CoCoSiA(ココシア)

問答無用の意味は?使い方や語源、類語を解説


「そんなの問答無用!」なんてどこかの時代劇ドラマでは決め文句のように使われていましたね。

あなたも私生活の中で「問答無用」という言葉を使用した経験があるのではないでしょうか?そうはいっても、「問答無用」という四字熟語を使っていてもその言葉の意味をしっかりと理解している人は少ないはずです。

つまり、意味もしっかりと理解しないでこの言葉を使用してしまっている人がたくさんいるということなんです。

言葉というのはたくさん存在していますから、すべての意味を覚えるとなると少し難しいものがありますよね。

そのため、なんとなくのニュアンスで使う人がとても多く増えています。

それにさきほども使いましたがドラマなど多くの人が見ることになるもので「問答無用」という言葉が使われると、本当にその意味しかないのではないか?と感じるようになり、ドラマなどで使われていたニュアンスでその言葉を使用してしまうんですよね。

しかし、それでは意味が通らないこともあります。

メディアというのは、真実を述べているとは限らないですし、最近のメディアは間違った意味で言葉を使ってしまっていることのほうが多いです。

報道者たるものが間違った意味で使っていることにすら気づいていないケースが増えているんですよね。

では、「問答無用」とは果たしてどのような意味を持っているのでしょうか?この記事では、そんな多くの人が一度は耳にしたことのある“問答無用”という言葉についてお伝えしています。

この言葉の意味を確認するだけではなく、この言葉の正しい使い方や例文までも確認していきましょう!いろいろな角度から「問答無用」という言葉を知ることによって、あなたはこの言葉にとても詳しくなれるはずですよ。

この記事の目次

「問答無用」とは

あなたは、これまでに「問答無用」という言葉を使ったことがあるでしょうか?おそらくほとんどの方が一度くらいは使ったことがあるのではないでしょうか。

この言葉を使ったことがなかったとしても、「問答無用」という言葉をどこかで見たり、さらには耳にした経験くらいはあるでしょうね。

なぜならば、「起死回生」「起承転結」などのように多くの人が気軽に使うことができる言葉ですし、それと同時にまだ意味を知らない、四字熟語なんてしらない小学生の時にはすでに耳にしたことがある言葉だからです。

中学生くらいになってから、日本人は初めて学校で四字熟語を習い始めますが、実際にはその前に多くの人が四字熟語に触れ合うような生活を送っているんですよね。

そこで知ったところでしっかりとした意味を学ぶことはできていません。

それどころか、なんとなくのニュアンスでその言葉を理解しているので使うことはできないけれども、読むことはできる…というような図式になることでしょう。

では、ここで質問です。

あなたは「問答無用」という言葉をどのような意味で理解しているでしょうか?

また、どのようにしてその言葉を使ってきたのでしょうか?

そんな過去の体験を思い出しながら、それが果たして正解していたのかを確認しつつ、「問答無用」という言葉の意味について深く学んでいきましょう。

読み方「もんどうむよう」

「問答無用」と書くこの言葉。

あなたは、読むことができるでしょうか?おそらく多くの人が「問答無用」という言葉を読むことができるはずですよね。

ずばり“もんどうむよう”と読みます。

答という字をどのように読めばいいのかわからずに、なかには「もんとうむよう」とか「もんこたむよう」なんて呼んでいる人がいたかもしれないですね。

その読み方は間違っているので、ここで正すようにしましょう!

何度も「もんどうむよう」と唱えることによって、頭に叩き込むことができるはずですよ。

また、漢字を間違えてしまう人も多いのでひらがなから漢字に書き写すことができるようにも特訓しておくといいでしょう。

意味

今回の記事のテーマともなっている“問答無用”という言葉には、果たしてどのような意味があるというのでしょうか?

あなたは、この言葉を使用したことがあるのでしょうからおそらくなんとなくのニュアンスでこの言葉を理解することができているのではないでしょうか。

ずばり、「問答無用」という言葉には、「あれこれ議論しても何も利益もないこと」「もはや議論する必要のないこと」という意味が含まれています。

漢字に注目してみてみましょう。

「問」=問う、「答」=答える、「無」=ない、「用」=用事、用いるという意味なりますよね。

つまり、これらの漢字から意味を読み解いていきますと、答えたり問うたりする間もないということ、そのようにさせないということ…を意味していることが分かるかと思います。

今回特集している「問答無用」という言葉だけにとどまらず、すべての言葉というのはその言葉を構成している漢字を読み解くことでそれがどのよな意味を持っているのかを知ることができるものです。

これから意味の分からない言葉がでてきたときには、ぜひとも「問答無用」のように言葉の意味を漢字から読み解くようにしてみてくださいね。

あれこれ議論しても何の利益もないこと


あなたは、誰かと議論をしていてこれは無駄だな、やった意味がなかったな…なんて感じた経験があるのではないでしょうか?

相手があなたの意見を聞いてくれない、耳を貸さない、だけではなくあなた自身または相手がその問題に対して本当は何も感じていなかったりすると、中身のない議論になってしまいますよね。

そのような中身のない議論に気持ちを込めても、さらにおカネや時間をかけても無駄になるだけです。

つまり、何も生み出さないことになります。

そのような点から「あれこれ議論していても何も利益がないということ」を意味しているんですね。

例えば「君との議論は問答無用だ」とか「そんな話をしても問答無用だよね」なんて使うことができます。

「君との議論はなにもうみださない=無駄だ」、「そんな話をしても利益を出すことができない」という意味になります。

もはや議論する必要のないこと

あなたが議論するのはおそらく“議論する必要性がある”ことだからなのではないでしょうか。