自分にとって嫌なことがあると引きずってしまう人が結構多くいらっしゃいますが、いつまでも引きずってばかりいてはいけません。

しかしそうはわかっていてもなかなか引きずらずに、すばやく切り替えることが難しい場合があります。

では、どうすれば引きずらずにすばやく切り替えることができるのでしょうか?おそらく、これをわかりたいと言う人は多くいらっしゃると思います。

なぜなら、引きずるのは良くないということをわかっていながらも引きずってしまう人が多いからです。

しかし、残念なことに簡単に実践できる方法は少ないのです。

なぜなら、万人に共通して通じる実践方法がないからです。

では、どうすればいいのかと言いますと、あなたにとって最適な方法を見つければ良いだけです。

そこで、今回は嫌なことを引きずらない、切り替えが早い人の特徴を説明するとともに、引きずらないコツなども合わせて説明致しますので、ぜひ、じっくり読んでいただきまして、嫌なことを引きずらないようにしましょう。

そうすることで、少しでもあなたの人生にとってプラスに働いていただけましたら幸いです。

小さい頃から嫌なことを引きずるのは良くないと教わってきたと思いますが、そう言われるだけで実践方法を教わってこなかった人はほとんどだと思います。

ぜひ、この機会に学び、実践していきましょう。

切り替えを早くすることにはメリットがいっぱい!

実践方法を覚えようにも、切り替えが早くなることに関して深く考えたことがない方が多いと思います。

まずは実践方法の前に、切り替えを早くすることによって起こるメリットをご紹介します。

メリットをわかることで、早く切り替えが早い人になりたいと思う力が強くなると思います。

そこで、まずメリットですが、嫌なことを引きずらなくなるので、過去へ対する執着心が薄くなります。

いつまでも過去を引きずっていると先が見えなくなって、現実に起こることに関して、「昔は良かった」という言葉を使って目を背けようとします。

これではいけません。

私たちが生きている地球は常に自転していて動いているのです。

そんな状況の中にいるのに、過去ばかりを見て前へ進まないのは、地球の行動に反する行為になってしまいます。

つまり、嫌なことを引きずらなくなるだけで時代の流れに乗り遅れないようになるのです。

時代に乗り遅れると何をやっても上手く行きません。

なぜなら、時代に沿っていないことをしているからです。

なぜそうなってしまうのかと言いますと、嫌なことを引きずっていて、過去に執着しているからです。

そうなってしまうとあなただけでなく、あなたの身の回りの知人などにも影響を及ぼすので、良くありませんよね。

ぜひ、嫌なことを引きずらないようにしましょう。

切り替えが早い人の特徴

それではお待ちかねの切り替えの早い人の特徴を説明致します。

大きくピックアップして10個ありますので、じっくり読んでマスターしましょう。

中には何だか難しそうと思われる方も多い方と思いますが、そんなことはありません。

どれもどなたでも簡単に実践できるものばかりです。

まずは柔軟に考えることが大切です。

もしかしたら、あなたが気づいていないだけで既に身についているかもしれませんよ。

ぜひ、じっくり楽しみながら読んでいただきまして、物にしましょう。

読むだけではいけません。

ビビットきたものなどは、すぐに実践し、ものにしましょう。

読むだけではマスターできません。

実践して初めてマスターすることができるのです。

実践するためにもまずは、あなたにとって最適な特徴を見つけましょう。

常にポジティブ


切り替えの早い人は外から見ると常にポジティブに見えます。

これは本当にポジティブな場合もありますし、もしくは起きることに関してネガティブに感じていない可能性も高いです。

要は起きることに関して嫌なことなのか良いことなのかを決めているのは、実は受け取ったあなた自身なのです。

起きたことに関してネガティブに感じて嫌なことが起きたと自分で感じてしまって、そのまま引きずってしまっている人は意外と多いと思います。

故に、引きずらないようにするのに、最適なのは、起きたことをネガティブに感じないことです。

生きていて、あなたに起こることはあなたにとって必要なことだから起きるのです。

つまり、起きたことに関してネガティブに感じる必要はないのです。

もしくは起きていることはネガティブなことではないのです。

ネガティブに受け止めているのはあなた自身の考えです。

起きることをネガティブに捉えないので、切り替えの早い人は常にポジティブ見えてしまうのです。

マイナスをプラスにしようとする

起きたことがマイナスなことでも切り替えの早い人は、これも自分にとって必要なことだと感じて、プラスの発想に変えようとするのです。

この考えに近いのが、ドイツの哲学者であるヘーゲルの弁証法です。

正論を言うと反論が返ってくるが、それを合に至らせるという考えです。

つまり、反論に値する自分にとって嫌なことが起きた時に以下に合に至らせるかが大切になってくるのです。

嫌なことが起きて、ただ嘆いているだけでは、先へは進めません。

先へ進むためにも、嫌なことが起きた時にいかにそれが自分にとって必要なものなのかと捉えることが大切です。

では、どうすればそうできるのかと言いますと、最適な方法としては、未来を考えることです。

過去ばかり考えているから引きずってしまうのです。

なぜなら、過去の自分が原因で嫌なことが起きたと思ってしまうからです。

未来を見ていれば、それが未来の自分にとって必要なことだと思えることで、プラスの発想に変えることができるのです。

頭の回転が速い

切り替えの早い人は嫌なことが起きてもそれがもしかしたらこれに通じているかもしれない。

もしくは、このようなことに役に立つかもしれないと、あらゆる物事につなげようとします。

それは頭の回転が速いから出来るのです。

頭の回転の速い人は、なぜ早いのかと言うと知識が豊富だからです。

1つの事柄からか10個ぐらいの事柄に繋げて考えるのでプラスの発想に変えることができるのです。

このような考えになっている人は起きることすべてが未来の自分にとって必要なことだと思っているのです。

そのためにいろいろと知りたいという感性になっているので、何が起きても自分にとって必要だと思い、いろいろな可能性を探るのです。

引きずっていてはチャンスにつなげることはできません。

しかし、あらゆる可能性に繋げるためにも、起きてもいろいろと模索することで引きずらずに済みますよ。

そのためにも興味がないだけで済ましすのではなく、興味がないの先も大切になってくるのです。

向上心が強い

切り替えの早い人は常に上を見ている人が多いです。

そのため、向上心が人一倍強く、嫌なことが起きても引きずらずに先へ進んでしまうタイプが多いです。

一見外からすると猪突猛進のような感じに見えたりしますが、嫌なことが起きたことに関して嘆いている時間がもったいないと思っているのです。

そんなことをしている時間があるのなら、目標を達成させるために動いた方がいいと考えているのです。

向上心が強いので、常に上を見ているためなかなか下を向こうとしません。

故に落ち込んだりしないのです。

引きずっていても意味がないことを理解しているのです。

切り替えが早いと言うよりかは、嫌なことを気にしていないと言う方が正しいのかもしれません。

時間を無駄にしない

1分1秒たりとも無駄にできない!俗に世で成功している人たちはそのような考えのもとに動いています。

なぜなら、時間は限られているからです。

お金は取り戻すことが出来ても、時間はいくら払っても取り戻すことができないのです。

故に、嫌なことが起きて落ち込んでいても、引きずっていても意味がないのです。

引きずって良い方向に進んだことがあるでしょうか?おそらくほとんどの人はそんなことはないと思います。

あなたが生きる1分1秒はあなただけの時間で大変価値があるものです。

そんな価値のあるものを嫌なことを考える時間で使ってしまうのは、かなりもったいないと思います。

使うのであれば、建設的なことや発展することに使った方が価値が上がりますよね。

ぜひ、価値ある時間の使い方をして、あなたらしい人生を歩みましょう。

そうすることがあなたにとっての一番の方法ですよ。

良く10年生きると10億円の価値があると言います。

なぜかと言うと、10年前になかったものが今にあって、それは10年前に10億円払っても手にすることができないからです。

そう考えると先の10年を生きることが楽しくなりますよね。

このように考えると嫌なことを引きずらなくなりますよ。

自分の長所と短所をよく理解している


切り替えが早い人は自分のことをしっかり理解している人が多いです。

なぜなら、自分のことを分かっているから嫌なことが起きても自分の何が原因で起きたかすぐにわかるので、次は起こさないようにしようと考えて先へ進むのです。

もしくは起きてもこれなら自分の長所でなんとかできる。

もしくはあの人と一緒なら解決出来るかもと考えるのです。

これは自分の限界や自分の特徴をしっかり理解しているので、起きた原因を探り、解決方法を考えることができるからです。

引きずってしまう人は自分を完璧に見ているか、もしくは、ダメな人間かと思いこみすぎてしまっているかもしれないから引きずってしまうのです。

嫌なことを引きずりたくなかったからまずは自分のことをしっかり理解しましょう。

理解できないでいると、引きずってしまい、立ちが悪いと、起きた原因を他人のせいにしてしまう人も多くいらっしゃいますので、気をつけましょう。

自分に自信がある

切り替えの早い人は自分に自信がある人が多いです。

自信がある人と聞くと、威張ってばかりいる人のような感じがしますが、まずその捉え方が間違いです。

自信がある人は、自分のことをしっかり理解していて、周囲を冷静に見える人のことを言います。

冷静に周囲を見れるから解決できるなどといった感じに自信を持つことができるのです。

では、どうすれば自信を持つことができるのかと言いますと、小さな成功体験をしっかり積み上げているからです。

成功と聞くと大きなことを想像される方が多いと思いますが、小さな成功でも成功です。

つまり、成功に大きいも小さいもないのです。

何でも良いのです。

いつもより長く散歩ができた。

10分早く課題を終わらせることができた!など、単純なことでいいので、成功体験を積み重ねていくことが大切で、自信を持つことができる最適な方法です。

自信を持つと傲慢な人間や意識高い系に見えてしまって周囲から敬遠されるのではないかと感じる人もいらっしゃるかもしれません。

そのような人たちの目を気にしていても意味がありません。

あなたが目指すべき人はそのような人たちではありませんよね。

集中力が高い

切り替えの早い人は集中力が高い人が多いです。

要は集中力が高いので、余計なことに感情に振り回されないのです。

嫌なことが起きても立ち止まることはなく、嫌なことが起きたのだなと言う感じに見て、嘆くことも引きずることもありません。

集中力の高さ故によけいなことへ目が向かないので、引きずることもないし、どんどん先へ進んでしまうのです。

では、どうすれば集中力をつけることができるのかと言いますと、これは人それぞれ差があり、人によってはそれぞれで的確な方法があります。

まずは何か打ち込めるものを見つけて、それに関して本気で1時間ぐらいそれに打ち込んでみて、集中力をつけることが大切です。

人は何かに集中していると周囲の雑音が聞こえなくなるほどです。

何かの目標達成に向けて動いていて、嫌なことが起きても集中力があれば、そんなことも気にしなくなるのです。

ぜひ、高い集中力をつけましょう。

悩むことが嫌い

切り替えの早い人は悩むことを極端に嫌います。

なぜなら、その行動は意味がないとわかっているからです。

悩んでいても先へ進めないので、先へ進むためにも悩まないようにしているのです。

これまでの経験上で悩んでも良い解決方法に導けたことはありますでしょうか?おそらくほとんどの人は良い解決方法を導いたことはないと思います。

つまり、悩むことに時間を使いすぎても意味がないのです。

それよりも、悩むではなく先へ進むことが大切です。

では、悩まないようにするにはどうしたらいいのかと言いますと、まず、悩むのは自分の思い通りにならないことに関して悩むケースが多いと思います。

なぜなら、あなたの思いがそう動かしているのです。

つまり、思いを持たないことが悩まなくなるための最適な方法でもあります。

もしくは思い通りにいかないことが当然と割り切るのが大切なのかもしれません。

自分の思い通りに行ってばかりでは、生きている人生で考えることがなくなります。

つまり、思い通りいかないことがあなたにとって大きく成長するチャンスでもあるのです。

想像力が豊か

切り替えの早い人は想像力が豊かなので、嫌なことが起きても、広い考えで対応できるので、引きずることがないのです。

要は引きずってしまう人は、想像力がせまいので、ネガティブなことをポジティブなことに考えることができないのです。

ネガティブなことはネガティブなこと、ポジティブなことはポジティブなこと!と言った感じになってしまっているのです。

では、想像力を豊かにするにはどうすればいいのかと言いますと、まずは固定概念を外すことが大切です。

あなたの考えをせまくしているのも固定概念がそうさせているのです。

そもそも固定概念というものは正解どうかなんてわかりません。

生まれた時から大人になるまでに交流した大人からなすりつけられたものなので、いつまでも持っていても意味がないのです。

固定概念を外して新たな考え方ができることで想像力を豊かにすることができますよ。

ぜひ、考えを広げましょう。

引きずらないための9個のコツ

切り替えが早い人の特徴はいかがでしたでしょうか?

あなたにとって身近なものやビビットくるものはありましたでしょうか?

もしかしたら既に身についていたという方もいらっしゃったのではないでしょうか?

そこでここからはお待ちかねの嫌なことを引きずらないためのコツをご紹介します。

こちらも大きくピックアップして9個ありますので、ぜひ、じっくりお読みになってマスターしていただけましたらと思います。

いきなりすべてをマスターしようとしても無理があります。

切り替えが早い人の特徴と同じであなたにとって身近に思えるものやビビット来たものなどからマスターしていくようにしましょう。

ゆっくり慌てずにマスターして言ってあなた自身の人生をより良いものにしましょう。

過去よりも未来を大事にする

嫌なことを引きずらない人は過去よりも未来にこだわります。

なぜなら、過去を引きずっても変わることはありません。

過去はどんなことをしても変えることができないのです。

つまり、あなたのプロフィールは変えることができないのです。

ただ、イメージや印象は変えることができます。

故にイメージがどうのこうの言っていても意味がないのです。

なぜなら、変えることができるからです。

それと同じように未来はいくらでも変えることができます。

なぜなら、あなたの未来を作っているのはあなただからです。

いつまでも過去を引きずるよりも、未来を見据えて動いて行く方があなたのためでもあり、あなたの周囲の人のためでもあります。

ぜひ、未来を大切にして生きてみてはいかがでしょうか?

どうすればそのような考えになれるのかと言いますと、今いるあなたは過去の経験からできたあなたか、もしくは未来のあなたに必要なあなたなのか?

後者で考えることで未来を大切にするあなたになっていますよ。

自分に随時ご褒美をあげる

何か目標を達成した時に自分自身にご褒美を上げることも大切です。

よくアメとムチとは言いますが、現代では気づいていないだけでムチが多いのです。

現代の人たちは報われることを知らないので、どんなに頑張っても意味がないという考えになってしまっています。

頑張っても報われない!そんなのでは意味がありません。

頑張ったのなら報われるという認識を持つためにも自分に対してご褒美をあげることをすることは大切です。

また、自分に余裕ができたのなら、相手に対してもご褒美をあげることが大切です。

報われることがわかると自然と人間は頑張ることに対して苦にならないのです。

もしくは頑張ることを普通のことに思えてしまうので、変に努力しているという考えもなくなってしまうのです。

報われることの大切さを覚えましょう。

自分を甘やかすことも大事

甘やかしてはいけないと教わってきた人は多いので、ご褒美などと言ったことはマイナスに思えてしまう人もいらっしゃいますが、そうではありません。

甘えることは大切です。

幕末の人気者である坂本竜馬は、大の甘えん坊です。

そのため、周囲から可愛がられたりして、人気者になりました。

自分を甘やかすことで、周囲への甘え方がわかると同時に、いつまでもと言う感じに自分を奮い立たせることができます。

このように自分対して甘やかすことは必ずしもマイナスに働くことはないのです。

いつもムチばかりではなく、時にはアメを与えて、甘やかすことも大切ですよ。

そうすることでメリハリがつくので、いつまでも引きずることはありません。

自分を好きになる

ネガティブな気持ちになってしまう人や、いつまでも過去を引きずってしまう人は自分のことを愛していない人が多いのです。

なぜなら、好きでもない自分が犯してしまっているので、すべてをマイナスに考えてしまうのです。

それをなくするには、簡単なことです。

自分を好きになることです。

自分を好きになってしまえば、自分の行動に対して嫌いになることもなく、マイナスに考えることもなくなります。

要は、自分を好きになれていないから行動にも自信が持てないので、ダメな自分が先行してしまってマイナス的な考えになってしまうのです。

まずは自分を好きになって、自分の行動や言動を好きになりましょう。

そうすれば、ダメな自分を払拭することができますよ。

ネガティブな気持ちが一気に減る

自分を好きになってしまえば、自分の行動、言動、すべてにおいて自信を持つことができるので、ネガティブな気持ちになることがありません。

なぜなら、自分を愛しているから自分の行動や言動をネガティブに考えることはありません。

つまり、ネガティブになってしまう人や嫌なことを引きずってしまう人は、自分を愛してなく、自分の行動や言動に対して自信を持つことができないので、ダメな自分として見てしまうので、ネガティブな気持ちが増殖してしまうのです。

そうならないためにも自分を好きになって、ネガティブな気持ちを持たないようにしましょう。

メンタルな部分になってしまうので、これはあなた自身がしっかりマスターしないといけない部分です。

疲れを溜めない

切り替えが早い人は疲れを溜めないようにしています。

なぜなら、疲れは嫌なものであり、それを溜めてしまう原因は嫌なことがほとんどです。

ネガティブに考える人やいつまでも嫌なことを引きずってしまう人の口癖は大半が「疲れた」です。

「疲れた」「疲れた」ばかり言っていると、その口癖を言いたくなる場面を引きよせてしまいますよ。

故に「疲れた」と言う言葉を言わないためにも疲れを溜めすぎないようにしましょう。

そのためにも、まずはあなたにとってのリフレッシュ方法を思いつきましょう。

リフレッシュ方法を確立することで、疲れを吹き飛ばすことができますよ。

疲れたら寝てしまおう

リフレッシュ方法でも疲れが取れないときは寝るのが一番です。

寝ることで人間は体力を回復させることができますよ。

しかし、ただ寝るだけでは疲れは完璧に取ることができません。

ちゃんとして空気が集まっている場所で寝ることで疲れを取ることができますよ。

なぜなら、人間寝ている時が一番空気を吸っている時間であり、深く呼吸をしている時でもあります。

そんな時に汚い空気の環境で寝ていたら回復するどころか、返って悪化させてしまう危険性が高いのです。

そうならないためにも新鮮な空気のもとでしっかり寝るようにしましょう。

悩む前に行動する

引きずる人はいつまでも悩みます。

逆に引きずらない人は悩む前に行動します。

なぜなら悩んでいる時間ほど無駄な時間はないからです。

悩んでいても良い解決方法が思いつくことはありません。

なら、悩んでいるよりかは行動をする方があなたにとってプラスに働くはずです。

悩んでいても意味がありません。

とにかく難しく考えずに行動することが大切です。

目標とする人をたくさん持つ

自分にとって尊敬する人、目指したい人はいらっしゃいますか?

実は嫌なことを引きずってしまう人は、目標となる人を見つけれていない可能性が高いです。

もしくは目標としている人がそのような人の可能性もあります。

なぜなら、人は相手から強く影響を受けるのです。

なら、強く受けてしまうのであれば、目標となる人から受けるのがベストです。

ぜひ、目標となる人を見つけましょう。

尊敬する人達の生き方を見習う

生まれた時から大人になるまでに生き方の影響を強く受けるのは親からです。

これが良くも悪くもあるのですが、そこから自分自身の生き方を見いださないと親を越えることができないのです。

親を越えることが正しいとは言いませんが、自分らしい生き方をしたいのであれば、いろいろな人に出会って自分が本当に尊敬する人を見つけて生き方を学ぶことが大切です。

偉人にはヒントがいっぱい

偉人の言葉は重いのです。

しかし、ほとんどの人はそんなの特別な人や一部の人と言った感じに見てしまっている人がほとんどです。

この考えが物凄く間違っています。

なぜなら、この世に特別な人はいないし、一部の人は頑張ったから一部の人なのです。

つまり、そのように見ているのが良くないのです。

偉人はみんなにこうなってほしいと思うから本などに残しているので、ある意味感謝を持って接することが大切です。

いつも表情豊かに過ごす

笑う門には福来ると言う言葉があるように笑う方には福が来るのです。

よくある話が癌になってしまった患者さんです。

無理に抗がん剤を使うよりもとにかく笑うことで癌細胞を死滅させたという話があります。

このように笑うことは良いことなのです。

また、表情を豊かにすることで菜に対しても感激してしまうので、嫌なことを引きずることはありません。

ぜひ、表情を豊かにして生きていきましょう。

気持ちにメリハリができる

表情が豊かになることで、気持ちにメリハリができるので、いつまでもネガティブに考えるなどと言ったことはなくなるのです。

気持ちにメリハリがないからどちらか一辺倒になってしまうのです。

とくにネガティブになってしまう人は、気持ちにメリハリがありません。

感情表現が豊かになることがチャンスにも繋がります。

かつてリンゴが木から落ちることに唯一感激したニュートンは万有引力の法則を編みだしました。

このように感情表現を豊かにすることはチャンスですよ。

どんなことも考えすぎない

ネガティブな深く考えたり、難しく考えたりする傾向が強い人が多いです。

所謂、完璧主義者のような人がネガティブになってしまうのです。

物事を難しく考えても意味がありません。

まずは柔軟になって、物事を考えすぎないようにすることが大切です。

流れに身を任せることも大事

どうしようもない時は流れに身を任せるのも大事です。

止まってしまうのではないかと思われてしまうかもしれませんが、あなたが動かなくても地球は動いています。

世の中は動いています。

つまり、あなたが立ち止まっても、周りは動くのです。

たまには周囲の動きに任せて見てもいいのではないでしょうか。

もしかしたら違った視点で物事が見えるかもしれませんよ。

大好きな趣味や特技を持つ

切り替えが早い人は、嫌なことが起きても自分が好きなことや打ち込めることに取り組んで嫌なことを忘れることができます。

人間は自分が楽しいとしていると嫌なことを忘れるし、考えを広く持つことができるのです。

ぜひ、あなたにとっての大好きな趣味や特技を持つようにしましょう。

まとめ

切り替えが早い人の特徴や嫌なことを引きずらないコツはいかがでしたでしょうか。

過去を引きずっていても意味がありません。

また、世の中に嫌なことはありません。

嫌なことと思っているのはあなた自身です。

ぜひ、視点を変え、考えを広げて、嫌なことを引きずらず、あなたらしい人生を歩むようにしましょう。