「なんだか最近ついてないなぁ…」「何かいい事ないかな」人生とは波乱万丈。

いつなん時、どんなことが起こるかは誰にも予知できません。

だからこそ、私達はいつか来たる「人生最高の1日」や「人生を変える素晴らしい幸運」を待ちわびてしまうのでしょう。

誰もが夢見るビッグドリーム…

ある日突然、億万長者になりたい!

歴史に残るビッグスターになりたい!

油田を掘り当てたい!

憧れの有名人と結婚したい!

欲望は尽きることをしりません。

ですが皆さん、いくら待機していても、そうそう幸せは歩いてきません!

夢にも見るような、スーパードリームを手に掴めるのは、天に見初められた極々一部の人間でしかありません。

天に見初められた強運の持ち主たちも、「まさか自分の身にこんな夢のようなことが…!」と、正に夢心地で驚いていることでしょう。

私たちがビッグドリームを掴むなんてのは、夢のまた夢。

天の神様が気まぐれでたまたま寄越したチャンスに、たまたま偶然物凄い運の良さを発揮した人たちがたまたま恵まれたに過ぎません。

そんな一生に1度起こるか起こらないか分からないような、とんでもなく希少な運を待ちわびるよりも、運は自分で掴みに行く方が手っ取り早いと思いませんか?

運は、実にとても気まぐれですが、私達は古く昔から、そのなんとも不確かな運というものに人生を幾度も捧げてきました。

そして、その運はたくさんの人の人生を変えるキッカケになり、多くの人に夢と希望を与えたのです。

私達が信じているカタチのない「運」は、あらゆるところに転がっていると信じられていたり、徳を積めば高められるとも言われています。

藁にもすがる思いで、運を手に入れたいと思う人は、まず自分自身が運を引き付けるような人間になることが第一段階。

人はみんな、運に見放されると「日頃の行いが悪い 」と言い、運を引き寄せると「日頃の行いが良い」と言いますね。

多くの人が決まり文句のように口にするこのセリフにこそ、運を引き寄せる鍵があるとは思いませんか?

何を信じるかはあなた次第です。

しかし、「何としてでも運を手に入れたい!」と切望する人のため、今回は「運が良くなる方法」と言われている「日頃の行い」とは一体どんなものなのか、細かく紐解いて紹介していこうと思います。

運が良くなる方法10選

「日頃の行いが良い」ということが運の良さにつながるというのならば、何かの運に恵まれた時に「日頃の行いが良いからだね!」と言われるような人をお手本にしたら、自分もそのルーティンにあやかれるのではないかと思いませんか。

運が良くなるように、まずは日頃の行いを見直して何が悪いことが起きた時に「日頃の行いのせいだね」と言われないようにする所からスタートしましょう。

人を大切にすること

人のことを馬鹿にしたり、礼儀をわきまえずに無礼を働くような人は、決して行いが良いとは言えません。

悪口や陰口を言ったりするなんてもってのほかです。

人は、決して一人で生きていくことはできません。

周囲の人達との調和を取りながら、コミュニティの一員として輪の中で活動していくことが常に求められます。

そうした中で、もちろん自分とそりの合わない相手と出会うこともあるでしょう。

しかし、だからと言って相手を攻撃したり、悪く言ったりするような真似はしてはいけません。

人との繋がりを大切にすることで、思わぬ縁が繋がって新しい関係が広がっていけば、そこから運が舞い込んでくるかもしれませんよ。

人との関係を大切にせず、ないがしろにしている人は、もしかすると、知らない間に大きな運を逃してしまっている可能性も…。

人生における人間関係は、良いも悪いも全てひっくるめて、それぞれ意味があるのだと考えることで、周りとの付き合い方も、見直すことができるでしょう。

親しき仲にも礼儀あり

どんなに仲の良い友人や、親しい家族や親族であっても、人と人の付き合いには、必ず礼儀が必要です。

近い人になればなるほど、その人が居て当たり前という感覚になってしまい、扱いがぞんざいになりがち。

常に感謝の気持ちを忘れず、当然のことなどないのだと思うようにしておかなければ、いけません。

親しい人も、そうでない人も、人間みな兄弟なのだと、広い心で接っしながら、それぞれの個性を認めて理解するように努めましょう。

自分の勝手な物差しで人の存在を否定したり、自分が優位に立ったつもりで相手を見下すようなことがあってはいけません。

「日頃の行いが良い」と言われるようなタイプの人は、周りの人から頼られる存在として慕われていたり、平等な優しさを持って周囲の人と分け隔てなく対応しているような協調性と大人としての余裕を持つ人ではないでしょうか。

いつも笑顔でいること

「笑う門には福来る」という言葉があるように、常に笑顔で、人生を楽しみながら謳歌しているようなタイプの方には運が向きやすいように思います。

そもそも、いつも笑顔で過ごしている人は、幸せに満ちた充実した生活を送っているイメージを持たれるでしょう。

そのイメージから、「きっと良い運勢に恵まれているんだろうな」と想像されているのかもしれませんね。

しかし、その印象はとても大切!「あの人は、何をやってもうまくいかない」と思われている人よりも、「あの人は、いつも良くやってる」と思われている方が周囲からの評価も良くなります。

すると必然的に、運はその人に味方をするのです。

周囲に与える印象は大切

いつも笑顔を大切にしていることで、「いつも明るく元気に頑張っている人」「とても愛想が良くて人当たりの良い人」という評価を得て、周囲から「いい子」「できる子」だと思われるようになるでしょう。

そうすると、何か困ったことになっても、周囲がバックアップしてくれるようになり、積極的に手を差し伸べてもらえます。

もし、何かミスをした場合も、普段の印象が良ければ、激しく怒られたり失望されたりすることなく、優しく励ましてもらえる可能性が高くなります。

これとは裏腹に、愛想が悪く、いつも怒ったような顔の人は印象が良くないので、周囲に敵をつくりがち。

自分を守ってくれる人が居ないと、いざという時に孤立してしまい、大変困った事態になってしまいます。

人が寄ってくるようになる

仕事だけでなく、恋愛面においても言えることですが、笑顔は大きな武器になりますよ。

いつも笑顔で明るいオーラを放っている人も周りには、自然と人が集まってきます。

人が集まるということは、いろいろな話が持ち出されるので、会話の中から思わぬ情報をゲットしたり、新しいコミュニケーションが生まれるかもしれません。

いかがでしょう、たった笑顔一つで、実にたくさんの運を引き寄せることができることがお分かりいただけたでしょうか。

笑顔でいることによって生まれる新しい展開が、さらに次の運を引き込むキッカケになるかもしれないのです。

ポジティブ思考になる


自分に運が向いているか、否か。

…この答えは、その人が置かれた状況だけでなく、物事の考え方によって大きく変わります。

もし、ポジティブな人とネガティブな人に、それぞれちょっとした幸せが訪れたとします。

同じ状況に直面していても、ポジティブな人は「ラッキー最高!」と思うのに対して、ネガティブな人は「なんだこの程度…」と思うかもしれません。

こうした考え方の違いによって、人は強運にもなれば、悪運にもなります。

【ポジティブシンキングをするためには、こちらの記事もチェック!】

考え方の癖次第で言動は大幅に変わる

運はちょっとした言葉や言動に引き寄せられてくるものです。

ポジティブな人がいつも小さなことで喜んでいる姿を見ていたら、周りの人は「いつも楽しそうだな」「これをしたら喜ぶかな」とその人に注意を払うようになり、いいことを運んできてくれることもあります。

逆に、何をしても無反応でつまらなそうにしているネガティブな人だと「話しかけないようにしよう」「別の人に頼もう」というように、周囲も避けていくので、折角自分のもとに来たかもしれない運を逃していることになりますね。

その人のライフスタイルによって、運を捕まえる行動をしているか、逃がす行動をしているか、それぞれ特性があるのではないでしょうか。

「普段の行い」が運に通ずるのであれば、できる限り運のある方向へと進みたいですよね。

一度、じっくりと自分の行動を振り返ってみてください。

人のアドバイスを素直に聞く

人のアドバイスを素直に聞き入れることができる人は、周りからの運気をうまく取り入れることができる人です。

運というのは、どこに転がっているかわかりません。

うまく運を拾ってチャンスに繋げられる人こそ、大きなドリームを掴む素質のある人です。

まずは、小さなことも見逃さないように、人の話にしっかり耳を傾けて、自分のために発してくれる言葉を一つひとつしっかりとキャッチしましょう。

人の好意をキチンと受け止められる人には、アドバイスする側としても「また助けてあげよう」という気持ちになります。

こうした人望がある人は、運を掴む機会にも恵まれるようになりますよ。

疑いや偏見はマイナスに作用する場合が多い

まず、何事にも疑いのまなざしを向ける方は、あらゆることに一歩引いて構えてしまうので消極的になってしまうことから、折角のチャンスを逃してしまいがちです。

どんなことにも興味津々に前のめりに向かっていける人は、新しいことに敏感で貪欲な吸収力があるので、幅広い経験ができます。

さまざまな経験を通じて、新しい発見が出会いの機会も増えていくので、自ずと運と直面することも多くなるという算段です。

人のために手助けをする

「良い行いをする」と言えば、やはり誰かの役に立つことが一番です。

簡単に言えば、人助け。

自分ではない誰かのために時間と能力を使うことは、骨が折れることではありますが、こうした良い行いが、つもりに積もって、最終的に自分のもとに返ってくるのは良くある話。

鶴の恩返しのような発想で、「良いことをすればいつか自分のもとにも良いことがあるかもしれない」と考えて、進んで人助けをしてみてください。

人に感謝される人は運が上向く

人から向けられる感謝や悦びには、プラスのエネルギーが沢山込められています。

誰かのために働きかけられる人は、常に、そうしたプラスのエネルギーをまとっていることになりますから、自ずと運気も上昇していきます。

「ありがとう」「助かったわ」と声をかけてもらうことで、「今日は良いことをしたな」と満ち足りた気持ちで日々を過ごせます。

自分自身の行動に誇りを持っていると、周りで何かハッピーなできごとが起きた時に、「頑張った分、運気が向いてきた!」とポジティブな気持ちになれるでしょう。

こうした気持ち良い循環が行われることで、その人の纏うオーラも華やかで輝き溢れるものとなります。

これこそ「日頃の行いが良い」人の鑑と言えますね。

計画的に生活する

計画性を持ち、しっかりとスケジュールを組んで無駄なく有意義な生活を送っている人は、毎日の循環がとてもスムーズです。

規則正しく、余裕のある日々を送ることで、常に視野を広く、新鮮気持ちで物事に取り組むことができるでしょう。

そうした健やかな生活は、運気の流れを良くする効果もあります。

それに引き換え、毎日を自堕落に過ごしている人は、生活スタイルが乱れていきます。

運の巡りも悪くなっていくので要注意。

ある程度生活リズムを決めた方が運を引き寄せやすい

運を定期的に引き寄せるには、日々のルーティンが整っていた方が良いとされています。

体の巡りや気の巡りというのは、運気にも大きく影響するのもなので、いつも爽やかに風通しのいい環境を心がけるようにしましょう。

生活環境や体調などが乱れているときは、運気も集まりにくくなるので、身辺は常に整えておくことをおすすめします。

ファッションにワンポイント、優しい色の物を入れる


明るい運を呼びよせるには、自分自身が明るいカラーを纏って運気を集めるアンテナとなることも良いとされています。

ファッションに明るく温かい色合いのアイテムを取り入れて、自分自身が元気で華やかなオーラを纏いましょう。

印象がグッと変わる

洋服のコーディネートひとつで、人の印象というのは大きく変わります。

暖色系の色を取り込めば明るく元気な印象に、寒色系の色を取り込めばクールな印象になるでしょう。

見た目の印象が変わると、その人自身の印象も変化します。

「どこか明るくなった」「華やかになった」と思われるようになったら大成功!周りから集まるプラスの評価は、良い運気となって新しいチャンスを運んできてくれますよ。

どんなことでもチャンスと捉える

人生に無駄なことは、なに一つとしてありません。

どんな些細なことも、取り組む側の意思次第で価値のあることに変わっていくのです。

「全て自分が成長するための良い経験になる」という心意気で日々のミッションに励んでいけば、小さなチャンスも大きなチャンスにすることができます。

自分のもとに巡ってくるチャンスを見逃さずしっかりと把握し、自分にとって有意義な経験にすることができれば、自分の可能性を広げるキッカケになるかもしれません。

目の前に置かれた課題を、活かすか殺すかによって、運気の流れも大きく変化します。

失敗も成功の素

失敗を恐れて、挑戦しない道を選んでしまうのは簡単です。

しかし、それでは掴める運も巡りくる運もすべて手放してしまうことになりかねません。

チャンスも運も、どれも自分から掴みかかりに行くくらいの勢いとハングリー精神を持って毎日を過ごしていなければ、知らず知らずのうちに、人生を変える強運を見落としてしまうかもしれません。

小さなものも大きなものも、しっかりと自分の目で見極め、体験し、糧としていくことで、本当に良い運がやって来た時に、すかざず本領を発揮できるはずです。

人生を楽しむことを大切にする

人生は楽あれば苦あり。

楽しいことも、苦しいことも平等にめぐってくるようになっています。

苦しいことばかりに目を向けて悲観的になるのではなく、楽しいことを目いっぱい楽しむアクティブな気持ちを忘れずにおきましょう。

人は失敗することを恐れて、逃げ腰になってしまったり、やる前から悪いiイメージを作ってできないと決めつけてしまうことが多々ありますか、何事もまずは「やってみよう」「楽しもう」と一歩踏み出す勇気を持ち続けたいですね。

子供の頃は、失敗する恥ずかしさより、やってみたいという好奇心が強かったので、「きっと、できる!」と自分を信じる気持ちもあったでしょう。

子供のように無邪気に

身の周りを整理整頓する

運気を求める人は、神聖な場所や自然が溢れるパワースポットに行きますよね。

これは、兼ねてより運というのが美しく澄んだ場所に集まるとされているからです。

運を引き寄せたいならば、身の回りは常に清潔に、きちんと整えておくようにすることが大切です。

家の中が汚い人や、整理整頓ができない人は、運気よりも悪い気が溜まってしまうので要注意!

植物を置くのもオススメ

パワースポットの定番と言うと、自然豊かな場所が多いですよね。

自然の持つパワーは偉大ですので、身近に緑が多いスポットがある人は、散歩に出かけたりして、森林よくをしたりするのも良いですよ。

部屋の中に植物を置いて、周囲の緑を増やすという手もおすすめです。

運が良い人生は100倍楽しい!

「運が良い人生」と「運が悪い人生」の、どちらを選ぶかと聞かれたら、答えは言わずもがなですよね。

誰だった運が良い人生にを歩みたいと思っているに決まっています。

しかし、運の善し悪しは自分自身で決められるわけではなく、まさに「運任せ」です。

運というのはは、存在するようで存在しない空想の産物だと言えなくもありません。

何を持って運と呼ぶのか、その明確な答えはありませんし、運の善し悪しを測る数値やデータなんてものもありません。

自分の運が良いか悪いかを決めるのは、結局自分次第ということではないでしょうか。

「運が良い」の定義は人それぞれ

「自分は運が良い」と思えば、その人は運の良い人ですし、「自分は運が悪い」と思えば、その人は運の悪い人になります。

あなたから見て「運が良いな」と思う人がいたとしても、本人的には「なんて不運なんだろう」と思っているかもしれません。

ですから、傍から見たら、あなたも「運が良い人」のカテゴリーに含まれている可能性だってありますよ。

ものの見方しだいで、物事の真実は、180度姿を変えてしまうのです。

あなたにとって、どんな人が「運の良い人」なのか、まずは1度自分の中で整理してみてください。

お金持ちになること

安直すぎるかもしれませんが、運が良いと聞くと、とりあえず宝くじでも買ってみるか…という気持ちになりますよね。

やはり、一攫千金でお金持ちになることは、誰もが1度は夢見るビッグドリームでしょう。

人生はお金が全てではない、とは言うものの、お金はあって困るものではありませんよね。

誰だってお金は余るほど欲しいと思っているはずです。

もちろんお金持ち=運が良い人だとは限りません。

コツコツと努力をして、売れっ子タレントになったり、物凄く勉強をして世界的な名医になるなど。

その人自身の力で富と名誉を勝ち得た人の方が、お金持ちとよばれる人たちの大多数です。

運に頼らず、実力でお金持ちになることを目指す方が遥かに堅実な道だと言えますね。

しかし、運任せで「お金持ちになること」を願う人は、努力をしてお金持ちになりたいのではなく、何もせずお金持ちになりたいのです!ただいきなり、目の前にお金が降って来て欲しいな~というくらいの感覚で「お金持ちになりたいなぁ」と言っているので努力してどうこうしようとは毛頭考えていないでしょう。

確に宝くじや馬券など、運一つで人生が大逆転するチャンスが存在しますから、どうしても自分の持っている運に希望を抱いてしまうんですよね。

外見が整っていること

世の中お金が全てだ。

…という人もいれば、世の中外見が全てだ。

…という人もいます。

たったこれだけの違いでさえも、人の価値観にどれだけの幅があるのかをうかがい知ることができますね。

外見が整っている人は、世間一般的に「勝ち組」と評価される世の中です。

容姿に対して勝ち負けを付けるなんて失礼だと言う人もいるでしょうが、大半の人が「その通りだ。」と言うはずです。

外見や容姿の優れた人が、得をするのが世界の常。

外見が整っていることのメリットは数多あれど、デメリットはなんでしょうか。

外見が良い人にしか分からない悩みや葛藤もあるとは思いますが、そうでない人達には一生知り得ない事だと考えると、人生で経験するステージさえも違うことが分かりますね。

外見の良し悪しは、ほとんど生まれつきで決まるものですので、まさに「運」そのもの。

代々引き継がれてきた遺伝子によって、顔立ちや体つきには大きな個体差があります。

これは、生まれる本人も、生む親も変えることのできない運命です。

どんなに変えたいと願っても、努力ではどうにもならないことの一つです。

最近ではあらん限りの努力とメイク技術を集結させて、別人の如く変身を遂げる人も少なくありませんが、やはり「素」の美しさと言うのは天然の美人&イケメンに叶うものではありません。

生まれた持った顔を見て「あぁ、私は運が悪かった」とは余り思いたくありませんが、整った容姿の人を見ると「あの人は運に味方されてるな」とは思いますよね。

運とは時に無情です。

頭が良く才能があること

頭が良い人は、一生懸命努力で習得する人と、生まれ育った環境や元来の頭脳の出来による人で大きくわかれます。

同じ学校で同じ教科書を使って勉強をしているのに、理解する早さや成績に差が生まれるのは何故なのでしょう。

これは、育ってきた環境やどんな風に教育を受けてきたかによって備えている基礎のスキルが違うことが主な原因です。

学ぶことが楽しいと感じられ、勉強を好きになれる環境で育った人もいれば、勉強に全く興味を持てず学ぶ意欲を持てない人もいます。

しかし、これも容姿のように自ら選べることではありません。

生まれる家や取り巻く環境というのは、生まれてみなければわかりませんし、その育ち方が自分にとって最良の条件だったのかどうかも、誰にもわかりません。

人は、どんな環境に生まれるかというのも、一つの運ですよね。

生まれる環境、時代、性別など、どれも運命のもたらすまま、その身に受けるしか術はありません。

どれか一つでも違う人生なら、その人の生きる道は全く違っていたはず。

ですが、それはもはや、あなたの人生では無くなりますから自分の生まれを根底から否定することはやめておきましょう。

人脈に恵まれること

人との出会いは、まさに時の運と巡り合わせによるものです。

居合わせた場所や時期など、ちょっとしたタイミングが違かったら出会わなかった人もたくさん居るはずです。

ある人との出会いが、人の人生を大きく変える転機になることも大いにありえます。

その人と出会っていなければ、出会わなかった人もいれば、知らなかったこともあるでしょう。

一つの出会いが繋いでいくコミュニケーションや連鎖反応は、何がどうなるか分からないものです。

思わぬ所から意外な人脈に恵まれて、驚くような躍進劇や、シンデレラストーリーがはじまることも珍しくはありません。

縁が縁を呼び、どんどん繋がっていき、仕事や恋愛など、さまざまな所へ発展していくケースもありますね。

こうした人と人と繋ぐ縁を結ぶキッカケは「運」と呼ばれる引力に他ならないでしょう。

大病を患わないこと

病気は、足音もなく忍び寄ってくる襲いかかる脅威です。

「まさか自分が」「まさかあの人が」という予想だにしない人物が、突然、病に侵されてしまうこともあります。

病気は検診などで予期できるものもあれば、原因不明の突発性のものもありますので、いつどこで、誰に発症するかどうかは「運」の一言に尽きます。

大きな病気を患わず、健康に過ごせることも運。

病の発症が、早期で見つかるかどうかも、タイミング次第なので運と言えるのではないでしょうか。

たかだか運に命を左右されていると思うと、なんとも複雑な気分にはなりますが、病気になるか、ならないかは、一部予防することはできても、人の力の及ぶ範囲を超えているため、一概にどうこうできる問題でもありません。

恋愛運がある

良い恋愛相手に巡り会えるか、相手との運が結ばれるか、結ばれたあと幸せに過ごせるか。

恋愛にはさまざまなシーンで、運が試されます。

恋の始まりとなる、出会いそのものも、一つの運でしかありません。

たまたま同じバイト先を選んだから、大学の講義で隣の席になったから、飲み屋で連絡先を聞かれたから…などなど、ほんと1時間や10分のタイムラグがあったら出会わなかった可能性も大いにあるでしょう。

それに、出会った相手との年齢差や立場の違いといったハードルが立ちはだかることや、お互いの気持ちがうまく噛み合わずに結ばれないようなことも、全てはタイミングと運によって左右されます。

それこそ、モテるか、モテないか。

告白されるか、されないかわ。

付き合うか、別れるか。

全ての工程において、何かしらの運が関係していることも少なくないと思います。

一瞬だけよりも長期間運が良いほうがいい

瞬間的に運気が上昇したとしても、後からまた振り出しに戻るようなことになったら元も子もないですよね。

運と言うのは、ギャンブルのように博打で使うのではなく、常に良い運が持続していくように努めることが大切なのではないでしょうか。

一瞬の幸せは、やがて過去として忘れ去られていくものです。

その時はこれまでにない程、輝かしい最高潮の日々を味わえるかもしれませんが、後先を考えず運を使い込むと、すぐに尽きてしまうでしょう。

一度良い運を掴んだら、それを永続的に離さず、ラックを持ち続けられるよう創意工夫をして、先々の人生のことを見通した行動をするのが最善策です。

これで今日から運気UP!

運気を上げたい人は、ただ待っているだけではいけません。

運を掴むためには行動あるのみ!身の回りの環境を整えたり、考え方を少し変えてみるだけで、毎日の風景が違って見えるはず。

運が思わず寄ってくるような、明るくポジティブな人になれるよう、まずは「自分は運が良い方だ!」と思うことからはじめましょう。

運が良い人には、メリットが 沢山のありますから、いつかの日か、驚くようなビックチャンスが巡ってくるかもしれません。

期待が希望になるように、自ら前向きに運を探してみてくださいね。

人生を魅力的にしていくのは、あなたの心意気次第です。