人は見た目が9割だと言われています。

すなわち、初対面の人と顔を合わせた時に、まず見た目(視覚)で相手がどんな人間なのかを私たちは想像します。

次に相手と実際に会話をすることで、第一印象との差を埋めていきます。

しかし、第一印象が良くなければ、そんな相手とまともに会話をしたいとは思えないため、その後の交流に繋げるためにも、第一印象はとくに重要なものと言えるでしょう。

その第一印象を良くするためにはどうすれば良いのか、具体的な方法をご紹介します!

第一印象を良くする7個の方法

誰でも自分の大まかな第一印象は分かっていることでしょう。

これまで自分と関わってきた人たちが、口をそろえて「最初は話し難そうな人だと思った」と言えば、「自分の第一印象は話しかけ難いのか・・」と自覚しますし、また「優しそうな人だと思った」と言われれば、周りからの第一印象は悪くないということが自分で分かります。

そのため、自分の第一印象が良いのか悪いのかという大体の判断は、自分でもできます。

第一印象が良い人であれば、それ以上特別に第一印象を良くする努力は必要ないかもしれません。

しかし一方で、人に与える第一印象が悪い人の場合、第一印象が悪かったことが原因で円滑な人間関係を築けなかったり、周りの人から誤解されてしまったりすることがあります。

社会で生きていく上で、ある程度は自分の第一印象を良くしておいた方が、自分の人生を有利に送ることができるでしょう。

第一印象を良くするためにはどうすればいいのか、その方法を以下にご紹介していきます。

爽やかな笑顔


笑顔の人と仏頂面の人がいるとしたら、あなたならどちらの人に対して良い印象を抱きますか?恐らくほとんどの人が笑顔の人に良い印象を抱くことでしょう。

「笑顔は七難隠す」「笑う門には福来る」などのことわざがあるように、笑顔でいるというだけで、人に与える印象は良くなりますし、また人当たりが良くなることで自然と自分の周りの運気も向上しやすくなります。

笑顔にもにこにこ笑顔やにやにや笑顔などたくさんの種類がありますが、第一印象を良くするには、にこにこ笑顔や爽やかな笑顔がおすすめです。

とくに笑顔が爽やかな人は、清潔感もあるように感じさせますので、相手からの第一印象は良くなりやすいでしょう。

笑顔は毎日鏡の前で練習すれば、誰でも上手に作れるようになりますので、日々笑顔を浮かべるように意識しましょう。

笑顔に爽やかさが出せているかどうか不安な場合には、親や友人などに笑顔のチェックをしてもらうという方法もあります。

姿勢を良くする

ぴしっと伸びた美しい姿勢は、自然と周りの人の目を惹きますし、とても好印象に映ります。

例えば初めて顔を合わせる相手が、ものすごく猫背の人だった場合、「なんだか暗そうな雰囲気だなぁ」と感じる人は多いです。

猫背や姿勢が歪んでいる人は、性格や雰囲気も曲がっているように見えてしまいやすいですし、また根暗な印象を相手に与えてしまいやすいです。

人によっては、猫背の姿勢が自然と人を威嚇するように思えてしまうこともありますので、姿勢が悪い人は、日頃から姿勢を良くするように意識しましょう。

また、人と会う場面や特別な場面の時にのみ姿勢を良くしようとする人がいますが、日頃から姿勢を伸ばす癖がついていなければ、数時間も姿勢を保たせることはできず、疲労してしまうでしょう。

姿勢を良くするには日頃から意識して背筋を伸ばす努力をする必要があります。

相手の目を見て話す

恥ずかしがり屋の性格の人や、自分に自信のない人は、話をする時に相手の目を見ることがなかなかできません。

目が合うということがとても気まずいものに思えてしまい、一瞬目を合わせても、直ぐにそらしてしまうという人は多いです。

あまりにじろじろと相手の顔を見るのも失礼になってしまうこともありますが、話をしている時にはきちんと相手の目を見ることで、「誠実そうな人だな」「真面目で意志の強そうな人だな」と相手に良い印象を抱かせることができます。

いきなり人と目を合わせるのが難しいという人は、まずは家族や友人、恋人を相手に目を見る練習をすると良いでしょう。

また、話をする際には、普段は相手の鼻の辺りを見ながら話し、時々ちらっと目を見るようにすることでも、相手と目を合わせる練習をすることができます。

慣れてくれば数秒間、相手の目を見ながら話をすることも可能になります。

あまり目を見つめることだけに集中し過ぎてしまうと、話の内容がまったく頭に入ってこなくなってしまいますので、やり過ぎには注意しましょう。

聞き取りやすい話し方をする

あなたは人と話をする時に、自分の話したいことを一方的に相手に話すタイプですか?

それとも、相手が聞きやすいようにと話の内容を整理して、ひとつずつ相手の反応を見ながら話をするタイプでしょうか?

前者の人の場合は、「話を伝えたい」という熱意を相手に伝えることができますが、一方で相手の気持ちや都合にはお構いなしで一方的に話をまくし立ててしまうため、場合によっては迷惑に思われてしまうこともあるでしょう。

後者の人の場合は、相手が分かりやすいようにと意識して話をしていますので、相手の話を聞くペースに自分の話すペースを合わせることができます。

また、常に相手の反応を見ながら話をしますので、相手がつまらなさそうにしていれば、直ぐに話題を切り替えるといった臨機応変な話し方をすることができます。

聞き手の立場からすれば、後者の人の方が断然話が聞きやすく、受ける印象も良いでしょう。

ただしリーダーシップを発揮するような場面では、少々強引にでも熱意を持って自分の話しを進めることで、周りの人を引っ張っていくことができますので、その場に合わせた話し方を身に付けられるのが一番理想的でしょう。

早口や小さい声はNG

人に話を聞いてもらう時には、早口や小さい声はNGです。

「聞いて欲しい」という気持ちをもって話しているのですから、なるべく相手が聞きやすいようにこちらが工夫して話す必要があります。

人前で話すことに抵抗がある人やあがり症の人の場合、緊張からつい早口になってしまうことがあります。

自分ではゆっくり話しているつもりでも、聞き手には早口に聞こえていることが多いため、「、」や「。」で話を区切る際には、いったん呼吸を整えてから話し出すようにすれば、多少は気持ちが落ち着くでしょう。

また、プレゼンなどの場で話す際には、毎回自分の発表の際にボイスレコーダーなどで録音しておけば、後で自分の話し方を反省することができます。

また、話し声がぼそぼそと小さいと、何度も相手に聞き直させなければならず、相手にとっても自分にとってもストレスになってしまいます。

大声で話す必要はなくても、相手がきちんと聞き取れる程度の声量を出すように常に意識して話すようにしましょう。

広くて騒々しい場所ではある程度の声量で、また電車内や店内のような静かな空間では周りの迷惑にならない程度に、その場に合わせて声量を加減出来るようになれると良いですね。

汚い言葉遣い、間違った敬語もNG


若者言葉や世代の流行り言葉などを使う人も多いですが、あまり汚い言葉で話をすると、その人の品格が疑われてしまいます。

とても親しい友人同士であれば、若者言葉や世代の流行り言葉で話しても通じますが、初対面の相手にいきなりそんな言葉を使ってしまうと、相手が話の内容を理解出来なかったり、「言葉遣いが悪い人だなぁ」と悪印象を与えてしまったりする恐れがあります。

略語や流行り言葉などは親しくなってから使うようにして、それまではきちんと標準語で話をするように心がけましょう。

とくに初対面の人の場合、相手がどんな人物なのかお互いに探り合っている状態ですので、品位のある姿を見せるように気をつけましょう。

また、間違った敬語で話してしまっている人は、敬語の間違いに気づいた時点で直ぐに直すようにしましょう。

人から指摘されればそれを「ラッキーだ」と感謝して、どんどん直すように努めます。

そうすることで正しい敬語で話すことができるようになるでしょう。

清潔感のあるファッション

爽やかな笑顔や、はきはきとした話し方でも第一印象は良くなりますが、それらと同じくらいに重要なポイントが清潔感です。

例えばどんなに笑顔が素敵でも、にこっと笑った歯の隙間がびっしりと歯石で汚れていたり、聞き取りやすい話しの合間に口臭が漂ってきたりしたら、誰でも一歩引いてしまいますよね。

また、ぼさぼさ頭やよれよれの格好では、どんなに素敵な笑顔を浮かべていても、印象が悪くなってしまうでしょう。

清潔感を保つことも、第一印象を良くするためには必須です。

さらによく勘違いされるのが、「清潔感」と、実際の「清潔さ」との違いです。

清潔さは実際に清潔かどうかということですし、清潔感は相手がこちらに対して抱く印象のことです。

例えばどんなにお風呂に入って自分では清潔にしているつもりでも、相手がこちらの雰囲気や服装などから「清潔感がない」と判断したのなら、それは清潔ではないということになってしまいます。

清潔感は、相手がいかにこちらに対して爽やかさや清潔さを感じるかということですので、相手が納得するようにこちらも努力しなければなりません。

そのため、極端に例えるなら、実際には何日もお風呂に入っていなかったとしても、きちんとしたおしゃれなファッションに身を包み、制汗剤で体臭を隠して相手がこちらに対して「清潔感のある人だな」と感じれば、実際は清潔でなかったとしても、人からの印象は良くなります。

感を感じさせるファッションを日々意識することで、相手の第一印象は良くなるでしょう。

【清潔感がある人になるには、こちらの記事もチェック!】

相手の話しをしっかり聴く

人は誰しも「自分を認めてほしい」という承認欲求を持っています。

その承認欲求は、主に話をすることで満たされますので、世の中には人の話を聞くよりも、自分が話したいという人の方が多く存在しています。

とはいえ、誰もが自分の話ばかりをしていては、まともにコミュニケーションなど取れませんよね。

ある程度人とのコミュニケーションの取り方を心得ている人は、自分も話をしながらも、相手の話しもしっかりと聴くことができます。

相手も「自分の話しを聴いてくれる人だ」と感じれば、それだけでこちらに対する印象は良くなりやすいです。

また、話好きの人の中には、相手がきちんと自分の話しを聴いてくれているかどうかをチェックしている人もいます。

適当に相槌を打ったり、聞き流したりすると、こちらの態度を不愉快に感じることでしょう。

初対面の人の話をしっかりと聴く姿勢を持つことができれば、相手からの印象は良くなることでしょう。

相槌は大事

人の話を聴く時には、相槌が重要です。

黙ってただ話を聴いているだけでは、「本当に聞いてる?」と相手が疑問に感じてしまいます。

また、あまり「うんうん」と相槌を入れ過ぎても、鬱陶しく思われてしまうこともあるでしょう。

相槌を打つ際には、相手の話の合間や、一息おいたタイミングで頷くなり、「そうだね」「なるほど」「へえ~」と相槌を入れるなりするのがいいでしょう。

人は息を吐いて、また吸おうとする時が最も無防備になると言いますので、話の合間で一息おくタイミングで相槌を打つと、「きちんと話を聴いてくれている」と素直に好印象を抱きやすくなります。

また、時には相手の言葉をオウム返しにすることでも、こちらがきちんと話を聴いていることをアピールすることができるでしょう。

人によっては話した後でこちらにアドバイスを求めてくることもありますが、大抵はただ自分の話しを聴いてほしいだけということが多いため、相槌を打っているだけでも、相手に与える印象は良くなるでしょう。

自分の話ばかりしてはいけない

人の話をしっかりと聴くことは大事ですが、あまり相手にばかり話させて自分は秘密主義を貫くと、それはそれで不快な印象を相手に与えてしまうことがあります。

そのため、相手がある程度話し終えたところで、自分も話をするようにしましょう。

自分が話をする時には、相手の反応をうかがいながら、できるだけ相手に分かりやすく伝えることがポイントです。

ただ、話に熱中してしまうと自分の話しばかりをしてしまうことがありますので、ある程度話したところで、相手の意見もうかがうようにすると良いでしょう。

最も理想的なのは、自分の話しと相手の話す内容が、4:6程度になることです。

自分も話しをしつつ、相手の話す内容の方が少し多ければ、相手も「しっかりと話をすることができた」と満足してくれるでしょう。

随時気遣いを見せる

初対面の人と会った時、あなたは相手に合わせてもらうタイプですか?それとも自分が相手に合わせるタイプでしょうか?

後者のタイプの人であれば、自然と相手に対する気遣いができている人が多いです。

例えば食事をするお店選びや、道を歩く時の場所とり、相手の表情などから体調や気分を察したりと、スマートな気遣いが出来る人は第一印象がとても良く思われやすいです。

気遣いをし過ぎてあたふたしてしまうと、反対に相手に気を遣わせることになってしまいますので、適度な気遣いを心がけましょう。

随時気遣いができるかどうかは、自身の観察力がどれだけあるかによって変わってきます。

相手の目を見て話しながらも、相手の様子や仕草などから、場所を移動したいと感じているのか、急いでいるのか、それともどこか体調が悪いのかなど、つぶさに感じ取れるように日々意識していれば、自然と気遣い上手になっていくことができるでしょう。

人を大切にする人は魅力的

気遣いとは、人を大切にする心です。

例え自分に対する印象を良くするためにやっている気遣いだとしても、相手がそれを嬉しいと感じれば、自分のことを魅力的な人だと感じてくれる可能性は高いでしょう。

人は誰でも自分のことが一番大切ですが、同時に人のことも大切に出来る人は、周りの人たちからはとても好かれやすく、また信頼もされやすいでしょう。

自分の魅力を高めて、相手からの第一印象を良くするためにも、随時相手への気遣いの心を忘れないようにしましょう。

相手に興味を示そう

気遣いは、相手のことをしっかりと観察できている人ほど上手です。

つぶさに相手の言動や行動、態度などから相手の心情を察し、それに合わせて臨機応変に対応ができますので、相手も感心すること間違いなしでしょう。

こうした気遣いができる人は、相手に対して興味を持っている人が多いです。

相手に興味を抱くからこそ熱心に相手を観察し、その結果小まめな気遣いが出来ているのです。

一方で、他人に無関心な人は観察力にも劣っていますので、気遣いができなかったり、下手な気遣いで空回りしてしまったりすることが多いです。

第一印象を良くしよう!

誰だって、好んで他人に嫌われたいと思う人はいませんよね。

「なるべく人と関わりたくない」「人付き合いは面倒くさいし苦手・・」そう考える人はいても、自分から他人に嫌われたいと思ったり、嫌われようとしてわざわざ冷たい態度を取ったりする人はそういません。

しかし、人付き合いが苦手な人ほど、それが表情や態度に出てしまっているため、第一印象が良くないことが多いです。

「人からどう思われても構わない」と思っていたとしても、第一印象の悪さのせいで、あらぬ誤解を招いたり、トラブルを起こしてしまったりするのは極力避けたいところでしょう。

相手への第一印象を悪くして、その後で余計な揉め事に発展してしまう方が、よっぽど面倒臭いですし、心身ともに疲労してしまうことでしょう。

そのため、どんなに本心では「面倒くさい」と思っていても、第一印象は少なからず好印象になるように努めた方が、結局は自分のためになるのです。

人付き合いが苦手な人や、他人に無関心な人ほど、第一印象を磨くことをしないでしょう。

けれども自分のためだと考えて、最低限は相手へ与える印象を良くするように努めましょう!

やっぱり人は見た目が大事?!

「人は見た目じゃない」「大事なのは中身だ」そんな意見は世の中にありふれていますよね。

確かにそれらの主張は正解でしょう。

けれども、初対面の人と出会った時、まず私たちが第一印象の決め手とするのは相手の見た目です。

例えば話してみれば良い人かもしれなくても、見た目がぼろぼろのファッションにぼさぼさの髪の毛、伸びっぱなしのヒゲというように、いかにも清潔感がない格好だったら、まず「話をしてみよう」という気にもならないことでしょう。

「相手を知りたい」と思うのは、見た目で相手を判断した上での自分の気持ちです。

そのため、相手に自分を知って欲しいと思ったなら、まずは自分の見た目を磨くことが重要でしょう。

その上で、しっかりと相手と話をして中身も知った人が、「人は見た目じゃない」「大事なのは中身だ」と声高に主張するのです。

初対面の相手とまともに話をする前から「どんな見た目をしていようが、大事なのは中身だ」と熱心に主張する人がいたとしても、それはその人だけの考えであって、世間一般の考えとは異なることでしょう。

初対面では見た目の情報が全て

初対面の人の場合、まずは相手の見た目から得られる情報が全てです。

どんなに性格が最低な人であっても、実際に話をせず、外見だけで見たら多くの人が好印象を抱くことは珍しいことではありません。

要するに、見た目さえよければ誰でも第一印象は良くできるということです。

この見た目というのは、容姿以外にも清潔感や全体のファッション、雰囲気などが挙げられます。

例え自分の容姿に自信がなくても、一生懸命に生活感のある格好をすれば、少なくとも相手から悪い印象を抱かれることはないでしょう。

おしゃれや顔の造形の美醜には、そこまでこだわる必要はありません。

もちろんその場に合わせたファッションも大切ですが、何よりもまずは清潔感と、自分のまとう雰囲気を良いものにすることが大切です。

第一印象が大きく影響する場面とは?

私たちはほぼ毎日、大勢の人と初対面で出会っています。

例えば街中ですれ違う人や、バスや電車で行きかう人々など、自分が意識していないだけで、毎日のようにたくさんの人と出会っています。

しかし、ほとんどの場合はそれらの人たちとは会話もせず、ろくに顔を合わせることもなく通り過ぎてしまうことでしょう。

初対面ではあっても、相手の第一印象を感じる間もなく通り過ぎてしまう人たちが多いです。

そんな日々の生活の中でも、とくに第一印象が大きく影響するシチュエーションがあります。

それは恋愛やビジネス、就職面接などの場面です。

これらの場面では、第一印象がどのように大きく影響するのでしょうか?以下に挙げていきます。

恋愛

あなたは一目惚れをした経験がありますか?この一目惚れとは、文字通り「一目見た瞬間に相手に惚れてしまった」ということです。

学生時代に入学式や始業式などで一目惚れをしたことがあるという人も少なくはないでしょう。

大人になってからも、合コンのような出会いの場や、もしくは入社した先で異性に一目惚れしてしまうことがあるでしょう。

この一目惚れこそまさに、第一印象が大きく影響しています。

第一印象で自分の好みのタイプだからこそ、相手に一目惚れをしてしまい、相手のことをもっと知りたいと思うことでしょう。

恋愛は直感や見た目で恋をすることも多いため、第一印象がとくに重要視されています。

ビジネス

ビジネスの場においても、第一印象はとても重要です。

例えばA社とB社のどちらかと契約を結ぶことになった場合、A社の営業はパリッとしたスーツに身を包み、清潔感溢れる格好でいるとします。

一方のB社の営業は、着崩したスーツにぼさぼさの髪型で、清潔感があまり感じられない格好だった場合、果たしてどちらの会社と契約を結びたいと思うでしょうか?

断然A社の営業と契約を結びたいと誰もが考えることでしょう。

もしかしたら実際に営業の話を聞いてみたら、B社の方が条件は良いのかもしれません。

しかし、第一印象が悪ければ、最初からB社の話を聞こうという態度にはなれないため、営業内容が例え稚拙であっても、A社の清潔感溢れる営業と契約を結びたいと考えることでしょう。

見た目による第一印象は、このようにビジネスの場においても重要視されます。

就職面接

第一印象は、就職の面接時にも大きな影響を与えます。

例えば2人の就職希望者を面接した際に、どちらも話の内容は同じレベルだとしたら、面接官は他に何を見て合否を判断するでしょうか?

それは見た目の印象です。

もしも希望者の片方はしっかりと身なりが整っており、もう片方は靴やスーツの裾が汚れていたとしたら、面接官は身なりの整っている方を選ぶことでしょう。

身だしなみというのは、就職の面接のような場所においては、自分を良く見せるだけでなく、面接を受ける会社に対する気持ちの表れでもあります。

小綺麗な格好をしていれば、会社に対して敬意を払っているようにも見えるでしょう。

しかし小汚い格好をしていれば、そんな格好で面接に来るという時点で、会社に対して失礼になっていることもあります。

そのため、就職面接のような場面でも、身なりを整えて第一印象を良くすることは大切なのです。

第一印象が大事な理由

私たちは人と会う時に、何かと第一印象を気にします。

自分を相手に良く見せようとしたり、または相手の第一印象から相手の性格を予想したりします。

第一印象とは、簡単に言えば相手に対するレッテル貼りです。

相手を見た時の自分の印象で、勝手に「優しそう」「怖そう」など、相手の性格を自分で判断して、相手にレッテルを貼り付けることになります。

このレッテルは、相手と打ち解けていくことで、次第に剥がしていくことが出来るでしょう。

レッテル貼りは誰もが無意識にしてしまうことでもあります。

そのため第一印象で相手を判断するのはある意味当たり前のことでもありますが、なぜ第一印象がそこまで大事だとされているのでしょうか?その理由を以下に挙げていきます。

今後の関係性の良し悪しをイメージしてしまうから

人は第一印象で、勝手に相手の性格を判断しようとします。

「近寄りがたい」と判断すれば、相手と話す機会を自ら減らしてしまうことになりますし、また「優しそう」だと判断すれば、遠慮なくこちらから話しかけていくことができるでしょう。

人は第一印象、すなわち相手の見た目で、今後の相手との関係性の良し悪しを勝手にあれこれとイメージします。

そして相手としっかりと話をしない限りは、その印象がその後も変わることはありません。

良い印象であれば問題はありませんが、悪い印象であれば、相手のことを何も知らないのに悪く思ってしまったり、心無い噂を口にしてしまったりすることがあるでしょう。

第一印象は相手とのその後の関係性に少なからず影響を与えますので、それだけ大事だとされています。

信頼できるか否かをその場で判断してしまう

思い込みの激しい人や、自分の直感を信じすぎている人の場合、第一印象で勝手に相手の性格を判断し、「この人は信用できる・できない」ということを決めつけてしまいます。

一見胡散臭そうな人でも、よく話してみればとても口が堅くて慎重な性格をしているかもしれません。

けれども第一印象で「こいつは信用できないタイプだ」とその場で判断してしまうと、まともに話をしようともしなくなりますので、レッテルを剥がすことが出来なくなってしまいます。

思い込みの強い人と会った時に、相手に誤解を与えないためにも、第一印象を磨いておくことは大切でしょう。

よほどのギャップが無ければその後の進展は変わらない

人は自分の見た目によって性格が変わる傾向があります。

派手な服を着ている時には性格や言動も目立つことをしたがったり、恥ずかしいという感情が薄れたりしやすいです。

また落ち着いたファッションに身を包んでいれば、自然とそのファッションに相応しい振る舞いをしようとしますので、言動も落ち着くことが多いです。

第一印象で相手を決めつけるのは良くありませんが、少なからず第一印象と似通った性格をしている人たちもいますので、実際に話してみた時に、「第一印象のままだなぁ」と感じることはあるでしょう。

このように、第一印象と近い性格をしている人もいますので、よほどのギャップが無い限りは、第一印象のままで相手の性格を判断してしまうことは多いです。

まとめ

「人から良く思われたい」「無難な人間関係を築きたい」と考えている人は、自らの第一印象を磨くことで、その願いを叶えることが出来るでしょう。

ただしあまり第一印象を飾り立て過ぎてしまうと、相手がこちらに対して過度な期待をしてくることがあります。

そして相手が自分の期待にギャップを感じた場合、勝手にこちらに対して幻滅してしまうこともありますので、第一印象を磨くことは大切ですが、やり過ぎないように注意をすることも大事です。