‘人生の勝ち組、負け組‘や、‘負け犬‘のようなことを誰もが聞いたことがありますよね。

みなさんなんとなく「負け組には絶対なりたくない」、「勝ち組に私はなりたい」なんて思う人は少なくないと思います。

でも、一体負け組ってどんなことをいうの?なにをしたら負けなの?なにがあったら勝ちなの?と疑問に思うこともたくさんありますよね。

なにに対して負けなのかそれは人それぞれのとらえ方だと思います。

なので、ここでは挙げれるだけの一例をご紹介していきます。

負け組の定義とは

では、負け組の定義とはいったい何なのか。

例えば、収入が少ない事なのか、素敵な人と出会えず
幸せな家庭を築けていないことなのか。

色々な時に負け組という言葉を使いますよね。

なので、もはやなんのことなのかはっきり分かっている方は少ないと思います。

そこで、いくつかの例を見ていきましょう。

人生に満足してない


他の人から見ればその人は十分幸せに思えるようなことも本人が満足していない事で自分は人生の負け組と感じている方もいます。

なので、人生の勝ち負けは自分の中で決めていると思います。

結果的には自分で満足できることを人生でなしえたかで、自分を人生の勝ち組か負け組かを自分自身で決めているのです。

自分で自分の今までやってきたことや今の生活に満足をしているか。

負け組と決めるのは他人ではなく自分自身なのです。

そこで、負け組ではなくなるためには、自分のために自分の欲求のままに行動、生活してみてはいかがでしょうか。

自分のやりたいことを徹底して人に迷惑をかけない程度に自分自身に尽くしてみましょう。

これはまさに自己満足になるといえます。

逆に自分ではなく他人のためになにかをしてあげて喜びを感じ満足する人も中にはいるでしょう。

他人に何かをしてあげてその人の喜ぶ顔をみたいと思う人や、他人に何かをしてあげてる自分を誰かに評価されたいと思う人色々いますが、このような場合も自分の欲求で尽くすので自己満足に
なります。

こう考えると人間の行動すべてが自己満足といえるのではないでしょうか。

なので自分のしたいことを素直に行動することで自分自身が満足し自分のことを負け組とは、思わなくなるでしょう。

負け組とは自分のやりたいことに素直に応じず、やろうとも思わないで自分は人生の負け組だと決めつけて生きているひとのひとつの価値観からきているのです。

収入が極端に低い

負け組と聞いて思いつく一つに収入が低いというのは浮かんでくるのではないでしょうか。

自分を他人と比べて極端に少ないと負け組と感じる方が多いみたいです。

確かに収入は目に見える数値で現れるので周りの人と比べやすいです。

一番わかりやすいからこそそこに執着してしまう方が多いです。

当人だけではなく、例えば、ある女性が結婚相手を選ぶ条件として年収何千万以上なんて発言していますよね。

そういう面でも特に男性は収入を気にしてしまう傾向があるのです。

そこで、勝ち組と言われている年収例を見ていきましょう。

年収1000万円以上と言われると多くの人が勝ち組だと感じる方が多いので、1000万円以上の職業についてです。

仕事内容や、職種別から見てみると
・命を懸ける仕事
・命を預かる仕事
・お金を集める仕事
・難易度が高い国家資格
・起業家
・外資系企業勤務
・芸能関係で有名なひと

このような仕事が年収1000万円以上が多い職種の仕事内容のようです。

<職業別>


●パイロット
平均年収 約1240万円

●医師
平均年収 約1160万円 
※勤め先の病院や開業医などによって個人差があります。

●大学教授
平均年収 約1120万円
※講師や助教授はこれより低いです。

●大手総合商社勤務
平均年収 約1190万円

●大手テレビ局勤務
平均年収 約1300~1500万円台
※勤務しているテレビ局によって年収は大きく違います。

●漁師
平均年収 約1000~2000万円
※漁師は漁の種類によって大きく変動があります。

カニ漁師1000万~1500万
マグロ漁師800万~1500万
カツオ漁師700万~1200万
イカ漁師900万~2000万

●国家議員
平均年収 約2200万

●外交官
平均年収 約1400万

●弁護士
平均年収 約1100万

上記の職種以外にもありますがだいたいの職業例がこのようになりました。

次に平均年収1000万円以上の企業のランキングを見ていきましょう。

一位 スクエアエニックス
二位 フジテレビ
三位 日本テレビ
四位 TBS
五位 三井物産

上位五位までを紹介しましたが、ほぼテレビ局が占める形になりました。

ここまで、勝ち組と言われる年収1000万円以上の職業について見てきましたが、ここからは
どんな暮らしをしているのか気になりますよね一例をご紹介します。

平均年収1000万以上の人たちの税金は?
税金は181万円になります。

平均年収1000万円以上の人たちの家賃は?
人によって違いますがだいたいその人の年収の20~25%が家賃になりますので、そう考えると
月々16万~20万円の家賃の方が多いのではないでしょうか。

最後に年収で勝ち負けを決める方もいますがそれと同じようにすべてが年収だと思わない方もたくさんいます。

このような年収1000万以上だからといって俺は私は幸せ!勝ち組だ!と感じていない場合もあるのです。

年収が低いからといって負け組と決めるのは違うと私一意見からすると違うとおもいます。

独身

30歳を過ぎたころから独身ということをいきなり気にするようになってきます。

周りの友達が徐々に結婚した出産するのが多くなり自分が置いて行かれたように感じます。

そんな時に自分は負け組と感じる方が多いです。

そして、世間でも35歳を過ぎても独身と聞くと負け組というイメージがついていると思います。

あの人結婚いつまでもできないのね。

なんて、おもわれているのではないかと周りの目も気になります。

結婚して子供が居たら勝ち組という世間の価値観があります。

ですが、30歳を過ぎて独身だからと言って負け組というのは少しおかしい気もしますよね。

例えば、40歳や50歳を過ぎても独身だとしてもその先でとても素敵な人と出会い結婚して幸せな家庭を築けるかもしれません。

結婚したいという気持ちがあれば結婚を絶対にできないとはかぎりません。

確かに、年齢を重ねていくと出会いの場も減っていきます。

それに、結婚の中には子供という頭もありますし、出産となると年齢を気にしてしまうのは当たり前ですよね。

ですが、年齢を気にして結婚を諦めたり、私なんて負け組だと思う気持ちが負け組になってしまうと思います。

【独身の人はこちらの記事もチェックしたほうが良いかも!】

童貞

ある程度の年齢になるとほとんどの人が恋愛を経験しますよね。

人を好きになる感情もありますし、好きな人と付き合いたいなどの欲求も出てきます。

男女が交際をすれば、肉体関係も生まれてきます。

自分と同じ年齢の人がどんどん童貞を卒業していく中で自分はまだ誰とも付き合ったことがなく童貞だと負け組と感じます。

そして、世間でも童貞という言葉は悪口として使われます。

20歳を過ぎても童貞だと周りにもかくしていたくなりますよね。

別に童貞は悪い事ではないのです。