あなたの周りに、口さがない人はいますか?

野次馬よろしく他人のことにあれこれと口を出したり、好き勝手に他人を批評、批判したり・・・。

口さがない人とはあまり深く関りあいにはなりたくないものですよね。

そんな口さがない人とはどんな人を指すのか、言葉の意味や正しい使い方などをご紹介していきます。

口さがないとは?

「口さがない」という言葉をあなたは知っていますか?

聞き覚えのない人は、その言葉がどんな意味を持つのか分からないことでしょう。

しかし、なんとなくその言葉の響きから、あまりよくない意味の言葉ではないかと想像することはできると思います。

口さがないは、口という言葉が使われているように、人に対してのみ使う言葉です。

例えば野次馬のように、何か事件があれば信ぴょう性もないのにあれこれと想像で噂話を周りに流したり、自分の勝手な価値観で他人のことを批評したりと、口さがない人は周りの人たちからはあまり好かれることはなく、どちらかといえば嫌煙されがちな傾向にあります。

誰だって自分のことを他人にとやかく言われるのは嫌ですし、面白おかしく噂話をされるのは気分が悪いですよね。

口さがない人は、そうした人の気持ちを逆なでするような言動や行動をいつもとっています。

そんな口さがないという言葉の本来の意味は、どのようなものなのでしょうか?言葉の意味や由来をご紹介していきます。

語源

「口さがない」という言葉は、あまり現代らしからぬ言葉の形をしています。

それもそのはずで、この言葉が生まれたのは、今よりももっと古い時代、古語が使われていた時代なのです。

元は「さがない」という古語であり、これは「性格が悪い」「意地が悪い」「やんちゃである」などの意味があります。

この「さがない」を形容詞で表したものが「さがなし」であり、「口さがない」という言葉は「さがない(さがなし)」に由来しているとされています。

「性格が悪い、意地が悪い」という意味の「さがない」に口を付け足して「口さがない」とすることで、その意味も「口が悪い」といったものに変化しています。

意味

現在では「口さがない」の意味は、「他人の噂や批評を無責任、無遠慮にする様子」や「他人のことをあれこれ口うるさく批評するのが好きである」などです。

いつだって自分のことだけしか考えない人もいれば、いつだって自分のことは棚に上げて、他人のことにばかりあれこれと口を出す人もいます。

そうした他人のことにばかり目を向ける人の中には、口さがない人もいます。

あれこれとうるさく口を出される他人からすれば、「放っておいて」「大きなお世話」ですが、野次馬根性の強さから、他人の迷惑などお構いなしに、どんどん無責任に首や口を突っ込んでいくのが好きなのです。

そして他人に盛大に迷惑をかけておきながら、自らはその収拾を収めようとはしません。

事がややこしくなってしまった後は、「自分には関係ないことだし」とどこ吹く風でさっさとその場からいなくなってしまう、まさに台風のような存在でしょう。

台風は生態系を維持していく上で重要な役割を持っていますが、口さがない人の存在は、益があるどころか人災以外のなにものでもないでしょう。

他人をあれこれ批評するのが好きである


口さがないとは、他人をあれこれ批評するのが好きという意味です。

あなたの周りにも、噂話や他人の批評が好きな人はいませんか?

噂話が好きな人ほど、常に周りの変化には敏感なのに、自分のことはおいそれと話そうとはしません。

「あなたはどうなの?」と他人から突っ込まれれば、「自分のことはいいから」とさておいて、他人のことばかり話そうとします。

口さがない人もそのように、他人のことにはしつこく口を出してくるわりに、自分のことになるとやけに素性や事情を隠そうとしたり、他人から追及されたりするのを嫌う傾向があります。

自分はよくて他人はダメなんて、この上ない矛盾ですが、当人はそれが当たり前だと思っているため、少しも悪いとは思ってはいないのです。

口うるさい

「口さがない」には、「口うるさい」という意味もあります。

口うるさいとは、あれこれとなんにでも口をうるさく出してくることです。

単に口うるさいということであれば、自分のことに対して口うるさい人もいます。

しかし「口さがない」の意味としては、自分のことではなく他人に対して口うるさいという意味になります。

そのため例えば、息子夫婦の家庭のことにあれこれと口を挟んできたり、友達のファッションに求められてもいないのにいちいちアドバイスをしたりと、迷惑な口うるさいことを言ってくる人がまさに口さがない人と言えるでしょう。

口うるさいという言葉の通りに、あれこれと口を出してくる人は、周りの人にとってはうるさく迷惑な存在です。

他人のことなど放っておけばいいのに、いちいち口を出してくるため、それを有難迷惑だと感じることはあっても、心底嬉しいと感謝の気持ちを抱く人などめったにいないでしょう。

「口さがない」の類語や関連語

「口さがない」という言葉は、具体的には「口さがな」と「い(し)」に分けられます。

そのため類語や関連語も、「~が」や「~な」という語になっていることが多いです。

人が悪口や汚い言葉を言う傾向が強いさま

「口さがない」とは、人が他人に対して悪口や、汚い言葉を言う傾向が強いさまを意味しています。

確かな根拠もないのに、勝手な憶測や想像であれこれと他人の噂話をするというのは、本人はたとえ悪気がないとしても、周りからすれば悪意に満ちた噂話でしかありません。

また、「あの人をこの前産婦人科で見かけたから、妊娠しているかもしれない。」や「彼がAさんと仲良くしている姿をよく見かけるから、もしかしたら付き合っているのかも。」

などと好奇の感情から面白おかしくそう話して回ることも、当人たちにとっては迷惑でしかありません。

そんな適当な噂話に付き合わされる周りの人たちもたまったものではないでしょう。

さらに性質が悪ければ、直接当人たちをあれこれと質問攻めにすることでしょう。

口さがない当人は楽しいのかもしれませんが、周りからすればそれらの噂話などは悪口や汚い言葉にしか聞こえないでしょう。

そんな特徴に近い類語を以下にご紹介していきます。

口は悪いが

「口さがない」は口の悪さを意味する言葉です。

そのため「口は悪いが」という言葉も類語に含まれます。

口が悪いとストレートに言葉で表しているため、「口さがない」よりもその意味がより伝わりやすいでしょう。

「口が悪い」人には、悪意のある暴言ばかりを吐く人と、悪気がなく単に口が悪いだけの人とがいます。

単に口が悪いだけの場合、言っていることは正論でも、言い方が乱暴な場合や、一切本音を包み隠さずに言ってしまうからこそ、他人から口が悪いと思われてしまう場合があります。

しかしある意味では、裏表がなく正直でもありますので、口の悪さに慣れてしまえば付き合いやすいこともあるでしょう。

一方で悪意のある口の悪さの場合、言われる側は当然気分が悪いですし、また無関係であっても関りあいになりたいとは思わないでしょう。

毒舌だが

毒舌とは、辛辣な悪口や皮肉を言うことです。

通常の口の悪さよりも、さらに棘のある言い方をしたり、相手を攻撃するような鋭く冷たい言い方をしたりします。

「毒」という言葉が使われているだけあり、悪口の中でももっとも酷いのが「毒舌」でしょう。

例えば通常の悪口が「バカ」「間抜け」なら、毒舌は「死ね」「お前なんかいる意味がない」などと、相手の自尊心や尊厳を意図的に酷く傷つけるようなきつい発言です。

口さがない人の中には、悪口が酷い人もいますので、あまりに耐えがたい悪口を言ってくるような人に対しては、単なる「悪口」ではなく、「毒舌」と表現することがあるでしょう。

辛口だが


「辛口」には、辛辣で手厳しいといった意味があります。

よく「あの人は辛口だ。」などと言うことがありますが、それだけきつい物言いをする人に対して使うことがあります。

通常の悪口に比べると、辛口の場合は、その対象となるものが限定されていることが多いです。

例えば料理の出来栄えに対してや、頭の良し悪しに関してなど、特定の事柄や物事に対してのみ、限定的に辛口になる人は案外少なくはないでしょう。

「口さがない」人は噂話が好きだったり、他人のことにいちいち口を出したりしますが、そのうえ辛口ともなれば、それに巻き込まれる人たちは勘弁してほしいことでしょう。

口汚い

「口汚い」とは、「下品で乱暴な言葉を使うさま」や「聞く人が不快になるような言い方をするさま」などの意味があります。

口が汚いという言葉からも分かるように、それだけ聞く人が嫌な気持ちになるような物の言い方をするということです。

「毒舌」のように、相手の自尊心を傷つけるような発言ばかりする人や、人の容姿をけなすような酷い悪口を言う人に対して、「あの人は口汚い人だ」などと使うことがあります。

男性でも女性でも、口汚い人は下品で性格も悪い印象があります。

単に言い方が悪いだけで、裏表がないというというわけではなく、言葉に悪意があり、さらには品のない汚い言い方をするような人が口汚い人でしょう。

そのため「口汚く罵る」などのように、罵倒や罵りなどの言葉と一緒に使われることも多いです。

連想される言葉

「口さがない」という言葉から連想される言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?

一般的には口が悪いことや、噂好きなこと、あけすけな物言いをすることなど、口さがない人の性格からある程度の言葉が連想されます。

それらの連想される言葉にはどのようなものがあるか、以下にご紹介していきます。

ぶしつけな

「ぶしつけ」は漢字で書くと「不躾」で、礼を欠くことや不作法なさまを意味します。

「躾」という言葉が礼儀や作法を教え込むことですので、それが欠けている状態を示します。

初対面の人に会ったとき、まずは「初めまして」と互いに挨拶することから始めるでしょう。

しかしぶしつけな人は、会っていきなり「あなたの年収は?」や「兄弟とかいる?」などと、個人的なことを突っ込んで聞いてくることがあります。

このように、ごく当たり前のマナーや礼儀作法を身に着けておらず、段階を踏まずにいきなり相手の懐に入ってこようとするような人に対して、ぶしつけという言葉で表現することがあります。

どんなに心のおおらかな人であっても、礼儀作法をまともに身に着けていない人の相手は極力したいとは思わないでしょう。

【不躾の詳しい意味や使い方は、こちらの記事もチェック!】

くだけた物言い

口さがない人は、歯に衣着せぬ物言いをすることが多いです。

悪意のあるなしに関わらず、とても気やすい口調で話しかけてきますので、そのことからくだけた物言いが連想されます。

くだけた物言いをする人は、良くも悪くも他人との距離感を縮めるのが得意です。

普通は他人と親しくなるまでの間に、まずは互いに敬語で当たり障りのない世間話から入り、ある程度話せる仲になってから、ようやく打ち解けていきます。

しかし、くだけた物言いの人はそうした一連の流れを無視して、いきなり初対面の人とも近い距離で付き合おうとします。

最初からため口で話をする人もいれば、会って間もなく互いのプライベートな内容に踏み込もうとする人もいるでしょう。

礼儀作法を重んじる人からすればかなり失礼な態度に移りますが、そのくだけた物言いが場合によってはいい結果を生むこともあります。

とはいえ、悪意のある物言いや悪口などをくだけた口調で話していれば、それだけ周りからの印象は悪くなってしまうことでしょう。

とめどがない

「とめどがない」とは、「いつ終わるのか見当がつかないさま」という意味です。

口さがない人は、常に他人のことばかり気にして噂して回ったり、あれこれと口うるさく言ってきたりしますので、いつまでも話していてきりがないことも多いです。

そうしたきりがなく、いつまでも終わりがないところからとめどがないことが連想されます。

「とめどがない」は「とめどない」と表現されることも多く、例えば水の流れや雲の動きのように、決してとまることなくいつまでも動き続けている物質や現象に対しても使われることが多いです。

その一方でおしゃべりな人やべらべらと人の悪口ばかりをいつも話している人に対しても、とめどがないと表現することができるでしょう。

言いたい放題

口さがない人は、自分が見たものから勝手に想像したことを好き勝手に言いふらしたり、信ぴょう性もないことをいかにも現実のように言ったりと、他人の気持ちや迷惑を考えることなく好きなように悪口や噂話を言って回ります。

そのさまから言いたい放題という言葉が連想されることも多いです。

言いたい放題という言葉には、あまり良い意味は含まれていません。

人の気持ちも考えずに、自分勝手に言いたいことを好きなだけ一方的に言うというイメージが強いため、言いたい放題の人は、それだけ身勝手でわがままな人が多いです。

「放題」にはやりたい放題などの言葉もあり、際限なく好きなだけ言ったりやったりすることですので、本人は楽しいでしょうが、周りは迷惑することが多いです。

大っぴらな

「大っぴら」とは、「人目や人聞きを気にしないさま」や「公然としているさま」「人目に触れるよう表立つさま」などの意味があります。

人によって目立つことが好きな人もいれば嫌いな人もいるように、人前で目立つことや人目に触れることに抵抗がない人もいます。

口さがない人は、人目もはばからずに他人のことをべらべらと噂話したり、好き勝手に批評したりしますので、人目に触れることに対してまったく抵抗がない人も多いです。

そうした人目もはばからない態度が、大っぴらな態度を連想させることがあるでしょう。

大っぴらな態度の人は、それが原因で周りに迷惑をかけることもあれば、そのあけすけな物言いが周りから好かれることもあります。

決して人の悪口を言わず、明るい意味で大っぴらな態度をとっている人は周りから好かれる傾向にありますが、一方で他人の悪口を大っぴらに言って回る人は、周りからは嫌われてしまいやすいでしょう。

「口さがない」の使い方

「口さがない」とは、どのような使い方をするのでしょうか?

せっかく言葉の意味が理解できたところで、その使い方を身に着けていなければ、上手く使いこなすことはできないでしょう。

それどころか、使い方を間違えてしまうと、相手を怒らせてしまったり、失礼に当たってしまったりすることもあります。

例えば性格がよく、おしゃべりではあるものの人の悪口を言わない人に対して、「あなたって口さがない人だね。」などと言ってしまうと、相手は自分が悪く言われたと感じて、気分を害してしまうことでしょう。

このような使い間違いをしてしまわないためにも、きちんと使い方を身に着けておきましょう。

ネガティブなニュアンスで用いられる

「口さがない」は、ネガティブなニュアンスで用いられることが多いです。

それは「口さがない」という言葉の意味が、他人の噂や批評を無責任、無遠慮にするさま」や「他人のことをあれこれ口うるさく批評するのが好きである」ことから、どうしても悪い意味に捉えられてしまうことが多いです。

そのため「口さがない」という言葉をポジティブな意味で用いることは滅多になく、ほとんどがネガティブな意味として使われています。

たとえあえてポジティブな意味として使ったとしても、それを受け取る側は高確率でネガティブな意味として受け取ってしまうでしょう。

「口さがない」という言葉自体がネガティブな意味として使われるため、誰かのことを「あの人は口さがないな~」と言えば、それを言った人もまた、悪口を言っていると思われてしまうことがあるでしょう。

例文

「口さがない」を使った例文を以下にご紹介していきます。

「口さがない」という言葉自体、ネガティブなイメージがありますので、本来はあまり使わないほうがいいでしょう。

しかしもし使うことになった場合に、間違った使い方をしてしまわないためにも、ある程度使い方を身に着けておいたほうがいいでしょう。

口さがない他の人たちは、2人のことを噂した

ある会社に2人の男女がいるとします。

男性はまだ年若く、女性はシングルマザーでアラフォー手前といったところです。

2人は社内恋愛の中になり、関係を隠していましたが、それに勘づいたある1人の同僚が「付き合っているのではないか?」と周囲に噂して回ります。

その結果上司にまで話が伝わり、2人は呼び出されてしまいます。

2人が呼び出されたことで、周りの人たちは「2人ともクビになるのではないか。」「きっと注意されているのだろう。」などと口さがなく噂します。

このような場合に、口さがない人たちのことを指して例文のように使うことがあります。

人は基本的に他人の噂話には敏感です。

本心からまったく興味がないという人の方が珍しく、そうした人は意識的に他人のことには口や首を出さないようにしていることが多いでしょう。

周囲の状況を把握しておくことは、動物にとっては本能的な行動でもありますので、普通に生活していれば周囲の変化や様子が気になるのは当たり前のことです。

そのためある意味では野次馬精神は誰もが持っているものでしょう。

しかしそこにさらに、口さがなくあることないこと噂して回る人がいます。

そうした人はトラブルメーカーになりやすく、周囲を巻き込んで自分が好奇心を満たすのに夢中になっているのです。

口さがないものからは、いろいろ言われることもある

口さがない人は、信ぴょう性もないのにあれこれと人のことをとやかく言って回ります。

噂話や勝手な批評が好きで、事実かどうかも分からないのに「こうに違いない」と決めつけて勝手に噂をしたり、自分の想像をさも事実のことのように「こうだったんだよ」などと言ったりします。

そんな口さがない人は、本人の周りにも言い触らしますが、時には直接本人に対してあれこれとうるさく口を出してくることも珍しくはありません。

「あなたたちのところはいつ子どもができるの?」

「この前彼女と喧嘩していたけど、ちゃんと女の気持ちを考えた発言をしないと。」

など、こちらが一切求めてもいないのに余計な世話を焼こうとします。

それを断ろうものなら「せっかく親切にしてやったのに。」と悪口をまたあちこちで言い触らします。

口さがない人の性格を周りがよく分かっていれば、いちいちその人の噂話を鵜呑みにすることはないでしょう。

しかし例えそうであっても、言われる当人たちにとっては苦痛以外の何者でもないのです。

そうした口うるさい人を指して、口さがないものからは、いろいろ言われることもあると言うことがあります。

悪口が広まり、口さがない女達の話題にのぼった

人の良いところというのは、なかなか話題にはのぼらないものです。

それは、善行をしたところでそれをいちいちもてはやす人がいないということや、人の良い部分を意図的に認めようとしない捻くれた性格の人がいることなどが理由として挙げられます。

良いことをしてきちんとそれが周りに評価してもらえる人は、日頃から周りの人間関係を良好に保っている人や、周りに素直に人を褒められる人がいる場合が多いです。

一方で、人の悪行というのは一瞬にして周りに広まります。

それは自分たちの中から悪いものを排除しようとする人の自然な行為と、野次馬精神によるものが大きく関係しているでしょう。

ある例え話に、「人は悪口を言い合うことで仲良くなる」という言葉があります。

人の良い部分を褒め合って仲良くなるよりも、「自分も相手もあの人のことを嫌っている」という悪口を互いに言い合うことである種の共感を得たり、心地よさを味わったりする方が比較的早く仲良くなることができるのです。

そうした心理的な要素がある上に、女性というものは元々男性よりもおしゃべりな性格をしていますので、女性同士で悪口や噂話を言い合うことが多いです。

そうした女性を表現する時に、「口さがない女達の話題にのぼった」などと言うことがあります。

そんなひどいことをしたらただでさえ口さがない連中がなんと言うか

周りの人たちが口さがない連中だと分かっていたら、自らの発言や行動は慎む人が多いでしょう。

自分が何か余計なことを言ったり動いたりすれば、すぐに周りがそれに反応してあれこれと口うるさく言って回ることでしょう。

それが分かっている人は、迂闊な発言や行動はできません。

しかし我が強い人や周りの意見などまったく気にしないタイプの人は、そんな周りの人たちなどお構いなしに、自分で好きなように行動するでしょう。

そんな人に忠告しようとする時などに、「そんなことをしたらただでさえ口さがない連中がなんと言うか」と使うことがあります。

いい相手でもできたかと口さがない同僚にからかわれた

人によって性格はさまざまです。

優しい性格の人もいれば意地悪な性格の人もいますし、余計なことには首を突っ込まないタイプの人もいれば、自ら進んで冷やかしや噂話に首を突っ込むタイプもいます。

人は誰でも、自分のことを周りに認められたいとは思っています。

しかしその反面、あることないこと言われて注目されたり、悪い意味で噂されたりするのはとても嫌がります。

「自分にとって都合のいい話はして欲しいけど、都合の悪い話はしてほしくない」というのは、誰でも当たり前に持っている感情です。

しかし人によっては、やっかみや冷やかし、好奇心から心にもないことを他人に平気で言う人もいます。

恋人ができたばかりの人に対して、「別れるまでどれくらいかな。」と悪意のある言葉を平気で口にしたり、別れたばかりの人に対して、「何かあなたに問題があってフラれたんじゃないの?」と傷口を抉るような発言をしたり。

そうしたからかいの中で、例えばある会社に勤めている人が、最近気になっている人がいるとします。

するとその人の様子に目敏く気付いた同僚が、周りに聞こえるように「最近調子が良さそうだけど、誰かいい人でも出来たのか?」とからかうようなことを言ってきます。

そうした口さがない人に対して、例文のように表現することがあります。

口さがない連中が多い

人は誰でも少なからず野次馬精神を持っています。

そんな中で、自分の好奇心で誰かを傷つけてしまうかもしれないというリスクをよく分かっている人は、例え好奇心がわいても下手にそれを表に出すような真似はしません。

しかし、世の中はそんなできた人ばかりではないでしょう。

あなたの周りが良い人ばかりなら平穏に人生を送ることが出来るでしょうが、もしも口さがない人たちばかりに囲まれていたとしたら、とても平穏に過ごすことなど出来ないでしょう。

そうした口さがない人たちに囲まれている状況を指して、「口さがない連中が多い」と言うことがあるでしょう。

口さがない人々を避けた

誰だって、口さがない人を嫌だと思うことでしょう。

同じように人の悪口ばかり言い合っている人たちも、悪口を言って共感し合いながらも、本心では相手のことを見下していたり、相手の方が性格が悪いと思っていたりするものです。

そうした人たちを避けたいと思うことは自然なことですし、人の悪口など聞きたくもない人たちは、自ら口さがない人々を避けた生活を送ることでしょう。

そんな人に対して「口さがない人々を避けた」と使うことがあります。

口さがない人の言うことは気にするな

もしも誰かが周りの噂話や陰口で傷ついていた時、それが自分の親しい人であればきっと励まそうと思うことでしょう。

励ましの言葉をおくる方法はさまざまです。

「あんなやつらの言葉なんて真に受けるな。」「単なる噂話なんだから、気にすることはない。」など、周りの言うことなど気にするなといった励ましの言葉をかけることが多いでしょう。

そんな中で、「口さがない人の言うことは気にするな。」と言葉をかけることもあります。

正しい意味を知って正しく使おう

「口さがない」という言葉は、知る人は知っていますが、知らない人はいつまでも知らないままでいる可能性もある言葉です。

社会人になってからも知る機会がないという人もいるでしょう。

しかし知らないよりは知っていた方が、より言葉の表現が豊かになりますし、もしかしたら知らない人たちに対して、トラブルを起こさないようにあえて使う機会があるかもしれません。

「口さがない」という言葉は、きちんと意味を理解していなければ上手く使うことが出来ない言葉でもありますので、正しく意味を理解した上で使いこなせるようになっておきましょう。