恋愛はしているときはドキドキワクワクがいっぱいでこの恋がいつまでも続くかも、、なんて夢見たりしますよね。

しかし、全てのカップルが上手くいくわけではありません。

そのままゴールインする人もいれば、別れてしまう人もたくさんいます。

恋人と別れた後、その元カレや元カノの連絡先や思い出の写真の行方はどうなるのでしょうか?

消去する人もいれば、大切に残しておく人もいますよね。

今回は、そんな元カレ・元カノの連絡先や写真についての男女の本音をご紹介していきたいと思います。

その処理の仕方は人それぞれ、考え方も十人十色です。

捨てる人がなぜ捨てるのか、残す人はなぜ残しているのかを一から教えちゃいます!

あなたの恋人が前の相手の写真を残しているのには理由があるのかも!?

別れた元カレ・元カノの連絡先や写真はどうする?

あなたは別れた元カレ・元カノの連絡先や写真をどうしていますか?別れた瞬間に全部綺麗に消すという人もいれば、次の恋人ができても取っておくという人もいるでしょう。

また、今の恋人が前の恋人こ連絡先や写真を残していて喧嘩になった、なんて人もいるのではないでしょうか?

元カレ・元カノに関する話は直接喧嘩に繋がる一番の原因ですよね。

別れた元カレ・元カノの写真や連絡先を消す人と消さない人、それぞれの考えをご紹介していきます。

自分が思っている理由とは別の理由もあるのかもしれません。

もし恋人に元カレ・元カノの写真を消して欲しいと言われたのなら、相手はあなたがこれからご紹介するような理由があって残していると思っているのかもしれません。

消す派

まずは、恋人との思い出の写真や連絡先を消す派だという人。

どちらかというと、元カレ・元カノの写真なんかは別れた後や新しい恋人ができれば消すという人が多いようです。

カップルでよく喧嘩になる原因とすればこの元カレ・元カノ関係がかなり多いです。

なので、問題が起きる可能性があるぐらいなら消してしまえと思っている人が多いのかもしれません。

実際は消す派の人たちはどのような意図があって写真や連絡先を消しているのでしょうか?

代表的なものを4つ挙げましたので、しっかり読んで頭に入れておいてくださいね!

1.忘れたいから

元カレ・元カノのことを忘れたいからその人との写真や相手の連絡先を消すという場合があります。

相手に振られてしまったときなんかは、このパターンが多いです。

大好きでずっと一緒だと思っていた人に突然振られてしまったら、辛くて仕方ありませんよね。

一刻も早く忘れて新しい恋をしたいと思うはずです。

相手を忘れたい一心で、思い出さないように写真や連絡先を消すということです。

好きな人を忘れようとしても、携帯にいつまでも連絡先が残っていればつい心が揺らいでしまったり、連絡を期待してしまうことでしょう。

写真が残っていればつい昔の写真を見てまた戻りたいと思ってしまうはずです。

そんなことをしていれば、忘れられるものも忘れられません。

いつまでたっても好きでいてしまいます。

そんな状態を避けるために、自ら元カノ・元カレの面影を消そうと考えるのです。

なんだか切ない理由ですね。

2.未練が残るから

未練が残ってしまうので、残らないように写真や連絡先を消すという人もいるようです。

これは忘れたい場合と反対で、振った側に多いパターンです。

いくら自分から振った相手だとしても、もともとはお互い好きで付き合っていたわけです。

ですので、気持がなくなって別れを告げたとしても、例えば相手に新しい恋人が出来た時「やっぱりあの人を取られたくない」なんて思うことだってたくさんあります。

そんなときに、未練が残ってしまう原因が昔の写真や連絡先です。

連絡先があればいつでも相手に連絡を取れてしまいます。

写真があればいつでも相手のことを思い出すことができて、つい未練がましくなってしまうはずです。

もうきっぱり前に進みたい人は、未練が残らないようにすべてを消してから再出発するということです。

3.トラブルになるから


これが最も多い理由かと思いますが、トラブルになるから元カレ・元カノの連絡先や写真を消すというパターンです。

誰とトラブルになるのか?もちろん今の恋人です。

先ほどもお話しした通り、恋人との思い喧嘩に発展する可能性のある原因は、この元カレ・元カノの関する事柄です。

ふとしたときに二人でデータフォルダを見ていて昔の恋人とのラブラブ写真が出てきてすごい喧嘩になった・・・なんてことはよくあることです。

また、ラインの上の方に相手の元恋人の名前があったりすると、まだ会っているんじゃないかと浮気を疑われてしまうことすらあるでしょう。

特に男性は、前の彼女との思い出も残したいと考える人が多いようですが、誰だって今の彼女が一番大切に決まっていますよね。

彼女と仲良くいられるためにも、けんかの原因になり得るものは初めから摘んでおくということですね。

やきもち妬きの相手からすると、前の恋人の写真なんて見たら発狂ものですよね。

今の恋人がやきもち妬きなタイプなら、早めに消しておくことをおすすめします。

4.間違えて連絡しないように

多くはないですが、元カノや元カレに間違えて連絡しないように連絡先を消すという人もいます。

別れた相手に連絡をする人はそんなに多くはありませんし、ほとんどの人は別れた後連絡を一切取らなくなることが普通でしょう。

むしろ、別れているのに連絡をすれば、相手からはまだ自分に未練があるのかと思われてしまいますし、相手に新しい恋人がいれば、それこそ相手がトラブルに巻き込まれて自分までも巻き添えになることだってあります。

そんな状況を避けるためにも、別れた後には連絡先を真っ先に消して間違えて連絡しないように徹底するということです。

これが一番円満な方法かもしれません。

相手に迷惑がかかることもなければ自分も新しい恋人に勘違いされずに済みますからね。

消さない派

元カレ・元カノの連絡先を消す人が多い一方、消さない人も同じぐらい多くいます。

別れたあいての写真や連絡先を持ったままでいるということです。

それは新しい恋人ができても変わらず、相手が消してくれと言われるまではずっとそのままなことがほとんどです。

さて、この消さない派の皆さん。

彼ら、彼女らはどんな理由があって元カレ・元カノの連絡先や思い出の写真を携帯に残しているのでしょうか?

こちらも代表的な理由をご紹介いたします。

消さない派には色々な理由があるため、消す派よりも3倍の12個の理由をご紹介していきますよ。

1.消すのがめんどくさい

元カレ・元カノの写真や連絡先を消すのがただめんどくさいという人が結構多いようです。

元恋人に対して何の感情も未練もない人は、ただ消すのがめんどくさくて残しているという場合がほとんどです。

たった数か月の付き合いでしたら写真や思い出の品なんかも少ないため、少し消せばすべてなくなることもありますが、一年や何年も付き合った末に別れたとしたら、その写真の量も莫大な数になるはずです。

それをわざわざ厳選して消すというのはなかなか根気のいる作業なのです。

消すのがめんどくさくて残している場合は、新しい恋人が消してと頼めば大体は素直に消してくれるでしょう。

なかなか消してくれないという人は、相手の気持ちを考えられない人か、他に理由があって消さないのだと思って間違いありません。

2.思い出として取っておきたい

元カノ・元カレの写真は自分の中で思い出になっていきます。

それは、相手のことがまだ好きだからとかまだ連絡を取りたいからという理由で残しているわけではありません。

ただ、自分の人生の中の思い出として、消さずにとっておきたいと考えているのです。

思い出の大切さは人それぞれ違います。

ある人からすれば元カレ・元カノの写真などは別れてすぐ消せるほどどうでもいい思い出の場合もありますし、他の人からすれば別れても大事な思い出の場合もあります。

特に、女性は上書き保存で男性は新規保存と言われていたように、女性は別れた人の写真なんかは残さず、男性は大切にとっておく傾向があるようですね。

どちらにしろ、相手が残しているからといってそこに必ず意味があるというわけではなさそうです。

3.未練がある

未練があるために元カノ・元カレの写真や連絡先を残しておくというパターン。

これもめんどくさい派と同じぐらい多い理由ではないでしょうか。

例えば振られた側なんかはその現実をすぐに受け止めることが出来ずに、写真を見返したり連絡先を残して少しでもチャンスがあればと考えてしまうのです。

写真を消してしまうと二人の思い出が消えたような気がして、一生もとには戻れないような感覚に陥ってしまいます。

ですので、未練がある人はどうしても消すことが出来ないのです。

特にこれは男性に多く、女性が上書き保存ですぐに他の人へ気持ちを切り替えられる一方で、男性は一つの恋愛を長く引きずってしまうことが多いのです。

写真を残していても未練が残るばかり、元カレ・元カノをほんとうに忘れたいのであれば、まずは思い出から消していくことをおすすめします。

4.誰からの連絡か分かるようにしておきたい

誰からの連絡か分かるようにしておきたいから、元カレ・元カノの連絡先を残しているという場合もあります。

一度消してしまうと、電話番号なんかは特に誰からかかってきているのかなんてわかりませんよね。

元カレ・元カノが連絡してくるということはあまりありませんが、円満に分かれて仲のいい友達に戻ったとなれば、相手から連絡が来ることは大いにあり得ます。

そんなときに、連絡先を登録していなければ不審に思って連絡を無視してしまうかもしれません。

普通の友達であれば連絡を無視してしまうと大切なことなんかを聞き逃してしまうかもしれませんよね。

この場合も、ほとんど相手に未練がましい気持ちはなく、本当に事務的な感覚で連絡先を残しているということが多いです。

5.友人としてかかわっていきたい

友人としてこれからも関わっていきたいから、元カレ・元カノの連絡先を消さないという人もいるようです。

恋人として一緒にいるのには限界が来てしまったけど、人としてはお互い好き、そんな状況では「友達に戻る」ということが割とよくあります。

恋人ではないけど友達としては縁を切りたくないような存在だから、連絡先を残す。

これは新しい恋人からするとなんだか納得のいかない理由ですが、当の本人たちは本当に何の恋愛感情もなく連絡を取っていることがほとんど。

本当にただの友達、もしくは自分のことをよくわかっているからいい恋愛相談相手と思っているのかも知れません。

しかし、少数ですが友人になろうと言って結局大人の関係が続いているという場合もあります。

今の恋人が昔の恋人と友達として会ってるなんて言ったら、怪しいと思った方が良いかもしれませんね。

6.消す意味が分からない

そもそも連絡先を消す意味が分からないという人もいます。

今まで恋人として付き合ってきて別れた相手だとしても、それが人間関係の終わりかのように連絡先や写真を一気に消す意味が理解できないのです。

あまり知らない相手でお互い一切連絡を取らないような関係であれば消しても問題はありませんが、少なくとも一度は好きになった相手で一番近くに居た人とのつながりを途絶えるということに疑問を抱くのです。

こういう人は、今の恋人に消してと頼まれたとしても言い合いになる可能性が高いです。

連絡先や写真を消すことに対して反対意見を持っているので、なぜ恋人のために消さないといけないのかと言い負かされてしまうかもしれませんね。

せっかくできた縁

元恋人と言っても、せっかくできた縁です。

その縁をすべて断ち切ってしまうということは、それまでの二人の関係もすべてなかったことにしてしまうようなものです。

ただの友達であればそこまで思い入れはないものの、一度好きになった人の写真や連絡先を簡単に消すようなことはできないということでしょう。

しかし、これは未練があるわけではありません。

むしろこういうタイプの人が元恋人に未練があれば、新しい恋人を作ることなくずっと思い続けている可能性が高いです。

もう吹っ切れて恋愛感情がないからこそ、綺麗な思い出として残しておきたいということです。

消すのは失礼


相手の連絡先や写真を消してしまうのは失礼だと思っている場合もあります。

もう別れてしまって恋人関係ではなくなったとしても、やはりもともと好きだった人に対しては普通の友達以上に気を使ってしまうものです。

傷つけたくない相手でもあり、自分にとって特別な相手であることには変わりはありません。

新しい恋人ができた、別れたからといって消してしまうと、元カレ・元カノが傷ついてしまうのではないかと考えてしまうのです。

別れた瞬間に他人になるような器用な人ではないのでしょう。

元恋人とはいい友達関係ができそうですが、新しい恋人ができたときにその相手とかなり揉めそうな予感がしますね。

今一番誰を大切にしたのか、誰に離れてほしくないのかを考えて、自分の考え方も改める必要があるかもしれません。