CoCoSiA(ココシア)

鹿児島弁はどんな方言?理解できないと言われる言葉を解説!実は女子がしゃべると可愛い…!


「方言ってかわいいなぁ」なんて思っているそこのあなた!特に“鹿児島弁”ってかわいいなぁなんて感じたことがあるのではないでしょうか?

方言というのは、それぞれの土地に昔から根付いている言葉の話し方であり、人によっては別の地域の方言を理解することができなかったりするものもあれば、そのように何を言っているのか理解できないもののイントネーションや発音、その言葉に対して「かわいいなぁ」なんて感じることもあるんですよね。

特に方言のない地域で生まれ育った人にとって、「方言」というのはどこか特別なものに感じることでしょう。

特に鹿児島県などがある九州地方の方言というのは、ほかのエリアの方言よりも“カワイイ”とか“なんだか特別”と感じる人も少なくありません。

とはいえ、方言をもたない地域の人、もしくは鹿児島弁ではない別の方言のある地域で生まれ育った人にとって、鹿児島弁というのはどこか難しいものに感じてしまうかもしれないですね。

本当に鹿児島弁って難しいのでしょうか?

また、どうして私たちはほかのエリアの方言を“どこか難しいもの”としてとらえてしまうのでしょうか?

すばり、その答えは“意味”やイントネーションにあります、とはいえ、その難しさをとっぱらうためにやるべきことは“その地域の方言の意味を確認する”ということ。

ということで、この記事では女性が話すとどこかかわいいと感じることのできる鹿児島弁について特集しています!

それぞれの鹿児島弁はどのような意味を発しているのか?また、どのようなシーンで使われるものなのかなどなど、鹿児島弁についてマスターできること間違いなしの内容となっております!

ぜひ、この記事を読んで鹿児島弁について学んでみてはいかがでしょうか?

この記事の目次

鹿児島弁は難しい?意味を詳しく解説!

あなたは、どうして鹿児島弁に興味を持ったのでしょうか?

人によっては、好きな人だったり、l恋人が鹿児島県出身なので必然的に興味を持たざるをえなかったり、なんとなく耳に入ってきたのが鹿児島弁でその言葉が何を指しているのか気になってしまった、テレビで聞いてみてなんだか気になって仕方がなくて検索してみたなんていう方もおられるかもしれません。

どのようなことがきっかけになっていたとしても、多くの方が鹿児島弁に対して「かわいい」とか「なんだかひかれるものをもっている」なんて感じていることでしょう。

それに鹿児島弁を話している女性ってどこかかわいらしく見えてしまうんですよね。

そんなことをいうと、鹿児島県に住んでいる人だとか鹿児島県出身の人は「どうしてそのように思うのかわからない」と感じるものです。

ずばり、そのようにかわいいと感じてしまうのは、どこか非日常だからこそ変わったものに感じられるからなんですよね。

とはいえ、鹿児島弁をかわいいと感じていてもその方言が一体何を指しているのか、何を伝えようとしているのかは鹿児島弁を理解していなければ知ることはできません。

せっかく鹿児島県出身の人と出会い、好きになったとしてもその方言が壁になってしまい、良い関係を築くことができなくなってしまうかもしれないんですよね。

それじゃあ、人生モッタイナイ!せっかく鹿児島弁を話しているかわいい人と出会うことができたのですから、できればその関係をよいものにしたいですよね。

また、なかには鹿児島弁を使いこなして誰かのハートをゲットしようとしている方もおられるかもしれません。

ぜひ、そのような方もこれからご紹介する鹿児島弁を見て、しっかりその意味を学んで下さい!

どんな方でもわかりやすいように、それぞれの鹿児島弁はどうしてそのように発することになったのかという語源までもお伝えしていることもあります。

日常的にどのような会話で使っているかの例文もお伝えしていることもあるので、今すぐにでも使うことができるかも!あなたの気になる鹿児島弁は入っているのでしょうか?

さっそく多くの鹿児島弁について学んでいきましょう!

1:「んだもしたん」


鹿児島県出身の人と会話をしていると、よく「んだもしたん」と発言しているのを耳にするはずです。

毎回の会話で聞く言葉だからこそ、この言葉が何を指しているのか、相手が何を伝えようとしているのかを知りたいですよね。

この鹿児島弁は、標準語でいうと「あらまぁ」というような感嘆詞になります。

感嘆詞というのは、相槌をうつときなどに使われるとても短い言葉になりますよね。

また、この感嘆詞には特徴があるんです。

鹿児島弁ですが、すべての鹿児島県民が使う言葉ではないということ。

ずばり、“女性のみが使う言葉”になるんですね。

女性だけが使っているシーンしかあなたも見たことはないのではないでしょうか?「んだもしたん」という言葉だけで使うこともあれば、「んだもしたん!どげんしもんそかい~」なんて使うことも。

ちなみにこの言葉は、「あらまぁ(大変)、(これから)どうしようかしらね」なんて言う意味を持っています。

「んだもしたん」という言葉だけではとても不思議に感じてしまいますが、意味を聞くとさらにかわいく感じられますね!この言葉に含まれている“んだも”という言葉は「私」という須子を表しているとされています。

2:「いっぺこっぺ」

「こりゃあ、いっぺこっぺ!」なんて言葉を耳にしたかもしれないですね。

いっぺこっぺという言葉の“いっぺ”というのは、標準語の“いっぱい”という言葉にあたります。

つまり、“たくさん”なんていう対象とする者の回数を表したり、その頻度を表したりする言葉になるんですね。

その「いっぺ」という言葉に「こっぺ」という意味のない言葉を合わせ、ゴロをよくすることによって誕生したのがこの言葉になります。

女の子が「いっぺこっぺ!」なんて言いながら、あなたのプレゼントしたものを見て喜んでいる姿を見たら、そりゃもうイチコロですね!

3:「よんごひんご」

「こりゃあ、よんごひんごだけ」なんて言葉を耳にしたことがあるかもしれないですね。

この言葉は、ずばり「これは整ってないなぁ(バラバラだなぁ)」という意味合いの言葉になります。

「よんごひんご」という方言は、「バラバラ」「ジグザグ」「整っていない」という意味を持っているものになります。

要するにどのようなシーンで使われるかといいますと、プラスというよりかはマイナスの意味合いを持つ場面になるんですね。

「よんご」というものと「ひんご」というものが別々のものであるということから、この言葉が完成したといわれています。