対人恐怖症の人にとって、人と接することは恐怖でしょう。

相手がどんな反応をするのか、自分をどう思っているのかなど、考えれば不安になることばかりです。

また、対人恐怖症とまではいかなくても、人と接することが苦手な人や、人間関係でトラウマがある人は、どんな相手と接する場合にも抵抗があることが多いです。

そんな対人恐怖症の人が、何故そうなってしまうのか、また対人恐怖症の仕事はなにが向いているかをご紹介していきます。

対人恐怖症必見!安心してできる仕事11選

対人恐怖症の人は、その症状の指す通りに人との関わりに対して恐怖心を抱いています。

自分の言動や態度を人がどう見て、感じているのか、自分が周りにどう思われているのかなど、他人を信じることが出来ずに常に心の中では不安や疑心暗鬼の感情が渦巻いています。

そんな自分に対して嫌悪感を覚えている人もいれば、人間関係で過去にトラウマがあり、どうしても対人恐怖症になってしまう人もいるでしょう。

対人恐怖症になってしまう理由や原因は人によって違いますが、一度なってしまうとなかなか簡単に人と接することが出来なくなってしまいます。

しかし、社会に出て働かなければ、お金を稼ぐことは出来ませんし、生活していくことも出来ません。

そのため、どんなに人と関わることが嫌でも仕事をする必要はあります。

けれども、極力ならば人と関わりたくないという人のために、人と関わる時間の少ない仕事を以下にご紹介していきます。

1、トラック運転手

一口にトラック運転手と言っても、その仕事内容はさまざまです。

長距離を一人だけで走って淡々と荷物を届ける仕事もあれば、宅配便のように各家庭や会社に荷物を届ける仕事もあります。

いわゆる配送業ですが、後者の仕事の場合には、一日の内でたくさんの荷物を運びますので、それだけ人と関わる機会が増えます。

例え接する時間が短かったとしても、人と会うこと自体に抵抗があるというのであれば、前者の長距離トラック運転手の仕事が向いているでしょう。

トラック運転手も、荷物の運搬には変わりありませんので、最低限人と話す時間はあります。

しかし、何十分も話し込むことはあまりないですし、一度荷物を積めて走り始めてしまえば、後は届け先まで自分一人だけでひたすらトラックを運転することになります。

そのため、寡黙に過ごすことが好きな人や、一人が好きな人、周りの目を気にすることなく仕事をしたいという人には、トラック運転手はおすすめの仕事です。

接客業のように、人と積極的にコミュニケーションを取る必要はありませんし、相手を持ち上げたり、社交辞令や気を遣い過ぎることもありませんので、対人関係でのストレスは軽減出来るでしょう。

2、建物内の警備

警備の仕事は、基本的には建物内や駐車場を巡回します。

決められた時間に巡回することもありますし、一日中建物内を警備して回ることもあります。

建物内の警備の仕事は、火事や事故、事件や迷子など何かトラブルが起きない限りは、淡々と建物内を巡回していればいいため、そうした仕事が向いている人にとっては気楽にやれることでしょう。

また、建物内にいる人も、何もない時にいちいち警備員に話しかけるようなことはあまりしませんので、人と接する機会もそう多くはないでしょう。

とはいえ、イベント会場のように一時的にたくさんの人が集まるような警備の仕事の場合には、話しかけられる回数も増えることがあります。

また、警備の仕事は1人だけでやることはほとんどなく、大抵は2人~数人で一緒に仕事をすることが多いので、一緒の仕事をする相手によっては気楽に仕事が出来たり、反対に疲れてしまったりすることがあるでしょう。

絶対に1人だけで仕事がしたいというわけでなければ、警備の仕事もあまり人と関わることは多くはないのでおすすめです。

3、システムエンジニア


システムエンジニアとは、システムの設計、開発、テストなどを手掛ける職種です。

プログラミングの仕事と混同されることがありますが、プログラミングの仕事が必要な情報をコンピュータに打ち込む作業なのに対し、システムエンジニアはそのプログラミングをどのようにやっていくのかという流れを考えたり、またプログラミング後にはテストして、実際に稼働させたりと、一連のシステムの流れを司るのが仕事です。

ほぼ一日中コンピュータと向き合って仕事をすることも多いため、スタッフの一人ひとりが個人主義であまり他者とのコミュニケーションを得意としていない場合もあります。

専門職の中でも自分の仕事に集中することが出来ますので、理系や機械いじりが好きな人で、あまり人と関わりたくないという人にはおすすめの職種です。

また、難しい専門職の分野ですので、給料も一般的な会社の仕事よりも高額の場合が多いです。

あまり人と関わらずに好きな仕事を集中してやって、それで給料が多いのであれば、嬉しいと感じる人もいるでしょう。

しかし一方で、繁忙期には残業も多く、かなり忙しい職場でもありますので、働くことが苦痛な人には少々難しいかもしれません。

4、工場の作業員

工場の作業員の仕事は、特別な資格を必要としないものが多く、また学歴を問わないところが多いため、誰でも気軽に勤めることが出来ます。

工場の職種を選べば周りに人がいても、ほぼ会話がなく仕事が出来るところもありますので、あまり人と関わりたくないという人にはおすすめの仕事でしょう。

淡々と同じような仕事をこなしますが、ルーティンの仕事でも苦痛にはならないという人に向いています。

工場にはたくさんの人たちが勤めていますが、中には同じように人と関わりたくないから工場で働いている人も多いです。

そうした人たち同士であれば、互いに余計な詮索をしたり、慣れ合ったりすることもありませんので、安心して働けることでしょう。

5、在宅ワーク


在宅ワークは自分が個人事業主となって仕事をします。

そのため仕事で失敗をすれば、その責任はすべて自分が負うことになりますが、そう深刻に考える必要はありません。

自分一人だけで仕事をするのであれば、他に社員もいませんので、例え失敗しても大赤字になることはないでしょう。

また、在宅ワークというくらいですので、家にいながら仕事が出来るという環境の良さもあります。

家事や子育てでなかなか働きに出られないという人や、病気や個人の事情で外に出ることの出来ない人など、さまざまな人が在宅ワークで働いています。

個人が会社と契約を結んで仕事をこなし、その職種も多種多様です。

簡単なアンケート調査やデータ収集の仕事から、ライティングやプログラミング、イラストレーターなど、元々スキルや資格を持っている人ほど有利に高収入を得られますので、資格はあってもその仕事はしていないという人は、この機会にぜひ在宅ワークで仕事をしてみるといいかもしれません。

会社や企業とのやり取りもメールが基本で、時々テレビ電話やチャットなどでも話をすることがありますが、毎日するというわけではありませんので、対人恐怖症の人にもおすすめの仕事です。

6、投資家

投資家とは、事業や不動産、証券などに投資をする人を言います。

個人投資家と機関投資家とに分かれていますが、大抵は個人投資家であることが多いです。

株や債券、近年流行りのビットコインなどたくさんの種類がありますが、ある程度の資産さえあれば、後は投資をしてひたすら株価のチェックし、儲けたり損をしたりを繰り返します。

仕事ではありませんが、上手く投資でやり繰りが出来れば働かなくても生活していくことは可能になります。

とはいえ、売り買いのタイミングやどこへ投資すれば儲かるかなどは、ある程度の知識や経験、センスなどが必要とされますので、いきなり全財産を投資してそれで成功しようとしても難しいでしょう。

仕事をしつつ投資家として細々と活動し、投資が上手くいけば仕事を辞めるという方法はあるでしょう。

7、農業

農業は都会ではなかなか出来るものではありませんので、必然的に都会の喧騒を離れて、田舎で生活することになるでしょう。

ある程度自然の多い土地であれば、そこで農業をして自給自足で生活をしていくことは出来ます。

周りにほとんど家がない場所であれば、それこそ滅多に人と関わる機会はなくなります。

一方で、もしどこかの町や村に移住する場合には、町や村特有の組合やルールなどがありますので、それに従う必要があったり、最低限は周りの人たちとも関わったりしなければなりません。

農家一本でやってきた家ほど、他の家の人や初対面の人に対して物怖じせずに接しますので、そうした人たちとの関わりも嫌だという人の場合は、ほとんど周りに人が住んでいない土地を探す必要があるでしょう。

農業は決して楽な作業ではありません。

天候に大きく左右される仕事ですので、毎年のように安定して作物が採れるとも限りません。

しかし、一人でも黙々と作業をするのが好きで、自給自足を楽しめるという人には向いているかもしれませんね。

8、清掃員

大きな会社の中で勤める清掃員の場合、毎日たくさんの清掃員がいる中で仕事をすることがあるため、ある程度は上司や他の清掃員と話さなければならないこともあります。

しかし、例えばシフト制になっていて、自分1人か、多くても数人程度で場所を分かれて仕事をするような場合には、仕事中はほとんど人と話す機会はなくなりますので、気が楽ですし仕事にも集中出来るでしょう。

清掃の作業員にわざわざ話しかける人もあまりいませんし、掃除する対象と向き合ってひたすら仕事をしていれば良いので、人間関係で余計な悩みを抱くこともないでしょう。

9、新聞配達

新聞配達の仕事は、夜中に新聞を詰め込む作業と、終わった後の僅かな時間をスタッフ同士で話す機会はありますが、それ以外はまったくといっていいほどに人と関わる機会のない仕事でしょう。

稀に早朝から起きていて新聞を待っている人と話すことはあるかもしれませんが、ほとんどの家の人はまだ眠っている時間帯に新聞を配りますので、移動中も人とすれ違う機会が少なくて済みます。

季節によっては寒さで手がかじかんだり、天候によってはびしょ濡れになりながら配達をしたりすることもありますが、たった一人だけで仕事が出来ますので、かなり気は楽でしょう。

収入自体はそこまで多くはありませんが、例えば朝刊と夕刊を掛け持ちしたり、新聞配達の仕事と在宅ワークを掛け持ちしたりすれば、ほとんど人と関わることなく稼いで生活を送ることは可能でしょう。

10、ネット販売

ネット販売の仕事は、パソコンやスマホの画面としか顔を合わせることはありませんので、ほとんど人と関わる必要はありません。

また、購入者とのやり取りもメールが主ですので、電話や顔出しのチャットもする必要がなく、精神的にとても気楽に仕事が出来ます。

ネット販売にもいろいろな種類があり、自作の商品を販売することもあれば、安く落札した商品をネットで転売することもあります。

自分がネット販売のサイトを運営することも出来ますし、運営者の手伝いとしてパソコンやスマホの画面越しに雇ってもらうことも出来ます。

報酬単価は安いことが多いですが、その分たくさん数を売って売上げを上げたり、単価の高いものを少数販売したりと、それなりに頭も使いますしセンスも必要ですので、そうしたことが得意な人には向いている仕事でしょう。

11、デイトレーダー

デイトレーダーは、投資家の中でも利ザヤを稼ぐことを目的としています。

その日の内に買った株を売ったり、または売った株を買い戻したりと、一日の中で売買を繰り返して、それにより発生した利ザヤで収入を得ています。

デイトレーダーはある程度資産がなければ行うことは難しいですが、日本経済の回復傾向とともに、デイトレーダーの数も増加しています。

すでに投資をしている人や、投資に興味がある人はやってみるのも良いかもしれません。

対人恐怖症の人でも仕事は見つかる!

対人恐怖症の人は、他者といることでその恐怖症が発症します。

他者に自分がどう思われているのかと不安になったり、人の視線が怖かったり、また他者といる場面で自分のにおいや身だしなみを異常に気にしたりと、他者がいることで必要以上に情緒不安定に陥ってしまいます。

そんな状態ではまともに仕事が出来ないと思いがちですが、探そうと思えば対人恐怖症でも出来る仕事はあります。

これまでにご紹介してきた仕事の中でも、さらに人と関わる機会の少なそうな仕事を選べば、きっと対人恐怖症の人にも出来る仕事は見つかるでしょう。

人と関わることが怖くて、「自分はダメだ」と思ってしまう人は多いです。

けれども、対人恐怖症なのは決して本人が悪いというわけではありません。

ただ他の人よりも、人と関わることや接することが苦手というだけなのです。

対人恐怖症だからと諦めてしまわずに、自分でも出来る仕事を自分のためにも探しましょう!

対人恐怖症とは?症状をチェックしてみよう

人と接することが苦手な人は、これまでの人生で一度は「もしかして自分は対人恐怖症なのかもしれない」と疑ったことがあるかもしれません。

対人恐怖症は、病院でそうした病名を医者から付けられない限りは、自分がそうだとはなかなか分からないものです。

けれども、明らかに他の人よりも人とのコミュニケーションが苦手だったり、相手がどんな人でも極度に緊張したりする場合には、対人恐怖症の可能性はあるでしょう。

そもそも、対人恐怖症とはどのようなものなのでしょうか?広く一般的に言われているのが、「他者といる場面で不安を感じて緊張し、軽蔑されるのではないか、不快感を与えているのではないかと心配し、対人関係から身を引いてしまう障害」です。

気弱な人やネガティブ思考の人は、他者の反応や顔色をうかがう傾向にありますが、それがあまりにも強すぎる人の場合、対人恐怖症なのかもしれません。

対人恐怖症になってしまうと、その症状を改善することは難しいため、専門的な知識を持って少しずつ改善していく必要があるでしょう。

では、具体的にはどんな人が対人恐怖症だと言えるのでしょうか?以下に具体例を挙げますので、当てはまるものがある人は、今一度自分が対人恐怖症ではないかと自分に問いかけてみましょう。

人前でうまく話せない

人前に立つと緊張してしまって、うまく話すことが出来なくなってしまうことがあります。

これは何も対人恐怖症の人に限った症状ではありません。

あがり症の人やシャイな人、繊細な感情の持ち主であれば誰でも人前に立つと緊張してしまい、うまく話すことが出来なくなってしまいます。

自分自身のことや自分の考えや意見をうまく伝えることが出来ないため、それが原因で相手に誤解を与えてしまうことがあります。

また、緊張しているのが表情や態度にも出てしまうため、それで周りに人に笑われることがあれば、余計に人前に出るのが苦手になってしまうでしょう。

対人恐怖症の人は、例え1分前まで頭の中で自分の話す内容をきちんと考えていたとしても、いざ人前に出ると一気にその内容が飛んでしまい、頭が真っ白になって何も話せなくなってしまうことがよくあります。

顔が赤くなる

緊張すると、誰でも自然と顔が赤くなります。

それは緊張して顔に力が入ることで、顔全体に血流が集中して、顔が赤くなってしまうためです。

また、同時に熱も上がりますので、それもあって顔が赤くなってしまう人がいます。

例えるなら、お酒に弱い人がビールを1杯飲んで顔を真っ赤に染めた時のように、あがり症の人は人前に出ると緊張から顔が赤くなってしまいます。

対人恐怖症の人は、自分1人対大勢の場合のみならず、1人対1人の場合でも緊張から顔が赤くなります。

表情も強張っているため、明らかに緊張しているのが相手にも伝わってしまうでしょう。

それで相手に「リラックスして~」と気を遣われたら、今度はそのことで自己嫌悪に陥って、人と顔を合わせるのが苦痛に感じられてしまいます。

電話が怖くて取れない

対人恐怖症の人は、電話が怖くて取れないという特徴があります。

電話が苦手な人は少なくありませんが、対人恐怖症の人の場合、どんな相手からでも電話は怖いと感じてしまいます。

それは、電話越しで相手の顔がうかがえないため、相手の感情が分からずに、受話器の向こうで相手がどんな顔をしているのか、どう思っているのかを考えると怖くなってしまうためです。

では顔が見れたらいいのかと言えば、顔が見れてもやはり不安になってしまうため、そもそも人と話すことも電話をすることにも抵抗があります。

電話が鳴った瞬間にビクリとし、「どんな相手なのか」「どんな内容なのか」なのかを考えて怖くなってしまい、なかなか電話が取れなくなってしまいます。

他人と食事できない

対人恐怖症の人は、他人と食事ができません。

とはいえ、時には食事をせざるを得ない状況もありますので、そういう場合は本当に嫌々、渋々といったふうに食事に付き合うことでしょう。

けれどもいざ食事を始めても、相手の顔がまともに見れず、また自分が食事をしている姿を見た相手がどう感じるかということが気になって仕方がなく、とても食事になど集中出来ないでしょう。

とにかく相手から見た自分が気になってしまい、音と立てて食事をすることや、食器同士が触れ合って音を立ててしまうこと、そして食事をしている自分の姿などに不安や不快な感情を抱きながらその場を過ごしているため、傍目から見てもきょろきょろと落ち着きがないように見えてしまうでしょう。

もしそれを他人から指摘されれば、さらに恥ずかしい思いをしてしまい、もう二度と他人と食事などごめんだと思ってしまう人もいるでしょう。

手が震える

緊張すると手が震えるのは、多くの人に共通する特徴です。

対人恐怖症の人は、他人と接している時に極度の緊張や不安、恐怖などの感情を抱えていますので、どうしても手が震えてきてしまいます。

話をしながら落ち着きなく両手を擦り合わせたり、膝の上で握られた手が震えていたりすることも珍しくはありません。

冷静に他人を観察出来る人から見たら、直ぐにその手の震えには気付かれてしまうことでしょう。

抑えようと思っても、他人と接している時にはその手の震えを抑えることは困難でしょう。

対人恐怖症は20代~30代の女性に多い

対人恐怖症は、20代~30代の女性に多いとされています。

女性は比較的男性よりも恥ずかしがり屋で人見知りの傾向がありますので、対人恐怖症になりやすいのかもしれませんね。

とくに子供時代を一人で過ごすことの多かった女性や、学生の頃から他人とのコミュニケーションが苦手だった女性の場合、大人になってからも対人恐怖症が治らない場合があります。

20代~30代の女性は、周りの人たちからも何かと声をかけられる機会が多いため、余計に人とのコミュニケーションが嫌になってしまうことがあるでしょう。

自分で対人恐怖症かもしれないと自覚をしない限り、そのままで年齢を重ねてしまうことになるでしょう。

対人恐怖症になってしまう原因7つ

対人恐怖症は生まれ持った障害ではありません。

自分が育ってきた周囲の環境やトラウマとなる出来事が起こることなどによって、対人恐怖症になってしまいます。

その直接的な原因は人によって違いますが、多くの場合には元々対人恐怖症になってしまう要素をいくつか持っています。

要素がたくさんあれば、ちょっとしたことがきっかけで対人恐怖症になってしまいやすいでしょう。

では、どのような要素や原因が考えられるのか、以下にご紹介していきます。

恐怖心が強い

対人恐怖症になる人の多くは、恐怖心が強いという特徴があります。

幽霊や妖怪のように、目に見えないものが怖い、見知らぬ土地や人など、自分の見聞きしたことも会ったこともない存在が怖いなど、あらゆることに対して強い恐怖心を抱きやすい人は、対人関係においてもやはり強い恐怖心を抱きやすいでしょう。

例えば誰かに悪口を言われたのなら、悪口を言った相手はもちろん、その周りの人たちまでも疑って恐怖してしまう傾向がみられます。

思い込みが激しい

世の中にはあらゆる可能性が溢れていますが、思い込みが激しい人は、それらの可能性を自ら「これだけしかない!」と限定して狭めてしまっています。

誰かが「腹が立つ」と一言呟けば、誰のことが腹立つとまだ言っていない側から、「もしかして自分のことかも・・!」と疑ってしまいます。

そして疑ったが最後、あらゆる要素を脳裏で考え出し、「さっきあの人とぶつかっちゃったから、きっとそのことで怒っているんだ!」と勝手に思い込んで一人で恐怖してしまいます。

対人恐怖症になりやすい人は、このような恐怖心や不安感からの思い込みの感情が非常に強く、激しいです。

そして一度思い込むと、直接本人の口から違うと聞かない限りは、きっとそうだと思い込み続けるため、周りが何を言っても安心は出来ないでしょう。

【思い込みが激しい人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

あがり症で見られるのが嫌

あがり症は対人恐怖症の大きな特徴の一つでもありますので、元々あがり症の人は対人恐怖症になりやすいでしょう。

あがり症の人はとにかく人前に出ると緊張してしまいますので、普段から出来るだけ大勢の前で目立つ行為は避けようとし、また人から注目を浴びることに抵抗があります。

一対一でも相手が偉い立場の人や自分が尊敬する相手であれば、途端に緊張して顔が真っ赤になり、うまく言葉が出てこなくなってしまうでしょう。

子どものあがり症であれば見ていて微笑ましいですが、大人のあがり症となると、見ている側を不安にさせたり、反対に笑いを誘ってしまったりすることがありますので、そうなるとますますあがり症は酷くなってしまうでしょう。

人見知りな性格

人見知りな性格をしている人は、新しく人と出会うことに対して抵抗があります。

ポジティブ思考の人は新しい出会いの機会があると自らそこへ飛び込んでいき、積極的に他人とコミュニケーションを取ろうとします。

しかし一方で、人見知りな性格の人では、新しい人が現れると自分からは近づかず、また無難な距離を保とうとします。

相手に対する興味や好奇心よりも、「下手に近づかずに自分の心の平穏を保ちたい」という気持ちが強いため、自分からコミュニケーションを取ろうとはしないでしょう。

もしも自分のテリトリー内に誰かが入ってきたとしても、自ら相手を追い払うようなことは出来ないため、一人でもやもやと悩んでしまうことが多いです。

【人見知りの特徴は、こちらの記事もチェック!】

自分に自信がない

対人恐怖症になりやすい人は、自分に自信がありません。

自分に自信がないからこそ、他人の顔色や言動をうかがってしまい、誰かがため息をつけばそれが自分のせいなのではないかと極端に気にしてしまいます。

一見相手に対する気遣いが優れているようにも思えますが、自分に自信がない人は、とにかく相手の顔色をうかがってトラブルを避けることで、何よりも自分を守ろうとしています。

周囲の目が気になる

対人恐怖症になりやすい人は、自分に自信がありません。

そのため、常に周囲の目が気になったり、周囲からの自分に対する評価を異常に気にしたりします。

「自分が周囲からどう見られているか」ということに全神経を使っていますので、人前にいる時は常に緊張して気を張っています。

そのため非常にストレスも溜まりやすく、家に帰る頃にはドッと疲れが出てしまうでしょう。

容姿にコンプレックスを抱えている

自分の容姿にコンプレックスを抱えている人は、それだけ周りに自分を見られたくないと思っています。

例え他人から見たらその人の容姿が優れていたとしても、自分自身では容姿が劣っていると感じているため、他人からの賛辞も嫌味や嘘だと受け取ってしまうことが多いです。

人前を歩く時にも、誰も自分を見ていなくても「ブサイクだと思われているんじゃないか」と疑心暗鬼になってしまい、積極的に外へ出ようとはしません。

容姿に対するコンプレックスは、自分で「大丈夫だ」と気持ちを切り替えない限りは、そう簡単には直らないでしょう。

まとめ

対人恐怖症になってしまう原因は人それぞれです。

人間関係のトラブルが原因となって対人恐怖症になってしまうこともあれば、育ってきた環境で、人と接することが極端に苦手な場合もあります。

社会で生きていく以上は、どうしても人と関わらなければならないため、対人恐怖症であることが大きな障害になってしまうことも少なくはないでしょう。

とくに社会に出て働く上で、人とまともにコミュニケーションが取れなければ、会社でやっていけないと考えてしまう人もいます。

けれども世の中には、対人関係が苦手でも出来る仕事はたくさんあります。

そこまで種類は多くはないかもしれませんが、きっと自分にも出来ると感じられる仕事はどこかにあるでしょう。

対人恐怖症だからと諦めてしまわずに、自分に出来る仕事や向いている仕事を探してみましょう!