「きみの裁量で仕事をしてくれ」や「この会社はインターン生にも裁量が与えられている」など、ビジネスシーンで裁量という言葉は頻繁に使われます。

この裁量とはどのような意味なのかを知らないと、どんなふうに判断したり使ったりすれば良いのかが分からずに困ってしまいます。

しかし社会人になってから「裁量とは何ですか?」と上司に聞くのも恥ずかしい・・・。

そんな人のために、裁量の意味や使い方などについてご紹介していきます!

ビジネスにおける裁量って何?

裁量は、元々は行政分野や法律分野で使われる言葉でした。

それが最近では、一般的なビジネスシーンでも頻繁に使われるようになり、「裁量=ビジネスワード」という考えが定着している人もいるでしょう。

実際にはビジネスシーン以外でも使われることのある言葉ですが、普段使いとしてはビジネスシーンで使われていることが多いです。

ビジネスにおける裁量とは、「どのように仕事をするのか自分任せになる」ということです。

裁量の詳しい意味は後述しますが、もしもビジネスの場で上司から「この仕事の案件はきみの裁量に任せるよ」と言われたら、仕事の案件をすべて自分で好きなように進めてもいいということになります。

仕事をどのように進めるのかを自分に一任される形になりますので、自由に動けるようになりメリットもありますが、反面責任を自分が負うというデメリットもあります。

自分で好きなように動いて仕事をしたい人にとってはとてもやりやすくなりますが、細かく上司に指示を仰いで仕事をしたいタイプの人は自分の裁量任せにされてしまうためどうして良いか分からずに困惑してしまうことでしょう。

裁量とはそもそも何?

そもそも、「裁量」という言葉の意味をあなたは知っていますか?辞書的な意味としては、「個人の考えにたよって判断・処理する」ですので、自分自身で物事を考えて判断するということになります。

人から裁量を任せられた場合には、「あなたの自由にやっていいよ」ということですので、自分の思う通りに考えて行動して良いでしょう。

ただし、その場のシチュエーションに合わせた判断をする必要はありますので、あまりその場に相応しくないようなやり方をしたり、非常識な行動をしたりするのは止めた方が良いでしょう。

もし自分の裁量に任せられた結果、自分に任せてくれた相手を失望させてしまったら、その相手は二度と自分に任せてはくれなくなるでしょう。

裁量の同義語

裁量は「その人の考えによって判断し、処理する」という意味の言葉です。

ビジネスシーンで使われることが多いですが、それ以外のシーンや日常でも使うことがあります。

言葉の響きは少々かしこまったものですので、プライベートやもっと気さくな場面では裁量ではなく、別の言葉で表した方がいい場合もあります。

では、裁量の同義語にはどのような言葉があるのでしょうか?以下にご紹介していきます。

分別

「分別」は「ふんべつ」と読み、元は仏教用語です。

しかし一般的に知られている意味としては、「物事の是非や道理を判断すること」「わきまえること」などです。

物事の是非や道理を判断するのは自分自身ですので、自分で考えて行動に移すことでもあり、「裁量」と意味がよく似ています。

分別とまったく同じ漢字で、「ぶんべつ」と読む言葉もありますが、こちらは「種類によって分けることや、区別すること」という意味があり、主にゴミの分別などで使われることの多い言葉です。

読み方が違うだけで漢字はどちらも一緒ですので、分別の意味をよく理解していない人は時々読み方を混同してしまい、「ふんべつ」を「ぶんべつ」と言ったり、「ぶんべつ」を「ふんべつ」と言ったりすることがあります。

間違って使ってしまうと恥を掻いてしまうことになりますので、使う際には注意する必要があるでしょう。

また、裁量よりは普段使いされることの多い言葉です。

フリーハンド

「フリーハンド」は「自分自身の意志で自由にできること」という意味の言葉です。

「裁量」と意味がとてもよく似ていますので、「あなたの裁量でよろしく」というところを、「フリーハンドでよろしく」と表現することがあります。

フリーハンドはあまり普段使いをされることはなく、ビジネスシーンで多く用いられます。

とはいえ、ビジネスシーンでもそこまで頻繁には用いられませんので、「フリーハンドでよろしく」と頼んでも、意味を相手に理解してもらうのに時間がかかることがあります。

社長が若い会社やネットビジネス系の会社ではよく使われていることがあります。

任意

「任意」とは、「思いのままに任せるさま」や「その人の自由意志に任せること」などの意味があります。

任意という言葉は公私に関係なく、あらゆる場面で頻繁に用いられます。

例えば警察の事情聴取を行う際に「任意で」と使うことがありますが、この場合には事情聴取を受けるのかどうかということを自分の意志で決めることが出来ます。

すなわち強制的なものではなく、拘束性のあるものでもありません。

自分や相手の自由意志に任せるという意味では「裁量」とよく似ています。

任意という言葉はややかしこまった言い方ですが、あちこちで耳にする機会が多いため、裁量よりも身近に感じられる言葉かもしれません。

実際の使用頻度としては、裁量も任意もそこまで大きな差はないでしょう。

また、裁量の場合は完全に個人の自由意志に任せるといったイメージが強いですが、任意の場合にはやんわりと相手にお願いする気持ちを感じさせるイメージがあります。

自由な判断・決定

自由な判断や決定は、裁量の意味と同じことですので、裁量という言葉を使うのにふさわしくないような場合には、このような言い方をすることがあります。

例えば子どもや学生に「自分の裁量でやってね」と大人が言ったところで、言われた側は意味が分からずにぽかんとしてしまいますよね。

裁量の意味が分からないような年齢を相手にする場合には、「自分で自由に決めてね」や「自分で判断して行動してね」などとより分かりやすい言葉で伝える必要があるでしょう。

一方で、社会人であれば裁量という言葉も、その意味も理解していて当たり前だと考えられていますので、「自分の判断で決めて下さい」と表現する際には「自分の裁量でやってください」という言葉を使うことが多いです。

会社で裁量という言葉を聞き、その意味が分からなかったり使い方が間違っていたりすると恥を掻いてしまうかもしれません。

裁量の具体的な使い方

「裁量」が個人で自由に考えて判断し、処理をするという意味を持つ言葉だということは理解出来たことでしょう。

意味が理解出来れば正しい使い方をすることも出来るようになりますが、裁量という言葉を使い慣れていない人は、いざその言葉を使う時には「本当にこの使い方で間違っていないだろうか」と不安を感じることもあるでしょう。

言葉の使い方に対する不安は誰でもありますので、思い切って使っていくと自然と使いこなせるようになるでしょう。

また、裁量の使い方に自信がないという人は、これからご紹介していく裁量の具体的な使い方の例を参考にしてみると良いでしょう。

個人に与えられる「裁量」の大きさである


個人に与えられる裁量の大きさとは、個人に与えられる自由度の大きさということです。

ある一定の決められた範囲内のみで自由に動ける場合もあれば、かなりの高範囲を自由に動き回れるような場合もあります。

仕事の場合にも、ある程度まで上司から指示を与えられ仕事をこなした後で、残った部分を自分の好きにやって良いという場合もあれば、1つのプロジェクトそのものを自分の好きに進めていけるという場合もあります。

そのため個人に与えられる裁量が大きな会社では、個人のアイディアや仕事のやり方を重視してくれる反面、個人が背負う責任も大きくなります。

一方で、個人に与えられる裁量が小さい場合には、自由度は少ないものの大体のやり方は上司の指示通りに従えばいいだけなので、背負う責任も小さくなります。

「裁量」が与えられている

「裁量が与えられている」とは、ある程度個人で自由に動ける条件にある場合に使う言葉です。

「○○さんは上司から仕事の裁量を与えられている」という言葉であれば、その人は上司から自由に仕事を行う権利を与えられているという意味になります。

部下に仕事の裁量を与えることは、上司にとっては指示をしなくてもいいという楽な気持ちよりもリスクの心配があります。

何かあった時には部下本人が取る責任も大きいですが、部下に裁量を与えた上司にも責任が科されるため、裁量はある程度信頼のおける人物にしか与えることが出来ないものです。

部下の可能性を信じて裁量を与えることの出来る上司や、何かあった時には自分も一緒に責任を取る覚悟と寛容さのある上司でもない限りは、簡単に部下に裁量を与えることは躊躇われるでしょう。

そのため裁量を与えられた人は、それだけ上司から信頼されているということでもあります。

自由「裁量」権を与えている


「自由裁量権を与えている」といった表現は、法律分野などで使われることが多いです。

裁量権とは自分で考えて判断して行動出来る権利があるということですので、それだけの自由が許されているということになります。

普段はあまり聞く言葉ではありませんが、法律分野では使われることがある表現ですので、覚えておくと良いでしょう。

医療機関の自由「裁量」である

「医療機関の自由裁量」とは、例えばある病院に患者が来院した際に、病院全体でその患者の診察を行うのではなく、患者を診察する医師が自分で患者の症状や病状を判断・特定し、診察結果を出して薬を出すという仕組みのことをいいます。

これはごく日常的に、私たちが体調不良になった時には病院へ行き、医師に診察してもらって診断結果を聞き、薬をもらうことでもあります。

患者を診察する医師は、その意志の考えや判断によって病気や怪我を特定し、それに相応しい治療方法を提案するため、例えば患者に出した薬が原因で患者の症状が悪化したり、万一亡くなってしまったりした時には、その医師の責任となります。

大きな問題に発展してしまった時には、もちろん当事者の医師だけでなく、その医師を雇っている病院全体の責任にも繋がりますが、医師は患者の命を背負っているという責任の元に自由裁量で仕事をしています。

時々難病にかかった人が、あちこちの病院でさまざまな病名を告げられた挙句に、結果としてはまったく違う病気だったことが判明した、というケースがありますが、正確な病名が分かるまでにいくつもの病名を告げられたというのも、その患者に関わった医師の裁量によってそれぞれに異なる結果が出されたからなのです。

そのため、裁量によっては腕の良い医者や悪い医者に分かれることもあるでしょう。

ビジネス用語の「裁量労働制」って何?

「裁量労働制」という言葉を聞いたことがありますか?これはビジネス用語ですので、社会人になったら知っておきたい必須用語の1つでもあります。

裁量労働制は労働時間制度の1つで、労働時間を実労働時間ではなく、一定の時間としてみなす制度のことです。

従来の仕事は、「働いた時間分だけ給料が出る」というものでしたが、この裁量労働制に変わってからは、時間給というものは存在しなくなるため、従来の制度から新たな裁量労働制へと変わった会社では、慣れるまでの間その制度に戸惑う社員も少なくはありません。

では、裁量労働制とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?仕組みや問題点などについてご紹介していきます。

裁量労働制の仕組み

裁量労働制は、最近になってあちこちの会社で採用するところが増えてきています。

とはいえ、まだ完全にその制度が定着したわけではないので、裁量労働制について戸惑う人や、裁量労働制ってなに?と疑問に思う人もいるかもしれません。

裁量労働制は、労働時間を実労働時間ではなく、一定の時間としてみなす制度です。

従来までは、例えばあなたが8時間働いたとしたら、その働いた8時間分に見合った給料を会社が出すという形でした。

仕事の合間に1時間休憩を入れたのなら、会社にいた時間は9時間ですが、実際に働いた時間、つまり実労働時間は8時間ですので、実労働時間分が給料になります。

また残業をすればその分実労働時間は増えますので、残業も含めたひと月分の実労働時間に見合った給料が支払われるということになります。

これが実労働制度でしたが、裁量労働制度の場合には、実労働時間という考え方がなくなります。

裁量労働制度では、例えばある1つの仕事内容に対して、それを行ったら給料がいくら、というように、仕事内容に応じて給料が定められます。

実労働時間の場合には、その仕事内容に取り組んでいた時間が給料になりますが、裁量労働制度の場合には、働いた時間に関係なく、1つの仕事そのものに対して給料が支払われます。

例えばAさんとBさんが同じ仕事に取り組んだ場合に、Aさんは効率よく3時間ほどでその仕事を終わらせたとします。

一方のBさんは仕事の要領が悪く、仕事が終わるまでに6時間かかってしまったとします。

実労働時間制度の場合には、同じ仕事内容でも時間のかかったBさんの給料の方が多くなりますが、裁量労働制度では、2人とも給料は同じになります。

つまり、裁量労働制度とは、効率よく早く仕事を終わらせられる人ほど有利であり、要領が悪く仕事に時間がかかってしまう人ほど不利な制度でもあります。

仕事に時間がかかってしまう人は残業もするでしょうから、「給料が仕事内容と見合ってない」と不満に思えるかもしれません。

しかし一方で、効率よく短い時間で仕事が出来る人にとっては「早く終わらせても給料は同じ」なので、嬉しく感じられることでしょう。

勤務時間が決められていない

裁量労働制度は、1つの仕事にどれだけ時間がかかるかということは重要視しません。

あくまでも、その仕事を終わらせたら給料がいくらもらえるといった考え方です。

そのため、勤務時間そのものは決められていませんので、裁量労働制度を採用している会社によっては、出勤時間や退社時間が社員で違うところもあります。

例えば今日1日分の仕事を半日で終わらせることが出来る人は、午後から出勤しても良いですし、もしくは朝出勤して昼頃には帰社するということも出来ます。

一方で実労働制度の場合には、例え今日の分の仕事が終わっても、定められた時間内は会社にいないといけないため、雑用をして時間を潰したり、他の人の仕事を手伝ったりと、早く仕事が終わる人にとっては不便な時間の過ごし方をすることになります。

仕事の進め方が個人の裁量に任せられますので、早く仕事が終わった人は早めに帰宅して家族で出かけることもでき、能力のある人は毎日を充実した時間の使い方が出来るようになります。

一方で、勤務時間が決まっていないということは、仕事が遅い人ほど夜遅くまで残業をすることになり、実働労働制度の時のように残業代も付きませんので、疲労や不満が溜まりやすくもなります。

裁量労働制の問題点

裁量労働制は、能力があり、仕事が早く終わらせることの出来る人ほど有利な制度です。

必要な分だけ仕事をこなしたら後の時間は自分で自由に使うことが出来ますので、早く帰社しても良いですし、有意義に自分で時間を使うことが出来ます。

能力がある人にとっては裁量労働制は非常にモチベーションが上がりやすい環境であり、また「仕事に時間をかけるほどムダ」という考えが生まれますので、これまではダラダラと仕事をしていた人も、効率よくさっさと仕事を終わらせるために、これまで以上に集中して仕事に取り組むことが出来るようになります。

裁量労働制にはこのようなメリットもありますが、しかし問題点も存在しています。

その問題点が多い会社ほど、なかなか実労働制から裁量労働制へ働き方を切り替えることが出来ずにいます。

では、裁量労働制にはどのような問題があるのでしょうか?

そもそも裁量労働制に当てはまらない

会社によっては、そもそも裁量労働制には当てはまらないところもあります。

例えば24時間の警備会社の場合には、早く仕事を切り上げて帰社するということが出来ません。

警備会社の場合には、決められた時間内あちこちを巡回したり、自分の持ち場を警備したりするのが仕事内容ですので、どうしても労働時間内は拘束される形になります。

また、スーパーやコンビニ、その他のサービス業の会社などでも、労働時間内は必ず職場にいなければならないというところも多いため、そうした職場の場合には裁量労働制は当てはまりません。

裁量労働制の当てはまる会社は、個人でその日の仕事内容が割り振られているところが多く、比較的自分で自由に時間を使える職場であることが多いのです。

長時間労働の蔓延

裁量労働制は、確かに個人の裁量によって労働時間を早く切り上げたり、好きに時間を使ったりすることが出来ます。

しかし、会社によっては個人に与える仕事量がとても膨大で、どんなに能力のある人でも労働時間が長くかかってしまうというところも珍しくはありません。

そうした会社の場合には、社員1人ひとりの長時間労働が蔓延してしまう傾向があります。

会社にとっては、社員がどれだけ長時間働こうが給料を支払う額は一定ですし、残業代も出す必要がありません。

そのため、社員の能力に関係なく、裁量労働制を利用して社員に堂々と長時間労働を強いている会社も残念ながら中には存在します。

そうした会社では社員が長時間労働の末に過労で倒れてしまったり、精神的な病気を患ってしまったりすることもあります。

また、例え社員が「仕事量が多過ぎる」と訴えても、会社側が「それはきみの能力が低いだけで、頑張ればもっと効率的に仕事を終わらせることが出来るはずだ」と社員の訴えを跳ねのけることも出来てしまいます。

休日出勤も多い

裁量労働制では、仕事に時間がかかってしまうほど不利になります。

毎日のように残業をして、それでも仕事が終わらなければ休日出勤までしなければなりません。

しかし、どれだけ残業しても、また休日出勤をしても、支払われる給料の金額は一定ですので、裁量労働制を悪用している会社に対して不満を覚える社員も少なくはないでしょう。

あまりに残業や休日出勤が酷い場合には、もっとホワイトな会社への転職を考える人も出てきますが、そう簡単に転職することも出来ない人にとっては、仕事に対する負担が増える一方になってしまいます。

さらに、もらえる給料は変わらないのに休日出勤が多くなっては、仕事に対するやりがいや充実感よりも、疲労や脱力感、嫌悪感などが増してしまい、どんどんモチベーションが下がっていってしまうでしょう。

裁量労働制を利用する会社は、社員のそうしたモチベーションの低下について対策をする必要があるでしょう。

裁量で動ける人の特徴

個人の裁量で仕事や物事を行う場合には、その個人が持つ能力や効率性などがとてもよく目立ちます。

何せ同じ1つの物事に取り組む際に、それを素早く終わらせることが出来る人と、そうでない人とがハッキリと別れてしまいますので、人材を募集する会社などでは、裁量が良い人の方を雇いたいと思うでしょうし、また何か頼み事をしたいと思う人も、裁量が良い人に頼もうとするでしょう。

個人の裁量に任せられる場合には、能力のある人ほど有利になり、またその才能が眩しく輝くでしょう。

では、裁量で動ける人にはどのような特徴があるのでしょうか?以下にご紹介していきます。

自分の立ち位置を理解している

裁量のある人というのは、自分の立ち位置をよく理解しています。

例えば仕事に取り組む際にも、「今はこういう状態だから、仕事はこれから始めてこういう流れでやっていこう」や、「○○さんが一息ついたら仕事の確認をしてもらって、それからこういうふうに行動しよう」など、自分や周りのことをよく見ており、その上であれこれと仕事を効率的に行っていきます。

裁量がある人は、今がどんな状況なのか、また自分はどの位置に立っていて、何をすべきなのかということを素早く考え、判断して行動しますので、無駄な時間があまりありません。

自分のやるべきことが分かっているため、すべての動きが迅速で、それでいて気持ちに焦りもありません。

あなたの周りにも、仕事を終わらせるのは早いのにまったく焦ったり慌てたりする様子がない人はいませんか?余裕がある様子なのにやることは早い、そんな人は裁量のある人の可能性が高いでしょう。

役割がわかっている

物事の判断能力がある人というのは、常に自分の役割を探し、それを理解するまでが速いです。

例えば数人のグループで1つの作業を行う場合に、作業の進行をぼんやりと他人任せにしている人は作業の分担や何をすべきなのかということをきちんと頭で考えていませんので、皆がそれぞれの作業に移っても、自分は何をしたらいいのか分からずおろおろしたり、他人に自分は何をすべきかと聞いたりします。

一方で裁量がある人は、作業を行うと決まった時点でそれぞれの役割について考え、また自分が最も相応しい役割についても頭で考えて判断しますので、「それじゃあ私は○○をやりますね」と迅速に答えを出して行動に移ります。

そのため行動を終わらせるまでも早く、他の人を手伝う余裕や一息入れる余裕も生まれやすいです。

裁量にあった性格

裁量にあった性格というものがあります。

例えばマニュアルや上司の指示通りにしか動けない人は、個人の裁量を任せられたらどうして良いか分からずに困ってしまうでしょう。

また、要領が悪い人や、自分で何をするべきなのかなど、行動の決定をするのが苦手な人も、「自分任せ」になる裁量を苦手とする傾向があります。

一方で、裁量にあった性格というものもあります。

どのような性格が裁量にあっているのでしょうか?

縛られない人

マニュアルや指示、ルールなどに縛られない人は、裁量にあった性格をしています。

このタイプの人は、基本はもちろん頭に入っていますが、基本通りに動くばかりではなく、応用もとても利きます。

例えば基本のやりかたでは30分かかるところを、自分で考えたやり方で行って15分で終わらせることが出来ます。

基本通りに動かなければならない場合には、勝手な行動を取ることは出来ませんが、やり方を自分で決められる場合には、従来の考え方に縛られることなくさらに効率的なやり方を自分で考え出すことが出来ます。

積極性や応用性がある人に多いでしょう。

何かの目標がある人

自分で何かの目標がある人は、その目標を達成させるために、いかに効率的に取り組めばいいのかということを常に頭で考えています。

目の前にあるものをただぼんやりとマニュアル通りに進めるのではなく、「このやり方を変えたらもっと早く目標まで到達出来るかも」と考えて判断しますので、その行動の結果従来よりも早く目標を達成させることが出来ます。

例えば1年間で100万円貯める目標を掲げた場合に、コツコツ地道に働いて、1年間時間をかけてお金を貯める人もいますが、もっと効率的なやりかたを自分で考えて、たった半年で目標金額を貯めてしまう人もいます。

そうした要領がよく自分で何でも考えていける人は裁量にあった性格をしているでしょう。

裁量のメリット

裁量には個人差が出ますが、大きなメリットがあります。

それは、責任感が芽生えることと、考える力が身に付くことです。

裁量は自分で考えて判断し、行動に移すことです。

自分で考えて行動するということは、それだけ自分で責任を負わなければなりません。

遅かれ早かれ大人になると、私たちは自己責任で物事を行う機会が出てきます。

そんな時に責任感をしっかり持っていることで、自分の行動をよく考えて行うことが出来るようになるでしょう。

また、裁量とは自分で物事を考えなければならないため、自然と考える力が身に付きます。

何でも他人任せにしていると、自分で生きていく力がなくなってしまうため、裁量を身に付けることは大切なのです。

まとめ

裁量がある人は、常に物事を効率的に判断して行動することが出来ますので、その結果自分で都合の良いように物事を持っていくことが出来ます。

そのため、裁量がある人ほど自分の人生を充実させ、輝かせることが出来ます。

裁量とは、大きく言えば生きる力です。

裁量がある人は世の中に適応でき、競争社会の中でも生き残っていくことが出来るでしょう。

人生で勝ち組を目指しているわけではなくても、ある程度の裁量を身に付けておかなければ、自分で自分の人生を困難なものにしてしまいます。

そのため、ある程度は裁量のある人間になれるように、日々意識して行動していきましょう。