CoCoSiA(ココシア)

素直になりたいならやるべき13個のこと


あなたはいつでも、自分の気持ちに素直になれていますか?

自分の気持ちに素直になれなかったり、感情を押し殺し過ぎたりしていると、自分自身の心に負担をかけてしまうことになります。

そうなると公私ともに充実出来ずに、抑圧された日々でストレスが爆発してしまうかもしれません。

自分で自分を追い詰めてしまわないように、適度に自分の気持ちに素直になることは大切です。

では、どうすれば自分の気持ちに素直になれるのでしょうか?

素直になりたいならやるべきおすすめの方法をご紹介します!

この記事の目次

自分の気持ちに素直になる方法

あなたは普段、自分の気持ちに素直になれていると思いますか?

いつでも自分に素直な人は、自分の思うままに振舞うことが多いため、それだけ精神的なストレスを感じにくいです。

ポジティブな性格の人は、時に周りを気遣いながらも自分の気持ちを抑えることなく、上手に発散出来ていますので、明るく前向きな姿勢が崩れることはありません。

一方で、常に周りに気を遣い過ぎて自分の気持ちを押し殺している人は、それだけ心に溜め込む鬱憤が多いため、ストレスも溜まりやすく、毎日を前向きに過ごしにくくなってしまいます。

自分の気持ちに素直になれない人の多くは、どうすれば自分の気持ちに素直になれるのか、その方法を知りません。

方法を知らないからこそ、「素直になりたい」と心で思ってはいても、実際にそれを行動に移すことが出来ずにいます。

しかし、どんな人でも方法さえ分かれば、自分の気持ちに素直になることが出来ます。

どうやって素直になるのか、その方法をご紹介していきますので、自分の気持ちと向き合うことが苦手な人は、この機会にぜひ参考にしてみてください。

素直になりたい人必見!素直になりたい人がやるべきこと

自分の気持ちに素直になるためには、これまでとは違う自分になる努力が必要です。

それは自分の本質から変化させるというわけではありません。

毎日の生活の中で、少しずつ自分の気持ちに素直になる方法を実践していくことが重要なポイントです。

実際に行動を繰り返すことで、少しずつ上手に自分の気持ちに素直になることが出来るようになります。

何はともあれ、まずは最初の一歩を踏み出して行動することが大切なのです。

では、素直になるためにはどのような行動を取れば良いのでしょうか?

具体的なおすすめ方法を以下にご紹介していきます。

1、正直な気持ちを持つ

あなたは自分に正直ですか?自分に正直な人は、自分の感情を自分自身で上手に受け止めています。

例えば何か怒れることがあったなら、「こういう理由で今自分は怒っている」と、自分の怒りを素直に受け止めます。

また、悲しいことがあったなら、「こういう理由で自分は今とても悲しんでいる」と自分の悲しみを素直に受け止めます。

要するに、自分の心に沸き上がってきた感情を、否定することなくそのまま素直に受け入れれば良いのです。

「こんなことを思ってはいけない」と無理に自分の気持ちを押し込める必要はありません。

しかし、だからといって自分が感じたことや思ったことを、何でも考えなしに口にしていいというわけでもありません。

人は周りの人たちと関わりあって生活していますので、例え心で思ったことがあっても、時にはそれを口にすることなく、黙っていなければならないこともあります。

ある程度周りに気遣って、自分以外の人の気持ちを考えて、時にはその場で適切な言葉を選ぶことも大切です。

自分の気持ちに正直になることは大切ですが、それをそのまま考えなしに口にするのは子どものすることですので、そうはならないように気を付けましょう。

2、気がすむまで思いっきり笑う


あなたは日頃、心から笑えていますか?

気がすむまで思いっきり笑うと、意外に体力を消耗しますが、その疲労感はとても心地良いものです。

笑うことは周りを明るくさせるだけでなく、自分自身の心が元気になれます。

また、最も手っ取り早くモチベーションを上げる方法でもあります。

人前にいる時は、本心では面白くなくても笑顔を作らなければならないこともありますが、必要がある時以外は無理に笑顔を作る必要はありません。

無理に笑顔を作ろうとすることで、余計に心にストレスが溜まってしまうことがあります。

笑顔とは、自分が「楽しい」「嬉しい」「幸せだ」と感じている時に自然と生まれるものです。

好きなことを追求している時や、好きな時間を過ごしている時には自然と笑顔になることが出来ますので、趣味や好きなことがある人は、自分の楽しみの時間を確保して、その間は思う存分に楽しみましょう。

また、一人では笑顔になれないことでも、友人や恋人、家族などと一緒に過ごすことで、思いっきり笑顔になることも出来ます。

気がすむまで思いっきり笑っていれば、いつの間にか心の疲労やストレスなどがどこかへ飛んでいき、素直な気持ちで自分を受け入れやすくなります。

そのため、時には気がすむまで思いっきり笑える時間を過ごしましょう。

3、やりたいことはすぐに実現させる

自分の気持ちに素直になれない人は、子どもの頃から自分の欲求を我慢したり、または我慢を強いられたりした経験があることが多いです。

「今はこれをやりたい」という気持ちを、さまざまな理由から無理に我慢していると、それが癖になってしまい、自分が本当にやりたいことに対して遠慮がちになってしまいます。

心では「行動したい」と思っているのにそれが実現出来ないと、もやもやとしたストレスだけが溜まっていってしまいます。