人間とは程度の差こそあれ利己的な生き物に違いありません。

それは自分の身を守る防衛本能から発しているのでしょう。

つまり根源的なものです。

これを分析するとすれば自他の区別を含む物事の本質に関わってきます。

したがってどこからどこまでを利己的と呼ぶのか。

これだけでも難しいテーマです。

しかし解釈は人それぞれ、と言っているだけでは、人間に対する見方・考え方は一向に深まりません。

いろいろと分析を加えた後で、自分なりの答えにたどり着くのが正しい方法ではないでしょうか。

ここではそうした一般的な方法から入っていくことにしましょう。

まず周囲にいる利己的な人をイメージして分析を始めることにしましょう。

利己的っていいこと?悪いこと?

利己的という言葉の語感は、普通あまり響きのいいものではありません。

自己中心的な人や、その人の引き起こすやっかいな行為をイメージしてしまうことでしょう。

個人を非難するの使う代表的なフレーズといってよいかも知れません。

顔見知りや業界など、通用する範囲は狭いかも知れませんが、その良くない語感は有効に作用します。

しかしいい方向に作用する場合もないわけではありません。

とくに仕事においては高い集中力に通じます。

それを生かして、すぐれた業績を上げることは十分可能です。

偉大な科学者の伝記を読むと、このタイプが多くいるのがわかります。

ニュートンやエジソンなど世界史に残る人もそうです。

彼らも利己的で自分の殻に閉じこもり、学校生活には全く不向きだったようです。

ただし利己的でも成功するケースはチームプレーを必要としない仕事に限ります。

さらによき理解者または保護者の存在も不可欠です。

こうしてみるとやはり周囲にとってはいろいろと面倒くさい存在でしょう。

このように利己的なことはいいこと、または悪いこと、どちらにもころぶ可能性のあることに留意しておきましょう。

あなたは大丈夫?利己的な人の特徴13個

あなたは自分のことを利己的だと思いますか?

自分のことを冷静に分析できますか?

自己中とかワンパターン、精神的に幼稚などという評のある人はもちろんですが、他人の行為がやたらと自己中心的に見えてしまう人もかなり要注意です。

自らもそれに感染している可能性が高いからです。

共鳴してしまい、つい同じ歩調をとりやすくなります。

以下、利己的と言われる人の特徴を詳細に検討していきましょう。

①利己的な人は友だちが少ない

利己的な人は他人の意見に聞く耳をもたないことが多いといわれます。

そしてそのことにより自然に人を遠ざけてしまっています。

話を聞こうとしない人に、そう簡単に友人などできません。

変わり者同士の仲間はいるとしても、その交際範囲はごく限られていることでしょう。

それは重大な弊害をもたらします。

広範な意見に接する機会がどんどん小さくなるからです。

そして本人にはますます近寄りがたい偏屈な雰囲気がただようようになってきます。

そしてそれがさらに人を遠ざけます。

豊かな才能を持て余しいる、それが周囲に理解されず偏屈になっている、というのならまだ救いようははあります。

しかしほとんど人はそうではないでしょう。

②家族でも自分以外は他人

人の話を聞かない状態は、悪化すると家族にまで及びます。

もともと日本の家族は、口をきかなくてもある程度暗黙の了解で回ってしまう便利なところがあります。

何かのきっかけでその状態が極限まで到達すれば、引きこもりを招きます。

父親の潔癖症が急にイヤになるーそれが息苦しく家族を忌避ー外でも利己的と見られうまくいかずー社会に背を向けついに引きこもり生活へ、などのパターンです。

家族も自分以外は他人という意識が深まれば、そこまで行ってしまうリスクがあることを認識しておきましょう。

おとなりの韓国・中国には神も仏も存在せず、家族・一族しか頼るものはありません。

春節、端午設節、中秋節などマメに家族で集まっては結束を確認しています。

そして家を一歩出ると外は戦争です。

騙し合い、化かし合い、ゴマのすり合いの連続です。

神様が見ているから行いを正そう、とか地獄に送られないよう正しい生活をしよう、などという抑制ブレーキは働きません。

ダイレクトな殴り合い、利の争奪戦が延々と続きます。

このような社会では全構成員が利己的ですから、本稿のような課題は成立しません。

その逆に、家族をないがしろにするものや、潔癖症、ひきこもりなどはほとんどいません。

家族以外に自らの寄って立つ基盤はどこにもないからです。

そして彼の地で行われていることはそのすべてがファミリービジネスです。

したがって利己的といわれる日本人は中国へ行くことをお勧めします。

波長が合ってそのまま住むも良し、またはこれではいけないと身を正すのも良し、いずれにしても家族と自らの関係を考え直す効果は上ると思います。

③ルールやマナーはなし

利己的な行動の解釈を極限まで拡大すれば、ルールやマナーは脇においやられ、目的のために手段を択ばす、というところまで行きつきます。

そうならないためには、外部の力によって監視や矯正をすることが必要です。

しかし第三者の公正な見方、つまり社会正義を振りかざしているだけでは、あまり効果は望めません。

やはり周囲の人間の具体的なアドバイスが第一のストッパーです。

正論で直線的に迫ることも、遠回しな曲線的な言い回しを使うことも、両方対応できるアドバイザーがベストです。

しかし利己的な人にとってそういう人格者は、もっとも煙たい存在に違いありません。

きっと早くから遠ざけてしまっていることでしょう。

ルールやマナーとは社会生活をスムーズに行うためにあるものです。

利己的な行動を取ってこれを無視していては、かえって効率が悪くなるだけです。

利己的な人は、そういうところまで思い至らないのでしょう。

④人の目を気にしない

利己的な人は他人の目を気にしない、と言われています。

これには恥を知らない人という含意があり、明らかにマイナスの評価です。

ここではもっと積極的な意味にとらえてみましょう。

人の目を気にしないことは、逆に言えば集中力が高い人、と言い換えられるからです。

周囲に迷惑が及ばないうちは、ある程度まで許容することも必要でしょう。

これとは逆に人の目を気にしすぎてオドオドしている、というのも大きな問題だからです。

どちらの方がより生産的な仕事ができているのでしょうか。

これはこれで公正に評価しなければならない問題です。

しかし迷惑にまで至らなくても、明らかに見苦しい場合には忠告してあげるべきでしょう。

⑤自分がメリットになることには敏感l

利己的な人は自分の利に敏いと思われています。

ビジネスの世界では、利を求める目端が利いて当たり前です。

また見られていることを意識しながら、自己アピールができるくらいの人でないと成功はおぼつかない、という言い方もあります。

チャンスを敏感にとらえて、図々しく自己アピールできるるのは悪いことではありません。

成功したビジネスマンは一人残らずそれをやってきています。

ただそれが鼻につくようになると周囲は引き始め、逆にマイナスに作用し始めます。

粘り強いのはプラス要素でも、しつこいのはマイナス要素です。

利に敏いのは許容されても、それに振り回されるばかりの人間と思われてはいけません。

返って与しやすい人と思われ、軽んじられてしまうでしょう。

ビジネスマンとしての成長はそこで止まってしまいます。

⑥倫理観が低い

いくら利己的な人といえども自分だけは法律やルールに束縛されない、とまで思っているわけではないでしょう。

とはいえ利己的な人は、決まりを守る意識の低い人が多いのではないでしょうか。

さらに世の中には、法律条文にはない倫理規定もあります。

社会的合意に過ぎませんが、大きく反すれば道義的責任と呼ばれるものが発生します。

利己的な人は自由には責任が伴う、という簡単なことがわかっていません。

それに目を背けることで、自分勝手な行動を助長してしまっています。

こういう人は具体的に罰則を発動しないと、なかなかストップさせることができません。

罰則のない道義的責任であればなおさらです。

倫理観は低いところにとどまり続けたままでしょう。

これを手っ取り早く矯正する方法は見当たりません。

⑦当たり前に嘘をつく

利己的な人は自分がルールブックだと思っているかのように、大胆に振舞っています。

そのため他人の制定したルールには関知しようとはしません。

その結果、自分を有利に導くためならあらゆる手段を正当化してしまいます。

自分をより大きく見せることにも熱心です。

そのためうそをつくこともためらいはありません。

うそをついているという意識はなく、正しいことをしていると思いこんでいるからにほかなりません。

また利己的な人は何かにつけ言い訳も多いものです。

言わなくてもいいことを付け加えるのです。

それがかえってイメージダウンを招いています。

しかしこれも自己正当化の一環として非常によく表る現象です。

⑧周囲の感情は無視

利己的な人は周囲の感情を無視していると言われがちです。

これは無視というよりも人の感情には鈍く、うまく汲み取ることができない、ということでもありそうです。

他人のいやがることを感知するアンテナがうまく働らいていないと見られます。

唯我独尊のイメージです。

しかしこれは逆から見れば、他人の目が気にならず、プレッシャーに強い人とも言えます。

本番に強いといわれるスポーツ選手は、これに当たるのではないでしょうか。

観衆の期待など他人の感情にに左右されない強さです。

他人の感情は基本的に重視し、場合によっては無視もできる、とバランス良く使い分けることができれば理想的でしょう。

しかしこのような人は実際にはあまり見かけません。

⑨いい人そうに振る舞う

利己的な人は自分が組織の中にいる場合、主流派として輝いていないと我慢できません。

街中でも会社でも大手を振って歩きたいのです。

実際には輝いてはいなくても、そう見えるように振舞うことに長けています。

このタイプは男性でいえば大男、女性なら美人にとくに多いようです。

彼らはどこにいてもよく目立ちます。

こっそり隠れているわけにはいきません。

そのため常に堂々としていたい、という欲求は人一倍強いのでしょう。

一見すると、姿形良くいい人そうに見えます。