‘人生の勝ち組、負け組‘や、‘負け犬‘のようなことを誰もが聞いたことがありますよね。

みなさんなんとなく「負け組には絶対なりたくない」、「勝ち組に私はなりたい」なんて思う人は少なくないと思います。

でも、一体負け組ってどんなことをいうの?なにをしたら負けなの?なにがあったら勝ちなの?と疑問に思うこともたくさんありますよね。

なにに対して負けなのかそれは人それぞれのとらえ方だと思います。

なので、ここでは挙げれるだけの一例をご紹介していきます。

負け組の定義とは

では、負け組の定義とはいったい何なのか。

例えば、収入が少ない事なのか、素敵な人と出会えず
幸せな家庭を築けていないことなのか。

色々な時に負け組という言葉を使いますよね。

なので、もはやなんのことなのかはっきり分かっている方は少ないと思います。

そこで、いくつかの例を見ていきましょう。

人生に満足してない


他の人から見ればその人は十分幸せに思えるようなことも本人が満足していない事で自分は人生の負け組と感じている方もいます。

なので、人生の勝ち負けは自分の中で決めていると思います。

結果的には自分で満足できることを人生でなしえたかで、自分を人生の勝ち組か負け組かを自分自身で決めているのです。

自分で自分の今までやってきたことや今の生活に満足をしているか。

負け組と決めるのは他人ではなく自分自身なのです。

そこで、負け組ではなくなるためには、自分のために自分の欲求のままに行動、生活してみてはいかがでしょうか。

自分のやりたいことを徹底して人に迷惑をかけない程度に自分自身に尽くしてみましょう。

これはまさに自己満足になるといえます。

逆に自分ではなく他人のためになにかをしてあげて喜びを感じ満足する人も中にはいるでしょう。

他人に何かをしてあげてその人の喜ぶ顔をみたいと思う人や、他人に何かをしてあげてる自分を誰かに評価されたいと思う人色々いますが、このような場合も自分の欲求で尽くすので自己満足に
なります。

こう考えると人間の行動すべてが自己満足といえるのではないでしょうか。

なので自分のしたいことを素直に行動することで自分自身が満足し自分のことを負け組とは、思わなくなるでしょう。

負け組とは自分のやりたいことに素直に応じず、やろうとも思わないで自分は人生の負け組だと決めつけて生きているひとのひとつの価値観からきているのです。

収入が極端に低い

負け組と聞いて思いつく一つに収入が低いというのは浮かんでくるのではないでしょうか。

自分を他人と比べて極端に少ないと負け組と感じる方が多いみたいです。

確かに収入は目に見える数値で現れるので周りの人と比べやすいです。

一番わかりやすいからこそそこに執着してしまう方が多いです。

当人だけではなく、例えば、ある女性が結婚相手を選ぶ条件として年収何千万以上なんて発言していますよね。

そういう面でも特に男性は収入を気にしてしまう傾向があるのです。

そこで、勝ち組と言われている年収例を見ていきましょう。

年収1000万円以上と言われると多くの人が勝ち組だと感じる方が多いので、1000万円以上の職業についてです。

仕事内容や、職種別から見てみると
・命を懸ける仕事
・命を預かる仕事
・お金を集める仕事
・難易度が高い国家資格
・起業家
・外資系企業勤務
・芸能関係で有名なひと

このような仕事が年収1000万円以上が多い職種の仕事内容のようです。

<職業別>


●パイロット
平均年収 約1240万円

●医師
平均年収 約1160万円 
※勤め先の病院や開業医などによって個人差があります。

●大学教授
平均年収 約1120万円
※講師や助教授はこれより低いです。

●大手総合商社勤務
平均年収 約1190万円

●大手テレビ局勤務
平均年収 約1300~1500万円台
※勤務しているテレビ局によって年収は大きく違います。

●漁師
平均年収 約1000~2000万円
※漁師は漁の種類によって大きく変動があります。

カニ漁師1000万~1500万
マグロ漁師800万~1500万
カツオ漁師700万~1200万
イカ漁師900万~2000万

●国家議員
平均年収 約2200万

●外交官
平均年収 約1400万

●弁護士
平均年収 約1100万

上記の職種以外にもありますがだいたいの職業例がこのようになりました。

次に平均年収1000万円以上の企業のランキングを見ていきましょう。

一位 スクエアエニックス
二位 フジテレビ
三位 日本テレビ
四位 TBS
五位 三井物産

上位五位までを紹介しましたが、ほぼテレビ局が占める形になりました。

ここまで、勝ち組と言われる年収1000万円以上の職業について見てきましたが、ここからは
どんな暮らしをしているのか気になりますよね一例をご紹介します。

平均年収1000万以上の人たちの税金は?
税金は181万円になります。

平均年収1000万円以上の人たちの家賃は?
人によって違いますがだいたいその人の年収の20~25%が家賃になりますので、そう考えると
月々16万~20万円の家賃の方が多いのではないでしょうか。

最後に年収で勝ち負けを決める方もいますがそれと同じようにすべてが年収だと思わない方もたくさんいます。

このような年収1000万以上だからといって俺は私は幸せ!勝ち組だ!と感じていない場合もあるのです。

年収が低いからといって負け組と決めるのは違うと私一意見からすると違うとおもいます。

独身

30歳を過ぎたころから独身ということをいきなり気にするようになってきます。

周りの友達が徐々に結婚した出産するのが多くなり自分が置いて行かれたように感じます。

そんな時に自分は負け組と感じる方が多いです。

そして、世間でも35歳を過ぎても独身と聞くと負け組というイメージがついていると思います。

あの人結婚いつまでもできないのね。

なんて、おもわれているのではないかと周りの目も気になります。

結婚して子供が居たら勝ち組という世間の価値観があります。

ですが、30歳を過ぎて独身だからと言って負け組というのは少しおかしい気もしますよね。

例えば、40歳や50歳を過ぎても独身だとしてもその先でとても素敵な人と出会い結婚して幸せな家庭を築けるかもしれません。

結婚したいという気持ちがあれば結婚を絶対にできないとはかぎりません。

確かに、年齢を重ねていくと出会いの場も減っていきます。

それに、結婚の中には子供という頭もありますし、出産となると年齢を気にしてしまうのは当たり前ですよね。

ですが、年齢を気にして結婚を諦めたり、私なんて負け組だと思う気持ちが負け組になってしまうと思います。

【独身の人はこちらの記事もチェックしたほうが良いかも!】

童貞

ある程度の年齢になるとほとんどの人が恋愛を経験しますよね。

人を好きになる感情もありますし、好きな人と付き合いたいなどの欲求も出てきます。

男女が交際をすれば、肉体関係も生まれてきます。

自分と同じ年齢の人がどんどん童貞を卒業していく中で自分はまだ誰とも付き合ったことがなく童貞だと負け組と感じます。

そして、世間でも童貞という言葉は悪口として使われます。

20歳を過ぎても童貞だと周りにもかくしていたくなりますよね。

別に童貞は悪い事ではないのです。

ですが、人は、周りのみんなと違うことをとても嫌がります。

恥ずかしいと思ってしまいます。

最近では20歳までに童貞を卒業する人が増えてきているので余計に周りに童貞を卒業しているひとが多いと焦ってしまい自分は情けない恥ずかしいと感じて負け組と感じるひとが多いのです。

負け組の特徴:なにごとにもやる気がない


負け組の特徴として何事もやる気がないということが挙げられます。

勝ち組の人は向上心があります。

何事にも前向きに取り込むという特徴があります。

人生は自分自身が楽しいと感じるかです。

人生を楽しんで勝ち組になれるかは自分自身なのです。

やるべきときにやらない

どんなこともやる気を出してやらなければならない時があります。

例えば、勉強が嫌でテレビゲームやスマホをいじってしまって時間が過ぎたり、今日の授業が嫌だからサボって休んでしまったり。

苦手なことを頑張って少しでもやろうという気持ちが全くありません。

なので、いつまでたっても成長できずに、同じことを繰り返してしまいます。

どんなことにも立ち向かって乗り越えれたらそれはとても素敵なことです。

ですが、世の中にはそんな人ばかりではありません。

それは仕方ないです。

弱いところはみんなあるのです。

ですがそんな中でも何かうまく行かないことを人のせいにしてふさぎ込んでいる人います。

それは自分がやるべきことから逃げてしまっているだけです。

いつも先送り

嫌な事から逃げて先送りにしてしまうのも特徴の一つです。

たまには、嫌な事から逃げることも必要な時があります。

ですが、毎回では、なにも得られません。

自分が嫌な事をするのはとても大変なことです。

好きなことをやっている時と嫌いなことをやっている時とは時間の進み方も違うくらいです。

最初からすべて頑張ってやろうと思うのではなく少しだけ頑張ってその時間を少しづつ増やしていったり、自分なりの改善策を見つけて負け組から勝ち組になるために、嫌な事にも取り組んでいきましょう。

【やる気スイッチの押し方はこちらの記事をチェック!】

負け組の特徴:新しいことを嫌う


人は、生きていれば環境が変わってしまう事は多々あります。

そんな時に対応出来なくなってしまう方もいます。

ですが、人間新しいことを経験して成長していくのです。

その新しいことも楽しめる人間が勝ち組です。

仕事でも、恋愛でも、趣味でも新しいことに挑戦するのはとても不安ですし勇気がいりますよね。

不安でいっぱいで緊張でがちがちになってしまってすぐに諦めてします方もいるでしょう。

いつも同じことばかり

新しいことをするのは誰でも嫌です。

同じ事しているのは安全ですし勇気もいりません。

同じ事をずっと続けるということはとてもすごい事ですが、場合によっては違うことにも挑戦しなくてはならないこともあります。

例えば、友達や彼女の趣味が自分とは違った場合無理にとは言いませんが少し興味をもってやってみようって思えればその人との関係はもっと深まります。

それに、自分の中に新しい部分が増えて成長します。

ほかにもいつもの髪型を少し変えて新しい髪型に挑戦してみる。

そしたら気分転換にもなりますし、周りの印象もいい方向に変わったりなんてするかも知れません。

いつも同じことばかりをしていては、本来得られるものも得られないかもしれません。

挑戦していくことで、仕事面でも出世したり交友関係も広がり素敵な方と出会えたりします。

新しいことをしないで同じことばかりしているからこそ負け組になってしまうのです。

変えたいはずなのに変えようとしない

「こんな自分を変えたい!」と思っても負け組の方は変える努力をしません。

人はすぐには変わりません。

変わるためにはまずは自分が強く変わりたいと思いそれを行動に移さなければ変わらないのです。

ですが、このような人は"いつかは変えれたらいいな"なのです。

自分が変わるために行動しよう!ではなく、いつかは変われると人任せにします。

それでは、いつまで経っても変わることなんてできませんよね。

変わるために努力している人でさえ、変わることはとても大変なことなのです。

負け組の特徴:努力が嫌い

負け組と言われてしまう人は今の生活に満足していないのに努力をしない方が多いです。

今の自分の生活では、ダメだってわかっているのですが、変える努力をしません。

言い訳や愚痴が多く自分なんてと嘆いているだけのようです。

周りの努力している人は努力をしないで今の幸せな生活を手に入れていてずるいななどと思っているのです。

でも、中には努力をしても空回りをしてしまい周りに馬鹿にされてしまって、諦めてしまったという方もいるのです。

難しいですね。

まずは、周りの努力してるなとか羨ましいなと思う方を観察して真似してみるのもいいかもしれません。

努力という言葉を見るだけでもぞっとする

そもそも、努力という言葉が嫌い。

聞くだけでもぞっとしてしまう方もいます。

何に対してもやる気が出ずにいつも同じことの繰り返しです。

一般的には、努力という言葉はプラスの言葉です。

夢に向かって頑張っている人や、今の生活を頑張っている人が使ったりその人たちを表す言葉です。

努力って素敵なことです。

まだなしえていないものを自分の力で手にする。

人間は結果、失敗をしても成功をしても努力をしたという途中の結果が1番大切です。

それによって人は成長し、1歩進むのです。

その経験を生かし次の何かをするときにその経験が役に立つ時がきます。

努力をしている人は、前に進むことができます。

このように素晴らしい言葉の努力がなぜ嫌いという人がいるのか、それは努力という言葉を聞くとこのようなイメージを持つことがあります。

苦労、大変、自分を犠牲にする、体力を使う、頭を使う。

などめんどくさいなと思うようなイメージが湧いてきてしまいます。

このようなことをしたくないと思うので努力という言葉自体嫌いになってしまうのです。

いつもだらだら、分かってるはずなのに

負け組の人は、今のままではいけないことは、頭の片隅ではわかっています。

ですが、蛙ということはとても難しいです。

どんなに自分に厳しい人でも簡単には行きません。

普段から努力をしている人でさえうまくいかないことを、普段から努力をしない方ができるはずがありません。

目の前のことからすぐできることから少しずつでも始めてみましょう。

だらだら過ごすことは悪い事ではありません。

ですが、一週間の大半をダラダラ過ごしていては周りにどんどん差を付けられてしまいます。

まずは、自分で小さなことでもいいので一日の目標を作りましょう。

それをコツコツクリアしていくことで達成感を味わい努力する喜びを知れると思います。

負け組の特徴:欲がない


負け組の特徴として、欲がないというものが挙げられます。

一見欲がない事はいいことと思われがちですが、欲がないと人は生き甲斐が少なくなります。

例えば、好きな人と一緒に居たいや、出世欲、物欲、生存欲、感楽欲、承認欲など人には欲があって当たり前なのですが無い人もいます。

欲がないから頑張れない

なにかを手に入れたいという欲があれば人はそれを手に入れるために頑張ります。

ですが、欲がない人は手に入れたいものがないので頑張りようがないのです。

例えば、物欲ならそれを手に入れるためにはお金が必要なので頑張ってお金を稼ぐために仕事を頑張ります。

そうやって仕事を頑張ることで次に上を目指したいと思うようになり出世欲や周りから、認めてもらいたいと思い承認欲が出てくるのです。

欲求は人が成長するために必要なものなのです。

それがない人は頑張ることもしないので負け組のままになってしまいます。

でも、無いものねだりをする

努力をすることが嫌いで欲があまりないのですが、ないものねだりをします。

勝ち組のひとを羨みますが、それは自分にないものがあるので欲しくなります。

これは、欲とは言わないのでしょうか。

自らの欲からなら努力をしますが、ただ羨んでないものなだりをしているだけでは手に入らないのです。

そのことがわかっていないのでいつまでたっても変わらないのです。

ないものねだりはだれにもありえることなのですが、そればかりではいけませんね。

ないものねだりをしてしまう方は、自分には価値がないと思ってしまっています。

あこがれる対象はたくさんあります。

外見や、スキルあなたが強くあこがれるものがあったとしても憧れているそれをいま自分がもっていなくても自分には価値がないと思ってしまっては絶対にいけません。

それを今あなたが持っていないだけであなたは何も持っていないわけではないのです。

他の人はもっていないあなたしかもっていないものが必ずあるのです。

卑屈にあなたがなる
必要は全くないのです。

憧れているそのものだけに焦点を当てずにいまの自分の持っているものにも目を向け自分をほめてあげましょう。

人にあるものを自分は持っていないからといって拗ねていてばかりでは負け組のままです。

負け組の特徴:服に気を遣わない

服や外見は、時にその人を表現したりその人の内面を移すことがあります。

人の第一印象を決めることもある大切なものなのです。

人は中身を見ることが一番大切ですが、中身をちゃんと知れるのは難しいし人と人との出逢いで一番初めに目が行きます。

服がだらしなくてマイナスのイメージをもたれなら中身が良くてももったいないですよね。

外見に気をつけるというのは単にお洒落かどうかブランド物を着ているかとか、服をたくさん持っているかとか、流行の服を着ているかどうかではありません。

大事なのは、汚れなどがないかなどの清潔感や、明らかに季節はずれではないかの季節感、臭いしわだらけではないかなど、一つ一つの服をきちんと大切にして手入れ出来ているかなのです。

だらしない服を平気で着る

負け組の人はどうしても外見を気にしないので、どこに行くときでもだらしない服装で出かけてしまいます。

服装は印象を決める大切なものです。

時と場合によって服装を決めることも大切です。

例えばしっかりとした服装でいかなければならない場所にだらしないヨレヨレのシャツやスウェットなどTPOをわきまえていない服装で行ってしまうと悪い印象をもたれてしまいます。

中には服装がだらしないとその人の家も散らかっていし汚いし生活もだらしないだろうなと思ってしまうひとも多いみたいです。

服装ひとつでいくら中身がよくてもきめつけられてしまったら悲しいですよね。

せっかくのチャンスもを服装で逃してしまう危険性もあるのです。

負け組と呼ばれてしまう方は、それに気付けていないのです。

人がどう思うか分からない

服装がだらしなく時と場合にあっていない服を着ているとマイナスのイメージで見られてしまうと上記で言いましたが、普通の方はそれに気づいていて周りのひとに変に思われないように服に気を使い時と場合にあった服装をしようと心掛けます。

ですが、負け組の方はそれに気づいていないので自分が楽な部屋着同然の服装やしわがたくさんの服や汚れてしまっている服で過ごしてしまいます。

他人の意見に左右されないことは時には必要で大切なことです。

ですが、時には他人の目や意見も気にしなければならない時もあります。

人の意見も聞いたうえで自分の人生に必要なこともあるので取り入れていくことができる方は勝ち組になるのではないでしょうか。

このような人は、日常生活でも相手の気持ちがわからずうまく人間関係を築けないひとも多いのです。

悪気はないのですごく辛い事ですよね。

あなたの周りにも何人かいるでしょう。

そこで、そのひとたちについて少しまとめてみました。

①深く考えずに発言してしまうタイプ
みんなで話している時に空気を読まずに発言して場を凍らせてしまう人っていますよね。

本人は全く悪気なく発言していますが周りの人は嫌な気分になってしまいます。

このような方はあくまで自分の価値観や感じたことを率直にいってしまうので、相手にとっては重大なことでも自分にとっては軽い事なのでそのまま発言してしまうと空気を読めていないと思われてしまうのです。

➁もしかしたら病気やコミュニケーション障害かも
自分の問いかけに大きく外れた答えが返ってきたり人との会話が一方通行でまるで会話がなりたたないや、おかしなやりとりになっているとしたら発達障害を抱えているのかもしれません。

このような方には周りの理解がとても必要です。

負け組の特徴:親離れできない

最近では、かつてに比べて親離れができていない子供が増加傾向にあります。

子供の成長とともに精神面でも生活面でも自立していくのが普通ですが自立できずにいつまでも親に甘えて親に頼りっきりの人がたくさんいます。

大人になるための決断力や自分で問題を打破していく力が親離れをしないとついていきません。

このような方が将来負け組と呼ばれてしまう方が多いようです。

いつまでも親に頼りっぱなし

いつまでも親に頼りっぱなしで服を選ぶのや朝起きるのでさえも頼る大人がいるのです。

どこいくのも一人で不安だからついてきてもらったり実家にお金を入れず逆に仕送りをしてもらいそれで生活をしている人さえもいるのです。

これでは、一人の大人としていつまでも成長せずに年齢だけ重ねていってしまいます。

このような状況になってしまうのは、子供だけではなく親にも問題があります。

「親離れできない子供」の背景には、「子離れできない親」がいるのです。

人間は成長していく本能として自律が備わっていると言われています。

徐々にその自律が自立に行動が伴っていくのです。

ちなみに、自立はみなさん知っていると思いますが自律とは、
‘他からの支配や制約を受けずに自分自身でたてた規範に従って行動することです。

子供は赤ちゃんの頃は親の手助けがなければ生きていけれません。

だんだん言葉を覚え思考力や表現力が成長していくとともについていきます。

そして、自立心が芽生えています。

ですがそれを親が邪魔をしてしまいます。

親はついつい子供が可愛くて、手を出してしまいます。

例えば、服を自分で選んで着ようと思っているのに親が決めてあげてしまったり買ってきてしまったり着させてあげてしまったり。

子供が自立することを遮ってしまうのです。

このような親が増えれば親離れできない子供も増え大人になっても自分のことを自分でできない子供になってしまいます。

そんな人は社会的信頼を得られない

上記のようなひとは大人になっても親に頼って生きてきたので、社会にでても自分で行動ができずに上司や同僚から社会的信頼を得られない方になってしまうのです。

ミスをしても親離れできていない人は今まで親がなんとかしてくれていました。

なので、仕事でミスを
しても自分で責任が取れずに反感を買ってしまいます。

いつまでも昇進できずに自分より年下が上司なんてことも。

親離れできずに大人になってしまうと負け組のレッテルを張られてしまうかもしれません。

負け組の特徴:整理整頓ができない

部屋や持ち物を整理整頓できない人は普段の生活でも必要なものと不必要なものの判断ができません。

今自分に必要でやらなければならない事の選択ができないので生活も荒れてしまいます。

部屋がお部屋やごみ屋敷になる人は断捨離や捨てる生活ができないのは、頭と心の整理ができていないからだと言われています。

整理整頓というのは、単に片づけたり掃除するだけではなくひとつの立派な能力なのです。

このような人の特徴は
優先順位がつけられない人
忘れ物や落し物が多い人
自分がなにを今持っているか把握していない人
などが挙げられます。

特に優先順位がつけられないのは普段の生活でとても不便です。

なにを一番最初にしなければならないのか、これは仕事に関しても必要です。

今自分がしなければならないことはなんなのか、それがわかれば効率よく仕事もできます。

そして、整理整頓出来るということは紙やファイルが整理できているということのみだけではなく、
頭の中の情報を整理されていることになります。

頭の中が整理されているのでなにをしても仕事が早いのです。

そのうえ資料やファイルが整理整頓されているので資料を探す手間も省けます。

そして会社での評判もあがるのです。

部屋がいっつもちらかりっぱなし

いつも散らかりっぱなしだと無意識にストレス受けやすくなっています。

そしてイライラもしやすくなるといわれています。

いつも散らかっている場所にいると頭の中の整理もされにくくなりに今自分が何をしているのか何をしなければならないのかなどがわからなくなってしまうこともあります。

また、脱ぎっぱなしの服や、散らばっている雑誌や、お皿や、ペットボトルなど視覚入る余計な情報
から疲れてしまい他のことに思考能力や動力を使えなくなってしまいます。

なので自分の部屋で過ごしても充分に疲れが取れなくなってしまいます。

ですが、なかには精神的な問題もあることがあります。

ある人には散らかっていることが何らかのメリットになることがあります。

たとえば、部屋がきれいだとすっきりしていて物がなくどこか寂しさを感じてしまう。

だから、物をいっぱいおいて散らかしてしまう。

心が満たされていないから、愛情が不足しているからなどの理由が多いようです。

このような人以外は綺麗なお部屋のほうが頭もすっきりして、イラつかなくていいところでイラつかなくなり生活を充実させることが負け組から抜け出せる方法かもしれませんね。

必要なものがどこにあるか分からない

部屋が散らかっていると自分が必要なものがどこにあるかわからなくなってしまい日常生活に支障がでます。

なにかの手続きに必要な重要書類やなにかの用事で着ていかなければならないスーツなど、整理整頓がされている部屋ならばすぐに見つかるものも散らかっている部屋では見つけるのに一苦労です。

重要な書類が見つからず手続きに遅れてしまったり納期に間に合わなくては大変なことです。

社会人ならばなおさらです。

仕事でのミスにつながります。

そんなとこから社会的信頼を失ってしまう事もあるのです。

そうなってしまっては、負け組と呼ばれる第一歩を歩みだしてしまいます。

気を付けましょう。

【整理整頓が出来ない人はチェック!まずは捨てることから始めましょう】