CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

目を引くの意味と使い方は?同義語や例文を解説。目を引く人ってどんな人?


あなたの周りには、なにかと「目を引く人」っていませんか?

目を引く人というのは、意識していないときにどうしても気になってしまったり、あまり意識しないぞ!と思っていてもどうしても“どこかで気になる”人なんですよね。

でもどうして私たちは、そのような“目を引く人”にひかれて、そのような人たちに注目してしまうのでしょうか?

それって理由もわからずに”なんとなく”のことが多いので、説明しようとしてもそれがまた難しいんですよね。

そもそも”目を引く”とはどのようなことを言っているのかさえ、理解していない人もいるのでないでしょうか?

「目を引く」という言葉のように日常的に使っていても、意味を理解せずに”なんとなくこんな意味かな”なんていう気持ちで、使ってしまうものってよくあるんですよね。

今回テーマにしている「目を引く」という言葉も同じことが言えます。

あなたは、おそらく「あの人は目を引く人だよね」なんて使っていながらも、その「目を引く」という言葉がどのような意味を持っているのか知らないのではないでしょうか?

それじゃあ、誰かに説明を求められた時に困ってしまいますよね。

そのようにならないように、この記事では「目を引く」というのがどのような意味を持っているのかについて、いろいろな角度から解説しています。

また、その説明をした後に実際に「目を引く人」というのはどのような人なのかについてもお伝えしています。

あなたの周りにいる”目を引く人”とおうのをぜひとも頭に思い浮かべながら読み進めてみて下さいね!

もしかしたらあなたが周りの人から「目を引く人」なんて思われていることが分かってしまうかも…?

「目を引く」を使いこなそう!

あなたは、「目を引く」という言葉をわかりやすく説明することができるでしょうか。

多くの方は、「目を引く」という言葉を使ったことはあるものの、誰かにその意味をきちんと説明しろといわれたらそれができないと感じているのではないでしょうか。

もしくは、実際に説明をしようとしてもなかなかイメージしている言葉を使うことができない、なんていうこともあるかもしれないですね。

理解したつもりでその言葉を使っているのと、本当に理解してその言葉を使うのとではまったくもって意味が異なります。

きちんと理解しているということは、“自分の言葉”で他者にそれを説明できるということをさしているんですね。

そのため、「目を引く」という言葉をつかえても、その言葉の意味を説明できないというのであれば、あなたが感じている“目を引く”の意味はもしかしたら間違っているのかもしれません。

そうすると、「目を引く」という言葉を“使いこなせている”とはいいがたいと思いませんか?

少し「目を引く」という言葉に対して不安を感じている方も、全く不安を感じずに使いこなせていると感じているそこのあなたも、ぜひとも「目を引く」という言葉の意味を再確認していきませんか?

そして、その言葉を正しく使いこなせるようになりましょう!

目を引くとは?

あなたは現段階で「目を引く」という言葉に対して、どのようなイメージを持っているでしょうか?

また、どんな風にこれまでに「目を引く」という言葉を使ってきたでしょうか。

おそらく、なんとなく気になるとか、その人が目立っていてどうしようもなく気になる…なんていう場合にこの言葉を使ってきたのではないでしょうか。

「目を引く」というとどうしてもそのようなイメージを抱いてしまいがちです。

それが間違っているというわけではないのですが、「目を引く」という言葉にはほかの意味もあるということを知っていただきたいんですよね!

ということで、ここでは「目を引く」という言葉の意味をお伝えしていきます。

なんと、簡単にお伝えしても「目を引く」という言葉は「目立つ」「注目される」「目が釘付けになる」「目くばせする」…なんて4つもの意味を持っているんです。

こんなにも意味があるなんて…!と驚かれたことでしょう。

では、それぞれにどのような深い意味があるのかについて詳しく解説していきます。

目立つ


「目を引く」という言葉を聞いて多くの方が「目立つ」という意味を感じたり、これまでにそのようなニュアンスでこの言葉を使ってきた人が多いのではないでしょうか。

そう、「目を引く」という言葉をよくよくみてみると、「目」がそっちにもっていかれるようなニュアンスの「引く」として表現されていますね。

そのため、「目を引く」というのは、目がそっちに持っていかれてしまうくらいに目立つ存在、または目立つ何か行動をしているということになります。

例えば、全身にゴールド色の洋服を身に着ける人がいたらどうでしょうか。

とても目立ちますよね。

ほかの人とは違うなにかがあり、そのめだっている存在にどうしても気をひかれてしまうでしょう。

それこそ“目立つ”からこそ“目を引かれている”状況になります。

「あの人は全身ゴールド色のタイツをみにまとっていて目立っていた」=「あの人は全身ゴールド色のタイツをみにまとっていて目を引いた」とイコールで結ぶことも可能ですね。

注目される

「目立つ」ということは、多くの人がその人に注目するような状況になりますよね。

ひとつ前の項目において、「目立つ」というのは「目をもっていかれるような状態になること」とお伝えしました。

ずばり、それって“注目すること”に値するので、「目を引く」という言葉には「注目される」という意味合いも含まれているということができます。

さきほどご紹介した例文を思い出してみてください。

もしも目の前に全身ゴールド色のテッカテカの洋服を着ている人がいたらどうするでしょうか?

どうしても気になって“注目”してしまいますよね。

ページトップ