CoCoSiA(ココシア)

一意専心とは?意味や使い方、座右の銘にしたい四字熟語も紹介


あなたは「一意専心」という言葉を聞いたことはありますか?

まさに今さっき聞いてきたところなんだよ!でもその意味が分からなくて困っている…という方もおられるかもしれないですね。

または、「一意専心」という言葉に出会ってその意味をなんとなく知る中で「なんて素敵な言葉なんだ」なんて共鳴して、その言葉をさらに深く知りたいと思っている方もおられることでしょう。

そんな素敵な言葉である「一意専心」という言葉ですが、人によってはその言葉の意味を知らないという人もいるのではありませんか?

また、これまでになんとなくのニュアンスで使ってきていただけであって本当はどのような意味を持っているのか知らないという人もいるかもしれません。

それじゃあ、とってももったないです!

というのも、「一意専心」という言葉は人によっては「座右の銘」にしているくらいに、人生の指標や教訓にするにはもってこいの言葉になるからなんです。

ということで、この記事では「一意専心」という言葉について特集しています。

この言葉にはいったいどのような意味があるのか?

また、この言葉の類語語や対義語、さらにはこの言葉の使い方までもお伝えしています。

ちょっぴり苦手意識を感じやすい四字熟語ではありますが、「一意専心」という言葉はその意味を知ることができればそのような苦手意識なんて吹き飛ばすことができるはずです。

そして、この記事を読んであなたもぜひとも「一意専心な人」になってくださることを祈っております!

この記事の目次

座右の銘として認定?「一意専心」とは?


「一意専心」という言葉は、知っている人は知っているけれども知らない人はまったくもって知らないという言葉になりますね。

それはこれまでの人生の中で四字熟語にたしなむ時間が多かったのか、それとも少なかったのかが大きな原因になりますが、そんなの過去の話。

今となっては「もっと四字熟語を勉強しておけばよかったな」なんて感じている人は多いのではないでしょうか?

とはいっても、すべてが感じで構成されているために「どのような意味を持っているのかを知る気にもなれない」「見る気持ちにもなれないんだよね」なんていう方が多いかと思います。

そんな四字熟語に苦手意識を感じている方にも、ぜひとも知っておいてほしい四字熟語があるんです。

それが今回の記事のテーマともなっている「一意専心」という言葉なんですよね。

もう見るからに「読みたくない!」「見たくない!」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、この言葉って知っている人の中には人生の指標にしていたり、なかには”座右の銘”にしている人も少なくはないんです。

つまり、一意専心という言葉は悪い意味を持っているのではなく、良い意味―ポジティブなニュアンスやイメージ―を持っている言葉になるんですよね。

とはいっても、この言葉がどんな意味を持っているのか想像することもできない人にとっては座右の銘なんかにしようなんて思わないはず。

そんなことにならないように、まずは「一意専心」という言葉にはどのような意味が含まれているのかをお伝えしていきます。

一意専心の意味って?

「一意専心」という言葉を読むことはできますか?

ずばり「いちいせんしん」と読むのですが、その読み方だけでもまず最初にマスターしておきましょうね!

では、この言葉はどのような意味を持っているのでしょうか?

ずばり、「ほかのものに影響されず、それも心を動かされることもなく、自分のやるべきこと・やりたいことに集中して取り組むさま」を表しています。

つまり、何にも邪魔されることなく、というよりかは邪魔されない状況を作り出すことによって自分が集中したいことに一心不乱になって取り組んでいること、取り組むことができることを指しているんですね。

あなたは、何かを始めようとしてもそれを始めることができたとしても、何か少しの邪魔が入ってしまうだけですぐに気が散ってしまうということもあるのではないでしょうか?

そのようなことになってしまうタイプに人にとって、「一意専心」というような心構えを持っている人ってとても憧れになるかと思います。

だって、自分のやるべきことに集中することができているというのですから。

そのため、「一意専心」という言葉は、座右の銘になることができるんですね。

だって、誰もが自分の集中したいことに集中して、その作業を一刻も早く終わらせたいと感じているからなんです。

そのように集中することができれば、次に取り組みたいと思っていることまでもすぐに手出しすることができますよね。

特にビジネスをしている人にとっては、仕事を効率的に行うためにとても重要な要素ということができます。

ビジネスだけではなく、一般の方でも自分のやるべきことに周りの目線や声に邪魔されることなく集中することができたら、なんだかデキる人になったような気持ちになれますよね!

「一意」の意味

「一意専心」という言葉は、実は「一意」という言葉、さらには「専心」という言葉のふたつで構成されている四字熟語になります。

それぞれの意味を知っておくことによって、さらに「一意専心」という言葉の意味を理解することができるようになりますよ。

ということで、まずは「一意」という言葉にはどのような意味があるのかを確認しておきましょう。

ずばり、「一意」という言葉には、“一途に一つの物事などに意識を集中させる、気を注ぐこと”を意味しています。

この言葉を見てもわかるように「一つの事に“意思”を向けている」と言っているのがわかりますよね。

「専心」の意味

では、「一意専心」という言葉を構成している「専心」という言葉にはどのような意味があるというのでしょうか?

ずばり、「専心」には、「心をひとつのことに集中させるようにするさま」をさしています。

漢字を見てもわかるかと思いますが「専用にする―心を」と解釈できますね。

つまり、心を一つのことに向けようと、自分でも努力している気持ちを表すことができるということになります。