人間にはいろいろなタイプが居ます。

人を引き付けるほどの魅力を持った明るさを持つ人も居れば、冷たいまでに冷静さを持った人も居ます。

実際にはそれほどイケメンではないけれど、雰囲気を持ってしてイケメンと言われているような人だっている事でしょう。

一人一人個性があるからこそ、この世は面白いのです。

例え自分と全く同じ環境で育った兄弟が居たとしても、性格が同じになる事は殆どありません。

それぞれが独立した個性を持って生活しています。

その中には、哀愁を感じさせるような性格の人も居るかもしれません。

哀愁を感じさせる性格の人の場合、どこか周りの人がその人の事を放っておくことが出来ないようなオーラを出している場合があります。

何とかしてあげなければと思わせたり、私が彼を支えてあげようなんて思う事もあるかもしれません。

そう思う人が多ければ多いほど、その人はモテる事となるでしょう。

今回はそんな哀愁漂う人の特徴についてまとめさせていただきたいと思います。

あなたの周りにも哀愁を感じさせえる人は居るでしょうか。

これからご紹介する特徴がいくつ当てはまっているのか、考えながら読み進めてみるのも面白いかもしれません。

哀愁漂う人の9個の特徴

それではここからは、哀愁のある人の特徴についてご紹介させていただきます。

あなたの周りに哀愁を感じさせる人は居るでしょうか。

哀愁と言われてもよく分からないという方は、これから紹介する特徴と比べてみてください。

いくつも当てはまる場合には、それが哀愁のある人だという事にもなります。

また、あなたのタイプの人に沢山当てはまる場合にはそれだけあなたは哀愁がある人が好きだという事にもなるでしょう。

自分の好みのタイプを知る事によってより的確に恋を成功に導く事が出来るようになる
かもしれません。

影を感じる

天真爛漫な人に、哀愁を感じる事はありません。

ほとんどの場合、どこか自分の殻に閉じこもって影のあるような人が哀愁を感じさせる事でしょう。

だからこそ、ちょと暗いくらいの人の方が哀愁を感じさせるのです。

影を感じさせる人は、本当は心の中で何を考えているのかよく分からないという事が多々あります。

多何が好きでどんな事に興味があるのか、ぱっと見ではわかりにくいのです。

その分かりにくいとい所が良いのです。

すぐにわかってしまうような相手には興味を持つ事も少ないでしょう。

けれど、あえて知りたいと思わなければ相手の事を知る事が出来ない所に意味があるのです。

自分の事をより知りたいという気持ちが結局相手の事を好きだという感情につながっていくのかもしれません。

経験豊富の人

人生色々な事があるものです。

それを経験していく事によって、自分自身の経験値を上げていくのでしょう。

そうする事によって、人として成長していく事が出来ます。

しかし、多くの経験をしたからこそ段々と自分の気持ちを出す事が出来なくなる事もあります。

他人の事を考え動くことが出来なくなってしまうのです。

その結果、哀愁のある人になっていくのでしょう。

自分の中で色々と考え、解決してしまうからこそ周りから見ると何を考えているのか分からないとなってしまうのです。

本当は色々考えているのかもしれません。

しかし、それを伝える事を諦めているのです。

大人になればなるほど自分の気持ちを言う事が出来ないのはそのせいなのかもしれません。

子供の頃のように、思った事を思ったままに、いう事が出来ることはしあわせな事なのです。

笑顔が少ない

笑顔は人の中で特に魅力のある姿です。

だからこそ、その姿が出にくいという人はあまり魅力が無い人のような気もします。

けれど、そうとは言えない部分もあるのです。

というのも、影がある人と同じように分かりにくいからこそそこを魅力だと感じる場合もあるという事がいえるのです。

普段はなかなか笑ってくれないような人が、自分に対して笑顔を向けてくれたらどうでしょうか。

それだけでも嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

自分だけ、なんだか特別な人になる事が出来たような気持ちになるのでしょう。

笑顔が少ない人と、暗い人は一緒のようでどこか違っています。

だからこそ、その人の心のうちにある部分を知りたいと思ってしまうのです。

知りたいと思えば思うほど、好きになる可能性が高くなるという事でしょう。

寡黙な人


べらべらと自分の事を話す人は、ミステリアスな部分が全くありません。

社会性が高く、多くの友人がいるとしても、その人の事を知りたいと思う気持ちは少なくなってしまうでしょう。

けれど、寡黙な人の場合には何を考えているか分からないという魅力があります。

その為、その人の事をもっと知りたいともうのです。

分からない事があればあるほど、その人の事を知りたいと思うのです。

自分が興味を持つ前からすでにある程度の事が分かってしまうと、それ以上の事は知りたいとは思わないものです。

わかっている情報だけで満足してしまうからです。

けれど、わからないからこそ知りたいという気持ちが強くなり相手に対して、もっともっとという気持ちが大きくなっていくのです。

横顔が寂し気

哀愁を感じさせる姿は色々あります。

その中でも特に人の目を引きつけるものに寂しい横顔と言うものがあります。

どこか一人で物悲しくしているその姿に、何を考えているのか気になるのです。

いつも楽しく、明るく過ごしている人にはさほど興味は湧かない物です。

反対に、何を考えているのかわからない。

何処か寂しそうに見える。

そんな人ほど興味をそそられてしまいます。

本人は、もしかしたら何も考えていないのかもしれません。

ぼーっとしている姿が何かを考えているように見えるだけなのかもしれないのです。

どう捉えるかは相手次第なのですから。

何も考えていない姿を、良いように捉えてもらう事が出来るのですから、特だとも言えるでしょう。

姿勢が悪い

基本的に、哀愁を感じさせるくらいの人は元気満点と言うことはありません。

何処か元気が無く、他人から心配されるような姿をしているものです。

だからこそ、自ずと姿勢が悪くなりなんだか猫背のような姿になっているものです。

ハキハキした人に哀愁を感じる事はありません。

何処か元気が無いからこそいいのです。

その元気の無い姿が嫌だと思う人も居るでしょう。

はっきりしろと思う事だってあるかもしれません。

けれど、それがタイプだという人も居るのです。

どの人がどんな人を好きになるかは、その人によって違うものです。

自分の好みと違うからといって必ずしても否定をしてはいけません。

そうい人も居るのだと納得しましょう。

妙な魅力を感じる

何を考えて居るか分からない。

自分の世界を持っている。

そんな人が哀愁を感じさせやすい人です。

だからこそ、その人に対して妙な魅力を感じる事もあるでしょう。

明るく元気な人にはない、独特な空気。

それこそが、哀愁を感じさせる人の魅力なのです。

その妙な魅力に一度ハマるとなかなか抜け出す事が出来ません。

分かりにくいからこそ、どんどんとその魅力にはまってしまうのです。

奥が深ければ深いほど、ハマりやすく、ハマると抜け出す事が出来ません。

どこか変わっている人を好きになる傾向がある人はわそんな捉えにくい所に魅力を感じているのかもしれません。

知れば知るほど分からなくなる。

そんな不思議な魅力をもった人はまってしまうと、抜け出すことは難しくどんどんと好きになってしまう事でしょう。

独特の趣味

何を考えているか分からないような人は、知れば知るほど面白い趣味を持っている場合があります。

独特の趣味を持っているからこそ、周りと合わせる事が出来ないという事もあるでしょう。

独特の趣味を持っている人は、それと同じように独特な考え方を持っています。

他人とは違った趣味や考え方を持っているばあい、全く理解する事が出来ないという事もあるでしょう。

それと同じように、その考え方を理解したい。

もっと知りたいと思う事もあるかもしれません。

それが最初は単なる興味だったとしても、それがいつの間にか恋に変わっている事もあるのです。

それは、異性だけにとどまりません。

例え同性だとしても相手の考え方を知りたいと願えば願うほど、相手に興味がわき知りたい気持ちが大きくなるはずです。

それが恋に繋がる事もあるはずです。

一人が好き


自分の気持ちをアピールする事が苦手な人は、それだけ他人に対して気を使う傾向にあります。

本当は違う事がしたいとしても、周りとの調和を考えて自分の考えを押し殺してしまうのです。

だからこそ、周りから見ればとても優しく素敵な人のように見えるかもしれません。

けれど、それが自分自身のストレスになってしまう事もあります。

相手に合わせる生活に疲れてしまうと、段々と自分の世界にこもるようになっていきます。

結果的に自分だけの世界で過ごす事が好きだと思うようになっていき一人でいるよになっていきます。

相手に合わせる必要が無いからこそ、一人が好きなのです。

一人が本当に好きなのか、本当は相手の事を考え過ぎてしまう所に疲れてしまうからこそ一人でいたいのかわわかりません。

いつも一人でいる相手が気になるという場合は、その人がどちらのタイプなのかをよく観察してみてください。

シンプルな服装

個性的な服装を楽しむ人は、それだけ自分自身の気持ちを主張する事が出来るという事です。

個性を発揮する事が出来るだけ、明るい性格なのかもしれません。

しかし、哀愁を感じさせる人はそういったアピールをする事が少ない傾向にあります。

その為、シンプルな服装が多くなる事でしょう。

シンプルな服装が好きなのか、いろいろと考えてシンプルな服装になっているのかは本人しかわからない部分です。

けれど、哀愁を感じさせる人はそう言った服を選ぶ傾向が強い事は事実です。

自分が好きな相手がどんな服装をしているのかを見てみてください。

シンプルな服装を好んでしている人の場合には、哀愁を感じさせるタイプの人が多いと言えるのかもしれません。

哀愁漂う男がモテる理由

ここまでは、哀愁のある人の特徴をご紹介させて頂きました。

ここからは、哀愁の、ある男性がモテる理由についてご紹介させて頂きます。

元々哀愁がある人は、人を惹きつける魅力があります。

それが異性になれば、その魅力はさらに高まる事でしょう。

モテる魅力を理解する事によって、その人自身の魅力について知ることが出来るようになります。

自分自身の魅力をもっと上げたいと思う人は、それを参考にして考える事も出来るでしょう。

また、どうしてあの人はモテるのだろうという基本的な問題を解消するキッカケにもなるはずです。

ミステリー感

モテる理由は様々です。

一番分かりやすい理由は、顔がカッコいいなどの容姿の魅力です。

他人よりも優れたものを持っている人はそれだけで多くの人から注目を集める事となります。

容姿だけでははく、頭の良さなど他人より優れている部分がある場合にはそれが直接自分の魅力になります。

その魅力の一つが哀愁漂う雰囲気なのかもしれません。

哀愁だある人は、どこか不思議な雰囲気がありミステリー感を感じさせる雰囲気があります。

何を考えているか分からないからこそ、その人の事がもっと知りたいと思い興味を抱いてしまうのでしょう。

分からない人ほど知りたくなる。

それはまさに人間の心理なのかもしれません。

あった瞬間に表裏のない素直な人もまた素敵だと感じる事もあるでしょう。

その素直さが魅力という人も居ます。

けれど、わからないからこその良さというものもある事もお忘れなく。

余裕を感じる

何を考えているか分かりにくいからこそ、心の中をいかようにも想像する事が出来ます。

その為、実際には相手は過ごす焦っていたとしても表からはそう見えない時もあります。

その為、ピンチの状態になったとしても焦らず堂々としており、余裕があるように見える事もあるのです。

本当は、心の中はパニックになっているのかもしれません。

パニックになりすぎて行動する事が出来ないなんて事もあるでしょう。

けれど、それは口に出さなければわかりません。

本当はどんなに焦っていたとしても、見た目に落ち着いている雰囲気があればそれだけで周りの人をだます事も出来るのです。

女性は、安心感のある男性に好意を抱きます。

それだけ守られたいという気持ちが強いのかもしれません。

その為、ついそういった余裕を感じさせる男性に魅力を感じてしまうのでしょう。

つれない態度

誰にでも優しい事は素晴らしい事です。

けれど、多くの女性は『自分だけ』というのが好きなのです。

その為、自分だけに弱いところを見せてくれるような相手に対して魅力を感じる場合が多々あります。

たとえば、みんなにつれない態度を取っているのにも関わらず自分には優しくしてくれたり笑顔を向けてくれたらどうでしょうか。

それだけも、嬉しい気持ちになってしまう事でしょう。

誰にでも優しい人は、結局特別な人が居ないのです。

女性は特別が大好きです。

だからこそ、あえて普段つれない態度を取っている人の方が特別感を感じやすいという利点があります。

その為、つれない態度の人に対して自分には優しくしてくれるのではないかと興味を持ってしまうのかもしれません。

ギャップを感じる

ギャップとは「怖そうなのに、実は優しい」などという、○○そうなのに○○と言ったものです。

このギャップに世間の女性はとても弱く、ギャップが大きければ大きいほどその人の魅力となる場合が多々あります。

だからこそ、ぎゃぷを感じやすい哀愁のある男性はそれだけで女性から好かれる可能があるという事なのです。

ギャップの特徴として、自分だけに見せてくれる特別な顔と言うのがあるのでしょう。

だからこそ、彼の特別な人になる事が出来たような気持ちになってよりその人の事が好きになってしまうのかもしれません、。

実際には、ギャップがあると言ってもこちら側が勝手にイメージしている事なのでもともとそういう人だったというだけの話なのでしょう。

けれど、結局人間は勝手な生き物です。

そのギャップを感じる事が出来るように自分の中で様々な姿に誇張変化させてしまう事もあるでしょう。

相手の事を好きになるときは、盲目となってしまい実際のところは良く見る事が出来ていない事もあるでしょう。

けれど、それもまた恋の良いところでもあります。

すべてを冷静に判断する事が出来てしまうと恋の楽しみも半減してしまいます。

冷静な判断をする事が出来ないからこそ、恋に溺れたり自分を見失ってまで相手の事を追いかけたいと思うのでしょう。

頑張りをみせない

何かに向けて必至になる事は悪い事ではありません。

むしろカッコいい事です。

けれど、いまどきの若者は、どこか冷めている部分もありそれをカッコ悪い事のように感じてしまう傾向にあります。

だからこそ、哀愁のある人が素敵に見える事もあります。

必死に頑張る人に、哀愁を感じる事はあまりありません。

どこかやる気が無く、自分の世界に浸ってるような人が哀愁のあるように見えるのでしょう。

だからこそ、。

頑張りを他人に見せない人なのです。

そうは言っても、もしかしたら見えない場所で努力をしているのかもしれません。

本当は必死に練習をしている事もあるでしょう。

けれど、それを感じさせない所が良いのです。

自分の頑張りをわざわざアピールする事なく、淡々と物事をこなす姿に魅力を感じる事もわかります。

それが本当は努力をしている人なのか。

それとも結局何もしていない人なのかでは大きな差があります。

自分の好きな人はどちらなのかを冷静に判断する事も大切でしょう。

無口

基本的に、多くの場合女性の方がおしゃべりに出来ていまい。

内容がある無いに関わらずとにかく会話をしたものなのです。

その時、同じ用におしゃべりな人が一緒に居るとお互いに話したい事がありすぎてしまい、話がかみ合わないまま進んでしまう事があります。

だからこそ、相手はおしゃべりの方がいい事も多々あります。

無口な男性は、どこかつまらないように感じる事もあるでしょう。

もっと沢山話をしてほしいと思う事もあるかもしれません。

ですが、バランスを考えれば、結局あまり話をしない相手の方が話好きな人の相手としては向いているのです。

相手がただ聞いてくれる事によって、勝手に自分の心がすっきりしてまた新たに頑張る事が出来るようになる事でしょう。

否定しない

人にはいろいろなタイプが居ます。

人間関係も同じ事です。

もしかしたら、指摘される事によって自分自身の成長を感じる事が出来る人もいるかもしれません。

指摘される事に喜びを感じる場合も無いとは言いません。

けれど、それはおそらく少数派です。

多くの人の場合、自分の事を否定してくる人は、嫌なものです。

哀愁を感じさせるくらいの人は、自分の気持ちをあまりそっとに発信する事はありません。

その為、何を考えているか分からない事もあります。

そのせいで周りの人から誤解されてしまう事もあるでしょう。

ですが、その一方で何か話を聞いて欲しいという人にとってはべストな相手だといえるでしょう。

人には時々ただ話を聞いてほしいという時があります。

そんな時、余計な事を言わずただ話を聞いてくれる人がそばにいてくれると、それだけで安心感を感じるものです。

そんな否定をしない所が哀愁のある人の一つの魅力だと言えるでしょう。

疲れない

がつがつしている男性は、一緒にいるとちょっと疲れてしまう事もあります。

だからこそ、静かに哀愁を漂わせている男性に対して落ち着くと感じる場合もあります。

一緒に居て疲れない事は大切なポイントです。

どんなに素敵な相手だとしても、一緒に居て疲れてしまっては意味がないのです。

だからこそ、場合によっては静かに話をする事が出来る男性が好かれる場合もあります。

どんな人が疲れない相手なのかは人によって違うはずです。

静かに一緒に居る時間を楽しみたいという方には、哀愁を感じさせるくらいの男性がちょうどいいのかもしれません。

相手の事がすごく好きな場合、自分に合わない相手だとしても何とか無理をして一緒に居ようと願うはずです。

けれど、その気持ちは長くは続きません。

結局段々と辛くなってしまうはずです。

だからこそ、あまり無理をしない程度の間柄にしておく事が交際を長続きさせる為には必要な事でしょう。

もし、今交際している相手が一緒に居てとても疲れるような相手なのであればそれはそもそもその人が合っていないという証拠なのでしょう。

そんな時はわかれる事もまた選択肢の一つなのではないでしょうか。

逆に嫌われる理由は?

どんなにモテる人でも100人いれば、必ず好きではないと感じる人が居るはずです。

それは、例え国民的アイドルだったとしても同じ事です。

それだけ人の好みはまちまちです。

あなたにとって、最高にカッコいい哀愁を感じさせる相手も、見る人が見れば嫌なタイプと感じさせる事もあるでしょう。

自分の考え方だけに偏っていると、人生が狭くなってしまいます。

自分の考え方を否定する必要もありませんが、こういう考え方の人も居るんだ。

と気持ちを広く持つ事によって、もっと大きな考え方をする事が出来るようになります。

多く人の考え方を理解する事が出来るよういなれば、それだけ自分の考え方も柔軟に変化させていく事が出来るようになるはずです。

だからこそ、いろいろな考え方を知る事が重要です。

嫌われる理由を知る事によって、友人関係などをより円滑に進める事が出来るようになる可能性もあります。

知っていて損はありません。

深く考えず、気軽な気持ちで多くの考え方を知っていきましょう。

気取っている

自分の世界をしっかりと持ってい人だからこそ、態度が悪く見えてしまうという事はあります。

哀愁を感じさせるような人は、自分の考えを持っているように見える事が多くテンションが低い傾向にあります。

だらこそ、周りがワイワイ楽しんでいてもそれに参加する事なく静かな時間をすごしているという事もあるかもしれません。

実際は、本人は何も思っていないという事も多々あります。

相手の事をバカにしている事も無く、ただ素直にそお時間を自分の好きなようにのんびりと過ごしているだけなんて事もあるでしょう。

けれど、その場合人によっては気取っているように見える事もあります。

気取っていると言われても、本人は普通にしているつもりなのですから濡れ衣のような気もします。

けれど、実際そう感じその人の事を苦手に感じる人が居るのは事実です。

事実を変える事などできません。

だからこそ、そう思う人も居るんだという事を忘れずにいてください。

冷たい

感情が表にあまり出ないからこそ、人は哀愁を感じるのかもしれません。

気持ちがはっきりとわかってしまえば、そこに謎めいた魅力など感じる事はないでしょう。

ミステリアスな雰囲気こそが、哀愁のある人の魅力の一つです。

一方で、そのミステリアスな性格が受け取り側によっては冷たく感じてしまう事もあります。

感情が見えにくい性格だからこそ、自分ではそう思っていなかったとしてお相手から嫌な印象をもたれてしまう事もあります。

怒っていないのにも関わらず怒っているように見えてしまったり、何も思っていないのに興味がなさそうに見えたり冷たい印象になっているように見えてしまうのです。

だからこそ、そんなタイプの人が嫌いだと思う人ももちろんいる事でしょう。

人には好みと言うものがあります。

愛想が良い人が好きな人も居れば嫌いな人もいます。

それと同じように哀愁がある人が好きな人も居れば嫌いな人も居るのです。

それは、仕方のない事でありすべての人に好かれるなど不可能なのです。

感情が読めない

喜怒哀楽が激しい人は、それだけ周りの人が振り回される可能性があります。

だからこそ、面倒だと感じる事もあるでしょう。

しかし、それとは逆に哀愁を感じさせる人もまた周りを困らせてしまう可能性があるのです。

というのも、哀愁を感じさせる人は何を考えているのかわからない場合が多々あるのです。

自分の気持ちをあまり前に出す事が無いからこそ、何を考えているのかが分からないのです。

嬉しいのか悲しいのか。

怒っているのかさえ分からない時があります。

それでは周りの人はどうしたらいいのでしょうか。

付き合いが長くなれば、相手がどう感じているのかを想像する事はできます。

けれど、そうではない場合気持ちを読む事が出来ないと勘違いの原因となり、相手が怒っているのではないかなど心配になってしまう事も多々あります。

そんな雰囲気が原因で、哀愁がある人を苦手だと感じてしまう帆とは多くいるかもしれません。

消極的

哀愁を漂わせるくらいの人ですから、自らがつがつ会話に入っていくような事も無いでしょう。

なんに感しても消極的で、周りの人に流される事も多々あるはずです。

その姿が控えめで素敵だと感じる人も居れば、はっきりしないからイライラすると感じる事もあるでしょう。

どう感じるかは、その人の性格によっても変わってきます。

自分がはっきりしている性格だからこそ、相手にも同じ事を求めてしまう傾向もあります。

それとは逆に、自分はうじうじしているからこそ、相手にははっきりしていて欲しいと感じる事もあるでしょう。

どちらが良いかは、もうその人にしかわからない部分です。

消極的な性格は、人生の中で損をしてしまう可能性も多々あります。

誤解される事も多く、本人も嫌な思いをする可能性もあります。

だからこそ、自分が与える印象をどこか冷静に判断しておく事が大切です。

例え自分にそんなつもりがなかったとしても、それが嫌だと感じる事が居る人を忘れてはいけません。

受け止める方も、相手には悪気が無い事を頭の中に入れておいてください。

哀愁漂う人ってなんだか素敵!

いかがでしたでしょうか。

哀愁漂う人の魅力について存分に感じていただく事が出来たのではないでしょうか。

もちろん、人の好みはさまざまです。

だからこそ、哀愁を感じさせる人が好きな人も居れば嫌いな人も居るでしょう。

嫌いな人からすれば、そのミステリアスな雰囲気が気取っていると感じさせてしまう場合もあるでしょう。

嫌いなものを好きになる必要はありません。

苦手なのであれば、そのままでも良いと思います。

その分、哀愁漂う雰囲気の人の魅力を十分に感じる事が出来る人の場合には、思いきりその魅力を堪能してください。

一度はまると、そのつかみどころのないところに夢中になってしまう事でしょう。

既にその魅力にはまっている人も、これからはまってしまいそうな人も、是非沢山の出会いを感じて楽しい日々を目指してみてはいかがでしょうか。