好きな男性の「本命彼女」になりたいと思うのは当然のことですが、気づくと「都合のいい女」になってしまっていること、ないでしょうか。

付き合っているともいえない微妙な関係なのに一緒にいることが多く、呼ばれるものの発展もしない。

ときには体の関係は既にあるのに恋人っぽいデートもしないし、好きという言葉もない、なんてこともあります。

どうやら、都合のいい女と本命彼女には越えていない一線があるようです。

その違いを探っていきましょう。

都合のいい女ってどんな女?

都合のいい女といえば“セフレ”が代表格ですが、それ以外にも都合のいい女は存在します。

何パターンか種類があるので、それぞれ見て行きましょう。

もしかすると、全部に当てはまっている人もいるかもしれません。

そして、各種類全てに共通するのは「男の方が立場が上」と思っている女ということです。

では詳しく解説します。

呼んだら来る


深夜、休日、仕事終わり、遠距離だろうとなんだろうと呼ばれればすぐ仕度をして飛び出していってしまうタイプの女です。

猛者は県をまたぎます。

普通の人は深夜に「今からきて」と言われたら「はぁ?うるせぇ寝ろ」と返します。

休日も面倒臭ければ行きませんし、遠距離なら相手が恋人でも理由がなければ行きません。

しかし、都合のいい女は「1時間くらいかかっちゃうよ」と伝えます。

行く前提なわけですね。

断るという選択肢をもっていません。

また、「会いたい」と言われたら「じゃあそっちが来なよ」と思うのが大半ですが、都合のいい女にはこの選択肢もありません。

惚れた弱みなのか相手の立場が自分より上だと思っているので、自分が会いたい時には呼べない、「会いたい」とすら言えないというのが都合のいい女の特徴です。

遊びの誘いを断らない

「友達と飲んでるから来いよ」くらいの遊びの誘いでも断らずにかけつけます。

今から行ったところで1時間も飲めず、割り勘要員にされるだけなのに断りません。

明日の早朝集合という急な誘いも断りませんし、その他の遊びの誘いも他の予定を変更してまで断らずに参加します。

いかに都合のいい女でもさすがに仕事の予定では断ることもありますが、それでも限界まで仕事の予定をズラせないかを検討しますし、断るときも他者では理解できないほどの罪悪感を抱え、次は誘ってくれないかもしれないという謎の恐怖感を覚えます。

都合のいい女の脳裏には常に「捨てられたくない」という意識がうろついているので、ちょっとしたことにも縋りつこうとするのです。

全て男性の都合に合わせる

上記2つまでを併合してさらに何でも都合を合わせる猛者タイプです。

スケジュールや行く場所、やること、食べるもの、予算まで全て男性の都合ですし、割り勘どころか多く払うのすら厭わずに受け入れます。

さらに、「○○買ってきて」と言われたら買っていってあげて、代金すらもらえずに受け取るだけで追い返されても何も言わずに帰ります。

内心では不満が積もっていきますがそれを表面に出すことはまずありません。

また、男性に「彼女いるの?」「好きな人いるの?」といった質問をした際、男性から「なんでお前におしえなきゃいけないの?」と言われたら金輪際同じ質問をしないように心がけます。

心の中では、自分が彼女になれる可能性があるのかどうかを確認したい気持ちでいっぱいなのに、相手に不快感を与えないことの方が重要であるため言葉に出せなくなってしまうのです。

しかし、相手の男性に彼女がいたとしても都合のいい女はその男性の元から去ったりしません。

浮気相手でもないなら一緒にいても文句を言われる筋合いがない、でもいつか振り向いてくれるかもしれない、と自己暗示をかけます。

都合のいい女は「自分にとって都合よく解釈する女」でもあるといえるでしょう。

意中の相手でなくても男全般の都合に合わせる女

やや特殊型ですがこういったタイプもいます。

上記までの特徴は概ね意中の相手に対して発動し、断るという選択肢はありませんが、自分の周囲にいる全ての男性の都合に合わせるタイプは断ることがあります。

それは、誰かの都合に合わせると他多数の男性の都合に合わせられない場合です。

基本的にプライベートの時間を自分のために使うことはなく、男性のどうでもいい雑談LINEに張り付いたり、男性の行きたいところに出かけたり、男しかいない飲み会に呼ばれれば行き、彼女でもないのに風邪の看病をしたりなどせわしなく動きます。

このタイプは特定の男性にとっての“都合のいい女”よりはるかに面倒臭い特徴を兼ね備えている場合があります。

それは“自称サバサバ系”ということです。

「女といるより男の方が楽」という言葉を免罪符にあちらこちらの男性と仲良くし、内心では「こんなに呼ばれてモテる」と思っている節があります。

しかし、その実、男性陣からは都合のいい女以上に思われていません。

言いなり

なんでもかんでも言うことを聞く女です。

もう都合のいい女を通り越している部分があり、結婚詐欺師にひっかかってお金を貢ぐ、無職で自堕落な男を部屋に迎え入れてしまう、そのまま棲みついても文句も言わずに養うなど、どうしようもないタイプです。

「この人には私がいなきゃダメ」という意味不明な使命感に燃えています。

しかも男性のことを勝手に“彼氏”と思っていたりするため、彼氏持ちかのような言動をして自らマトモな出会いの幅を狭める傾向にあります。

また、好きでもない男性からの告白を受け入れて付き合ってしまう人もいます。

押しに弱すぎて「私を愛してくれるなんて素敵な人」と思ってしまうし、ちょっとした頼みごとをされるだけで「必要とされている」と感じるのが特徴です。

理不尽な感情をぶつけられても怒らない

都合のいい女は「いい女」の理想像を履き違えているので、理不尽な感情をぶつけられたり、道理の通らない言い訳をブチまけられても怒らずに受け止めようとします。

言い方を変えれば、「理解ある女」を気取っている状態です。

極端な例だと、パチンコに行く金欲しさにたかってくる男に、言われるがままに金を渡し、結局もう払えるお金がなくなると男性に理不尽にキレられ、それに対して謝ってしまうなどがあります。

また、男性がデートに遅れておきながら謝りもしない、手持ちのお金がないのに好き放題飲み食いして払わされるなどの理不尽な仕打ちを受けたって怒りません。

「忙しいのに来てくれてありがとう」「今度払ってくれればいいよ」なんて言葉を重ねている内に、男性はつけあがり、付き合いが雑になっていきます。

怒らない女は自らを都合のいい女に格下げしているだけでなく、男をダメにする女です。

体だけの関係

要はセフレです。

自分自身も楽しんでいるならいいですが、都合のいい女のダメなところは「体の関係をもったんだから、そのうち愛してくれるだろう」と期待している点です。

男性はそういうものではありません。

女性用の風俗店はまずないのに男性用風俗店が絶えないことからもわかるように、性欲と愛情が別軸で動いている男性は少なくありません。

そして、都合のいい女はそういう男性ばかり掴んでしまいます。

なぜなら、そういう男性の方が“都合のいい女”にとっても都合がいいからです。

愛情を獲得するより性欲を満たしてやるほうが、比較的楽にそのポジションを掴むことができます。

しかし、体から始まった関係で本当に愛されるようになるのは至難の技で、女としての魅力ではもう勝負できなくなっています。

通常のお付き合いの流れから考えると、まず異性としても魅力を認識し、それが恋となり、触れたいと思うようになって、やっと体の関係になります。

その過程を経ているからこそ、もっと好きになったり精神的にも癒されて双方向の愛情が深まっていくのが通常です。

さらに結婚までいくとなれば、異性としての魅力に人間としての魅力、尊敬できる部分が加わってきます。

しかし、体から入った関係の場合、本来は異性としての魅力を感じて恋になるという段階をすっ飛ばしているので、今更異性としての魅力で勝負しても前段階に戻ってしまい、その到達点は結局体の関係になるので意味がありません。

男性は、わざわざその焼き直しをしたいとは考えないわけです。

つまり、愛されるには人間としての魅力や尊敬できる部分がないといけないので、楽に手に入れた関係を発展させるのは相当難しいと言わざるを得ません。

キープを作りたがる男性の心理

特定の女性を彼女にするのではなくキープを作りたがる男性の心理を知って、自分がそのキープに分類されていないかを考えてみましょう。

ただし、最初に結論を述べてしまうと、キープなんか作る男はろくでもないので、やめておいた方がいいです。

どこまで行っても幸せにはなれません。

では、代表的なものをご紹介します。

体の関係の相手が欲しいだけ

セフレは言ってみれば激安の風俗ですから逃す手はありません。

ソープに行くにしても5万円くらいはかかるし本番もないので、本番ありでホテル代1万で済むならこんなに安いサービスはないわけです。

どちらかの家なら無料だし、ホテル代も払ってくれるとなれば儲けものです。

しかし、これだけならキープする理由にはなりません。

そこらへんでナンパした人でもよく、毎晩別の相手をしてもいいのに、あえてキープする、わざわざ呼びつけるというのは都合のいい女が一番重宝するのです。

お互いに楽しむことを目的としたセフレよりもはるかに良い理由があります。

“都合のいい女”は言いなりですから、ヤリ方も男の思うがまま、あえて言わなくても好みを研究して合わせてくれます。

さらに、男性に夢中な状態ですから、他の男を受け入れている可能性は低いことから性病にかかるリスクも極めて少ないです。

激安または無料で安全、良質なサービスを受けられるなら手放すことはないでしょう。

自分はモテていると思いたい

キープを何人も保有したがる男はこの傾向があります。

「皆で俺を奪い合え」とでもばかりに、モテている状況を楽しんでおり、恋愛をしたいわけではないため個々の女性にさして興味はありません。

アクセサリーみたいなものです。

そして、寄ってくる女性をただキープしたいだけですから、女性へのサービスもほとんどなく、離れそうになれば優しい言葉をかけますが恋愛の意味での「好き」だけは口にしないようにしています。

そもそも本命もそんなに大事に思っていない

彼女がいるのに都合のいい女をキープする人は、本質的にはモテていると思いたい男と同じです。

彼女のことも、今たまたま一番いい女だと思っているだけ、あるいは彼女の座におさまらないと離れていく女だから彼女にしているだけであり、彼女のことすら本気で惚れているわけではありません。

そのため、もっといい女が現れれば彼女とのデートの約束があっても放棄するし、もっといい女と関係が進みそうになると、彼女のことをバッサリ切り捨てます。

しかも自分が悪者にはなりたくないので、仕事に集中したい、君を幸せにする自信が無いなどと言いながら距離を置き、自然消滅を謀る傾向にあります。

男性が思う本命彼女との違いって何?

キープとまではいかずとも、彼女と本命彼女にすら違いがあります。

これは女性でもそうだと思いますが、とりあえず付き合っているだけの恋人なのか、一緒にいない人生が考えられないほどの恋人なのかという違いです。

とりあえず付き合うまでも進んでいないのが都合のいい女ですが、本命彼女を目指すなら、ただの彼女と本命彼女の違いをおさえておきましょう。

結婚を考えることができるかどうか


彼女と本命彼女の決定的な違いはコレです。

男性は、恋愛を楽しむ相手と結婚する相手を分けていることがあります。

ただ付き合うならアグレッシブなギャル系が好きでも、いざ結婚するとなると家計を任せられるしっかり者が良いという男性は多いです。

あるいは、連れて歩くなら容姿を重視しても、結婚するなら精神的に安定しているなど中身重視、付き合うなら収入は考えなくても、結婚するなら共働きで稼ぎのいい女性など判断基準が異なってきます。

ずっと一緒にいたいと思えるかどうか

一時的なお付き合いであれば構わなくても、老後まで一緒にいたい人間かどうかは別問題です。

メンヘラ女と生涯を伴にしたいと思えるわけではありませんし、貢いで欲しがる美人を老後までそばに置いておきたいわけでもありません。

ずっと一緒にいたいと思える本命彼女は、肉体よりも精神的な結びつきが強く、癒される、相談できる、将来のことを一緒に話したいと思える、一緒にいない人生が考えられないなど特別な感情を抱くものです。

たとえ恋人という形式をとっていたとしても、これらの感情が生まれなければ、彼女ではあっても本命彼女とはいえないということを示しています。

思い通りになるかどうか

思い通りになる女は本命彼女にはなれません。

本命彼女に対して男性は「思い通りにしたい」とすら考えず、振り回されるくらいでも楽しいと思えますし、好いていてくれることがわかるだけで満足できます。

追う恋愛の方が本気になりやすいため、思い通りになる女には気持ちがそれほど動かないのです。

相手に合わせるか合わせてくれるか

一昔前の男性であれば、女は男に従うものだという亭主関白男子が多かったものの、今時その姿勢では愛されないことは男性もよく理解しています。

結婚するなら尚更、相手に歩み寄らなければいけないこともわかっています。

そのため本命の彼女であれば合わせてあげたいと思っていますし、亭主関白に憧れを持つ人も少ないです。

一方、本命でなければ合わせてくれる相手の方が気楽で便利です。

どんなに自由に振舞っても勝手に愛して合わせてくれますし、嫌気がさして離れていっても次の恋人を見つければ良いと思うくらい執着もありません。

都合のいい女と本命彼女との決定的な扱いの違い7選!

男性の気持ちの違いは上記まででよくわかったと思いますが、それらの気持ちがどのような行動に表れるのか、女性に対する扱いの違いから具体的に見ていきましょう。

扱いのされ方に思い当たる節があれば、本命ではなく都合のいい女なだけかもしれません。

その1.デートする場所や時間

本命彼女とのデートなら、会話しかすることがないような公園に行ったりイルミネーションを見たり、時間がある時は遠出や旅行もします。

行き当たりばったりのデートを楽しむこともありますが、デートの前に事前に楽しそうなスポットの情報を仕入れておいたり、美味しいお店をリサーチするなど手間をかけます。

基本的には、時間があれば日中から会ってデートをして、夕食を共にし、一緒に朝を迎えるという流れです。

一方、都合のいい女とはそもそもデートをしないことが多いです。

居酒屋に呼びつけてとりあえず飲む、女性の家におしかけるか、男性の家に呼び出すなど、夜の時間帯が多く、日中に会うとすれば用のある時くらいのもの。

会話を楽しんでくれることもありません。

おうちデートで、とくに男性の家ばかりの場合、使用人扱いしているという男性の声もありました。

また、クリスマスや誕生日など、特別な日を一緒に過ごしてくれない場合は完全に都合のいい女です。

仕事が忙しくてもそういった日はなんとか予定を空けようとするのが普通で、そのいずれの日も会ってくれないなら、たとえ恋人であっても本命とは思われていないと考えましょう。

稀に、宗教上の理由などでそれらを祝わない文化で生きてきた人もいますが、そういう人は徹底しているので、過去にそれらのイベントやお祝いに参加したことが1度でもあるなら疑うべきです。

その2.友人や家族に紹介しているか

「俺には都合のいい女がいるんだよ」なんて、友達からの評判が落ちそうなので紹介したいものではありません。

それに、都合のいい女止まりでも良しとする女のことを、どこか尻軽だとも思っているので、男友達に紹介して乗り換えられるのも嫌ですから紹介することはないでしょう。

結婚を意識させてしまう家族への紹介なんてもってのほかです。

両親はもちろん、兄弟姉妹にも絶対紹介してくれません。

そもそも、都合のいい女には自分のプライベートのことをあまり話さない傾向があります。

情報を明かすことで外堀をかためられたり、最悪の場合本命の彼女、あるいは意中の女性にバレでもしたら面倒臭いからです。

本命の彼女と結婚でもすることになって、都合のいい女に恨まれても困るため、実家の住所がわかるような情報も出したくないことから、紹介どころか家族構成すら教えない人もいます。

本命彼女でも紹介したがらない人も

本命彼女でも、自分の人生観として結婚という選択肢をもっていない人、毒親の持ち主、友達の女癖が悪いなどといった場合は、本命彼女であっても紹介しないことがあります。

何かしら闇を抱えているので結婚すると試練が待ち受けていることでしょう。

その3.お金をかけるか

彼女に貢いでいるといってもいいほど良いプレゼントをくれるかどうか、ということではなく、微々たる金すら払わないかどうかで見極めましょう。

取り替えのきくものにお金をかける人なんていませんよね。

都合のいい女も替えられる存在ですからお金を使ってあげようとは思いません。

奢る、奢らないというレベルでもなく、都合のいい女と過ごす時間そのものに金をかけたくないため、おうちデートが多かったり、外食するにしても安いチェーン店です。

割り勘どころか多めに払ってもらう、奢ってもらうことにも抵抗感を持っていないことがあります。

ひどい場合は高い買い物をねだってくることもあるでしょう。

男性に「一緒にいてやっている」という感覚があるからです。

過剰なほど貢がれているのもある意味都合のいい女

愛人契約のような状態を指します。

高価なプレゼントやおこづかいをくれる男性は、その女性の若さや美しさを金で買っている気持ちなので、ある意味都合のいい女扱いです。

ただし、この場合は女性の方もそれを認識していることが多く、お互いに利用し合っていることから、傍から見れば良好な関係が続きます。

その4.自分のことを話してくれるか

都合のいい女には友達や家族を紹介しないように、自分の近しい関係やプライベートな情報を開示したがらない、仕事などの愚痴は言っても会社名を教えなかったり、具体的な相談はしなかったりします。

弱みを見せる、本音で話す相手ではないからです。

甘えることはあるのですが、それは子供のようなおねだり型で、精神的に癒されたいというよりはダダをこねてみたり、家で何もせずゴロゴロしながら身の回りのことをやってもらうという甘えです。

都合のいい女は「もうしょうがないなぁ」と言いつつもやってくれるので便利だと思っています。

自分のことを曝け出さないので、二人の関係はいつまでたっても精神的な結びつきがなく、都合のいい女が一生懸命会話の抽斗を探る状態になりがちです。

そして、本命の彼女とは本音で話しているのでぶつかることもありますが、都合のいい女とは喧嘩の1つもありません。

女性が一方的に不満を爆発させることはあっても、男性からすると都合のいい女に喧嘩という労力をかける意味がないので「気に入らないならサヨナラだ」と言うだけで終わってしまいます。

都合のいい女と意見が合わなくても、それを妥協し合う意味もないので、全てに同意するかのように振舞い、あまりにも許容できなくなれば離れていくだけのこと。

ある意味本音なのは「好き」という言葉を言わないところです。

その5.写真を一緒に撮ってくれるか

SNSなどにアップされたら最悪なので都合のいい女と2人で写真を撮ったりはしません。

また、一緒に撮らなくても男性だけを勝手に撮られるのも好みません。

その写真をアップされたら2人で一緒にいることが周囲に知られてしまうからです。

男友達が数人いる席でのみ撮影を許すことはあります。

写真に写るのが嫌いな人もいる

単に写真が嫌いな人は友達とも撮らないのでわかりやすいです。

そういう人は本命の恋人とも写真を撮りません。

その6.すぐに手を出すか

都合のいい女は体目的だったりするため、躊躇も恥じらいもなく手を出してくることが多いです。

それか、使用人扱いだと何か月経っても一切手を出さないこともあります。

本命彼女がいてもすぐに手を出すという男性が多く、その理由としては本命彼女が性に興味がなく精神的なつながりが深いこと、体以外の相性は良いので結婚はしたい関係、遠距離恋愛中、本命彼女の貞操観念が厳しく結婚するまで手を出せない間の欲求不満の処理といったことが挙げられます。

また、都合のいい女に対しては自分のしたいように振舞うので、イチャイチャというよりは乱暴なプレイになることも多くあります。

終わったら帰って、という雰囲気もありますし、ピロートークもありません。

一方、本命彼女に対してはすぐに手を出すことができない男性が多いです。

ムードも気にするし、相手の気持ちに合わせようとするため無理強いしたり、過激なプレイに及んだりしません。

徐々にお互いの好みに合わせていこうと心がけます。

その7.連絡をこまめにとるか

好きな人とならこまめに連絡をとりたい、とるべきと考える人が多いので連絡の頻度とそのないようは判断基準になり得ます。

恋人であれば、どうでもいい日常の報告みたいなことも話しますし、週末に遊びに行こうと誘ったり、メッセージや電話で計画を練ったりするはずです。

一方、都合のいい女は呼べば来るので、その時の気分で連絡すればよく、日常にあった出来事をわざわざ連絡して、やりとりが続くのも面倒臭いので用もなく連絡することはまずありません。

会いたくはないけど暇過ぎて連絡してくるということはありますが、話の盛り上がりに関係なく飽きればメッセージも途切れ、その後数日から数週間連絡が来ないことさえあります。

連絡をこまめにとっても会う頻度が少ないとキープの可能性も

キープするための都合のいい女も手放すのは惜しいという場合は連絡だけマメに来ることがあります。

しかし、ご機嫌伺いレベルなので大して会話は続かず、会うのも男性側の都合のみが優先される場合はキープの可能性が大です。

本命になるには

残念ながら、一度都合のいい女になると恋人に昇格できるのは2割を切るというデータがあります。

序盤で記載したように、人間としての魅力で勝負しなければならないため、とても難しいです。

それでもその男性の本命になりたいのなら、昇格できたケースを参考にしてみましょう。

代表的な方法は下記のようなものがあります。

【本命彼女にしたい女性の共通点は、こちらの記事もチェック!】

相手に合わせすぎない

相手に合わせている内はいつまでたっても都合のいい女からは抜け出せません。

押してダメなら引いて見ろだと男性は「そっかー」でサヨナラする可能性も高いですが、それで去っていくくらいなら本当に興味をもたれていないので、すがりつきたい気持ちを抑えて諦めるのが無難です。

しかし、相手が「いて当たり前」の空気に甘えているだけなら、合わせてくれない一面を見ると驚いて心配し始めます。

永遠に得られ続ける愛情ではなかったことがわかると、自分も歩み寄らなければならないことに、やっと気づいてくれるのです。

しかし、そもそも論ですが、相性がよければ合わせようという努力すら大して必要がないはずなので、あえて合わせないようにする時点で長続きする相手とは思えません。

ずっと一緒にいたいと思わせることができるか

相手の居心地の良さだけを追求するなら我慢したり従ったりすればよいだけなので簡単ですが、それはぬるま湯につかってもらうだけで、ずっと一緒にいたいという気持ちを持ってもらえるのとは少し違います。

ずっと一緒にいられるのは、やはりお互いが自然体でいられる状況です。

都合のいい女といえども、未来永劫我慢を続けられるはずもありませんから、少しずつでも自分の本性を見せて、それを愛してもらう必要があります。

こればっかりは、テクニックも何もなく、2人の相性の問題です。

素直に気持ちを伝えてみる

女性は不安になると相手を問いただす傾向があります。

「私のこと好きなの?」「ただのキープ?」「いつになったら付き合ってくれるの?」などなど。

しかし、これらは全部本命彼女昇格の道を閉ざす言葉です。

これらの言葉によって女性が獲得しようとしているのは、男性に罪悪感を抱かせて答えをハッキリさせようということですが、罪悪感を持つと「都合のいい女」から「都合の悪い女」になり、つまり不要になってしまいます。

何も言わずに去られるのがオチです。

言うべきなのは自分の素直な気持ちです。

「一緒にいられるだけで幸せだと思っていたけど、他の愛もあるなと思ったから今日かぎりでサヨナラしましょう」「好きな気持ちが強いけど1カ月以内に答えを出そうと思っている」など自分の気持ちと期限を同時に伝えるのが効果的です。

まとめ

都合のいい女から本命彼女になるのはとても大変です。

キープされている状態だと思ったら、昇格を考えるより他の恋愛を探す方がよほど楽ですし、幸せになれる可能性が高いといわざるをえません。

今は恋心が優位に存在していても、時間が経つと「なんでこんな男に夢中なんだろう」という気持ちが少なからず芽生えてきますし、そうなった時に後悔すると今までの時間が全て無駄に感じるので「でも愛してる」と自己弁護しがちです。

このような自分を洗脳する状態になる前に冷静に状況を見直し、自分にとって今が幸せなのかどうかを検討してみましょう。