時が経つにつれて環境が変化するように、私たちも年齢を重ねることによって取り巻く環境などは常に変化するようになります。

その大きな一例としては、社会人になるということが大きな環境の変化になると言えます。

なぜならば、社会人になるとこれまで学生として過ごしてきた環境とは大きく変化するようになり、様々なことに対して注意しなければいけなくなるからです。

そして、注意しなければいけないことの一つに言葉が存在しており、社会人になることにより、これまで用いることがなかったような言葉なども頻繁に用いたりするようになります。

例えば、代表的な存在として敬語が存在しており、これまであまり敬語を使わなかったような人も社会人の立場になれば敬語を用いるようになるはずです。

しかし、敬語というものは考えてみれば非常に難しい存在だといえます。

簡単な敬語であれば用いることは難しくありませんが、複雑な敬語になると具体的な使い方や意味合いなどが非常に難しく感じるようになります。

しかしながら間違った敬語を使うということは社会人にとって致命的なミスにつながる可能性もあります。

そこで、今回は敬語の中でも非常に難しい意味合いである「お申し付けください」をテーマにして、お申し付けくださいという言葉の意味や使い方をご紹介していきます。

お申し付けくださいという言葉の使い方や、意味などが分からない方はこの機会に正しく理解してみましょう。

️「お申し付けください」の解説

お申し付け下さいという言葉をこれまで見たり聞いたりしたことはありますか?

おそらく社会人として活躍している人であれば一度くらいは聞いたことがある言葉だと思います。

それぐらいお申し付け下さいという言葉はビジネスとしておいて頻繁に使用される言葉でもあります。

ただ、お申し付け下さいという言葉は敬語の中でも用いるのが難しく、どのような場合に使用すればいいのかわかりづらい言葉でもあります。

なので、間違って使ってしまっている人も多く存在しているはずですが、間違った言葉を使うのは悪い印象につながります。

だからこそまずはお申し付け下さいという言葉の意味や使い方を正しく理解し、正しい用い方をできるようにしましょう。

️「お申し付けください」の意味

お申し付け下さいという言葉の意味についてまずは簡単にご紹介していきたいと思います。

お申し付け下さいという言葉の意味は、簡単に言えば指示を要求の意味を表している、「言いつける」という言葉や「申しつける」という言葉が元になっている言葉です。

この言葉に対して言葉の前に「お」をつけていただくことによって、受け手と送り手が入れ替わるようになります。

受け手と送り手が入れ替わるようになれば自然と言葉自体が謙譲語の表現になりますので、謙譲語として用いることができるようになります。

また、お申し付けくださいという言葉は、最終的に「ください」という言葉がついているので、相手に対する依頼系の言葉に変化しています。

つまり、相手に対して依頼や要求などを言うことを促しているような意味合いを持たせている言葉です。

なんとなくニュアンスで大体の意味合いは想像することができますが、細かい意味合いで説明するとなると非常に難しい言葉でもあります。

なので、まずは基本的な意味を理解し、最終的にどのような言葉の形になるのかということを意識しながら確認してください。

申し付けるの意味

お申し付けくださいという言葉は「言いつける」という言葉や「申しつける」という言葉が元になっている言葉だとお伝えいたしました。

なので、まず一番最初に正しく理解しなければいけないでは申しつけるという言葉の意味を正しく理解することです。

この意味が曖昧になってしまいますと、全体的な意味合いが理解できなくなってしまいますので、まずは申し付けるという言葉にはどのような意味があるのか考える必要があります。

申し付けるという言葉は主に、目上の人であったり何かを依頼した依頼主、もしくはお客様などに対して用いる言葉でもあります。

つまり、簡単に言えば自分よりも立場が上の状態の人に対して用いる言葉だと言えます。

だからこそこの言葉を間違って使ってしまうと相手にされて失礼な印象に繋がってしまう可能性があるということになります。

では、申し付けるという言葉にはどのような意味があるのか具体的にご紹介していきます。

命令する


まず初めにご紹介する申し付けるという言葉の基本的な意味として「命令する」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えした通りお申し付け下さいという言葉は自分よりも立場が上の人間に対して用いる言葉です。

つまり、相手から何かを命令される立場の人間が用いる言葉であり、自分に対して何かを命令してくださいという意味で用いることができるということになります。

なかなかプライベートなのでも用いることがない言葉でもありますが、ビジネスのシーンにおいては頻繁に用いる表現方法の一つです。

なぜならばビジネスのシーンにおいては常に上下関係がはっきりとしている場合が多く、自分よりも上の立場の人間と話をする機会などが非常に多いからです。

そして自分よりも上の立場の人間から何かの指示を仰いだりするようなことなどは非常に多く、命令されることなどもしばしばあります。

なので、ビジネスのシーンにおいては自分に何かを命令してくださいという意味合いでお申し付け下さいという言葉を頻繁に使うということになります。

直接的に命令してくださいと相手に伝えるのは、表現方法としては間違ってはいませんが、あまり適切な言葉であるとは言えません。

なので、お申し付け下さいという言葉に変換して伝えると、相手にとってもより印象が良い表現方法に変化するので必ず覚えておいてください。

言い付ける

次にご紹介する申し付けるという言葉の基本的な意味として「言い付ける」という意味が挙げられます。

言いつけるとはどのような意味なのかといいますと、簡単に一言で言えば命令するという意味で解釈することができます。

つまり、先ほどご紹介した命令するという意味合いとほぼ同じような意味であると考えることができます。

若干の違いとしては命令するという言葉と言い付けるだという言葉では、言葉の印象が若干変化するようになりますので、多少命令するよりも柔らかい受け取り方ができます。

なので、相手に対して直接的に命令してくださいと伝えるよりも、柔らかい印象であり、かつ相手の印象も悪くさせないで伝えることができます。

お申し付けくださいの意味

ここまではお申し付けくださいという言葉が持っている意味についてご紹介していました。

ある程度お申し付けくださいという言葉の意味を理解いただけるところで、さらに深く理解するために、お申し付けくださいの言い回しの意味について考えていきたいと思います。

そもそもお申し付けくださいという言葉の意味はそれほど難しい言葉の意味ではありません。

先ほどもお伝えした通り、命令してくださいという意味として解釈すればだれもが簡単に理解できる意味合いになります。

では、なぜお申し付けくださいという言葉が難しく感じるのかといいますと、お申し付けくださいという言葉の言い回しが難しいからです。

世の中に存在している難しい言葉の中には意味合いは非常に簡単でもいい話が難しいがために、理解しにくかったりするような言葉がたくさん存在しています。

特に日本語は相手によって言葉を変えるようになっており、謙譲語や尊敬語などといったように、細かい違いがみられるのが特徴的です。

だからこそ、どのように言葉を扱えばいいのか、この場面ではどのように表現すればいいのかわからなってしまいがちになるのです。

なので、改めてお申し付けくださいという言葉の言い回しの意味についてご紹介していきますので、正しく言い回しを理解してください。

申し付けるの謙譲表現

お申し付けくださいという言葉はどのような区分に該当する表現方法なのかと言いますと、お申し付けくださいという言葉は謙譲表現の一つとして知られています。

そもそも私たちが使っている日本語の敬語に該当するものには、いくつか種類が存在しており、尊敬語そして謙譲語、丁寧語の3種類存在しています。

それぞれの意味合いについても知らないという方も多いと思いますので、まずはそれぞれの言葉の基本的な意味合いについて触れていきます。

尊敬語に関しては目上の人に対して使う言葉であり、主に使う名目としては相手を立てたりする時に使ったりする言葉として知られています。

つまり、相手のほうが上の立場であるということを明らかにするような言葉遣いであるといえます。

そして、謙譲語が自分自身をへりくだる時に使う言葉として知られており、自分自身がへりくだることによって結果的に相手を立てる言葉として知られています。

自分自身がへりくだるので敬語とは少し違う表現方法になりますが、最終的な目的としては同じなので、これが意味がわからなくなる大きな理由になります。

そして、丁寧語に関しては、相手に対して丁寧に述べる言葉であり、基本的にはですますなどをつけて使う表現だと思っていただければわかりやすいはずです。

このように敬語には複数の種類が存在しており、お申し付けくださいという言葉は、これらの中の謙譲語に該当すると判断をすることができます。

なぜならば、自分自身は命令を受ける立場であることを明示し、自分自身がへりくだっているような表現になっているからです。

お+申し付け+ください

お申し付けくださいという言葉は謙譲語表現になるとお伝えいたしましたが、そもそもどのような組み合わせになっているのかということをご紹介していきます。

お申し付けくださいということを分解して考えてみると、「お+申し付け+ください」という形に分解して考えることができます。

この形はどのようになっているのかというと、そもそもお申し付け下さいという言葉は命令するという意味の言いつけるが申し付けるに変化しています。

この時点で謙譲表現になっており、この申し付けるに対して尊敬の接頭語である「お」が付け加えられ、最終的に尊敬語の「ください」で結んでいる言葉です。

なので、区分としては謙譲語に分類されており、目上の人や取引相手なのに対して自分が何か言いつけて欲しい時に使うべき言葉として認知されています。

一つ一つ分解して考えてみるとそこまで難しい表現にはなりませんが、全ての言葉を組み合わせて単体で考えてみるととても難しく感じてしまいやすい言葉です。

正しい敬語なのか不安になったりする場合もありますし、そろそろ敬語なのか謙譲語なのか判断がつかないといった問題なども生まれてしまいやすい言葉です。

なので、それぞれを分解し、どのような表現の言葉なのか、どういう風に組み合わさっているのかということまで正しく判断できると、より言葉の意味を理解できるはずです。

ビジネスで使える丁寧な言葉

お申し付け下さいという言葉は主にビジネスの場面において用いることができる丁寧な言語表現として知られています。

なかなかプライベートの場面でお申し付け下さいという言葉を使ったりすることがないと思いますが、上下関係がはっきりしているビジネスの場面では全く別です。

自分よりも上の立場の人間の命令などを常に伺ったり、従ったりする必要がありますので、この言葉を使うことによってそれを理解していることを相手に印象づけられます。

そうすることで、相手も自分の立場を理解してくれているという安心感や、指示を出しやすい空気を感じてくれるようになるので、非常に便利な言葉の一つです。

覚えておけば、ビジネス全般のシーンにおいて使用することができますので、必ずこの機会にマスターし、日常的なビジネスのシーンで活用できるようにしてください。

️「お申し付けください」を使う場面


ここまではお申し付け下さいという言葉の根本的な組み合わせや、言葉の種類などについてご紹介してきました。

ある程度お申し付け下さいという言葉の意味や、種類などが理解いただけたところで、ここからはお申し付けくださいという言葉を使う場面について触れていきたいと思います。

先ほどもお伝えした通りお申し付け下さいという言葉はどちらかといえばプライベートの場面よりもビジネスをすぐにおいて用いられるべき言葉です。

社会人として活躍している人であれば一度くらいは人生に聞いたことがある言葉だと思いますし、プライベートで用いたりすることはまずないと思います。

しかしながら、ビジネスのシーンと一言に言っても、細かく考えてみると非常に様々な場面が存在していますので、どのような場面で使えばいいのかわからなくなりがちです。

なのでビジネスのシーンの中でも、具体的にどのような場面で用いられるのかということについてご紹介しますので参考にしてください。

相手に要求をするとき

まず初めにご紹介するお申し付け下さいという言葉を使う場面としては「相手に要求をするとき」が該当しています。

これはどういうことかと言いますと、具体的には相手に対して何かしらの要求を伺う際、もしくは相手がこちらに対して要求をするときを意味しています。

そもそも要求という言葉の意味としては「必要だとして、また当然の権利として強く求めること」を意味しています。

つまり、下の立場の人間である自分が上の立場の人間である相手に対して命令を聞き入れることは当然であるということを相手に求めるという解釈ができます。

もしくは、上の立場の人間が下の立場の人間に対して指示をすることも意味しています。

なので、あくまで自分が相手に対して何らかの命令を要求したりするという意味合いではなく、相手の要求を伺う、仰ぐという意味合いで用いられています。

ビジネスのシーンにおいては様々な場面で自分よりも上の立場の人間の命令や指示を受けたりすることがあるはずですよね。

そのような場面に関しては上の立場の人間に対して自分自身に何かしらの命令や指示をお申し付けくださいという意味合いでこの言葉が用いられてます。

あえて言葉にしなくても命令や指示を受けたりして、指示に従うということは社会人であれば当然のことでもあります。

しかしながら、上の立場とは自分自身が在籍している会社の人間だけではなく、外部の人間である可能性もあります。

例えば、取引先の企業の人間であったり、自社の顧客、つまりお客様である可能性なども十分考えられます。

そのような人たちに対してはあえてこのような言葉を使うことによって、立場の違いを認識している点、そして気軽に何かを申し上げても良いという安心感を与えることができます。

なので、お申し付け下さいという言葉は相手に安心感を与えることができる非常に大切なことの一つであると考えられます。

お客様に対応するとき

次にご紹介するお申し付け下さいという言葉を使う場面としては「お客様に対応するとき」が該当しています。

これはどういうことかと言いますと、一般的にお客様と対応する際はお客様の方が立場が上という考え方が存在しています。

例えば、飲食店なのでお客様が入店した際にはお客様の方が立場が上であり、お客様の要望などは極力対応するように考えるのが一般的であるということになります。

具体的な例を挙げるとすれば、飲食店でお客様が水が欲しいと店員に対して要求したりすることは当たり前のことであり、日本においてはサービスの一環として考えられています。

このような場面においては言い換えてみればお客様が店員などに対して要求を行う、つまり指示をするという言葉に言い換えることができます。

なので、店員はお客様に対してお申し付け下さいという言葉を使って接客をするようになります。

その他にも、飲食店以外でも様々なサービス業などに関しては共通する場面として存在しています。

具体的には、服やものなどを販売しているショップなどもそうですし、それ以外には美容室や理容室なども同じように該当しています。

つまり、お客様に対応する際には、ほとんどの場面でお申し付けくださいという言葉を扱える状況であると考えることができます。

何かを引き受けるとき

次にご紹介するお申し付け下さいという言葉を使う場面としては「何かを引き受けるとき」が該当しています。

何かを引き受ける時にお申し付け下さいという言葉を使うのかというと、何かを引き受けるということは、言い換えてみれば相手から何かを要求されるということになるからです。

先ほどお伝えした通りお申し付け下さいという言葉を使う場面としては、相手から何らかの要求をされたりするときに用いたりすることができます。

つまり何かを引き受けるということは相手から要求をされるということと同じ意味合いになります。

なので、結果的に何かを引き受ける時にはお申し付け下さいという言葉を使う場面であると考えることができます。

具体的な場面を上げるとすれば、店員がお客様に対してなんらかの要望を引き受けたりする際に用いられるようになります。

例えば、水をついでほしい時に店員に対して水をついでくださいということも、一種の要望であると考えることができます。

また、アパレルショップなどでほしい服の在庫がない場合に、取り寄せをしてもらうことも、一つの要望であるといえますし、何かを引き受けるときであるといえます。

このように、何かを引き受けるという場面は非常に様々な場合が存在し、お申し付けくださいという言葉が扱えるぴったりの状況であるといえます。

相手に配慮をさせないようにしたいとき

次にご紹介するお申し付け下さいという言葉を使う場面としては「相手に配慮をさせないようにしたいとき」が該当しています。

これはどういうことかと言いますと、言い換えてみれば相手に不用意に心遣いをさせないようにしたいときという意味合いが存在しています。

相手に対して心配りをすることが非常に大切なことではありますが、心配りをするということは、言い換えてみれば相手に対して気を使うということになります。

相手に対して気を使うということは非常に疲れることであり、立場が上の人にさせるようなことではないという認識が存在しています。

つまり自分よりも上の立場の人やお客様などに対して不必要に配慮させないようにしたい時にお申し付け下さいという言葉を使う必要があるということになります。

例えば、飲食店などを想像してみると、店員が常に忙しそうにしているといくらお客様の立場であったとしても気を使ってしまったりする場面がありますよね。

そのような場面においてもお客様に対して必要な配慮させないように、自らお申し付けくださいと客様に対して伝えることで不必要な配慮をなくすことができるようになります。

そうすることによってお客様の本来の要望を伺うことができるようになりますし、お客様に対して気を使わせることを無くすようにできます。

相手が無理をしている時や、相手が自分に対して配慮をしてくれている場面では率先して使うべき言葉であり、使うべき状況であると考えることができるのです。

相手に安心感を与えたいとき

次にご紹介するお申し付け下さいという言葉を使う場面としては「相手に安心感を与えたいとき」が該当しています。

これはどういうことかと言いますと、お申し付け下さいという言葉は相手に使うことによって一緒の安心感を与えられるということになります。

例えば、お申し付け下さいという言葉を使わなかった場合、人によっては何かを要求したりすることに対して気を使ってしまったりする場合があります。

先ほどお伝えしたように忙しい状況だったりすると要求をしにくくなりますし、人によっては要求をしてはいけないと本来の要望を抑え込んでしまう性格の人もいます。

しかしながら、それをそのままな状況にしてしまうと本来のお客様の要望を満たせなくなってしまいますし、当然ながらその人の満足度は下がってしまいますよね。

だからこそ、あえて指示を受ける側の人間が指示をする側の人間に対してお申し付け下さいという言葉を使うことによって、指示をしてもよいという安心感を与えられます。

飲食店において考えてみれば、それは言い換えてみるとサービスが良い店であるという判断につながります。

なので、支持を受ける側の人間はお申し付けくださいという言葉を相手に対して安心感を与えたい場合は使うべきですし、使う場面であると考えることができます。

️「お申し付けください」の類語

お申し付け下さいという言葉の意味を考えてみると、非常に似た意味を持っている言葉がいくつか存在しています。

意味が似ている言葉が多いということは、言い換えてみれば様々な表現方法が存在しており、伝え方を工夫すれば様々な表現方法にできるといえます。

いつも同じような言葉を使っていると相手からは飽き飽きされてしまいますし、様々な表現方法をいくつか知っておくことに越したことはありません。

そこで、ここからばお申し付け下さいという言葉と同じような意味を持っている類語をいくつかご紹介していきたいと思います。

この機会に同じような意味を持っている言葉を把握し、その場その場で適切な表現方法に変換することができるようにしてください。

お知らせください

まず初めにご紹介するお申し付け下さいという言葉の類語は「お知らせください」という言葉です。

なぜお申し付け下さいという言葉とお知らせくださいという言葉が類語になるのかというと、それぞれの言葉が載っている基本的な意味が合致しているからです。

先ほどもお伝えした通りお申し付け下さいという言葉の意味は「命令する、言いつける」という意味になります。

そして、お知らせ下さいという言葉の意味は「連絡してください」という意味で解釈することができます。

こうして見ると言葉自体は違いますが、連絡するということはいいかいてみれば相手に伝えるということになります。

つまり自分の要望を伝えてくださいという言葉の意味で解釈することができるので、結果的に命令したり言いつけたりすることと同じような意味であると考えることができます。

なのでお知らせ下さいという言葉とお申し付け下さいという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

仰せ付けください

次にご紹介するお申し付け下さいという言葉の類語は「仰せ付けください」という言葉です。

仰せ付けくださいという言葉はなかなか聞いたりすることがない言葉に感じるかもしれませんが、お申し付けくださいという言葉と同じ意味を持っている類語です。

なぜならば、仰せ付けくださいという言葉の意味は「言いつける」という言葉の意味とほぼ同じような意味だからです。

お申し付け下さいという言葉も意味の中には言いつけるという言葉が存在していますので、結果的に両方の言葉は同じ意味を持っていると考えることができます。

若干の違いを考えてみると、仰せつけくださいという言葉は言いつけるという言葉の尊敬語に該当しています。

つまり、謙譲語か尊敬語かという言葉の区分の違いが存在しています。

しかしながらビジネスのシーンなどにおいてはそこまで細かく使い分ける必要性はなく、どちらの言葉を使っても違和感を感じさせることがありませんので覚えておきましょう。

お声がけください

次にご紹介するお申し付け下さいという言葉の類語は「お声がけください」という言葉です。

お声がけ下さいという言葉がどのような意味を持っているのかと言いますと「用命、打診をする」という意味合いが存在しています。

難しい意味合いではありますが、簡単な言葉に言い換えるといつでもご相談くださいという意味合いで解釈することができます。

つまり、ビジネスのシーンにおいてお声がけ下さいという言葉を使うということは、困ったことや要望があればいつでもご相談下さいという意味で用いられます。

この言葉の意味を考えてみると、お申し付け下さいという言葉の意味とほぼ同じような意味であると考えることができます。

使う場面もかなり類似していますので、結果的にお声がけ下さいという言葉とお申し付け下さいという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

️申し付けくださいを理解しよう

今回はお申し付けくださいという言葉をテーマにして、お申し付けくださいという言葉の意味や使い方、類似している言葉をいくつかご紹介していきました。

お申し付けくださいという言葉はビジネスのシーンにおいては非常に様々な場面で用いることができる利便性の高い言葉の一つです。

会社員はもちろん、むしろ接客業などの仕事に携わっている人は必ず習得しておかなければいけない基本的な言葉の一つとして位置づけられています。

なので、お申し付け下さいという言葉を知らない方は、この機会に正しい意味や使い方を理解し正しく扱えるように注意してください。

類似している言葉もたくさん存在していますし、使うべき場面も多岐にわたる言葉でもあります。

理解しておけば必ず活用することができる場面が該当するようになるはずなので、必ず自分自身を助けてくれる力につながります。

なので、今後のビジネスのシーンに備えて、ぜひ覚えて活用してみてください。