CoCoSiA(ココシア)

ちゃっかりしている人の6個の特徴と行動


『ちゃっかり』には、「自分の利益のために抜け目なく振る舞う様子」という意味があります。

『ちゃっかり』のもつ意味は、周りの人が気付かない間隙を縫って、自分にとって最も得なことを『やってのける』要領の良さを先天的に兼ね備えている人を指した表現です。

『ちゃっかりしている』人は、『自分最優先主義』で物事を進める強引さを持っています。

自分本位でありながらチョッと憎めない人を指して、『ちゃっかりしている人』と言うことがあります。

要領の良さを表に出さずに周りの人から気づかれないようにして、自分が最も得をすることをヤッテのけます。

ちゃっかりしている人は、周りの人の癖や仕草を見抜く能力を備えていますので、人が油断や隙を見せた瞬間を狙って、自分が得をすることを目立たずに、やり遂げます。

また、周りの人の心理状態を感じ取る勘の鋭さを持ち合わせていますので、人間関係の中で『自分が得をすることは何か』を瞬時に判断し行動に移すことが出来ます。

この記事の目次

ちゃっかりとは?

『ちゃっかり』の意味である、「自分が得をするために抜け目なく振る舞う様子」が示す通り、ちゃっかりしている人は、自分が得をすることを第一優先に考えて行動します。

ですから、日々の生活の中で起きる解決しなければならない物事に対処するときも、『自分が得をするための行動は何か』を最優先に考えます。

物事の考え方が自分の利益最優先のため、自己中心的な振る舞いをします。

周りの人には気づかれずに自己中心的な振る舞いをするため、チャッカリしている人として観られます。

周りの人には一見、物事に鈍感に反応する人という印象を与えますが、自分の利益に関わることには敏感に目立たずに行動します。

ですから、職場など周りの人から信用されないことが少なくありません。

ちゃっかりしている人は、場の空気を読むことが得意です。

特に、自分が損をするような状況には鋭い『嗅覚』を働かせて敏感に感じ取り、損をしないための行動を選択します。

自己保身のための敏感な感受性が無意識のうちに働く能力を持ち合わせています。

自分の『得』を最優先させる行動をしますので、周りの人の存在を二の次にすることがあります。

また、職場の中で見かける、ちゃっかりした人は、自分を上司に売り込むために何をすべきかを心得ていて、目立たずに行動に移します。

ちゃっかりしている人の6個の特徴


ちゃっかりしている人には様々なタイプがあります。

自分の利益のために抜け目なく行動をするパターンには幾つかあります。

ちゃっかりしている人の人柄や人生観、価値観により、幾つかの特徴に分けることができます。

ちゃっかりしている人の中には、金銭的な損得勘定を最優先に考えて行動に移す人が多いです。

目の前に乗り越えなければならない物事に直面したとき、瞬時に頭の中で『損得計算』をする能力を備えているタイプの人がいます。

また、自分の立場を第一に考えるタイプは、職場で織りなされる人間関係の中で自分の『立ち位置』を常に最優先させる言動を得意としています。

上司や目上の人に認めてもらいたい自己顕示欲が強いタイプは、自分のために周りの人を利用する要領の良さを兼ね備えています。

1.計算高い

計算高い人には、金銭的な損得を第一に考える人と自分が優位な立場に立てることを第一に考える人がいます。

また、金銭欲の強いタイプと地位や名声を欲しがるタイプがあります。

いずれも、自分が得をするように周りの人を利用しながら目的を達成する計算高さをもっています。

物事を損得勘定で考える人生を送ってきた人は計算高い人と言えます。

ちゃっかりしている人は、自分の利益を最優先に考えますので、職場などの人間関係の中で『自分が最も得をするためには』という命題で物事を判断しています。

計算高い人の中には、自分の利益のために周りの人を利用するタイプと、周りの人を利用することなく自力で有利な立場を掴むタイプがあります。

計算高い人は、日々の職場などでの人間関係の中で、『自分に得を呼び込んでくれる人は誰か』という観点で周りの人の比較を絶えず行っています。

比較した結果で自分に利益をもたらす人を選別し、人間関係を深めて信頼を得ようとします。

他の人を自分の利益のために利用するタイプは『利己主義な人』として、周りの人から距離を置かれ、信頼されることはありません。

トラブルに巻き込まれたくない

職場やプライベートの場面で人間関係の複雑さから誤解を招いてトラブルに巻き込まれることがあります。

人間関係のトラブルは『割れた茶碗は元に戻らない』と言われるように修復が難しいケースが多いです。

人間関係のトラブルに巻き込まれると、勝者は存在することはなく、両者ともに心に傷を負うことが多いです。

損得勘定を第一に考えるチャッカリしている人は、トラブルに巻き込まれて損をすることを避けるために、自分の周りの出来事を敏感に感じ取る鋭い観察眼をもっています。

観察眼の鋭さで、トラブルに巻き込まれて損をしないように『巧み』に振る舞うことのできる要領の良さを身に付けています。

ちゃっかりしている人は、見掛けとは裏腹に、トラブルに巻き込まれないように冷静沈着に状況を見極めて人間関係に距離を置き、『我関せず』に徹して、自分の利益にならないことには関わらないようにします。

常に保険をかけている

ちゃっかりしている人は、自分の立場が危うい場面では保険という『逃げ道』を密かに用意しています。

物事の先行きがハッキリ見えない状況のときは、周りの人にはハッキリした言い方をせずに曖昧さを含んだ表現をして、自分に責任が被さってこないように『保険』という名の『逃げ道』を用意します。

物事の状況の変化により、不利な立場に追い込まれないように『責任逃れ』を第一に考えます。

例えば、周りの人から物事を頼まれた際には、「時間があったらやるよ」とか「やれそうならやるよ」と明確な返答を避ける言い回しをします。