どんなに気をつけて生活を送っていても、人はふとした拍子にうっかりミスをしてしまうことがあります。

そのうっかりミスがいわゆる凡ミスですが、凡ミスが多いと常に気を張っていなければなりませんし、自分の言動や行動が本当にあっているのか、自分自身で疑わしくなってしまうこともあるでしょう。

凡ミスとはどんなミスなのか、また凡ミスをなくすためにはどうすれば良いのかについてご紹介していきます。

凡ミスの自覚がある人は、今日からでも凡ミス0を目指しましょう!

️なるべく凡ミスを防ぐ方法10個

どんなに優れた人であっても、ミスをしないということはありません。

むしろ、優れた人ほど過去にはたくさんのミスを繰り返していることが多いです。

小さなミスから大きなミスまで一通り経験をしているからこそ、そこから「同じミスをしないように」と十分に反省をして、その後は同じミスをしないように気をつけています。

例えば道端にぬかるみがあり、うっかりそこを踏んでしまったなら、また同じ道を通る時にはぬかるみを踏まないようにその場所を避けて歩くでしょう。

誰もがそんな風に、失敗から学んで賢くなっていきますが、注意力が散漫な人やミスをきちんと反省しない人は、何度も同じようなミスを繰り返してしまいます。

小さなミスやちょっとしたミス、すなわち凡ミスをふとした時に繰り返してしまう人は、そんな凡ミスをできればなくしたいと考えていることでしょう。

では、どうすれば凡ミスを防ぐことができるのでしょうか?以下に具体的な方法をご紹介していきます。

1:余裕をもつ

あなたは日々の生活を、余裕をもって行動していますか?余裕がある人は気持ちも落ち着いていて、冷静に物事を見極めたり判断したりすることができますので、不慮の出来事やトラブルに巻き込まれた時にも、パニックになることなく行動することができるでしょう。

一方で余裕がない人は、気持ちにも余裕がなく、目の前のことだけに精一杯になっています。

例えばバスや電車に乗ろうとして財布が見つからなかったら、「財布がない」という事実にパニックになってしまい、落ち着いて財布を探すことができなくなってしまいます。

少し冷静になれば、朝家を出る時にお尻のポケットに財布を入れたことを思い出せるのに、頭が真っ白になってしまって、「かばんにあるはずだ」と思い込んで見つけることができなくなってしまいます。

そうしたミスは誰にでも起こりうるものですが、気持ちに余裕がある人は、一瞬パニックになっても直ぐに気持ちを落ち着けて、冷静に自分の行動を思い出すことができるでしょう。

しかしそれができない人は、余裕がないということですので、常に気持ちに余裕を持つように心がけましょう。

焦って行動することが凡ミスを引き起こす


余裕がない人は、気持ちに余裕がないため焦って行動してしまい、その結果凡ミスを引き起こしてしまいます。

気持ちに余裕がないのも焦ってしまうのも、日々のスケジュール管理や時間配分が原因であることが多いです。

例えば朝はいつもギリギリに起きて慌てて家を出るという人は、いざ駅の改札口で財布が見つからなければ、ただでさえ時間がないため大慌てしてしまうでしょう。

しかし、普段よりも30分早く起きて家を出るようにすれば、もしも財布が見つからなくてもゆっくりと落ち着いて探すことができますし、例え電車が目の前で出てしまっても、次の電車に乗って悠々と出勤することができます。

人の行動は、すべて時間によって管理されています。

休日で何も予定がない時には時間を気にせずにだらだらしても良いでしょう。

けれど仕事や学校など、何かやらなければならない日には時間配分に余裕を持ち行動するようにすれば、それだけである程度気持ちに余裕が持てますので、凡ミスを減らすこともできるでしょう。

2:可視化すること

可視化とは、文字通り目に見えるようにするということです。

例えば頭の中で考えていることを紙に書き出せば、自分の考えが誰の目にも見えるようになり、情報や考えを共有できるようになります。

組織として行動する時や、複数人で何かをする時には、常に可視化を心がけることで、全員に情報がきちんと伝わりますし、また物事が分かりやすくなって進行もスムーズになるでしょう。

また、可視化にはミスを防ぐという利点もあります。

誰の目にも明らかにしておくことで、個人で勝手な解釈や行動はしなくなりますし、万一ミスがあった場合にも直ぐに原因を明らかにすることができるでしょう。

一方で可視化をまったくしなければ、人によってさまざまな解釈や考えの元に行動してしまいますので、意思の疎通に問題があったり、互いの認識で誤解が生じたり、ミスが増えたりとトラブルも多いです。

記憶の中で留めておかない

複数人でなく、個人的なことでも可視化は有効です。

例えばその日の自分の仕事に加え個人的な用事があり、さらには上司から指示も受けた場合に、やることが頭の中でごちゃごちゃとしてしまい、優先順位もつけにくくなってしまいます。

また、頭で覚えていたはずのことも、余所事をしている内にすっかり忘れてしまっていることもありますので、可視化をしないことで余計な凡ミスを増やしてしまうことになります。

自分の記憶の中だけで留めておくのではなく、事あるごとにメモを取るようにしておけば、優先順位もつけやすく、確実に必要なことをやることができます。

その結果凡ミスを減らすことができますので、自分のためにもなるでしょう。

3:凡ミスのパターンを知る

凡ミスが多い人は、自分が凡ミスの多いことは自覚していても、その原因までは理解していないことが多いです。

「自分では気をつけているつもりだけど、どうしてだか凡ミスが多いんだよなぁ」と悩んではいるものの、きちんとその原因を把握して対策をしていないため、悩みながらも何度も凡ミスを繰り返してしまいます。

そんな凡ミスの多い人には、実は凡ミスのパターンが存在しています。

それは例えば、常に焦って行動していたり、一つのことをやりかけのままで別のことをやってしまっていたり、または可視化しなかったりと、人によって凡ミスを起こすパターンはさまざまです。

自分がどんなパターンによって凡ミスを繰り返しているのかを知るためには、凡ミスをした時に、それが起こった状況をきちんと思い出して整理してみましょう。

どんなミスをしたのかではなく、「何故ミスが起こったのか」を自分で理解するためにも、凡ミスの起きた前後の状況についてしっかりと把握することが大切です。

そうやって凡ミスのパターンを知ることができれば、次からは同じことを繰り返さないように頭を使って対策を練ることができるでしょう。

4:すぐに終わらせられるものは後回しにしない


目の前にあるやることを、ついつい後回しにしてしまうことってありますよね。

やらなければならないことは理解しているものの、動き出すのはギリギリになってからの人は、常に何をするにも余裕がなくなってしまいます。

余裕がなくなるとパニックになりやすくなり、また一つのことしか目に入らなくなってしまいますので、凡ミスが増えてしまうでしょう。

じっくりと時間をかけなければ終わらないことであれば、十分に時間をかけて確実に終わらせるようにしますが、集中すればすぐに終わらせられることの場合には、後回しにせずに先にやってしまう癖をつけましょう。

夏休みの宿題や試験勉強をギリギリになってからやる子どもは、大人になってからも仕事の納期ギリギリまで動かないことが多いため、自分がそのタイプだと思った人は今日からでも後回しは止めましょう。

やれることを早めに片付けておけば、後になってやることが溜まらずに済むため、凡ミスをする可能性が減るでしょう。

5:確認する癖をつける

何をする時にも、いちいち確認する癖をつけておくと、凡ミスを防ぐことができます。

心配性の性格の人は、元々何事も確認しなければ気が済まないため、自分から毎回のように確認します。

そのため一見凡ミスが少ないように思えますが、心配性な人は心に余裕がないことが多いため、余裕のなさから焦ってしまい、結果的に凡ミスをしてしまうことも少なくはありません。

自分がきちんと確認したことに対しては気持ちに余裕が持てる人であれば、凡ミスをする可能性も減らすことができるでしょう。

とはいえ、心配性かどうかはともかくとして、まずは何事にも確認する癖をつけましょう。

家を出たら鍵がかかっているかきちんと確認をする、その日の内にやらなければならないことをリスト化して、毎回確認するなど、自分が何かをする際には、必ず確認作業も一緒にやるように心がけましょう。

意識して確認をし続けていれば、次第に考えなくても確認の癖が身に付くようになります。

6:やるべきことは事前に整理しておく

あなたは子どもの頃から、翌日の学校の準備を前日にしておける人でしたか?親に指摘されてやる人もいれば、自分でやっていた人もいるでしょう。

前日の内に明日の準備をしておくと、いざ翌朝を迎えた時にさっと行動に移すことができます。

また、もし寝坊をしてしまっても、学校へ行く仕度はすでに整っていますので、準備をする時間のロスがなく、遅刻せずに登校することができます。

子どもの頃からやるべきことを事前に整理しておく癖がついている人は、大人になってからも事前に準備をしてから行動に移すことができますので、イレギュラーなことがあったとしても、焦ったりパニックに陥ったりすることが少ないでしょう。

一方で、事前の整理が何もできていない人は、いざ何かあった時には焦ったりパニックになったりしやすいです。

焦ることで余計に凡ミスを生みやすくなりますので、不測の事態があったとしても焦らなくても済むように、事前の準備や心構えをしておくように心がけましょう。

チェックリストを作るのがおすすめ

やるべきことを実際にやる前に、チェックリストを作っておくのがおすすめです。

例えばその日に営業の仕事と打ち合わせが入っていた場合、まずはチェックリストにその日にやるべきことを書いていきます。

どこの営業先に回るのかと、打ち合わせの項目を書いた後で、他にもこまごまとした用事やその日中にやることを挙げましょう。

その日にやることをすべて挙げ終えたら、次にそれらに優先順位をつけていきます。

優先順位をつけることで、「少なくともこれは絶対にその日中にやらなければいけない」という意識が明確になりますので、忘れるのを防ぐことができるでしょう。

また、優先順位をつけながら、同時に一日のタイムスケジュールを組んでいきましょう。

例えば午前と午後に営業先に行くことが決まっており、また13時から打ち合わせがあるのなら、紙に「午前営業→午後1時打ち合わせ→営業」と大雑把に書き、その間に他のやることを埋めていきます。

するとその日1日のタイムスケジュールとやることが分かりやすくチェックリストとして作れますので、その通りに行動すればうっかり忘れや凡ミスを防ぐことができるでしょう。

7:落ち着いて取り組む

何事も、落ち着いて取り組まなければ凡ミスが発生しやすくなってしまいます。

例えば財布や携帯など、自分にとって大切なものがなくなってしまった時、誰でも頭が真っ白になって焦ってしまいますよね。

普段財布や携帯を入れているカバンはもちろん、上着のポケットや部屋のいたるところを探し回りますが、何故か必死になって探している時ほど見つからないものです。

その内にその場で見つけることを諦めて、カードの使用を止める手続きをしたり、気落ちして探すのを止めたりすると、いつの間にか思いもよらないところから見つかることがあります。

そして見つかった時に、「そういえばさっきあそこにポンと置いたんだった!」と記憶が蘇り、安心感と疲労感が一気に襲ってくることでしょう。

必死になって探しているのに何故か見つからない時には、頭の中が「財布(携帯)がない!!」ということだけでいっぱいになっているため、冷静な判断や記憶の確認ができずに、焦ってしまっています。

そのためどんなに探したところで、本来の場所とは見当違いな場所ばかりを探してしまうことも多いのです。

しかしもし、ここで落ち着いて冷静に考えを巡らせることができたなら、記憶の中から財布や携帯を置いた場所を思い出し、あちこち探し回らずとも見つけることができるでしょう。

咄嗟の状況に陥った時には、人はなかなか落ち着いて取り組むことができなくなってしまいます。

しかしあえて深呼吸をして気持ちを落ち着けるように努めることで、余計な凡ミスやタイムロスを防ぐことができるようになるでしょう。

8:一度凡ミスをしてしまったら反省する

凡ミスとは「うっかり」「つい」のミスです。

つまり、きちんと気をつけていれば起こることのなかったミスでもあります。

それをしてしまった時点で、「自分はうっかりしているな」と自覚をして反省ができれば、同じような凡ミスを繰り返さずとも済むでしょう。

ミス自体はどんなに気をつけていても、いずれは起きてしまうものです。

しかし、少なくとも凡ミスは、自分の意識の差によって、繰り返したり防げたりします。

そのため、常に気を張っているわけにはいかなくても、予め「凡ミスをするかもしれない」と自分が思える事柄にはとくに気を配るようにしましょう。

何度も凡ミスを繰り返す人は、「気をつけていた」「やらないようにしていた」という言い訳は一切通じません。

気をつけて行動していたのなら、そもそも凡ミスをすることはありませんので、明らかに本人の注意不足や集中力の散漫が原因でしょう。

二度繰り返さないのが常識

「仏の顔も三度まで」ということわざがありますが、ミスは三度ではなく、二度繰り返さないというのが常識です。

とても難しく複雑な仕事内容であれば、二、三度のミスは仕方がないとみてくれる会社もあります。

しかし、あまりにミスが多かったり、または同じミスを繰り返したりすれば、当然上司には叱られますし、周りからの風当たりも強くなってしまうことでしょう。

とくに凡ミスは本人の不注意によるうっかりという認識が強いため、ただでさえ凡ミスをしてしまったのに、さらに二度目も凡ミスを犯したとすれば、当然「しっかりしなさい」と怒られてしまうでしょう。

9:知っているふりをしないこと

知ったかぶりをしたり、知っているふりをしたりする人は、最後まできちんと人の話を聞かない傾向があります。

例えば「明日の打ち合わせの連絡を取引先にしておいてほしいんだけど・・・」と同僚から言われた際に、途中で「分かったわかった」と言葉を遮って了解し、メールで取引先に連絡を入れたとします。

その後で同僚に「連絡を入れておいたよ」と確認を取ったところ、連絡はメールではなくFAXで送ってもらいたかったということを知り、慌てて再度FAXで連絡をする羽目になってしまったというケースでは、きちんと最後まで話を聞かずに、自分の頭の中だけで物事を理解してしまった結果が表れています。

よくクイズ番組の引っかけでも、問題をきちんと最後まで聞かなければ答えが分からないことがありますが、それと同じように人の話は最後までしっかりと聞いておかなければ、後になってトラブルになってしまうことがあるでしょう。

知っているふりをすることで結局は自分の理解と事実が違っていた場合に、凡ミスが起こってしまうので、凡ミスを起こさないためにも人の話は最後まで聞くように心がけましょう。

物事に対して疑問や疑いをもとう

よくテレビや雑誌、新聞や口コミなどの情報を鵜呑みにしてしまっている人がいます。

「テレビでやっていたから」「本に載っていたから」と理由で何でもかんでも信じ込み、それを根拠として自分の意見を主張するのは、自分の考えによっての主張ではないため、もし間違っていた場合にも素直に自分のミスを認めることが難しくなってしまいます。

また、全国の教材として使われている歴史の教科書にも、定期的に修正がされているように、実のところ何が真実で何が間違っているのかはとても曖昧なことが多いのです。

その真偽を自分できちんと判断するためには、あらゆる物事に対して疑問や疑いを持つことです。

もちろんすべてを疑ってかかるような極端な真似をする必要はありません。

しかし、「ひょっとしたら違う意見や可能性があるのではないか」ということを常に頭に入れておくことで、世間に溢れている情報を鵜呑みにすることなく、自分で冷静に判断してミスを防ぐことができます。

10:なるべく集中しやすい状況を作ること

凡ミスは、集中力の欠如が原因で起こることが多いです。

おしゃべりをしながら書類を作成したり、スマホをいじりながらメールを打ったりと、「ながら作業」や「ながら仕事」をすることで、凡ミスをする可能性がぐっと上がります。

これまで目立った凡ミスをしてこなかった人は、「自分なら大丈夫だ」という根拠のない自信があるため、実際に凡ミスをしなければなかなか「ながら」の行動を止めることはできません。

しかし、一度でもそれで凡ミスを犯したなら、反省してすぐにそれを止めるべきでしょう。

また、「ながら仕事」は余所事が同時にできる環境だからこそついしてしまうものです。

そのため、なるべく集中しやすい状況を作ることで、「ながら仕事」による凡ミスを防ぐことができるでしょう。

例えば作業に集中する時には携帯はしまっておく、やるべき仕事を一つずつデスクの上に出すようにして、一つの仕事をしている時に他の仕事が目に入らないようにするなど、自分で考えられる「集中しやすい環境」を作りましょう。

️ついついやりがちなのが凡ミス…

凡ミスは、誰でもついやってしまうものです。

凡ミスとは、「不注意による失敗」や「軽率でつまらないミス」という意味ですので、本来ならばミスをするはずもないところでうっかりミスをしてしまうことを凡ミスと言います。

そしてまた、凡ミスは不注意によって起こるミスですので、他のミスと違い、上司や同僚からとくに注意されることが多いです。

一生懸命やった上で、それでもどうしてもミスが出てしまった時には周りも寛容な態度になってくれることがありますが、凡ミスは単なる不注意ですので、誰に庇われることもなく、「凡ミスをしたやつが悪い」と思われてしまいます。

そんな凡ミスが多ければ多いほど、仕事に対する評価もどんどん下がっていき、人間性の面でも信用されづらくなってしまいますので、ついやってしまいがちだとは言え、極力やらないように気をつけなければなりません。

凡ミスの類義語

凡ミスには類語があります。

スポーツや日常生活の中では凡ミスという言葉を使う機会は多いですが、ビジネスの場などではまた別の言い回しをすることもあります。

凡ミスの類義語を知っておき、その場に合わせた使い方ができるようにしておきましょう。

ケアレスミス

ビジネスシーンでは、凡ミスではなく、ケアレスミスと表現されることが多いです。

ケアレスミスは「不注意による誤り」や「軽率なまちがい」という意味ですので、凡ミスと意味はほとんど同じです。

仕事で何か不備があった場合に、「今回のようなケアレスミスが今後は二度と起こらないように誠心誠意努めてまいります」などの謝罪をメールや手紙で迷惑をかけた相手に送ることが多く、自分でも「ケアレスミスを失くそう」と口にした経験がある人も多いことでしょう。

凡ミスよりは言葉の響きがオフィス向けですので、ビジネスシーンで使われていることが多いです。

失敗

失敗は、「物事をやり損なうこと」や「しくじること」「良い結果が得られないこと」「目的を果たせないこと」などの意味があります。

失敗という一言だけで、小さなミスから大きなミスまで表現することができますので、凡ミスよりも使用範囲も頻度も高い言葉です。

とはいえ、あまりに大きなミスを犯してしまった場合には、「重大な過失」や「多大な過ち」などの別の表現をすることがありますので、凡ミスのようにちょっとしたミスの場合に使われることが多い言葉でもあります。

凡ミスの使い方

凡ミスは、自分の不注意によって起こる軽率なミスです。

そのため極力凡ミスは防がなければなりませんが、もしも凡ミスをしてしまった時には、それを誰かに伝える必要があるでしょう。

凡ミスは誤字脱字やメールの打ち忘れなど、内容によって異なりますが、ミスの詳細までいちいち報告する必要がない場合には、「確認不足により凡ミスをしてしまいました。

」と相手に伝えます。

凡ミスと聞けば、相手も「些細なミスをしたんだな」と直ぐに理解するでしょう。

️凡ミスをしてしまう人の特徴

凡ミスをしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか?どんな人でもその日のコンディションや気分などによって、うっかり凡ミスをしてしまうことはあります。

しかし大抵の人は直ぐに反省して同じミスを繰り返さないように気をつけるでしょう。

しかし、中には何度も同じような凡ミスをしてしまう人もいます。

凡ミスをしている自分を自覚しているのに、それでも何度も凡ミスを繰り返してしまう人には、どのような特徴がみられるのか、以下に挙げていきます。

もしも自分が当てはまる部分があるという人は、凡ミスを犯してしまう可能性が高いため、日頃から気をつけて生活するようにしましょう。

注意散漫

注意散漫な人は、何かをしている時にもあちこちに意識が飛んでいきますので、目の前のことにしっかりと集中することができません。

そのためどうしても凡ミスをしてしまう回数が増えてしまうでしょう。

例えば仕事をしながらスマホのゲームをしているとします。

仕事がひと段落したところでゲームをして・・の繰り返しをしているため、一見小休止を挟みながらメリハリをつけて仕事をしているように思えます。

しかし、実際には大抵の人が仕事よりもゲームをしている時の方が楽しいと感じているため、また仕事を始めても、直ぐにゲームの続きが気になってちらちらとスマホを見てしまったり、我慢出来ずにゲームを進めながら同時に仕事もやろうとしたりします。

すると仕事をしているのにそれに集中出来ない状態になってしまいますので、何かの拍子でうっかりミスをしてしまうことがあるのです。

このように、注意力がない人は、集中力も欠けていますので、凡ミスの頻度が増えてしまうでしょう。

気にしない性格

例えミスをしてしまっても気にしない性格の人は、良く言えば大らかな性格をしています。

しかし悪く言えば大雑把な性格をしているため、ちょっとした凡ミスであれば「それくらいのミスはあるよね」と自分で納得してしまい、反省することも気をつけることもしません。

何度も凡ミスを繰り返して人から怒られて、ようやくミスをしないように気をつけていますが、少し経つとまた大雑把に考えて凡ミスをしてしまうことがあります。

気にしない性格の人は、自分の凡ミスに寛容な分も、他人の凡ミスにも寛容です。

しかし、凡ミスそのものが不注意によるミスですので、そんなミスに寛容になったところでミスの回数は増えるばかりでしょう。

気にしない性格の人は、本人がきちんと意識して気をつけるようにしない限り、何度も凡ミスを繰り返してしまうでしょう。

こだわらない

気にしない性格の人と同様に、物事にこだわらない人も多少のミスには興味も示しません。

流石に重大なミスともなれば気をつけますが、日常のちょっとしたミス(例えば誤字脱字など)であれば、「それくらいのことはいいよ」と本人がこだわらないため、反省をせずに同じことを繰り返してしまいます。

またもし些細なミスを指摘されれば、「それくらいでいちいち煩いなぁ」と単なるお小言だと聞き流してしまうことも多いです。

そのためこだわらないタイプの人は、周りにイライラやストレスを溜めさせるのも得意です。

本人は意識していなくても、そのいい加減さに周りが迷惑することが多く、職場でも厄介な人物だとみなされてしまうことがあるでしょう。

️凡ミスは防げる!しっかり対策するのが策

凡ミスは不注意によるミスですので、きちんと注意して物事に取り組んでいれば、まず防げます。

しかし、その日のコンディションに影響されたり、ふと力が抜けたその瞬間に凡ミスをしてしまったりしますので、気を抜いても良い場所とそうでない場所とをしっかりと分けて考えなければなりません。

特に仕事中であれば、休憩時間以外には仕事以外のことは頭から追いやって仕事に集中できる環境を自分で作りましょう。

常に気を張る必要はありませんが、仕事や勉強など、ミスの許されない状況では十分に注意して、凡ミスの対策をしていきましょう。