CoCoSiA(ココシア)

心の支えになる10個のもの。辛い時、一番支えになってくれるのは?


あなたには、心の支えがありますか?嫌なことがあった時や辛い時には、なにか心の支えになるものがあれば、それを支えにして頑張ることができますよね。心の支えになってくれるものは、その人によってさまざまです。自分が頑張ろうと思える心の支えには、どのようなものがあるのでしょうか?心の支えになってくれやすいものや、あなたがもしも彼氏の心の支えになりたいと思った時にどうすればいいかなど、アドバイスも含めてご紹介します!

辛い時、心の支えになるもの10個

心の支えは、あるとないとでは大きな違いがあります。

心の支えが常にある人は、例えどんな逆境や苦境に立たされた時にも、心が折れずに最後まで努力を続け、活路を見出すことができるでしょう。

また、辛いことがあった分も、それを乗り越えた時には自らの心の支えとなったものに対して深い感謝の気持ちを覚えることができますし、充実感や達成感も大いにわきますので、「この次も頑張ろう」と思うことができます。

一方で、何も心の支えがなければ、ちょっとしたことで挫折や諦めなど、心が折れてしまいやすいです。

何か嫌なことが辛いことがあると、それに心が押しつぶされてしまいそうになったり、逃げ場がなくなってしまったりして、何もかもが嫌になってしまうこともあるでしょう。

また、苦しみながらも目の前のことを終わらせた後にも充実感や達成感はわきません。

「もう二度とごめんだ」とそのものを自分から遠ざけてしまって、新たなチャンスを自ら手放してしまうことも多いです。

心の支えはないよりもあった方が、その人の人生をより輝かせてくれますし、心の安定にも必要なものでしょう。

では、人によってどんなものが心の支えになっているのでしょうか?

以下にご紹介していきます。

1:友人

あなたには、何でも心の内を話せる友人はいますか?

上辺だけで人付き合いをしている人は、友人と呼べる人の数は多かったとしても、本心で話ができる人は少しもいないのかもしれません。

けれども、例え交友関係が狭くても、お互いに腹を割って話せる友人がいる人は、自分が本当に辛くてたまらない時には、その友人に話を聞いてもらうことができるでしょう。

友人は、自分と似た性格をしていたり、もしくは正反対の性格をしていたりとさまざまです。

ですが、どこかでお互いに「ウマが合う」と感じているからこそ仲良く付き合っていることでしょう。

そんな相手のアドバイスや意見であれば素直に聞くことができますし、見栄やプライドは置いておき、心情を吐露することもできるでしょう。

友人は、自分が本当に辛い時には心の支えになってくれます。

出口の見えない迷路で、出口を指し示してくれることも時にはあるでしょう。

日頃からきちんと友人を大切にしている人は、困った時にはその友人が手を差し伸べてくれることでしょう。

親しい友達に相談して元気をもらう

何か悩みがあるのなら、それを友人に相談してアドバイスをもらうことができます。

また、相談をしなくても、愚痴を聞いてもらえば気分はすっきりしますし、思い切り楽しく遊べばそれだけでストレス解消にもなります。

自分一人だけでは悩んで落ち込んでいる時間も、友人と一緒に過ごせば楽しくモチベーションを上げることもできます。

仲の良い友人との時間は、お酒などに頼らなくても自分の精神を高揚させたり、安定させたりしてくれます。

心の安定剤の意味でも友人はとても貴重な存在でしょう。

友人に助けてもらうことが多い人は、同じように自分も友人が困っている時にはどんどん手を差し伸べることが多いです。

そうでなければ片方が片方に寄りかかってしまう状態になりますので、友人関係を長く続けることは難しいでしょう。

2:恋人

恋人がいる人は、恋人が自分の心の支えとなっていることが多いです。

「恋人には弱い自分を見せたくない」と張りきるタイプの人は、自身のプライドによって辛い時にも挫折することなく頑張ることができます。

「もう頑張れない、辛い・・」と心が折れてしまった時には、恋人に甘えて話しを聞いてもらい、心を癒してもらうこともできるでしょう。

恋人の存在は、時に自分の原動力や張り合いとなり、また時に自分の心を落ち着けることのできる安心の場所でもあります。

人は誰でも、時には誰かに甘えたい、縋りつきたいという欲求を抱えています。

普段は自分一人だけで頑張れる人でも、本当に辛いことがあった時には、つい暖かな場所に縋りたくなるものです。

恋人の存在は、そんな辛い時には元気になれる特効薬のようなものですので、恋人と一緒に過ごすことで自分の心を落ち着けている人は多いでしょう。

癒しと元気を与えてもらおう

恋人に愚痴を聞いてもらったり、悩みを打ち明けたりする人は、口から辛い気持ちを吐き出すことで気持ちを落ち着けることができるでしょう。

また、何も話さなくても、大好きな人と寄り添ったり、ハグをしたりしているだけでも、不思議と心が穏やかになるものです。

大好きな恋人の笑顔や言葉、仕草などを見ている内に、癒しや元気を自分が与えてもらっていることは多いです。

自分も同じように、恋人が辛い時には全身全霊でその支えになれるように努めれば、お互いにいつまでも仲良く幸せに過ごすことができるでしょう。

3:家族

家族とは、生まれた時から別れの時までずっと繋がっている存在です。

大人になるまでは家族の中で育ちますし、独り立ちをする年齢になったとしても縁が切れるわけではありません。

お盆や年末年始には自分の家族を連れて、実家へ帰るという人も多いでしょう。

最期の別れの時まで、何十年と一緒に過ごす血の繋がった存在ですので、他人同士では分かりあえないことも、不思議と態度や雰囲気だけで伝わるものです。