すり合わせ能力という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

製造業などを中心としたビジネスの業界でも、今使われている言葉なんです。

すり合わせ能力というのは一体どのような能力のことをさすのか。

すり合わせ能力を身に着けるにはどうしたら良いのか。

今回はそんなすり合わせ能力についてご紹介します。

すり合わせ能力とは?

日本語には「~合わせる」という言葉がたくさんありますよね。

「足し合わせる」、「混ぜ合わせる」、「はめ合わせる」など、二つの物を持ち寄って接する状態にする意味が「~合わせる」にはあります。

改めて説明するとなんだか難しい話ですが、なんとなく感覚で「~合わせる」という意味は把握できている人がほとんどだと思います。

そして、このなじみ深い「~合わせる」には、二つの物を一緒にするという意味を発展させた慣用的な表現として使われることもありますよね。

それが「顔を合わせる」、「手を合わせる」、そして「すり合わせる」などです。

「顔を合わせる」や「手を合わせる」はヨーロピアンな挨拶、神仏への祈りの姿勢という意味も間違ってはいませんが、慣用的に前者は誰かと誰かが対面することであり、後者は誰かと誰かが勝負をするという意味があります。

「すり合わせる」という意味も同じように、二つの物事の調和をとることを言います。

経験的に二つの物をすり合わせると、双方の角が取れて滑らかに合わさるようになります。

この「すり合わせる」というのは社会で生活する上で、程度の差こそあれ必ず必要なことであり、またそのすり合わせる能力は立派な個人スキルでもあります。

それぞれの考えをすり合わせていく力


例えば、A案が良い思っている人とB案が良いと思っている人がいるとします。

そして結論はひとつしか出せません。

このとき、A案かB案か取捨選択をする方法の他にもう一つ選択肢があります。

それが互いの案の「すり合わせ」です。

両者の譲れるところ、譲れないところを聞いて調整し、互いに納得できる案に仕上げ導く力はまさに「すり合わせ能力」のそれです。

複数の物事や考えを比べて、いろんな案や意見を突き合わせて調整することで、ひとつひとつの案よりもよりパワフルで整合性のとれた、充実した案を造り上げていくことが可能になるのです。

このすり合わせる力は、ビジネス書などでも取り上げられている言葉なのです。

相手と意見がぶつかり合い、対立してしまってどうにもうまく収まらないという局面もときにはあるでしょう。

どこかで妥協するべきとわかってはいても、どうしても相手の意見に納得がいかず、落とし所がみつかりません。

疑問が解消されず問題も解決しないままという状況では、良い気持ちはしないものです。

話もまったく前に進まず、堂々めぐりになってしまいます。

こういうときに重要になってくるのがすり合わせ能力。

相手と意見が衝突し、かつ相手の話をよく聞いても納得ができないというときは、実は心のどこかで間違っているのは相手で、自分は正しいことを言っていると思っていることが多いです。

だから、相手が自分の意見に賛成しないことがそもそも意味がわかりませんし、相手の意見に自分が納得するということもありえないのです。

そんなときには冷静になって、客観的に相手と自分の意見の違いを分析してみます。

そして相手の意見のどの部分にどのような違和感や反感を自分が持ったのかということを洗い出してみるのです。

納得できなかった部分を洗い出せたら、なぜそこに納得できないのかという理由もつきつめて考えます。

「相手が悪い」「相手の意見がおかしい」というふうに相手のせいにして終わらせるのではなく、自分が相手の意見のどこに、どういう理由で納得がいかないのかというのをきちんと言語化してみるのです。

その状態で相手に説明を求めます。

ただ単に「納得いかない!」というのではけんかをうっているようになってしまい、お互いにおさまりがつきませんが、具体的なポイントを示して理由も説明すると相手もきちんと説明をしてくれるようになります。

お互いの主義主張を押し通すだけではなく、お互いの話を冷静に聞くことが大切なのです。

このとき、ただ主張を言い合うだけでは意味がないので、その主張が出てくる理由、バックボーン、相手の立場なども念頭に置くことが必要です。

たとえば男と女、営業部とデザイナーなど立場が違うと、同じことを話し合っているつもりでもそれぞれの見方が異なっているものです。

たとえば、デザイナーはお客さんの要望どおりの商品デザインをあげることが自分の仕事であり、自分のデザインが至高であり、自分のやっていることは正しいと思っています。

でも、営業の立場から見るとお客さんの要望はお客さんが言っている予算の範囲内では到底実現できない夢物語な内容ばかりなので、お客さんに言われるがままにデザインをしてもそれはとても商品にできるものではありません。

営業サイドの「この予算ならこれはできない」「この材質はガラスではなくプラスチックにして、透明感は残しつつ価格をさげてほしい」などの意見も汲み取りながらデザインをするのが、会社に所属しているデザイナーとして当たり前だと思っています。

この状態で単に「ちゃんとデザインしろよ!」と営業がデザイナーに怒っても、デザイナーとしては「やってるじゃないか!」と頭にきてしまいますよね。

こうした部分を組みとりつつ話し合い、それぞれの正義を理解して平行線だった議論をさかのぼり、近づけていく。

納得できる答えをお互いが相手から得て、それぞれが少しずつ妥協をして歩み寄り、営業はお客さんにかけあってもう少し予算を取ってくる、デザイナーはガラスはコンセプトからすると譲れないけれど、他の部分の素材を変えてコストカットを試みる、というような形で最終的に意見をまとめていきます。

これが『すり合わせ』なのです。

異なるものと連携する力

みたらしだんごの話をしましょう。

ある店は絶妙な甘さとまろやかさが自慢の秘伝のタレで評判のおだんご屋さん。

また別の店は程よい弾力にお焦げの香ばしさが絶品のだんごで評判のおだんご屋さん。

この両店がそれぞれタレとだんごを持ち寄れば最高のみたらしだんごができるに違いありません。

しかし両店はライバル店として火花を散らし合っている仲です。

両店を説得し、手を取り合わせて絶品だんごを実現するのに必要なものとは一体なんでしょうか。

まさしく「すり合わせ能力」です。

それぞれの得意分野を持ち寄り、異なるものと連携し、すり合わせを行うことで、今までになかった素晴らしいものが生まれてきます。

こうした「コラボレーション」は昔に比べると増えており、分野を飛び越えてのコラボレーションが生まれやすくなっています。

おだんご屋さん同士ではなくて、おだんご屋さんと和紙屋さん、リボン屋さんがコラボして、かわいらしい和紙に和洋折衷なリボンを巻いたおしゃれなパッケージのおいしいおだんごが誕生するということもありえるのです。

すり合わせるってどういう意味?

冒頭で述べたように、「すり合わせる」という意味は、慣用的には二つの物事の調和をとることを言いますが、具体的にどういうことでしょうか。

再確認しておきましょう。

調整すること

物事をつき合わせて調整する、というのがまず一番に思い浮かぶ意味でしょう。

三省堂・大辞林の例では「もう少し両者の意見をすり合わせる必要がある」とあります。

「すり合わせる」の最も基本的な意味がわかりやすいですね。

場を整えること

すり合わせるからには「何か」と「何か」、ふたつ必要なわけですが、その両者の立場がかけ離れていたり、不仲であったりすることは当然あります。

親睦を深めるために飲み会が催されることがありますが、両者の都合をすり合わせて初めて成立するものですよね。

妥協点を見つけること

妥協と言うと悪いイメージがある方もいるかもしれませんが、悪いことばかりでもありません。

お互いの最大公約数を見つけていく作業はすり合わせによるたまものです。

すり合わせ能力があるとどうなる?


すり合わせ能力は立派な個人スキルです。

スキルである以上ないよりはあった方が良いに決まっていますが、ではすり合わせ能力があることで何がどうなるのでしょうか。

なんとなくわかっているとは思いますが、改めて言葉にしてみましょう。

物事が上手くいく

すり合わせは社会では必須です。

自分一人だけで仕事もプライベートも過ごせるなら問題はありませんが、現代で誰にも接することなく生活することは困難です。

他者と関わりを持ったその時、すり合わせは必要になってきます。

すり合わせをすることで物事が上手くいきます。

逆にすり合わせをしない場合を考えてみるとわかりやすいかもしれません。

待ち合わせ場所や時間など、自分の都合だけを勘案して決めたりしませんよね。

どちらか一方が不利益を被る状況を作ることは、より良い人間関係を築いて行くことに支障をきたします。

というのは自明の理ですね。

ビジネスの場でも、お互いの価値観をすり合わせることができれば物事がうまく進みます。

飲み会に出たくない新人と、新人と飲みたい上司。

誘われても断って帰ってしまう新人。

断っても断っても誘ってくるのがしつこい上に、「たまには行こう」「こんなに誘ってもらってるのだからありがたく思え」「誘われたらついていうのが当たり前だ」と上司に言われたらうんざりしてしまいます。

上司は上司で、良かれと思って誘っているのに断られて、付き合いが悪いなと思っていますし、たまたま用事があるから断っているのなら今日ならどうだ?と何度もアタックします。

こんなときでもすり合わせ能力があれば、お互いの価値観をすり合わせることができます。

もう飲みニケーションなんて時代が古いし、自分はお酒はそんなに好きではない。

会社の仕事だけでも疲れているのにさらに残ってお金もでないのに嫌いなお酒を飲むという我慢を強いられるのは楽しくないし、自分の趣味の時間が大切なので、仕事が終わったらさっさと家に帰りたい、というのが新人の本音だとします。

上司の方では、会社で仕事をしているだけでは人となりがわからないし、仕事にはチームワークも重要なのでもっと打ち解けたい。

お酒は飲めない体質というわけではないのなら、若いうちには飲めないような本当に高くて良いお酒を飲めば考え方が変わるかも知れないから教えてあげたい。

自分は仕事が趣味なので、会社にいることが楽しい。

家に帰りたいという感覚がそもそもわからない。

という考えだったとします。

では、お互いが相手の立場や考え方を踏まえた上ですり合わせれば、

「金曜日の夜なら次の日に響かないので、量を飲まなくても良いのならぜひ連れて行って欲しい」

「打ち解けることが目的なので無理にお酒を飲む必要なないのだから、それならランチタイムに一緒にどこかへお昼ご飯を食べに行こう」

「自分も趣味を持ってみたいから、どんなことにはまっているのかまずは君の趣味の話を聞かせてくれ」という感じで、お互いの妥協点が見つかります。

今まで滞っていた状況も動き出しますし、相手に抱いていたネガティブな感情が、相手を理解することでポジティブなものに代わります。

新人がお酒の味を覚えて毎週金曜日は飲みに行くのが週間になったり、いままで趣味をもったことのなかった上司がプラモデル作りを教えてもらってすっかりはまってしまったり、という未来の展開もでてくるわけなのです。

お互いに歩み寄れる

このように、お互いに歩み寄るというのがとても大切なことなのです。

人間同士、相手があることなのですから、自分の意見だけを押し通して相手を無理矢理従わせようとするだけでは良い関係にはなりませんし、良いものも生まれてきません。

たとえば待ち合わせ場所や時間など、どちらか一方の都合で決めてしまえば、もう一方だけが苦労をすればそれで済みます。

ですが、単純に考えれば禍根を残すことは必至です。

しかし、また別の機会に苦労をした方の都合で待ち合わせ場所や時間を決める、というすり合わせがあれば話は別でしょう。

また、お互いの中間地点を待ち合わせ場所に選んだり、お互い無理のない時間を待ち合わせ時間にしたりすることでより円滑に物事を運ぶことができますし、お互いの印象も悪いものにはならないはずです。

どちらか一方が擦れて削れてしまうのではなく、つきあわせた双方が平等に擦れて慣らされていくからこその「すり合わせ」ですよね。

成果を出すことができる

前述のおだんご屋さんの例が良い例ですよね。

すり合わせによって両店が恩恵に授かれて、お客さんも美味しいものが食べられる。

美味しいタレと美味しいだんごが合わさった究極のみたらしだんご。

それはすり合わせの成果です。

すり合わせというのは頻度も大切なポイントになってきます。

今までライバル店だったふたつのお店が、コラボレーションをするということでまとまったのはとても良いことですが、その一度だけですり合わせが終わってしまうと良い結果にはならないことも。

何度もすり合わせを重ねて、このタレには柔らかいだんごが合うのでは、いやよもぎ味ならどうか、それならタレを二種類にしてみては?

などなど、意見を交換してすり合わせる機会を何度も持つことで成果があがります。

良い成果が出るとお互いの活力にもつながり、コラボレーションの第二弾を考えることになったり、このみたらしだんごに合うお茶を出すことにしたりと、できることが広がっていくのです。

日本人はすり合わせることが得意?

日本人は欧米人に比べると、すり合わせ能力に優れているという節があります。

すり合わせ能力を能力値として定義することはなかなか難しいですが、確かに日本人は和を尊ぶ民族。

他者との和合を重んじるので、なにか反発をするよりもまとまることを望みがちです。

複数ある意見のひとつを選ぶよりも、みんなが納得するようにいろんな意見を統合することを良しとする傾向もあります。

だから、すり合わせが得意、というわけなのです。

異なるもの、人との間をうまくすり合わせてきめ細やかに連携し、実現してくことができます。

ビジネスでいうと異なる技術分野の間における技術の融合やデザインと営業などの異なる部門との間での緊密な連絡と丁寧な調整、サプライヤーとの協力関係や顧客へのサービスなどが、日本のビジネス業界人は得意であり、通常の経営慣行として組織の土台にあるものであると言われています。

モジュール型とすりあわせ型

日本のビジネス業界でいうものの作り方には、モジュール型とすりあわせ型があります。

モジュール型というのは、ものを小さなモジュールにわけて、インターフェース部分はきっちり決めている状態で、それぞれのモジュールの中でそれぞれの企業が技術を革新してものの質の改善をおこなっていき、コストダウンもできます。

これに対してすりあわせ型というのは、インターフェース部分をきっちり決めてしまわずに現場ですり合わせて作り込んでいくということです。

モジュール型だとモジュールの仕様を決めるのに時間がかかってしまいますが、すり合わせ型ならふわっとしか決まっていない状態でも動き始めて、やりながら話を詰めていくことになるので話が早いのです。

すり合わせ型が優れていてモジュール型が劣っているというわけではなく、局面によって使い分けて、きちっと決めてあとは量産というやり方がうまくはまるときにはモジュール型、担当部分の切り分けが難しい場合にはすり合わせ型にするのが理想とも言われています。

モジュール型とすり合わせ型、どちらの方式でものづくりをしていくにしろ、どちらにしても現場では人と人の会話が必要になる局面というものは必ず出てきますし、そのときに意見がわかれた場合にはすり合わせ能力が必要にもなってきますね。

すり合わせ能力を身につける7個の方法

ではすり合わせ能力を身につけるにはどうすれば良いのでしょうか。

技能、スキルだと述べましたが、技能であるからには修得は難しいのかと言われれば答えは「ノー」です。

なにごとも程度はピンキリですが、努力次第ですり合わせ能力を身につけることは誰にでもできることなのです。

1.専門的な知識を身につける

なにかの職種に限った話ではありませんが、知識はやはり必要です。

専門的な知識を持っていればいるほど、その分野で戦いやすくなります。

さらには、専門知識があることで応用がきくようにもなります。

ものごとを多面的に見ることができて、さまざまな方向から客観的に見極め、いくつもの意見が出せるようになることでしょう。

たとえば名刺の印刷をするというときに、お客さんから「厚めで白い紙」といわれたときに、専門的な知識がないと言われるがままに厚めの紙を探す他ありません。

自分では見つけたと思ってもお客さんが思っている「厚め」と自分が思っている「厚め」が異なっていてうまく噛み合わず、「もっといい紙はないのかよ!」なんてお客さんから怒られてしまうこともあるかもしれません。

でも、紙に対する知識を持っていれば、「たとえばこの紙だと90kgですが、これよりも厚い方が良いですか?」

「紙の種類によって、同じ110kgの厚さの紙でも手触りが変わってくるので、これくらいの手触りでこちらの紙の種類にされるなら、100kgのものが最適だと思います」

「お客様の会社のロゴマークだと、この白い紙ならロゴの色を邪魔せずクリアに印刷できますよ」といった感じで、いろいろな意見を持つことができます。

お客さんからの「もっとクリーム色っぽい紙がいい」という要望に応えることもできますし、的確な意見を出してお客さんの真の意図を汲み取ることでうまくすり合わせを行い、当初の「厚めで白い紙」から「中厚口でやや黄色みがかかった白い紙」を選んであげるということだってできるようになるのです。

2.自分の知識をわかりやすく伝える

専門的な知識を持っているからといって、それが相手にうまく伝わらなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

相手は同じ知識を持っていないからこそ、たとえば自分はわかって当然と思っている専門用語を使ってしまって相手になにも伝わっていないと、すり合わせることもできません。

お客さんは「90kgってなに?90gの間違いじゃないの?でも名刺サイズの紙1枚が90gなの?」なんて思っているかもしれません。

自分にとっては90kgというのは当たり前のことですが、それをお客さんにきちんと説明する必要があります。

「紙はいわゆる模造紙のサイズが原紙になります。

これをカットしてA4や名刺サイズにして使うのですが、原紙サイズで1000枚重ねた状態のことを1連と呼んでいます。

1連の重さで厚さを表現するので、厚さの単位がキログラムなんです」ときちんと説明することができればお客さんも納得してくれます。

お客さんが「kgとかよくわかんないけど薄口」という場合なら、あくまでも連の重さで理解してもらうことにこだわる必要はありません。

だいたい薄口だと80kgくらいかな、という自分の知識をもって、70kgから80kgくらいの厚さの紙を数種類差し出して「こちらが薄口ですが、この中でお好みの厚さのものはございますか」と聞けば良いのです。

わかる言葉で言われたらお客さんも反発しませんし、「この厚さが良いけど色はこっちがいい」と意見も言ってくれるでしょう。

3.交友関係を広げる

交友関係を広げることは、知識を広げることでもあります。

幅広く人脈を作ることができれば、公私共に豊かになるでしょう。

人と会って話をするということだけでも、新しい刺激になったりアイディアが浮かんだり、参考になる情報が聞けたりします。

自分の視野も広がります。

いつもとは違う交友関係で、いつもなら触れない分野の話にふれることもできます。

これはすなわち、すり合わせに使える「ネタ」が増えるということです。

紙の知識はあるので、お客さんの要望どおりの紙を選び出して紹介することができていました。

紙のカットや加工の仕事をしている人と知り合ってその分野の話を度々聞くようになると、紙の種類だけではなくて同じ紙でもフチを丸くカットしたりレーザーカットでちょうちょの模様に切り出したりすることでずいぶん雰囲気が変わることや、ラメやホログラム、エンボスなどの加工という案を出すこともできます。

「この紙がいいけど本当はきらきらした模様が入っている紙がよかったんだけど」というお客さんの要望に対して、今までならひとつしか提案ができなかったところを、いくつも提案ができるようになるのです。

4.相手の考えを受け止める

意見が衝突してしまったとき、冷静に相手の話を聞くという話を先程もしましたよね。

相手の考えも受け止めるということが大切なのです。

受け入れるという言葉と受け止めるという言葉は、似ているようですが意味が少しことなります。

受け入れるということは相手の意見に自分の意見を合わせるということです。

相手が「今日は肉が食べたい」と言ったときに、自分は魚が食べたい気分なのに「わかった、じゃあお肉を食べに行こう」というのは、相手の「肉を食べたい」という意見を「受け入れている」ということになります。

自分の気持ちを我慢して、魚を食べるのを諦めて相手に合わせて肉を食べにいくというわけです。

これに対して受け止めるということは、相手の意見を一度確認して、その後で自分の意見を確かめることをさします。

相手が「今日は肉が食べたい」と言ったときに、自分は魚が食べたい気分でいます。

まずは「そうか、お肉が食べたい気分なんだ」と一度まずは相手の話を受け止めます。

そして、「わたしは魚の気分だったんだよね」と自分の意見を伝えます。

我慢して相手に従うのではなく、お互いの立場がフェアである状態です。

お互いの食べたいものが出揃い、ここから意見を出し合ってすり合わせを始めます。

お昼はお肉、夜は魚を食べに行こう、とお互いに譲り合うこともできますし、肉も魚もどちらも食べられるファミリー・レストランに行くことにしても良いでしょう。

ときには受け入れることがあっても良いです。

ただすり合わせを行おうとする場合には、まずは相手の意見を受け止めてから自分の意見を整理することで、すり合わせにつながっていくのです。

5.お互いの考えをまとめる

それぞれ別の人間なのですから、考えが違うのは当たり前です。

意見がぶつかってしまうのも当たり前。

意見が異なりぶつかりあった人同士は、心理状態が不安定になります。

不安定なまま突っ走って衝突してしまうと修復不可能な事態にも発展しかねません。

相手の価値観を尊重し、相手の考えを受け止めてよく聞きます。

その上で自分の考えを伝えます。

そうすることでお互いの意見を洗い出してまとめ、それぞれの異なる部分、同じ部分、妥協できる部分などを整理して組み合わせることで、すり合わせが可能になるのです。

6.物事を前向きに考える

物事をネガティブに考えていると、相手と意見がぶつかったときの動揺も激しくなってしまいます。

ひどいときには、「自分のことが嫌いだからこんな反対意見を言っているのでは?」などという被害妄想におちいることもあります。

ポジティブにとらえていればそんな発想にはなりませんし、意見がぶつかるということはそれだけ異なる意見が出揃っているということなので、よりよい意見を生み出すチャンスでもあるわけです。

そのように前向きに考えて、良い方向に物事を進めようとする力が、良い成果を生むすり合わせ能力につながります。

7.常に最新情報をチェックする

専門知識を学ぶことや交友関係を広げることともつながりますが、常に最新情報をチェックすることがすり合わせ能力を身につけることにつながるのです。

みんなで、イタリアンレストランで食事会をしようということになったとします。

食べたい料理はイタリアンで決まっていて、いつもいくお店があるのでそこにいくつもりでした。

でも、月曜日が都合が悪くなったので火曜日にしてほしいという人がでてきました。

いつもいっているイタリアンレストランは、火曜日が定休日です。

それなら水曜日にしようかというと、今度は水曜日なら無理だという人が出てくる。

なら木曜日はというと、木曜日は別件があるから無理という人もいる。

このままではうまく予定が合わなくて食事会の予定が流れてしまいかねません。

でもそんなときでも、情報があると状況が一転することがあります。

イタリアンレストランが今週は無休で営業するという情報があったらどうでしょうか。

みんなの予定を聞いてすり合わせて、火曜日なら大丈夫という人に合わせて火曜日にすればよいわけです。