に合わせて変えない」ということです。

1人でも生きていける、他の男性が放っておかないレベルに進化するという努力をしましょう。

むしろ、そこまで行けば彼女の方も「この彼氏じゃなくてもいいかも」とすら思えてくるものです。

7、一度接触する機会を減らす

依存度高めの関係を築いてきた人なら一度接触する機会を減らしましょう。

よくあるHowto系では「彼の気持ちを取り戻すなら距離を置け!」とありますが距離を置くのはNGです。

相手が無視してきているのにこっちまで無視したらそれはもう、ただ破滅に向かうだけ。

距離を置くことと、接触の機会を減らすことは同じ意味ではありません。

距離を置くというと精神的にも離れる感じがしますが、接触する回数を減らすだけなら接し方は変わりません。

デートも普通に誘いますし、会ったら彼女としての振る舞い方はそのままですが、その頻度が少ないことを指しています。

この行動の何に効果がみられるのかというと、彼女が自立していっている感じが出せるという点です。

デートに誘ってくるのに彼氏が断るとあっさり引き下がり、友達と出かけてしまう、一人でも楽しめてしまうというのは、彼氏からすると意外です。

その意外さから、何か彼女の中でも変化があったことに気付いてもらえる可能性が高いので、無視の状態よりは注目される状況にもっていけます。

8、友達や家族との時間を優先してみる

彼氏第一主義になっていたのならそれを見直す良い機会と捉えましょう。

彼氏のことはさておき、友達や家族との時間を優先して、冷えた恋人といるよりも充実した日々を送ることができれば表情も生き生きしてきます。

むしろそっちの方が楽しくなって彼氏のことが大した問題じゃないと思えるようになるかもしれません。

そうすると、今度は彼氏が不安になってきます。

絶対的に自分のことが好きだと思っていた女が急激に興味を示さなくなるとプライドが黙っていないものだからです。

もし、これ幸いと浮気相手に走るような彼氏であれば、もうこちらも友達や家族との時間が楽しくなっているのでポイしてあげればいいではありませんか。

9、自分の趣味や能力を高める

彼氏第一の女性にありがちなのが停滞です。

何の進化もなく現状を維持しようとしていると、年齢とともに見た目が劣っていく分価値を失っていきます。

良い関係を築けているカップルは、カップルといえども独立した成人二人なのでそれぞれに成長していくものです。

性格が丸くなったり、仕事で自信がついたり、考え方も客観的に一歩引けるようになったりして、コミュニケーションが円滑になるなど、お互いの成長を認め合う関係が成立しているからうまくいきます。

自分がただ停滞しているだけだと感じたら、趣味に打ち込んだり能力を向上させることに時間と頭を使いましょう。

そうすることで目に輝きが戻ります。

何かに夢中になっている人は、恋愛どうこう関係なく魅力的に見えるものです。

10、別れるとどうなるか、恋人を失った時の状況を想像させる

最終手段ですが、あくまで最終手段です。

あれこれと自己改革を行ってキラメキを取り戻してもなお相手が反応しない場合、自分がいなくなってもいいのかを聞いてみましょう。

それで良いと言うならそれまでですし、いなくなることを想像したこともなくて改めて嫌だと感じてくれるなら気持ちは取り戻せています。

男性が恋人から離れていく心理

冒頭でお伝えした心理は、気持ちが離れた最初の要因ではなくもっと結論的なものです。

浮気に走る、魅力を感じなくなるという前に、まず心が少し離れる瞬間というのがあります。

安定した関係を築くのが原因

長く付き合っているカップルはまるで親友のような関係になることが多いです。

ドキドキしなくなり、盲目的な恋心は落ち着いて人としての付き合いの部分が増えてきます。

デートプランもマンネリ化しがちで、ある程度の精神的安定もある分刺激もない日々が過ぎていきます。

そうなると、とくに恋愛経験の少ない人ほどドキドキした恋愛を再度求め始めます。

ある程度恋愛経験が豊富だと、本当に大切にすべき関係はドキドキではなく安心感だと知るのですが、それはどれだけ異性と良い付き合い方をしてきたかという経験値によるので、大抵の人はそこまで達していません。

ただ、心のどこかでは安定した関係に浸かっていたい自分もいるので、彼女をキープしたままフラフラとし始めるのです。

あちこち遊んでみて、また彼女に戻ってくればいいし、彼女よりも優先したいことができたらそれはそれだな、くらいの欲望が湧きあがってきます。

少なからず大丈夫だろうと思ってしまう

安定した関係を築けている恋人に対して「こいつは俺のこと嫌いにならない」という自信を持っているのです。

根拠なんて何もありませんが、付き合ってきた時間の長さから、大丈夫だとうと思っています。

とくに男性は追われる恋愛よりも追う恋愛の方に興奮する傾向があるので、とりあえず追いかけてくれそうな彼女がいる以上は、追う恋愛も楽しみたいみたいな、身勝手な欲望が育ちきると行動に出ます。

逆に言えば、連れて歩くだけで周囲の男性の視線を集めるようなモテモテの彼女であれば、大丈夫だろうなんて思えないので一生懸命関係を崩さないように尽くすはずです。

女性は男性に隙を与えないようにすること

彼氏でも付き合う間際でも、女性が男性に安心感を与えても良い時というのがあるので、それまでは「こいつは俺のことを嫌いにならない」などと思わせる隙を与えないようにすることが大切です。

安心感を与えてもいい時は、彼氏の愛情が勝っている時だけです。

「俺だけのものでいてね」「君だけが好きだよ」「ずっとそばにいてね」これらの言葉を彼氏が言っているなら「ずっと一緒にいるよ」と返せばいいですが、女性側がベタ惚れ状態だと往々にして男性が調子をコキます。

しかも彼女がいるという余裕からくる妙な自信が、他の女性を惹きつけることもあるので、彼氏に余裕なんて与えてはいけません。

一番いいバランスは、彼女のことを愛していれば彼女も愛してくれるけど、目を離したら他の男に取られそうといった具合です。

難しいですが、慣れれば簡単なので彼氏の反応を見ながら浮気予防しましょう。

彼からいつまでも愛される女の条件

目を離したら他の男にとられそうな彼女がベストといっても、そのために彼氏以外の男性に媚びを売っているとただのビッチですから、女性の方から何もしなくても男性が寄ってくるというのが一番彼氏が手放さない女です。

これは自分の彼氏に対する気持ちと比べても大差ないのではないでしょうか。

彼の気持ちが離れている今だから繋ぎ止めたいと躍起になっているけれど、過剰なほどの愛情、絶対的な愛情を送り続けられたら、それはそれで自分のことを可愛いと勘違いして暴走する女性はたくさんいます。

自立している

追いかけたくなるような人は男女ともに自立している人です。

一人でも生きていけるほど強いからこそ魅力的です。

現代では、愛される女性は守りたくなるような可憐で虚弱な子ではなくなり、自らの力で生き抜ける強さをもった女性になってきました。

というより、昔から肝っ玉母ちゃん系の方が結婚相手にはふさわしいとされてきたのです。

彼女にするなら、ただ見た目が可愛くて自慢できればいいですが、長い目で見て求めるのは母性愛のようなもので、男性は常に心のどこかで癒されたいと思っています。

ましてや、今の世の中年功序列で勤務年数が長ければ昇給して退職金もガッポリ貰える制度は破たんしていますから、何かあったときに支え合えるくらいの人でないと本命になることが難しくなってきています。

そういった意味でも、彼氏依存型の女性は面倒くさいと評価されることが多く、自立した2人が愛し合っているという理由だけで一緒にいるというケースが増えています。

言い換えれば、愛が冷めれば別れるのが容易い時代なので、人としての魅力を絶やさないように、個人の目標を持って成長なり進化なりしていく必要があるということです。

自分の時間を大切にしている

どこへ行くにも彼氏と一緒じゃないと嫌という女性は最初こそ可愛く思えますが数年もすれば面倒くさいほど重たいです。

あらゆるイベントに彼氏をひっぱり回したり、ちょっとした買い物ですら付きあわせたり、休日を1人で楽しむことができないから何かにつけて彼氏を呼び出すというのは幼稚すぎます。

10代ならまだしも、成人しているならそろそろ1人の時間の楽しみ方くらい覚えましょう。

特定の趣味がなくても、何かしら勉強してみるとか、副業を始めてみるとか、近所を散歩するのを楽しめることだって自分の時間を上手に使えているといえます。

自分の時間を大切にしていない人は魅力が失せていきます。

なぜなら、常に楽しいことを他人に期待している状態だからです。

他人が楽しさや喜びを与えてくれないと充実することができないというのは、あまりにも受け身で愚かです。

何より、あらゆることに興味がないと宣言しているようなもので、その流されやすさ、意志のなさは個人として成り立っていません。

個人として成り立っていない人を愛することはとても難しいです。

その人である必然性が皆無ですからね。

自分というものを持っているからこそ、他者を愛することができるし、愛されるのです。

それを忘れないようにしましょう。

キレイになることをやめない

付き合いが長い安心感でどんどん手抜きしていっているなら危険です。

服装が適当になる、メイクもおざなり、なんならしない、無駄毛処理もしなければ、ひどいときはヒゲまで生えているとなると、女として見ろという方が無理な話。

安心感から食べ過ぎてぶくぶく太ったなら彼氏がデブ専でもない限り、目の前にいるのはただのオバちゃんです。

愛する女性と付き合っていたはずなのに、愛した記憶のないオバちゃんが目の前にいたときの絶望ったらありません。

思わず「誰だっけ」と言いたくなるようなレベルまで加速的に劣化する女性がいます。

お金をかけて無理をしてキレイになれということではありません。

年齢とともに、シワが増えたり、体のハリがなくなっていくのは仕方のないことです。

ただ、それ以上の劣化は確実に自分のせい。

彼氏に愛されたいという意志が見えなくなってしまいます。

逆に、そこまで見た目が変化しても愛されるという自信が出るほど内面が素敵なんですかと問いただしたくなります。

本当に内面が素敵なら大丈夫ですが、見た目を加速的に劣化させる人は大体自分に甘いのでそこまで魅力的な内面でもないことが多いです。

ただし、持って生まれた体型や体質のことを言っているのではありません。

彼氏に愛されたときの努力をなぜ今できないのかとう点に尽きます。

余裕がある

精神的にも金銭的にも余裕があることは自立につながっていますから欠かせません。

この余裕があると恋愛だけに必死にならなくて済みます。

恋愛は、世の中で素敵素敵と言われるほど得られるものなんて大してない物事です。

長い目で見れば、生涯を共にする中で、かけがえのない思い出や癒し、安心感を与えてくれますが、日常ひとつひとつを切り取ると、人の感性や能力を活性化するほどの刺激は数える程度。

恋愛だけに集中していると無の人間になりかねません。

余裕は他者に寄らない個人の生き方からしか生まれません。

自分が自分の意志のもとで生きているという実感がない限り、常に他者から受け入れられようと必死になったり他人の視線に怯えるようになりますから、これを機に自己を確立しましょう。

それを進めると彼への依存心が消えうせるので、気持ちを取り戻したいという以外の選択肢が見えてくることもあります。

冷めてしまったと思っても焦らないで冷静に対応しよう

冷めてしまっているのですから、周りでたくさん焚火をしても効果は薄いです。

表面温度は戻っても、深部温度、つまり彼の自発的な愛情が戻ってこないかぎりその場しのぎになりかねません。

泣き落とし、ダダをこねる、喚き散らす、自傷行為に出るといった方法は愚かです。

そんなことをするより、自分の魅力をもっと磨いてみましょう。

彼氏が惚れた頃の自分を思い出し、今と何が変わったのか、あるいは、変わらな過ぎた、子供のまますぎたから呆れられているのかもしれないなど冷静に分析しましょう。

理由が明確になれば対応のしようもありますし、それが自分を彼氏の好みに合わせなければならないようなら別れるのも手です。

あくまで、自分が幸せになるには彼でなければいけないのかという観点を忘れずに考えることをおすすめします。

その上で、彼である必要性があるなら手放さないように、愛される女性を目指しましょう。