優しい女性はやっぱりモテる!

優しい女性がモテる理由と男性が女性に求めている優しさとは何なのかを徹底研究します!

優しい女性がモテる理由と12個の特徴

優しい女性というのはいつの時代も変わらずモテます。

女性の優しさは男性を幸せな気持にさせる魅力を持っています。

男性にはない女性の優しさの魅力を、最近の女性はあまり理解していないことが多いです。

女性の社会進出も盛んになった今、男性と同じ仕事をこなす女性もたくさんいますし、高給料をもらう女性も増えてきました。

しかし、女性には女性らしさ、そして、女性特有の優しさというものを持っているので、その魅力を忘れるべきではないと思います。

なぜ優しい女性がモテるか、その理由と特徴を見ていきましょう。

1、いつも笑顔(愛想がいい)

女性の優しさの象徴が笑顔です。

笑顔の素敵な女性は非常に魅力的です。

女性が笑顔だと男性は幸せな気分になります。

どんなに美人でも笑顔がなくブスッとした人は魅力が半減するので損していると思います。

男性がどんな女性に好意を持つかというと、やはり笑顔で愛想がいい人、こういった女性に悪い印象を抱く男性はいません。

女性の笑顔というのは相手をほっとさせる、安心させる効果もあると思います。

男性としたら、女性とコミュニケーションを取る時に、ずっと緊張関係を続けるよりも、安心してリラックスして接しやすい女性のほうを選ぶと思います。

2、気配り上手

よく気が利く女性、気配り上手な女性は男性から好かれます。

痒い所に手が届くというか、自分が考えた通りに動いてくれたりしたら、「ん~よく分かってるね~」と感心したくなるほどの気配り上手な女性がたまにいますが、男性受けは非常にいいと思います。

気配り上手ということは、ちゃんと人の動きを見ていたり、人の気持を考えていないと、こういった気配りはできないものです。

だから、自分勝手で自己中心的な女性にはこういった気の利かせ方はできません。

ここらへんも人に対する優しさや配慮があるからこそできることなのです。

3、話を聞く


女性はどちらかというと話好きで、男性に自分の話を聞いてくれることを望む人が多いですが、話を聞く、聞き上手な女性というのは男性から好評を得ることでしょう。

男性が女性の接待を受けながらお酒を飲む、いわゆるキャバクラのような店というのは、女性が男性の話を聞いて、男性を立てて気持ちよくさせてお金をいただくというお店です。

男性客は自分の話をよく聞いてくれて、賛美してくれることに喜びを見だすからこそ、高いお金を払ってもお店に行く人がいるのでしょう。

それくらい男性も女性に話を聞いて欲しいのです。

特に男性は歳をとればとるほど寂しくなって話し相手が欲しくなってくるものです。

ですから、女性が自分の話を親身になって聞いてくれるというのがとても嬉しいのです。

4、体調の心配をする(看病してくれる)

風邪などひいて、少ししんどいなと思っていると、すぐに気づいてくれて心配してくれる女性がいます。

こういった優しさに男性はとても敏感で、自分のことを心配してくれたということで好意が沸きます。

さらに、看病までしてくれるとなったら、嫌いになれるわけがありません。

ここまでくると女性のほうもある程度は、その男性に好意があるのは間違いないでしょうが、男性のほうも、たとえ何とも思っていなかった女性だったとしても、意識することになるでしょう。

身体が調子悪くなった時というのは誰でも不安なものです。

そんな時に優しい声をかけてくれたり、励ましてくれたりすると、それはとても嬉しいことだと思います。

5、励ましの言葉など優しい言葉をかけてくれる

男性というのは基本的に母親のほうが父親よりも好きだという人が多いでしょう。

それは母親の優しさというものに小さなころから慣れているからです。

大人になってもこういった思いは残ったままで、女性から優しくされたり、励まされたりすると、どこか母親を思い出す感覚があり、惹かれるのだと思います。

男性は女性に励まされたい、優しい言葉をかけて欲しいと常に思っています。

そういう男性の欲求をくすぐってあげる女性というのは、男性を扱うのがとても上手いと思います。

6、子供がよくなつく・子供好き


子供というのは感受性が強く、人の雰囲気というものを正確に察知します。

いい人なのか、悪い人なのか、怖い人なのか、優しい人なのかと。

子供がよくなつくということは、その人に優しい人のオーラがあるのでしょう。

容姿は怖いけれども子供がなつく人もいます。

こういった人も、子供がその人からでる優しい雰囲気を感じ取っているのでしょう。

また、子供に好かれる人というのは総じて子供好きの人が多く、やはり好きだという気持ちも子供に感じ取ってもらっているのだと思います。

こういった相思相愛は動物に対してもあることで、ペットに愛情をかけてやればやるほど、ペットも飼い主のことがすきになって、よくなつきます。

7、家族とも仲がいい

家庭内がうまくいっている女性というのは、フラフラしたところがなく、精神も安定しています。

家族思いで家族とうまくいっているからこそ、他の人に対しても目をかけて優しくできる余裕があるのだと思います。

逆に家族とうまくいっていない女性というのは、どこか投げやりで、冷めているような印象があります。

人をあまり信用していない人が多く、やはり家族との関係の悪さが人間不信に拍車をかけているのだと思われます。

家族とうまくいっている人というのは、家族の皆を大切にし、思いやる心があると思いますから、もし将来自分と家族になるようなことがあったとしたら、その時も家族を大切に考えてくれるのだろうという信用につながります。

8、言葉使いが丁寧(綺麗)

最近の若い者はとは言いたくないですが、女性に限らず言葉遣いの全くなっていない若者があまりに多いような気がします。

目上の人に対してもちゃんとした敬語が使えなかったり、汚い言葉を使ってみたりと、目を覆うような状態のときもあります。

特に女性が乱暴な言葉を使って話しているのを見るのは気分のいいものではありません。

女性にはなるべく言葉遣いを丁寧に、ある程度の品を持って話してもらいたいものです。

そんな会話の端々から見える品というものに、気遣いや優しさ、そして女性としての魅力があるのですから。

日本語はちゃんと話すと本当に美しい言葉です。

他の言語のような相手を罵るような汚い言葉はほとんどありませんし、イントネーションなども美しいはずなのです。

女性はもっと自分の発する言葉、言葉遣いについて関心をはらうべきだと思います。

9、悪口を言わない

女性が集まると誰かの噂話や悪口大会が始まることはよくありますが、男性はその光景をあまりよくは思っていません。

とくに悪口を言う女性には好感は持てないでしょう。

なぜなら、次は自分が彼女たちから悪口を言われているかもしれないと考えたら嫌になるからです。

いつ自分が悪口の標的になるかわからないのに、好感は持てないと思います。

女性だけに限らず、人の悪口は言わないことです。

必ずそういったものは、いつか回りまわって自分のところへ返ってくるものですから。

10、同性の友達が多い(同性に好かれる)

同性の友達に好かれている女性は優しくて人の気持がわかる人が多いと思います。

女性の前と、男性の前で態度がコロッと変わる人がいますけれど、こういう女性は同じ同性からあまり好かれてはいないでしょう。

男にばかり媚びを売っているような印象だし、男性に気に入られるような振る舞いしかしていない。

これでは女性の友達は少ないでしょう。

男性としたら、女性の友達が少ない女性を見ると、気が強くて、ちょっときつそうな性格なのかなと思ってしまいます。

もし付き合ったらわがままできついことばかり言われるんじゃないかと避ける男性も出てくるでしょう。

男性も女性も、交際したり、結婚する前に、その人には同性の友達がどのくらいいるのか、そしてどのくらい友達に慕われているのかを調べておいたほうがいいと思います。

同性の友達が全くいないということになると、どこか性格に難がある可能性がありますし、やはり人と同調することができない自分勝手な人なのかなと思ってしまいます。

11、人によって態度を変えない

女性の前と男性の前では全く違った態度にでる女性はちょっといかがなものかと思います。

女性の前ではずぼらできつい口調だったのに、男性の前では急に可愛らしく猫なで声んのような口調になるなどの急変はおかしく見えます。

また、地位のある男性には愛想よく近づいてくるのに、あまり地位のない男性には見向きもせず素っ気ない態度をとる。

こういった人によって態度がころころ変わる女性に対しては男性は不信感を抱きます。

信用のおけない女性のような印象を抱くのです。

恋愛に発展しても、少しでも条件のよい男性がいたらすぐに乗り換えそうな感じがして嫌なのです。

誰にでも同じように接することのできる女性は感じが良く接しやすい印象を与えます。

やはり、誰とでも分け隔てなく接する態度が優しさの根源にないと、本当の優しさとは言えないでしょう。

人間はどうしても損得勘定で動く生き物ですから、自分の益にならない人間に対して優しさを見せることは無駄だと考える人もいるのかもしれませんが、人というのはどこかで誰かがちゃんと見ているもので、そうした身勝手な考え方はいつか自分に返ってくるものです。

12、叱る時は叱る!甘やかしすぎない

本当の優しさを持っている女性というのは、何でもかんでも優しい顔をしているわけではありません。

その人のためになると思えば、時に叱ったりできるのが本当にやさいい女性なのです。

男性も、自分のことを本当に考えてくれているらこそ叱ってくれるんだということを理解できますから、そこに信頼関係が生まれます。

男性に嫌われまいと甘いことばかり言っている女性というのは、結局は自分の人気取りのために甘いことばかり言っているのだと思います。

では、男性が求めるやさしさとは?

それでは、男性目線で見た場合、男性が求める女性の優しさとはどういったものなのでしょうか?

女性が考える優しさと、男性が考える優しさというのは多少違いがあると思います。

そこを理解しておかないと、せっかくの優しさが男性には響かないこともありますので注意が必要となります。

それでは、どういった優しさを男性は求めているのでしょうか?

1、話を聞いてくれる

男性には男性の悩みというものがあります。

仕事のこと、人間関係、家庭のこと等々。

多くの責任を背負う男性は皆強いように思いますが、実は皆ギリギリのところで頑張っています。

そういうきつい時に、親身になって話を聞いてくれる女性がいると、男性はホッとしますし、嬉しくなるものです。

自分の話を真剣に聞いてくれる女性に悪い気がする男性はいません。

女性は自分の話はするけれど、人の話は聞かないという人が多い中、聞き上手な女性はかなりポイントが高いと思います。

2、常に味方になってくれる

男性は自分のやっていることを肯定してくれる女性を好みます。

やはり女性に尊敬されたいという気持が強いのでしょう。

ですから、自分のやっていることや意見に賛同し、味方になってくれると嬉しくなります。

ですから、女性は少々自分の意見とは違うと思っていても、意見に賛同してあげることです。

それを、批判したり対立の構図に持っていくと、男性は嫌います。

なぜなら男性はプライドの高い生き物なので、自分のやっていることを否定されることでイライラしてくるのです。

常に男性の味方になってあげるように意識しておきましょう。

3、一緒にいて安心できる

男性が女性に魅力を感じるのは容姿やスタイルだけではありません。

性格であったり、その人の持つ雰囲気に惹かれたりもします。

交際するとしたら、長い時間を一緒に共有するわけですから、緊張して気がおけないような関係だとしんどくなってしまいます。

特に男性は女性に対して、癒しや安らぎを求めていることが多いと思います。

一緒にいてリラックスできる、安心できるという雰囲気をもっている女性に魅力を感じるのです。

お互いに心地よく安心できる関係でないと長続きはしないでしょう。

4、ねぎらいの言葉をかけてくれる

何かを自分が頑張って、やり切った時にはいい結果であれダメであれ、誰かにねぎらいの言葉をかけてもらいたいものです。

そういう時に真っ先にねぎらいの言葉をかけてくれる女性がいたら、なんとこの女性は優しい子なんだろうかと感動すると思います。

この女性は自分が一生懸命やっていることを見ていてくれたんだと思うと、この女性を意識せずにはいられなくなると思います。

5、挨拶・感謝の言葉をかけてくれる

人間というのは小さな一言で嬉しくなったり、元気が出たりするものです。

ですから朝出社した時などに笑顔で挨拶してくれると、その日一日幸せな気分になったりします。

そして、次から挨拶してくれた女性を意識するようになるでしょう。

男女問わず挨拶とはコミュニケーションの基本中の基本であり、挨拶を交わすことによって今日も一日頑張ろうという気分になります。

挨拶だけではなく、何事においても「ありがとう」という感謝の気持ちを持っている女性はとても魅力があります。

小さなことでもちゃんと「ありがとう」を言ってくれる女性というのは気持がいいものです。

逆に挨拶もろくにせずブスッとしている人は、男も女も魅力減となります。

6、スキンシップをとる

話の途中や、いいタイミングでそっと肌に触れたり、うまくスキンシップをとる女性がいますが、男性は少しドキッとしますが、とても親近感が増します。

男性が女性にスキンシップを取る時には、かなり注意して慎重にしないとセクハラととられる可能性が高くなります。

特に上司が部下の女性に対してセクハラで訴えられるというような問題が常に起こっているので注意が必要ですが、女性から男性へのスキンシップは、親密でフレンドリーな表現の一つとして捉えられることが多いと思います。

ですが、女性から男性へのスキンシップも過剰になることは気を付けるべきです。

あまりにも過剰なスキンシップをすると、男性のほうが勘違いして、恋愛感情があるのではないかと誤解が生じることがあるからです。

日本人というのは欧米と比べて、スキンシップの少ない人種です。

欧米なら久しぶりにあった友達や、友達との別れの挨拶などにキスをしたり、ハグをしたりするのは当然のことですが、日本でそんなことをやると大きな誤解を生んでしまいます。

触れるということには日本では注意を払っておかなくてはいけません。

7、ただ、そばにいるだけ

女性は何も言わずそっと男性のそばに寄り添っていてくれるだけで嬉しいものです。

男性からしたら、仕事で行き詰った時や精神的にしんどい時に、安らぎや癒しが欲しいと思うものです。

そういう時にそっとそばにいてくれて安心感を与えてくれるような女性を求めています。

このように男性が疲れている時は、余計なことは言わないのに限ります。

仕事で悩んでいるのに、女性が男性に対してああだこうだ仕事に関するつっこみなどしてしまうと、男性は気分を害すだけでなく、女性にたいして嫌な印象を持つでしょう。

そうなると癒しも安らぎもなくなってしまいます。

それよりも何もいわず一歩下がってついてきてくれるタイプの女性を好む男性がまだまだ多いということではないでしょうか。

外国人にはあまり理解できないかもしれませんが、日本人には何も言わなくとも目を見れば理解し合えるという関係があります。

よけいな言葉ではなく相手の意図を察するというのが美徳とされています。

余計なことを言うくらいなら、そっとそばに寄り添って黙っていたほうがいいです。

逆にNGな優しさをまとめます

優しく男性に接していれば、男性は女性に好意を持つかというと、そうではありません。

優しさの中には男性の嫌うNGな優しさもあります。

それをよく覚えておかないと逆に不快感を持たれることになるでしょう。

1、あざとさがある

あまりにも露骨な優しさというのはわざとらしいのでNGです。

いかにも見返りを受けるためにぐいぐいと優しさを押し付けてくる女性に男性は引いてしまうことでしょう。

具体的には男性に対して媚びを売るような態度をとったり、誰にでもいい顔をする八歩美人な人が多いです。

やたらとボディタッチをしてきたり、飲み会などの集まりの時は、意中の男性の横に強引に陣取ったりと、とにかく露骨なので皆からひんしゅくを買う可能性が大きいです。

こういった女性は男性からも女性からも嫌われることになるでしょう。

男性はどちらかというと女性からぐいぐいこられるのをあまり好きではないと思う人のほうが多いように思います。

自分からアプローチをかけてなんとかしたいという欲求のほうが強いと思いますので、あまりにあざといのはNGとなります。

【あざとい女の特徴は、こちらの記事もチェック!】

2、おせっかい

どんなことにでも世話を焼きたがる人がいます。

いわゆる「おせっかい」という人です。

人のことを気にかけて、お世話してあげたいという気持ちは悪いことではありませんが、人にはそっとしておいてほしい部分もあります。

触られたくない部分まで世話を焼くとして踏み込んでこられたら気分が悪いでしょう。

そこはよく注意しなければいけません。

例えば、仕事ことなどは男性の一番大事な部分ですから、そこを指摘したり批判したりするのはもってのほかだと思います。

女性に仕事のことを指摘されたりすると、仲がいい人でもムッとすると思いますし、仮に指摘したところで双方に何のメリットもありません。

ですから男性のプライドに関わるところには触らないことです。

この人のこの部分は触れられてくないようだから、そっとしておいてあげようというようにちゃんと考えられる女性がモテるのです。

【おせっかいな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

3、見返りを求める(優しさアピール)

ギブアンドテイクと言いますが、いつもギブ(与える)ことをしたら、テイク(見返り)があるとは限りません。

それを分かっていない女性が多いようで、なんで私がこんなに優しくしてあげているのに、あなたは私に振り向いてくれないのだろうと腹を立てるのです。

こういった見返りありきの優しさというものを男性は嫌います。

そうではなく、見返りを求めていない健気な優しさに、男性はグッとくるのだろうと思います。

4、必要以上にかまう

男性はあまりにもガツガツ女性のほうから来られるとちょっと引いてしまいます。

あくまで男性のほうから誘ったりすることが自然dと思います。

毎日電話やメール、ラインなど、あまりにも女性のほうからあると、男性はその女性を軽く見るようになってしまうでしょう。

なぜなら、男性は女性をなんとかこっちに振り向かせたいと思う意欲が強いほど、その女性に対する興味が増幅するわけですから、いつも女性のほうがかまってくるのなら、自分がかまう必要はない女性なんだなと思ってしまうのです。

その辺の押し引きのバランスをよく考えていないと、意中の人を逃がしてしまうことになるでしょう。

優しい女性になるために意識するべきこと

ここまで優しい女性がモテる理由や、NGである間違えた優しさなどを見てきました。

これからさらに魅力ある優しい女性にこれからなっていくために意識すべきことはどういうことでしょうか?

1、男性を立てるようにする

男性を立てると言うと、男女差別だと言い出す人が必ず出てきますが、そうではありません。

男性は男性で「レディーファースト」の精神を持っているべきだと思いますし、女性は男性のプライドを壊さないように配慮してあげることで、双方が良好な関係を築けるのではないかと思います。

よく「おしどり夫婦」などと呼ばれている仲の良い夫婦を見てみると、妻が一歩引いて夫を立ててあげている夫婦が多いです。

それでいて、実は妻が夫をコントロールしている、夫は妻の手の上で転がされているのでしょう。

表向きだけは男を立ててあげる、それが一番平和でいいと思います。

できる女性、地位の高い女性というのは、男社会において、男には負けないと常に張り合うというだけではなく、ここぞというときには男を立てることも忘れません。

それによって男性のプライドを壊さないようにしておいて、実利は自分が取るといった賢い考え方をしているのです。

2、綺麗な言葉遣いを意識する

言葉というのは本当に大切なもので、その人の印象を決定づけてしまうものです。

どんなに美人でも、言葉遣いが汚いと興覚めし、その魅力は半減してしまうでしょう。

目上の人にはちゃんとした敬語が使えて、女性らしい言葉遣いができるように常に意識しておきましょう。

滑舌であったり、声のトーン、そして自然な身振り手振りも入れることができるようになれば、より魅力的になることができると思います。

日本語というのはちゃんと使えば非常に美しい言語です。

他の言語のように人を罵ったりする強い言葉もほとんどなく、目上の人に対する尊敬語や謙譲語というものもあります。

男女問わず、日本人であるならばちゃんとした綺麗な日本語の言葉遣いをマスターしたいものです。

3、褒め上手になる

褒め上手な人は必ずモテます。

これは間違いありません。

なぜなら褒められて嫌な人はいないからです。

特に男性は褒められたい、認められたい願望の強い人が非常に多いので、褒め上手になることは多くの男性から好感を持たれる可能性が増えます。

わざとらしく持ち上げてばかりだと、あからさますぎて逆効果ですが、その辺のバランスをよく考えて、いやらしくなく自然に男性を褒めるテクニックというものを持つとよいでしょう。

褒めるところが見つからないという人がいますが、そんなことはありません。

褒めようと思えばどんなことだって褒めることはできます。

例えば今日来てるシャツがよく合っていますねとか、ちょっと見ないうちに痩せましたねとか、スーツがよく似合いますねとか、要は何でもいいのです。

どんなことでも褒められて嫌な人などいません。

相手もどうせ社交辞令で言ってるんだろと思いつつも、悪い気はしていないのです。

ですから、少々過剰というくらいに相手を褒めるくらいで丁度いいかもしれません。

本意ではないかもしれませんが、それくらいのほうが世の中うまく渡っていけるのかもしれません。

4、男性に対して贅沢ばかり言わない

女性は男性に対して贅沢を求めすぎることがあります。

記念日・誕生日のプレゼントに高価なものをねだったり、結婚しても身の丈以上の贅沢を求めるあまり、男性がしんどくなってしまうケースが多々あります。

そして、そういう女性よりも、もっと素朴な女性を求めたくなるのです。

女性は男性を見定める時に容姿だけでなく、経済的なことや仕事の地位など、いろんなことを計算しています。

しかし、自分の贅沢のために男性を見定めているのなら、それはいつか男性に見抜かれてしまうことになるでしょう。

自分が他の女性よりも容姿やスタイルが秀でていると思っている女性は、男性にちやほやされる経験も多いので、男性にわがままを言っても通ると思っている女性が多いです。

ですが、それは勘違いというもので、いつもそんなわがままや贅沢を言っていると、男性のほうもうんざりするでしょう。

5、素直になる

結局、素直が一番ではないでしょうか。

男性に気に入られるために無理に自分を作って媚びを売ってみたところで、不自然だし自分も疲れるだけです。

仮に、男性受けのいい自分を演じて男性に気に入ってもらえたとしても、それはありのままのあなたを好きになってもらえたわけではありませんから、いつかそれがばれたとき彼は幻滅して離れていくでしょう。

無理をして自分を偽っていても必ず後でばれて無駄に終わるものです。

それよりもありのままの自然な自分でいたほうがいいし、自分の気持を偽らず素直になりましょう。

素直な性格だと、男性も、この人は裏表がなさそうなので、接しやすそうだと感じるので、好感が持たれると思います。

6、見た目にも気遣う(メイクやファッションなど)

何だかんだ言っても、見た目が大事というのは今も昔も変わりません。

では容姿があまりよくないとダメかというとそうではなく、身だしなみに気をつけましょうということです。

女性にとって身だしなみというとメイクです。

男性を意識していないからすっぴんでいるという女性もたまにいますが、やはり女性はちゃんとメイクして表にでるのがマナーではないでしょうか。

それから自分に合ったファッションを考えることも大切です。

あまりにも合っていないファッションをしていると、せっかくの魅力がなくなってしまいます。

自分の顔や雰囲気に合ったファッションをするということを常に意識しておきましょう。

最後に、男性が求める優しさを知ることがポイント!

優しさと一言でいってもいろんな優しさというものが存在します。

そこには女性の考える優しさもあるし、男性の求める優しさもあります。

男性に気に入られるためには、男性の求める優しさというのを理解しておく必要があります。

大切なのは、優しさが露骨であってはいけないということです。

男性に気に入られたいことが見え見えの優しさは、かえって逆効果で、そんなことをしていると男性にも女性にも嫌われてしまうことになります。

あくまで自然な優しさというのが大切なのです。

自然に優しさを出すためには、普段から人に対する気遣いであるとか、人のために何かしてあげようと思う心を育んでいくことが何より大切なことであると思います。