CoCoSiA(ココシア)

人格攻撃とは?ネットや職場でされた時の5個の対処法!


日常生活を過ごしていると様々な人と関わる機会が存在しています。

例えば、家族、友達、職場の人間などなど…考えてみると様々な人と接する機会は存在するものです。

そして、様々な人がいるということは、それぞれ異なった性格の人と接することになるということになります。

当然ながら、性格は人によって違いますので、自分にとって居心地が良いと感じるような性格の人もいれば、あまり馬が合わないような性格の人などもいるはずです。

そんな人の中には、だれからも嫌われてしまうような性格をしているような人や、正確に問題があるような人なども少なからず存在しますよね。

しかし、社会で生きていくためにはそのような人との関わりは避けて通ることはできません。

必ず接さないといけないような場面は生まれますし、いつかそのような人と巡り会ってしまうようなことなどは容易に想像できます。

だからこそ、そのような人との付き合い方や対処法などはあらかじめ理解しておくべきことでもありますし、心得ておく必要性があります。

そこで、今回は嫌なことをしてくる人の中でも特に悪質な人格攻撃をしてくる人についてご紹介していきたいと思います。

そもそも人格攻撃とは一体何なのか、人格攻撃をしてくるような人の特徴はどのような人がわかるということについて詳しくに触れていきたいと思います。

この記事の目次

人格攻撃って何?

あなたはそもそも人格攻撃という言葉を聞いたことがありますか?

人によっては具体的にどのような意味合いを持っている言葉なのかわからないと感じる方もいると思います。

しかしながら、人格攻撃をされるようなことは意外とかなり身近に存在していたりする場合がありますし、されたことがある人はかなり多かったりします。

誰もが人格攻撃を周りから受ける可能性がありますし、気が付かない間に自分自身が周りに人格攻撃を行ってしまっているようなこともあります。

そこで、まずは人格攻撃とはいったいどのような意味を持っている言葉なのか、そしてどのようなことが具体例として挙げられるのかご紹介していきます。

人格攻撃の例

人格攻撃とはどのような意味合いなのかと言いますと、論証自体の健全性に対して反論をしたりするのではなく、その人の信頼性や権威などを問題にすることだといえます。

少し難しく感じるかもしれませんが、簡単にいえば論証自体に対してではなく、その人がその論証をすること自体を攻撃することを意味しています。

例えば、ある人が何かを提案した時に、その提案自体に対して問題定義をするのではなく、その人が提案をすることを攻撃したりするということです。

具体的な例を挙げてみると、仮に信頼性に欠ける人がAということを提案したとします。

しかしながら、人格攻撃をする人はAということに対して問題定義をするのではなく、信頼性に欠けるという部分に対して攻撃したりします。

そして、最終的にその人が提案したAということに対しても間違っているかのような表現をしたり、攻撃したりするようになります。

これが人格攻撃であり、提案とは全く関係のないことに対して攻撃してくるようなことが該当しています。

確かに普段から信頼性に欠けている人物の発言に関しては信憑性が感じられないような部分はあるのは事実です。

しかしながら100%その人が嘘を言っているかといえばそうでもなく、Aという事実に対して正しいかどうかという判断が必要になります。

なので、論証自体に対してではなく、その人の人格に対して攻撃したりすること、攻撃対象を人格に定めることが人格攻撃という行動に当てはまるといえます。

相手をネガティブな言葉で否定すること

人格攻撃という言葉を考えた時に、当てはまるひとつの特徴としては「相手をネガティブな言葉で否定すること」ということが挙げられます。

これに関しては難しく考える必要性はなく、単純に相手を攻撃するということは相手を嫌な気持ちにさせたりすることが容易に想像できます。

つまり、相手を嫌な気持ちにさせるということは相手をネガティブな気持ちにさせるということに等しいということになります。

なので、相手をネガティブな気持ちにさせるためには相手はネガティブな言葉で否定してしまうという事が一つの方法として確立されています。

なので、人格攻撃に関しては相手をネガティブな言葉で否定するという特徴が該当すると考えられます。

例えば、いつも失敗が多い人が提案したことに対して否定をする場面を想像してみましょう。

「おまえはいつも失敗するから、どうせ今回提案したことも失敗するだろう」というような言葉が想像できます。

失敗というネガティブな言葉で否定されていますし、さらに人格自体も攻撃されている文章だといえます。

これこそまさに人格攻撃であり、相手をネガティブな言葉で規定している代表的な例文であるといえます。

個性や資質を責める

次にご紹介する人格攻撃に当てはまるひとつの特徴としては「個性や資質を責める」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、先ほどもお伝えした通り人格攻撃とはその人の信頼性や権威などに対して攻撃をしたりする特徴を持っています。

つまり、相手の論証云々ではなく、相手の個性や資質などに対して攻撃対象にすることが多いということになります。

本来であれば相手が間違ったことを言っていることに対して反論をする場合、その論証がなぜ間違っているのかということを考える必要性があります。

論理的に相手が間違っていることに対して突っ込みを入れるのが本来の反論だといえますが、人格攻撃の場合はそもそも対象が違います。

対象が論証ではなく、相手自体になってしまうので、当然相手の個性や資質などが攻撃対象になりやすく、自然と人格否定につながってしまうようになります。

なので、人格攻撃には相手の個性や資質などを責めるという特徴が兼ね備えられてしまうといえます。

しかし、人格を否定されるということは想像以上につらいことでもありますし、いわれる側も納得できるようなものではありません。

実際にこれまでに人格否定された経験がある人はよくわかると思いますが、そのようなことを言われた場合は相手に対して嫌悪感を感じてしまいます。

結果的に、そこには不満しか残らなくなってしまい、良いものは何も残らない状態になってしまいます。

なので、人格攻撃はお互いに不幸しか生み出さないような行動になってしまうといえます。