「えらいなぁ」なんて言葉を耳にしたそこのあなた!

この言葉ってよく耳にするけれど実際にはどんな意味を持っているのか分からない!

それに「偉い」とは何が違うの?なんて疑問までも感じてしまいますよね。

これまでになんとなーく使っていた言葉でも、実はその意味を間違って使ってしまっていることもあるもの。

一度でもそのように間違った意味で使っていた言葉について知ってしまうと、他の言葉も間違った意味で使ってしまっているのではないか?

なんてついつい心配になってしまいますよね。

特に今回お伝えしている「えらい」という言葉は、人によってまったく異なった意味で使っていることが多いんです。

ずばり「えらい」とは、「疲れた」という意味で使われています。

まさかそんな意味があると思ってもなかった方もいらっしゃることでしょう。

なぜならば、「えらい」という言葉には「偉い」だとか「とても」という意味としても使われることがあるからです。

しかし、今回は「えらい」という言葉における「疲れた」という意味についてアナタに詳しくお伝えしていきます。

それだけではなく「疲れた」という言葉は、あらゆる方言ではどのような言葉で表現されているのかもご紹介しています。

その方言をしっておくことで、今後に出身地の違う人と出会うことがあっても心配はいらないでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、あらゆる方言における「疲れた」という意味を理解してくださいネ。

「えらい」とは?

冒頭でもお伝えしましたが「えらい」という言葉は、あらゆる解釈をすることが出来る言葉です。

そのため、「疲れた」という意味で使う人はもしかしたらすくない、またはそんな意味なんて知らなかった!なんて方もいることでしょう。

何を隠そう、この記事を執筆している筆者も「えらい=疲れた」という言葉の方程式が出来上がっていなかったからです。

しかし、ある地域の方と出会ったときに相手がよく「えらいえらい」なんていうので、内心では「何が偉いんだろう?」「いや、偉いんじゃなくて何かがとても多くなっている状態なのかな」なんて相手の話している内容をすべて理解できなかったものです。

それじゃあ、会話も続くわけないですよね。

最終的には、相手と筆者の会話はあまりかみ合わなくなり、そして会話をする機会は減っていきました。

そんなとき、このままで関係を終わらせるのはいやだ!と考えた筆者は、本人に直接きいてみたんです。

「いつも”えらい”って言ってるけど、何が偉いの?」と。

そうすると、「えらいのは体だよ!」なんていうもんですから、もっと意味が分からなくなったんですよね。

そこで筆者が勘違いしていることに気づいた相手は、「えらいというのは方言で、標準語でいえば疲れたくらいの言葉になるかな」と教えてくれたんです。

そこでこれまでのその人が話していた内容について心から理解できるようになったんです。

そう、すでに何度も繰り返していますが「えらい」という言葉は、標準語で誰もが使っているような”偉い”とか”もっと”なんていう意味ではなく、方言において”疲れた”という意味を持っているってことなんです。

では、その方言がいったいどの地域のものなのか気になりませんか?ここでは、「えらい(疲れた)」という方言がどの地域のものなのか、そしてその意味について詳しくお伝えしていきます。

中国・甲信・東海地方の方言

ずばり、「えらい」という言葉は、中国・甲信・東海地方の方言になります。

他の地域でも使っている方はみられますが、主にこれらの地域で使われているので中国・甲信・東海地方出身の方は、なじみのある言葉なのでしょう。

しかし、それ以外の地域の人にとっては、「えらい」という言葉がまさか「疲れた」という意味につながるなんて思ってもいないはず。

そのため、中国・甲信・東海地方の人とコミュニケーションをとる機会があると、少し会話にかみ合いができなくなってしまうんですね。

筆者は、関東出身ですから「えらい」という言葉を使っている中国・甲信・東海地方の方に対しては、そのように違和感を感じたということをお伝えすることが出来ます。

では、逆の立場ではどうなのでしょうか。

中国・甲信・東海地方から関東などに上京して来た人が、その土地の人に「えらい」と使うとあからさまに「こいつ何いってんだ?」という顔をされることでしょう。

これまでには当たり前のようにみんなが使っていた言葉なので、まさか「えらい」という言葉が方言なんて気づいていないことのほうが多いんですよね。

少し気の弱い人であれば、何かいけないことを言ってしまったのか・・・疲れたなんていうのはアウェーだったのか・・・なんて別の方向に解釈してしまうことも。

そのとき、「えらい」という言葉を使われた側も「コイツ何いってるんだ」状態ですから、お互いにこの先のことを考えるとあまりよろしくないんですよね。

そのため、中国・甲信・東海地方の人たちは「えらい」という言葉が方言であるということを理解しておく必要があります。

また、それ以外の地域に住んでいる・その他の地域の出身の人であっても「えらい」という言葉は方言のひとつだ、くらいのことを頭の隅に知識としていれておくべきなんです。

関係ないことと思わずに、ぜひ覚えておいてくださいね!

「えらい」の意味とは

あなたは、「えらい」という言葉についてどのような意味を持っていると感じていたでしょうか。

既に何度もお伝えしているので「えらい」という言葉の意味をご理解いただけていることでしょう。

疲れた

ずばり、「えらい」という言葉は、「疲れた」という意味があります。

疲れるとは精神的に疲れるとか、肉体的に疲れるとかそういう意味合いですね。

もっと具体的にお伝えしますと「疲れた」とは、気力体力などを消耗してしまって、その働きが鈍くなっていること、くたびれている様子のことです。

また、何かモノを長い間使用したことによって、質が劣り、そして弱ってしまったものもさしています。

「この生地は疲れている」なんて表現することもありますよね。

それ以外にも「飢えている」という意味をもつことも。

しかし、「えらい」として使われる意味のほとんどは、”体力気力などが消耗して疲れた”というものになります。

色々な意味があってどれを覚えればいいのか分からない方は、”体力なくして疲れた”と覚えておくといいでしょう。

あなただって、もうどうしようもないくらいに疲労感たっぷりに疲れてしまうことがあるでしょう。

それを「えらい」というんです。

「疲れた」の方言は地方によって言い回しが違う!?


これまでに「えらい」という言葉の方言の意味についてお伝えしてきました。

「疲れた」というのが「えらい」と表現することに対して、どこか違和感を感じることもあるでしょう。

その理由は、まさにあなたの出身地では「疲れた」という言葉をまた別の言葉で表現しているからなのかもしれません。

そうなんです。

「疲れた」という意味をあらわす方言というのは、「えらい」だけではありません。

この「えらい」というのは、中国・甲信・東海地方だけとのことでした。

では、他の地域・地方ではどのように「疲れた」という言葉が表現されているのでしょうか。

もちろん「疲れた」とそのまま表現する方もいるものですが、長い間その地域に住み着いている人なんていうと「疲れた」というのをその地域独特の方言で表現していたりするんですよね。

ずばり、中国・甲信・東海地方以外でも「疲れた」をあらわす方言が存在しています。

せっかく「えらい」という方言を知ることが出来たのですから、その波にのって別の地域の「疲れた」という意味をあらわす方言を学んでおきましょう。

特に関東地域・首都圏エリアに住んでいる方は、あらゆる地域の方言をまざって使っていることが多いもの。

小さい頃から使っていたあの言葉がまったくしらない地域の方言であったことが判明するかもしれません!

地方別疲れた時の言い方(統計)

これから地方別の「疲れた」という言葉の表現方法をお伝えしていきます。

その前にあなたに少し質問をしたいと思います♪

あなたは、疲れたなぁと感じるときどのような言葉でその疲れた気持ちを相手に伝えようとしますか?また、ツイッターなどのSNSに書き込みをしているでしょうか。

筆者は、「くたびれたなぁ」なんて使うことが多いですね(首都圏エリア在住)。

自分の住んでいる地域と使っている「疲れた」という言葉の代替語を頭の隅にでもおいておいてくださいね。

その言葉があなたの生まれ育った地域とは別の言葉なんてことは、よくあるからなんです。

とはいっても、「そもそもどうやって方言のデータなんて手に入れたの?」なんて疑問に思われるかもしれません。

今回は、皆様に正確な情報をお伝えするために地方別に無作為にアンケートを実行し、そしてそのアンケート結果を統計的にまとめました。

そのため、かなりの精度でそのエリアに住んでいる人の「疲れた」という言葉における方言を知ることが出来るはず。

では、さっそくあらゆる地方の「疲れた」ときのいい方を学んでいきましょう!

しんどい


「この仕事しんどいなぁ」「しんどすぎてもうオワタ」なんて、疲れたということを「しんどい」と表現しているそこのあなた!

いらっしゃいますか?

「しんどい」というと人によっては、疲れるというよりは「この物事を続けることに胸が痛くなる・重くなる・やる気がおきない」「腰が重い」なんていう意味で使っている方もいるはず。

しかし、この「しんどい」を「疲れた」という意味で使っている地域の人達は、そのような意味合いでは使っていないんですね。

「この仕事しんどいなぁ」というのであれば「仕事を続けるのツライ」ではなくて、「この仕事のせいで疲れた」という意味になります。

また、「しんどすぎてオワタ」というのであれば、「疲れすぎてもうオワッタわ」という意味になるわけです。

四国・関西地方

このように「疲れた」という言葉を「しんどい」と表現するのは、四国・関西地方になります。

さきほど「えらい」という言葉は、中国地方の方言であるとお伝えしましたよね。

中国地方と四国地方なんて、目の先の距離にあるというのにこんなにもまったく別の方言が使われているんですね。

また、関西人と交流した事がある方は彼らの「しんどいわぁ」なんて言葉をよく耳にしたことがあるはず。

それって、「めんどくさいわ」なんていう意味ではなく「疲れたなぁ」という意味なんですね。

もしかしたら、間違って会話を解釈していたのではないでしょうか。

筆者は、実際に間違って解釈していました・・・。

あの時の京都出身のあの子、ゴメンヨ…。

だるい

次に「疲れた」を「だるい」として表現する地域の人達がいます。

その地域の方であれば「うんうん」とすぐにでも納得できるのかもしれませんね。

しかし、別のエリアで育っテ着た人にとっては、それはとても違和感を感じてしまいます。

なぜならば、「だるい」というのは「疲れた」というニュアンスを含んでいながらも「これをやるのはめんどうくさい」「重い腰があがらない」なんていう「しんどい」と同じ意味を持っているからなんですよね。

同じ意味であればいいのではないかと思われがちですが「疲れた」と言い切ってしまうのと、そういいきるのではなく「その物事自体を継続するのが面倒くさい」というのとではまったく意味合いが異なっていることに気づかないでしょうか。

そのため、この言葉もまた別の地域出身の人に使うと誤解を招きやすいことになります。

「この仕事だるい」「デートだるい」なんていうと「この仕事で疲れた」「デートに疲れた」という意味になりますね。

でもそれをまったく別の解釈をすると「この仕事やる気起きない(まだ何も着手していない・進んでいない途中の段階)」「デートめんどうくさい(相手に対してかない失礼)」となってしまうからです。

北陸地方

「疲れた」を「だるい」と使う地域は、ずばり北陸地方になります。

数年前に北陸新幹線が開通して、とてもアクセスがよくなりましたよね♪

そのため、これまで足を運んだことがなかった方でも気軽に行くことが出来るようになりました。

そのため、「だるい」という言葉を誤解されないように気をつけなければいけない、気をつけて間違った理解をしないようにしなければならないんです。

こわい

「こわい」なんていうと「何におびえてるの!?」なんて人によっては、その言葉を発した人を心配してしまうでしょう。

しかし、「こわい」というのを「疲れた」という意味で使っているので何かにおびえているという状況ではないんですよね。

これまでにお伝えしてきた「だるい」「しんどい」という言葉も相手に大きな誤解を与えてしまいますが、この言葉は特に相手に誤解を招きやすい言葉になります。

なぜならば「体こわい」「その作業こわいわ」なんていうと、その地域ではない人は「体のなにが怖いの!?」「その作業で命をとるような動作ある!?」なんて思われてしまうんですね。

そのため、特に別の地域に出てきて相手との会話がかみ合わないかもしれません。

東北地方

「疲れた」を「こわい」と使う地域は、東北地方になります。

東北地方というとダミ語といわれるような方言で有名ですよね。

「~だあ」とか「~だべ」なんていう言葉です。

それだけだととても可愛らしい方言に見えるのですが、実は「こわい=疲れた」という方言も存在しているんですね。

そのため、東北地方の方言はかわいいからといって会話を弾ませようとすると、この言葉でひっかかることになってしまうんです。

「自分のことを怖がっているのかな」なんて誤解してしまったら、その先の会話が続くなくなるものです。

もしも、東北出身の方や東北出身の方が親族にいる人と交流するときには、こわい=疲れたという意味であるということを頭に入れておきましょう。

きつい

次に「きつい」という言葉です。

標準語においては「きつい」という言葉は、「(ある物事に絶えることができないくらい)追い詰められている」というような意味合いで使われることが多いです。

また、何かのサイズが合わずに体をしめつけ”きつさ”を感じるときにもこの言葉が使われます。

しかし、ある地域では「きつい」を「疲れた」と表現します。

というのも、体がもうきついくらいに疲れている・・・という極度の疲れをあらわしていると思うと理解しやすいかもしれないですね。

「この仕事きついわ」なんていうと、この地域に住んでいない人であれば「この仕事はやるに耐えられない仕事だ」なんて解釈するもの。

しかし、この言葉を方言としている地域では「この仕事で疲れた」という意味になるんです。

まったくもって意味合いがことなってきますよね。

九州地方

「きつい」を「疲れた」という方言で表現する地域は、九州地方になります。

九州というと女性はおしゃべりで男性は寡黙なイメージがあるかもしれないですね。

おしゃべりな女性が「きつい」といえば、自分と話していることに嫌になってしまったのかなんて捉えてしまいますが、そうではないんですね。

それに会話の流れによって、何か物事を継続することが耐えられないのか、それとも疲れているのかなんて分かるはず。

特にあまり言葉を発しない九州男児の方とおしゃべりするときには、その言葉で傷つかないようにあらかじめ頭にいれておくといいでしょう。

つらい

「つらい」というと、あなたはどのような意味を頭に思い浮かべるでしょうか?筆者は、個人的に「辛い」という漢字を思い浮かべます。

「きつい」と同様に何かを続けるのに耐えることが出来ないとか、なにかをやったとしても心が重く感じられる、心が傷ついた状態をさしています。

しかし、この言葉を「疲れた」と表現する地域はまったくそのような意味合いで使いません。

それはそれ相応の方言があり、「疲れた」というときにだけ「つらい」と使うんですね。

中部地方(一部)

ずばり、「つらい」という言葉を「疲れた」と使うのは、中部地方の一部の地域のみになります。

そのため、あなたが中部地方の出身であっても「こんな言葉知らんぞ!?」なんて思ってしまうかも。

それは、あなたの生まれ育った地域が入っていないだけで、少しエリアを移動すればバリバリ使われている言葉なんです。

同じ地方の出身だからといって会話がかみ合わないなんていうことも・・・。

せこい

「せこい」なんていうとズル賢い頭脳を使って、人を出し抜く人を思い浮かべませんか?

それって筆者だけでしょうか・・・。

それはおいといて、「せこい」という言葉を「疲れた」と表現する地域もあるんです!

その地域に住んでいるとかそこで生まれ育った方であれば、おなじみのことかもしれません。

しかし、これまたまったく別の地域で暮らしてきた人にとっては「せこいが疲れただと・・・!?」なんてビックリしてしまいます。

それに「この仕事せこい」なんていえば当の本人は「この仕事で疲れたなぁ~」と伝えたいのですが、別地域出身の方にしてみれば「この仕事のなにがせこいだ!?」「隠されたひみつでもあるのか!?」なんてまったく考えなくてもいいことまで考えることになるんです。

かなりややこしい方言になります。

四国地方

この方言を使うのは、四国地方になります。

あれれ?四国地方というと、さきほど「しんどい」という意味で「疲れた」ことを表現するとお伝えしましたよね。

そう、方言というのはこの四国地方に関わらずひとつの言葉に対していくつもあるものなんです。

要するに四国地方では、「疲れた」という気持ちを「しんどい」と「せこい」で使うということなんです。

少し理解しがたいかもしれませんが、そのまま受け止めましょう。

たいそい

「たいそい・・・だと!?」なんてあまり聞きなれない言葉にびっくり仰天、腰を抜かしてしまった人もいるのではないでしょうか。

このように標準語でも使われていない言葉となると理解しやすいですよね。

あなたはモノのレベルとか重さなどを表現する言葉として「たいそう~である」という言葉を知っているでしょうか。

この「せいそい」とは、まさにその言葉で覚えると覚えやすいかもしれません。

たいそう疲れてしまっている状態なんですね。

中部地方(石川)

この言葉は、主に中部地方の、しかも石川県で使われています。

そのため、石川県の方と交流するときには「この人何をいってるんだろう?」と最初のうちは理解できないかもしれません。

しかし、これまでの方言もそうですが「疲れた」という言葉を使うときの表情ってありますよね。

元気よく「疲れたゼィッ☆」なんて言う人なんていないはず。

その表情にも注目してみると分かりやすいかもしれないですね。

せつない

「せつない」というと、標準語を使用している人や多くの人の知見では「切ない」という漢字が頭に浮かぶはず。

ずばり、心がもの寂しくなる気持ちを表しているんですね。

しかし、この言葉を「疲れた」と表現する地域では、まったくそのような意味合いでは「せつない」という言葉を使いません。

体が疲れすぎて悲鳴をあげているので、心がせつなくなってしまうんです。

そのため、「せつない」で「疲れた」という意味合いになります。

北陸地方

これまた「せつない」という方言は、北陸地方で使われています。

四国地方と同様に北陸地方もひとつの言葉にたいして、いくつもの方言をもっている地域なんです。

そのため、さきほどご紹介した「だるい」と同様に「せつない」も「疲れた」という意味になります。

その他珍しい「疲れた」の言い回し

これまでに「疲れた」という言葉にたいしてなんらかの方言をもっている地域、そしてそれがどのよに表現されていたのかをお伝えしてきました。

すでにご紹介してきた方言だけでも「こんな言葉で”疲れた”なんて伝えられても分からないよ!」なんて感じてしまっていることでしょう。

しかし、これまでにお伝えしてきた「疲れた」の方言はなんとなく想像力を働かすことが出来れば、「疲れた」という言葉の意味につなげることができるもの。

しかし、そのような考えだけではまったく想像できないような方言も存在しているんです。

ここでは、特に珍しい「疲れた」という言葉の方言をお伝えします。

がおる

「が、がおるだと・・・!?」なんて白目を向いてしまった方がいるかもしれません。

しかし、実際にこの方言を使っている地域では日常茶飯事に「疲れた」という気持ちを「がおる」という言葉で表現されているんです。

宮城県のいたるところで聞かれる言葉なのですが、特に”仙台弁”として使われていることが多いです。

仙台というと、宮城県の県庁所在地でもあるので観光の拠点にする方も多いのではないでしょうか。

そんな東北の中でも都会といわれている仙台にも、方言が存在してます。

また、「がおる」は疲れたという意味だけではなく、元気がなくなっている様子や病気などで体や心が弱っている状態をあらわすこともあります。

宮城県

ずばり、この言葉を使っている地域は「宮城県」になります。

さきほど、東北地方では「こわい」という言葉が主に「疲れた」という気持ちを表すために使われているということをお伝えしましたよね。

もちろん宮城県でも「こわい」という言葉が使われています。

しかし、「こわい」という言葉と同じくらいに「がおる」という方言が使われているんです。

ちょっと「疲れた」という言葉につなげにくい言葉ですが、一応覚えておくといいでしょう。

方言は地域によってまちまち

これまでにいくつかの地域の「疲れた」という言葉の方言を伝えしてきました。

なかには、「この地域はさっきも出てきたのに、まったく出てこない地域もあるんだなぁ」なんて感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなんです。

方言というのは、すべての地域に必ず存在しているものではありません。

筆者のように生まれ育ちが東京都なんてなってしまうと、方言がないために少しでも方言を聞く機会があると違和感を感じてしまうんですよね。

とはいっても、方言を使って生活している人はこの日本にたくさん存在していらっしゃいます。

でも、その方言は地域によって使われている頻度が高いこともあれば、その地域の方言なのになかなか使われないなんてことも。

では、最終的に統計データからいえる「方言」とはいったいどんなことものなのでしょうか?

統計は地方で多いところはあるが、地域によってはまちまち

統計データを分析すると、地方それぞれに方言が存在していることはよく分かります。

あらゆる地域に旅行にいったりすると、いつもの生活では耳にしないような言葉を聴く機会があるはずです。

それが、地方によって方言が存在していることを示してくれています。

しかし、その方言がその地域で確実に使われているかというとそうではないんですよね。

昔から長くその地域に住んでいるご長寿の方たちであれば、普通に使用していることでしょう。

しかし、若者になればなるほど方言を使う頻度は下がってきているんです。

そう、地域によって方言の使用頻度が高いかどうかはまちまちといえます。

隣町では全然聞いたことのない方言もあることも

同じ地域・同じエリアの方言であるはずなのに、少し隣町にでるだけで「しらない方言」というのがあることもあります。

さきほどご紹介した北陸地方の方言である「だるい」「せつない」を例にしてみますと、ある人はずっと「疲れた」を「だるい」と表現していたかもしれません。

しかし、隣町に引越してそこで友人を作ると「疲れた」ということを「せつない」と表現していて会話がかみ合わなくなることなんてよくあることなんです。

方言はその地域を象徴するものとして捉えられがちですが、全員が全員使っているとみなさないほうがいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、方言について特集してきました。

特に「えらい」から始まり、その意味である「疲れた」という言葉を表現するあらゆる地域の方言についてもふれてきました。

いかがでしたか?

どこかで聞いたことがあるし、日常的にも使っている言葉だけれどもある一定の地域ではまったく別の意味で使われていることに驚かれた方もいるはずです。

同じ日本国民だからといって、相手の言葉をすべて理解できるといったらそうではないってことなんですよね。

それに方言というのは昔から伝えられている”国宝”そのものといってもいいはず。

ある地域を象徴する方言でも使わない人が出てきてしまっているいま、自分の地域に方言が存在しているとわかったのであればどんどん使い、後世に残していきましょう!