「今から将来が末恐ろしいね。」「末恐ろしいことだ。」など、この先が恐ろしかったり楽しみだったりする時に、「末恐ろしい」という表現をすることがあります。

言葉の意味が分かっていないと、なかなか使う機会もありませんが、意味や使い方を知っていれば、言葉選びの際にぐっと深みのある表現をすることができます。

末恐ろしい」とはどのような意味の言葉なのか、またどのような場面で使うことがあるのか、良い意味や悪い意味の使い方も含めてご紹介していきます。

「末恐ろしい」の意味って何?良い意味と悪い意味を知っておこう

あなたは「末恐ろしい」という言葉を使う時に、それをどのような意味として使っていますか?言葉にはさまざまな意味がありますが、言葉によっては一つの語で、たくさんの意味を表わす場合もあります。

例えば「忝い(かたじけない)」という言葉には、「申し訳ない」という謝罪の気持ちと、「恐れ多い」という恐縮の気持ち、そして「有難う」という感謝の気持ちの、3つの意味があります。

また、例えば「すみません」という言葉には、単なる声かけの意味と、相手に対する謝罪の気持ち、また恐れ多いという気持ちや感謝の気持ちも込めて使われることがあります。

このように、同じ言葉でも複数の意味を持つ場合があるため、相手がどんな意味でその言葉を使っているのかを、相手の表情や声色、仕草や前後の文章などから察する必要があります。

私たち日本人は日本語が母国語ですので、相手の言葉の持つ意味を自然と察することが出来ます。

しかし、時にはその察しが上手くいかないこともあり、そんな時には相手との間に誤解が生じてしまうケースもあります。

できるだけ誤解が生じないようにするためには、言葉の意味をきちんと自分で知っておくことが大切でしょう。

そしてまた、「末恐ろしい」にも、実は良い意味と悪い意味の両方があります。

相手がどちらの意味で使っているかによって相手の心情を察する必要がありますので、この機会に「末恐ろしい」の意味や使い方についてきちんと知っておきましょう。

「末恐ろしい」の辞書的な意味

「末恐ろしい」の辞書的な意味は、「これから先どうなるのか、考えると恐ろしく、不安である」や「行く末が思いやられる」です。

単純に「恐ろしい」という言葉だけならば、今現在何かについて恐ろしく思っているということになりますが、そこにこの先の将来を思わせる「末」という字を足すことで、この先の未来や将来について恐ろしく思っているという意味になります。

先のことというのは、誰にも分からないものです。

それこそ予知能力や未来を暗示する超能力でもない限り、私たちは1分先のことでさえも知ることは出来ません。

ただ過去や現在の自分の行動や周りの環境などをもとに、ある程度の未来を想像することは出来ますが、必ずしもその通りにいくとは限らないでしょう。

だからこそ、先の分からないということは恐ろしいことでもあり、「末恐ろしい」という言葉が生まれたのでしょう。

「末恐ろしい」という言葉を辞書で引くと、何やら悲観的で自信がなく、不安に満ちているといった印象を受けることでしょう。

しかし、この意味は単純にネガティブだというわけではないのです。

「末恐ろしい」は良い意味としても、悪い意味としても考えることが出来ます。

以下に詳しく見ていきましょう。

「末恐ろしい」の良い意味

「末恐ろしい」は、良い意味としても使われます。

恐ろしいという言葉は本来、純粋な恐怖心から使われるものですが、「末恐ろしい」の場合には、必ずしもそれが単なる恐怖心を表わしているというわけではありません。

例えばジェットコースターや飛行機に乗る時、またはバンジージャンプをする時には、それに慣れていない人は恐ろしいと感じたり、怖いと思ったりするでしょう。

しかし一度でもそれを経験し、恐怖心を越えたところに楽しさを見出すことが出来た人は、それ以降同じことをする時には、ドキドキという恐怖心だけでなく、ワクワクという楽しみな気持ちも抱くことでしょう。

「怖いけれども楽しい」「怖いけれども見たい」そうした感情は誰もが持ち合わせているものです。

そしてまた、「末恐ろしい」という言葉には、「怖いけれども将来が楽しみだ」という意味の気持ちが込められていることがあります。

例えばある人が、自分では及びもつかないような素晴らしい能力を持っているのを目にした時、それに対して「すごいなぁ」という気持ちの中に、言い知れぬ恐ろしさのような感情が含まれていることがあるでしょう。

その恐ろしいという感情は、それが自分では想像もつかないようなことだったり、自分ではとても出来ないようなことだったりを、その人が持っている、またはやってのけているからこそ生まれるものです。

そのため、優れた人や才能のある人を前にした時に、「この人の将来が恐ろしいほどに楽しみだ」という気持ちから、「末恐ろしい」という表現をすることがあるのです。

将来有望


「末恐ろしい」という言葉は、主に将来有望な人に対して使われることが多いです。

例えばまだほんの小さな子どもが、子どもらしからぬしっかりとした考えを持っていたり、知識欲が旺盛で頭が良かったり、または子どもの内から運動神経が良かったりすると、そんな子どもの姿から将来を思い描き、良い意味として「今からこんなにすごいなんて末恐ろしいなぁ。」と使うことがあります。

この場合の「末恐ろしい」とは、将来有望という意味が込められているので、かなり対象人物を褒めていることになります。

優れた才能がある人物に対して使われたり、将来が楽しみな子どもに対して使われたりする際には、大半がこのように良い意味として使われていますので、その表情や声色からも良い意味だと感じ取りやすいでしょう。

「末恐ろしい」の悪い意味

「末恐ろしい」という言葉は本来、将来への不安やこの先どうなるか分からないといった、恐ろしさの意味を持っていますので、当然悪い意味としても使われることが多いです。

先にも挙げたように、先のことなど誰にも分かりません。

もしかしたら明日突然交通事故に遭ってしまうかもしれませんし、1年後には大病を患ってしまっているかもしれません。

そうした良くない未来ばかりを考えてしまう人は、本当に恐ろしさや不安などから「末恐ろしい」と使うことがあります。

ポジティブな性格の人は基本的に何事にも前向きですので、将来やこの先の未来について考える時にも、あまり悪い未来を想像することはありません。

もしも今の生活が絶好調に送れているというのなら、この先も良い意味として末恐ろしい気持ちになるかもしれませんね。

しかし一方で、ネガティブな性格の人は、何事に対しても後ろ向きで消極的ですので、物事を悪く考えてしまうことが多いです。

明日や明後日、1年後や10年後に自分の人生は破綻してしまっているかもしれない、事故や病気でまともに生きていけていないかもしれないと、悪い未来ばかりを想像してしまいますので、本当に不安な気持ちから、末恐ろしいと思ってしまいます。

ネガティブな思考の人ほど、「末恐ろしい」という言葉を悪い意味として使うことが多いです。

先行きが不安


誰でも一度は、自分の人生に不安を抱いたことがあるでしょう。

早ければ受験先に不安を抱いたり、または就職先に不安を抱いたりすることがあると思います。

しかし、受験にせよ就職活動にせよ、いずれは終わりが来るものです。

どこかの学校に受かれば進学することになりますし、選り好みをしなければきっとその内どこかの会社に就職できることでしょう。

もしくは、フリーターとして生活していくのかもしれません。

どんな人生になるのかは、自分自身の選択によって決まります。

ですから、自分で決めた道であれば絶対に後悔はしないと考えがちですが、実際には後悔することもありますし、現状に満足していなければ、自分の先行きに不安を抱いてしまうでしょう。

先行きに不安を覚えてしまう大抵の理由は、自分が働けなくなってからの未来を想像するからです。

例えば5年後、10年後であればまだ何とか生活を送っている自分の姿を想像することが出来るかもしれません。

しかし、現状に満足していない状態で何十年と先の未来を想像した時に、老いて働けなくなった自分が果たして立派に生活していけるのかどうか、それに対して大きな不安を抱く人はとても多いです。

そして先が不安だからと、今の人生の送り方を必死になって改善させようとする人もいれば、悩んでばかりで何とも出来ない人もいます。

そして後者の人の場合、先行きに対する不安はいつまで経っても消えることはないため、先のことを考える度に、末恐ろしいと思ってしまうのでしょう。

「末恐ろしい」の使い方

「末恐ろしい」は、どのような時に使うのでしょうか?

意味が分かっていれば、何となく言葉も扱うことが出来るようになりますが、うっかり間違った使い方をしてしまうと相手に誤解を与えてしまうはめになるかもしれません。

そのため、どんなタイミングで使えば良いのかも予め知っておきましょう。

「末恐ろしい」という言葉は、基本的には人に対して使うことが多いです。

しかし時には人ではない物や現象などに対しても、使うことがあります。

明確に「これには使っていいが、これには使ってはいけない」という決まりはありませんが、言葉を使っていいものと、使ってしまうと不自然に聞こえてしまうものもありますので、どんなものに対して使うのかを知っておくと、目安になるかもしれません。

以下に使い方をご紹介していきます。

良い意味での使われ方

「末恐ろしい」は良い意味も持っていますので、当然良い意味として使うことができます。

例えば人や現象、物事などに対して、それが将来的に自分や周りの人たち、社会全体に対して良い効果や結果をもたらすことが予想される場合には、良い意味としての「末恐ろしい」を使うことが出来るでしょう。

そのため例えば、悪いことをしている子どもよりは、善いことをしている子どもに対して使うことが多いですし、先行きが不安なものよりは、先行きが期待出来るものに対して使うことが多いでしょう。

「末恐ろしい」という言葉を耳にする人たちも、そうした人や現象の先行きに対する期待があるかないかによって、良い意味で使われているのかどうかを判断します。

このまま売上げが伸びていくと末恐ろしいことだ

例えばある会社の業績が、年々増加傾向にあるとします。

自社で製作している商品の売上げが伸びているため、自然と業績も右肩上がりになっていますが、このような状況で「このまま売上げが伸びていくと、末恐ろしいことになるなぁ。」と使うことがあります。

これは、「このまま売上げが伸びたらどんどん業績も上がって、会社が大手企業にまで成長出来るかもしれない。そんな未来になるのを想像すると、怖いくらいに楽しみな気持ちになる。」という意味ですので、良い意味として使われているのが分かります。

深読みをすると、「このまま売上げが伸びたら、どこかで一気に転落しそうで末恐ろしい。」と悪い意味にも思えるかもしれませんが、「末恐ろしい」と言っている人の表情が緩んでいたり、上機嫌な場合には、間違いなく良い意味として使われているでしょう。

悪い意味での使われ方

「末恐ろしい」を悪い意味で使う時には、大抵は誰かが何か悪さをしていたり、何かよくないことが起きたりした時に、それに対して使うことが多いです。

いかにも悪い出来事や人物に対して使う場合、「末恐ろしい」と言っている人の表情には不快や怯えなどの感情が浮かんでいることが多いため、直ぐに悪い意味で使われているのだと気付くことが出来るでしょう。

悪い意味で「末恐ろしい」と使う時、少なからずその言葉の中には嫌悪感や相手を責めるような厳しい感情が込められている場合が多いです。

そんなことをするなんて末恐ろしい子

例えば幼い子どもが他の子どもをイジメているのを見た時、大人がその子どもに対して「そんなことをするなんて末恐ろしい子。」と使うことがあります。

それはつまり、「まだ子どもなのに誰かをイジメるなんて、今からこの子の将来が不安で仕方がない。」ということですので、子どもの将来に強い不安を抱いていることになります。

また、例えば何か犯罪をおかしたり、非人道的な行いをしたりした人に対しても、同じような意味として使うことがあります。

これらの場合は、「末恐ろしい」という言葉を向けた相手に対して、言った側が悲観的な考え方をしていることも多いでしょう。

「末恐ろしい」の類語

「末恐ろしい」は、先のことが不安で恐ろしいという意味を、良い意味と悪い意味とに分けて使うことが出来ます。

日常会話の中でも当たり前に使うことが出来ますが、時と場合によっては、「末恐ろしい」という表現がしにくいこともあります。

例えば「なんて末恐ろしいのだろう」という言い方が、聞く人には大袈裟に聞こえたり、嫌味に聞こえたりしてしまうことがあるため、時には「末恐ろしい」を別の言い方にする必要もあるでしょう。

そのような時には、類語を知っておくと、代わりの言葉として使えますので、いくつかの類語を予め頭に入れておきましょう。

以下に「末恐ろしい」の類語をご紹介していきます。

良い意味の類語

「末恐ろしい」は、「この先がドキドキと不安もあるが、それ以上にワクワクと楽しみでもある。」といった良い意味として使われます。

そのため、「恐ろしいが楽しみ」「不安以上に楽しみ」など、楽しみな気持ちが込められた言葉が、「末恐ろしい」の類語として用いられます。

「末恐ろしい」という言葉を使うとやや大げさに感じられるような場面の時には、類語で別の表現をすることで自然に相手に伝えることが出来るでしょう。

以下に類語をご紹介していきます。

将来が楽しみな

知的好奇心が旺盛で勉強熱心な子どもや、運動神経が良くてスポーツ万能な子どもなど、子どもや学生の内から才能を発揮していたり、才能の片りんが見えたりする子に対して、「将来が楽しみな~」と使うことがあります。

大抵は親が子どもに対して使ったり、教師や他の親が子どもに対して使ったりすることが多いです。

自分の子どもに何かしらの才能を見出した時に、親はそれを嬉しく思い、子どもの将来をあれこれと夢見ることでしょう。

「将来が楽しみだね」などと未来に期待を抱きながら楽しそうに話をする時には、「将来が末恐ろしい」と表現するよりは、「将来が楽しみだ」と言った方が自然に聞こえるでしょう。

末頼もしい

あまり普段使いをされることはありませんが、「末恐ろしい」の類語に「末頼もしい」という言葉もあります。

「末」は「末恐ろしい」と同様に、この先のことや未来、将来を意味しています。

そのため、「この先が頼もしい」「将来が頼もしいな」などの意味として使われることがあります。

しかし、普段使いをされる機会が少ないことから、「末頼もしい」と口に出した時に、その言葉の響きに違和感を覚える人がいるかもしれません。

人によっては「その日本語はおかしいのでは?」と指摘をしてくる可能性もありますので、言葉にするよりも、文章にした方が相手には自然と受け入れられるでしょう。

もちろん口に出して言葉にしてはいけないということではありませんので、「末恐ろしい」の代わりに使っても問題はありません。

悪い意味での類語

「末恐ろしい」は、先行きに対する不安な気持ちを表す言葉ですので、類語は「将来が不安な」とストレートな表現をするのが一般的です。

悪行ばかりしている子どもを見て、親が「将来が不安だ。」と言ったり、今の生活がギリギリの状態で貯えもなく、未来に対する希望や夢が見いだせない場合に、「将来が不安で仕方がない。」などと言ったりすることがあります。

ネガティブな人ほど悪い意味での類語を使う機会が多いでしょう。

「末恐ろしい」という言葉は、聞き手によっては良い意味にも悪い意味にも受け取れますが、このように類語を用いることで、その意味がはっきりと聞き手にも伝わります。

そのため聞き手の誤解を防ぎたいと思った時には、あえて類語を使った方が互いのコミュニケーションが円滑に取れるでしょう。

将来不安!末恐ろしいと思うこと

あなたはどんなことに対して、将来が不安だと感じますか?仕事や経済、家庭や病気など、人によってさまざまな不安を抱えています。

将来が不安な気持ちは何も、自分一人だけが持っているわけではありません。

あなたの身近にいる人も、将来を安泰に考えている人はほとんどいないでしょう。

しかし末恐ろしいと感じるからこそ、それに備えて今からしっかりと計画を練って、行動に移すことは出来ます。

自分のこの先の人生を考えているからこそ、今から人生を充実させることも出来るのです。

先の人生に対する不安は、生きている限りはいくつになっても続きます。

人によってどのような不安を抱えているのか、一般的によく言われている内容について以下にご紹介していきます。

仕事

今勤めている会社で定年まで働き続けようと思っている人は、定年退職を迎えるまで一生懸命に働くことでしょう。

しかし一方で、今の会社に将来性を感じられないでいる人は、「このまま働き続けていても将来が不安だな・・」と先行きに不安を感じてしまいます。

元々好きで今の会社に就職したのであれば、例え収入面が心もとなくても、仕事にやりがいを感じられますので定年までは楽しんで仕事に取り組めるでしょう。

しかし、好きで今の会社に勤めているわけではない場合、働き続けていても仕事に将来性を感じることは出来ませんし、どんなに夢中になれる仕事であっても、一切昇給や昇進がない場合にも、やはりこの先の未来に明るい希望は抱けないでしょう。

仕事は好きでも出世などの将来性が感じられない、または今の会社に不満があって、この先も働き続けることに抵抗があるなど、仕事に対するさまざまな理由から、先のことが末恐ろしくなってしまうことがあります。

経済面

多くの人が、経済面で将来に不安を抱いています。

例えば今の自分の収入が心もとなく、まともに老後の貯えもすることが出来ずに、「働けなくなってから病気になったらどうしよう・・」や「定年退職後の生活をどうやって生きていこう。」などと経済面での不安を抱く人は多いです。

今の生活に余裕がなく、毎月ギリギリで生活を送っている人は、一ヶ月先のことですらも考えると不安になってしまうでしょう。

仕事の収入が安い人は、まともに貯金をすることも出来ませんし、個人で仕事をしている人の場合、もし怪我や病気になってしまった時には、自分で生活費を稼ぐことも出来なくなりますので、毎日が不安で仕方なくなってしまうでしょう。

人はお金がなくなってくるほどに、心にも余裕がなくなってしまいます。

経済面が不安だと、常にお金のことばかりを考えるようになりますので、頭を悩ませることも多く、将来にも希望が持てなくなってしまうでしょう。

恋愛

恋愛に不安を抱く人も多いです。

男性でも女性でも、自分が「○歳までには家庭を持っていたい」という目標があると、その歳が近くなると気持ちに焦りが生じてしまいます。

しかし、だからといって適当な相手と結婚してしまえば、将来自分が後悔する羽目になるかもしれません。

また、好きだから交際している相手であっても、その相手にまったく将来性がない場合、「この人と本当にこの先結婚できるのだろうか?」と不安に感じたり、「自分の年齢を考えると、このまま先の見えない人と付き合い続けるのは時間の無駄になるのではないか」と悩んだりしてしまうでしょう。

最初から生涯独身でも構わない、今を楽しみたいというスタンスの人であれば、いくつになっても気ままに先のことなど考えずに、今の恋愛を楽しむことが出来るでしょう。

しかし、そんな考えの人は珍しく、大抵の人は恋愛の先で結婚を考えています。

年齢が上になってくれば恋愛をするのにも、「結婚を前提に」と考える人は少なくありません。

自分の将来を考えた時に、恋愛にも不安を抱える人は多いのです。

健康

健康に不安を抱える人も少なくはありません。

子どもの頃から病気知らずの健康体であった人の場合、普段はまったく健康面に不安を抱くことはないかもしれません。

しかし、年齢を経てくれば誰しも何かしらのトラブルを体に抱えることはありますし、高齢になればより健康面で問題が出てくることでしょう。

また、どんなに健康な人でもある日いきなり重い病気を発症してしまう可能性はありますし、もしかしたら事故が原因で体調を崩してしまうかもしれません。

元々体が弱い人では、健康面での不安はつきものです。

体調を崩す頻度も多いでしょうから、「またか」と思うと同時に、そんな自分の体の先のことを考えて、つい不安を覚えてしまう人もいます。

健康面で問題が生じると、まともに仕事が出来なくなってしまうこともあります。

働けなければ当然収入は得られませんし、例え障害手当をもらったとしても、生活にはそこまで余裕は持てないでしょう。

反対に、どんなに仕事先が見つからなくても、体が健康でさえあれば、いくつでもバイトを掛け持ちしてお金を稼ぐことは出来ます。

しかし健康でなければそれも出来ないため、不安になってしまうことは多いのです。

人生

人生とは、自分の仕事や生活、健康や趣味など、自分の生きていく上で関係するすべてのものをひっくるめています。

日々の生活が充実していなかったり、将来に希望を持てなかったり、自分が何のために生きているのか分からなかったりと、自分の人生に悩んでしまう時には、自分の人生そのものに対して不安を抱いてしまうことがあります。

人は何か深刻な悩みを一つでも抱えると、それが引き金となって人生のあらゆることに対して不安を抱いてしまいやすいです。

しかしそれが解決すれば、途端に安心して人生を楽しく送ることも出来ます。

人生は考え方一つで楽しくも出来ますし、末恐ろしく考えることも出来ます。

ネガティブな人ほど、自分の人生に不安を抱いてしまいやすいです。

治安

自分の周りの環境や、住んでいる土地の治安が悪ければ、外を出歩く際には不安を抱えてしまいやすいです。

日本は海外に比べればまだ治安が良い方ですが、それでも夜中の裏通りや、怪しげな店が立ち並ぶ通りでは犯罪が起きやすく、治安も悪いところがあります。

そんな治安の悪いところに住んでいれば、日々の生活を安心して送ることは出来ないでしょうから、不安に感じてしまう人もいるでしょう。

また、治安の悪さが社会情勢の悪化に繋がることもありますので、果ては日本社会の将来にまで憂いを抱いてしまう人も中にはいることでしょう。

子育て

子育ては、誰でも不安に感じます。

とくに初産の場合、子どもを育てるのは初めてですので、分からないことだらけでしょう。

両親や先輩たちに助けられて子育てを送れる人はまだ良いですが、誰にも相談できない状態での子育ては、毎日が泣きたくなるほど不安になってしまうこともあります。

それが精神的なノイローゼの引き金となり、最悪の場合育児放棄や自分の子どもを虐待してしまうようなケースもあるのです。

時々ニュースでまともに子育てをせずに、子どもを死なせてしまう親の事件が取り上げられますが、もしかしたらそれは「子育てをしなかった」のではなく、「どうすればいいのか分からずに出来なかった」のかもしれません。

子育てにはそれだけたくさんの不安がつきものなのです。

末恐ろしいはどっちで使われることが多い?

「末恐ろしい」という言葉は、今でこそ悪い意味として使われることが多いです。

しかし、元々この言葉は、褒め言葉として使われていたと言われています。

「幸せ過ぎて怖い」という言葉を時々耳にすることがあるように、あまりに将来に期待ができすぎるのも、反対に恐ろしく感じられることがあります。

そうした心理から、元々は良い意味として「末恐ろしい」という言葉が使われていました。

とはいえ悪い意味も持っていますので、もちろん悪い意味として用いても間違いではありません。

自分の感情や考えに従って、その都度意味を使い分けていけば良いでしょう。

まとめ

「末恐ろしい」という言葉は、その時々によって良い意味として使われたり、悪い意味として使われたりします。

前後の文章や口にしている相手の表情、声色などによって、どちらの意味で使っているのかを判断する必要があります。

もし自分が「末恐ろしい」と使う時に、その意味が正しく相手に伝わるかどうか不安に感じるのであれば、類語を用いて誤解のないように避けましょう。

「末恐ろしい」の意味をきちんと理解しておくことで、口にしている人がどのような意図で言っているのかを察することが出来るようになるでしょう。