CoCoSiA(ココシア)

彼氏からの連絡が少ない!マメじゃない彼氏との上手な付き合い方


この悩みを持っている女性は少なくないようです。

不思議と女性から連絡することの方が多くて、男性は結構無頓着なんですよね。

それは男女間における連絡に対する認識の違いもありますし、お互いの忙しさが違うなども考えられます。

彼氏からの連絡が少ないと、もうちょっと連絡が欲しいと思っている女性の不安はわかります。

しかし、どんな理由があるにせよ、「なんで連絡くれないの!?」と怒りを表すことはおすすめしません。

彼氏がマメじゃない理由を理解し、上手な付き合い方を身に付けましょう。

連絡がこないと不安になるもの

女心としては頻繁に連絡して欲しいと思うものですよね。

連絡があまりにも少ないと「私に興味ないんじゃないかな」と不安になる気持ちもわかります。

しかし、連絡がマメじゃない男性の方が、連絡が頻繁な男性よりも、よっぽどおすすめです。

何をもって連絡がマメだと見なすかにもよりますが、2時間に1回は連絡を寄越してくる男との付き合いは地獄ですよ。

スマホの通知は鳴りっぱなしだし、通知を切ったら切ったで反応できなくなるので「返信は?」とか言われます。

そして、あまりにも鬱陶しいのでスルーしてまとめて返信していると、会った時に「俺に興味ないわけ?」「作業的な感じがする」などと言われます。

マメじゃない彼氏からすると、彼女から言われているのは全く同じことです。

というわけで、一般的に「マメじゃない」とみなされる頻度を設定しておきます。

子供の付き合いまで勘定に入れると頻繁すぎるので、大人の付き合いとして週に3回の連絡を下回る場合とし、それ以上あればマメな彼氏としましょう。

マメじゃない彼氏との上手な付き合い方

マメじゃない彼氏の良さは付き合ってから何年もしてからわかると思いますが、付き合いたてなら寂しいと感じるのも当然です。

とはいえ、それを前面に押し出してしまうと彼氏にとっては負担になってしまい、最悪の場合別れてしまうかもしれません。

連絡がマメじゃないこと以外は大好きなら、その彼氏との関係を大切にするために上手な付き合い方を身に付けましょう。

彼氏のペースを理解する


逆の立場で考えてみると、彼氏からすれば彼女の方が「しつこい」かもしれません。

大学生の後輩彼女と付き合っていた彼氏が就職し、平日はあまり連絡がとれなくなってしまったことを彼女が不満に思って別れを切り出すケースに見られます。

大学生の彼女は研究熱心でもなければ大体暇なので、日中も関係なく連絡を寄越してくるのですが、彼氏は業務中なので露骨にスマホを見るわけにもいかないし、新人がそんな態度では上司や先輩から怒られてしまいます。

わかりやすく社会人と大学生のカップルを引き合いに出しましたが、社会人同士でも似たような状況になることがあります。

一方はわりとスマホを見る時間がとれるものの、相手が難しいという場合、時間をとれる方が「スマホぐらい見れるでしょ」と思い込んでしまうからです。

連絡の頻度は人それぞれ

食事をする頻度と同じです。

1日3食が一般的ですが、人によっては5食、2食、プチ断食をして丁度良いという人もいます。

連絡の頻度も同じようにそれぞれのペースがあり、満足する度合が違います。

週に1度の連絡だけでも満たされる人もいれば、毎日連絡がこないと心配になってしまう人、必要最低限の連絡事項がある時だけで良いという人もいて、恋人だからといってこれが合致しているとは限らないのです。

一般的には週に2~3回くらいが多いものの、それが正解というわけではありません。

1つだけ言えることは、数日間連絡が来ない時、相手の体調を心配するならまだしも、愛されているのか不安になるようなら相手を信用できていないということです。

それは彼氏にも伝わるので不仲を引き起こします。

強制しない

連絡を強制してくる彼女のメンヘラ臭ったらすさまじいものがあります。

彼氏は「連絡しないと!」と焦るばかりで、LINEなら既読をつけたが最後「ヤバイヤバイ」と恐怖を覚えながら返信内容を考えます。

こんなのストレス以外の何物でもありません。

こういう彼女の場合、毎日の連絡を怠るだけでデートの時も不機嫌だし、まず冒頭から不満をグチグチ言ってくるし、果ては「愛してないんでしょ!」などと言ってくるので彼氏も段々イラついてきます。

「うるせぇ!暇人めが!」と怒鳴りたくなる気持ちをグッと堪えて聞き流しますが、それにも限界があります。

最悪もっと連絡がこなくなる可能性が…

面倒臭いという気持ちが振り切れると、連絡しないどころか彼女からの連絡も見ないという事態に陥ります。

既読をつけたくないからです。

もはや別れの一歩手前なので、しつこい連絡や要求はただちにやめましょう。

彼女が夢中になるくらいですから、彼氏は魅力的な男性です。

つまり、今の彼女である必要はないということを示しています。

彼女が面倒臭い存在になれば、持っていた愛情も薄れますし、「じゃあ別の人を探そう」と考えるのが普通です。

魅力的な男性だとわかっているからこそ、繋ぎ止めたくて連絡を欲しがってしまう気持ちは理解できますが、相手を信頼しているという意味をこめて急かさないようにする方が愛されます。