私たちが使ってる日本語に関してはとても難しい言語であることが判明しています。

生まれてから現在に至るまで日本語を使っている私たちからすると、その認識はあまり感じられないかもしれません。

しかしながら、世界に存在している様々な言語と比較して考えると、実は大きな違いがあります。

例えば、そのひとつの指標としてアメリカには外国語の習得難易度をまとめているカテゴリーが存在しています。

これはアメリカが外交官などの専門職を養成する機関である、外務職員局で公開されているカテゴリーです。

そのカテゴリーの中には様々な言語が存在して区分されていますが、日本語は他の言語と比べるとトップクラスに難しい言語として認知されています。

なぜならば、私たちが使っている日本語は様々な単語が存在していたり様々な意味が存在していたり、そのほかには敬語や謙譲語など、様々な使い分けが行なわれるからです。

なので、日本語はとても難しい言語であると判断されており、日本語を扱っている私たちからしてみても難しいと感じる言葉があっても不思議ではありません。

実際に、大人からしてみても難しいと感じるような言葉や、言葉の意味などは数多く存在しています。

そこで、今回は一般的にあまり認知されていない難しい言葉の一つである、おどろおどろしいという言葉をテーマにしていきたいと思います。

おどろおどろしいという言葉の意味、そして使い方などを具体的にご紹介していきたいと思いますので、知らない方は参考にしてみてください。

おどろおどろしいって何?

そもそもあなたはおどろおどろしいという言葉をこれまでに聞いたことがありますか?

おそらく一度くらいは消えたことがある言葉であると感じる方が多いと思います。

しかしながら、おどろおどろしいという言葉に関しては、日常会話の中で用いたりすること自体があまり多くはない言葉でもあります。

用いられることが少ないということは、言い換えてみれば普段使用しない言葉であり、意味が分かりにくい言葉であると捉えることができます。

実際に、多くの方がおどろおどろしいという言葉の意味を曖昧にしてしまっていたり、正しく理解できていないような場合が多いはずです。

しかしながら、まったく使わないかと言われればそうではなく、年配の方や年上の方などが表現方法の一つとして用いる場合なども考えられます。

なので、意味を知らない場合は知っておいたほうが、用いられた際に正しく意味を理解し、意思疎通などが円滑に行えるようになるはずです。

習得する優先度自体はそこまで高くはないかもしれませんが、知らないよりも知っておいたほうが確実に利便性は高まるはずです。

自分自身の言葉の表現力なども広がりますし、語彙力は高まりますので、知らないのであればこの機会に正しく意味を把握し、間違いない用い方ができるようにしておきましょう。

不気味である

まずはじめにご紹介するおどろおどろしいという言葉の意味は「不気味である」という意味が挙げられます。

そもそも不気味という言葉がどのような意味を表している言葉なのかと言いますと「なんとなく不安で恐ろしいさま」を意味している言葉です。

日常生活を過ごしている中だけではなく、ビジネスのシーンにおいても何かに対して不気味に感じたりするようなことはあると思います。

そのような時におどろおどろしいという言葉を用いて、自分自身の気持ちを表現することができるということになります。

例えば、日常生活を過ごしていく中で何か不気味に感じるような出来事や、それを感じさせる物に出会ったりするようなことはあるはずです。

具体的には、不気味なほど静まり返った場所に足を運んでみたり、普段は笑わない人が笑ったりするなど、何か違和感を感じさせるような場合に用いられます。

もちろん不気味な写真や物などに出会ったときに用いたりすることもできますので、活用できるシーンは非常に幅広いはずです。

なので、知っていれば様々なシーンで表現できる利便性が高い言葉なので、おどろおどろしいという言葉の基本的な意味として覚えておくようにしてください。

恐ろしい


次にご紹介するおどろおどろしいという言葉の意味は「恐ろしい」という意味が挙げられます。

恐ろしいという言葉の意味に関しては、普段日常的に使用していると思いますので、わざわざあえて説明するまでもないかと思います。

念のためご紹介すると、恐ろしいという言葉の意味は「危険を感じて不安である、恐怖や畏敬の念を感ずる」という言葉の意味が存在しています。

難しく考える必要性はなく、単純に怖いという感情などを感じた時に用いたりすることができる言葉です。

そもそも、私たちにとって恐怖とはどういうものなのかと考えると、簡単に言えば身の危険を感じた時であるといえます。

例えば、高いところにいることを怖いと思うのは人間であれば当たり前ですよね。

それは言い換えてみれば、その高さから落ちてしまったら自分自身が助からない、もしくがケガをするということを理解しているため、恐怖を感じるようになるからです。

なので、言い換えてみれば恐怖は防御反応であるともいえます。

または、自分自身が理解できていないような、不思議な存在に対して恐怖を感じたりするようになります。

幽霊などは典型的なその例であり、その存在が説明がつかないため、恐怖に感じるようになるのであって、説明がつかない不可解な出来事に恐怖を感じるのはそのためです。

そして、このような事柄などに対して、怖いという言葉以外におどろおどろしいという言葉を用いて表現ができるということになるのです。

ぎょうぎょうしい

次にご紹介するおどろおどろしいという言葉の意味には「ぎょうぎょうしい」という意味が挙げられます。

まず、ぎょうぎょうしいという言葉自体があまり用いられたりしない言葉でもありますので、意味が複雑に感じてしまいがちになると思います。

では、ぎょうぎょうしいという言葉はどのような意味なのかといいますと「大げさである、おおげさでものものしい」という意味を持っている言葉です。

つまり、簡単に言えば何かに対して大げさな反応をとったり、誇張して物事を表現したりするような場合などに用いることができるということになります。

あなたの周りにもちょっとしたことで大げさに反応とったり、大げさな出来事だったかのように説明したりするような人はいませんか?

そのような人に対しては、ぎょうぎょうしいという言葉を用いることができますので、おどろおどろしいという言葉を用いることができるということになります。

話を大げさにするというのはトークのスキルの一つでもありますが、あまりにも連発したり、大げさすぎてしまうと違和感を感じさせてしまいます。

なので、使い過ぎには注意が必要ですが、使い方を正しく理解していれば魅力的なトークスキルになりますので、注意して活用してください。

大げさ

次にご紹介するおどろおどろしいという言葉の意味は「大げさ」という意味が挙げられます。

この言葉の意味に関しては先ほどご紹介した、ぎょうぎょうしいという言葉の意味とほぼ同じような意味であると解釈することができます。

先ほどお伝えしたようにおどろおどろしいという言葉の意味が中庭仰々しいという言葉の意味が存在しています。

そして、ぎょうぎょうしいという言葉の意味は大げさという意味になるので、おおげさという言葉の意味と合致するので、あえて難しく考える必要性はありません。

なので、何かにつけて過大な反応をとったりするような人に対して「あなたは大げさ(ぎょうぎょうしい)だなぁ」という風に用いることができます。

それ以外にも「あの人はいつもぎょうぎょうしい(大げさ)態度を取るからなんだか苦手だ」というような使い方などもできるようになります。

基本的な意味さえ理解しておけばそこまで難しい言葉の意味にはなりませんし、使い方自体もさほど難しい言葉ではありません。

なので、基本的な意味と基本的な使い方をこの機会に覚えておくようにしてください。

知っておけば、様々な日常生活の場面で用いることができるようになるはずです。

騒々しい

次にご紹介するおどろおどろしいという言葉の意味は「騒々しい」という意味が挙げられます。

騒々しいとはどのような意味なのかといいますと「声や音が大きくざわざわしている、さわがしい、うるさい」という意味が存在しています。

騒々しいという言葉自体は日常生活の中でも頻繁に用いたりすることがあるので、そこまでの言葉の意味としては難しくはないと思います。

日常生活を過ごしていく中で騒々しいと感じたりするようなことはよくあることでもあります。

例えば、工事現場などを歩けば当然工事の音がするので、うるさいと感じたりさわがしいと感じたりするようなことなどはあるはずです。

また、ビジネスのシーンにおいても周りの物音がうるさくて騒がしいなぁと感じたりするようなことはあるはずです。

そのような時に騒がしいという表現を用いて、自分の気持ちを表現することができるはずです。

おどろおどろしいの由来


ここまではおどろおどろしいという言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

おどろおどろしいという言葉には様々な言葉の意味が存在しており、様々な状況で利用することができる言葉であるということがお分かりいただけたと思います。

これまでおどろおどろしいという言葉の意味が理解できていなかった方は、日常生活の中で使ってみてください。

では、おどろおどろしいという言葉に関してさらに理解を深めていただくために、ここからはおどろおどろしいという言葉の由来について考えてきたいと思います。

おどろおどろしいという言葉は他の言葉と違って少し特徴のある言葉であるということはすぐに感じられるはずです。

なので、なぜこのような言葉になったのかという由来が非常にきにかかる言葉の一つでもあります。

言葉の由来を知ることで、さらにその言葉に対する理解を深められるだけではなく、意味に関してもより具体的に理解することができるようになるはずです。

なので、より自分自身の中で意味が定着しやすくなるので、この機会におどろおどろしいという言葉の由来についても目を向けて考えてみてください。

平安時代からある言葉

おどろおどろしいという言葉について考えてみると、実はあまり知られていませんが平安時代から存在している言葉として知られています。

なので、様々な言葉と比較して考えてみてもかなり歴史の存在している言葉であるということが分かるはずです。

そして、おどろおどろしいという言葉の原型になっている言葉としては「驚ろ驚ろしい」という言葉が存在しています。

「驚ろ驚ろしい」という言葉は、一見すると難しく感じられやすいですが、用いられている漢字について着目して考えてみるとその意味は想像しやすくなるはずです。

用いられている漢字である驚くという漢字は「思いがけないことによって落ち着きを失う、びっくりする」という意味を持っている漢字です。

そして、おどろおどろしいという言葉の意味の中には「不気味である、恐怖」というような意味の言葉が存在しています。

なので、不気味に感じたり、恐怖に感じたりするほど思いがけないことという意味を想像することができます。

なので、そもそもの語源を知っていればある程度現在の意味合いを推測したり、セットで考えたりしやすくなるはずです。

おどろおどろと鳴る雷に

おどろおどろしいという言葉の原型として「驚ろ驚ろしい」という言葉が用いられているとご紹介しました。

しかし、おどろおどろしいという言葉に関しては「驚ろ驚ろしい」という言葉だけではなく、そのほかにも考えられている語源があります。

それは言葉というよりかは、擬声語であると考えられており、「どろどろ」「ごろごろ」などが語源であるともいわれています。

この音を聞けばすぐに想像することができると思いますが、ごろごろという擬声語は雷を意味しています。

江戸時代に「おどろおどろと鳴る雷」という使い方がされていたように、「どろどろ」や「ごろごろ」という言葉もおどろおどろしいという言葉の成り立ちに関わっています。

だからこそ、おどろおどろしいという不思議な表現の言葉になっているということも説明がつくようになるはずです。

一見すると難しい言葉に感じるようになりますが、このようになぜそうなったのかという語源を知っておけばさほど難しいような言葉にはなりません。

これさえ理解しておけば意味を簡単に推測したり、より記憶として定着させたりすることができるようになりますので覚えておいてください。

類語

ここまではおどろおどろしいという言葉の語源について簡単にご紹介していきました。

なぜおどろおどろしいという言葉の形になったのかということを理解いただけたところで、ここからはおどろおどろしいという言葉の類語についてご紹介していきたいと思います。

先ほどもお伝えしたようにおどろおどろしいという言葉は、様々な言葉の意味を持っている言語でもあります。

つまり、様々な言葉の意味を持っているということは、ほかの言葉と同じような意味を持っている言葉であるともいえます。

意味が増えれば増えるほど、同じような意味を持っている言葉は自然に増えますし、幅広い使い方ができるようになります。

それはおどろおどろしいという言葉も同様であり、知っておけば非常に様々な場面で言葉を用いることができるようになります。

知っておいて損になるようなことがありませんので、この機会におどろおどろしいという言葉の類語をまとめてご紹介していきますので、参考にしてください。

異様

まずはじめにご紹介するおどろおどろしいという言葉と似ている意味を持つ言葉は「異様」という言葉です。

なぜおどろおどろしいという言葉と異様という言葉が類語になるのかと言いますと、ほぼ同じような意味を持っているからだといえます。

まず、異様という言葉には「様子が普通でないさま、変わっているさま」というような意味を持っています。

そして、おどろおどろしいという言葉には「不気味である、恐怖、仰々しい、大げさ、騒々しい」という意味を持っています。

なので、この二つを比較して考えてみると「不気味である、恐怖」という言葉の意味が同じような意味として当てはまるようになります。

先ほどもお伝えした通り、私たちが不気味に感じたり恐怖を感じたりするようなことは自分自身が理解できないようなことに対して感じる感情でもあります。

例えば、自分の周りの人が意味がわからない行動をとったり、予測がつかない行動をとったりする様を見ていると自然と恐怖を感じたり不気味に感じたりするようになるはずです。

もっと具体的に説明すると、相手が怒るようなことをして相手が起こればまだこちらとしては理解ができるはずですよね。

しかしながら、突拍子もなく相手が激高した場合、おそらく理解できない恐怖も合わさり、より強い恐怖を感じるようになるはずです。

なので、「様子が普通でないさま、変わっているさま」と「不気味である、恐怖」という意味は同じような意味で解釈することができます。

だからこそ、異様という言葉とおどろおどろしいという言葉は同じような意味を持っている類語であると判断をすることができます。

一見すると違う意味を持っているような言葉に感じるかもしれませんが、根本的な意味合いを考えてみると繋がりが見出せるはずです。

グロテスク

次にご紹介するおどろおどろしいという言葉と似ている意味を持つ言葉は「グロテスク」という言葉です。

グロテスクという言葉はかなり一般的に浸透している言葉なので、意味がわからないという方はあまりないと思います。

あえて説明するとすれば、グロテスクとは「外見が奇怪なものに対して感じる感情」とされています。

しかし、本来の定義としては「古代ローマを起源とした特定の表現の人物や動植物などに直線模様などの美術様式」を用いているものになります。

なので、本来は美術様式として認知されている方法なのですが、それがいつしか気持ちが悪い、不気味というような感情を表す言葉として用いられるようになっています。

それを踏まえて考えてみるとグロテスクという言葉とおどろおどろしいという言葉がかなり似ているような意味であるということがすぐにわかるはずです。

なぜならば、グロテスクという言葉は言い換えてみれば「不気味」という意味で表現することができる言葉です。

そして、おどろおどろしいという言葉には「恐怖、不気味」という意味合いが存在しています。

なので、自然とこのふたつの言葉は同じような意味を持っている言葉であるということがわかるはずです。

なので、同じような意味を持っている類語であると判断をすることができるのです。

どういうときに使うの?

おどろおどろしいという言葉に似ている類語をいくつかご紹介していきました。

おどろおどろしいという言葉が理解を深まったところで、ここからはおどろおどろしいという言葉を使う方法についてご紹介していきたいと思います。

先ほどからお伝えしている通りおどろおどろしいという言葉は少し他の言葉と比べて特徴的な言葉でもあります。

なので、どのようにして使えばいいのかということが少しわかりづらかったりするような言葉でもあるのです。

そこで、どのようにして使えばいいのかという具体的な使用方法をご紹介していきますので参考にしてください。

おどろおどろしい恋愛小説が好き

おどろおどろしいという言葉の具体的な使い方としては「おどろおどろしい恋愛小説が好き」という使い方が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「恐怖(不気味さ)を感じるような恋愛小説が好き」という意味合いで解釈することができます。

これは完全に人の好みになるかもしれませんが、人によっては恐怖や不気味さを感じることに対して楽しみを見出したりしている人も存在しています。

そもそも、恐怖や不気味さというものに関しては心を大きく揺さぶられるような存在です。

実際に、恐怖を感じた時には大きく自分の鼓動が高鳴りますし、通常では感じられないような気分になったりすることが多いですよね。

しかしそれを言い換えてみれば興奮という言葉で言い表すこともできると言えます。

実際に、怖いとわかっていながらも見てみたくなってしまうような心理を私たち人は持ち合わせているといえます。

これまでの人生で怖いと思っていても見たいと思って行動したことは誰しもがあると思います。

それと同じように、怖さとは一つの刺激でもありますので、それが病みつきになってしまうという人がいても不思議な話ではありません。

なので、そのような刺激が強いことに対して楽しみを見いだせるような人は今回の例文の状況に当てはまると考えることができます。

暗くておどろおどろしい雰囲気

次にご紹介するおどろおどろしいという言葉の具体的な使い方としては「暗くておどろおどろしい雰囲気」という使い方が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「暗くて、不気味な(怖い)雰囲気」という意味で解釈をすることができます。

私たち人は先入観をもっている生き物であり、様々な固定観念の中で生きているとも言えます。

例えば、一つ例を挙げてみると幽霊という存在は怖いという印象の固定観念が持たれています。

そして、夜になると幽霊が出る、不気味、怖いというような固定観念なども持ち合わせています。

なので、暗い場所などは不気味な場所である、というような固定観念なども感じるようになります。

この例文はまさにそれを言い表した例文であり、暗くて薄気味悪い場所であるという自分自身の恐怖の気持ちを表している言葉です。

これは様々な表現ができる言葉であり、おどろおどろしいという言葉の意味さえ理解しておけば、様々な恐怖を感じる場面で同じように表現できるはずです。

おどろおどろしいもの

おどろおどろしいという言葉の具体的な使い方をご紹介していきましたが、ここからは世の中に存在しているおどろおどろしいものについてご紹介していきたいと思います。

考えてみれば世の中において私たちがおどろおどろしいと感じているものなどは数多く存在しています。

数えてみればきりがないほどたくさんのものが存在していますが、その中でも代表的なものをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

これらを考えたりすることにより、さらにおどろおどろしいという言葉の理解が深まるようになるはずです。

自分自身の恐怖心と向き合いながら、これからご紹介するものの印象を併せて考えてみてください。

妖怪

まずはじめにご紹介する世の中に存在しているおどろおどろしいものは「妖怪」が挙げられます。

妖怪といえば、説明するまでもないと思いますが「人間の理解を超える奇怪で異常な現象やあるいはそれらを越す不可思議な力を持つ存在」という意味合いの言葉です。

日本には様々な漫画作品などが存在しているので、妖怪などは誰もが知っている慣れ親しんだ存在でもあると言えます。

そして、それと同時に妖怪はとても怖いものであり恐怖を感じるようなものであるという印象もかなり強い存在になっています。

代表的な妖怪を考えてみれば、河童や座敷童などが挙げられますが、妖怪によってその特徴などは異なります。

妖怪の中にも良い効果を与えてくれるような存在はいますが、大抵の場合は人間に対して様々な恐怖を与えるような存在が多いです。

なので、一般的な感覚で考えてみれば妖怪は私たちにとってとても怖い存在であり、恐怖の対象であると考えることができます。

なので、私たちにとって妖怪はおどろおどろしいものであると考えることができます。

幽霊

次にご紹介する世の中に存在しているおどろおどろしいものは「幽霊」が挙げられます。

幽霊とは「死んだ者が成仏できる姿を現したもの、死者の霊が現れたもの」という言葉の意味を持っています。

そもそもの幽霊の定義とは人間の肉体が死んでも魂が死なずに現世でおろついたり、未練あがあるとどまっている存在であると言われています。

または、他人や動物などに対してのりうつったりするような存在であるとも言われています。

これも先ほどご紹介した妖怪とかなり似たような位置づけの存在になると思いますが、一般的には私たちに恐怖を与えるような存在であると考えることができます。

もちろん幽霊自体が悪い存在でもなく、私たちにとって良い効果を与えてくれるような幽霊も存在していないとは言えません。

しかしながら、私たちの生活の中において幽霊とはホラー映画などの影響もあり、恐怖の存在として先入観や固定観念を与えられています。

時には誰かを驚かしたり、時には誰かを殺してしまったりするような存在であるという描かれ方をするので、恐怖を感じるのも仕方がない存在ではあります。

なので結論としては幽霊は私たちにとって、とてもおどろおどろしい存在であると考えることができます。

悪魔

次にご紹介する世の中に存在しているおどろおどろしいものは「悪魔」が挙げられます。

悪魔とは「特定の宗教文化に根ざした悪しき超自然的存在や悪を表示をする超越的存在」を表す言葉として知られています。

少し難しい表現かもしれませんが、簡単に言えば外国における妖怪のような存在と思っていただければわかりやすいはずです。

日本の歴史の中におどろおどろしい存在として幽霊や妖怪が存在していたように、外国も同じように悪魔というおどろおどろしい存在がいるということです。

日本においては島国ということもあり、様々な宗教の影響などは比較的強くは受けていません。

しかし、陸続きの外国においては様々な宗教が信じられており、宗教の中には悪い存在ということで悪魔として認定されている存在がいくつかあります。

例えば、インキュバス、サキュバスなどは悪魔として認知されており、その名前を聞いたことがある方はとても多いはずです。

これらは外国の人からしてみれば畏怖の対象であり、恐怖を感じるような存在であることに変わりはありません。

なので、悪魔は私たちにとっておどろおどろしい存在であると考えることができます。

まとめ

今回はおどろおどろしいという言葉をテーマにして、おどろおどろしいという言葉の意味や使い方などを簡単にご紹介していきました。

おどろおどろしいという言葉は日常的にあまり頻繁に用いたりするような言葉ではありませんので、どうしても意味が薄れてしまいがちな言葉でもあります。

しかしながら、全く使わない言葉かと言われるとそうではありませんので、一般的な意味や使い方くらいは理解しておいて損になるようなことはありません。

逆に言えば意味さえしておけば様々な状況で用いることができる利便性が高い言葉の一つとしても考えることができます。

広い意味を持っている言葉なので、この機会にどのような意味を持っており、どのような使い方ができるのかということを正しく把握した上で用いるようにしてみてください。