叶えたい夢がある。

どうしても達成したい目標がある。

今の自分を脱ぎ捨てて、理想として思い描いている自分になりたい。

そんな野望を持っているそこのあなた!そのように理想の自分を想像するだけでも、わくわくしてしまいますよね。

しかし、現実にはその理想としている自分になかなか近づくことが出来ず、自分はどうせその程度の人間なのか・・・なんて諦めてしまっていませんか?

どんなにチャレンジしても、その夢に一歩も近づくことが出来ないと「このままでいいのかな」なんてなやんでしまいますよね。

その結果、その夢をかなえるのを諦めてしまうんです。

しかし!ちょっと待ってください!

あなたが夢や目標を諦めるには、まだまだ早すぎます。

マンダラチャート」というものを使ったことはありますか?

マンダラチャートというのは、あなたのなりたい理想像に近づくために、今何をすればいいのか、どのようにしてけばいいのかを”見える化”できるもの。

最近、海外移籍をしたあの”大谷翔平選手”もこのマンダラチャートを高校時代から使っていたそうなんです。

要するに、マンダラチャートを利用するということは、あなたの夢をかなえることが出来るということになります。

とはいえ、「それって難しいんでしょう?」「お金がかかるんでしょう?」なんて疑心暗鬼になってしまうものです。

そりゃあ、”マンダラチャート”と呼ばれるものがどんなものなのか分からないからこそ、そのように思っても仕方ないんですよね。

そんな疑問は捨ててください。

マンダラチャートは、紙とペン、そしてあなたのやる気さえあれば今すぐにでも実行することができるからなんです。

この記事では、叶えたい夢がある!もっと能率よく仕事ができるようになりたい!そのように考えているあなたのために、分かりやすく”マンダラチャート”について解説しています。

マンダラチャートとは、いったいどんなものなのか?どこから出来たものなのか?そして、どのように活用していけばいいのか・・・?など、すぐにでもマンダラチャートを実践できる内容となっております♪

夢や目標を想像することが出来たのですから、あなたはその夢や目標を叶えることの出来る能力があるってことなんです。

「人間が想像できることは実現できる」この有名な言葉を信じて、あなたも今日からマンダラチャートを始めてみませんか?

️目標達成にはマンダラチャート!

今すぐにでも達成したい目標がある!夢がある!・・・そのように感じられるのってとてもすばらしいことなんです。

なぜかといいますと、そのような夢や希望を抱いているときの人間の心ってキラキラ輝くからなんですよね。

今とはまったく違う自分を想像して、その姿になることを夢見ているときあなたは心がワクワクして仕方ないのではないでしょうか?

そのワクワクした気持ちがあるからこそ、目標を達成しようと意欲がわいてくるんですよね。

しかし、その目標の種類だとかモノによっては、なかなかかなえることが出来ないこともあるでしょう。

そこで”夢”のままとして終わらせてしまうのもいいですが、できればその夢や目標をかなえて想像していた自分になりたいですよね諦めようとしても、きっと諦めきれないのが現状だと思います。

ずばり、目標を達成するために行動しているのに、まったくその夢に近づいているような気がしないのは「あなたのやり方」や「戦略」が間違っているだけなんです。

あなたには、かなえる能力が備わっているのにそれを自分で引き出すことが出来ていないんですね。

そのような状況で諦めるのってとても悔しいと思いませんか?
あなたは、ロシアの有名な民話である『大きなかぶ』という話をしっているでしょうか。

それは、あるおじいさんがかぶの葉っぱを諦めずにひっぱたことで大きなかぶを収穫できたという話です。

その大きなかぶって小さなかぶに比べると、引っこ抜くのにとても大きな力が必要だったんですよね。

それでも諦めずに「抜けないかもしれない」「抜けたところで小さなかぶがでてくるかもしれない」そんな不安な気持ちを抱えながらも、おじいさんはカブを引っこ抜いたんです。

諦めずに。

その結果、大きなかぶを収穫できたんですよね!もしもあなたが今、目標達成に行き詰っているのであれば、ずばりその大きなかぶをひっこぬこうと頑張っているところになります。

『大きなかぶ』では、おじいさんの仲間たちが一緒になって引っこ抜いてくれましたが、そのようにあなたにはあなたにしかできない”やり方”というものがあるってことなんです。

その自分に合うぴったりなやり方を見つけることが出来なければ、いつまでたっても大きなかぶを引っこ抜くことは出来ません。

それどころか、「どうせ抜けないだろう(どうせ叶わないのだろう)」とその夢を諦めることになってしまうんですよね。

それじゃあ、せっかくの収穫を得ることの出来るはずの可能性をドブに捨てたことになります。

とはいえ、目標を達成するための”自分にしかできないやり方”ってどのように見つければいいんでしょうか?なかなか見つけることが出来ないですよね。

それに、考えれば考えるほどアレもしたい、コレもしておきたい・・なんてやることがたくさん出てきてしまって、どれから先に手をつけたらいいのか分からなくなってしまう方もいることでしょう。

それこそ目標達成をジャマしている落とし穴になります。

それでもどうしても目標を達成するのを諦めたくない!なにが何でも目標をかなえてやる!という野望を持っているのであれば、”マンダラチャート”がオススメなんです。

冒頭でもお伝えしましたが野球で有名な大谷翔平選手をはじめ、多くの著名人がこの”マンダラチャート”を利用することで目標を達成し、そして夢を叶えていっています。

そのように実績があるやり方だからこそ、「自分にもできるかもしれない」なんて思うことが出来るのではないでしょうか?うんうん。

その調子♪マンダラチャートは、直感ではなく”論理的”に目標達成するために行動を進めていくので道理にかなって目標が達成しやすくなるんです。

得体のしれないマンダラチャートを活用してあなたも目標達成していきましょう。

次はあなたが夢をかなえる番です♪

マンダラチャートとは?


これまでに何度も何度も”マンダラチャート”という言葉を使ってきました。

しかし、「マンダラチャートってなによ?」「どこかの呪文?」「それどこの国?」「怪しい薬なの?」なんて、それがどんなものなのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

そんな筆者も大谷選手がテレビで特集されたあの日までは”マンダラチャート”というのがどのようなものなのかをまったく知りませんでした。

そのため、「大谷選手はマンダラチャートで成功した!」なんて言葉をきいたのであれば、「ええ、怪しいやつやってたんだ・・」と思ったものです。

しかし、そんな怪しいものではないんです!マンダラチャートとは、9マスの表に目標ややるべきことを書き出してソレに沿って目標に向かっていくという”目標への指針”になります。

これまでにも、あなたはおそらく夢や目標をかなえるために色々な計画を練ってきたのではないでしょうか。

でもかなえることが出来ていない、またはいつも計画倒れしてしまう・・・というのであれば、そのやり方がもうあなたに合わなくなってきている証拠なんですよね。

マンダラチャートは、論理的に目標達成するためのものを書き出していくので誰でも、これまでに目標達成するのを失敗してしまった人でも気軽にはじめることができるんです。

それに論理的に記載していくので、あなたが本当にやるべきこと、今集中すべきことを明らかにすることができ、目標達成に近づくスピードを早めてくれる効果があります。

そんなマンダラチャートってどんな風に誕生したのか想像してみてください。

あの大谷翔平選手が作り出したもの・・・?いえいえ。

違います。

ずばり、株式会社クローバ研究所という会社の”松村寧雄さん”が作り出したものなんです。

目標を達成できない人向けになにかできることはないかと考えたところに誕生したのが”マンダラチャート”になります。

これって簡単にいえば”目標を達成することの出来る目標達成シート”なんですよね。

昔、小学校の夏休みの宿題を計画的に終わらせるために”夏休みの計画表”なんていうのを作りませんでしたか?

あのような簡易的なものではありませんが、それと似たようなものだと思っていただければ分かりやすいでしょう。

メジャー大谷翔平が実践した目標達成表

すでに何度もお伝えしていますが、このマンダラチャートは海外移籍を果たした”大谷翔平選手”も実際に遣っていたといわれているものになります。

大谷選手って”二刀流”の選手として日本だけではなく、海外選手や海外の野球ファンからも注目されていますよね。

その”すばらしい才能”を育てたのは、高校時代からはじめた”マンダラチャート”だったんです。

もともとすばらしい才能を持っていたのかもしれませんが、”宝の持ち腐れ”なんていう言葉があるようにその才能を発揮することが出来なければ、才能なんてもっている意味はないんですよね。

その才能を発揮することが出来たのは、マンダラチャートの存在があったからでしょう。

つまり、マンダラチャートは確実に自分の目標としているところまで自分自身をつれていくことができる”夢のような!でも夢ではない現実になる目標達成シート”ってことです。

本屋さんに行くと「記入すると願いが叶う本」とか「スケジュール」なんていうのが販売されていますね。

それらも効果を得ることは出来ますが、マンダラチャートほどの効果ではないでしょう。

️1年の計画を立ててみよう


”マンダラチャート”というのがどうやら目標を達成するには、とてもよいものである言うことなのだな・・・なんて少し”マンダラチャート”に興味がわいてきたのではないでしょうか!

特にこれまでにも、何度も夢に向かって頑張ってきたとか目標をたててそれに向かってきた人であれば、マンダラチャートというものでどれくらい目標を実現できるのか試したくなっているはずです。

筆者もマンダラチャートに出会ったときに、「すぐに試してみたい!」「これだったら本当に目標が叶うかもしれない!」なんて思ったものです。

そして、実際にマンダラチャートをはじめてから、それまでには進むことの出来なかったステージまでも進めるようになりました。

今では、今回のような記事を執筆するほかに”高校生の頃から描いていた夢”にも着実に進んでいます。

夢をかなえるにしろ、目標を達成するにせよ、大切なのは”どのように計画をたてるか”ということになりますよね。

よく計画倒れしてしまう人というのは、その計画が間違った手法になっていることが多いんです。

また、どんなに自信満々で作り上げた自分のサクセスストーリーをそのまま進むことが出来ないのも、あなたのやり方がなにか間違っているだけ。

人生って不思議なもので、がんばればがんばるほどうまくいくように出来ているからです。

よくあなたは「人生なんて思い通りにいかないものだ」なんて言葉をきくし、実際にあなたもそのように思っているのでは?それって不正解です。

やり方さえあっていれば、何も間違ったことがなければうまくいきます。

今回こそあなたの目標を本当に達成させるために、これからマンダラチャートを使って実際に1年の計画を立ててみましょう!
マンダラチャートは必ず1年の計画でなければいけないということではありません。

1ヶ月でも2年でも、半年でもいいわけなんです。

マンダラチャートの作り方を覚えるためにも、”1年計画”から始めてみると分かりやすいですよ☆

まず、9マスの四角形を作りましょう

まず正方形をかいて、その正方形の中が9マスになるように図を作りましょう。

”表”といえば、分かりやすいでしょうか。

たて3マス、横3マスのものです。

真ん中に「自分が達成したいこと」を書く

書いた9マスのなかで、真ん中の部分に「あなたが達成したいこと」を書いてください♪

あなたがまさに今目標としていること、夢見ていること、絶対にかなえようと思っていること、もしくは叶わないような気がするけれど諦めきれないもの・・・などなどあなたの目標となるものを書き込んで!

たくさん書きたくなってしまうかもしれませんが、それがはグッとこらえて”ひとつ”に絞ってください。

ひとつ達成したら、またマンダラチャートで新しい目標を達成していけばいいだけなのですから。

できるだけ具体的に

しかし、どのような目標を書こうか迷ってしまいませんか?

頭の中には、”こうしたい””ああなりたい”という理想像ができているのに、それを文字化するとなると難しいものです。

それに目標を達成してきている人というのは、最終目標を明確にしているというところで共通しています。

少しでも曖昧になってしまうとそこに近づくためのプロセスさえも作り出すことが出来ないからなんです。

ですから、できる限り具体的に目標を書き込んでみましょう。

もしも、あなたがお菓子作りの名人になりたいというのであれば「おいしいお菓子を数種類作れるようになる」という内容でいいです。

また、あなたがサッカー選手になりたいというのであれば、どこのサッカー選手になりたいのかを書きましょう。

サッカー選手といってもJリーグなのか、社会人選手なのか、はたまたワールドカップまで出ることの出来る日本代表選手でしょうか。

はたまた学校内でのサッカー選手でしょうか。

そこまで詳しく書きましょうね。

「定量的/定性的」どちらでもOK

そのように具体的に書け!といわれると、どのような表現で書けばいいのかわからなくなってしまいますよね。

ずばり、目標を記入するには定量的でも定性的でもどちらでもかまいません。

定量的とは、数字で表すことのできるものをさしています。

反対に定性的とは、数字で表すことの出来ないことをさしています。

簡単な例でお伝えすると「学年1位の成績になりたい」というのであれば、それは数値化して目に見えることが出来るので定量的なものになります。

反対に「色々なことを知っている物知り博士になりたい」というのであれば、それは数値化することができないので定性化するということになるんです。

また、定量的とは客観的にみやすいもの、具体的になりやすいものをさしています。

少し難しい言葉ですが、具体的な目標であれば書式は問わないということです。

全員が挑戦できる、かつ数値化しやすいものを選ぶ

定量的でも定性的でもどちらでも良いとお伝えしてきました。

しかし、できれば”数値化できる定量的”なものを選ぶようにしてください。

というのも、それって誰もが挑戦することの出来ることなんですよね。

「私はオンリーワンになりたいの!」なんて思われているかもしれませんが、それでも全員が挑戦できるものを選んでみて。

そうすることで、その先のマンダラチャートが比較的作りやすくなりますし、不思議なことにオンリーワンを目指すよりも目標を達成しやすくなるんです。

真ん中から離れた8マスに目標達成の要素を記入する

あなたの目標を記入しましたね?では、次にその真ん中のまわりにある8マスに注目していきます。

ここには、あなたが真ん中に書いた「目標」を達成するために必要な要素を書き出していくんです。

さきほどの「サッカー選手(日本代表)になる」という目標を達成するのであれば、周りには「練習」などが入るはずです。

この8マスに目標達成の要素を記入するには、ひとつルールがあります。

それは、左上のマスから時計まわりに”あなたが思いつく順番”で記入していくということです。

最初に記入するのものは、あなたが絶対的に必要だと思っているということになります。

しかし、なかには「8つだけじゃおさまらない!」と思われることでしょう。

そのようなときは、いったん別の用紙などに必要だと思う要素をかきだし、そこから優先的なものをとりいれるようにしてください。

仕事の目標なら「心・技・体・生活」の要素を満たすこと

この8マスは、あなたの直感を信じて記入していくところです。

もしも、仕事の目標を達成するためにマンダラチャートを作成するのであれば「心・技・体・生活」という4つの要素を必ず含めるようにしましょう。

心とは、あなたの心の変化のこと。

心意気がなければ目標なんて達成できないですよね。

「技」とは仕事をするに当たって必要なスキルのこと、「体」は資本といわれるくらいに仕事以上に大切にしなくちゃいけませんし、仕事をすることによって「生活」が乱れたら本末転倒になりかねません。

この4つの要素を組み合わせることによって、より良い”達成しやすい”マンダラチャートを作り出すことが出来るんです!

他者の視点を含める

目標を立てるときって自分の目線だけでたててしまいがちです。

しかし、マンダラチャートで目標達成シートを作成するのであれば、必ず”他者の視点”を組み込むことにしましょう。

他者の視点とは”評価”などになります。

仕事であれば、プレゼンのMVPをとるなどがそれにあたりますね。

そのように他者の目線をもりこむということは”客観的に自分をみる”ということになり、やる気をアップさせるだけではなく、独りよがりの目標達成シートになることはないんです。

目標を達成するのはあなた自身ですが、それまでの道のりで必ず誰かからの手助けをされるはずです。

8つの要素を得るために必要な行動を書く

さきほど9マスの表を作りましたね。

そのさらに周りに9マスの表を8個作りましょう!そして、それぞれのマスの中央にさきほど書き出した「目標達成のための要素」を書き出します。

そして、その周りには、それぞれの要素を得るために必要な行動を書き込むようにしましょう。

可能な限り、数字や納期を書く

ここでも”具体的に書く”ということが重要になってきます。

というのも、具体的に数字などを記載しておいたほうが目に見える形で自分自身を鼓舞することができます。

また、そこまで追いついていない自分に気づいたのであれば、すぐに軌道修正することが出来るんですね。

特に「○月○日までにこうする」と決めると、その先の行動を決めやすいので必ず盛り込むようにしてください。

さきほどの「サッカーの日本代表選手になりたい」という夢があるのであれば、「高校を卒業するまでにJリーグのスカウトを受ける」という目標がひとつできるわけです。

️マンダラチャートは「目標達成」以外でも使える!

マンダラチャートは、目標達成や夢を叶えるためだけに使うことの出来るものなのか・・と少し落ち込んでいる方もいるかもしれません。

いいえ!そんなことないんです♪なんとマンダラチャートはあらゆる問題を解決するのに、適している”達成シート”なんです。

では、どんなことに役立てることが出来るのでしょうか?
マンダラチャートで解決できる問題などをお伝えしていきます!

問題解決

あなたは、なにか問題を抱えていませんか?それは、人間関係が悪いとか金銭面で困ってるとか、恋人ができないとか・・・人によって”問題”と感じるところは違いますよね。

ずばり、そのような問題解決までもマンダラチャートはやってくれるんです。

目標達成のように9マスの真ん中に、あなたが解決したい問題を書き、その周りにその問題を解決するために必要な要素を書き出します。

そして更にその要素のために出来ることを書き出していけばいいんです。

問題を抱えているときって頭が混乱してしまいますよね。

そんなときこそ、マンダラチャートで頭を整理してみましょう。

情報整理

現代社会は、情報社会といわれているくらいに情報を扱いこなせるかどうかによってその先の人生が決まるといっても過言ではありません。

そんな情報整理するときにもマンダラチャートを使うことが出来るんです!
もしもあなたが経営者で「次に販売するものはどんなものにするか」という課題にたいするデータを得たとしましょう。

そのデータを整理するためにマンダラチャートを使えばいいんです。

「新商品の案」と真ん中に記載し、データで得ることの出来た情報をまわりに書いていきます。

そして、それぞれの要素がどんな意味をもっているのか、どんなニーズから出てきた考えなのかまでも整理することが出来るんです。

戦略をたてるのにも役立ちますね。

情報伝達

次に情報を伝達するときにも、マンダラチャートを使うことが出来ます。

マンダラチャートの真ん中のマスに一番に伝えたいことを記入しましょう。

そしてその情報を伝達するにはどのような手段があるのかをその周りに書きます。

そして、それぞれの要素がどんなものなのか、どんなメリット・デメリットがあるのかまでも書き出せばいいんです。

そうすれば、情報伝達にどのようにするのがベストなのか分かりますよね!

発想整理

発想したけれどもその発想を活かすことが出来ていないでいませんか?ずばり、発想整理にもマンダラチャートを使うことが出来るんです♪
また、発想できなかったことを発想するためにマンダラチャートを使うことも出来ます。

真ん中のマスに発想したい分野を書いて、その周りにそれに必要な要素をかきだしていけばひらめきを得ることが出来るんですね。

️マンダラチャートを使うメリット

あなたは、マンダラチャートを実践してみたでしょうか?それともまだやるのを迷っているかもしれないですね。

そんなあなたには、マンダラチャートを使うことで得ることの出来るメリットについてお伝えしていきます!このメリットを知れば、すぐにでもマンダラチャートを使いたくなってしまうはずです。

目標達成までの可視化

目標を達成できない人というのは、目標はしっかり見えているもののそのプロセスをしっかりと見ることが出来ていないのが問題なんです。

あなたは、目標にたいしてどのような道を進んでいけばいいのかはっきりと分かっているでしょうか?
マンダラチャートを使えば、論理的に目標達成に必要な要素を書き出し、考えぬいていくので確実に目標に近づくことが出来るんです。

目標達成までの、これから進むプロセスを可視化できます。

それって次の行動が見えやすく、目標達成にむかっているという充実感も得ることが出来るんです。

夢を叶えるために必要な要素

あなたは、夢をかなえたり目標を達成するにあたってどんなことが必要で、どのような行動をするべきなのか分かっていますか?
なんとなく、ではだめなんです。

マンダラチャートでは、どうしてそれが必要なのか、というところまで考え抜くので”絶対的に必要な目標達成の要素”を知ることが出来ます。

それって最短で目標を達成できるということなんです。

やるべきことが見つかる

目標は見えている。

すぐにでも目標を達成したい!でも今何をしたらいいのか、何から手をつけたらいいのか分からないという方はいませんか?

マンダラチャートでは、やるべきことを見つけることが出来るのでそのように悩むような無駄な時間をすごすことはありません。

チャンスって一瞬にしてやってきて、すぐにいなくなってしまうので早いうちからチャンスをつかむ練習をしておかなければなりません。

PDCAサイクルを早く回せる

PDCAサイクルとは、仕事をするにあたって目標をたて、実行し、そして見直し、次に生かしていくというものですね。

マンダラチャートを使えばそのPDCAサイクルをうまくまわせるようになります。

なぜならば、自分が何をしたらいいのか、何を問題としているのかを可視化できているので時間をとることがないからです。

思考を整理できる

頭がごちゃごちゃになっていると、いつもならできるはずのことまでもできなくなってしまうものです。

あなたもそのような経験はありませんか?

しかし、マンダラチャートでは頭の中までも整理することが出来るので頭がごちゃごちゃしてストレスがたまるというようなことがありません。

いつでも自分の気持ちを理解できるし、そのため目標に向かってむだな動きをすることがありません。

発想力が豊かになる

思考を整理することが出来るということは、自分の発想を大切にすることが出来るということです。

頭がごちゃごちゃしていると、頭に浮かぶものも浮かばなくなってしまいます。

そのため、発想力が豊かになるんですよね。

目標達成のためのアイディアが浮かんでくる

マンダラチャートを作り出すだけでも目標達成に一歩近づいたようなものです。

それは、自分のやるべきことを明確化できるからなんですよね。

それにやるべきことが常にわかっている状態になるので、マンダラチャートを作っているときには浮かばなかった”アイディア”なんていうのも浮かびやすくなります。

目標達成の全体像を把握できる

さきほどもお伝えしましたが、目標をなかなか達成できない人というのは自分がなにをするべきなのか、そして自分はどの方向に進むべきなのかを分かっていません。

しかし、マンダラチャートでは、自分が目標達成をするための全体像を見直し、把握できます。

だからこそ、次々と前に進みやすくなるんです。

️まとめ

今回は、マンダラチャートについてお伝えしてきました!

表を作り出すのは少し面倒だと感じられるかもしれませんが、確実にマンダラチャートはあなたが目標達成するのを手助けしてくれます。

手助けというよりも、あなたの”進むべき地図”をしっかりと示してくれるんですよね!

今回こそは目標を達成したいというのであれば、やせ我慢せずにマンダラチャートをぜひ使ってみてください。