CoCoSiA(ココシア)

大阪弁はどんな方言?可愛いものから...(続き6)

そういったことに欠かせないのが「笑い」です。

人を笑わせることのできる人は、周りの雰囲気をよくすることができますから、仕事にも好影響を及ぼします。

人を笑わすことにかけて、芸人はエキスパートなわけですから、大阪弁を駆使しながら皆に笑いを届けることに憧れを感じる人もいるのだと思います。

まとめ

2020年の東京オリンピックへ向けて、外国人観光客を呼び込む取り組みが行われ、多くの観光客が日本に来ています。

その中でも大阪は外国人に高い人気があり、今大阪は人が溢れかえっています。

大阪と言えば食の街であり、人情の街と言われるように、食べ物がおいしくて、人々がフレンドリーな印象があるので、それが外国人に受けているという評価もあります。

東京という街はとてつもなく大きいですが、そこに住む人はどこか冷たいといった印象があります。

逆に大阪は人のやさしさが溢れ、温かいという印象があります。

そんな大阪の人々が話す大阪弁は、日本を代表する方言の一つであり、大阪人は誇りを持って使っています。

標準的な日本語とは違った、日本を代表する言葉だと言ってもいいと思います。

そんな愛すべき大阪弁をこれからもたくさんの人が愛し、話してもらいたいと思います。

いい意味でこれからも東京と大阪はライバル関係が続いていけばいいと思います。

まだまだ全ての面で東京が優勢というのは揺るぎませんが、大阪には大阪にしかない良さというものもたくさんあります。

その大阪にしかないものの代表が大阪弁であるのです。

他の国にも、方言というものは存在するでしょうが、ここまで一つの方言が大きな影響力を持っているのは少ないと思います。

日本全国で活躍する大阪人の人達は、これからも憶することなく、全国の人に大阪弁の魅力を伝えていって欲しいと思います。