和風美人」という言葉がありますが、“和”な雰囲気を持つ女性は、国を問わず男性からモテる傾向にあります。

ですが、当の日本人女性の中には、“和風な顔とスタイル”にコンプレックスを抱いている人も少なくありません…。

さらに、「和風=地味、洋風=華やか」というイメージを持っている人も多く、どちらかと言えば、“洋風な顔やスタイル”に憧れる日本人女性の方が多いと言えます。

これは、“ないものねだり”の様なところも少しあるのかもしれませんね。

一方男性は、先程も話した様に、洋風美人と同じくらい、和風な女性に対しても好印象を抱いているみたいです。

さらに、モテる女性達の間でも、“和風”への注目度やリスペクトは高く、メイクやファッション、そして振る舞い方など、普段から“和”を意識している女性は結構いると言えるでしょう。

今回は、そんな“和風な女性”に注目して、“和風な女性の8個の特徴”と“和風な女性がモテる理由”、さらに、“和風美人になる方法”をご紹介しちゃいます!

和風美人になりたい人はもちろん、和風な顔立ちやスタイルにコンプレックスを抱いている人も、これを見れば和風への意識が変わるかもしれませんよ。

和風な女性の8個の特徴

ところで、みなさんは和風な女性に対して、どの様なイメージを持っているでしょうか?

「どんな女性を“和風な女性”と言うのか?」と聞かれると、答えに困ってしまう人もいるかもしれませんね。

和風美人を目指すにも、基本的な特徴は押さえておく必要があります。

そこでまずは、“和風な女性の8個の特徴”をご紹介していきますね。

自分が次の特徴にどれくらい当てはまるかチェックしてみるのも面白いですよ。

それでは早速見ていきましょう!

1.切れ長の目

和風な女性の顔には切れ長な目が特徴として挙げられます。

瞼は一重や奥二重が多く、二重だったとしてもナチュラルな二重です。

そんな目元は涼しげな印象を与えます。

逆に、パッチリと大きなくっきり二重目は、和風というより洋風と言えるでしょう。

目元の印象が強くて、素朴な雰囲気のある和風からは、少しかけ離れています。

2.艶がある黒髪

和風な女性の髪型と言えば、黒髪+ロング+ストレートスタイルが定番です。

長い髪が風に靡く様子や、顔を傾けた際にサラリと流れる黒髪に、思わずドキドキしてしまう男性も多いみたい!

黒髪は日本人の象徴でもありますし、そんな黒髪が似合う女性こそ、和風美人と言えるでしょう。

もちろん、ボサボサでダメージが酷い髪は論外ですよ?
また、パーマをかけたり明るい色に染めている髪は、和風とは程遠いでしょう。

艶やかで綺麗な黒髪こそ、和風な女性の美しさを引き立てるのです。

美髪を手に入れるには、毎日のお手入れが必須になります。

例えば手櫛でなく、きちんとブラシを使って、丁寧に優しくブラッシングする事で、髪の毛についたほこりや汚れを落とし、頭皮の血行を促進させる効果(髪に十分な栄養素を運ぶ事が出来るので、美髪育成に繋がる)が期待出来ますし、シャンプーはよく泡立ててから地肌を指の腹でマッサージする様に洗い、髪同士をゴシゴシ擦らない様にするのもポイント。

また、UVカット効果のあるスタイリング剤で髪を紫外線のダメージから守ったり、ヘアトリートメントやヘアオイルなどで髪を保湿する事も大切です。

ちなみにオイルを髪に塗る際は、手の平にオイルをしっかりと広げ、毛先→髪の内側→中間部分→生え際(頭皮の乾燥が気になる場合は頭皮にも軽く)の順でオイルを髪に馴染ませる様に揉み込むのがコツです。

オイルのつけ過ぎはベタつきの原因なので、適量(パッケージに記載されているならそれを参考に)を塗布する様にして下さい。

大体の目安としては、ショートヘアの場合→1~2滴・セミロングヘアの場合→2~3滴・ロングヘアの場合→3~4滴といったところでしょう。

美髪を手に入れたい人は、是非試してみて下さいね。

3.鼻と口が小さめ

和風な女性は古風な顔立ちをしている、と言えるでしょう。

現代風の顔立ちだと、パッチリで大きな二重目・高い鼻・唇は少し厚め・顔の凹凸もややハッキリしている濃い顔になります。

この様に、顔のパーツの1つ1つが大きいと、和風という雰囲気はなかなか出せません。

ファッション雑誌などでは“ハーフ顔メイク”が流行っている事もあり、化粧でこの様な濃い顔に見せている日本人女性は多いかもしれませんね。

一方、古風な顔立ちは、切れ長な一重目or奥二重目・低めの小さい鼻・薄く小さい唇・顔の凹凸が少なく平らな顔になります。

顔の主張が激し過ぎない素朴で薄めな顔こそ、古風な顔と言えるのです。

顔全体の印象としては素朴な感じで、一見するとあまり特徴がない様にも見えますが、そこが逆にすっきりと涼しげで、何処か儚げな印象を与えていると言えるでしょう。

そんな古風顔の中でも、顔のパーツのバランスがとれた綺麗な顔立ちの人が、“和風美人”と言われる訳ですね。

先程も少し触れた様に、雑誌ではデカ目・小顔・立体的に見せる事が重視されていますが、古風顔なら特に、その良さを隠してまでハーフ顔を目指すのではなく、本来の持ち味を活かすメイクを覚えた方が魅力が引き立つでしょう。

4.色白

和風な女性には、色白で透明感がある美肌の持ち主が多いと言えます。

特に黒髪と色白肌の組み合わせは、清楚さも感じられて魅力的に見えるでしょう。

一方、小麦色に焼けた肌を見て和を感じる事はあまりないかもしれませんね。

5.物静かで上品

和風な雰囲気を感じる女性というのは、物静かで上品な人が多い傾向があります。

例えば、人前に出て自分の意見を主張したり、人の上に立ちみんなをグイグイ引っ張るリーダータイプではなく、どちらかと言えば、周りの意見を尊重する控えめさを持ち、サポート役に回る様なタイプです。

決して目立ちはしないけど、“なくてはならない存在”とか“存在感はバッチリ”なんて言うのも、和風女性あるあるではないでしょうか?

みんなで話す時も、ベラベラと喋るよりは物静かに話を聞く感じで、その姿がまた上品さを醸し出します。

和風な女性というのは、凛とした空気を纏いながらも、物腰が柔らかい感じもして、独特の雰囲気がありますよね?

そういうミステリアスな感じも、世の男性達が惹かれるポイントなのかもしれません。

6.儚げ


和風な女性の表情や仕草には、何処か儚げな雰囲気があるのも特徴でしょう。

色白肌で控え目な性格というのも、“か弱さ”を演出するのかもしれません。

目を離したらフッと消えてしまいそうな、和風女性の儚さに、男性達は「俺が守らなきゃ!」「ほっとけない!」と思う様ですね。

7.芯は強い

普段は大人しく控えめな和風女性ですが、意外と芯が強い一面もあります。

基本的に自分の意見を主張する事がないので、少し分かりにくいですが、実は自分の意見をしっかり持っていて、周りに意見を求められた際には、良いものは良い悪いものは悪い、とはっきり伝える事が出来るのも特徴でしょう。

それも、あくまで下手に出つつ、筋の通った意見をサラッと冷静に言いのけるので、周りは「デキる女性だなぁ!」と感心する事もしばしば。

儚げな印象に反して思い切りが良く、いざという時に凛とした態度が取れるので、そのギャップにやられる男性達も多いみたいですね。

周りの意見を尊重するけど、決して流される事はない、そして、自分の意見を過剰に主張する事もない…。

そう考えると、和風な女性は周りや自身を冷静かつ客観的に見られる、しっかり者の一面もあると言えるかもしれませんね。

8.浴衣や着物が似合う

日本の伝統と言えば、浴衣や着物などの和装も挙げられますが、それらを着こなせる、すなわち、浴衣や着物が似合う女性は、“和風美人”と言えます!

正月や夏などの着物や浴衣を着る場では、和風女性の魅力は最大限に発揮されるでしょう。

また、着物は帯を締めるので、自然と背筋が伸びて、全身のシルエットを美しく見せてくれるのもポイントかもしれませんね。

浴衣はカジュアルな場に似合い、オシャレ着として楽しむ事も可能です。

柄や色の種類が豊富なのはもちろん、工夫を凝らしたヘアスタイルと組み合わせる事もあり、「浴衣を着ると魅力が3割増しになる」とも言われています。

浴衣とヘアスタイルにより、大抵の女性は浴衣を可愛く着こなす事が出来るでしょう。

しかし、着物は別です!

着物はフォーマルな場で着るものなので、ヘアスタイルも落ち着いた雰囲気のものを合わせる必要があります。

それに顔立ちやスタイル、その人の持つ雰囲気でも似合う似合わないが分かれ、着こなすのは難しいとされているのです。

だからこそ、着物が似合う女性は和風美人の可能性を十分に秘めていると言えるでしょう。

着物が似合う人の特徴

着物が似合うかどうかは、特に着る人の体型に左右されます。

当たり前ですが、着物は日本人の体型に合わせて作られたものなので、日本人体型の人は上手く着こなす事が出来るでしょう。

次からはその“日本人体型=着物が似合う人の特徴”を1つずつご紹介していきます。

なで肩

昔の日本人女性の多くはなで肩でした。

特に女性の着物姿は、たおやかなイメージかありますよね?

なので、いかり肩の様な尖ったシルエットや、男性の様にゴツゴツと厳つい体型には合わないのです。

(※女性の着物姿に限る)

骨格は生まれつきのものなので、努力で改善出来るものではありませんが、着物を着慣れる事により、いかり肩を目立たなく見せる事は可能になります。

首が細く長い

和風美人と言うと、よく「儚い」「華奢」などの印象を持たれますが、それには体の細さも関係していると考えられます。

そして、細い体型の方がより着物が似合う傾向があるのです。

特に長くて細い首は、着物の襟元がスッキリ見え、洗練された美しさを感じさせます。

それに、細い首のうなじの方が女性らしさや色気が感じられるもの。

ぽっちゃり体型の人でも、首は体の中で比較的細い部分なので、着こなしによっては着物美人になり得るでしょう。

体に凹凸がない

「グラマラス」や「ナイスバディ」と言われるのは、いわゆる「ボン・キュ・ボン」な体型ですが、そういう体型は着物には似合いません。

着物は体を筒みたいに包み込むので、「ボン・キュ・ボン」な体型だと、着物にシワが寄ったりして、美しく着付けられないのです。

なので、着物に似合う体型というのは、体の凹凸が少ない「スレンダー」あるいは「寸胴体型」になります。

よく胸の大きい女性が着物や浴衣を着る時に、お腹周りにタオルを巻くのは、体の凹凸をなくしたり、着物にシワが出来にくくする為です。

和風な女性も胸やお尻が小さく、全体的に細い人が多い傾向にあります。

脚があまり長くない

細い体型の方が着物が似合うという事で、脚も細い方が好ましいのですが、長さに関しては、短い方が着物向きと言えます。

一般的には、スタイルが良い=脚が長い、というのが常識です。

しかし、脚の長い人が着物を着ると、腰の位置が高い分、帯を締める位置も自然と高くなります。

すると、まるで子供の様になってしまうのです。

(子供の着物は帯が高い位置にきます)

極端に短足である必要はありませんが、脚が長過ぎない方が、着物美人になりやすいのは確かですね。

和風な女性がモテる理由


冒頭でも、「和風な女性は、国を問わず男性達からモテる」という話をしましたが、和風な女性には、具体的にどんな魅力があるのでしょうか…?

という事で、次に“和風な女性がモテる理由”について、男性意見を参考にまとめてみました!

和風に対してマイナスイメージしかなかった人は、男性達の声を知って驚くかもしれませんよ?

優しいイメージ

男女問わず好まれる人の特徴と言えば、優しい性格である事だと思いますが、和風な女性は、まさに優しさが感じられる人が多いと言えます。

和風女性は思いやりがあり、愛想が良く、柔軟な姿勢を持っているので、そんなところも優しいイメージに繋がっているのかもしれませんね。

和風美人と言われる人は、いつもニコニコと微笑んでいて、穏やかな雰囲気を纏っている人が多いと思います。

彼女達からはゆったりとした余裕も感じられ、一緒にいると安心感があったり、癒される感じがしたり、居心地の良さを感じるもの。

逆に、常に不機嫌だったり怒って怖いオーラを放っている様な女性は、いくら美人でも、男性からモテる事はないのでは…?

守ってあげたくなる

男性はプライドが高いので、「主導権を握りたい」「男として頼られたい」と考える人が多いと言えます。

そんな男性達の理想の女性像と言えば、男性の意見を柔軟に受け止め、一緒に歩く時に男性の三歩後ろを歩く様な控えめさを持ち、男を立てる事が出来る、“古き良き女性”なのです。

そういう女性と一緒だと、プライドが保たれるので、男性達は「手離したくない!」と感じるのだとか。

さらに、男性は控えめな女性に対して、「俺が守ってあげなくては!」という気持ちに駆られるそうです。

“控えめ”とか“大人しい”といった性格は、“儚さ”や“か弱さ”を連想させるからかもしれませんね。

和の雰囲気を持つ女性にも、男性が好む古き良き女性と同じ特徴がありますよね?

上でも話した通り、和風な女性は基本的に出しゃばる事なく周りを優先します。

常に周りに気を配っているので、人を立てるスキルも自然と身につくのです。

そんな和風な女性を見て、男性達は守ってあげたくなる衝動に駆られるのかもしれませんね。

清楚なイメージ

黒髪と色白の肌、優しくて守ってあげたくなる様な性格…、そういう女性って、清楚な雰囲気があると思いませんか?

控えめで清潔感がある容姿、謙虚で慎ましい振る舞いをする女性はまさに大和撫子。

そういう日本人女性の清らかさに惹かれる男性は、今も昔も沢山いるのです。

この様に清楚な雰囲気が感じられる女性が好まれるのは、「女性は美しいもの」という理想を抱いている男性が多いからかもしれませんね。

品がある

和風な女性がモテるのは、品の良さが感じられるのも理由の1つ。

和風な女性の品の良さは、礼儀作法を弁えていたり、仕草が女性らしいとか、言葉遣いが綺麗といったところから生まれます。

日本には特有の礼儀やマナーがあり、多くの日本人がそれらの礼儀やマナーを重んじる傾向にありますが、完璧に習得している人は限られているのではないでしょうか?

例えば、急いでいる時にドタバタと大きな物音を立てたり、挨拶やお礼をしない人や、人の迷惑を考えない自分勝手な行動を取る人も案外少なくないのです…。

礼儀作法は決して難しいものではなく、人が嫌悪感を示さない行動を取れば良いのですが、それが出来ていない女性が多く存在するから、礼儀やマナーが完璧な和風女性はモテるのでしょう。

おしとやか

和風な女性は立ち振る舞いが優雅で、おしとやかな雰囲気がありますよね?

忙しい時でもどこか落ち着きがあり、余裕を感じさせるのです。

そういうところも男性からモテる理由になります。

そんな余裕を感じさせる優雅な振る舞いは、ちょっとしたポイントで演出する事が可能です!
これについては下で詳しく説明するので、そちらをチェックしてみて下さいね。

色気がある

和な雰囲気の中には、色気があると言えます。

例えば、ちらりと見えるうなじや、しなやかな動きなどに色気を感じる男性は多いでしょう。

露出が多くなくても、色気はふとした時に現れるものなのです。

色気=エロとは違う

ここで言う“色気”とは、“純和風の美しさ”を持った女性から醸し出される”清潔感のある色っぽさ”を指します。

色気と言うと、大きく開いた胸元や、ミニスカート、グロスたっぷりの唇など、男性の視覚だけを刺激する、“性的な魅力=エロ”を連想する人が多いかもしれませんね。

しかし、そういう“エロさ”にはマイナスのパワーがあり、男性から「軽い女」「遊べそうな女」と思われるだけでなく、その効果は長続きしません。

一方“色気”は、視覚的な刺激というよりは、内面から湧き上がるフェロモンの様なもので、普段の生活の中でも色気を感じる瞬間はあります。

和風な女性なら、正しい日本語が使えたり、ゆっくり話したり、綺麗な文字を書けるなどが挙げられるでしょう。

さらに言えば、和風な女性はただ立っていたり座っているだけでも色気が溢れ出ています。

セクシーは簡単に作れますが、色気は無意識の内に出るものです。

色気を身に付けるには、普段の振る舞いに気を付けるなどの努力が必要になるでしょう。

海外の男性からも人気!

和風な女性は海外の男性からも人気です。

アジアンビューティーという言葉もありますが、“和の美”は世界にも通用するみたいですね。

和風な女性の奥ゆかしさは、積極的な外国人女性にはあまり見られないところなので、より魅力的に映るのかもしれません。

和風美人になるには?

和風な女性がモテると知って、「私も和風美人になりたい!」と思った人もいるのでは?

そごで続いては、みなさんお待ちかねの、“和風美人になる方法”をご紹介していきます。

次のポイントを意識すれば、誰でも和風美人に近づけるはずです!

品のある振る舞いを心掛ける

和風美人になるには、品のある振る舞いを身に付ける必要があります。

品の良さやおしとやかさというのは、人の目を意識していれば自然と身に付くもの。

例え周りに人がいなくても、常に「誰かに見られている」という意識を持って行動して見ましょう。

当然、ガサツな動きやせっかちな印象を与えるドタバタした動きはNGです。

和風美人の奥ゆかしい雰囲気を醸し出すには、動作をいつもより少しだけスローペースにするのもポイント。

早口な自覚のある人は、一言一言を丁寧に発言し、区切りの良いところで一呼吸置くだけでも、かなり印象が変わるはずです。

慌てる必要のない場面では、何か動作を起こす前にもまずは一呼吸置きましょう。

無駄な動きをなくし、必要最低限の動きでこなすのも、余裕や優雅さに繋がりますよ。

物を持つときには両手で

両手を使った動作というのは、丁寧さや上品さを演出する事が出来ます。

なので、全てを両手で行う事を意識してみましょう。

例えば、誰かに物を手渡す際に両手を添えるだけで、相手への思いやりや優しさが感じられますよね?

他にも、ドアを開閉する時に両手でゆっくり行ったり、何か物を持つ時や置く時も両手を添えるのです。

全て両手で行うだけで動作がゆっくり丁寧に見えてくるもの。

逆に、何でも片手でやろうとすると雑に見えてしまう事もあるので、気をつけて下さい。

言葉遣いを綺麗に

和風美人と言うからには、その口から出る日本語は綺麗である必要があります!

「じゃねーよ」「ウケるんだけど」「すげー」と言った汚い言葉遣いは、もちろん論外です。

また「~でぇ」「~がさあ」といった語尾を伸ばす言葉は、和風美人には似合わないので控えるようにしましょう。

流行の言葉を使っていると、和風な感じを出すのが難しいかもしれませんね。

口が悪い自覚がある人は綺麗な言葉遣いを心掛け、日本語に自信のない人は最低限の知識を学んでおくと良いでしょう。

綺麗な日本語に知的さを感じて、心惹かれる男性は多いですが、それは正しい日本語が使えていない女性が多い証拠でもあります。

(逆に、全ての女性が正しい日本語を使えていれば、それが当たり前となるので、「知的」だなんて思いませんよね?)

綺麗な言葉遣いは、それだけで印象も良くなるので、是非普段から意識してみて下さいね。

笑い方に気を付ける

笑い方次第で上品にも下品にもなるもの。

例えば、笑う時に手を大きく叩いたり、誰かの肩や腕をバシバシと叩いてしまえば、ただのオバさんです…。

そういうオーバーな動きをしていると、落ち着きのない女性に映ってしまう場合があるので注意しましょう。

それから、引き笑いなどの独特な笑い方も、悪目立ちの原因となり、和な雰囲気をなくしてしまいます!

引き笑いを改善したい人は、笑う時の呼吸を吸うのではなく、“吐く”よう意識してみて下さいね。

大口をあけて笑わない

大口を開けて笑ってしまうと、歯が見えたり声が大きく出過ぎてしまったりして、下品な印象を与えてしまいます。

見え過ぎはNGですが、上の歯が少し見える程度なら上品に見えるでしょう。

テンションが上がったり場が盛り上がっている時に、大笑いする機会はあると思いますが、人の前では声のトーンを少し落とす様に心掛けて下さい。

また、手を口元に添えて控えめに笑うと、和な雰囲気を演出する事が出来ます!

大きな口が開いてしまう時は、口元に両手を添えてガードすれば上品に見せる事が可能ですよ。

上品なほほ笑みをマスターする

上品な微笑みは、和風美人の象徴とも言えます。

口角が上がっていると表情が明るく見えますし、幸せなオーラや余裕が醸し出されるもの。

これは、口角を上げる事により、脳が「今、幸せな気持ちなんだ!」と錯覚して、心が安定するからなのだとか!

笑顔を作るのが苦手な人は鏡の前で練習してみましょう。

“微笑み”なので、口角を(自然な形で)少し上げるか、前歯が少し見えるくらいに口を開けて笑う感じでOKです。

笑っている時に限らず、無表情の時も口角を上げる様に意識してみて下さい。

姿勢をよくする

スッと伸びた背筋は、凛とした空気を醸し出しますよね?

そんな綺麗な姿勢は、和風美人への近道とも言えます。

猫背になってしまったり、歩き方がおかしい(がに股や極端な内股など)人は、普段の姿勢を意識してみて下さい。

ちなみに、姿勢は努力次第で改善されるものです。

中には、姿勢を正す為の矯正下着や体操などもあるので、無理のない範囲でトライしてみてはいかがでしょうか?

周囲に流されない

上でも「和風な女性は芯が強い」という話をしましたが、和風美人は周囲に流される事がありません。

周りの意見は尊重しますが、「間違ってる」と思った事はきちんと指摘しますし、自分の中で「コレ!」と決めた事は曲げないのです。

周囲に流されない為にも、まずは自分の意見をしっかり持ちましょう。

別にそれを主張しなくても良いのです。

ただ、自分が「違うな」と思った事に関しては、自分の考えを殺してまで周りに合わせるのではなく、自分の考えを信じてみて下さい。

いつも冷静でいる

和風美人は常に冷静です。

何かトラブルが起きても冷静に判断し、適切な対応が出来るので、周りは「デキる女性だな」と感心する事もしばしば。

逆に、何かある度にマイナスな感情を露わにする女性は、非常に見苦しいものです…。

そういう人は、マイナスな感情を露わにする事で、周りの人がどれだけ気分を害するかを理解出来ていないのかもしれませんね。

和風美人の様に常に冷静さを保っている人は、精神的に余裕がなくなると、人間は感情に振り回されるという事を知っているのです。

すぐには難しいかもしれませんが、どんな状況下でも冷静さを保てる様に、日頃から落ち着いて行動してみましょう。

ナチュラルメイク

和風美人を目指すなら、ナチュラルメイクを心掛けましょう。

黒髪にして着物を着ても、濃い目のメイクだとバランスが悪く見えてしまいます。

派手なメイクになり過ぎない様、色は基本的に肌馴染みの良いものを使い、単色で纏めるのがポイントです。

和風美人は凛とした印象が特徴なので、眉毛の色は濃く長めにしっかりと描く事を意識しましょう。

口紅はナチュラルなピンクを薄っすらと塗るだけでOK。

特にアイメイクは、盛り過ぎてしまうと和風美人には見えないので、あくまでシンプルさを心掛けて下さいね。

透明感を意識する

和風美人は、肌に透明感を演出する様なメイクをしています。

使用する化粧品は、下地・ファンデーション・コンシーラ・パウダーですが、それらを薄く塗り、「もしかして(綺麗な)すっぴん…?」と周りに思わせる程度のナチュラルさに仕上げるのがポイントです。

服はシンプルなデザイン

服はシンプルな物がベストで、なるべく派手な色を選ばないのがポイント!

淡いカラーやシンプルなカラーで纏めると、落ち着きや品の良さが出るはずです。

シンプルなデザインのTシャツやニットも、サイズ感や素材や着こなし方によって、こなれ感を演出する事が出来ます。

例えば、シャツやパンツをロールアップし手首や足首を出したり、シャツのボタンを開けデコルテが綺麗に見える様にする事で、スッキリとして華奢な印象を与えられるでしょう。

ただし、肌の露出はあくまでも控えめに。

まとめ

“和風な女性の8個の特徴”や“和風な女性がモテる理由”や“和風美人になる方法”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

メイクやファッションといった見た目も大事ですが、それ以上に、普段の振る舞い方が重要になります。

些細な言動にも気を配って、おしとやかさを意識すれば、自然と“和な女性”の雰囲気が生まれるはずですよ。

みなさんも今回ご紹介した事を参考に、和風美人を目指してみて下さいね!