通勤せずに自宅で出来る仕事。

最近ではインターネットの発達によって様々な仕事が出来るようになりました。

ひと昔前は在宅で出来る仕事は簡単な部品作りなど単純作業で単価の低いものばかりでした。

しかし最近ではパソコン一台あれば世界中どこでも自由に仕事ができるようになりました。

仕事の内容も簡単なデータ入力からホームページ製作の技術を生かした専門的なものまで様々です。

単価の高いものが多く中には在宅ワークだけで生計を立てている人もいます。

中にはインターネットの世界の中で自分ができることを分担して行うグループ制の仕事もあります。

一度も顔を合わせたことがない人たちと実際の仕事ができるのです。

ここでは自宅でできる仕事を色々なタイプから7つ紹介してゆきます。

自宅でできる仕事がしたい!

自宅で仕事をしたい人たちは年々増加しています。

そして実際に自宅で仕事をして収入を得ている人も増えているのです。

そんな話を聞いて自分でも自宅で仕事がしたい!と思う方も、この記事を読まれている方の中にもいると思います。

自宅で出来る仕事には会社勤めの仕事にはないメリットがあります。

自宅で仕事をすればそのメリットがある仕事を行うことができるのです。

自宅でできる仕事を選ぶ人の理由

それでは自宅で出来る仕事を選ぶ人の理由とはどの様なものがあるのでしょうか?人それぞれ色々な理由があると思いますがひとつひとつ見てゆきましょう。

自分のペースで仕事をしたい

多くの在宅ワーカーの人たちが挙げる、自宅で仕事をする理由に、自分のペースで仕事がしたいからという理由があります。

会社でする仕事はどうしても同僚や上司とペースを合わせて仕事をする必要があります。

仕事が始まるまでにはオフィスに着かなくてはなりませんし、会社が遠い場合は通勤時間も長くかかります。

人間関係も作らなくてはいけません。

そのような状況が苦手な人の場合、在宅で仕事をすることを選ぶ人が多いようです。

自分で出来る在宅の仕事は納期などはありますが自分で仕事を進めるため自分のペースで仕事が出来ます。

しがらみや通勤時間にとらわれることなく仕事が出来るのです。

家族との時間を増やしたい


大切な家族と過ごす時間が増えるというメリットもあります。

自宅で仕事をするので通勤時間がありません。

その分家族と過ごす時間も増えますし、自宅が仕事場なので家族と共に過ごしながら仕事が出来ます。

中には夫婦や親子で仕事をする人もいるのです。

家族で仕事というと農業やお店などが思い浮かびますが、その様な仕事の他にパソコンを使った仕事でも家族で出来るものがあります。

ウェブ制作の技術があればその技術を生かした仕事も出来ますし、家族で分担で仕事をすることも出来ます。

休日も自分たちで決めやすく同じ日に休みを取ることもしやすい環境になります。

このように、家族と過ごす時間を増やしたい人にも自宅で出来る仕事はお勧めです。

子育てしている

子供がまだ小さく子育てに時間をかけている人たちにも自宅で出来る仕事は人気があります。

子育て中のママさんがその合間で出来るパソコンを使った仕事などがどんどん増えてきています。

データ入力や記事作成、簡単な動画の編集など自分のできる内容の仕事を、自分のペースで出来ることが人気のひみつです。

多くの在宅ワークは毎月自分のできる範囲で仕事の量も選べるので子育てが忙しいママさんには丁度良い仕事になることが多いのです。

病気で外で働けない

病気で自宅にいることを余儀なくされている方もいます。

その様な方も外で働かなくても自宅で仕事が出来る時代になりました。

技術さえあれば会社員以上に稼ぐことも可能です。

病気でも自宅で養生しながら仕事で収入を得ることが出来れば、将来のために貯金をすることも出来ます。

また、家族を養っていかなくてはならない人も自宅で仕事が出来るため、病気でも家族を養ってゆけます。

もちろん最初は仕事の量も単価も低いかも知れませんが、量をこなして在宅ワークでのキャリアを積み技術を磨いて信用をつければ自ずと仕事量も増え、単価も上がって来るでしょう。

人と関わるのが苦手


性格的に人と関わることが苦手な人にも在宅ワークはお勧めです。

すべてネットで完結できる仕事もあり、人と直接関わる必要がなくなるからです。

会社勤めなど外で働く場合、人との関りが大切です。

上手く人とコミュニケーションが取れないと仕事もはかどりませんし、出世も難しくなるので給料のアップも望めません。

人と関わることが苦手な人にとって外で働くことは不利になることが多いのです。

そんな人たちには自宅でできる仕事をすることがお勧めです。

人付き合いで苦しい思いをすることなく仕事をすることが出来ます。

能力があるのに人間関係を築くことが苦手な人にとって、在宅ワークはよい選択になるでしょう。

人と関わらなくても高収入を得られる可能性が広がるのです。

自宅でできる仕事7種類!

それでは具体的に自宅で出来る仕事にはどの様な種類があるのでしょうか?各ジャンルごとに分けて7種類紹介します。

色々なジャンルの仕事があるのできっとあなたにも出来る仕事が見つかるはずです。

まずは簡単に出来そうなものから始めて、慣れてきたら仕事の量や種類を増やしてみると良いと思います。

ネット上で色々な会社が募集をしているので、信頼がおける会社を選び募集をしてみましょう。

探せば意外と豊富な在宅の仕事

在宅の仕事は意外と種類が豊富です。

ネットの発達でFAXや電話でやり取りをしなくてもメールやLINEで連絡も出来ますし、種類によってはすべてネットで完結します。

各ジャンルごとに色々な仕事があるのでその中から自分に合いそうな仕事を選んでみましょう。

それではそれぞれのジャンルごとに仕事の内容を紹介してゆきます。

1.自宅でできる軽作業

まずは自宅でできる軽作業のお仕事です。

昔からある内容の仕事もあるジャンルです。

単純作業の繰り返しが多いため、コツコツと作業をすることが好きな方にお勧めです。

自分で納期までにこなせる量を決められるものが多いので、無理のない範囲で仕事の量を選んで、納期を守って仕事をすればそれほど難しい内容の仕事ではありません。

主に下記のような仕事があります。

シール貼りや箱詰め

シール貼りや商品の箱詰め。

この仕事は量をこなす必要がありますがどれも簡単で誰にでもできる内容の物です。

シール貼りは業者から送られてくるシールを商品や広告など指定の物に貼るだけの仕事です。

貼り終えた物は業者に配送すれば完了です。

とても簡単な仕事ですが単価はシール一枚で1円以下が相場ですので高いとは言えません。

単純作業が好きな方にはお勧めです。

同じく商品の箱詰めの仕事もとても簡単にできる仕事です。

商品の箱を組み立てて中に商品を入れ、出来上がったものを納品します。

やや大きい品だと箱詰めのスペースが必要になりますが、小さい品の箱詰めの仕事もあります。

またタバコやお菓子のケースの組み立ての仕事など箱を組み立てるだけの仕事もあります。

どれも簡単に自宅で仕事をしたい方にお勧めの仕事です。

通販サイトの発送や在庫管理

通販サイトの発送や在庫管理も自宅でできる仕事のひとつです。

業者や個人が販売している通販の商品の発送や在庫管理を代行で行うのです。

しっかりマニュアルがある場合が多く、やり方を学んでから始めることができます。

在庫管理もパソコンでできるので、在庫管理ソフトの使い方さえ覚えてしまえばそれほど難しくはありません。

自宅に商品を置くスペースがあれば在庫を直接自宅で保管して発想や在庫管理を行うことも可能です。

最近ではわざわざ郵便局や宅配業者まで荷物を持ち込まなくても自宅まで担当者さんが集荷に来てくれますので、すべての流れを在宅で行うことも可能です。

一度やり方を覚えればこの仕事も簡単な仕事です。

千羽鶴を作る仕事なんてものも

中には千羽鶴を折る仕事もあります。

確かに千羽鶴を折ることは大変ですので、お金を支払って千羽鶴を作ってもらう仕事が成立するのです。

このように簡単ではあるけれど単純作業を長く続ける必要があるものがこの軽作業系のジャンルの仕事の特徴になります。

コツコツと作業をすることが向いている人にお勧めの仕事です。

2.英会話やピアノ、特技を活かしてスクール開校

自分の特技をそのまま生かして、自宅をスクールとして開校することも可能です。

英会話やピアノ教室は昔からある人気のスクールですね。

英語の必要性は外国人観光客の増加で高まっているのでこれからも需要は伸びそうです。

大手も数多くある業界ですが、個人スクールならではのアットホームさや丁寧な個人レッスンなどを心掛ければ人気が出て安定した収入につながるでしょう。

ピアノの他にもギターやハーモニカなどの楽器や塾、ダンスなど色々なタイプのスクールが考えられます。

自分の特技が生かせるよい機会になるでしょう。

ただし自宅をスクールとして開校するには、教室としての改装や宣伝費用などの準備が必要です。

しっかりと計画を立てて利益が取れるように運営をしてゆきましょう。

3.ブログでアフィリエイト収入

芸能人の個人ブログや人気料理家のブログなど多くのアクセスがあるブログに人気があります。

このブログからも収入を得ることができるのです。

アフィリエイトといって、自分のブログに広告を貼り付けて、その広告をクリックしたりそこから商品を購入したりする人がいると自分にも利益が入る仕組みがあるのです。

この仕組みで月に数十万以上の収入を得ている人もいます。

しかし最初の利益は微々たるものです。

まずは自分のブログを内容が充実した人気のあるものにしてゆかなければなりません。

ブログの人気が上がるとともに広告のクリックも増え、徐々に利益も上がって来るはずです。

軌道に乗せるには時間が掛かるジャンルですが、人気があるブログを作り、効果的な広告を表示させる仕組みを作る自身がある方にはお勧めです。

4.赤ペン先生など添削の仕事

通信式の勉強口座などの添削の仕事もあります。

生徒さんの答案に添削をしアドバイスのコメントを書き込む仕事です。

この仕事は昔からあるのですが、最近は様々な種類の講座があるため需要が高まっている仕事でもあります。

添削作業もネット上でできるものもありますが、昔ながらの用紙に直接添削する仕事もあり、自分の得意な方法を選ぶと良いでしょう。

直接人と触れ合うことはありませんが、添削を通じてアドバイスをすることで人と交流ができる良さがあります。

5.今、流行りの配信業

自分で撮影した動画を配信して収入を得る、今流行りの配信業という仕事もあります。

YouTubeなどの動画投稿サイトで自分のコンテンツを配信して収入を得ることができます。

もちろん人気が出なければ収入に結びつかないのですが、人気のある投稿者は数百万から数千万の利益を出している人もいます。

それではどの様な仕組みで動画から収入を得るのでしょうか?

動画投稿で広告収入を得る

自分で撮影した動画を投稿して収入を得る。

現在ではこのような仕事も可能です。

趣味のようなことが仕事になる訳ですから誰もがやりたい!と思うかも知れません。

この動画投稿でお金を払ってくれるのは広告を配信している企業や、動画に課金をしてくれるファンの人たちやスポンサーになります。

専門用語では自分の動画に広告を表示させて週に鵜を得るタイプを「動画職人型」、課金やスポンサーから収入を得るタイプを「放送主型」といいます。

どちらの仕組みが良いかは一概にはいえないのですが、「動画職人型」は動画を投稿して広告を表示させれば誰でもできますが、「放送主型」は固定ファンやスポンサーが付くくらいに人気がないとできません。

また「動画職人型」も始めは投稿した動画に広告を表示できるか許可が必要になりますので、その許可を得るくらいのクオリティの動画を作る必要があります。

自身のある方は積極的に動画を投稿して高収入を目指しましょう。

YouTubeなど代表的な動画投稿サイトには動画を収益化するためのプログラムが用意されていますので設定をしてみましょう。