日常生活を送っている中で、自分自身の視野が狭すぎるのではないかと感じた経験はありませんか?

例えばビジネスなどに関してもそうですが、自分が気づかないようなことに対してすぐに気づけるような人を見ると、魅力的な感性だと感心させられますよね。

広い視野を持っていれば様々な場面で活用することができますし、画期的なアイデアを生み出すことができるようにもなります。

これらの理由から、幅広い視野を持っている人を羨ましいと感じたりすることが必ずあると思います。

しかしながら、幅広い視野を持つためには具体的にどうすればいいのか分からないまま日常を過ごしている人がとても多いと思います。

しかしそれはあくまで身につける方法がわからないだけであって、実はちょっとした意識改革を行うことで幅広い視野を持つことは可能だと言えます。

そこで、今回は幅広い視野を得るために客観的という言葉をテーマにして、客観的に自分を見る方法をご紹介していきたいと思います。

客観的に自分を見ることができるようになると、自然と幅広い視野を身につけることができるようになります。

幅広い視野を身につけることでビジネスやプライベート様々な場面で活用することができますので、ぜひこの機会に客観的な目線の重要さをチェックしてみてください。

客観的とは?

幅広い視野を身につけるためには客観的な目線が非常に重要であるとご紹介しました。

なぜ幅広い視野を身につけるために客観的な目線が必要なのかと言うと、客観的な目線を持つことができなければ幅広く物事を見渡すことができないからです。

もしも主観的な目線で物事を測っているのであれば、それは物事の表面しかに渡すことができなくなってしまいます。

なので幅広い視野を身につけるためには客観的な目線を身につける必要性があるということになります。

しかしながら、そもそも客観的という言葉や主観的という言葉がよくわからない方に関しては、明確な理由が理解できないと思います。

そこで、まずは客観的という言葉はどのような意味を持っているのか、そして主観的という言葉も同様にどういう意味を持っているのかご紹介していきたいと思います。

主観または主体を離れて独立に存在するさま


まずは客観的という言葉の意味合いについてご紹介していきます。

客観的という言葉の意味は「主観または主体を離れて独立に存在するさま」という意味が存在しています。

少し難しい意味合いなので、簡単に説明すると自分目線ではなく一般的な目線で物事を確認するという意味合いになります。

例えば、目の前に犬がいたとして、自分にとってその犬はとても可愛い犬だと感じたとします。

この考え方はあくまで主観的な考え方であり、自分という存在から犬を見た時に可愛いという感情を持つということになります。

しかしながら、その犬が本当に可愛いかどうかということはその人その人によって意見が分かれるはずです。

例えば過去に犬に噛まれた経験をして犬が嫌いな人からしてみれば、その犬のこと可愛いと思ったりすることはない場合が多いですよね。

その場合は犬が可愛くないという考え方が存在するので、最終的に意見が分かれてしまいます。

たとえ自分が可愛いと思ったとしても、それはあくまで自分の主観的な考え方であり他人がそうであるとは言えないのが現実です。

なので、客観的な目線で考えるとすれば、犬はその人の考え方によって可愛いかどうか別れてしまうということが客観的な意見になるということです。

つまり、客観的とはだれもが納得できるような事実である必要があるということです。

特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま

客観的という言葉は複数の意味が存在しており、先ほどご紹介した意味以外にも「特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま」という意味も存在します。

この意味は先ほどご紹介した意味合いとかなり似ていますが、今回ご紹介するには特定の立場ということがポイントになります。

どういうことかと言いますと、例えばビジネスの場面で考えてみるとよくありがちなのが店員とお客様という立場の関係です。

店員はお客様に対して丁寧な接客をするべきだと考えて、より丁寧な接客を心がけていたとします。

しかしながら、お客様の立場としてはフランクに接してくれた方が緊張せずに楽しく会話をすることもできるのでフランクな接客を望んでいたとします。

もちろん全ての人がこのような考え方をするわけではないかもしれませんが、この一例で考えると店員はお客様に接する態度で損をしてしまっていることになります。

なぜならば、フランクな接客をした方がお客様の気分が良くなり、商品を購入してもらえる可能性があったかもしれないからです。

このように特定の立場にとらわれて、こうするのが正しいだろうという凝り固まった考え方をすることはまさに主観的な自分からの目線ということになります。

なので、このお客様はどういう風にして欲しいんだろうということを考えることが客観的な物事の考え方であり、客観的という言葉の意味につながるということになります。

対義語である主観的とは?

ここまでは客観的という言葉の意味についてご紹介していきました。

ある程度客観的という言葉の意味が理解いただけたところで、ここからは客観的という言葉の対義語である主観的という言葉についてご紹介していきます。

客観的という言葉は言い換えてみればたくさんの目線という言葉で表現することができます。

その対義語である主観的という言葉は、言い換えてみれば自分からの目線という言葉で表現することができるはずです。

では、主観的という言葉にはどのような定義が存在しているのか、どのような意味なのかということを詳しくご紹介していきます。

表象・判断が、個々の人間や、人間間の心理的性質に依存しているさま

まず初めにご紹介する主観的という言葉の意味は「表象・判断が、個々の人間や、人間間の心理的性質に依存しているさま」という意味になります。

これは非常に難しい意味なので、正しく理解できる人はあまりいないと思いますので、かみ砕いてご紹介していきます。

この意味を言い換えるとすれば、様々な考え方や判断を自分の心理に依存して決めているかどうかということになります。

もっと簡単に言えば、自分のものさしで物事を判断してしまってるかどうかということだと言えます。

例えば、先ほどご紹介した可愛い犬かどうかということも、自分にとっては可愛いのであるという自分のものさしで計っている意見になりますよね。

過去に犬に噛まれてトラウマになってる人の意見を考慮した上での意見ではありませんので、完全に可愛いという判断を自分の心理的性質に依存して下しているということです。

それはあくまで自分の意見になり、つまり主観的な意見であるということになります。

自分ひとりのものの見方・感じ方によっているさま

主観的という言葉にはその他にも意味が存在しており「自分ひとりのものの見方・感じ方によっているさま」という意味も含まれています。

これはどういうことかと言いますと、簡単に言えば自分だけの感じ方で物事を見ているかどうかということです。

この世界に存在している多くの人が、どちらかといえば主観的な考え方で行動を行っているといえます。

例えば、動物が大好きだったとして目の前に可愛い犬がいればその犬に触りたいと思って行動したりするのが当たり前ですよね。

可愛い犬を見た時に、客観的に見るとこの犬が本当に可愛いかどうかは分からないと考えてその犬に対して興味を示さないようにしたりする人はいないと思います。

このように私たちは日常生活を過ごしながら主観的な目線で様々な物事を見たり、感じたりしているということになります。

しかしながら、これが正しい場合もあれば正しくない場合に繋がったりすることもあります。

具体的にはビジネスの場面においては、自分だけの目線で物事を判断してしまったりすると、視野が狭まってしまい、間違った判断に繋がってしまう可能性があるということです。

客観的に自分を見る6個の方法

ここまでは客観的という言葉と主観的という言葉、それぞれの意味合いをご紹介していました。

どちらが悪いというわけでもありませんし、必ずどちらかの考え方に寄り添った考え方にする必要性があるというわけでもありません。

つまり、どちらの要素も平等に踏まえながら物事を確認することが広い視野を手に入れる上で非常に重要だと言えます。

それを踏まえた上で、ここからは客観的に自分を見る方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

どちらかといえば客観的な目線で物事を見たりすることができる人はあまり多くありません。

どうしても自分自身の判断や考え方にこだわったり、寄り添った意見を持つようになりがちです。

なので、客観的な目線を持つことが、幅広い視野を手に入れる方法であるということを把握しながら、日常生活でどう生かすか想像しながら確認してください。

1.言動を振り返る


まず初めにご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「言動を振り返る」ということが挙げられます。

客観的に自分を判断する上で非常に重要なのが自分自身の言動をしっかりと振り返ることです。

なぜ自分自身の言動振り返ることが客観的な目線を持つことにつながるのかと言うと、自分がどういう言動を行っているかということから様々な推測を立てることができるからです。

自分自身の言動から様々な推測を立てることによって、必然的に自分という存在が周りから見た時にどういう風に見られるのかということが分かるようになります。

それを正しく把握し、自分はどういう風になりたいのかということを考えたりすることが自分を成長させる用意につながるといえます。

自分はどんな人間なんだろう

自分自身の言動を振り返ることで客観的に自分を見つめることができるとご紹介しました。

自分自身の言動振り返ることによって必然的に自分がどういう人間なのかということが見えてくるようになります。

例えば一例を挙げるとすれば、普段の自分自身の言動を振り返った時にかなり威圧的な言葉を多用していたということがわかったとします。

それを踏まえて考えてみると、自分自身は周りの人から見た時に乱暴な人間や暴力的な人間であるという印象を持たれている可能性があるという推測を立てることができます。

そこで、もしもあなたがそのように見られることが嫌なのであれば、自分の言動を改善することによってそのイメージを払拭することができるようになります。

そうすることによって、周りから良い印象を持ってもらえるように変化させることができるようになります。

これは自分を客観的な目線で見つめることによって、得ることができる考え方であり、工夫でもあります。

これを様々な面に置き換えて考えることによって、自分の理想とする環境を得ることができるようになるはずです。

なので自分を振り返ることによって、客観的な目線で物事を見つめることができ、さらには成長できるというメリットまで得ることができることになります。

普段どんな自分であるのか考えてみよう

普段の自分の言動を振り返り、自分がどんな自分なのかということを考えることで様々な成長を得ることができるようになるとお伝えいたしました。

これは、考えてみれば様々なシーンで応用することができる非常に魅力的な考え方だと言えます。

ビジネスのシーンに置き換えて自分を成長させることも出来ますし、プライベートの面で置き換えても自分を成長させることができます。

例えば、ビジネスの場面で考えてみると、普段言いすぎなくらい厳しい言動をしているのであれば、これを改善すれば部下から嫌われない上司になれる可能性がありますよね。

また、プライベートの面で考えてみると、いつも頼りない言動ばかりしている場合、自信に満ち溢れた言動に変化させることで女性からモテるようにもなります。

このように、様々な面に置き換えて自分の言動を改善することによって非常に大きなメリットを得ることができる可能性がたくさんあります。

どんな自分になりたいのかということを考えながら自分の言動を振り返ってみると、より理想の自分に近づけるようになるはずです。

普段の自分の言動から自分を変化させるヒントがあるということに気づき、もっと自分に興味を持って客観的に自分を見ることができるように心がけてみてください。

2.親しい人に聞く

次にご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「親しい人に聞く」ということが挙げられます。

なぜ親しい人に聞くことが客観的に自分を見る方法につながるのかと言うと、親しい人の方がより客観的に自分のイメージを持っているからだと言えます。

そもそも自分を客観的に考えるということは、自分を他人の目線から見たイメージであるということになります。

確かに自分の言動を振り返ったりすることで自分を客観的に見ることができるようにもなりますが、それでも100%客観的に見ることはとても難しいです。

どうしても自分自身の考え方や意見などが含まれてしまいがちになるので、より純粋な客観的な意見を聞くためには人に聞いた方が手っ取り早いと言えます。

なので、客観的に自分を見るために優れた方法として親しい人に聞くことが良い方法であると考えることができます。

自分はどんなイメージか

自分を客観的に見るためには親しい人に聞くことが優れた方法であるとご紹介しました。

では、親しい人に対してどのように自分のことを聞けば良いのかと言うと、単純に自分はどんなイメージなのか相手に聞くことがおすすめです。

あまり難しいことを聞くよりも、単純にその人にとって自分はどのような印象なのかということを聞いた方がより純粋な意見を聞くことができます。

相手に聞く前の段階でごちゃごちゃ聞いてしまうと、相手も意識をしてしまったりして本来の正しい自分のイメージを聞くことができなくなってしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、最終的にずれたイメージを聞いてしまうことになりますので、自分の目的を達成することができなくなってしまいます。

なので、より正しい自分に対するイメージを開いてから聴くことが重要であるということを理解してください。

時には聞きたくないような意見を聞いてしまうこともあるかもしれませんが、それは自分にとって大きなチャンスであるという考え方を身につけてください。

なぜならば、自分にとって弱点とも言えるような意見を聞くことによって、それを補うことができる状況を作り出すことができるからです。

なるべく早い段階でそれを把握することによって改善に向けての行動も早く行えるようになりますので、何事もプラスの考え方で判断するようにしてください。

自覚していない癖はあるか

自分がどのようなイメージなのか親しい人に聞くことによって、場合によっては自分自身が自覚していないような癖を発見できる可能性があります。

一例を挙げるとすれば、自分のイメージを相手に聞いた時に相手からあまり目を合わせてくれないということを言われたとします。

親しい人間ならば気にしたりしないかもしれませんが、あまり親しくない人間からして見ると目を合わせてくれないのはあまり良い印象にはなりませんよね。

自分と目を合わせてくれないということは、自分に心を開いていないという印象につながりますし、冷たい人間だと思われる可能性もあります。

このように自分が自覚していないようなマイナスの癖を把握することによって、それを改善してより良い印象を相手に与えることができるようになります。

そうなることによって、自分という人間をさらに魅力的な人間に高めることができるようになります。

これを何度も繰り返していくことによって、より魅力的な人間に近づくことができますので、ぜひ日常生活の中で習慣化してみてください。

3.データを集めよう

次にご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「データを集める」ということが挙げられます。

なぜデータを集めることが自分を客観的に見る方法になるのかと言うと、たくさんのデータを集めることによってより客観的な意見を知り得ることができるようになるからです。

例えば、目の前の出来事に対して自分なりの感想や意見を持ったとします。

では、それが客観的な意見に通じるのか通じないのかということを判断する場合、どのようなことを考えて判断をすれば良いでしょうか。

その答えは、周りの人達がそれに対してどのように考えるのかというデータを集めて、その中で一番多かった意見と合致するかどうかということになりますよね。

もしも自分が考えた意見が、一番多かった意見と合致していないのであれば、それは珍しい意見や、主観的な意見になってしまうということになります。

その逆に、自分が持った意見が周りの人が持った一番多かった意見と同じなのであればそれは客観的な意見と通じるということになります。

なので、客観的な意見を得るためには様々なデータをとにかく集める必要性があるということになるのです。

一般的な意見はどうだろう

客観的に自分を見るためには様々なデータを集める必要性があるとご紹介しました。

では、データを集める時に重要視しなければいけないことはどのようなことがあるのかというと、それが一般的な意見、データなのかどうか考えるということです。

例えば、自分が持った感想と全く同じ感想を他の人が抱いていたとします。

そうすると、その時点でそれが一般的な感想なんだと思ってしまいがちですが、それは間違っている可能性があります。

なぜならば、同じ感想を抱いていた人間がたった一人しかいないのであれば、それは一般的な感想だと決めつけるには早すぎるからです。

偶然自分と同じ感想を聞いた人が持っていただけの可能性もありますので、よりたくさんの人に聞いて様々なデータを集めて考えなければその結論は出せません。

もしもその後数十人に聞いて、自分たちの意見が少数意見だった場合、自分たちの意見は完全に主観的な意見になってしまう可能性があるからです。

なので、データを集める際には本当にそれが一般的な意見なのかということを考えながらデータ収集する必要性があると言えます。

4.他人というフィルターで自分を見る

次にご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「他人というフィルターで自分を見る」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、投影の法則という名前で知られている考え方でもあります。

この考え方は、自分の中に隠されている要素が相手に投影されて見えているのではないかという考え方であり、自分を見つめる際のヒントとして活用されています。

例えば、相手に対して優しいと思った瞬間があったとして、なぜ優しいと感じたとかよく考えてみてください。

それは自分が相手に対してこうすれば優しいという概念があるからこそ、それをしてくれた相手に対して優しいと感じるようになるのです。

もしも、相手に対してそれをすることを別に優しいと思ってない人からしてみれば、その人は優しい人間だという印象を持ったりすることはないはずですよね。

つまり、他人に対して自分がどう感じているのかということを突き詰めて考えてみると、自分自身を見つめることができるようになるということです。

そうして自分自身を見つめることによって、今まで気づくことができなかったような自分に気づくことができる可能性も生まれます。

なので、自分のことを振り返ったりするだけではなく、たまには相手にどのような感情を持っているのかというところからヒントを探りだしてみるのもおすすめです。

5.録画・録音してみよう

次にご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「録画・録音してみよう」ということが挙げられます。

なぜ録画したり録音したりすることによって自分を見ることができるのかと言うと、感覚的に自分を捉えていると、多少の誤差が生じている可能性があるからです。

例えば、自分の姿を録画しないで感覚的に考えていると、いざ自分の姿を録画してみた時に予想もしていないような姿だったりする場合があります。

例を挙げてみると、例えばたくさんの人の前でスピーチをしたりする際にその姿を録画したとします。

自分ではゆっくりとスピーチをしたつもりなのに、録画した映像を確認してみると意外なほど早口になっていたりするようなことがあります。

このように、自分ではこうしているつもりでも他人の目線から考えてみると全くそのように写っていないというようなことはよくあります。

だからこそ、より客観的に自分を見つめるためには自分の姿を録画して他人の目線からは自分がどのように映っているのかということを把握する必要性があります。

今ではスマートフォンなどを使って簡単に自分の姿を録画したり、自分の声を録音したりすることができるようになっています。

是非自分の姿を録画したり録音したりして、他人からどのように映っているのか確認してみてください。

そうすると意外な発見が得られるかもしれませんよ。

6.物事を見て考える癖をつける

次にご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「物事を見て考える癖をつける」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、物事をしっかりと見て分析し、普段とは違う考え方などを行ってみるという意味になります。

人間は慣れる生き物であり、何度も同じことをしていると自然と何も考えなくてもそれができるようになってきます。

それは考え方に関しても同じであり、この時はこういう考え方で対処できるという風な考え方が凝り固まってしまうとそのような考え方しかできなくなってしまいます。

しかしながら、それは自分自身の主観的な考え方にこだわりすぎてしまう原因になってしまい頭が固くなってしまう要因になります。

なので、自然反射ですぐに答えを導くのではなく、きちんとその物事を見て改めて思考を凝らす癖を身につけるようにしてください。

そうすることで今までは考えつかなかったような画期的なことなどが浮かんできたりする可能性もあります。

これを癖づけることによって、非常に幅広い視野で物事を見ることができるようになり、客観的な目線で物事を見ることができるように成長できます。

また、自分がいつもどのような考え方になってしまっているのかということを知ることを一つの重要なデータになります。

それを分析すれば自分がどのような考え方や傾向にあるのかということも分析できるので、自分を見る方法の一つとしても考えることができます。

客観的・主観的どちらがいいの?

ここまでは客観的に自分を見るための方法についてご紹介していきました。

いつも自分が主観的な意見に凝り固まりすぎてしまっているのであれば、客観的な目線を身につけるためにまずは自分を客観的に見つめ直すことが必要だと言えます。

では、ここで疑問に思うのが結局、客観的な目線と主観的な目線、どの目線を持つべきなのかということです。

ここまでの内容を振り返ってみると、どちらかといえば客観的な目線を持つことが正しいという印象を受けがちですが、それは間違っています。

では、どのような目線やどのようなバランスで物事を見るのが良いのか具体的にご紹介していきたいと思います。

偏るのが好ましくない

客観的な目線や主観的な目線を持つ場合、一番理想のバランスとしてはどちらにも偏らないようにすることが重要だと言えます。

どういうことかと言いますと、物事を客観的に見過ぎても、主観的に見過ぎてもどちらにせよ魅力的な意見にはならないということです。

客観的に見た時はこうで、主観的に見たときはこうだということを理解し、その上で新しい考え方などを導き出すことが重要だということです。

これを日常的に癖付けることによって、より視野を広げることができるようになるはずです。

客観的視点と主観的視点を使い分けよう

客観的な目線と主観的な目線をバランスよく併せ持つことが重要だとお伝えしました。

どちらか片方に寄りかかってしまうと、一方的な意見しか生まれなくなってしまい、魅力的なアイデアは生まれない可能性もあります。

それよりも、客観的な視点や主観的な視点を使い分けながら、どんどん自分の視野を広げていき、問題の根本を理解できるようにすることが重要だと言えます。

なぜならば、問題の根本を正しく把握することによって、本当の意味でその問題を解決する策を導き出すことができるようになります。

根本的な問題を解決できないうわべだけの意見を導き出したところで、根本的な解決にはなりませんので、全くもって意味がない意見になってしまいます。

広い視野を持つことによって、物事の本質などは見抜けるようになるはずです。

これは様々なシーンで活用することができる非常に魅力的な能力だと言えるので、どちらか片方の視点に寄りかかっている人は、バランスを保つことから初めてみてください。

より広い視野で円滑な人間関係を築いていくために

今回は客観的という言葉をテーマにして、客観的という言葉の意味は主観的という言葉の意味、そして自分を客観的に見る方法などをご紹介していました。

どうしても人間は主観的な意見に偏ってしまいがちになり、狭い視野の中で物事を判断してしまいがちになります。

しかしながら、言い換えてみるとこれは非常に大きなチャンスであると言えます。

なぜならば、幅広い視野で物事を見ることができるようになれば、他の人と比べて大きな力の差を生み出すチャンスが存在しているということになるからです。

また、広い視野を持つことによって優れた人間だと思ってもらえるだけではなく、魅力的な人間だと思って次第に人が集まってくるようになります。

そうすることによって円滑な人間関係を形成することも出来ますし、魅力的な人間関係が増えれば人生が豊かになっていきます。

人生が豊かになれば幸せな時間を過ごすことができるようになりますので、客観的な目線を身につけるということは非常に大きなメリットがあるといえます。

この機会に客観的な目線を身につけて、魅力的な人間関係を形成できるように工夫してみてください。

きっと人生が大きく変化していくはずです。