CoCoSiA(ココシア)

客観的に自分を見る6個の方法!これで心が軽くなる!


日常生活を送っている中で、自分自身の視野が狭すぎるのではないかと感じた経験はありませんか?

例えばビジネスなどに関してもそうですが、自分が気づかないようなことに対してすぐに気づけるような人を見ると、魅力的な感性だと感心させられますよね。

広い視野を持っていれば様々な場面で活用することができますし、画期的なアイデアを生み出すことができるようにもなります。

これらの理由から、幅広い視野を持っている人を羨ましいと感じたりすることが必ずあると思います。

しかしながら、幅広い視野を持つためには具体的にどうすればいいのか分からないまま日常を過ごしている人がとても多いと思います。

しかしそれはあくまで身につける方法がわからないだけであって、実はちょっとした意識改革を行うことで幅広い視野を持つことは可能だと言えます。

そこで、今回は幅広い視野を得るために客観的という言葉をテーマにして、客観的に自分を見る方法をご紹介していきたいと思います。

客観的に自分を見ることができるようになると、自然と幅広い視野を身につけることができるようになります。

幅広い視野を身につけることでビジネスやプライベート様々な場面で活用することができますので、ぜひこの機会に客観的な目線の重要さをチェックしてみてください。

客観的に自分を見る6個の方法

ここまでは客観的という言葉と主観的という言葉、それぞれの意味合いをご紹介していました。

どちらが悪いというわけでもありませんし、必ずどちらかの考え方に寄り添った考え方にする必要性があるというわけでもありません。

つまり、どちらの要素も平等に踏まえながら物事を確認することが広い視野を手に入れる上で非常に重要だと言えます。

それを踏まえた上で、ここからは客観的に自分を見る方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

どちらかといえば客観的な目線で物事を見たりすることができる人はあまり多くありません。

どうしても自分自身の判断や考え方にこだわったり、寄り添った意見を持つようになりがちです。

なので、客観的な目線を持つことが、幅広い視野を手に入れる方法であるということを把握しながら、日常生活でどう生かすか想像しながら確認してください。

1.言動を振り返る


まず初めにご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「言動を振り返る」ということが挙げられます。

客観的に自分を判断する上で非常に重要なのが自分自身の言動をしっかりと振り返ることです。

なぜ自分自身の言動振り返ることが客観的な目線を持つことにつながるのかと言うと、自分がどういう言動を行っているかということから様々な推測を立てることができるからです。

自分自身の言動から様々な推測を立てることによって、必然的に自分という存在が周りから見た時にどういう風に見られるのかということが分かるようになります。

それを正しく把握し、自分はどういう風になりたいのかということを考えたりすることが自分を成長させる用意につながるといえます。

自分はどんな人間なんだろう

自分自身の言動を振り返ることで客観的に自分を見つめることができるとご紹介しました。

自分自身の言動振り返ることによって必然的に自分がどういう人間なのかということが見えてくるようになります。

例えば一例を挙げるとすれば、普段の自分自身の言動を振り返った時にかなり威圧的な言葉を多用していたということがわかったとします。

それを踏まえて考えてみると、自分自身は周りの人から見た時に乱暴な人間や暴力的な人間であるという印象を持たれている可能性があるという推測を立てることができます。

そこで、もしもあなたがそのように見られることが嫌なのであれば、自分の言動を改善することによってそのイメージを払拭することができるようになります。

そうすることによって、周りから良い印象を持ってもらえるように変化させることができるようになります。

これは自分を客観的な目線で見つめることによって、得ることができる考え方であり、工夫でもあります。

これを様々な面に置き換えて考えることによって、自分の理想とする環境を得ることができるようになるはずです。

なので自分を振り返ることによって、客観的な目線で物事を見つめることができ、さらには成長できるというメリットまで得ることができることになります。

普段どんな自分であるのか考えてみよう

普段の自分の言動を振り返り、自分がどんな自分なのかということを考えることで様々な成長を得ることができるようになるとお伝えいたしました。

これは、考えてみれば様々なシーンで応用することができる非常に魅力的な考え方だと言えます。

ビジネスのシーンに置き換えて自分を成長させることも出来ますし、プライベートの面で置き換えても自分を成長させることができます。

例えば、ビジネスの場面で考えてみると、普段言いすぎなくらい厳しい言動をしているのであれば、これを改善すれば部下から嫌われない上司になれる可能性がありますよね。

また、プライベートの面で考えてみると、いつも頼りない言動ばかりしている場合、自信に満ち溢れた言動に変化させることで女性からモテるようにもなります。

このように、様々な面に置き換えて自分の言動を改善することによって非常に大きなメリットを得ることができる可能性がたくさんあります。

どんな自分になりたいのかということを考えながら自分の言動を振り返ってみると、より理想の自分に近づけるようになるはずです。

普段の自分の言動から自分を変化させるヒントがあるということに気づき、もっと自分に興味を持って客観的に自分を見ることができるように心がけてみてください。

2.親しい人に聞く

次にご紹介する客観的に自分を見る方法の一つとして「親しい人に聞く」ということが挙げられます。

なぜ親しい人に聞くことが客観的に自分を見る方法につながるのかと言うと、親しい人の方がより客観的に自分のイメージを持っているからだと言えます。

そもそも自分を客観的に考えるということは、自分を他人の目線から見たイメージであるということになります。

確かに自分の言動を振り返ったりすることで自分を客観的に見ることができるようにもなりますが、それでも100%客観的に見ることはとても難しいです。

どうしても自分自身の考え方や意見などが含まれてしまいがちになるので、より純粋な客観的な意見を聞くためには人に聞いた方が手っ取り早いと言えます。