お互い意識しあった同志、あるいは以前から何となく気になっていた彼から意表をついた告白をもらった。

もう天にも届くかのような喜びで何をやっても手につかない。

でも、ちょっと待ってくださいね。

まだ、あなたたちは正式にカップルになったわけではありません。

双方が認め合うような関係になるまでにはいくつかの通過儀式が待っています。

そう、お互いの気持ちに火が付きかけている今だからこそ、チェックしておきたいことや、やってはいけないことがあるのです。

では、男女がお付き合いを始める前にやってはいけないこと、5つを紹介していくことに致しましょう。

【「付き合う」ということが、どういう事か分からない人はこちらもチェック!】

付き合う前の関係の重要性

男女が自他ともに認めるカップルになるためには、通過していかなければならない、いくつかの関門があります。

付き合う前ならばいくらでも後戻りもできますし、お互い、傷を大きくすることも避けられるからです。

では、付き合う前が何故、そんなに重要なのか。

ちょっといくつか考えてみましょう。

まだ恋人ではなく、異性の友達

お互い、付き合う前はまだ異性の友達同士なのです。

友達として日頃、接していたから彼の事を意識しないで済んでいたのです。

それをいきなり告白されたとしたらどうでしょうか?突然のことで驚くでしょうが満更、悪い気も起らないでしょう。

「なんだ、この人は私の事を密かに思って入れくれたのか」というような気持にもなることでしょう。

ただ、正式に告白されたからといって、あなたはまだ返事をすることができません。

そう、最初はそれでいいのです。

ここは、先の展開がどっちの方向に転んでいくとしてもいいのです。

しばらくはこの衝撃を楽しみましょう。

そして理性が一気に崩れないように自己コントロールしましょう。

付き合う前からあなたが恋人気取りになってしまっては順番が狂ってしまいますからね。

【異性の友達…の関係を一歩進めるためにはこちらの記事もチェック!】

愛せるかどうか確認するための時期

お互いが付き合う前の時期というのは当然ながら相手のことを真剣に愛することができるのかどうかを、考える時間に充てるべきです。

しかしあなたにとって、これが初めての恋愛への第一歩となるのであれば、何をどう判断して考えたらいいのか、分からないかもしれませんね。

でも、あまり難しく考えても恋愛というものは決まりきった答えなどありません。

あくまであなたが最も信じるものを大前提にして考えるべきです。

あなたがもし、相手の男性に対して自分のことを優しくして欲しいと思っているのなら、

それはどういう類の優しさなのか?自分だけに対して優しいのか、それとも他の人たちにはぶっきらぼうにしている方がいいのか。

あるいは子供好きなのか、生き物を可愛がってくれる優しさなのか。

そういったことを確認するためにも付き合う前の時間というのは重要になってくるのです。

そこのところを真剣に考えましょうね。

何かあればカンタンに拒否できる

付き合う前の時間というのは、お互いの意思が「ある契約」に拘束されていない時間です。

その「ある契約」というのは「恋人」同士という関係ですね。

お互いが了承しあって恋人同士となったのならば、ちょっとやそっとの事では簡単に別れられるものではありません。

特に別れ話というのは大抵、男性のほうが未練を引きずり、OKサインを出しません。

一方で女性の方は割とあっさりと別れられるものなのですが、それを男性側は認めてくれません。

また、カップルとなる時よりも別れる時の方が倍以上のエネルギーを使うことも確かです。

双方があっさりと別れられる関係というのはそう簡単には訪れません。

それが相手を好きになった証なのですから仕方ないことでしょう。

よって付き合う前の時間というのは比較的、気が楽になるはずです。

最もエネルギーを使う辛い別れも意外とあっさり切り抜けられるはずですからね。

それは相手も同じ

但し、付き合う前の段階は自分自身の思うがまま、と思ってしまったら大違いです。

付き合う前なら簡単に別れることができる、と考えるのは男性も同じです。

更にたちが悪いのは、もし相手の男性が恋愛経験豊富なタイプだったら、貴女を虜にしておいて去ってしまう時はさっと去ってしまう、ことを容易にできるのです。

だから、付き合う前に相手のタイプを真剣に見極めましょう。

本当に自分だけを真剣に愛してくれるタイプなのか、それとも浮気性のどうしようもない遊び人タイプなのか。

ただ、遊ぶに長けている男性はなかなか、しっぽを出しません。

もし、あなたが恋愛経験の乏しい「うぶ」なタイプだったとしたら、相当な覚悟をもってこの時間を利用するしかないのです。

変な行動一つが命取りにも

男女の恋愛関係が真っ当に進行するためには男性側のリードぶりもさることながら、女性側の甲斐甲斐しさも欠かせません。

昨今は男性が植物化で女々しくなった印象もありますが、だからといって女性が本物の男以上の逞しさを見せてしまったら、うまくいく話も頓挫してしまうでしょう。

特に女性側が気をつけたい行動が「嫉妬」。

この感情が出るということは、もう彼にメロメロ状態にされてしまっている証なのですが、

彼の方にとってみたら、かなり迷惑というか「うざい」と思ってしまう感情でしょう。

しかし、女性が好きになった男性に対して「嫉妬」の感情も出ないというのは、それこそ「?」な関係でもありますので、そういった関係も長続きはしないでしょう。

いずれにせよ、彼と彼女の関係は頭で考えたからといって、その通りに運ぶようなものではありません。

だから、恋愛は面白いともいえるのですがね。

とにかく、結果を恐れるよりもあなたらしい行動で結果を出すようにする他に方法はありません。

ありのままのあなたを愛せない男性ならば、所詮、そこまでの男だということですね。

付き合う前のNG行動:体の関係を持つ


男女が付き合うことを前提にしているのならばいいのですが、

まだそこまでの関係になってもいないのに「体」の関係を持ってしまうこともあり得るでしょう。

さあ、この行為、果たしてありなのでしょうか?おせっかいながら、少々、意見を述べてみたいと思います。

安い女だと思われる!

女性の皆さん、くれぐれもご自身の体の安売りだけはしてはいけませんよ。

何故かって?そんな事をやってしまって最後に泣くのは決まって女性、と昔から相場が決まっているからです。

そういう風になってしまうケースは、相手の男性次第、とも言えます。

普通の常識ある男性ならば付き合う前の段階の女性と体の関係を求めようとは思わないはず。

それが一般的な良識ある男性の考えでしょう。

ところが、いきなり女性の方から体を許すようなサインを送られたら、どう思うでしょう。

まあ、そんなことはないと思いますが、もし目の前の彼女が本当にそんなことを言ったとしたら…。

その男性は普通にこう思うでしょうね「なんと安い女なんだ!」と。

これで恐らく貴女と彼との関係は終わりになるでしょう。

そうなった場合、傷つくのはどちらでしょう?当然、それは女性の側となります。

とにかく、そういった目にあいたくなかったら、女性の側からの体の関係の誘いは何があってもやらない、というのがベターな方法でしょう。

性欲に負け、あなたへの恋心も薄れる

もし、男性の方も貴女の誘いに抗えず、関係を持ってしまったとします。

果たしてどういう気分が後に残るでしょうか?

できることなら、体の関係への誘いは男性の方から持っていきたかった、という気持ちが悶々と残ることでしょう。

また、例え一時の衝動とはいえ、性欲にあっさり負けてしまった自分の事を責める気持ちにもなるかも分かりません。

自分を責める気持ちが理性に勝ってしまったら、果たして貴女に対する思いは最初の頃のような気持でいられるでしょうか?

もしかしたら性欲のはけ口に自分を使っただけなのか?とか、相手は別に俺でなくてもよかったのじゃないか?などの余計な猜疑心が生まれてきたりもします。

こうなってしまってはもう、健全なお付き合いをするなんてことは無理かも分かりません。

恋心というのは、貴女のことが神秘に満ちていて、どんな自分の知らない秘密が沢山あるんだろう、と想像させてもらえるからこそ、湧き上がってくるものなのです。

軽はずみな行動は本当に慎んだ方がいいと言えますよね。

安い女は最後に捨てられる

映画やドラマの世界でも、よく別れ話で女性が男性に捨てられて追いすがる、なんていうシーンがあったりします。

でも、最近は男性の方が女性に対してすがってしまい、最悪のパターンがストーカー行為になってしまう、という事件もテレビや新聞紙上で見受けられたりもします。

まあ、それはちょっと特殊な一部の男性の成せる業、と思いたいものです。

多くの場合、やはり捨てられてしまうのは女性の方となるでしょう。

一旦、「こいつは安い女だ」と思われてしまったら、男性側の熱意は一気に冷めてしまい、もう元に戻ることはあり得ないからです。

男性にとったら好きな子の体というのは最後の最後に取っておきたいもの、征服したぞ、という証なのです。

それぐらい、付き合おうと思う女性に対しては軽い気持ちは持てない、ということになります。

だから、女性の皆さんに言いたいですね。

くれぐれも軽率な行いだけはしないようにと。

中には本当にあなたの体目当てで接近してくる男もいるかも分かりません。

欲求を満たしてしまえばすぐにポイ捨てする悪い男もこの世には五万といます。

いくら男女の仲がオープンになってきたとはいえ、本当にあなたが泣きを見るような行動だけは慎んでくださいね。

付き合う前のNG行動:自分の家へ招く

付き合う前にやってはいけない行動の一つに、あなたの家や部屋に彼を招きいれる、というものがあります。

これもキチンとした真面目な恋愛を考えているのならNGとなる行為です。

では、付き合う前に自分の家へ招きいれることについてみていくことにしましょう。

つもりがなくてもダメ!

いくら男性側がお願いしてきたとしても決してあなたの家や部屋に通してはいけません。

それこそ、男性側の作戦通り、あなたを攻略するための一手かもわからないからです。

確かにそこまで積極的な男性であるなら、貴女の方の気持ちも揺らぐ部分はあるかも分かりません。

うじうじした優柔不断な性格の男性よりもグイグイと引っ張っていってくれる男性の方に女性はグッと引き寄せられやすいのは仕方ないかも分かりません。

しかし、家に通してしまったら、男性側の目的は一つになってしまいます。

例え、あなたにその気が全くなかったとしても家や部屋に上げてしまったら、もうどうしようもありません。

あなたは力の強い彼の成るがままになるだけでしょう。

まあ、それが最初から、貴女の狙いであったなら、それでいいでしょう。

勝ったつもりでいた男性の方が実は貴女の手玉に取られていた、ということになるのですからね。

しかし、このような芸当ができる女性というのはそうそういないでしょうし、いたとしたらかなり恋愛経験に長けたツワモノでしょうね。

そのときは男性の反応を見てみたい気もしますけどね。

荒っぽい生活の痕跡が見られてしまう!

急に男性を家に招き入れてしまう事の弊害はそれ以外にもあります。

それはあなたの生活ぶりがつぶさに見られてしまうということです。

男というのは、自分の彼女にしようと思う女性に対しては、かなり高望みな要求をするところもあります。

その要求の一つとして挙げられるのが「綺麗好き」な女性ということです。

部屋はいつも綺麗に掃除されている。

勿論、食器類が流し台に散乱しているシーンなど想像できません。

きちんと食器棚に収納され、テーブルの上もいつも清潔に保たれている。

衣類が部屋中に散らかっている、なんていう光景もあり得ません。

自分の彼女になる人はいつも綺麗好きで掃除・洗濯・炊事にかけては誰にも負けていない。

と、いった妄想を持っているわけなのです。

さあ、あなたの本性はどうでしょうか?彼の想像通りの生活を送れていたら、なんの問題もありません。

ところが、そこまで完璧な事ができる女性、そうそう世の中には実在しません。

しないどころろか、普段の生活の忙しさを考慮すれば、自分の部屋がそれなりに散らかっていたとしいても何ら不思議はありません。

ところが、男性というものは自分の彼女になるかも分からない女性に対して、完璧さを求めようとします。

特に家庭内の「家事」に関する事柄に対しては、です。

なので、女性の皆さんは自分が完璧な女性になろうとするのではなく、正式に恋人同士になる前の段階においては、彼を部屋に踏み入れさせないことです。

一歩でも踏み入れさせてしまえばそこまでの苦労や努力が水の泡になってしまう可能性もありますからね。

正式に付き合い出してから部屋に通せばいいのです。

その時はもう、貴女も強気に出られます。

タイミングを間違えない、ということが肝心だということになりますね。

付き合う前のNG行動:お金を貸す

正式に付き合う前にお金を貸してしまうのはNGです。

いくら好きな彼がお願いしてきたとしても断固とした態度をとる必要があります。

付き合う前にお金を貸してしまうことの弊害を見ていくことにしましょう。

数百円ならともかく、数千円はヤバい!

彼が貸してくれという金額が千円にも満たない額ならばそこまで神経質にならなくてもいいでしょう。

その程度の金額ならば、仮にかえってこなかったとしても諦めはつきます。

しかし、単位が数千円以上となってくれば話は別です。

一度、応じれば間を置かずに二度、三度と繰り返し貴女に対して要求してくるようになるからです。

その瞬間、あなたはATMに降格

何度も何度も、断り切れずにお金を貸し続ける。

結局、あなたの存在価値は彼にとったら、ただのATMです。

いいように使われて所持金ゼロになるまで吸い取られてしまうでしょう。

最初の時点で、毅然とした態度をとれなかったばかりにこのような羽目に陥るケースは稀ではありません。

それを借りる側の男は重々、承知しているのです。

お金を失った挙句、捨てられる羽目に・・・

あなたの全財産がなくなった時点で、その男は貴女の前から去っていくでしょう。

そう、吸い取るだけ吸い取って、利用価値がなくなったら、ポイっと捨てるのです。

そこには人間としての情も義理も涙もありません。

あなたは、一種の「鬼畜人間」にほだされ、疑似恋愛で虜にされてしまっていた、という事になります。

ただ、それだけで済んだのなら、それでいいと思いましょう。

最近の傾向として、男の方が逆切れして貴女に危害を加えることも考えられます。

「命だけは助かった、悪い夢を見てしまった」と、割り切って考えてもらえたら、次の恋愛がきっと来てくれると思います。

いい勉強をした、と割り切ってくださいね。

命あっての人生ですから。

付き合う前のNG行動:お金を借りようとする

付き合う前のNG行動として次にあげられるのが「お金を借りる」という行為です。

お金を貸す方ならばまだいいかも分かりませんが、いずれにしても正式なお付き合いを始める前から「お金」が絡んでくることは望ましくありません。

昔から「金の切れ目はなんとやら…」というくらい、お金に関わるトラブルは後を絶たなくなってくるからなのです。

では、お金を借りようとするとどうしていけないのか、見ていくことに致しましょう。

金の切れ目は縁の切れ目

人間関係において「お金」というものは、いいも悪いも人間のエゴといいますか、本性をあぶりだしてしまうくらいの役割を持っています。

だから、変な風に詮索されたくもないような事も、お金の貸し借りが絡んでくると、相手に余計な詮索をさせてしまう事になってしまうのです。

もし、あなたが逆の立場で好きになった彼からお金の無心をされたら、どう思うでしょうか?「おやっ?何故?」と訝しく思うのが通常の発想だと思うのですが、もし、その時に彼のことが愛おしくなってしまって理由も聞かずに貸してあげたとしたら…。

やはり今後の関係にぎくしゃくした何かが生まれてきそうな感じですよね。

大抵、お金の背後には彼女に言いたくない事情が絡んでいます。

その理由の99%は借金だと思っても差し支えないでしょう。

ギャンブル・賭け事・贅沢な買い物・家賃の滞納・詐欺など、借金の理由になりそうな理由に辻褄の会いそうな真っ当な理由のものはほとんどありません。

全て貴女の人間性を否定してしまうようなものばかりなのです。

相手の男性がよほど人間ができていて、彼女から貸してほしいと頼まれたときに

「このお金は貸したんじゃない、あげたんだ」ときれいさっぱり言ってくれるような人ならばいいのですが、

現実的にはそのようなドラマチックな大物感のある人物など、そうそうはいません。

とにかく、お金を借りようとする行為は、貴女の人間性を大幅に落とすばかりか、信用も失ってしまう事になるでしょう。

いくら、貴女がお金に困っているとしても付き合う前においてはそのような事情は語るべきではないでしょう。

金を無心する女に相手してくれる男はめったにいない

先の話の続きになりますが、お金を無心してくる女性に対して、あえて何も理由も聞かずに貸してくれるか、

あるいはスパッと差し上げてくれるような男性、探してもなかなか見つからないことは当たっているでしょう。

だから、もし仮に貴女が好意を持っている男性がそのような行動をとってくれるとしたら、正直に何故、お金が必要なのか、話すべきです。

それが無心下側の最低限のルールのはずです。

しかし、無心というくらいですから、特別な理由はないのかもしれませんね。

それを彼の方が悟っていて敢えて払ってくれているとしたら…。

貴女は彼の方へ足を向けて寝ることはできないでしょうし、もし、嘘をついて本当の理由を言っていないとしたら、

貴女の今後はとんでもない人生を踏むことになってしまうかも分かりません。

それくらいお金の魔力は人間関係を狂わすのです。

世の中の犯罪に関わってくる要因のナンバー1はお金であるといっても過言ではないのは過去の人間の歴史がそれを物語っているからなのです。

とにかく健全でわけ隔てない恋人関係を築きたいと思うのならば、お金に関するいざこざはいけません。

心に強く刻み付けておきましょう。

付き合う前のNG行動:暴力


暴力も付き合う前の段階ではっきりと見極めておきたい重要な要因の一つです。

離婚の大きな原因の一つともなっている「暴力」。

被害をうけるのは、ほとんどの場合、女性です。

暴力の影を見たら、目をそらさずに相応しい対処が求められるのです。

いかなる理由があろうと、殴る、蹴るはダメ

暴力を受けて気分が晴れる人間は一人もいません。

人間関係に深い傷と解決に導けない深刻な心のダメージを与える暴力は、いかなる理由があろうとも容認してはいけません。

いくら、貴女が彼の事を好きであっても、この人には私がいないどうしようもないから、という理由であったとしても

(実際に別れられない女性の多くはこのような気持ちになっているようです)

暴力行為を容認してないがしろにした関係を続けていては、いずれ何らかの大きな事件に発展する可能性があります。

だから、今が大切なのです。

貴女にとって良き恋人となる人か、どうかを見極められる時間だからです。

暴力はあなたにとっても悪い結果をもたらす

好きな人の暴力を見逃し続けるということは、今の自分には耐えさえすれば大丈夫かも分かりませんが、対象が違う人間に向かうこともあるのです。

それは近年、多発してきている幼児虐待です。

妻となった貴女が夫の暴力を容認してきたがための悲劇なのです。

あなたの優柔不断さが何の罪もない無邪気な若い命に計り知れない危害を与えているのです。

暴力は幸せを奪います。

悲しみと涙しか生みません。

だからこそ、この時期によく、見極めてください。

付き合う前のNG行動:しつこい長文メール


相手のことが好きだからこそ、何時間でも好きな人のそばにいたくなるのが恋をした時の気分でしょう。

メールを送るという手段も、自分の気持ちを素直に相手に伝えたい一心で利用していることだと思います。

しかし、この便利な機能も使い方を誤ると、逆効果。

思わぬ失敗を招くことにもなりません。

メールのやり取りにおける注意すべき点を見ていくことに致しましょう。

悩みを聞いてもらうのにも限度がある

女性にとったら、好きな相手ができたなら、24時間、ずっと会っていたい、傍にいたい、と思うのがトレンドのようになっているのかも分かりません。

しかし、例えば、24時間中、ずっと監視し続けているかのように、ひっきりなしに電話をしたりメールを送り続けたりしたら、相手は一体、どう思うでしょうか?

最初の頃は「俺もまんざら捨てたものではないな」という気持ちになって男性の方もメールの相手をしてくれるでしょう。

しかし、その行為が毎日のようだったら…。

男性の方が、嫌気がさすのは自然の流れとなります。

そもそも、男性というのは女性とちがって、束縛されることを嫌います。

いくら、好きな女性からのメールであったとしても限度というものがあるでしょう。

ましてやその中身が400字以上の論文のようなメールが届いたりしたら、もうストレスが一気に爆発してしまうのではないでしょうか?

長文のメールを送るのは、月に1度か2度くらいにとどめるべきではないでしょう

ストーカーだと思われ、確実に距離を置かれる

ストーカー行為を行う者は男性ばかりとは限りません。

好きな相手の事を思う気持ちが募りすぎたならば、女性だってやってしまうかも分かりません。

だが、直接、外に出て尾行したりするほどの行動はできない。

ならば、簡単にできるメールを使えばいい、という発想になっていくのではないでしょうか。

先ほども申しましたように、男性というのは束縛を極度に嫌います。

いくら気になる女性からの長文メールも度々、送られてこられては百年の恋も一度に熱が冷めてしまうかも分かりません。

男性と女性とでは根本的に性質が違う、ということを頭に入れて付き合っていかないと、とんだ目にあう可能性もある、と心に強く思う必要があるのです。

もし、度々のメール送付に対して、彼が貴女のことを「ストーカー女」と思うようになってしまったら、ちょっとやそっとの事でイメージを変えることはできないでしょう。

距離を置かれてしまうのは確実だと思う事ですね。

2ちゃんで「メンヘラ」として晒されたりして

もし、貴女のメール送信が度を超すくらい、ひどいものであったとしたら、

男性の方が2チャン」などにメンヘラ女という触れ込みで情報を晒したりされることもあるかも分かりません。

メンヘラ、つまり心の病気、ということですね。

メンタルヘルスがおかしな短縮形となってメンヘラと呼ばれるようですが。

ただ、もしこのような事を彼が行っていたとしたら、理由の如何に関わらず、即刻、手を引いた方がいいでしょう。

こういった行為をこの段階でやる、ということは今後も何か気に入らないことが起こったらネットに投稿する可能性は否定できません。

もし、恋人同士を目指したいのなら、2人の問題は当人同士だけで片づけるのが大前提です。

それをいくら長文のメールを何回も送られたからといって、赤の他人も同様のネット媒体に流すとは…。

男の底が浅すぎるというより他なりません。

【メンヘラについてはこちらの記事もチェック!】

付き合う前にしてもいいこと

ここまではやってはいけないこと、注意することばかり書いてきましたが、ここからはようやくやってもいいことの紹介です。

大いに参考にして2人の距離を縮めましょう。

二人で食事に行く

ここまではやってはいけないこと、注意することばかり書いてきましたが、ここからはようやくやってもいいことの紹介です。

大いに参考にして2人の距離を縮めましょう。

一緒の道で帰る

変える方角が違っているとしても、男たる彼にとっては彼女を安全なところまで送って行ってあげたいものです。

貴女の方にも悪気がないならば、彼の熱意を尊重してあげましょう。

ただ、気をつけたいのは夜道の暗いところ。

結果を急ぐ彼がいきなり「チュッ」を狙ってくるかも分かりませんね。

まあ、それはあなた次第でしょう。

いずれそうなる関係ならば慌てることもなく。

自分に納得がいかないのなら、毅然とした態度をとればいいのですから。

彼が力づくでも行おうと思ったならば、ちょっとその後の関係に水を差す結果になるかも分かりませんがね。

奢ったり奢られたり

一般的に考えれば、デートの時の食事の勘定は男性が持つのが通常でしょう。

しかし、2~3回、彼の方に払ってもらったなら、「今度は私が払うから」と言ってサッと自分から払いましょう。

それを男性の方が悪いな、と思いながらも彼女の行為にありがたさを感じてくれるようならば、2人の関係はいい方向に向かっていると思いますよ。

このような、奢ったり奢られたりの関係が続けば付き合う上でも楽だと思います。

男女の関係においてお金のやりとりというのはそれくらい微妙に影響を与えてくるものだからです。

まあ、もっと仲が良くなってきたら割り勘でもいいと思いますよ。

ただ、その時にチェックしたいのが彼の金銭感覚。

あまりにも細かいところまで割ってきたら(1円単位まで)、ちょっとお金にうるさいケチ男、なのかも分かりません。

今は貴女の前でいい格好を見せているだけかも分かりませんよね。

付き合っていいかどうかのチェックは女性にとったら多岐にわたるでしょう。

お金の感覚については、特に大事なテーマとなりますからね。

手をつなぐ

友人としての時間も長くなり、お互い、特に遠慮する必要もなくなってきたならば、自然と手をつないで歩くことになるでしょう。

手をつなぐ行為は、二人の距離がグッと近くなったことを表しています。

ここまで来たならば、もう8割以上、確信できた証拠でしょう。

これからは2人にとって幸せいっぱいの毎日がやってきてくれる事を願っています

【恋人繋ぎについては、こちらの記事もチェック!】

付き合う前のNG行動は、別れへ急降下

如何だったでしょうか?付き合う前にやってはいけないNG行動を5つ、紹介いたしました。

あなたにとって、役立つ情報といえたでしょうか?

恋をする瞬間は誰にも分かりません。

ある日、ある時、突然やってきます。

その恋が成就するか、片思いで終わるか、告白すら起こらず自然消滅するか、それも誰にも分かりません。

片思いや自然消滅は気の毒ですが、それも今後に生きてくる糧かも分かりません。

だから、人を好きになる気持ちだけはなくさないようにしたいのです。

そして付き合うチャンスは誰にでもやってきます。

その時に賢く振舞いましょう。

最低限、相手の男性にやって乗らいたくないことを決めながら、自らもNG行動には慎みましょう。

どうぞ、末永く交際できることを祈っています。