CoCoSiA(ココシア)

笑い上戸な人の10個の特徴と心理!笑い上戸がモテる理由って?


笑い上戸な人って得している!モテている!そんな感じがしますよね。

笑顔は最高の良薬とも言って、笑うことは自分だけでなく、周囲の人にもいい影響を与えているらしいです。

でも、自分は笑い上戸じゃないから…そう思っている方も結構多くいらっしゃるかもしれませんが、実はそれはあなたがそう思っているだけで、どなたでも笑い上戸な人になることができるのです。

そう、実は笑い上戸な人は特別な人ではないのです。

もって生まれた才能でもないのです。

つまり、今この記事を読もうとしているあなたも笑い上戸な人になることができますよ。

そんなこと言っても、難しいのじゃないの?必ずなれるって保証はあるのなどと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、なれるかどうかはあなた次第です。

笑い上戸な人になる手段を教えているだけであって、その手段をどうするかはあなた次第です。

つまり、まずは笑い上戸な人になろうと思う。

強い気持ちを持つことが大事なのです。

その気持ちを持たない限りはどんなに笑い上手になる手段を実践してもなることができません。

なぜなら、気持ちと行動が一致していないとベクトルが目標達成に向かないからです。

そこで、今回こちらの記事では、笑い上戸な人の特徴や心理などのほかに、笑い上戸の人がなぜモテるのかなど、笑い上戸に関する情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、あなたも笑い上戸な人になりましょう。

笑い上戸な人とは

まず、よく笑い上戸な人と聞きますが、では、どのような人なのかと言われますと、具体的に答えられる人は少なく、また、良い印象に捉えている人もいれば、悪い印象に捉えている人もいらっしゃいます。

なぜなら、受け止め方が人それぞれ違うからです。

まず、笑い上戸な人とはどのような人を言うのかと言いますと、とにかく何かにつけていつも笑っている人のことを言います。

笑うことは悪いことではありませんが、人によって笑っている姿を見て、へらへらしていると捉え、マイナスに考える人もいらっしゃいます。

しかし、たいていそのような人は普段から笑っていないような人が多いのです。

なぜなら、普段から笑っていないから、笑っている人をイラっとしたり、自分と違った考え方の人だと思って、「へらへらしているんじゃない」といった感じに注意してきます。

このような環境下に身を置くとストレスがたまってしまって仕方がないのと、健康にもよくありません。

笑うことは最大の良薬ともいわれ、癌を直すともいわれています。

つまり、笑いのない環境は悪といっても過言でないのです。

最近の日本では保守的な人が増えてきている影響もあり、笑いが起きる環境が少なくなってきています。

そのため、笑い上戸な人をマイナス的な感じに見ますが、そんなことはありません。

笑った環境下で何か取り組めることが実は一番の効率の良い方法なのです。

つまり、笑い上戸な人がいらっしゃることが大変すばらしいことなのです。

酒に酔うと笑う癖がある人、または何かにつけてよく笑う人

一般的に笑い上戸な人は、酒に酔うと笑う癖がある人、または何かにつけてよく笑う人のことを言います。

このような感じにとらえているので、笑い上戸な人はよく思われないのです。

職場などでたまにうっすら笑ったりすると、何笑ってんだよと指摘されることも日本ではしばしばあります。

しかし、よくよく考えてください。

お酒を飲んで酔っていい気分になったら笑わずにはいられないのではないでしょうか。

また、何かにつけて笑って何がいけないのでしょうか。

つまりは、日本などでは笑うことに対してネガティブな感じにとらえているような風潮が強いです。

しかし、それはあくまでもそのように考えている人が多いだけで、正解か不正解かと言われたら、実はどちらでもないのです。

つまりは、周囲に流されて笑顔をなくしてしまう人が増えてきているのです。

そのため、笑顔を自然と出す人がすごく素敵に見えて、また、貴重な存在に思えてしまうのです。

笑い上戸な人がモテる要因の1つがそれだと言われています。

ほとんどの人が笑い上戸な人が得していることには気づいていますが、なろうとはしないのです。

なぜなら、周囲からの風当たりを気にしてしまうからです。

よくわかっていても行動に移せないということがありますが、まさにこのことです。

場をわきまえないと大変なことになることも

笑い上戸な人がネガティブに取られられるのは、時と場所によってはマイナスに働いてしまうことがあるかもしれないからです。

しかし、そう思っているのは、いつもピリピリした感じの気持ちを持っている人だけであって、笑顔を見せないでいろいろとやり取りしても実は相手に失礼になってしまっている場合もあるのです。

よく、重役にお会いするからきちんとしなさいと言って引き締まった顔をさせますが、それが必ずしも正解とは限りません。

場をわきまえるというのは、その場でそそうのないように努めることです。

つまり、笑ってはいけないということではないのです。

交渉事などに行かれる方はいつも笑顔がない方で、その場の時にフルパワーを発揮しようと考えていますが、果たしてそれでいいのでしょうか。