CoCoSiA(ココシア)

耳年増とは?読み方や意味・使い方を解説

耳年増とは?読み方や意味・使い方を解説のイメージ写真
耳年増」・・・それはあまり耳にしたことがない言葉というだけではなく、書面などで登場してもいったいどんな風に読むんだろうか?

なんてまったく分からないという人が多いかと思います。

そのため、この言葉がでてきたり、会話で使われてしまうとその言葉を津方人がどんな意図で、どんな気持ちをしているのかなんてまったく理解できないものです。

また、この言葉の意味を知らないままに誰かに「君って耳年増だよね」なんていわれて、何も感じないようであればちょっとマズイかも。

というのも、この言葉って実はディスっている(ばかにしている)意味も含まれているからなんです。

もしもこの言葉を誰かに使われてしまい、さらにその意味を知らないのであれば、すぐにでもこの言葉の意味を勉強しておくべきでしょう。

あなたは、もしかしたらちょっぴりエッチなことが好きな女性なのではないでしょうか?

ずばり、耳年増というのはそのようなちょっと”性的な要素”を含んでる言葉になります。

知らずに「君って耳年増だよね」なんていわれて元気よく「ハイ!」なんて答えていたというのであれば、それほど悲しいことはありません。

それにその事実を知ったところでおそらくあなたは恥ずかしい気持ちになることでしょう。

しかし、これから先に「耳年増」という言葉であらゆる失敗をしないようにぜひともこの記事で、その意味を学んでいってください!

分からない言葉をそのままにするのは、今はないかもしれませんがのちのちに必ず「あの時勉強しておけばよかった」なんていう後悔の気持ちに変わるものです。

そうしないように、そしてむしろその言葉をおもしろおかしく使っている人に注意の一言でもいえるような人になってください。

この記事では、そんな「耳年増」というあまり出回っていない言葉について徹底解説しています!

この言葉はどんな意味をもっているのか?

また、どんな類語や関連語があるのか?

そしてこの言葉を構成している”年増”とはそもそもどんなことをいっているのかについてご紹介します!

ぜひこの記事であなたも勘違い人から卒業してくださいね。

この記事の目次

耳年増とは

あなたは「耳年増」という言葉を聴いたことはありますか?

また、どこかで見たことはあるでしょうか?

おそらく、この言葉に出会ったことがある人というのはごく少数なのではないかと思います。

なぜかといいますと、あまり使う人がいないからなんですよね。

もしも、あなたの身近な人でこの言葉を多用している人がいるのあれば、間違いなく色々な面で”下品な性格”をしていることは間違いないかと思います。

では、この言葉に出会うのが初めての人が多いと想定して、ひとつ問題があります。

ちょっと不思議な漢字3つで構成されている「耳年増」という言葉は、いったいどのように読むことが出来るのでしょうか?

考えましたか?

「みみとしまり」とか「みみねんぞう」「じねんぞう」なんて答える方もいたかもしれませんね。

残念ながら、どれも読み方は違います。

ずばり、「耳年増」とかいて「みみどしま」と読むんです!

”みみどし”まではなんとなくそのように読むのは理解できても、まさか最後に増えるという漢字を”しま”なんて読むなんてなかなか想像できなかったのではないでしょうか。

この聞きなれない、そして見慣れない「耳年増」(みみどしま)という言葉には、いったいどんな意味があるというのでしょうか。

その言葉を見てみればだいたいの言葉ってその意味を理解することが出来るんですよね。

その考えで「耳年増」の漢字を読み解いて見ましょう。

まず「耳」が「年」だというと、かなりの年月がたったような耳を持っていることを思わせますね。

さらにそこに「増」という感じがあることによって、耳に入っている知識が多いこと、年々増えていることをさしているのではないか?と推測することが出来ます。

たしかにこの「耳年増」という言葉は、ある知識だけについてはなぜだか詳しい人のことをさす言葉になります。

人の性格や特徴を表す言葉として使われます。

例えば「お茶目」「真面目」なんていう言葉がありますよね。

それらはその人の性格の特徴を伝えるものになります。

ずばり、この「耳年増」もその考えとおなじだということを覚えておいてください。

では、どんな知識について物知りなのでしょうか?また、男女どちらもさすことができるのでしょうか?

「耳年増」の言葉の意味について詳しく見ていきましょう。

聞きかじりの知識だけが豊富な若い女性

聞きかじりの知識だけが豊富な若い女性
あなたの周りには実際には行動したこともないし、その場所にも行ったこともないし、それをしたこともないのになぜだかその知識だけは豊富な人っていませんか?

そのような人ってあたかも自分がそれらを体験したとか、そこに行ったかのような雰囲気でそのことたちを語ってくるのでなかには「本当にそうしたのではないか」なんて疑うこともできない人がいるはずです。

そのような経験もしたことがないのに知識ばっかり豊富になっている人のことをさしているのが「耳年増」という言葉になります。

また、それも男女ともに共通して表現できる言葉ではなく、”若い女性”だけをあらわす特定の表現言葉になります。

そのため、あなたが男なのに誰かから「君って耳年増だね」なんていわれたのであれば、その使い手のかたは残念ながらその言葉の使い方を間違えていることになります。