CoCoSiA(ココシア)

空気な人の12個の特徴とそうならないためのコミュニケーション術!


知らないうちにあなたは空気みたいな人になっていませんか?

自分ではイケてると思っていても実は存在感ゼロだった?みんなに一目置かれ、存在感を発揮するための簡単な方法をご紹介します!

空気みたいな人に共通する特徴12個

学校や会社など、何人もの人が集まってくると、次第に各人のポジションというものが見えてきます。

皆を率いるリーダー的存在であったり、皆の憧れのマドンナ、場を盛り上げるムードメーカー、縁の下の力持ち的存在等々が仕事の成果や言動によって決まってきます。

しかし、中にはどのキャラにもなることのない人もいます。

性格に個性があるわけでなく、なんとなくそこにいる人、こういう空気のような存在感ゼロの人が必ず数人はいます。

こういった空気な人に共通する特徴があります。

どういっつた特徴があるのか見ていきましょう。

1:声が小さい

声というのは、その人の印象を大きく左右させるものです。

男性で低温の野太い声は落ち着きのある印象を与えたり、逆に高いよく通る声は話が上手いという印象を与えたりします。

しかし、声が小さいというのはあまり特徴的ではなく、ただ弱弱しい印象を持ちます。

小さい声ですから当然耳に残らないので、すぐに記憶から消えていってしまう声です。

声の大きさは、自信の大きさと正比例していると言ってもいいかもしれません。

自信のある人は声も大きくて通っていて存在感があります。

反対に自信のない人はどうしても声も小さくなっていきます。

特に自分の不得意なことや、あまり確証の持てないことを話す時、どうしても少し声が小さくなってくることはありませんか?それはやはり自信のなさの表れだと思います。

2:外見が地味

服装など外見が地味すぎると全く印象に残らない場合が多いです。

いつもだいたい同じデザインで同じ色の服、黒系か白、またはベージュ、このあたりの無難な色しか着ない。

アクセサリーなどをつけることも全くなく冒険することがありません。

赤や青などの原色を使った服を着ることに引け目があり、結局服を買うときにはいつもの無難な色に落ち着きます。

髪型も何十年も同じヘアスタイルを続けて、思い切って長くしたり、短くしたりすることもありません。

急激に変えて皆に注目されるのが怖いのでしょう。

個性がない

服装にしても髪型にしても無難な方向にばかり行くので、当然個性はなく存在感も消えてしまいます。

なにか一つでも外見に対してこだわりがあるならいいのですが、ただ無難な目立たない外見をすることに終始するので、空気になっていきます。

外見を見るとある程度その人の気性とかバイタリティーを測ることができます。

上から下まで相当こだわってオシャレにしている人がたまにいますが、そういう人は自分から注目されたい、存在感を示したいという意欲があるのでしょう。

自分は服になんて興味がないからオシャレをする必要がないと言う人がいますが、オシャレをしなくとも、自分が着る服にはどこかに自分のこだわりが欲しいものです。

空気になる人というのは、こういったこだわりもなく、ただ周りに同化するような服ばかりを着るのです。

3:挨拶をしない

学校や職場で一日の内に話す人というのは限られていると思います。

同じ部署の人であったり、同じクラスの友達くらいしか会話を交わさないのが普通であると思います。

では、他の人とコミュニケーションをとる機会というのは会った時に挨拶する時くらいです。

ですから、そこで挨拶もしないということになると何日も言葉を交わさない人になってしまって、「あんな人いたっけ?」というような存在になりかねません。

最初に挨拶をしないと、ずっと挨拶をしないという習慣がついてしまいます。

周りの人も、あいつは挨拶もろくにしないのか、じゃあこっちもかまう必要ないなという存在になってしまいます。

何事も最初が肝心で、最初から挨拶をちゃんとしないから、こんな空気人間になってしまうのではないでしょうか。

4:目立たない場所にいる

存在感のない人というのは、必ず空間の目立たない場所にいます。

だいたい隅っこが多く、なるべく人目につかない場所を選びたがります。

ですからあまり人の目にふれることがないので目立ちません。

発言もせずに黙っているとしたら、そこにいることさえ気づかない人もいるでしょう。

これは習慣のようなもので、目立ちたがり屋や、存在感のある人は必ず皆の中心か、皆が注目するような場所を必ず選びます。

常に端に逃げる人というのは恥ずかしがり屋が多いようです。

端にいても存在感を示せる人はいますが、空気になってしまう人はたいてい目立たない場所に自ら進んで行く傾向にあるのです。

場の中央や、目立つところに陣取った経験のあまりない人というのは、そういう場所に行くとそわそわして落ち着きがなくなります。