人生に疲れてしまった時や、大切な人と永遠の別れを迎えてしまった時など、どうしようもなく悲しくて寂しくて、虚しい気持ちになっている人が悲哀を感じることがあります。

ちょっとした寂しさや悲しさとは比べ物にならないほどに辛い気持ちになっている時に、その何とも言えない悲しみの気持ちを悲哀と表現しますが、この悲哀の意味や使い方について、詳しく知っているという人は案外多くはないでしょう。

普段は使う機会があまりないからこそ知っておきたい、悲哀の意味や使い方、そして悲哀を感じる瞬間についてご紹介します。

悲哀とは?

「悲哀」とは、「悲しく、哀れなこと」という意味です。

悲しいという字と哀れという字がどちらも使われているので、通常の悲しさや哀れな気持ちがさらに辛いものだということが分かります。

例えば友人が遠方に引っ越してしまい、会えなくなってしまえば悲しい気持ちになるでしょう。

しかし、もしも友人がこの世からいなくなってしまい、もう二度と会うことが出来なくなってしまったなら、その悲しみは単に会えないという悲しみよりも、よりいっそう深くて辛いものでしょう。

また、苦しいことや辛いことが重なる姿は見ていてとても哀れに感じられますが、それでも苦しいことの後にはきっと楽しいことやいいことも起こるでしょう。

しかし、そうした希望を一切抱けないのだとしたら、通常の哀れな気持ちよりも、もっとその気持ちは重たく苦しいものになるでしょう。

悲哀とは、そうした一般的な悲しさや哀れな感情よりも、さらに深く強い感情を表わしています。

人生の中でそうそう悲哀を感じるようなことは続かないでしょうから、普段はあまり使われる機会のない言葉です。

それゆえに、悲哀の意味を知らないという人もいるでしょう。

また、文字にして表せばその意味は通じやすいものの、口に出すと意味が通じにくいこともあります。

悲しくあわれなこと

悲しくあわれなことは、世の中にはたくさんあります。

身近な人との別れや社会の中で孤独感を感じること、また誰かと喧嘩をしてしまった時や、本人にとって辛いことが重なった時など、人によって悲しくあわれなことはさまざまです。

悲しいという感情は誰でも容易に思い浮かべることができるものですが、あわれという感情は、あまり想像がつかないという人もいるでしょう。

あわれなさまは、主観的に感じるものではありますが、あまり自分自身に対して感じる思いではありません。

自分が誰かや何かを見ている時に、それが何かしらの理由によってあわれに感じられることがあるでしょう。

しかし、「あわれだ」と口にすることは誰でも憚られるため、あえて口に出すことはしません。

しかし、遥か平安の時代から、人はふとした拍子にあわれさを感じてきました。

季節の移り変わりや人々の様子など、さまざまなことがきっかけで、あわれな感情を思い浮かべるのです。

悲哀の類語や関連語

「悲哀」とは、悲しく哀れなことです。

普段は味わいもしないような、本当に悲しくてあわれな時に用いる言葉ですが、この言葉にはいくつかの類語や関連語があります。

悲哀はその意義素によって、さまざまな類語に分かれています。

悲哀の意義素には「過度の陰気さと無快活さの性質」「強く悲しみに沈むこと」「悲しいこと」などがあり、他にも「大きな不幸を引き起こすもの」や「憂鬱な不安の気持ち」があります。

これらの内、先に挙げた3つの意義素の類語や関連語を以下にご紹介していきます。

1.過度の陰気さと無快活さの性質


悲しみや哀れといった感情は、どことなく陰気さを漂わせます。

ネガティブという言葉が相応しく、暗くて重たい雰囲気の感じられるものでしょう。

悲哀はそうした陰気さが過度なものとなっており、また快活さとは無縁なため、無快活さの性質を持っています。

これらの性質をごく簡単な表現で説明するとしたら、「どんよりと暗くて陰気で、まったく元気のない様子」となるでしょう。

この性質から考えられる類語には、「哀情」や「悲しみ」があります。

以下に詳しく見ていきましょう。

哀情

「哀情」とは、「悲しく思う心」です。

「悲心」と表現することもありますが、基本的には哀情という表現をすることの方が多いでしょう。

また、口に出すと「愛情」と勘違いされてしまうことも多いため、文字として表現することの方が多い言葉でもあります。

哀情とは、その意味の通りに悲しいと思う心です。

例えば親しい人を亡くした時や、仕事で失敗して酷く落ち込んでいる時、また大切な人と気持ちの擦れ違いを感じている時や、大きな問題を抱えている時など・・・とても簡単に言葉には言い表すことができないような悲しい気持ちをあえて言葉にして表現する時には、この哀情という言葉を用いることがあるでしょう。

哀情とは、そう簡単には心の内で片付けることのできない感情です。

どうしようもなく辛くて悲しくてその場から逃げ出してしまいたくなったり、または誰かに縋りたくなったりと、衝動的な悲しい気持ちでありまた、一歩もその場から動くことができなくなってしまうほどに重たく苦しい気持ちでもあります。

悲しみ

人の持つ感情や気持ちには、名前を付けることはできないでしょう。

けれどもあえて名前をつけることによって、自分が今どんな気持ちでいるのかを、相手にも伝えることが可能になります。

感情に付けられた名前はみな、そうやってコミュニケーションをとる上で便宜上必要だからこそ名前が付けられているものばかりです。

もしも目を閉じて、何も口にしなくても自分の気持ちを相手に伝えることができたなら、言葉など世の中から不要になってしまうでしょう。

しかし、どんなに時代が変化して進んでいっても、まだそこまでは辿り着くことができません。

だからこそ、人は喜怒哀楽の感情に名前を付けています。

悲しみもその内の1つです。

心の中にずんと重たく沈んでいる辛い気持ちや、泣き叫びたくなるような衝動的な苦しい気持ちなど、人によってどんなふうに感じているのかはさまざまですが、誰もがそうしたどうしようもなく重たく暗く、沈んだ気持ちを言葉にする際には「悲しい」と口にします。

そして悲しいと言われた側の人間は、自分の中の悲しいという感情に置き換えることによって、相手がどれだけ悲しんでいるのかを理解しようとするでしょう。

2.強く悲しみに沈むこと


悲哀とは、日頃自分が感じるような悲しみや哀れみの感情よりも、さらに強くそれを感じている状態を表わしています。

すなわち、強く悲しみに沈むことでもあります。

その悲しみは、一晩寝れば消えてしまうようなものではありません。

何日も何か月も、もしかしたら何年経っても消えない悲しみなのかもしれません。

大切な存在との離別や、自分にとって大きなショックとなる出来事が起こった時に、その悲しみのために立ち直ることができなくなってしまうかもしれません。

「もうこれ以上動けない・・」「もう一歩も進むことができない・・・」そんな強い悲しみに沈んでしまった時、人は1人で悲しみに明け暮れたり、または誰かの救いの手を待ち望んだりするのでしょう。

痛み

人は強い悲しみによって心が沈んでしまった時、それに痛みの感情を伴うことがあります。

例えば何か悲しいことがあった時、心がきゅっと締め付けられるような感覚を覚えることがあるでしょう。

しかし、それよりもっと悲しみの感情が強くなると、さらに心がズキズキと痛んだり、ヒリヒリしたりする感覚を覚えることがあると思います。

強すぎる悲しみの感情は、時に痛みを引き起こすこともあります。

それゆえに、悲哀の類語には「痛み」も含まれているのです。

心が痛くなると、それが気になって他のことは考えられなくなってしまいます。

痛すぎて、自分ではどうしていいのかも分からなくなってしまうことがあります。

心の痛みを感じる時、その人の心はまさに悲鳴を上げている状態なのでしょう。

その心の叫びを無理矢理に抑え込もうとしてしまうと、痛みがさらに増してしまうでしょう。

心が痛みを訴えている時、その痛みを少しでも和らげる方法を模索する必要があります。

3.悲しいこと

「悲哀」とは、悲しみや哀れみのことです。

そしてそれは、どちらも悲しいことでもあります。

悲しいことがあると、人は落ち込んだり、涙を流したりします。

顔からは笑顔が消え、表情や雰囲気は暗くなってしまいます。

そうしたいかにも暗い雰囲気が出てしまうと、周りの人たちも「何か悲しいことでもあったのかな?」と想像することでしょう。

悲しい気持ちは、例えどんなに隠そうと思っても、完璧に隠しきれるものではありません。

笑っていても空元気だったり、ふとした拍子にため息を零したりします。

そうしないと、自分の中の悲しい感情に押しつぶされてしまうからです。

親しい人や身近な人ほど、そうした悲しい気持ちになっている人の変化には敏感です。

悲しい出来事は、それだけ人から笑顔や気力を奪ってしまうのです。

哀惜

「哀惜」とは、「人の死など、帰らないものを悲しみ惜しむこと」です。

例えば自分の家族や大好きな友人、恋人などと死に別れてしまった時、誰もが深い悲しみに包まれることでしょう。

それだけ悲しい気持ちになるのは、もう二度と、どんなことをしてもその人とは会うことが出来なくなってしまうからです。

すなわちこの世からの消滅であり、永遠の別離なのです。

例え離れていても、生きていればまたどこかで機会を作って会うことはできます。

しかし、亡くなってしまえばそれは絶対に不可能なのです。

よく「故人の思い出の中で生き続ける」という慰めの言葉を耳にしますが、確かに故人とのこれまでの思い出は、こちらが覚えている限りは、胸の内にずっと残り続けることでしょう。

しかしその人とこの先の人生を一緒に送っていくことはできませんし、新しい思い出を一緒に作っていくことも決してできません。

だからこそ、人は深い悲哀の感情に陥ってしまうのでしょう。

死に別れて二度と会えなくなってしまった時、そうした哀惜の念が心に強く刻み込まれることでしょう。

傷心

「傷心」とは、「心に痛手を受けて悲しい思いに沈むこと」です。

また、「悲しみに傷ついた心」でもあります。

悲しいことがあると、心は少なからず傷付きます。

友達と喧嘩をしてしまったら、相手の態度や言動、また自分が友達に対して心にもないことを言ってしまったことなどを後悔し、悲しみから心を痛めることがあるでしょう。

また、喧嘩だけでなく、大切な人との別れや、自分にとって何かショックなことが起こった時などにも、心は悲しみに傷つくことがあります。

その傷心が強く大きいほど、傷ついた心を癒すにはそれなりの時間が必要になります。

精神的なトラウマを負ってしまうほどの傷心であれば、心を完全に癒すには何年、何十年とかかることもあるでしょう。

もしかしたら、一生心に傷を負ったままでいるのかもしれません。

どんな人にも喜怒哀楽の感情があるように、一度傷ついた心というのは、そう簡単に癒せたり、忘れられたりはしないものなのでしょう。

4.関連語

「悲哀」には、それに関連する語もあります。

主に悲しみや哀れといった感情を指す言葉が多く、またそれを別の言い方で表したり、他のニュアンスも込められていたりするものが多いです。

以下に関連語をご紹介していきますので、知っている語も知らない語も確認しておきましょう。

哀愁

「哀愁」とは、「物悲しい気持ち」や、「寂しく物悲しい気持ち」という意味があります。

よく「哀愁漂う背中」や「哀愁を帯びている」などと表現されることがあるため、哀愁という言葉自体は知っているという人も多いでしょう。

哀愁は、言葉には言い表せないような、何とも言えない物悲しい気持ちに名前が付けられたものです。

広い世界で、まるで自分だけぽつんと1人いるような、そんな孤独感を覚えた時や、他の人の楽しそうな人生と自分の人生とを比べて、ふと何ともいえない切ない気持ちになった時などに、哀愁の感情を覚えることがあります。

また、哀愁は自分に対して使うことはあまりないでしょう。

基本的には、第三者が「何だか哀愁が漂っている人だね。」や「あの人の横顔に哀愁がにじみ出ているよ。」などと誰かに対して使うことの多い言葉です。

そのため小説や雑誌などの文章の中でも、客観的に誰かに対して感じられる哀愁を、言葉で表現していることが多いです。

もちろん「哀愁を感じる」と自分で発言しても問題はありませんが、第三者から客観的に用いられることで、よりその言葉の効果を発揮します。

センチメンタル

「センチメンタル」は、「感じやすく、涙もろいさま」や「感傷的」などの意味があります。

あちこちで頻繁に聞く言葉ですので、センチメンタルという言葉を知っている人は多く、またその意味も何となくのニュアンスで理解している人も多いことでしょう。

「センチメンタルな気分だ。」と言えば、その人が感傷的になっていることを指しますので、周りはそれなりに気を遣うこともあります。

とくに恋愛に関してセンチメンタルという言葉を使う機会が多いでしょう。

好きな人がいて、その人が他の人といい雰囲気になっているのを見て切ない気持ちになったり、振られてしまって切ない気持ちから涙がこぼれてしまったりと、そうした何とも言えずに心に感じている時に、センチメンタルという言葉で表現します。

センチメンタルになりやすい人は、それだけ感受性が豊かな人であったり、気持ちが繊細であったりすることが多いです。

人の気持ちや自分の感情に心を揺さぶられて、その度にあれこれと考えこんでしまうので、人によってはネガティブな気持ちになりやすいこともあります。

感傷的

「感傷的」は、何かの影響によって感情を動かされやすく、何かにつけて涙もろくなっている状態のことです。

これを英語で表現したものがセンチメンタルですので、最近では感傷的と言うよりも、センチメンタルと言った方が周りにも気持ちが通じやすいこともあります。

感受性の強い人や、他人の気持ちに共感しやすい人、ちょっとしたことでも同情心を揺り動かされやすい人には、感傷的な人がとても多いです。

例えばテレビで、動物が虐待されたニュースが報道されたら、「動物がかわいそうだ・・・!」とその場面を想像して悲しい気持ちになったり、人情ドラマを観て自分もその世界に入り込んでしまい、悲しい場面では泣いてしまったりすることもあるでしょう。

感傷的な人はとても優しい性格をしている人が多いですが、同時にとても傷つきやすく、繊細でもあります。

そのため人から悪意を向けられたら敏感に反応して、落ち込んだり悲しんだりしますので、それがあまりに酷くなってしまうと精神面の病気に繋がってしまうこともあるでしょう。

悲哀の使い方

「悲哀」の意味が理解できても、使い方がいまいち分かっていなければ、間違った使い方をしてしまうかもしれません。

例えばほんのちょっと落ち込む程度のことで、「悲哀の気持ちだ」と大袈裟に言ったり、明日にはまた会える友達に対して「寂しくて悲哀の感情に陥りそう」と使ってしまったり・・・。

悲哀はあくまでも、耐えられないような深く暗い悲しみの感情や哀れな気持ちを表す言葉ですので、悲哀という言葉を使う際には、きちんとそれに相応しい場面や言葉選びをする必要があるでしょう。

では、どのように使っていけばいいのか、以下に例文をご紹介します。

急に悲哀から快活へと移った

人はとても悲しい出来事があると、悲哀の感情を抱きます。

反面、とても嬉しい出来事があれば、それまでの悲しい気持ちなどすっかりと忘れて、快活になることもあります。

喜怒哀楽の感情がハッキリと別れていて、1つひとつの出来事にいちいち引きずられない性格の人は、場合によっては急に悲哀から快活へと感情が移ることがあります。

これを「今泣いた烏がもう笑う」ということわざで表現することもありますが、このことわざは主に感情の起伏が激しい子どもに対して使われることが多いです。

そこには絶望の悲哀の情があるだけだった

一家離散や莫大な借金を抱えた人生など、自分では立ち直れないほどに酷く落ち込み、絶望的な気持ちになることが、人生で一度はあることでしょう。

そんな時には「どうやったってこれ以上状況は良くならない」とやけになってしまうこともありますし、とことん絶望感から気持ちが落ち込んでしまうこともあります。

そんなどん底の精神状態を表現する時に、「そこには絶望の悲哀の情があるだけだった」と使うことがあります。

絶望と悲哀という言葉をどちらも使っていることからも、それだけ事態が深刻かつ救いようがないのだということがありありと伝わってきます。

格別の悲哀を感じた

悲しみの感情は人それぞれです。

例えば5人に同時に辛い出来事があった時に、その出来事と最も関わりの薄い人物の悲しみは、日にちが経てば徐々に立ち直っていくことができるでしょう。

しかし、最も深く関わっていた人物の悲しみは、他の4人とは比べ物にならないほどに悲痛なものでしょう。

そうした一番深く傷ついている人の様子を見て、他の人が「あの人からは格別の悲哀を感じた。」と表現することがあります。

「格別」とは、普通と違うことを意味しますので、普通の悲しい以上の悲哀の感情がその人から伝わってくるのだということが分かります。

彼の悲哀の原因は友との別れにあった

誰かが酷く落ち込んだ様子でいる時に、その原因が大切な友人との別れであると分かった時に、このような表現として使うことがあります。

誰でもとても親しい友人と別れることになれば、それはとても辛く、悲しい気持ちになることでしょう。

その友人との思い出が多ければ多いほど、付き合いが長ければ長いほどに、悲しみや寂しさは強いでしょう。

友人を作ろうと思ったら、実際に作ることは可能でしょう。

しかし、その友人と深い付き合いがしたいと思うなら、それにはたくさんの話し合いや互いの感情の理解、そして長い時間が必要となります。

とくに親友と呼べる仲になった友人の場合、何も言わなくても以心伝心することが可能なこともあるでしょう。

自分の気持ちを誰よりも理解してくれて、いつも自分の頼もしい味方でいてくれた、そんな大切な存在と別れることになった時、喪失感はとても大きく、まさに悲哀の感情が相応しいでしょう。

悲哀に似た感情が沸き起こった

悲哀とまではいかなくても、悲哀に近い悲しみの感情に襲われた時、それを「悲哀に似た感情が沸き起こった」と表現することがあります。

悲しみの度合いというものは人によって違いますので、そう簡単にはかれるものではありません。

例えば友人との別れ、家族との死に別れなど、例を出してその程度を想像することは出来ます。

しかし、周りが大した程度ではないと思っていても、当の本人はそれ以上に悲しみに包まれていることもあります。

そして自分で悲哀に近い感情を覚えた時に、それを「悲哀に似た感情」と口に出して周りに伝えることがあるでしょう。

悲哀が一番悪く影響した

悲哀の感情は負の感情ですので、とてもネガティブです。

悲哀を感じるほどに落ち込んでいる時には、ちょっとやそっとのことでは気分は晴れませんし、前向きに物事を考えることも出来なくなってしまいます。

そうした悲哀の感情が、自分の生活の中で悪影響を及ぼすことがあります。

例えば悲しいことがあってとても落ち込んでおり、そのせいで気分がぼんやりとして仕事でミスをしてしまったり、大事な話を聞き逃してしまっていて、人間関係が悪化してしまったりと、悲哀の感情によってもたらされるさまざまな悪影響を表現する場合に、「悲哀が一番悪く影響した」と使うことがあるでしょう。

悲哀を感じる5個の瞬間

あなたはどんな時に、悲哀を感じますか?

ちょっとした落ち込みや悲しい気持ちであれば、それは悲哀とまではいかないでしょう。

しかし、強い悲しみの感情に襲われて、一日中そのことだけしか考えられなかったり、悲哀の気持ちが原因でさらに悪いことが起こってしまったりした時には、あなたは自らの悲哀に翻弄されてしまっていることでしょう。

人によって悲哀を感じる瞬間はさまざまですが、よく聞く例や一般的に悲哀を感じやすい瞬間の例を以下に挙げていきます。

もし当てはまるものがあれば、あなたはその瞬間に、悲哀に襲われているのかもしれません。

1.運の悪さを感じた

学校や会社で着る服が洗濯出来ていなかった、朝寝坊してしまった、バスや電車に乗り遅れてしまった、仕事でミスをしてしまったなどなど、「ついてないなぁ」と思うことってありますよね。

毎日のようにそれが起こることもあれば、1日の内で立て続けに起きてしまうこともあります。

そうした運の悪さを感じる時、その運の悪さが深刻な場合や、毎日のように続いてしまう場合には、悲哀を感じてしまうことがあります。

運気というものは巡るものですので、良い時もあれば悪い時もあります。

悪いことが続いている時には、もしかしたら悪い運の流れが自分の中に留まってしまっている状態なのかもしれませんし、自分で勝手にネガティブになって、運の悪さを自身で引っ張ってしまっているのかもしれません。

どんな原因であれ、悪いことが続いてしまうと、ついつい落ち込んで、酷い場合にはそれで人生に悲哀を感じてしまうことがあるでしょう。

2.努力が報われない

よく、「努力は必ず報われる」という言葉を聞きます。

しかし、失敗や挫折をたくさん経験した人の中には、「努力してもダメなものはダメだ」「努力しても報われないこともある」という考えを持っている人もいるかもしれませんね。

確かにそれはその通りでしょう。

信じて行動することはとても大切ですが、世の中にはどんなに努力したところで、叶えられないことも少なからず存在します。

そこで見切りを付けて、また気持ちを新たに別の方向へと切り替えていける人は、違う形で報われることもあるでしょう。

しかし、報われないという事実をどうしても受け入れられずに、いつまでも必死でしがみついている人は、最終的に自分の努力が報われないことに絶望して、悲哀を感じてしまうことがあるでしょう。

または、「やり切った!」と自信を持って言えるところまで努力をしていない段階で、「努力したけど報われないじゃないか」と諦めて悲哀を感じる人もいるかもしれません。

努力したことは、必ず経験値にはなります。

しかし絶対に報われるかというと、そういうわけではないのが人生でしょう。

自分の望んだ結果に辿り着けなかった時に、悲哀を感じてしまう人もいるでしょう。

3.我慢が続いた時

我慢が続くと、ストレスがどんどん溜まっていってしまいます。

その結果爆発して、思い切り思いの丈をぶちまけたり、勢いで行動に移せたりする人はその後で気持ちが多少はスッキリできるかもしれません。

しかし、あまりにも我慢し過ぎてストレスが溜まってしまうと、精神面にも悪影響を与えてしまいます。

ネガティブな考え方になったり、生きる気力を失ってしまったりすることがあるかもしれません。

そうした我慢が続き、身の回りのことや自分の人生の意義を見失ってしまいそうになった時、ふと悲哀の感情を覚えることがある人もいます。

4.友達がいない

人間は社会性を持った生き物です。

例え家に引きこもっていたとしても、家族という小さな社会の中では守られている存在でしょう。

しかし家族とも、学校や会社などの外の社会とも切り離されてしまった時、人は本当に孤独感を覚え、悲しくて寂しくて、さらには虚しくてたまらなくなってしまうことでしょう。

また、学校や会社、私生活などで自分が大まかなコミュニティに属している時に、集団の中に属していながらも頼れる友達もおらず、1人ぼっちで孤独を感じている時にも、悲哀の感情を覚えやすいです。

周りに誰もいない場所で1人きりよりも、たくさんの人たちに囲まれながらも1人ぼっちということの方が、遥かに悲哀を感じやすいものなのです。

5.騙されやすい

世の中には、残念ながら騙されやすい人というのがいます。

人の良い性格をしている人や間の抜けている人、注意力や慎重さが欠けている人など、騙されやすい人にはいくつかの共通する特徴があります。

そしてまた、普通ならば一度騙されれば嫌でも慎重になるところを、何度も同じように騙されてしまう人もいます。

騙されている人は大抵、自分を騙している人間を少なからず信用していますので、自分が信用する相手から裏切られてしまった時には、酷く落ち込んで悲哀の感情に陥ってしまうことがあります。

悲哀という言葉を正しく使おう

悲哀とは、どうしようもないくらいに深い悲しみや哀れな感情を表わす言葉です。

日常生活の中でそこまで深く悲しむようなことはそうないため、普段は聞き慣れない、使い慣れないという人も多いでしょう。

しかし、もしも自分がとても深く傷つき、悲しんでいる時には、その気持ちを誰かに伝えるためにも知っておいた方が良いでしょう。

また、誰かの悲哀の感情を察する時にも、この言葉を使う必要がある時が来るかもしれません。

悲哀の正しい意味を知っておくことで、正しい使い方もできるようになりますので、この機会にしっかりと悲哀の使い方をマスターしておきましょう。