日常生活を過ごしていると様々な人と関わる機会が存在しています。

例えば、家族、友達、職場の人間などなど…考えてみると様々な人と接する機会は存在するものです。

そして、様々な人がいるということは、それぞれ異なった性格の人と接することになるということになります。

当然ながら、性格は人によって違いますので、自分にとって居心地が良いと感じるような性格の人もいれば、あまり馬が合わないような性格の人などもいるはずです。

そんな人の中には、だれからも嫌われてしまうような性格をしているような人や、正確に問題があるような人なども少なからず存在しますよね。

しかし、社会で生きていくためにはそのような人との関わりは避けて通ることはできません。

必ず接さないといけないような場面は生まれますし、いつかそのような人と巡り会ってしまうようなことなどは容易に想像できます。

だからこそ、そのような人との付き合い方や対処法などはあらかじめ理解しておくべきことでもありますし、心得ておく必要性があります。

そこで、今回は嫌なことをしてくる人の中でも特に悪質な人格攻撃をしてくる人についてご紹介していきたいと思います。

そもそも人格攻撃とは一体何なのか、人格攻撃をしてくるような人の特徴はどのような人がわかるということについて詳しくに触れていきたいと思います。

人格攻撃って何?

あなたはそもそも人格攻撃という言葉を聞いたことがありますか?

人によっては具体的にどのような意味合いを持っている言葉なのかわからないと感じる方もいると思います。

しかしながら、人格攻撃をされるようなことは意外とかなり身近に存在していたりする場合がありますし、されたことがある人はかなり多かったりします。

誰もが人格攻撃を周りから受ける可能性がありますし、気が付かない間に自分自身が周りに人格攻撃を行ってしまっているようなこともあります。

そこで、まずは人格攻撃とはいったいどのような意味を持っている言葉なのか、そしてどのようなことが具体例として挙げられるのかご紹介していきます。

人格攻撃の例

人格攻撃とはどのような意味合いなのかと言いますと、論証自体の健全性に対して反論をしたりするのではなく、その人の信頼性や権威などを問題にすることだといえます。

少し難しく感じるかもしれませんが、簡単にいえば論証自体に対してではなく、その人がその論証をすること自体を攻撃することを意味しています。

例えば、ある人が何かを提案した時に、その提案自体に対して問題定義をするのではなく、その人が提案をすることを攻撃したりするということです。

具体的な例を挙げてみると、仮に信頼性に欠ける人がAということを提案したとします。

しかしながら、人格攻撃をする人はAということに対して問題定義をするのではなく、信頼性に欠けるという部分に対して攻撃したりします。

そして、最終的にその人が提案したAということに対しても間違っているかのような表現をしたり、攻撃したりするようになります。

これが人格攻撃であり、提案とは全く関係のないことに対して攻撃してくるようなことが該当しています。

確かに普段から信頼性に欠けている人物の発言に関しては信憑性が感じられないような部分はあるのは事実です。

しかしながら100%その人が嘘を言っているかといえばそうでもなく、Aという事実に対して正しいかどうかという判断が必要になります。

なので、論証自体に対してではなく、その人の人格に対して攻撃したりすること、攻撃対象を人格に定めることが人格攻撃という行動に当てはまるといえます。

相手をネガティブな言葉で否定すること

人格攻撃という言葉を考えた時に、当てはまるひとつの特徴としては「相手をネガティブな言葉で否定すること」ということが挙げられます。

これに関しては難しく考える必要性はなく、単純に相手を攻撃するということは相手を嫌な気持ちにさせたりすることが容易に想像できます。

つまり、相手を嫌な気持ちにさせるということは相手をネガティブな気持ちにさせるということに等しいということになります。

なので、相手をネガティブな気持ちにさせるためには相手はネガティブな言葉で否定してしまうという事が一つの方法として確立されています。

なので、人格攻撃に関しては相手をネガティブな言葉で否定するという特徴が該当すると考えられます。

例えば、いつも失敗が多い人が提案したことに対して否定をする場面を想像してみましょう。

「おまえはいつも失敗するから、どうせ今回提案したことも失敗するだろう」というような言葉が想像できます。

失敗というネガティブな言葉で否定されていますし、さらに人格自体も攻撃されている文章だといえます。

これこそまさに人格攻撃であり、相手をネガティブな言葉で規定している代表的な例文であるといえます。

個性や資質を責める

次にご紹介する人格攻撃に当てはまるひとつの特徴としては「個性や資質を責める」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、先ほどもお伝えした通り人格攻撃とはその人の信頼性や権威などに対して攻撃をしたりする特徴を持っています。

つまり、相手の論証云々ではなく、相手の個性や資質などに対して攻撃対象にすることが多いということになります。

本来であれば相手が間違ったことを言っていることに対して反論をする場合、その論証がなぜ間違っているのかということを考える必要性があります。

論理的に相手が間違っていることに対して突っ込みを入れるのが本来の反論だといえますが、人格攻撃の場合はそもそも対象が違います。

対象が論証ではなく、相手自体になってしまうので、当然相手の個性や資質などが攻撃対象になりやすく、自然と人格否定につながってしまうようになります。

なので、人格攻撃には相手の個性や資質などを責めるという特徴が兼ね備えられてしまうといえます。

しかし、人格を否定されるということは想像以上につらいことでもありますし、いわれる側も納得できるようなものではありません。

実際にこれまでに人格否定された経験がある人はよくわかると思いますが、そのようなことを言われた場合は相手に対して嫌悪感を感じてしまいます。

結果的に、そこには不満しか残らなくなってしまい、良いものは何も残らない状態になってしまいます。

なので、人格攻撃はお互いに不幸しか生み出さないような行動になってしまうといえます。

プライベートを探って非難する

次にご紹介する人格攻撃に当てはまるひとつの特徴としては「プライベートを探って非難する」ということが挙げられます。

これに関しては人格攻撃の中でもかなり悪質な例であると考えることができます。

そもそも、相手の論証などを指否定したりする場合相手自身のプライベートなどは全く関係がないものになります。

言われた側の気持ちを考えてみれば簡単にわかることかもしれませんが、自分のプライベートなどを失敗と結び付けられてしまうととても嫌な気持ちになってしまいますよね。

例えば、何か失敗をしてしまったときに、いつもぼんやりしているから失敗をするんだ、というような表現をされてしまうとどういう気持ちになるでしょうか。

必ず叱られた側からしてみれば嫌な気持ちになりますし、自分の性格自体を否定されてしまったような気分になってしまうはずです。

この時に大事なのはなぜ失敗をしてしまったのかという理由であったり、そうならないために必要な対策を教えてあげることだといえます。

ただ単に相手を否定してやろうという気持ちが先行してしまうと、必ずこのような人格攻撃に近い文章になってしまいやすいので注意が必要です。

人格攻撃の実態

ここまでは人格攻撃の特徴についていくつかご紹介していきましたが、人格攻撃というものは非常に悪質な行動の一つに該当しています。

する側からしてみれば何も感じないかもしれませんが、人格攻撃をされる側の立場に立って見ると想像以上に大きな苦痛が伴うものにもなります。

しかしながら、関わる人の中にはこのような言動するような人が少なからず一定数存在しているのも確かです。

なので、人格攻撃をされてしまった時の対処法などは早い段階で身に着けておかなければいけないことだといえます。

そして、どのような場面で人格攻撃をされてしまう可能性があるのかある程度想像をしておおくことも必要だといえます。

そこで、ここからは人格攻撃の実態として、どのような場面で人格攻撃を受けてしまうのか、シチュエーションをご紹介していきたいと思います。

これまでに人格攻撃を受けたことがない方は、どのような場面で受ける恐れがあるのかぜひ知ってみてください。

職場


人格攻撃を受けてしまう可能性があるシチュエーションの一つとして職場が存在しています。

なぜかと言いますと、職場という場所に関しては当然ながら仕事をする場所でもありますので非常にシビアな行動が求められる場所だからだと言えます。

厳しい職場であればあるほど、求められるレベルは高くなってしまいますので、当然ながらそのレベルに達していないと叱られるということが予想されます。

そして、職場には様々な人間が存在していますので、人を管理する側、つまり上の立場の人間なども様々な人間が存在する可能性があります。

当然ながら、やさしい人もいれば、厳しい人もいますし、人格攻撃をするような叱るのが下手な人がいる可能性も考えられるのです。

叱ることが下手な人間がその職場の管理職に存在している場合、当然ながら人格攻撃を受けてしまう可能性はそれに比例して高くなると言えます。

また、当然ながら上の立場ではなかったとしても同じ立ち位置の人間でも人格攻撃を行ってくる可能性というのは考えられます。

なので、シビアな行動が求められる代表的な場所である職場には人格攻撃を受ける可能性がいつも潜んでいるといえるので注意してください。

SNSなどのネット上で


次にご紹介する人格攻撃を受けてしまう可能性があるシチュエーションの一つとして、SNSなどのネット上が挙げられます。

今の時代は誰もがスマートフォンなどを手にすることができる時代であり、実際に数を多くの人がスマートフォンを使って様々なサービスを利用しています。

そのサービスの中の一つとしてSNSが存在しており、現在では非常に多くの利用者が存在しています。

SNSは現実の世界ではありませんが、実名で登録をしていたり、個人が特定されるくらいのレベルで情報公開をして利用しているものが数多く存在しています。

つまり、現実世界とそれほど変わらず、リアルな人間関係を形成することも可能であるということになります。

手軽においでとコミュニケーションを取れるという点においては非常に大きなメリットがありますが、場合によってはそれがデメリットになるようなこともあります。

例えば、インターネット上で相手とコミュニケーションを交わすという言葉現実の世界と違って相手の感情が見えにくかったりするような場合があります。

そのようなこともあり、相手とすれ違いになってしまったり場合によっては相手と険悪なムードになってしまったりするようなこともあります。

そのような経緯で相手と喧嘩になってしまったりした時に、相手から人格攻撃を受けてしまったりするような可能性も考えられます。

特にネット上では実際に相手が目の前にいるわけではなく、言葉しか残らないので言葉の受け取り方なども人によって全く異なってきます。

このようなことがあると、自然とひどい言葉になりやすくなりますし、SNSの性質上プライベートなども絡んだ文章になってしまいやすくなります。

なので、SNSは人格攻撃を受けてしまう可能性がある一つのシチュエーションであると考えることができます。

人格攻撃の効果的な対処法5個

ある程度人格攻撃というものに対して理解いただけたところで、ここからは人格攻撃に対する効果的な対処法についてご紹介していきたいと思います。

先ほどからお伝えしている通り人格攻撃に関しては誰もが周りの人から受けてしまう可能性が常に存在しています。

そして想像以上に人格攻撃は精神的に辛いものだと言えますので、自然とそれに対する対処法なども兼ね備えておく必要性が求められます。

しかしながら、人格攻撃に対する効果的な対処法を学ぶ機会がどは少ないですし、よくわからないと感じる人はかなり多いと思います。

なので、これからご紹介する人格攻撃の効果的な対処法をぜひ身に着けていただき、自分を守る方法として勉強してみてください。

社会人になれば必ず嫌な言動を行ってきたり、攻撃を仕掛けてくるような人と出会ったりしてしまいます。

必ず役に立つ考え方であり、自分を守ってくれる大きな力になってくれますので、この機会に必ず身に着けてください。

1:人格攻撃を受けても物怖じしない

まずはじめにご紹介する人格攻撃の効果的な対処法の一つとして「人格攻撃を受けても物怖じしない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、人格攻撃を受けてしまう最大の危険とは、自分自身がそれによって大きなダメージを受けてしまうことだと言えます。

一番良いシチュエーションとしては相手から人格攻撃を受けないことではありますが、それは相手が起因になるものなので、自らの努力ではどうしようもないことでもあります。

つまり、相手から人格攻撃を受けないようにする工夫をすることができますが、それを完全に防ぐ手立てというものは存在していないということになります。

なので一番大事なのは相手から人格攻撃を受けた時によりそのダメージを少なくすることが大事であると考えることができます。

それを踏まえて考えてみると、人格攻撃を受けてもダメージを少なくするためには人格攻撃を受けても物怖じしないような考え方や精神が必要になるということになります。

しかしながら相手から嫌な言葉を吐かれて何も感じないようにするということはとても難しいことでもありますよね。

なので人格攻撃を受けても物怖じしないようにするためには、人格攻撃をしてくる相手に対する考え方を少し変えてみることが大事だといえます。

具体的には、人格攻撃をしてくる人の心理について理解をすることです。

後ほど細かくご紹介していきますが、そもそも人格攻撃をしてくるような人に関しては自分に対して自信がなかったりするような人がほとんどだといえます。

自分に自信がなかったり相手に嫉妬していたりすることが起因で、相手をののしることを目的にしているので、的を得ていない発言である場合が多くなります。

なので、この心理について今一度理解し、的を得ていないような発言はただの戯言であると考える思考を身に着けてください。

本当に自分ができていないことに関しては反省をするべきですが、的を得ていないようなただの文句に関しては真に受ける必要性はありません。

この区別をしっかりと自分自身で身につけることができれば、叱りと罵りを区別して本質を見抜くことができるようになるはずです。

2:否定できないスキルを身につける

次にご紹介する人格攻撃の効果的な対処法の一つとして「否定できないスキルを身につける」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、根本的な問題としては相手から攻撃されるということは相手よりも下の立場であったり、下の実力だからだといえます。

当然ながら自分よりも上の立場の人間や、実力を持っている相手に対して攻撃をしたりするような人はいないはずです。

つまり、結果的に考えると相手よりできていないからこそ攻撃されるターゲットになってしまうと考えることができます。

これはどうしようもない部分がある場合がありますが、場合によっては自分の工夫でそれを防ぐことができる場合もあります。

具体的には相手から否定をすることができないような特別なスキルを身につける事が一つの対処法になりえます。

否定することができない特別なスキルを身につけておけば、必ずその部分に関しては否定をする言葉できないはずですよね。

そして、それが自分にとって大きな自信を与えてくれるような存在になり、自分を守ってくれる存在として価値を持つようになります。

そうすることで、そのスキルは精神的に大きな拠り所になってくれるはずです。

日本の会社は勤続年数によって立場が変わったりするような会社もあるので、立場の違い方はどうすることもできない場合が多いです。

しかしながらスキルに関しては自分の努力次第でいかようにでも変化をすることができるので、攻撃をされるのが嫌ならば、まずは否定できないスキルを身に着けてみてください。

そうすれば、必ず自分を守ってくれる存在として役に立ってくれるはずです。

3:人格攻撃していることを相手に自覚させる

次にご紹介する人格攻撃の効果的な対処法の一つとして「人格攻撃していることを相手に自覚させる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、相手が人格攻撃をしていることに対して気がついてない場合に有効な対処方法の一つだといえます。

そもそも相手に対して人格攻撃をしているような人の中には、自分が相手に対してとても苦痛な思いをさせているような発言をしている意識がない人がいます。

そのような人に関しては、まず自分自身が人格攻撃をしているということを自覚させてあげることが必要な場合もあります。

なぜならば自分が人格攻撃をしているということに気がついてもらうことによって、そのような言動しないように気をつけてもらうことができるようになるからです。

なので、人格攻撃を受けてしまった場合は相手に対して人格は関係ないということを明確に伝える必要性があります。

当然ながらここで重要なのは相手に理解してもらうことであり、自分の人格を否定されたからただそれに対して反発するということを伝えることではありません。

反発しているものに対して反発してしまうと当然ながらそれらが上手く噛み合うことはありませんよね。

なので、自分ができていないことに対しては素直に認め、関係ないことに対してはそれは関係ないという自分の意思をただ伝えることを意識してください。

そうすることによって、無駄な衝突を防ぐことも出来ますし、必要以上に自分が傷つくことを防ぐことができるようになるはずです。

4:黙って受け流す

次にご紹介する人格攻撃の効果的な対処法の一つとして「黙って受け流す」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、先ほどもお伝えしたように人格攻撃を行ってくるような人はそもそも性格に問題がある人がほとんどです。

なぜならば、あえて人間性の部分を攻撃してくるような手法を取る人は考え方が少しおかしい人や、意地悪な人が大半だからです。

そもそも気づいていない人に関しても、自分の言い方を振り返ったりしないという点においては、相手の気持ちを考える能力が欠けている人であることに変わりはありません。

なので、そのような人達の主張はまともに聞き入れる必要性はない場合がほとんどなのです。

自分自身で振り返ってみたり、様々な人に指摘をされているのであれば、当然聞き入れる必要性はあります。

しかし、だれからも指摘されず、あからさまにただの悪口として言われているのであれば、それは変に反発するよりもい黙って受け流すようにしたほうが賢明な場合もあります。

特に、気が短い人などは言い返されたことに対してさらに反発して人格攻撃を仕掛けてくるような場合もあります。

場合によってはうまく立ち回るために、受け流すという技術も活用したほうが効果的な対処法になりえる可能性がありますので、身に着けておくようにしてください。

5:人格を攻撃する人はかわいそうと思う

次にご紹介する人格攻撃の効果的な対処法の一つとして「人格を攻撃する人はかわいそうと思う」ということが挙げられます。

人格攻撃を受けた場合に絶対に気をつけなければいけないのは、相手の意見をまともに受けてしまうということです。

まともに人格攻撃を捉えてしまった場合、自分自身に自信を無くしてしまったり、自分を責めてしまうような心理になってしまいやすくなります。

そうなってしまうと、相手のいいなりになってしまいやすくなり、本当は気にしなくてもいいようなことも気にしてしまうようになってしまいます。

なので、人格攻撃を受けた場合、相手のことをかわいそうな人だと思って自分を責めるのはやめてください。

人格攻撃を行うことでしか自分の優位性を保てない人間なんだな、と相手の精神力をさげすむようにすれば、自分を責める必要性はなくなります。

一歩引いた目線で物事を考えてみることと同じように、一歩引いた目線で相手のことをよく観察してみると、冷静でいられるようになるはずです。

人格攻撃を行うような人は当然ですが周りから好かれるようなことはありません。

人格攻撃を行うような人は周りの人にも同じような言動を行っている人が多く、仲間が存在しないので孤立している人なども多いはずです。

なので、かわいそうな人格をしている人だと思うようにして、人格攻撃は流して対処するように心がけてください。

人格攻撃する人の心理的特徴とは?

ここまでは人格攻撃の効果的な対処方法についていくつかご紹介していきました。

ある程度人格攻撃の対処方法を理解いただけたところで、ここからは人格攻撃をしてくる人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

人格攻撃をしてくるような人は共通していくつかの特徴が存在している場合が多いです。

そして、その特徴を理解しておけば、人格攻撃をしてくる相手の心理であったり、特徴から人格攻撃をする可能性のある人を判断をすることができます。

なので、理解しておけば自分を守る方法にもつながりますし、受け流すヒントにもつながるようになります。

この機会にぜひ人格攻撃をしてくる人の特徴を把握し、自分を守るための力として活用してみてください。

ストレス発散ができない

人格攻撃をしてくる人の心理的な特徴の一つとして「ストレス発散ができない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、人格攻撃をしてくる人は心の中に大きなストレスを抱えてしまっている人がとても多いです。

ストレスをうまく消化することができる人は問題がありませんが、ストレスを抱え続けている人は何かに対してイライラをぶつけたいという衝動が強いです。

なので、ストレスを相手の人格を攻撃することによって消化している人がとても多いです。

常に強いストレスを抱え続けているような、不安定な精神の人に関しては人を攻撃することでストレス解消を感じている人が多いので注意してください。

相手より上の立場に立ちたい

次に人格攻撃をしてくる人の心理的な特徴の一つとして「相手より上の立場に立ちたい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、相手の人格を攻撃することによって自分自身を開いてよりも有利な立場に立たせたいという心理が働いているといえます。

そもそも立場を気にしない考え方を持っている人であったり、何もしなくても普段から認められいるような人などはこのようなことを気にしたりはしないはずです。

しかしながら、だれからも認められなかったり、プライドだけが強い人などはこの心理が働き人格攻撃という手法を選択することがとても多いです。

人を攻撃することでしか自分の優位性を保てない人間であるということを考えて、言動などは受け流すようにしてください。

自分に自信がない

次に人格攻撃をしてくる人の心理的な特徴の一つとして「自分に自信がない」ということが挙げられます。

先ほどご紹介したように人格攻撃を行ってくる人の心理としては自分が相手よりも上の立場に立ったり優位性を誇示したい場合が多いです。

そのような心理が働いている人に関しては、自分自身のプライドが高いくせに、行動が伴っていないことでそのプライドを保つことができないような環境にいる場合が多いです。

仕事場でも仕事ができないのにプライドが高い上司などが該当しています。

そのような人は自分に対して自信がなかったり、自分が周りから認められていないということをうすうす気づいているはずです。

しかしながら、それを認めることができない人が多く、努力もしないため、結果的に人を攻撃することで自分の自信のなさを補おうとすることが多いです。

なので、人格攻撃をしてくる人の心理的な特徴としては自分に自信がないということが該当するといえます。

まとめ

今回は人格攻撃をテーマにして、人格攻撃の意味や、人格攻撃の対処法や人格攻撃を行ってくる人の特徴についてご紹介しました。

人格攻撃に対する対処法も大切ですが、その反対に自分が知らないうちに人格攻撃を行っているか振り返ることも大切です。

知らず知らずのうちに自分が相手に対して人格攻撃を行ってしまっているということも少なくとも存在しうることであり、それは自分にとって大きなマイナスになってしまいます。

なので、自分の言動などを振り返ることも大切であることを忘れないでください。

そして、人格攻撃を受けてしまっている人は、まずは人格攻撃を受け流す対処法を身に着け、強い精神を持って負けないようにしてください。