CoCoSiA(ココシア)

かまって欲しい時に送るLINE5選。彼女彼氏になんて言う?


「恋人の態度が素っ気ないな…」と感じる事はありませんか?

構ってくれないor構ってくれなくなった理由は、相手や状況によって異なると思いますが、構って貰えない側にしてみたら、恋人に放置され気味な状態は少し不満に感じてしまうものでしょう…。

やはり恋人同士なら、いつだってイチャイチャラブラブしていたいもの!

そこまでベタベタしないにしても、せめて「素っ気ないな…」と感じない程度には、恋人にかまってほしいですよね?

実はそういう時って、LINEを上手く使えば恋人に構って貰える様になるんです!

そこで今回は、「恋人にもっとかまってほしい!」と日頃感じている人々の為に、”恋人にかまってほしい時に送るLINE5個”と”構ってLINEを送る時に気をつけるべき事”をご紹介します。

最近恋人がかまってくれない…

「付き合う前は相手の方から頻繁にメールや電話をくれたのに、付き合い始めてから会う回数も連絡を取り合う頻度も一気に減った…」なんて人も多いもしれませんね。

他にも、スキンシップが減ったとか話しかけても返事をしてくれないとか、久々のデートなのに相手がずっと携帯をいじっていたり寝てばかりいたりすると、「全然構ってくれない!」と感じてしまうでしょう。

恋人が構ってくれない考えられる原因としては、以下の理由があると思います。

1つ目は忙しい&疲れているから。

仕事が忙しかったり疲れていたりすると、恋人を構う余裕もなくなるものです。

相手が忙しい&疲れていると分かっているのにも関わらず、空気を読まずに構ってアピールをしてしまえば、相手も「今は休ませてよ…」「自分の事ばかりだな…」と呆れてしまうでしょう…。

ですが、構うのは面倒でも「恋人に癒されたい!」とは思っているかもしれません。

なので、相手を労ったり甘えさせてあげたり、相手に余計な気を使わせない様に振る舞うのが良いのかもしれませんね。

2つ目は1人になりたいから&自分の世界に没頭しているから。

「恋人同士で過ごす時間はもちろん大切だけど、1人の時間も大切にしたい」と考える人も居ると思います。

特に大人はお互いに自立した関係を望む傾向があるので、1人の時間が必要になる事も多々あるでしょう。

また、「趣味や自分の好きな事に没頭する時間が欲しい」と考えている人も少なくないと思います。

特に男性は女性と違って複数の事を同時に進めるのが苦手と言われており、1つの事を始めると他の事(彼女を構う事)にまで気が回らない事もあるでしょう。

メールの最中に連絡が来なくなったり、話しかけても返事がない時は、「1人の世界に入り込んでるな…」と割り切る事も大切かもしれませんね。

3目は今の関係に安心しているから。

特に付き合う前や付き合いたての頃は、お互いに距離感が分からない段階でもあるで、頻繁にコミュニケーションを取って相手の気持ちを確かめ合うものです。

しかし付き合いが長くなると、お互いの事も分かってきますし相手もその安定した関係に安心して、「いちいち構わなくても大丈夫」と思ってしまう訳ですね。

恋人としては、それを喜んで良いのか複雑なところでしょうが、構ってくれない事に不満を感じているなら素直に寂しい気持ちを伝えてみた方が良いかもしれませんね。

5つ目は長々としたメールや電話が苦手だから。

長々としたメールや電話でのやり取りが苦手な人相手だと、メールをしてもなかなか返事が返って来なかったり、電話をしていても相手の方からすぐに切り上げられてしまう事もあるでしょう。

「前はそんな事なかったけど…」という場合も、今までは相手があなたのペースに合わせてくれていたのかもしれません。

メールや電話をするのがダメな訳ではありませんが、頻度を少なめにしてみたり1回1回の連絡を短く済ませる努力は必要かもしれませんね。

かまってほしい時に送るLINE5個

恋人にかまってほしい時、あなたならどうしますか…?

「かまってほしい、とお願いする!」という人もいれば、「自分から構ってと言えないから、我慢する…」なんて人もいるかもしれませんね。

素直に「構って」と言うのが効果的!

…というのは、”時と場合と相手による”でしょう。

仮に相手が忙しい&疲れている時に「構って」とお願いした場合、人によってはキュンとくるかもしれないし、「ワガママだな」「面倒だな」と感じる事もあるかもしれません…。

素直な気持ちを伝える時は、タイミングや相手の気持ちはもちろん、伝え方などにも注意する必要があるのです。

ですが、かまってほしい気持ちを我慢し過ぎるのも、ストレスを溜めて2人の関係を悪化させる原因になりかねません!

では、一体どうすれば良いのでしょうか…?

正直、恋人に面と向かって「構って」と言うのは得策ではありません。

それだと相手も恋人の役目という義務感から、「仕方ないな…」という思いで構ってあげる感じになってしまいます。

それではあなたも嬉しくないですよね?

こんな時は、こちらから”さり気なくかまってほしいアピール”をし、相手の方に「素っ気ない態度を取ってしまったかも…」「もっと構ってあげなきゃ」と思わせる事が出来れば理想的!

そんな、”さり気ない構ってアピール”に使えるのがLINEなのです!

電話や直接会ってだと表情や態度に構ってオーラが出過ぎてしまい、相手にも重い印象を与えかねません。

一方LINEなら、よく考えてからメッセージを送れますし、ポイントを押さえておけば相手に重い印象を与えずに済むでしょう。

それでは、”かまってほしい時に送るべきLINE5個”をご紹介します。

上手くいけば、あなたの悩みも解消されるはずです!

1.問いかけのメッセージやスタンプ

構って欲しくてLINEを送る時は、メッセージ内容やスタンプを工夫して相手の心を上手くコントロールするのがポイントです。