昨今、巷で起こる事件、それもけっこう凄惨な出来事を起こした人物、犯罪者の犯行に及んだ動機などをニュース等で聞くと、何かその事件の大小にかかわらず、どことなく共通する点があるのに気づきました。

それは「執念深さ」という点です。

一概にどれもこれも「あの事件は犯人の執念深さから起こった」とは言い切れませんし、もちろん「執念深い」人がすべて悪くて、犯罪者になり得るとは言えません。

ただ、「執念深い」性格でいると、やはり人間関係でも、自分自身の生活でも、上手くいかなくなってしまう可能性は大きいのではないでしょうか。

そこで今回は「執念深い人」の特徴や心理について、ちょっと考えてみたいと思います。

執念深いなと思う人の様々な特徴

一言で「執念深い」と言っても、その特徴は様々です。

何かに対する「こだわり」も、強力になれば「執念」と呼べるかもしれませんし、よくスポーツなどでも「執念のゴール!」とか「執念の勝利!」とか、ポジティブな表現として使われることも多々あります。

ここで取り上げるのは、その「執念」というものが「深い」人についてになると思います。

「執念深い」と言うとあまり、聞こえの良い表現ではなくなりますね。

また、恐らく価値観の違い、こだわりの有る無しからも生まれる「執念深さ」は、価値観の違うもの同士、とりわけ男と女でも、少し特徴が変わってくるのではないかと思い、執念深い人の特徴を男性版と女性版に分けて紹介したいと思います。

そもそも執念深いって何?

まず、「執念」とはどういう意味なのかと調べてみると、「何か1つのことを深く思いつめる心。

執着してそこから動かない心」と言うような意味がでてきました。

この「何か1つのこと」というのは、「目標」であったり、こうなりたいという「夢」などが当てはまるのではないかと思います。

ですので、やはり「執念」という言葉だけでは良い意味でも、悪い意味でもとれますね。

それが「執念深い」というように「深い」が付くと、なんだか、「目標達成のためには手段を選ばす、悪魔にでも心を売るぜ」ぐらいの雰囲気がでてきます。

「執念深い」を辞書などで意味を調べると、「執念の度が強い」「しつこく思い込んで、あきらめが悪い」「しつこく恨んで、いつまでも忘れない」というのが出てきます。

「度が強い」というのはその通りですが、他にも「しつこい」とか、「恨む」とか、ネガティブな言葉も出てきました。

やはり、はっきりとは言い切れませんが、「執念深い」というのは、破壊的な目標に対して必ず実現させてやるというような心、もしくは自分が受けた被害、特に精神的なものと同様の、もしくはそれ以上のダメージを相手に与えるまでは気がすまない心理と言えるかもしれません。

では、そんな執念深い人の特徴を男女別に見ていきましょう。

それぞれ10個ずつにまとめてみました。

【男性版】執念深い人の特徴10選

男性には「勝ち負けにこだわる」性分があると思います。

言葉に語弊があってはいけませんが、遠い昔から、家や国を動かす役目を担ってきたのが男です。

そういう時代もあり、その流れで現在でも企業運営や国政を担っている人といえば、ほとんどが男性です。

これは男がエライと言っているわけでもなく、また男の方がそういったことには向いていると言いたいわけではありません。

どういう価値観からか、遥か昔から男がそういった役割を担ってきたために、どうしても男は「勝ち負けにこだわる」ようになってきたと言いたいだけです。

戦国時代から、お家を守らんがため、あらゆる手を尽くし、策謀を巡らせ、時には自ら盾となり、矢面に立ってきました。

現在社会でもその男の性質「勝利へのこだわり」「命よりも功績を残そうという意志」「他に対する優越感」といった精神はガッチガチに根付いています。

では、こんな男たちが見せる「執念深さ」とはどのようなものなんでしょう。

やられたことを忘れない


勝ち負けにこだわる男は、もちろん「勝ち」にこだわります。

勝つことへの執着が強く、負けることを嫌い、内容はともあれ、とにかく「勝てば良い」とさえ思っています。

そんな男にとって、「負ける」とは、試合やコンペに負けるといったことだけでなく、「恥をかかされた」とか、「下に見られた」、「とにかく悔しい思いをさせられた」といった精神的に誰かからダメージを与えられたことも「負け」となります。

そういった攻撃を受ける原因となったのが自分自身にあるかないかはここでは問いませんが、とにかく勝ちにこだわる男として、「やられたこと(負かされたこと)」は忘れません。

あらゆる手を使って、自分の受けたダメージと同等の精神的苦痛を相手にも味あわせてやろうと考えます。

さらには、そのダメージも「同等」では「勝ち」になりませんから、「倍返し」ぐらいに考えて、歯をギリギリいわすのが執念深い男の特徴でしょう。

こういう特徴、「臥薪嘗胆」というか、「いつか必ずやり返してやる」という気持ちを持つということは決して悪いことではありません。

スポーツでは、絶対に必要なスピリットですよね。

ただ、これが日常の中で、価値観や性格の違いから、相手の気持ちを誤解して傷ついたり、もしくはいじめのように、本当に意図的に傷つけられたりして、執念のリベンジをし、大変なことになった事件って沢山ありますよね。

執着が強い

勝利や目標達成への執着が強いということの他に、自分の欲求を満たすこと、とりわけ自分のわがままへの執着心が強いのは「執念深い男」の特徴です。

ある物事への執着も悪いことではないのですが、時として世の中には諦めて別の道を探した方が良いことも多々あります。

執念深い人は、この「諦め」もしくは「慎み」とも言える心の切り替えができず、いつまでもその事に執着し、とらわれてしまっている傾向にあります。

世間では、その欲求を満たす為に、他人を傷つけてしまうような事件も起きているのではないでしょうか。

諦めが悪い

「諦める」ことってあまり良いことに聞こえませんし、諦めず頑張る男の人って、カッコいいですよね。

しかし、先ほども述べた通り、物事にはこだわり、執着し続けたほうが良い結果を生むものと、頃合いや自分の能力を推し量って、潔く諦めたほうが、結果良い方向に進むことがあります。

執念深い男性の特徴として、この「諦めの悪さ」は、時として愛すべきところであり、称賛されもしますが、一歩間違うと自分自身を狭い世界に閉じ込めてしまうことになります。

何が間違いなのかははっきりとは言えませんが、諦めないことで自分以外の誰かが悲しむようなことになったりするなら、それは少し危険な諦めの悪さ、執念深さと言えるのではないでしょうか。

しつこく接してくる

執念深さの裏側にある心理として、「不満」があると思います。

「不満」とは、欲求が満たされていないこと。

だから、その欲求を満たす為に、異常な執着心を持ちます。

物事のみならず、人間関係にも不満や欲求を持ち、相手との関係に執着することがあります。

相手と友好な関係を築きたく接するも、上手くいかず、というより自分が思っていた反応が相手から得られず、欲求不満になり、知らず知らずのうちに相手にしつこくなってしまったこともあるのではないでしょうか。

これが男性の場合、相手が同じ男性ならさほど気にしません。

男は男に対して「友好な関係を築きたい」などと、女々しい感情は持たないからです。

なんなら、勝ち負けを気にする男にとって、同じ男という存在は、それだけで敵でありライバルだからと言えるでしょう。

男が「仲良くなりたい」「友好な関係をもちたい」と表向きにそう思う対象は、やはり女性です。

女性の言動から、自分の欲求を満足させるものを得ようとし、それが得られないと、男は女々しくなります。

しかし、まあ、なんと自己中心的な思考回路なことでしょうか。

結局相手が男だろうが女だろうが、自分以外の人間を下に見てしまっているからこそ、沸いてくる欲求であり、執着ですね。

こういう人間関係に対する執念こそ、早く諦めた方が無難です。

【しつこい男の特徴は、こちらの記事もチェック!】

相手を束縛しがち


上記のように、執念深い男性は心理的にはなにかしらの「寂しさ」を抱えています。

その寂しさを埋めてもらうために、異性の母性的なものを求めてしまいます。

そして、それが得られない場合、得られるまでしつこく付きまとうという行動に出ることがあります。

全くの逆効果であると知りながら、男はどうしてもそういうことをしてしまうのです。

さて、それがある一定のレベルまで、それは偶然、運良くとも言えますが、友好な関係を築くことができたお相手は、可哀想ですが、その執念深い男とはもっとめんどくさい事が待っていると覚悟しておいた方が良いでしょう。

というのも、執念深い男にとって、人間関係への執着は、その欲求が満たされればおわりというわけではありません。

「満たされ続け」なければならないのです。

その為、執念深い男は自分の欲求を一時満たしてくれた人と、良い人間関係を築くことができたと勘違いし、無意識に相手にそのまま自分の欲求を満たし続けることを望んでしまいます。

相手には自分の思うように動いてもらわないと、自分の欲求が満たされず、せっかく築きあげた良好な人間関係も崩れてしまうと勘違いし、相手の言動をコントロール、つまり拘束し始めます。

こうなると、もうお分かりのように、DV、ストーカー行為といった犯罪を犯してしまう可能性は大きいでしょう。

人を簡単に信用しない

勝ちにこだわる執念深い男にとって、自分以外の人間はみな競争相手です。

ですので、考えすぎなところもあるのか、もしくは無意識にそうとらえてしまうのか、回りはみな「敵」だらけと考えています。

敵を信じられないのは当たり前です。

そして、自分だって心のどこかでは「何がなんでも相手に勝つ」と思っているため、他のみんなも「俺に勝とうとしている」と思い込んでしまっています。

「自分が考えている事は相手も考えている」という意識を自己暗示してしまいます。

そうすると、「相手は嘘つきだ」「卑怯な手を使ってくる」「他の人にも嘘をついて仲間を増やそうとしている」などと、妄想に近い考えをしてしまうようになります。

でも、実はそれって、自分がそう思っているから、相手にその自分自身を反映させているだけなんですよね。

相手がそんな卑怯な事を考える人だと思ったら、それはもしかしたら、自分自身を写し出した鏡を見ているだけかもしれませんね。

共感能力が低い

勝利への意識や周りは敵ばかりという心理状態でいれば、周りと共感するということはかなり難しいでしょう。

仕事でも同僚が良いアイデアを出しても、心の底にある勝負意識がはたらいて、何か批判的な捉え方をしてしまう。

簡単に言えば、先に良いアイデアを出された「悔しさ」、そのアイデアが周りから評価されたことへの「嫉妬」、そういった感情が真相心理として根付いているのでしょう。

つまり、良いアイデアで会社のためになり、その恩恵は少なからず自分も受けられるとわかっていても、執念深い男にとっては、自分以外の人間に直接の手柄をたてられるということは、自分の「敗北」を意味します。

ある前向きなアイデアに対して、皆が共感し協力していくことで物事は良い方向へ進んだり、事業が発展したりするものなんですが、どこへいっても他人と勝負をし、勝ちにこだわる執念深い男には、「共感」こそが困難な仕事となるわけです。

しかし、確かに難しい話ですね。

というのは、執念深さとは少し違うかもしれませんが、一昔前は、いや、遠い昔から、日本では「男子として生まれたからには、死ぬまでに一旗揚げよ」と教育されてきています。

一旗揚げて世に名を残せる男など、ほんの一握りとわかっていても、日本男子は後世に名を残さんがため、ある時代は剣の腕を磨き、またある時代は勉学に励み、もしくは既に名をあげた先達を師とあがめ、自分を啓発、成長させてきました。

中には他を蹴落として、その分野で生き残り名を知らしめた偉人もいることでしょう。

今自分が勤めている会社の社長もしくは初代も、もちろん勝ちにこだわる執念深い人物だったに違いありません。

しかし、執念深さのキャラクターの一方で、「負けは負け」という「潔さ」も持っていたかもしれません。

自分が考えたものでなくても、「良いものは良い」と認めて、共感し協力してきた部分もなければ、沢山の社員を抱える企業には成長できなかったのではないでしょうか。

そう考えると、「失敗する執念深い男」「名を残せなかった日本男子」の特徴として言えるのは、「共感能力が低いor無い」だったかもしれませんね。

押し付けがましい

自分一人では無し得ないことなどが執念を燃やす目標であったりすると、仲間の気持ちも考えず、自分の考えを無理強いする特徴があります。

執念深い男の人が企業などで何かしらの事業に取り組ませるために編成されたチームなどで長などを勤めると、立場上からも、どうしても部下に自分のやりたいことを無理強いしてしまうようになります。

それで成功したチームもあるかもしれませんが、それはよっぽどそのチーム長にカリスマ性があったか、成功へ導く先見性などの能力が備わっていたかでしょう。

また、そういう男性、そういう上司は、部下に命令した仕事以上の仕事を陰でこなしています。

基本的に執念深い男は自分で何とかしようとします。

その上で、自分ではできなさそうなところは、誰かにやってもらわなければならないことも分かっており、そこだけ、他人にお願いするわけです。

本来、そういうタイプの男性はチームに組み入れられたりするのを嫌います。

なぜなら、自分の考えに基づいて、自分のやりたいようにやりたいのだけれど、チームとなると、協力しあわなければならない。

かつ、他人の意見やアイデアも尊重しなければならない。

そういった環境は執念深い男にとって非常にめんどくさい場所だと言えます。

しかし、それでもその中で働かなければならない。

となると、自分の気持ち、執念を抑えきれない者は、どうしても押し付けがましくなってしまうのです。

自分が一番正しいと思っている

思っています。

思っていて何が悪いのか。

そう思っているから、執念深くなるのです。

自分の考えに従わない者に対して確執を持ち、自分のやり方が通らない会社に執着し続け、自分とは違うやり方で成功をおさめた者に嫉妬する。

そうして、どんどんどんどん執念深くなっていくのです。

その負のスパイラルの始点にこの「自分が一番正しい」という意識があるわけです。

しかし、「自分が一番正しい」ことに根拠なんて無いことに本人も気づいていません。

これは、「一番正しい」という「信念」ではなく、「一番正しくありたい」という「希望」にすぎないのです。

この事に本人が気づがず、自分自身に「自分が一番正しい」という暗示をかけてしまいます。

そもそも「正しい」ことに順位などつけられないんですけどね。

「すごい」とか「素晴らしい」とか「偉い」とかならまだわかりますが。

なので、「俺の考えはもちろん一番だが、彼の案もアリと言えばアリかな」という考え方ができなくなっています。

執念深さも、もっと大きな目標に対するものなら、その過程で貢献したアイデアや人物が自分であろうが、他人であろうが気にはならないと思いますが、あまりにも視野が狭く、執念深くなる対象がちっぽけなことだったりすると、心に寛容さなどの余裕が持てなくなります。

「自分が一番正しい」という意識を持つか持たないかは、執念深い男を成功に導くか破滅に蹴落とすか、大きく分けそうです。

空気が読めない

執念深い男性は自分本意に物事を考えてしまうため、得てして「場の空気が読めない」ことが多くあります。

「周りが見えていない」とも言えるでしょう。

ただし、執念深い男性の大半は、実は空気も読めていて、周りも見えている人である可能性があります。

というのも、その貪欲さから、功を焦るばかりに、わかっちゃいるけど、気持ちを抑えきれず、しゃしゃり出てしまう。

その結果、そのまた大半が失敗して、自分が狙っていた結果とは真逆なものになってしまいます。

そして、周りから「空気が読めないやつだ」「アイツは周りが見えていない」とレッテルを貼られてしまいます。

執念深さにも、慎重さが必要でしょうね。

何がなんでも手にいれてやるという気持ちは持ちつつ、虎視眈々と機をうかがう姿勢です。

【女性版】執念深い人の特徴7選

では、次に「執念深い女性の特徴」について考えていきましょう。

男性は勝ち負けにこだわる性質を持っていると述べましたが、女性はどうでしょう。

勝ち負けにこだわる女性ってあまりお会いしたことがありません。

おそらく、女性は「勝とうが負けようが生き残ればよい」と考えられる生き物ではないでしょうか。

名作映画「フォレストガンプ」で、主人公(男性)がベトナム戦争へ行くことになったとき、幼馴染みの女性が「何かあったら勇気など見せずに走って(逃げて)」と言葉を贈ります。

また、司馬遼太郎の名作「功名が辻」は、主人公の山内一豊が土佐藩主になるまでの戦国サクセスストーリーですが、その一豊の堅妻千代は「命の持ち帰りこそ、功名の元でございます。」と夫の出兵を見送ります。

「フォレストガンプ」はフィクション。

「功名が辻」の千代は実在の人物ではありますが、本当にそんな事を言ったかどうかはわかりません。

しかし、アメリカの女性も日本の女性も「生きて帰る」ことを願う存在として描かれています。

勝ち負けにこだわらないなんて、女性に執念深い人っていないんじゃないかと思うかもしれません。

いえいえ、やはり女性だってこだわることはあり、執着するものもあります。

それは、「生きる、生き残る」ことへの執着ではないでしょうか。

すでに先に述べたとおり、「勝とうが負けようが、生き残れば、それでよい」という精神が、少なくとも勝ち負けにこだわる男よりも強いと思われます。

男に「生きて」と願うホントの理由

女性は「生きる」こと「生き残る」こと自体にこだわってきました。

そのために、「生きられなかったらどうしよう?」という不安にいつも駆られています。

大昔からつい最近まで、男は外で戦い、女は家を守ってきました。

しかし、男の留守中、何者かに家が襲われたら、女では守りきれません。

女が男に「生きて」と願うのは、「生きて帰って私を守って」という願いも込められています。

そして、もちろんできれば勝って、戦利品を生きて持ち帰ってくれれば、女にとって尚よろしい結果なはずです。

自分自身が生きるために必要な(生きた)男の存在。

これこそに女性は執着するのかもしれませんね。

そうじゃなかったら、ごめんなさいね、勝手なこと言って。

しかし、この心理こそが、これから紹介する「執念深い女性の特徴」の根元のように思うのです。

プライベートを全て知ろうとする

「生への執着」が強い執念深い女性は、自分と共に生きてほしいと思う人のすべてに執着します。

その相手が男か女かは関係なく、とにかく相手のことが気になり、その人が自分を生かすことができるのか、自分の人生の邪魔になりえる存在ではないかと、プライベートまで知りたがり、調べたがります。

男性で、その女性と恋愛関係・交際関係にあるのなら、プライベートをさらけ出すのも必要でしょう。

しかし、執念深い女性は、ひとたび誰かに恋をしたり、心を許してしまうと、相手の気持ちよりも急ピッチで自分の気持ちを盛り上げてしまいます。

すると、相手側からするとまだそこまで彼女にのぼせてないのに、彼女の方からグイグイ入り込んでこようとするので、早い時点で気持ちが冷めてしまう人もいます。

また、これが恋仲の間柄でなく、女性側の一方的な片想いだったりすると、結構問題です。

なぜなら、執念深い女だからです。

本当に求めてあるのはプライベートではない

相手のプライベートを知りたがるのは、執念深くなくても、男であっても持ち得る欲求です。

しかし、執念深い女性が相手のプライベートを探りたがる理由は先でも述べたように、興味本位などではなく、その人が「自分を生すことができる能力をもっているかどうか」を知るためです。

そして、本題はここからです。

では、その人のプライベートが女性にとって不合格だったら、諦めるのか?というと、そうではありません。

執念深い女性は、最初は相手がどんな人なのか知りたかっただけなのですが、いつしか、相手に自分の理想像を被せてしまうようになります。

「私を幸せにできるのは、こういう人だ」という理想が、「彼にはこういう人であってほしい。

もしくは、なってもらいたい」という欲求にかわり、「なんで、理想どおりになってくれないの?」「やはり、私の彼氏ならこうあるべきよ」と、だんだん相手を拘束し始めます。

こういう女性に会ったことある方もいらっしゃると思いますが、こうなると少し怖いですよね。

とにかくしつこい

執念深い女性は、とりわけ恋愛になるとしつこくなります。

上記のような彼氏を冷めさせてしまうような失敗があっても、思いを寄せる人が振り向いてくれなくても、相手を自分と同じ気持ちまで持ってこさせようと、あれやこれやといつまでも繋がっていようとします。

理想の友達、理想の彼氏を手にいれるのが、目標とかこだわりとかではなくて、もはや本能が指示するところなのです。

ここらへんは、失敗する執念深い男性と同じで、心の底から沸き起こる欲求はわからなくもありませんが、それを一時抑え、一歩引いて機をうかがう精神力を身に付けないと、執念深く狙った獲物を早い段階で取り逃がすことになり、最終的に飢えて死ぬことになるでしょう。

精神的にやられてしまうということです。

基本的に、人を信用していない

女性は生きることへの執着があっても、勝負にこだわることがありませんから、やはり執念深い性格の女性の総数も、男性のそれに比べては少ないような気もします。

何かと負け続けたとしても、生きては行ける世の中ですからね。

おそらく、生まれたときから執念深い女性は少なく、ほとんどが何かのきっかけで、あることにこだわるようになっているのではないでしょうか。

その原因というのは、その大半が他人から「裏切られた」という経験ではないかと思います。

人の世ですから、大なり小なり、嘘をついたり、騙したり、争ったりするものですが、そういったことでできた心の傷がいつまでも治らず、逆にちょっとずつ広がっていってしまいます。

幼少期のピュアな頃に何度も精神的に傷つけられることにあったり、思春期のナイーブな頃に友達から裏切られたりすると、それが「生きるか死ぬか」ほどの問題でなくても、それ、つまり「生きること」にこだわる根本的な心理が防衛本能を働かし、「人を信用していては、いつか危ない目に遭い、命をも脅かされる」と考えてしまうようになります。

過去にされたことを忘れない

人を信用していないのは、過去に何か嫌な事をされたからで、それを忘れられないから、また人を信用することができないと上述しました。

そのされた嫌な事の度合いにもよりますが、これを忘れる、というより克服できるかどうかで、執念深くなるかならないかに分かれます。

小さい心の傷を負ったものの、運良く良い仲間に出会い、自分の成長と共に傷も癒え、「人間だから嘘をつくこともある」とか「信じられる仲間だっている」と人の世を理解できるぐらい精神的に強くなった女性は、周りから見ても「素敵な女性」と見られることでしょう。

拒絶されてもつきまとう

女性の方が一方的に好意を寄せていただけだったとしても、その気持ちに応えないという対応は、一種の「裏切り」ととらえられ、もともと執念深い女性の執念深さは激しさを増し、いつまでもつきまとってくるようになります。

そのつきまとっている側の女性もなぜ付きまとうのか、いつまで付きまとえば気がすむのか、目的もゴールも見えていない場合がほとんどです。

なので少し厄介ですね。

おそらく、自分が相手に持つ好意と同様の気持ちを自分にも抱いてもらいたいと思っているのですが、気持ちのレベルなんて図れるものではないので、欲の強すぎる執念深い女性はいつも相手から裏切られた感を味わいます。

そして、いつしか「自分を好きになって」という気持ちから「裏切られた辛い思いと同等の苦しみを味わって」という憎しみのようなものに変わってしまいます。

そうなると、相手から拒絶されても、いや拒絶されれば、されるだけ、しつこく追い求めるようになってしまいます。

相手に対して恨みの感情を持つ

上記の通り、女性の執念深さが相手を憎むことへと方向が変わってしまい、「生きてさえいれば」という「生きる」ことへの執着も忘れ、相手を苦しめることに執念を燃やすようになった女性も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

そもそも、女性がこだわる「生きる」ことは、「生き残る」ことであり、「生きてさえいれば」という心理は、女性の心に大きな余裕を作ります。

それが女性にしか持ち得ない「母性」であったり、「おおらかさ」であったりするのですが、やはり、女性だって人間。

神ではありません。

傷つけられ、耐えられないこともあり、リベンジを考えるときだってあります。

そんな、女性としての精神的成長がある程度完成されていないときに、運悪く、心にダメージを受けて、向かせてはいけない方向へ執念を向かせてしまうことになってしまうのは、非常に残念ですね。