最近女性の間でささやかれている「連絡無精」。

主に男性に対して使われる言葉で、ネット上でかなり人気ワードとなっているのです。

連絡無精である男性のことを「連絡無精おとこ」と言ったり、単に「彼氏が連絡無精だ」なんて使い方もされています。

そんな連絡無精ですが、どのような時に使われていると思いますか?漢字からもなんとなく分かるように、連絡無精とは「連絡をあまり返さない」ということです。

連絡を取ることに対してそこまで執着がなく、連絡に無頓着だということです。

また、付き合っている彼女や妻に連絡を返さない男性のことを「連絡無精おとこ」と呼ぶのだとか。

そんな連絡無精という言葉が流行っているということは、それだけ悩んでいる女性が多いということです。

そんな悩める女性のために、今回は彼氏や旦那の連絡無精の原因、そして解決する方法を細かく解説していきます!

無精(ぶしょう)とはどういう意味

そもそも「無精」という感じはどういう意味で使われているかご存知でしょうか?

あまり普段の生活の中でよく使うわけでもなく、もしかしたら聞いたことないなんて人もいるんじゃないでしょうか?

そんな女性のために、まずはこの「無精」という言葉の意味からご説明いたします。

なんとなく「あ、これ彼氏のことかも」なんて思ってしまえば最後、あなたは連絡無精男に悩まされているということですよ!

辞書的な意味

無精とはあまり聞き慣れない言葉ですよね。

この「無精」という言葉、辞書によると、「精を出さずに、何かすることをめんどくさがる様」という意味です。

精が無いと書いて無精、つまりやる気を出さずに嫌々なにかをする、またはめんどくさくて行動するのを怠るという意味があるのです。

無精者なんていい方もあるようで、簡単に言えば怠け者と同じ意味ですね。

「無精」の使い方

では、「無精」の使い方としてはどのようなものがあるのでしょうか?こちらも辞書的な説明でご紹介いたします。

彼との連絡が無精になっている

こちらの文章は、彼との連絡が無精=あまり連絡を取っていないということになります。

本来は「めんどくさくて怠る」「嫌々やる」なんて意味を含んでいますが、ここでも彼との連絡をめんどくさいと思っている、ということが分かります。

また、単純に連絡を取っていないだけではなく、連絡をしていても「めんどくさい」という感情が入り混じっており、事務的にやらされているという感覚のまま連絡を取っているとも考えられるでしょう。

どっちにしろ、無精にされている側はとっても傷ついてしまいますね。

なにしろ自分との連絡がめんどくさくて嫌だと思われているということです。

それに気づいてしまえば、相当のショックなのではないでしょうか?

無精な格好をしたおじさんを見た

無精には他にも「だらしない」という意味の使い方もあります。

ここでの使い方はまさにその例で、「だらしない格好をしたおじさんを見た」という風に置き換えることができます。

無精ひげを生やした〜なんて言葉もよく耳にしますよね。

あれも同じような意味であり、「手入れをするのを怠った結果雑に生えてきたひげ」というような意味合いがあります。

ドラマ借金まみれのサラリーマンがやつれたような顔をしていますが、あのヒゲも無精ひげと同じですね。

︎彼氏や夫が連絡無精な理由は?

無精の意味はもう分かりましたか?めんどくさい、怠けたい、そんな意味が込められている無精という言葉。

つまり、連絡無精というのは「連絡をとることをめんどくさがる、怠る、返さない」ということです。

多くの女性が、彼氏や旦那が連絡をめんどくさがったり返してくれなかったりすることに頭を抱えているのです。

自分は好きだから連絡をしているのに、相手からめんどくさがられたり返事をくれなかったりすると、とても不安になりますし傷ついてしまいますよね。

では、相手の男性が連絡無精になっている理由はなんなのでしょうか?

自分の気持ちを理解していると思っている

多くの男性は、女性を手に入れる前は自分のものにしようと必死で連絡を取ったり丁寧に扱ったりします。

連絡が来ればすぐに返しますし、会話が途切れないように一生懸命話題を提供したりします。

そして、お付き合いして時間が経つと、相手の女性のことを信頼して安心するようになります。

もう頑張らなくても離れていかない、自分が好きだということを彼女はわかってくれていると考えるのです。

このような考えから、連絡が徐々に減っていってしまうということです。

決して嫌いになったわけではなく、二人の関係に信頼を置いて安心しているということなのです。

順調に進んでいるからこそ、連絡無精になるというわけです。

女性が順調でも連絡をずっと取っていたいと考える一方で、男性は順調な二人の関係に安心して自分の時間もしっかり取ろうとする傾向が強いのかもしれません。

頻繁に連絡を取り合っているのが面倒


元々の性格が、頻繁に連絡を取り合うことが苦手だという男性もいます。

男性は女性ほど連絡を取るということに重きを置いておらず、友人同士でもたくさんラインや電話をする女性に対して、ほとんど事務的なことで済ますという男性は多いです。

そうした男性にとっては、彼女や妻との連絡も同じ感覚であり、頻繁に連絡を取る意味がないと考えているのです。

それでも始めの頃は頑張って相手の女性に合わせようとするものですが、慣れてくるとやはり面倒くさくなってきて本来の自分が出てきてしまうということですね。

女性が連絡は相手とのコミュニケーションのために必要なものだと思っているのに対して、この手の男性は連絡はただの手段だと思っているようです。

気持ちがどんどん離れていってる

一番悲しい理由が、男性の気持ちがどんどん離れてしまっているために連絡無精になっているパターンです。

女性が相手に冷めると途端に冷たくなるのに対して、男性は冷めてからも別れを決断するのに長い時間がかかると言われています。

そのため、気持ちが離れているにも関わらず付き合っているという状態が長く続きます。

正直な男性は彼女との連絡に興味を持てなくなってしまい、返す頻度も内容も粗雑なものになっていってしまうのですね。

相手の気持ちが離れているから連絡無精になっている時、ほとんどの女性は勘付いてしまうのではないでしょうか。

女性は恋愛に関して嫌な予感が非常によく当たります。

彼氏のちょっとしたメールの変化などにも敏感に気づいてしまうでしょう。

もし相手の男性が連絡無精になってしまい愛も感じられないのであれば、別れが迫っていることも頭に入れておいた方が良いのかもしれません。

他のことが忙しすぎて連絡を取る暇がない

仕事や勉強など、他のことが忙しすぎて連絡を取る暇がないという人も多いでしょう。

特に仕事が忙しくて家にまで持ち帰って残業をしなければいけない時期などは、彼女への連絡が鬱陶しく感じてしまうものです。

女性目線で考えると、忙しい時こそ癒しが欲しいから彼氏の声が聞きたい!なんて思う人も多いことでしょう。

しかし、男性は必ずしも彼女に癒して欲しいとは思わずに、仕事や勉強に没頭してしまう人が多いのです。

男としてのプライドもありますし、切り替えの早い女性と違って、一つのことに集中してしまう男性特有の性格だとも言えます。

もし彼氏が多忙だから連絡が取れないと言ってきたときは、その言葉を信じて少し連絡を控えてあげると良いでしょう。

ただ連絡を取りたくない言い訳かもしれませんが、本当に忙しい時に「なんでとってくれないの?」なんて切れられたら、それこそ男性が冷めてしまうかもしれませんよ。

忘れっぽい性格

男性が女性ほど連絡を取ることに執着していないことから、うっかり連絡をし忘れてしまうということも非常に多いです。

女性が彼氏への連絡を絶対に忘れない一方で、男性は安心しているがために彼女のことをすっかり忘れてしまうこともあるのです。

特に忘れっぽい性格の男性であれば、ラインに既読をつけて返事をし忘れるなんてことは日常茶飯事なのでしょう。

彼女にはちゃんと考えてから返事をしたいと思っている人も多く、そんな人はその後考えているうちに返信した気になって忘れてしまっていたなんてことも多いようですよ。

忘れっぽいのは本人の性格の問題なので、強く言っても相手が負担に感じてしまうだけです。

できるだけ理解する心を持って、対処法を考えてみてくださいね。

︎連絡無精な彼氏・夫への対処方法14個

パートナーに対して連絡無情な男性はかなり多いです。

その理由も様々で、原因がわからない女性はとても不安になって悩んでしまいますよね。

特に、遠距離恋愛しているカップルなんかは、相手の男性から連絡が減ってしまうと会って安心することもできずにずっと不安なまま付き合っていかなければいけません。

女性に不安はやがて不満となって彼氏や夫にぶつけてしまいます。

抑えようとしても、どうしても表に出してしまうものです。

そしてそのまま喧嘩別れという最悪のシナリオを避けるためにも、彼氏や夫の連絡無精への上手い対処法を知っておきましょう。

連絡無精さえちゃんと解消できれば、きっと価値観の合うステキなカップルになれること間違いなしですよ!

1:連絡を返したくなるような返事を心がける

男性の連絡無精を解消するには、まずは相手が返事をしたくなるような話題を振るということがいちばんです。

男性が連絡無精になっているのは、特に必要のない会話を送りすぎているからかもしれません。

返す必要のないことだと男性に判断されてしまっているから、なかなか返事がこない可能性は多いにあります。

相手が返したくなるような返事や内容を心がけることで、自然に連絡の頻度は増えていくはずですよ。

例えば、相手に一言で返事をしたりスタンプだけで送らないこと。

そして必ず質問形式で話題を振ってみると、相手も返さざるを得なくなります。

そこから会話を広げていけば、相手も連絡を取ることに慣れて、また前のように取ってくれるようになるでしょう。

2:可愛い内容のLINE・メールを送る


長い間付き合っていてマンネリ化してしまっているから、男性も連絡をあまり返さなくなってしまったという場合もあります。

最初の頃に長いやりとりをし過ぎてめんどくさくなってしまうのです。

また、ラインやメールのやりとりも事務的なものになりときめきがないために、返すのもめんどくさくなってしまうのですね。

そんなときは、可愛い内容のラインやメールを送ってみましょう。

普段言わない「寂しい」「会いたいな」など、付き合った当初の乙女のような連絡を入れることで、久しぶりに男性がキュンとしてたくさん返事をくれるかもしれません。

男性は彼女や妻がもう安心しているから「好き」という言葉を言わなくてもいいと思っているかもしれません。

ですので、「自分はまだまだ愛して欲しい!」ということを可愛くアピールすることで、マンネリしていた関係に再び火をつけることができるはずですよ!

3:連絡したいことがある時だけ連絡を取る

相手が連絡無精になっているときは、あえて連絡の頻度をこちらから下げてみるのもアリです。

連絡すべきことがあるときだけ彼氏や夫に連絡を取り、それ以外の時は一切連絡しないようにしてみましょう。

男性が連絡無精になっている時は、自分が放っておいても相手は自分に寄ってくると思っているからの可能性もあります。

自分のことを大好きな彼女は、自分から連絡しなくてもずっと追いかけてくれると安心しきっているのです。

そんな男性に対しては、こちらが同じ態度を取るのが一番効果的です。

今までずっと連絡をしてきた彼女が突然業務連絡のようなメールだけになったら、とても気になってしまうのです。

そして、向こうから徐々に連絡が増えていくことでしょう。

押してダメなら引いてみる、これは付き合ってからも有効な手段なのですね。

4:連絡方法を変えてみる

いつもラインやメールなど文章で連絡を取っているという方は、一度その連絡方法を変えてみるというのも良いかもしれません。

ラインやメールなどの文章のみで会話をするのが極端に苦手な男性は意外と多いのですよ。

男性の話を聞いていると、どうも文字が苦手だという話をよく耳にします。

相手の感情が分からないし、適当に解釈して彼女の逆鱗に触れるのもしんどいから考えすぎてしまうのだそう。

そんな男性を相手にするのであれば、ラインやメールは負担になってしまうので返信もそこまで期待できないでしょう。

電話で連絡を取るほうが楽かもしれない

この場合には、一度連絡手段をラインやメールから電話に変えてみるようにしましょう。

ラインやメールでは文章を簡潔に書かなければいけないですし、ラインには既読なんて機能も付いているので、「既読無視」「未読無視」という余計な概念が生まれてしまうのです。

その点、電話はかければすぐに声が聞くことができますし、どうでもいいような内容もたくさん話をすることができます。

文字だけのラインやメールよりも相手の感情が分かりますし、何よりそれらが苦手な男性にとっては非常いありがたいことでしょう。

相手の男性が連絡無精になってしまった時は、電話で連絡をしたほうがいいかを確認してみましょう。

もしそうであれば、二人の関係を良好に保つためにも一度電話に変えてみてください。

案外あなた自身も、電話の方が楽だということに気づくかもしれませんよ!

5:連絡を取るというより、会う回数を増やしてみる

連絡を取ることよりも、二人で会う回数を増やしてみましょう。

連絡を取ることはカップルにとってコミュニケーションの一環として大切なことですが、直接会うことに勝ることはありません。

ラインやメールでは伝わらなかったことも、直接会えばすぐに伝わってしまいます。

何より、会う回数が増えればその分思い出が増えて絆も深くなり、女性側が不安になることも少なくなります。

連絡が来なくて不安になっている女性は、会うことでその不安が解消されることがほとんどなのです。

相手のためだけではなく、悩んでいる自分を労ってあげるという意味でも、連絡よりも会う回数を増やしてみてはいかがでしょうか?

6:LINEスタンプを送る

いつも事務的な内容ばかりをやり取りしていると、男性側も徐々に返信する必要性を感じなくなってきます。

特に、あまり愛情の感じられない淡白なメールであったり、感情が分からないようなそっけない文章ばかりでは、連絡の頻度が落ちてしまうのも仕方ありません。

そんな時は、LINEスタンプを上手く使うようにしてみましょう。

ラインのスタンプには今やかなりの数の種類が選べるようになっており、中には名前入りのスタンプなんかも流行っています。

彼氏の名前入りスタンプを使って彼氏にラインすることで、文章ではなかなか甘えられないような女性も甘い雰囲気を出すことができるのです。

スタンプをプレゼントするのもOK!

自分で可愛いスタンプを使うのは、彼氏のときめきを獲得できるのでマンネリした関係にとても効果的です。

逆に、彼氏にスタンプをプレゼントするというのもまた新しい刺激があることでしょう。

LINEスタンプにはプレゼント機能がありますので、彼氏に使って欲しいスタンプや相手が好きなキャラクターのスタンプなどをプレゼントすることで、男性もそのスタンプを使おうとしてラインを返してくれるようになります。

ラインに対して無頓着な男性や、普段からあまり気持ちを表現してくれない男性にとっては、スタンプという自分の代わりに気持ちを伝えてくれるものがとても心地よいのです。

また、男性が忙しい時でも文字だけで「忙しいからまた後で」と言われるよりも、その後に「ごめんね」というスタンプが付いているだけで女性も不安になることなく待っていてあげることができます。

ラインの文章に感情をつけるためにも、お互いスタンプの使用を始めてみてはいかがでしょうか?

7:口実を作って連絡を取る

連絡を取らなければいけないような口実を作って、相手に返事をさせるようにしてみるのもいいですね。

何か用事があって返事を返さなければいけないような内容であれば、男性もめんどくさがらずにちゃんと返してくれるはずです。

逆に、それすら返してくれない男性はほぼ確実にあなたに冷めていると言えますので、早めに別れることをおすすめします。

連絡を取る口実としては、やはりデートのお誘いが一番無難です。

彼女や妻から改めてデートのお誘いが来れば、嬉しくない男性はいないはずです。

デートのお誘いであれば、返事をしないわけにはいきませんよね。

もし空いているのであればどこに行くかなどを話すことができますし、空いてなければいつがいいか予定を合わせるためにそのまま連絡を取り続けることもできます。

いくらカップルだといっても、いつまでもラブラブでいるためにはある程度の努力も必要ということですね!

8:朝や夜の挨拶のみ送る

特に返事をしなくていいことばかり連絡しているから、相手からも返事が来なくなってしまうのかもしれません。

しかし、一切連絡を取らないというのも、どんどんお互いの心が離れてしまう気がして寂しいですよね。

そんな場合は、朝起きた時に「おはよう」といったり、夜寝る時に「おやすみ」と挨拶をするだけにしてみてください。

挨拶というのは対人関係で基本中の基本です。

カップルも対人関係の一つですので、挨拶がなければどんどん適当な関係になっていってしまいます。

ちゃんとした関係を保つためにも、内容のない連絡よりもしっかりとした朝晩の挨拶を送るようにしましょう。

9:今よりも連絡頻度を減らす

連絡をしすぎていると自分で感じている女性は、今よりも少し連絡頻度を減らしてみるようにしましょう。

今が毎日毎時間ごとに送っているような頻度であれば、1日1回に減らして帰ってこなくても催促しないようにしましょう。

男性が連絡無精になってしまう大きな原因は、女性が連絡をしすぎていて全てに返信するのがめんどくさくなっているということです。

女性は不安になると、ついその不安を取り除くために確認のラインを送ったりしてしまいます。

しかし、これは男性には逆効果であり、余計めんどくさいと思われて返事が全くこなくなってしまいます。

連絡をしすぎている女性は、まずは連絡の頻度を少しづつ減らしてみて、相手の男性がどのような反応をするかということを見てみるようにしましょう。

向こうから連絡が来るようになれば、そのままの頻度を保つようにしてお互いが対等の立場でいれるよう心がけましょう。

10:しょうもないLINE内容は封印する

ついつい送ってしまいがちのしょうもないライン内容。

好きな人には今日何があったかなど全部聞いて欲しくなるものですが、相手の男性からすると正直どうでもいいことです。

長く付き合っているカップルとなれば余計、そんなことで連絡をされても返さなければまた怒られるとどんどん彼氏にストレスが溜まってしまいます。

相手の男性が心地よく自分と一緒にいてくれるためにも、しょうもないラインはもう封印してしまいましょう。

もし何か聞いて欲しいことがあれば、ほかの用事と一緒に送って彼が返信しやすいようなメールにしてあげると良いでしょう。

そうすれば、男性も用事への返事とともに他愛もない内容を送ってくれるかもしれませんよ。

11:こっちも連絡無精になる

相手がそうならこっちだって同じ態度を!ということで、女性側も思い切って連絡無精になってしまいましょう。

相手と同じように連絡を適当にして、しょうもない内容は無視してしまいましょう。

最初は連絡したくてしたくて仕方ないかもしれませんが、次第に自分自身も連絡無情が楽になってきます。

女性は男性よりもかなりサッパリしており、一度慣れると男性から寂しいと言われてもずっとそのまま連絡無情になる人がほとんどです。

ふあんになるのはあ女性よりも男性の方が良いのです。

男性が不安であれば浮気する心配もないですし、女性も寂しいと感じずに気持ちよくお付き合いしていくことができるのです。

12:マイナス発言は送らない

不安になった女性がどうしてもやってしまいがちなのが、彼氏や夫に対してマイナスなことを送ってしまうということ。

連絡がこないことに色々な想像をしてしまい、「浮気しているんじゃないの?」「もうやっていけないかもしれない」などの、相手を信頼していない発言や別れを連想させるような言葉を吐いて相手の気を引こうとしてしまいます。

確かに、マイナス発言をすることでその時だけは相手も焦って構ってくれようとしますが、それが続けば男性は狼狽してしまいます。

毎回別れるなどの言葉を言われていれば、男性だって傷つきますしメンタルがやられていきます。

女性だって同じことをされればしんどくなってしまいますよね?自分の不安をなんとかなくしたいからといって、相手の男性を試すような発言をするのは逆効果です。

マイナスよりもプラスの言葉で不安を解消するようにしましょう!

13:連絡無精になると不安だと伝える

連絡無情になっている男性の多くが、彼女は自分の気持ちを分かっているから連絡返さなくても大丈夫!と思っています。

会ったときに愛情を伝えているんだから、連絡なんて必要ないだろ!と考えてしまうのですね。

そんな男性には、はっきりと自分の気持ちを言葉で伝えることが大切です。

連絡無情になられると、自分はとても不安になってしまうと伝えることで、相手の男性が初めてそのことい気づくのです。

女性は気配りが上手で相手の気持ちを汲み取ることに長けています。

さらに、勘も男性より鋭いので、男性が言いたいことなどを言葉にせずとも汲み取ることができたりします。

しかし、男性の多くは女性の気持ちがわからないのです。

言葉のとおりに受け取るので、彼女が寂しい思いをしていても言葉で「大丈夫」と言っていれば大丈夫だと思ってしまうのです。

話し合いで解決することもある!

そんな男性に対しては、一度しっかりと話し合いすることですっかり解決することも多いのです!男性は女性の気持ちが分からないだけで、好きな人の気持ちを知りたいと思うのは女性と同じなのです。

ですので、話し合いしたいとちゃんと伝えれば、男性も何事かとまじめに話を聞いてくれますし、なんとかしようと行動に移してくれるはずです。

話し合いの際には、連絡無情になるとなぜ不安になるのかという具体的なことまでしっかり伝えるようにしてみてください。

その方が、男性側もイメージしやすくなりますし、具体的な解決策を二人で見つけることができます。

浮気を疑ってしまう、冷められたのかと思う、単純に寂しい、、など、女性によって連絡無情から来る不安はさまざまです。

どんなことを不安に思ってしまうのか、ちゃんと言葉にして伝えるようにしてくださいね。

また、相手の男性がなぜ連絡無情になるのかもしっかり聞いておくようにしましょう。

めんどくさいのか、自分が連絡しすぎなのか、こちらも理由はたくさんあるので、お互いの気持ちをはっきりと伝え合って、二人に合った解決策を見つけてくださいね!

14:2人でルールを作る

二人で自分たちのルールを作るというのも、彼氏や夫の連絡無情に上手く対処することになるでしょう。

男性の連絡無情というのは、言ってしまえば男性が勝手に連絡を怠っているのと同じことです。

女性もその連絡頻度で納得しているのであれば問題ないですが、実際に悩んでいるのであれば、それは男性のエゴということになります。

まずは先ほどのようにしっかりと話し合ってお互いの気持ちを伝え合うことが大切ですが、話し合うだけではいけません。

今後どのように改善していくかを決める必要があります。

そこで、二人のルールを作ってしまうというわけです。

一緒に今後のルールを作れば、男性にとってもどうすればいいのか明確に分かるので女性を不安にさせることもなくなります。

女性はどうしても感情や曖昧な言葉を男性に伝えてしまいがちですが、直して欲しいところははっきりと伝えて、分かりやすい解決策を提示してあげるようにしましょう。

連絡無精には何か理由がある!

男性が連絡無情になる理由は人によって様々ですが、そこには必ず理由があるのです!元々たくさん連絡をくれていたという男性の場合は尚更、何か理由があって連絡の頻度が落ちているのです。

原因を追求するのは怖いかもしれませんが、ずっと何も言わずに不安になっていることの方が辛いはずです。

お互い好き同士なので怖がる必要はありません!本当にあなたのことがすきな彼であれば、きっと気持ちを真剣に聞いてくれるはずです。

ちゃんと二人で話し合いをして、連絡無情で悩む毎日からおさらばしましょう!