CoCoSiA(ココシア)

「お申し付けください」とはどういう意味?類似の言葉との使い分けも解説!


時が経つにつれて環境が変化するように、私たちも年齢を重ねることによって取り巻く環境などは常に変化するようになります。

その大きな一例としては、社会人になるということが大きな環境の変化になると言えます。

なぜならば、社会人になるとこれまで学生として過ごしてきた環境とは大きく変化するようになり、様々なことに対して注意しなければいけなくなるからです。

そして、注意しなければいけないことの一つに言葉が存在しており、社会人になることにより、これまで用いることがなかったような言葉なども頻繁に用いたりするようになります。

例えば、代表的な存在として敬語が存在しており、これまであまり敬語を使わなかったような人も社会人の立場になれば敬語を用いるようになるはずです。

しかし、敬語というものは考えてみれば非常に難しい存在だといえます。

簡単な敬語であれば用いることは難しくありませんが、複雑な敬語になると具体的な使い方や意味合いなどが非常に難しく感じるようになります。

しかしながら間違った敬語を使うということは社会人にとって致命的なミスにつながる可能性もあります。

そこで、今回は敬語の中でも非常に難しい意味合いである「お申し付けください」をテーマにして、お申し付けくださいという言葉の意味や使い方をご紹介していきます。

お申し付けくださいという言葉の使い方や、意味などが分からない方はこの機会に正しく理解してみましょう。

この記事の目次

️「お申し付けください」の解説

お申し付け下さいという言葉をこれまで見たり聞いたりしたことはありますか?

おそらく社会人として活躍している人であれば一度くらいは聞いたことがある言葉だと思います。

それぐらいお申し付け下さいという言葉はビジネスとしておいて頻繁に使用される言葉でもあります。

ただ、お申し付け下さいという言葉は敬語の中でも用いるのが難しく、どのような場合に使用すればいいのかわかりづらい言葉でもあります。

なので、間違って使ってしまっている人も多く存在しているはずですが、間違った言葉を使うのは悪い印象につながります。

だからこそまずはお申し付け下さいという言葉の意味や使い方を正しく理解し、正しい用い方をできるようにしましょう。

️「お申し付けください」の意味

お申し付け下さいという言葉の意味についてまずは簡単にご紹介していきたいと思います。

お申し付け下さいという言葉の意味は、簡単に言えば指示を要求の意味を表している、「言いつける」という言葉や「申しつける」という言葉が元になっている言葉です。

この言葉に対して言葉の前に「お」をつけていただくことによって、受け手と送り手が入れ替わるようになります。

受け手と送り手が入れ替わるようになれば自然と言葉自体が謙譲語の表現になりますので、謙譲語として用いることができるようになります。

また、お申し付けくださいという言葉は、最終的に「ください」という言葉がついているので、相手に対する依頼系の言葉に変化しています。

つまり、相手に対して依頼や要求などを言うことを促しているような意味合いを持たせている言葉です。

なんとなくニュアンスで大体の意味合いは想像することができますが、細かい意味合いで説明するとなると非常に難しい言葉でもあります。

なので、まずは基本的な意味を理解し、最終的にどのような言葉の形になるのかということを意識しながら確認してください。

申し付けるの意味

お申し付けくださいという言葉は「言いつける」という言葉や「申しつける」という言葉が元になっている言葉だとお伝えいたしました。

なので、まず一番最初に正しく理解しなければいけないでは申しつけるという言葉の意味を正しく理解することです。

この意味が曖昧になってしまいますと、全体的な意味合いが理解できなくなってしまいますので、まずは申し付けるという言葉にはどのような意味があるのか考える必要があります。

申し付けるという言葉は主に、目上の人であったり何かを依頼した依頼主、もしくはお客様などに対して用いる言葉でもあります。

つまり、簡単に言えば自分よりも立場が上の状態の人に対して用いる言葉だと言えます。

だからこそこの言葉を間違って使ってしまうと相手にされて失礼な印象に繋がってしまう可能性があるということになります。

では、申し付けるという言葉にはどのような意味があるのか具体的にご紹介していきます。

命令する


まず初めにご紹介する申し付けるという言葉の基本的な意味として「命令する」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えした通りお申し付け下さいという言葉は自分よりも立場が上の人間に対して用いる言葉です。

つまり、相手から何かを命令される立場の人間が用いる言葉であり、自分に対して何かを命令してくださいという意味で用いることができるということになります。

なかなかプライベートなのでも用いることがない言葉でもありますが、ビジネスのシーンにおいては頻繁に用いる表現方法の一つです。

なぜならばビジネスのシーンにおいては常に上下関係がはっきりとしている場合が多く、自分よりも上の立場の人間と話をする機会などが非常に多いからです。

そして自分よりも上の立場の人間から何かの指示を仰いだりするようなことなどは非常に多く、命令されることなどもしばしばあります。

なので、ビジネスのシーンにおいては自分に何かを命令してくださいという意味合いでお申し付け下さいという言葉を頻繁に使うということになります。

直接的に命令してくださいと相手に伝えるのは、表現方法としては間違ってはいませんが、あまり適切な言葉であるとは言えません。

なので、お申し付け下さいという言葉に変換して伝えると、相手にとってもより印象が良い表現方法に変化するので必ず覚えておいてください。

言い付ける

次にご紹介する申し付けるという言葉の基本的な意味として「言い付ける」という意味が挙げられます。

言いつけるとはどのような意味なのかといいますと、簡単に一言で言えば命令するという意味で解釈することができます。

つまり、先ほどご紹介した命令するという意味合いとほぼ同じような意味であると考えることができます。

若干の違いとしては命令するという言葉と言い付けるだという言葉では、言葉の印象が若干変化するようになりますので、多少命令するよりも柔らかい受け取り方ができます。