CoCoSiA(ココシア)

死にたくなる13個の瞬間と対処法


「もう生きるのやめたい・・・」。

「もう終わりにして楽になりたい・・・」。

そんな風に感じることがありますか?

人は普通生きていたいと思うものですが、時に「死んでしまいたい」と思うような辛い時期も経験します。

今までそんな風に感じたことが一度もない、という人もいるかもしれませんが、じつは多くの人が人生の中でそのように思った経験を持っています。

だから、今「もう死にたい・・・」と思って一人で悩んでいる人も、そんな風に悩んで闘っている人はあなただけではないことを思い出してください。

あなた以外にも多くの人が人生に悩み、苦しみ、闘っているのです。

なぜなら、人生の中には時に耐えられないほどの辛い経験やストレスを感じさせることがあるからです。

では、どんな経験は人の心を追い込んで「もう死んでしまいたい」「生きるのをあきらめたい」「もう終わりにしてしまいたい」と感じさせるのでしょうか?

そして、どのようにその苦しい時期を乗り越えていくことができるでしょうか?

死にたくなる瞬間13個

人は、普通病気になるとすぐに病院に行きます。

けがをしてもすぐに病院に行き、治療してもらいます。

それは、元気になるため、生き続けるためです。

だから本来、人は生き続けることを望み、今の自分の人生をできるだけ良いものにしたいと必死で生きています。

でも、時に「死にたい」と強く思ってしまうこともあります。

心が痛すぎてもう何も感じなくなったり、何も楽しくもおいしくも感じなくなるくらい辛い経験をしたこともあるかもしれませんし、今まさにそんなときかもしれません。

そうなると、生きているのが辛いので、「もう終わりにしたい」と思ってしまいますよね。

では、どんな原因で「もう死にたい」と思ってしまうのでしょうか?

1.人間関係がうまくいかない時

多くの人は、人間関係でとても深刻な問題を抱えています。

人間関係というのは、人が生まれた時から始まります。

人は親から生まれ、そして世話を受け、人間社会の中で自分の居場所を見つけながら生きていきます。

人とのかかわりは、それが温かく信頼と深い絆と愛で結ばれているとき、本当にその人自身を強くしてくれたり、生きる意味を与えてくれたりします。

しかし一方で、人間関係で傷ついていたり、自分の居場所が見つからないとき、それが人を生きていくことがつらくなるほどに追い込むほどのストレスとなることがあります。

いじめられている

例えば、学校や職場でいじめにあっているかもしれません。

いじめというのは、人と身体的にも精神的にも傷つけることです。

このいじめは自殺の原因ともなっています。

よくニュースにもいじめが原因で自殺した学生たちのことが取り上げられます。

大人になってからも、会社や近所同士などでいじめという現状があり、それが原因で自殺にまで追い込まれる人たちがいます。

ある特定の人を”汚物”扱いしたり、その人の陰口を言ったり、身体的な暴力によって傷つけることもあります。

毎日、定期的にそのような扱いを受けると、もう人生に絶望してしまうのです。

「いじめなんてどこでもあるものだ」「いじめられる人にも原因がある」という人もいますが、そのいじめによって「もう死にたい」と思うほどまでに追い詰められ、人生に絶望と苦しみしか感じられなくなっている人もいるのです。

それでもあなたは正当化できますか?

友達と喧嘩した時

友達と喧嘩した時にも、「もう無理、死にたい」と思うことがあるかもしれません。

得に親友と喧嘩して、もう元通りにはならないような関係になってしまったときには、心に大きな穴が空いたような感覚を覚えるかもしれません。

今までとても仲良かった人なら、そんな関係になるなんて考えてもみなかったでしょう。

「これからどうしよう・・・」「もうどうしたらいいかわからない・・・」、というどうしようもない気持ちで、これからの明るい将来が見えなくなるし、恐怖さえ感じることもあります。

時間がたてば解決できることもあるかもしれませんが、渦中にいるときには辛くて、心が傷ついてどうしようもない気持ちに押しつぶされそうになることがあります。

2.頑張ってもどうにもならない時

「努力すれば結果は必ずついてくる」。

そんなことを言われても、まったく心に訴えない時ってありませんか?

頑張ったって、どんなに努力したって、どうにもならないことってあります。

あくまでそれは今どうにもならないだけで、もっと待てば努力の結果というものが返ってくることがあるのかもしれません。

でも、それでも今のこの現実が、自分ではどうしようもないし、どんなに頑張っても報われない・・・、自分が願っているような結果にはならない・・・。