「もう生きるのやめたい・・・」。

「もう終わりにして楽になりたい・・・」。

そんな風に感じることがありますか?
人は普通生きていたいと思うものですが、時に「死んでしまいたい」と思うような辛い時期も経験します。

今までそんな風に感じたことが一度もない、という人もいるかもしれませんが、じつは多くの人が人生の中でそのように思った経験を持っています。

だから、今「もう死にたい・・・」と思って一人で悩んでいる人も、そんな風に悩んで闘っている人はあなただけではないことを思い出してください。

あなた以外にも多くの人が人生に悩み、苦しみ、闘っているのです。

なぜなら、人生の中には時に耐えられないほどの辛い経験やストレスを感じさせることがあるからです。

では、どんな経験は人の心を追い込んで「もう死んでしまいたい」「生きるのをあきらめたい」「もう終わりにしてしまいたい」と感じさせるのでしょうか?
そして、どのようにその苦しい時期を乗り越えていくことができるでしょうか?

死にたくなる瞬間13個

人は、普通病気になるとすぐに病院に行きます。

けがをしてもすぐに病院に行き、治療してもらいます。

それは、元気になるため、生き続けるためです。

だから本来、人は生き続けることを望み、今の自分の人生をできるだけ良いものにしたいと必死で生きています。

でも、時に「死にたい」と強く思ってしまうこともあります。

心が痛すぎてもう何も感じなくなったり、何も楽しくもおいしくも感じなくなるくらい辛い経験をしたこともあるかもしれませんし、今まさにそんなときかもしれません。

そうなると、生きているのが辛いので、「もう終わりにしたい」と思ってしまいますよね。

では、どんな原因で「もう死にたい」と思ってしまうのでしょうか?