引きこもりに対してはどのような印象を持っているでしょうか。

引きこもりと言うと何となく社会から取り残されたイメージを持っている人の方が多いはずです。

一日中自分の部屋に籠って出てこない、社会的な生活送っていないというイメージの人がとても多くなっているはずですよね。

また、引きこもりの原因を色々考えてみても、例えばいじめや人間関係の問題などで鬱になってしまい、家から出られなくなったというものばかりが思い浮かび、引きこもりと言う社会問題が暗いイメージの原因となっている気がします。

ところが、現代の引きこもりの場合には、少し状況が変わってきました。

確かに様々に暗い要因でひきこもってしまっている人もいますが、中には仕事の関係で自然と引きこもりになってしまったという人もいます。

また、人間関係の問題などで外に出られなくなってしまった人であっても、一日中何もしないと言うわけではなく、立派に働いて稼いでいるという人もいるのです。

ここでは、引きこもりの人の仕事や、現状について見てみることにしましょう。

引きこもりでもできる仕事があると思えば救われることもあるかもしれませんし、引きこもりの人の仕事について見てみると、引きこもりの人についての印象が変わることもあるかもしれません。

️引きこもりだから仕事ができないは時代遅れ

引きこもりというのは、一昔前では家から出ることのできない人間で、だからこそ仕事をすることもできない人間という扱いでした。

確かに、外に出なければ働くこともできない時代の中では引きこもりは、仕事をすることのできないニートの扱いをされていたのです。

引きこもりが社会から取り残されて失格のような扱いをされてしまうのは、この時代の価値観が残っているからで、昔は「引きこもり=ニート」の扱いは当たり前のように出来上がった事実だったように思えます。

ですが、最近では引きこもりだからと言って仕事ができないと思っている時代ではなくなりました。

仕事が外に出なければできない時代は終わったのです。

外に出て行くことなく自分の食い扶持を稼ぐことができる時代になっては、引きこもりがニートであるという考え方をすることはできないでしょう。

引きこもりがある程度社会的な関係のようなものから置いて行かれてしまっている状態であるというのは間違いありません。

社会の構図の中でひきこもりが今までとは少し異なる役割を持った存在になってきたというのも間違いないでしょう。

この意識は、引きこもりになってしまった人の周囲の人が持つべき心構えでもありますが、引きこもりの本人が持たなければいけない意識でもあります。

引きこもりだからと言って仕事さえもしないというのは、現代社会の中ではおかしいということを覚えておかなければいけないのです。

️引きこもり必見!仕事をするときの心構え

引きこもりになってしまった最初の内と言うのは、自分の置かれている状況に絶望するばかりで何もすることができないでしょう。

基本的に人間関係や精神的な問題でひきこもりになっている人は、まずは取り敢えず休むことが一番大切です。

ですが、いつまでも休んでいるわけにはいかないというのが、現代社会の厳しいところですよね。

十分に休息を取った後には、自分のできることを探さなければいけないのです。

引きこもりになってしまい、しばらく時間がたったという人は、まずはこちらの心構えを見てみてください。

引きこもりを脱却するのも良いですし、引きこもりのままで切ることをするのも良いでしょう。

自分の選択次第ではありますが、その選択肢をきちんと知っておくことで心が安心できるでしょう。

自分に置かれている現状を把握する

まずは引きこもりの人がしなければいけないのは、自分の置かれている状況を把握するということです。

最初は引きこもって自分の心を守ろうとしているだけであったとしても、ふと現実を見ると不安になるということがあるのではないでしょうか。

引きこもりの人にとっては、その「不安になる」と言うのは、ある意味ではとても大切なことだと言えるでしょう。

家にいて安心して待っている状態では先に進むことができません。

自らがどのような助教に置かれてるのか、今のままの状態では生きていくことができなくなる時が来るのではないかということを、きちんと把握しなければいけません。

現実的に考えれば、自分の生活の基盤を作ることももちろんですし、さらには経済的な基盤も整え明ければいけないことが分かるでしょう。

引きこもりだからと言って、いつまでも現実逃避をしているわけにはいかないのです。

家でもできる仕事があることを知る

引きこもりの人が急に外に行くようなことはできるはずがありません。

人間関係に対して臆病になってしまっている人なら、さらにそのようなことはできないでしょう。

生活の基盤を整えるとはいっても、何も引きこもりを脱却してすぐに社会復帰する必要はないのです。

もし、ずっと家にいられるような状況であるのだとすれば、まずは家の中でできる仕事を探すことが一番です。

家の中でパソコンさえ持っていればできる仕事と言うのはたくさんあるのです。

それらの仕事は、それほど高い収入と言うわけではないかもしれませんが、ゼロよりずっと良いですし、うまく稼ぐことができれば、自分自身で生活していくこともできるでしょう。

最低限の社会との関わりであったとしても、仕事をしているのとしていないのでは大違いのはずです。

引きこもり脱出は運動が一番!


もし、自分の状況を冷静に考えて、引きこもり脱出をしなければいけないという気になったのであれば、それはチャンスです。

無理に引きこもりを脱却して社会復帰する必要はありませんが、本人にその気があるのなら、引きこもっているよりは外に出る方が健康的で良いことには間違いありません。

引きこもりを脱出しようと思ったら、一番良いのは運動することではないでしょうか。

まずは自分の身体を動かすという感覚を思い出すのです。

引きこもりの最中には自然と運動時間は短くなってしまっているでしょう。

自分の身体を使う機会は少なくなっているのです。

だからこそ、きちんと運動をして自分の身体を使うという感覚を思い出してください。

また、運動は精神の健康にも良いものです。

精神と身体は繋がっていますから、きちんと身体の方を動かして老廃物を出し、健康的な体にすることで、精神の方にも良い影響があることには間違いないでしょう。

できるだけ多くの人に会う

引きこもりを脱出しようと思ったら、できる限り多くの人に合うというのも大切なことになります。

引きこもり中には最低限の人としか会うことがありませんから、人と会うという感覚をそもそも忘れているのではないでしょうか。

人と話をするというのは意外と精神的に疲れるものですし、それを避けて生きているような状態では、ブランクがあるので人とうまく交流するのが難しいかもしれません。

その状態から成れるためには、できる限り多くの人に合って「交流の感覚を思い出すこと」が大切なのです。

最初は少しずつでも良いですが、親しい人間から始めて慣れていき、引きこもり脱出のための必要なスキルを少しずつ整えていくようにしてください。

怖いからと言って人と会うことを避けていると、いつまでも引きこもりからは脱出できないのです。

脱出することを決めていないうちに無理に人と会う必要はもちろんありませんが、脱出を決めたのなら、人との交流は絶対必要条件となりますよ。

アドバイスを受けてみる

引きこもりから脱出したいと思っているときには、アドバイスを素直に受けて見るということも大切です。

これは周囲の親や友人からのアドバイスも含まれていますが、例えば引きこもりを扱っているプロの精神科医のアドバイスを受けて見るなどの方法が一番良いでしょう。

カウンセリングと言う方法もありますし、もし信じることができるのなら占いでも構いません。

ある程度第三者からのアドバイスの方が、むしろ素直に受けやすいということも多いのではないでしょうか。

周囲の人は、あなたを心配するあまり、あなたのことを本当には理解してくれていないようなアドバイスをかけてくる可能性があります。

「外に出なければいけない」「その状態ではいけない」と意味のない叱咤をしてくる可能性もありますので、それで心が折れるくらいなら、自分には直接関係のない第三者からのアドバイスを求めてください。

仕事しなきゃと無理しちゃダメ!

引きこもりを脱出することはもちろん大切なことに違いありません。

引きこもりでいればいるほど社会からは隔離されてしまうような気分になりますし、健全な社会生活を送ることが望ましいと思われているのは確かでしょう。

ですが、だからと言って無理に引きこもりを生活を脱却する必要はありません。

仕事をしなければと無理をして外に出ることで、精神的な健康を保つことができなくなるということもあるのです。

周りの人は色々なことを言ってくるでしょう。

仕事をして社会的に健康的な生活に戻るようにと強く言われることもあるかもしれません。

ですが、心が駄目だと言っているのに、その言葉に抗うことはないのです。

仕事をする方法は現代にはたくさんあります。

自分に合った方法を探して、自分らしい方法を見つけるということも必要なのではないでしょうか。

️引きこもりの現状から把握して!

引きこもりの自分をきちんと見つめ直すというときには、自分の状況をきちんと把握しておく必要があります。

何が原因で引きこもりになってしまっているのかということを考え、さらには引きこもりと言っても幅のある現状の中で自分がどのような状態であるのかということを考えると、自分が今できることを分かるのではないでしょうか。

ここでは代表的な「引きこもりの現状」について見てみましょう。

長年、部屋に引きこもっている

まず、一番に引きこもりと言うと思い浮かぶのは、長年部屋に引きこもっているような状態です。

家の中でも部屋の中から出ることができていないという状態ですね。

家族ともできる限り関わらないようにしている状態の人もいます。

例えば人間関係でトラブルを抱えて引きこもりになってしまったような場合には、家族ともかかわるのが辛いので、このような状態になりかねません。

こういった場合には、生身の人間と積極的にかかわるようなことは無理にしない方が良いでしょう。

家族とさえも関わることができていない状態では、外に行くのは難しいはずです。

この状態からいきなり社会復帰するのは難しいでしょう。

親の介護などで家から出られなくなった

親の介護などで家から簡単に出ることができずに引きこもりになってしまったという人もいますね。

この場合には、長年部屋に引きこもっている状態とは違い、外との関係性を自ら断とうとしているわけではないというのが救いです。

外に出ることができる上演さえ整っていれば、いつでも社会復帰が可能な引きこもりなので、あまり社会復帰のことは心配しなくても良いでしょう。

ですが、一方で、自らが望んでいないのに引きこもり状態になってしまっているという現状に不安を感じ、精神的に追い詰められてしまっている状態にあることが多いということが問題です。

働くきっかけ、仕事がわからない…

働くきっかけや仕事がないままに引きこもってしまっている人もいます。

これは、特に精神的に問題があるわけではないのですが、何もすることがないので引きこもりになっているのです。

ニートがこれに当たるかもしれません。

やる気さえ出れば社会に出ることもできるのですが、何もすることがないままに引きこもりを続けてしまっているような状態の人は、長く続ければ続けるほど、社会復帰が面倒くさくなってしまうことが良くあります。

やる気がないだけで引きこもりをしているというタイプの人もいるということですね。

️引きこもりでもできる仕事12選

ここからは、引きこもりの方でも家でできる仕事についてご紹介したいと思います。

家の中でもできる仕事を探してみれば、引きこもりでもニートではないでしょう。

確かに外に行くよりは年収は低くなってしまうかもしれませんが、何もしていないよりはずっと良いはずです。

人間関係でトラブルを抱えて引きこもりになってしまった方でも、精神的な負担を抱えることなくできる仕事であれば問題ないのです。

いくつかはギャンブルのような仕事ももちろんありますが、ほとんどは地道に稼ぐことができる仕事です。

時間に融通が利かない方でもできる仕事もありますよ。

1、ライター


在宅で時間を気にせずに稼ぐことができるのはライターの仕事です。

文章を書くことができれば、誰でも行うことができますし、多くの種類の仕事があるのも魅力的です。

最初は長い文章を書くことができないかもしれませんが、慣れてくれば記事を仕上げることもできるようになります。

現在は単価にも幅がありますし、テーマも様々なので自分に特異なテーマを見つけることができれば、一か月にそれなりに稼ぐことができるようになるでしょう。

パソコン一つで簡単にできるというのも嬉しいですよね。

特に専門的な知識が必要ないというのも魅力的です。

もちろん、何かに特化して専門的な知識を持っている方は、それをネタにして書くことができるので、仕事を探している方は、まずはライター登録して見るところから始めると良いでしょう。

2、ナレーター

滑舌に自信がある人はナレーターの仕事をするというのも良いかもしれませんね。

家出することができるので、機材がある方はそちらの仕事を探してみて下さい。

ただし、ナレーションの仕事は、オーディションがある場合もありますし、見つかるまでには頻繁に外に出て行かなければいけないこともあります。

狭き門の世界ということも多いですから、初心者がいきなりナレーションの仕事を見つけるのは難しいということは覚えておいた方が良いですね。

3、データ入力

データ入力をするというのも良いですね。

こちらも何も考えずにできますし、パソコン一つで簡単に行うことができます。

初心者で、何をして良いか分からないという方は、こちらを始めてみることをお勧めします。

ただし、長く続けるには単価が安すぎるというように感じる人もいるでしょう。

データ入力は簡単ではありますが、それだけで生活を作るのは難しいところもあります。

仕事を始めるにあたって最初のスタートとしては悪くありませんので、データ入力で在宅の仕事の感覚を掴みそこから違う仕事を探し始めるというのが一番現実的な方法だと言えるのではないでしょうか。

もちろん、割の良い仕事があれば、コンスタントに続けていくのも悪くはないでしょう。

4、テープ起こし、編集

テープ起こしも在宅ワークの中ではかなり一般的な方だと言えるでしょう。

録音された音声を基に、スクリプトを作っていくという仕事になります。

特に聞き取りに自信のある方は、こちらを行ってみると良いかもしれません。

ただし、とても聞き取りにくい音声のものなどありますし、ある程度経験値が必要なところもあります。

初心者でも歓迎しているようなところの仕事を探し、少しずつ経験を積んでいくことをお勧めします。

5、会計仕分けなどの事務

会計仕分けなどの事務も在宅ワークで募集していることがありますね。

これらの仕事を契約すればコンスタントにお金を稼ぐことができるというのも、嬉しいところです。

月に一度か二度は顔を合わせなければいけないという仕事もありますが、ほとんどは在宅で行うことができるようですし、自分の求める条件に合致しているところを探すことが大切で賞。

6、ネットショップの運営代行

ネットショップなどの運営代行も在宅ワークの一つです。

注文が来た時に、在庫を送るという作業になります。

全く部屋から出ることができない人は厳しいかもしれませんが、ある程度外に出ることができる方は、これらの運営代行を行ってみると良いかもしれません。

最も、家に在庫を置くことのできるスペースを持っている人のための仕事ですから、一人暮らしの狭い部屋では若干きついかもしれませんね。

7、HP制作・デザイン

HPの制作やデザインと言った仕事も見受けられます。

プログラミングの技術を持っている人、デザインに自信を持っている方は、こういった仕事に応募して見るのも良いでしょう。

コンペ形式になっている仕事もありますので、まずは自分の実力を試してみてください。

特殊な技能が必要なところではありますが、だからこそ、そう言った技術を持っている人にとっては嬉しい仕事ですよね。

8、画像編集・グラフィック

画像編集の仕事もあります。

写真やイラストの加工もそうですし、ロゴやバナー、チラシのデザインなど、コンペ形式になっている仕事も見かけることが多いです。

これらはイラストレーションソフトを持っていること、イラストレーションソフトを使いこなすことができる人にとっては、条件に合致した仕事となりそうです。

ただし、ある程度の経験値と技術が必要な仕事でもありますので、初心者の方がすぐに行うというのは難しいかもしれません。

9、サービスの開発

最近では多くのアプリが開発されていますよね。

これらのサービスの開発を在宅で行っている人もいます。

もちろん発想力も必要なのですが、請負制の場合には、自分で企画を起ち上げる必要はありません。

アプリを開発するために必要なプログラミングの技術を持っていることが一番大切なのです。

それらの経験がある人は、サービス開発の仕事を一番に探してみると、他の在宅ワークよりも単価が高い仕事をできるかもしれません。

10、youtuber

最近ではyoutuberを目指すという人もいますね。

Youtuberとして成功している人を見ると「何となく楽しそう」「楽そう」という考えになり、youtuberとして生計を立てようとする人も多くなっているのです。

ですが、残念なことに、youtuberとして成功することができる人は一握りしかいません。

Youtuberを続けようと思っても、思っていたような稼ぎ方をすることも、視聴者を集めることもできずに失敗する人の方が多いですね。

もちろん、成功の可能性もゼロではないので、youtuberを目指すのが悪いことではありません。

ですが、メインの仕事として据えるのは少し危険な気もしますね。

【ユーチューバーについては、こちらの記事もチェック!】

11、トレーダー

株のトレーダーとして成功するという方法もあります。

この方法で実際に生計を立てている人もいるので、リスクをきちんと弁えていれば、仕事とすることも可能でしょう。

ただし、素人が何も知らずに始めるのは難しい分野でもあります。

ビギナーズラックで成功することがあっても、それがいつまでも続くと言うわけではありません。

だからこそ、トレーダーを始めるのなら、きちんとリスクを知って勉強をしなければいけないのです。

仕事をするのなら、遊び半分にお金をかけるわけにはいきません。

12、翻訳

翻訳の仕事も比較的引きこもって行わなければいけません。

だからこそ、引きこもりの人でもしやすいのではないでしょうか。

語学的な知識が豊富な人にはお勧めできる職業ですね。

こちらに関してもある程度は経験も必要ですし、プロになるのは難しいところもあります。

最初はクラウドソーシングサービスで募集されている翻訳の仕事から手掛けてみるのが良いかもしれません。

特に、英語以外の言語が堪能な方は仕事も見つけやすいでしょう。

マイナーな言語であればあるほど競争率が低いので、一度仕事を見つけてしまえば、コンスタントにできそうであるというのは魅力的なポイントですね。

️引きこもりさんにおすすめのクラウドソーシングサービス

引きこもりの多くの人は、翻訳やyoutuberなどはレベルが高くて無理……と感じているでしょう。

確かに、いきなり専門的な知識が必要なものであったり、エンターテインメントに特化した何かをするというのは、とても勇気が要りますし、素人にはそう簡単にはできません。

もし、素人の引きこもりの人が頑張って仕事をするのなら、まずは在宅ワークから始めて見るのが一番です。

在宅ワークであれば、人目を気にすることなく自分のペースで働き続けることができるので、引きこもりになってしまっていても、問題なくお金を稼ぐことができるでしょう。

ここでは、引きこもりの方にお勧めのいくつかのクラウドソーシングサービスについて見てみることにしましょう。

クラウドソーシングサービスとは、クライアントとワーカーの仲介をしてくれるサイトのことを言います。

直接的に契約をするのは、支払いの面などでも心配という方は、ぜひこちらのサイトを利用してみてください。

いくつかあるので、自分の求めている内容に合っているところを選ぶと良いですよ。

クラウドワークス

クラウドソーシングサービスでも、初心者の方が使いやすいのがクラウドワークスなのではないでしょうか。

大量募集をしている案件もありますし、タスク型の仕事も多く見受けられますから、仕事を探しやすいところがあります。

ただし、高額の案件に関してはあ、初心者の方はあまり入り込めないというところが大きいかもしれません。

初めての方でもおすすめの仕事というものばかりをするのは良いですが、コンペ式などの案件になると、若干受注が難しいと感じてしまうかもしれません。

手数料は少し高めで、報酬の20%程度と考えると良いでしょう。

タスク形式の仕事でも、最近では手数料を取られるようになってしまったので、始めた最初のころはなかなかお金が貯まらないということになるかもしれませんね。

ただ、安心安全な印象はありますし、サイトもすっきりしていて見やすいので、迷ったらまずはクラウドワークスを使ってみると良いでしょう。

ランサーズ

クラウドワークスと同様にクラウドソーシングサービスの中でも人気のサイトが、ランサーズです。

こちらは、仕事の数が豊富であるというのがとても嬉しいところですね。

自分の条件に合ったところを見つけることができれば、無理なく働くことができるでしょう。

ただし、利用者がかなり多いこともあり、コツをつかむまでは受注するのが難しいというところもあるのではないでしょうか。

認定ランサーズになれば仕事も受注しやすいかもしれませんが、最初の内は、取り敢えず条件の緩そうなところ、もしくはあまり人が集まっていないところで地味に仕事をしていくという体制を整えた方が良いかもしれません。

手数料に関してはクラウドワークスと同様に報酬の20%ですが、こちらも20慢円以上の稼ぎになると手数料が5%になるなど変動します。

最初の内はそれほど大きく稼ぐことはできないでしょうから、報酬の20%と考えて間違いありません。

サグーライティング

ライティングの仕事を中心に行いたいと考えている方は、ぜひサグーライティングに老得してみてください。

ライティングとアンケートに限定された仕事ばかりがありますので、初心者の方でも仕事を選ぶのが苦にはならないでしょう。

仕事のできによってはランクが上がって工学の報酬をもらうことができるようにもなりますし、最初はライティングから始める人が多いですから、まずはここにしてみると良いのではないでしょうか。

報酬はポイント制で、現金以外にもアマゾンやiTunesで使えるポイントに変えることもできます。

手数料がないというのも嬉しいところです。

ただし、仕事には若干偏りがありますので、自分の条件には合致しないと考えてしまう人もいるかもしれませんね。

️まずは少しづつやってみよう

いかがでしたか?
引きこもりになるというのは、例えば自然と仕事が在宅なのでひきこもってしまうという場合を除いては、例えば人間関係の問題があったり、精神的に外に出られなくなってしまったりということが多いようです。

人間は社会的な動物ではありますが、それをできなくなってしまうということもあるのです。

引きこもりになってしまえば、釈迦復帰するのはそう簡単なことではありません。

人と関わっていない人間が、いきなり色々な人と接する社会の中で活躍するというのは難しい話なのです。

ですが、だからと言って仕事をできないと言うわけではありませんし、ニートになれば良いという意味でもありません。

引きこもりになってしまったときには自分の未来についても不安に思うことがあるかも入れませんが、まずは少しずつできるところから始めてみましょう。

家に引きこもっていても仕事をすることはできますし、少しでもお金を稼ぐことができれば、それだけで気分が上がってくるものです。

無理をすることなく、現代社会に合った方法で社会に関わっていくというのは、引きこもりの人にとってはとても良いことなのではないでしょうか。