現代社会の中では様々な疲れが人を襲っています。

肉体的な疲れ自体は昔から変わることがありません。

休息を取ったり、きちんと睡眠をとることで肉体的な疲れを癒すことは可能ですし、そうすることで人は元に戻ることができるでしょう。

現代で問題になっているのは、それよりもむしろ精神的な疲れの方です。

メンタル面での疲れと言うのは、身体を休ませたからと言って全てが回復すると言うわけではありません。

それなのに、現代社会の中で上手に生きるためには、絶対的に必要なものだというのですから、現代人は常に自分のメンタルを削りながら生きているということになりますよね。

メンタルは強ければ強いほど得をするようになっています。

ここではメンタルを鍛える方法について見てみることにしましょう。

メンタルをきちんと鍛えることができれば、楽に毎日を生きられるようになりますし、自分の社会的な生活にも、仕事の上でもメリットが生まれるようになるのではないでしょうか。

メンタルを効果的に鍛えよう


メンタルと言うのは、自分の精神的な力のようなものを言います。

メンタルが弱い人は辛い思いをすることが多いので、できればメンタルを鍛えたいと持っている人も多いのではないでしょうか。

また、現代社会を上手く生き抜くためにはメンタルの強さが必要だと言われることも多いかと思います。

それでは、そもそもメンタルが強いということにはどのような良いことがあるのでしょうか。

メンタルが強いことには色々なメリットが考えられますが、奥は

1.社会でうまくやっていく重要なスキルのひとつ


メンタルは、社会で上手くやっていくためには重要なスキルの一つとなります。

精神力があれば、傷つく場所で人よりも傷つかずにすむので、例えば落ち込んで動けなくなるようなことが少ない分だけ、労働できる時間が増えますよね。

また、精神的に落ち込んでいるときには、色々なことに支障が生まれてきますが、それらのものがなくなるので、いつでも精力的に生きていくことができるようになります。

社会に出て行くと、世の中にはたくさんの人がいるということを痛感させられるでしょう。

世の中には嫌な人もたくさんいるし、傷つくことも多く、分かり合えないということも多くあることを実感するはずです。

世の中の厳しさや、世の不条理について知ることもあるかもしれません。

そんな中でいちいち傷ついて落ち込んでいては仕事になりませんし、世の中を上手に生きているとも言えないでしょう。

社会で上手くやっていくためには、ある程度のことには傷つかないほどのメンタルが必要であり、それがあることで、上手に自分の心を守りながら生きていくことができるのです。

2.結果を出せる


メンタルが強いことは、結果を出すという面でもとても大切なことです。

何かを粘り強く行わなければいけないとき、メンタルが弱い人はすぐにそれを諦めてしまう傾向があるでしょう。

一方で、メンタルが強い人は、図太いのであきらめずに目標に向かって進むことができます。

少し失敗したくらいでは落ち込まず、それが諦めるきっかけとはなりません。

最終的には、メンタルが強い方がきちんとした結果を出すことができることになるのです。

メンタルの強さが具体的な結果の良さに必ずしもつながっていると言うわけではありませんが、きちんと結果を出せるという意味ではメンタルが強いことは必要になります。

成功する可能性が高くなる


メンタルが強いということは、成功する可能性が高くなるということです。

きちんと結果を出せるというだけではなく、それが成功につながる可能性も高くなるということです。

メンタルの強さがあれば、人から少し言われたことをいつまでも気にしているよりは、強いメンタルで気にせずに物事に集中できる方が、成功する確率が高くなるのは当たり前ですよね。

もちろん、上述の通り、「メンタルが強い=成功する」ということではありません。

最初にあるのは「メンタルが強い=きちんと最後まで自分を保ってやり遂げられる=結果を出せる」という意味です。

ただ、それだけの強さがあれば逆境をものともせずに、きちんと成功するだけの実力を出すこともできるでしょう。

成功する可能性が高くなるというのは、仕事においてはかなりのメリットとなりますね。

3.病気になりにくい


メンタルが強い人は病気になりにくいという特徴も持っています。

病気と言っても身体の病気もそうですが、心の病気ももちろんです。

心を強く持っていることで、鬱に取りつかれてしまったり、何か心身症に掛かってしまうというようなことが防げるのです。

現代では精神的な方面で支障をきたして病院に通う人もたくさんいますよね。

メンタルが人より強ければ、メンタルが弱い人が病気になってしまうような状況でも、健康的に過ごすことができます。

メンタルが強いからと言って辛い思いをしないわけではありませんが、メンタルの弱い人と比べると耐性が強いので、メンタルが原因で深刻な病気になってしまうというような状況は防ぐことができるのではないでしょうか。

ストレスを溜めにくい

メンタルが強い人が病気になりにくいのは、メンタルが強いことでストレスをためにくくなっているからです。

ストレスは多くの病気を招きます。

うつのような精神的な障害はもちろんのこと、ストレスが溜まっていることで身体の調子が悪くなってしまうようなことも起こるでしょう。

メンタルが強い人は、そもそもストレスに対する体制も強いものです。

他の人がストレスに感じているようなことを簡単にはねのけてしまうことができますし、ストレスを感じたとしても、すぐに発散することができます。

だからこそ、メンタル系の病気にはなりにくいものなのです。

ストレスをためにくいというのはとても嬉しい特徴ではありますが、これはメンタルの強さを測る指標のようにもなっているということになりますね。

4.身体も強くなる

健康を維持していくためには、精神力と体力の両方が揃っていなければなりませんよね。

ですから、体力と精神力は、「健康の両輪」と言えます。

メンタルを強くするためには、仕事などで難しい事態に直面しても、逃げずに立ち向かう気力を養うことが必要です。

気力を養うためには、「踏ん張りの効く」体力も必要になります。

メンタル面を鍛えるためには、身体も強くなる必要があります。

精神的な負担も減り体力もある

メンタル面を効果的に鍛えるためには、焦らずに無理をせずに、精神的な負担をかけないことです。

日々の仕事で溜まったストレスを解消するために、親しい人と楽しい時間を過ごすことで、精神的な負担が減ります。

ストレスが解消されることで、気力が甦ってきて、体力を養うための運動をする気持ちの余裕が出てきます。

運動をすることで、体力が付くとともに、メンタル面の自信も甦ってきますよ。

5.ポジティブになれる

世の中には、体力のある人と体力が劣る人が居るように、メンタルが強い人とメンタルが弱い人が居ます。

メンタルは、その人の思考傾向により大きく左右されます。

ネガティブ思考の人は、自分に自信が持てない心理状態の表れと言えます。

一方、ポジティブ思考の人は、自分に自信が備わっていることを表わしていますので、メンタルが強くなっているのです。

ですから、物事に積極的に取り組むことが出来て、行動力も自ずと発揮できるのです。

積極性があり行動的に

ポジティブ思考の人には、物事に積極的に取り組む思考回路が備わっているため、メンタルの強さも備わっています。

メンタルの強さは、物事を解決するために行動的に取り組む「気力の源」となります。

ポジティブに物事を捉えることの出来る人は、メンタル面が逞しく、積極性に裏打ちされた行動力を発揮します。

6.コミュニケーションも円滑に


自分に自信が持てない人は、自分の弱さを他の人に知られたくない一心で自己防衛しますので、周りの人とのコミュニケーションを避ける行動をします。

自信の弱さはメンタルの弱さを引き起こします。

日々の生活の中で多くの経験を積み重ねることを心掛けると、自分の心に自信が芽生えてきます。

自信が芽生えてくることで、自分の弱い面が心の奥に隠れてしまいます。

自分の弱さが影を潜めることで、メンタルの強さが甦ってきて、他の人とのコミュニケーションも円滑に交わすことが出来るようになりますよ。

大人になると知らない人と話すことは日常茶飯事

学生時代には、友人など関わりを持つ相手を自分で選べる面が多々あります。

自分にとって、知らない人や好まないタイプの人とは距離を置いて、話す機会を避けることも出来ます。

しかし、社会人になると、仕事の取引関係やお客様との対応などで、知らない人と話す機会が日常茶飯事になり、避けることは出来ません。

初対面の人と話すことが苦手な人は、知らない人と話をすることは、時には緊張しますよね。

知らない人との会話が緊張していると、快いコミュニケーションをとることが難しくなります。

ですから、日常生活の中で、メンタルの強さを養う心掛けが必要になります。

メンタルを鍛えることで、気持ちに落ち着きが生まれて、知らない人とも落ち着いて話を交わすことが出来るようになりますよ。

メンタルが弱いと流されやすくなる

今の日本全体を覆っている閉塞感に象徴されるように、子供も大人も年代を問わず、ストレスを抱え、晴れない気持ちで日々の生活を送っている人が溢れています。

気持ちが晴れない生活を送っていると、メンタルが弱まってきます。

メンタルが弱くなることで、自信が失われてきます。

自信が失われることで、自分自身への信頼感が萎んでしまいます。

自分に信頼が持てなくなると、考えを表に出せなくなり、周りの人の考えに流され易くなって仕舞います。

しかし、自分の考えを大切にしたいなら、自分の可能性を「信じてあげる」心掛けが必要です。

自分を信じる心がけを繰り返すことで、精神力の強さが生まれてきます。

精神面の強さが身に付くことで、メンタルの逞しさが甦ってきます。

メンタルが逞しくなることで、他の人の考えに流されない強さが身に付いてきますよ。

食べ物


メンタルが強いということは、普段の生活の中でもたくさんのメリットを感じるところだと思います。

他の人には耐えられないようなメンタルに対する負荷もはねのけてしまえるのなら、その強さはぜひ手に入れたいところですよね。

ここからは、メンタルの強さを手に入れるための方法についてご紹介しましょう。

最初は食べ物と言う面から、メンタルを鍛える方法を越し紹介します。

食べ物とメンタルと言うのは結びついていないように思われるかもしれませんが、実は密接にかかわっているのです。

そもそもメンタルというのは、身体の中で出ている体内物質やホルモンなどがかかわってきていますから、これらの分泌に関わるものを摂取していることで、メンタルに対する働きに影響を及ぼすこともできるでしょう。

もちろん、短期ですぐに結果が現れるようなものではありません。

ですが、食べ物が含んでいる栄養素をきちんと考えて日常的に摂取することで、長期的な面で見ると、メンタルを鍛えることができるはずです。

1.精神や感情を上手にコントロール


メンタルを鍛えるためには、精神や感情を上手にコントロールすることが大切です。

例えば、メンタルが不安定になりやすい状態であるのなら、それを安定させてあげなければいけません。

すぐにイライラしてしまうような状態であるのなら、その状態をまずは普通に戻してあげることが大切です。

「メンタルを強くする食べ物」というようなカテゴリの栄養素はありませんが、気持ちや感情を上手にコントロールしたり、落ち着かせて安定させるような働きを持っているものはたくさんありますよね。

消化の良いカルシウムを含むもの


精神や感情を上手にコントロールするためには、まずは消化の良いカルシウムを含むものを食べてみましょう。

昔から、イライラするのはカルシウム不足と言われているように、カルシウムには人の心からイライラを取り除き、安定させるような働きがあります。

もちろん、消化が悪いものでは逆に神経状態も悪くなってしまいますから、消化の良いものを選ぶことも大切です。

カルシウムは身体の健康のためにもとても良いですし、騙されたと思ってカルシウムの摂取量を多くして見ましょう。

もし、精神の安定に効かなかったとしても、骨や身体のことを思えば、摂取しても損がないのがカルシウムなのです。

チーズ


カルシウムを多く含んだ食べ物と言えば、まずは乳製品が考えられますよね。

チーズはカルシウムをたくさん含んでいるので、イライラしている、神経がささくれているというようなときには、ぜひ積極的に摂取してみてください。

チーズが苦手だという方は珍しくありませんが、チーズと一口に言ってもたくさんの味のものがあります。

最近は外国から輸入してくるチーズなどもありますし、その味の違いを楽しむような気持で、自分の口に合うものを探してみてはどうでしょうか。

もちろん、日常的に摂取することも大切ですから、飽きたら違う味のものを探してみるというのでも良いかもしれません。

ヨーグルト


ヨーグルトも乳製品の中でカルシウムをたくさん含んでいる食べ物ですよね。

こちらも日常的に摂取することで、安定してカルシウム量を取ることができるでしょう。

ヨーグルトの場合にも、今はたくさんの味のものが販売されていますし、ヨーグルトを使ったレシピもたくさん出ています。

牛乳を毎日飲むよりは、ヨーグルトの色々な味を毎日試してみる方が楽だという方もたくさんいるでしょう。

カルシウム不足の方にとっては、ヨーグルトは試して見やすいものですから、まずは自分の口に合うものを探してみてください。

最も、ヨーグルトでお腹を壊してしまうという人も中にはいます。

これは体質的なものにも依りますので、ヨーグルトを食べ始めて下痢がひどくなったというタイプの人は、ヨーグルトを諦めて他の者を試し絵見た方が良いかもしれません。

腸内環境が整っていないことも精神にはダメージが大きいですから、慎重に試してみてくださいね。

大豆


大豆に含まれているイソフラボンは、カルシウムではありませんが、イライラの解消にも役立つと言われています。

イソフラボンが精神の良いと言われているのは、それがホルモンバランスを整えるのに役に立つからです。

特に女性ホルモンに近い働きをしているので、女性の方でメンタルを強くしたいと思っている方には良いかもしれません。

例えば更年期などの精神的に揺れてしまいがちな時期には、イソフラボンをたくさん摂取することによって、気持ちが落ち着くような効果も持っていると言われています。

女性でイライラや不安定な面たるに悩んでいるという方は、ぜひ積極的に大豆を摂取してみてください。

2.不眠や精神の不安定を解消


不眠や精神の不安定と言うのは、解消しておかなければメンタルに悪影響でしょう。

体と心は密接につながっていますから、身体が疲れ切ってSOSサインを出しているような状態の時には、自然と精神も不安定になっていってしまいます。

不眠などが続いているようなとき、身体の疲れがなかなか取れないときなどには、それを解消することができるような食べ物を摂取してみましょう。

直接的にメンタルに効くと言うわけではありませんが、メンタルに悪影響を及ぼすような体の状態を取り除いてくれるのがメリットです。

硫化アリルが疲労回復を促すビタミンB1の吸収を高める


硫化アリルと言う成分は、疲労回復を促すような効果を持っています。

正確に言えば、その成分がそのまま疲労回復を目指すと言うわけではなく、疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を促してくれるというのが硫化アリルの働きです。

身体が疲れていると思った方は、もちろん睡眠などをきちんととることも大切ですが、栄養素のたっぷり入ったご飯を食べるということも疲労回復には役立つということですね。

たまねぎ


硫化アリルがたくさん含まれている食べ物と言えば、玉ねぎでしょう。

玉ねぎを切ったときに出てくる目や鼻を刺すような刺激が硫化アリルなのです。

玉ねぎにはたくさん含まれていますから、積極的に摂取してみてください。

ただし、厄介なのは、玉ねぎに含まれている硫化アリルは熱を通すと失われてしまうというところなのではないでしょうか。

また、水に長いことをつけておくと、それだけで硫化アリルは失われてしまいます。

食べ方が限られているというところに気を付けて摂取してみてください。

たまねぎといっしょにレバーや豚肉も効果的


玉ねぎと一緒に食べると効果的なのは、レバーや豚肉などです。

これらを濃く味付けして、生の玉ねぎと一緒に食べると良いかもしれません。

玉ねぎとレバーの相性が良いのは、たんぱく質ととても相性が良いからです。

これらを含んでいれば良いので、豚肉やレバーに限らず、たんぱく質がたくさん含まれているものを一緒にメニューの中に加えてみましょう。

3.精神を支える


精神を支えるためには、きちんと脳に必要な栄養素が行き渡っているということも大切です。

頭がうまく回らなくなっているときなどには、イライラして自分が自分ではないような気になってしまいますよね。

自分が自分ではないような気になっているというのは問題で、そんなときにメンタルに負荷がかかると、決壊してしまうということも起こりえるのです。

常に精神の安定を図るためには、きちんと精神を支える脳活動をサポートするような食べ物を摂取しましょう。

特に、「最近は疲れて頭がよく回らない」と言う状態になっている人は、これらの食べ物を取ることで良い影響を期待することができるかもしれません。

脳に大切な要素、ブドウ糖


農人必要な栄養素と言うと、ブドウ糖が挙げられるのではないでしょうか。

脳に行き渡る栄養素は限られているのですが、ダイレクトに期待をするのなら、ブドウ糖を取ってあげることが必要です。

最近は疲れて甘いものを求めているというようなとき、もしくは頭が全く回っていないというようなときには、ブドウ糖を積極的に摂取してあげてください。

最も、当分の摂りすぎは糖尿病になる可能性もありますので、適量を必要な時に摂取して上げる必要があります。

薬のように摂取するのではなく、自分にはそれが必要だというときに1個、2個口の中に放り込んであげるという使い方が正しいでしょう。

炭水化物や糖分も適度に


炭水化物や糖分は身体に必要な栄養素ではありますが、多量に取っているからと言ってメンタルが強くなると言うわけではありません。

むしろ、偏って栄養を取っていることによってメンタルが不安定になってしまうことも十分に考えられますので、炭水化物や糖分を適度に摂取して、バランスの良い食事を心がけることも必要です。

スポーツ


スポーツもメンタルを鍛えるためにはとても良い方法の一つです。

これには色々な効果があり、例えばきちんと運動をしていることで身体に対する自信がつくことであったり、続けていることで持久力が突くことなどが挙げられるでしょう。

スポーツも、健康のためには必須ですが、最近の人はあまりスポーツをしない傾向にもあるようです。

身体を動かすことは、メンタルに限らず良いところがありますので、メンタルに作用しなくても損をするわけではありません。

もちろんこちらも、短期ですぐにメンタルに影響が出ると言ったものではありませんので、気長に続けていくと良いでしょう。

趣味のようにしてストレス発散も兼ねることができれば、一石二鳥にも一石三鳥にもなりますね。

1.マラソン


メンタルを鍛えるためにとても良いのは、マラソンです。

マラソンと言っても、競技大会に出るようなマラソンだけではなく、ジョギングやランニングなども含んでいます。

一人で黙々と走り続けるというところが、メンタルを鍛えるという面ではとても良い効果を持っているのです。

具体的にも見てみることにしましょう。

自分と向き合い、長い時間葛藤を繰り返す

マラソンが良いと言われているのは、長い間自分と向き合っていなければいけないからです。

マラソン協議は基本的には自分一人の力で走り続けることが要求されます。

コーチなどがいる場合はまれで、一般的には一人でずっと長い距離を走り続けるものなのです。

その間は自分と向き合っていなければいけません。

協議に出るような選手の場合には、走っている間にも協議のことを考えているかもしれませんが、一般の場合には走っている間に色々なことを考えるでしょう。

そして、その時間の中で自分と向き合って葛藤を繰り返すことになるのです。

現代の中では自分一人と向き合うというのは意外と難しく、自分に対して向き合うのを避けているからこそ、逃げ癖がついてしまっている人というものもいます。

自分を見つめ直す時間がある中で、逃げていたことに立ち向かうようなメンタルの強さも生まれていくでしょう。

メンタルの強さで想像以上の走りができる


マラソンの面白いところは、メンタルの強さで想像以上の走りをすることもできるというところです。

メンタルが強いところから、協議の結果ともかかわってくるのです。

諦めてしまえばそこで終わりになってしまいますが、メンタルを強く持っていれば、身体の限界を超えることもできるかもしれません。

そのようなメンタルの強さを自覚するような機会は滅多にないので、時にはマラソン大会に出て自分のメンタルを試してみるというのも良いかもしれません。

強いメンタルを持っていれば、それが予想以上の結果をもたらし、自信が生まれてさらにメンタルが強くなっていくかもしれません。

2.格闘技


メンタルを鍛えるためには、格闘技などをするのもお良いかもしれませんね。

格闘技と言うと初心者には怖いものと思われるかもしれませんが、護身術のためにも倣っておくのは良いかもしれません。

また、実際に殴り合うボクシングなどは初心者には怖いかもしれませんが、例えば型を極める空手や、護身術のために女性も倣うことが多い合気道など、門戸が広いものを選ぶことも大切ですね。

武術は全身を鍛えることができる


武術は全身を鍛えることができるというのがメリットです。

自分の身体が変わっていくのを感じると、何となく気持ちも入れ替わっていくのではないでしょうか。

全身をくまなく鍛えることができるので、これまでとは違う自分というものを感じることができるのが、格闘技の良いところです。

逃げずに鍛え続けることで自信が

全身を鍛えるというのはそう簡単なことではありません。

すぐにできるものではなく、その中では身体の限界に挑戦しなければいけないというときも出てくるでしょう。

趣味で行うにしては、辛すぎると感じてしまうような瞬間もあるかもしれません。

ですが、そこで逃げずに鍛え続けることで、何にも負けないメンタルが生まれていくのです。

また、逃げなかったという事実は、自分の自信にもつながっていくでしょう。

メンタルの強さは、自信とも深く関係しています。

自分はできると思っていることで、逆境を跳ね返すような強さを得ることができるのです。

格闘技から逃げずにいることで、それらの自信がつくというのは良いところなのではないでしょうか。

3.サッカー


一人で行うのは難しい競技ですが、サッカーを初めて見るのも良いかもしれません。

特に、子どものメンタルを鍛えたいと思っている場合には、サッカーをさせることで、一定のメンタルに対する良い影響を期待することができます。

大人になってから始めるのは難しいかもしれませんが、趣味のサッカー教室を探してみるなどすると良いかもしれませんね。

基礎から地道に鍛えることを続ける

サッカーは派手な協議のように思われるかもしれませんが、意外と地道に鍛えることが要求される競技です。

きちんと練習を積まなければうまくなりませんし、他の人とのチームプレーなので、そう簡単に練習を投げ出すようなこともできません。

そう言った地道な鍛え方の中で、持久力が身に着くでしょう。

これはメンタルを強くするためには絶対に必要な要素の一つです。

ゴールへの貢献度、試合経験で自信が


サッカーはなかなかゴールをすることができるものではありません。

点数を入れるのが簡単ではないからです。

そんな中でゴールに貢献することができたという経験は、自分の自信につながるでしょう。

試合経験を積むことで自信が生まれるのなら、それはメンタルを鍛えていく上では必要なことと言えるかもしれませんね。

4.剣道

剣道には、相手と1対1で戦うための精神面の強さが求められます。

剣道は、技と精神力をぶつけ合う武道です。

剣道を上達させるためには、精神面を鍛えることが必要になりますので、自ずとメンタルも強くなります。

基本的に1対1の戦い

剣道は相手と1対1で向き合い、精神的な隙を狙って技を仕掛ける武道です。

剣道の練習を繰り返し技を磨く中で、精神面の鍛錬もしますので、メンタルも鍛えられてきます。

相手の隙をつかれないように何があっても乱さない心が必要

剣道では、相手に隙をつかれて、技を仕掛けられないようにするための精神的な強さが求められます。

精神的な強さを身に付けて、心を何時も冷静に保つ練習が必要です。

相手から隙をつかれないように、心を冷静に保つ練習を積むことで、乱れない心が身に付いてメンタルが逞しくなります。

5.水泳

水泳は全身の筋肉を使うスポーツの代表格ですよね。

水の抵抗を受けながら、手足をフルに動かし泳ぎ進む運動は、全身の筋肉を強くします。

水泳をすることで体力が増強すると、精神的なタフさも生まれてきます。

精神的に逞しくなることは、メンタルが強くなることでもあります。

記録として残るので実力差がはっきりと出る

水泳はタイムを競うスポーツです。

しかも、1秒の数百分の1を競うため、高度な集中力を求められます。

精神力を集中すると共に、体力を効率よく使うことで、泳ぐスピードをアップさせることが出来ます。

精神力を集中させることを積み重ねることで、メンタルも鍛えられることになります。

集中力が増すことで実力が高まり、スピードがアップして記録を更新することが出来ます。

切磋琢磨してメンタルも鍛えることができる

泳ぐスピードアップを目指すためには、体力を増強させる厳しい練習を繰り返さなければなりません。

また、筋肉を鍛えるための厳しい練習を乗り越える精神的な強さも求められます。

肉体面を切磋琢磨するためには、厳しい練習を乗り越える精神的な強さも必要になりますので、メンタルも鍛えることに繋がります。

6.バスケットボール

バスケットボールは、相手チームの選手との激しい身体のぶつかり合いにより、相手ゴールを狙うスピードと心理戦をフルに働かせるスポーツです。

相手チームのゴールを狙うためには、パスとドリブルを効率よく組み合わせて突進するスピードを発揮しなければなりません。

このためには、素早い状況判断能力を身に付けなければなりません。

スピード感を持った状況判断が出来るようになるためには、強い精神力と集中力が必要となります。

強い精神力と集中力が養われることで、メンタルの強さが身に付きますよ。

自信があるかどうかでプレースタイルが大幅に変わるスポーツ

相手チームの選手との激しい体のぶつかり合いを制して突進するためには、自分の体力と精神力に確たる自信を持つことが大切です。

バスケットは、確たる自信をもつことで、プレースタイルが大幅に変わるスポーツです。

自分のプレースタイルを思う存分発揮するためには、自信を持ち続けるための強い精神力が必要になりますよね。

メンタルが強くないと相手のプレッシャーに押し負ける

バスケットボールは、相手ゴールを奪うために、激しいぶつかり合いを制する体力と、相手のプレッシャーに押し勝つ強い精神力が備わっていなければなりません。

試合を有利に進めるためには、相手選手からのプレッシャーに押し負けないためのメンタルの強さを鍛えなければなりません。

このためにも、スポーツで身体を鍛えると共に精神力も鍛えることで、メンタルの強さが増してきますよ。

習い事


習い事でメンタルを鍛えるというのも良いかもしれません。

習い事では、少しずつ自分の能力をアップさせていくことが求められます。

これは、楽しいばかりではありませんし、趣味だからと言って適当にやっているようではメンタルは鍛えられないでしょう。

きちんと習い事でメンタルを鍛えるべくコツコツと頑張ることで、日常生活の中でもちょっとしたことには屈しないちょいメンタルを手に入れることができるのです。

1.習字


習い事の中でメンタルを鍛えるために良いものとしては、まずは習字が挙げられるでしょう。

何となく小学生の習い事のようにも思えるかもしれませんが、最近では大人の方でも習字を行っていますし、小学生のようにきれいに字を書くということを求める習字だけではなく、自由に字を描くアートとしての一面もあります。

小学生の時の習字の時間が嫌いだったという方も、大人になってから始めて見ると意外と面白いものかもしれませんよ。

心を落ち着かせる

習字をしているときには、きちんと心を落ち着かせていることが求められます。

心が粗ぶった状態で書いてはいけないのです。

墨をすって心を落ち着かせ、その上で字を書いて行かなければいけないのが習字です。

習い事をすることで、一日の中の一時間だけでも落ち着いた時間を持つことができるというのは、とても大切なことなのではないでしょうか。

精神力がアップする


習字は自分の心を向き合って、落ち着いた状態で行わなければいけません。

当然、集中力も必要とされるものでしょう。

そんな習字を続けることで、精神力がアップするというのが嬉しいところですね。

2.楽器


メンタルを鍛えるという意味では、楽器を行うのも良いかもしれません。

楽器は優雅な習い事のように思えますが、意外と強いメンタルが必要で、スポコンのような根性も必要になってくる者なのです。

コツコツと練習を続けて上達


楽器が上手くなるためには、きちんとコツコツと練習を続けなければいけません。

練習は地味で楽しくないように思われるかもしれませんが、これを続けることで、粘り強さのようなものが身に着くでしょう。

人前での演奏経験で成長

楽器は自分で練習しているだけで終わりと言うわけではありません。

人前できちんと演奏することも求められますよね。

習い事として行っているのなら、発表会での発表機会が与えられるはずです。

人前での演奏の経験は、緊張を乗り越えなければいけません。

そこできちんと自分の力を出し切ることができたという経験は、自分のメンタルを成長させてくれるでしょう。

3.ヨガ


趣味として始めるのなら、ヨガも良いかもしれませんね。

身体の健康を保つこともできます。

元々心身の健康を保つための者がヨガですから、自分自身の身体のためにも、また、女性は美容などのためにも、ぜひヨガを始めてみてください。

集中力が鍛えられる

ヨガは集中力を鍛えられるといいます。

精神的に集中した状態を保つことでストレッチを行っていますから、きちんと毎日ヨガをしていることで、精神的に落ち着いた状態を保つことができるのではないでしょうか。

女性では美容効果も期待することができますし、一石二鳥を狙ってヨガを初めて見るというのも面白いかもしれませんね。

4.ダンス

ダンスには、1人で踊るものやペアで踊るもの、集団で踊るものなど色々あります。

ダンスを上達させるためには、体力と共に、リズム感を磨かなければなりません。

リズム感を磨くためには、曲に合わせて踊り続ける集中力が大切ですよね。

集中力は、周りの動きに動揺しない精神力があってこそ身に付くものです。

ですから、踊りが上達するに伴い精神力が鍛えられますので、メンタルが強くなります。

周りとの協調性が求められるので失敗をすると目だってしまう

ペアで踊る社交ダンスは、ペアを組むパートナーとの協調性が大切です。

協調性が乱れると、踊りが曲のリズムに合わなくなります。

ですから、相手との協調性を高めるために、パートナーが持つリズム感と自分のリズム感を合わせる集中力が欠かせません。

集中力を持続させるためには、精神的な強さが必要になります。

精神面が強くなるに伴い、メンタルも強くなりますよ。

一人一人のメンタルが強くないといけない

ダンスは、他の人とテクニックやリズム感を競い合います。

テクニックやリズム感のレベルを上げていくためには、弛まぬ練習が欠かせません。

手を抜かない真剣な練習を繰り返してレベルを上げるためには、一人一人の協調性を高める、メンタルを強くしないといけないです。

メンタルが弱い人の特徴

メンタルが弱い人の特徴は、今まで歩んできた生活の中での人生経験の積み上げが出来ていない点です。

物事に取り組む際に、ネガティブ思考に陥り自信が失せると、その場から逃げようとします。

この結果、経験を積み重ねるチャンスを逃すことになります。

メンタルを強くするためには、自分の経験知を上げて、自信をもつことです。

自信が芽生えてくると、自分への信頼感が育ってきますので、ポジティブ思考で物事に取り組むことが出来るようになります。

ポジティブ思考を心掛けることで、メンタルの強さが身に付いてきますよ。

考え込んでしまう

考え込んでも物事は解決しませんよね。

考え込むことが多い人は、人生の中での成功体験が少ない人と言えます。

成功体験が少ない人は、物事を成功に導くための道筋を思い描くことが出来ません。

このため、自分の考えが堂々巡りをしてしまい、一歩も前に進むことが出来なくなります。

堂々巡りの状態では、発想が固まってしまい、新たな考えが浮かんできませんよね。

考え込む状態から抜け出すためには、考えることを、一旦、止めることです。

メンタルを強くするためには、周りの人の考えに耳を傾けて、発想の転換を図ることです。

発想の転換することで、新たなアイディアが浮かんできて、考え込む状態から抜け出せるようになりますよ。

心配性


人生の中で、失敗経験の多い人は、「また失敗するのでは」という心配性に陥ってしまいます。

心配性になると、ネガティブ思考で物事を観るようになりますので、常に心が重たくなり、メンタルが弱まっていきます。

心配性を払拭するためには、細やかな成功体験を少しずつ積み上げることです。

成功体験を積み上げることで、自分に自信が芽生えてきて、心配性が影を潜めてしまいます。

自信が芽生えてくることで、ポジティブ思考に変わっていき、メンタルの強さが備わってきますよ。

自分に自信が持てない

自信は一朝一夕で身に付くものではありませんよね。

日々の生活の中で、物事を解決できた経験をもたない人は、自分に自信が持てません。

自信が持てないと、メンタルが弱くなる一方です。

メンタルを強くするためには、自信を持つことが大切です。

このためには、日常生活で色々な経験を重ねる中で、成功体験をたくさん味わうことを心掛けることです。

成功体験は、あなたに自信を蘇らせてくれますよ。

プレッシャーにも弱い

日常生活を送っている中で、仕事の忙しさなどから、ストレスが溜まっていくことがありますよね。

ストレスが、ウッ積する日々が続くと、プレッシャーとなってきます。

メンタルの弱い人は、プレッシャーを跳ね除けるだけの気力が湧いてこないため、プレッシャーに押し潰されてしまいます。

プレッシャーに負けないためには、メンタルを鍛えることが必要ですね。

メンタルを鍛える方法の1つとして、自ら進んで色々な経験を重ねることを心掛けるようにしましょう。

色々な経験を通して、自分の可能性に新しい発見が出来て、物事をポジティブに考えるようになります。

ポジティブ思考になることで、プレッシャーに負けない、メンタルの強さを身に付けることが出来るようになりますよ。

考えが直ぐに変わる

メンタルが弱いことは、自信が持てないことを意味します。

自分の考えに自信が持てないと、周りの人の考えに振り回されて、考えを変えることが多くなります。

自分の考えを直ぐに変えると、周りから信頼されなくなります。

周りからの信頼が失せてくるとメンタルが、ますます弱くなってしまい、負の連鎖が生じます。

負の連鎖から抜け出すためには、自分を「信じてあげる」ことを心掛けましょう。

自分を「信じてあげる」ことで、自信が甦ってきます。

自信が甦ってくると、メンタルが強くなってきます。

メンタルが強くなると、周りの人の考えに左右されずに、自分の考えをシッカリと主張出来るようになりますよ。

自分の考えを主張できることで、周りの人の目には「信頼できる人」として映るようになります。

メンタルを強くするためには、独りで頑張って出来るものでは、ありません。

職場など、色々な人との関わりの中で、自分の精神面が鍛えられます。

精神面が強くなることで、自ずとメンタルも鍛えられて強くなります。

メンタルを鍛えるためには、周りの人との「人間関係づくり」が大きな糧となりますよ。

日常生活に取り入れてみよう(まとめ)


いかがでしたか?

現代では、メンタルの弱さが原因になって社会生活に支障をきたしてしまうパターンが多く見られます。

例えばうつ病など、精神的なものが原因で動けなくなってしまうようなことも見られるのです。

メンタルが強ければすべてが解決すると言うわけではありませんが、少なくとも生活が少し楽になることは間違いありません。

どうせ同じ生活の中で生きなければいけないのなら、日常生活をより楽しく生きられる方が良いからです。

メンタルの鍛え方にはいろいろなものがありますが、自分に合うものを見つけるということも大切です。

自分に合った方法でなければ、それを実行しているだけでストレスが溜まってしまうからです。

自分に合った方法でメンタルを鍛えることができれば、日々の生活の中で感じる疲れが小さくなるでしょう。

特に、自分はメンタルが弱いと感じている人などは、ぜひ日常生活の中にメンタルを鍛えるものを取り入れてみましょう。