私たちが使っている日本語には同じような意味を持っている言葉や、そもそも言葉自体が非常に似ているものがいくつか存在しています。

なので、相手と会話をしたりする際に意味が混同してしまったり、間違った意味合いで言葉を用いてしまったりすることがあります。

時にはその間違いが大きな事態に発展してしまうケースもあるので、似たような言葉などは正しく理解しておくことが求められます。

しかし、それでも日本語は世界の言葉の中でも習得度の難易度が非常に高いことで有名です。

つまり、他の国の言葉と比べると非常に複雑で難しい言語であるということが判明しています。

だからこそ、ある程度日常会話の中で使用される可能性のある言葉は正しく理解し区別できるようにしておかなければいけません。

そこで、今回は「念頭に置く」という言葉をテーマにして、念頭に置くという言葉の意味や似ている言葉である念頭に入れるという言葉の違いについてご紹介していきます。

この機会に、どちらの言葉がどういう意味を持っているのか、正しく把握できるようにし、日常会話で正しく扱えるようにしましょう。

念頭に置くと入れるの違い

念頭に置くという言葉は日常会話の中で用いたりする機会がとても多いと思います。

なぜならば、プライベートの場面においてもそうですが、それ以上にビジネスのシーンなどでも多様される言葉であり、文献などにも記載されている可能性が高いからです。

実際に相手から念頭に置くという言葉を用いられた経験がある方はとても多いはずです。

そして、念頭に入れるという言葉と同じような言葉である、念頭に入れるという言葉の存在もあり、意味が混同してしまいやすい特徴を持っている言葉です。

一見すると同じような意味に感じるかもしれませんが、実はこの二つの言葉は明確な違いが存在している言葉です。

そこで、まずは念頭に置くという言葉と念頭に入れるという言葉の違いはどのような違いがあるのか、ご紹介していきます。

まずはこの二つの言葉の意味を正しく理解し、日常会話の中で正しく区別して使えるようにしてください。

念頭に置くの意味


まず初めに念頭に置くという言葉の意味からご紹介していきます。

念頭に置くという言葉の意味は「常に心にかける、いつも忘れないでいる、心に留めておく、特定のことに注意を払う」という意味があります。

つまり、何かしらの言葉を自分自身の心の中に常に存在させるという意味で解釈することができます。

例えば、接客業なのに携わっている場合、重要なことはお客様のことを考えた接客をすることです。

相手のことを何も考えずに接客をしているとそれは相手に見抜かれてしまいますので、自然とお客様は離れていくようになります。

なので、接客業はまずお客様のことを第一に考え、お客様の立場に沿った目線で物事を考えることが重要だと言えます。

これを言い換えてみると、「お客様の目線に立つことを念頭に置く」「お客様のことを念頭に置く」という言葉で表現することができます。

このように、特定のことに注意を払ったり、常にそのことを自分の心の中にとどめることを意味しているのが念頭に置くという言葉の意味です。

念頭に入れるの意味

念頭に置くという言葉の意味をご紹介していきましたが、ここからは念頭に入れるという言葉の意味をご紹介していきます。

念頭に入れるという言葉の意味は「心がける、特定のことに注意を払う」という意味が存在しています。

この意味だけを考えてみると、先ほどご紹介した念頭に置くという言葉と全く同じような意味だと考えることができます。

では、念頭に置くという言葉と念頭に入れるという言葉は何が違うのかと言うと、そもそも念頭に置くという言葉は表現自体が誤りだと言われています。

なぜならば、念頭に入れるという言葉は念頭に置くということなの誤用として知られているからです。

そもそも念頭とはどのような意味なのかと言うと「心の中の思い、胸の内」という言葉の意味があります。

これに置くという言葉をつけて、「常に心にかける、いつも忘れないでいる」という意味に変化します。

これが頭に入れるという言葉と混同され、念頭に入れるという言葉が生み出されたといわれています。

なので、もともとは念頭に置くという言葉が正しく、念頭に入れるという言葉はそもそも言葉として成立していないということが明確な違いになっています。

しかしながら、現在ではたくさんの人が念頭に入れるという言葉と念頭に置くという言葉を同じような意味で用いています。

非常にたくさんの人が間違えて解釈をしていることによって、現在では国語辞典「新明解」においては二つの言葉が表記されています。

なので、たくさんの人が間違えてたくさんの人が当たり前のように使うことによって、新しい言葉として認知されつつあります。

しかしながら、人によっては念頭に入れるという言葉は間違っていると指摘をする人もいるので、特に言葉について詳しい人と会話をする際には注意してください。

類語


ここまでは「念頭に置く」という言葉と「念頭に入れる」という言葉の具体的な違いについてご紹介していきました。

この両者の言葉の明確な違いを理解いただけたところで、ここからは念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語についてご紹介していきます。

念頭に置くという言葉の意味を考えてみると、同じような意味を持っている言葉はいくつも存在しています。

それらの言葉を連鎖的に考えることによって、より念頭に置くという言葉の意味を掘り下げて理解することができます。

また、連鎖的に意味を理解することによって、念頭に置くという言葉の意味を様々な言葉で表現することができるようになります。

様々な言葉を連鎖的に覚えることによって自分自身の語彙力を高めることができるようになり、わかりやすい言語表現を行うことができるようになります。

それは自分自身のトークスキルを高める上で非常に重要な要因になりますので、相手と会話をする機会が多い職種に属している方はぜひ確認してみてください。

踏まえる

まず初めにご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「踏まえる」という言葉が挙げられます。

なぜ踏まえるという言葉と念頭に置くという言葉が同じような意味になるのかというと、踏まえるという言葉に同様の意味が存在するからです。

踏まえるという言葉の意味は「しっかり踏んでその上に立つ、あることを考慮に入れる、根拠地とする」という意味が存在しています。

複数の意味がある言葉ですが、この中であることを考慮に入れるという言葉の意味に着目して考えてください。

あることを考慮に入れるということは、言い換えてみればあることを前提にして考えを進めたりするという意味にも捉えられます。

ここで、先ほどご紹介した念頭に置くという言葉の意味と比較して考えてみてください。

念頭に置くという言葉の意味の中には「常に心にかける、いつも忘れないでいる、心に留めておく、特定のことに注意を払う」という意味があります。

この両者の意味を比べてみると同じような意味であることがすぐにわかるはずです。

なぜならば、あることを考慮に入れるということは、言い換えてみれば自分の心にあることを留めておくという意味で解釈することができます。

例えば、「お客様のことを考慮に入れる」と「お客様のことを心に留めておく」という意味はどちらもお客様という存在を自分の心の中や考えに入れるということです。

言い換えた表現しても意味が通じるようになるので、結果的に念頭に置くという言葉と踏まえるという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

前提にする

次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「前提にする」という言葉が挙げられます。

前提にするとはどのような意味を持っている言葉なのかというと、「ある物事が成り立つための前置きとなる条件、話は議論を行う前段階での共通認識」という意味です。

難しい言葉ですがビジネスのシーンにおいては前提という言葉はよく多用される表現の一つとして知られています。

例えば、ビジネスというものは当然提供する人間がいれば提供される側の人間、つまりお客様という存在がいることで成り立つものです。

なので、ビジネスにおいては「お客様という存在が前提である」と考えることができます。

このように表現することができる言葉ですが、この言葉の意味と念頭に置くという言葉の意味は通じるものがあります。

例えば、念頭に置くという言葉の意味と比べて考えてみると「あることを心に留める」という意味が同じような意味を持っているといえます。

なぜならば、前提とは言い換えてみればそれがあることが当たり前であるということを意味していますよね。

つまり、当たり前であるということを自分の心の中に止める必要性があるということになります。

言い換えてみれば、何かを前提に置くということは、それを自分の心の中に常に止めるということに等しいということになります。

なので、念頭に置くという言葉と前提にするという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

ビジネスのシーンにおいては前提にするという言葉をよく使われるので、言い換えた表現するチャンスが非常に多い言葉同士だといえます。

あらかじめ顧慮する

次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「あらかじめ顧慮する」という言葉が挙げられます。

なかなか聞いたりすることがない言葉だと思いますが、顧慮するとは「こりょ」と読みます。

そもそも顧慮するとは「あることをしっかり考えに入れて心を配ること」という意味が存在しています。

つまり、あらかじめ顧慮するとは「あらかじめ、あることをしっかり考えに入れて心を配ること」という意味になります。

難しい言語表現ですが、簡単に言えば事前に特定のことを考えておく、気遣いを行うという意味になります。

この意味を考えてみると、念頭に置くという言葉と同じような意味を持っていることがわかります。

念頭に置くという言葉の意味と比べてみると、どちらの言葉も特定のことを自分の心の中に留めておくという意味で共通しているといえます。

例えば、お客様のことを念頭に置くということと、お客様の立場を考慮するということは同じような意味になります。

どちらもお客様のことを心の中に留めて、お客様のことを思うという意味になります。

なので、念頭に置くという言葉とあらかじめ顧慮するという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると言えます。

難しい表現方法ではありますが、ビジネスのシーンなどにおいては対応される表現になりますので、早い段階で共通認識を持っておくことをおすすめします。

条件とする

次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「条件とする」という言葉が挙げられます。

そもそも条件とはどのような意味なのかと言うと「ある物事が成り立つ、または起こる元となる事柄のうち、その直接の原因ではないがそれを制約するもの」という意味です。

難しい意味合いですが、別の言葉で言い換えると「約束や決定をする際にその内容に関しての前提や制約となる事柄」という意味で表現でいます。

では、条件とするという言葉と念頭に置くという言葉の意味を比較して考えてみると、同じような意味を持っていることが分かるはずです。

なぜならば、条件とするという言葉は前提という言葉が含まれています。

そして先程ご紹介したように前提とするという言葉の意味は念頭に置くという言葉の意味と同じような意味を持っている類語の関係性にあります。

つまり、念頭に置くという言葉と条件とするという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると言えます。

一見すると別の意味を持っているような言葉に感じるかもしれませんが、細かい意味合いを考えてみると同じような意味を持っている言葉同士だと言えます。

考えに入れる

次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「考えに入れる」という言葉が挙げられます。

考えに入れるとはどのような意味なのかと言うと「意見や主張を検討の対象とみなして事案に含めること」を意味しています。

または、「十分に考えること」という別の言葉の意味も持っています。

これらの言葉の意味と念頭に置くという言葉を比較して考えてみると共通した意味合いを持っていることがわかります。

なぜならば念頭に置くということは自分の心の中に留めるということになるので、常にそのことを自分の頭の中で考えるということになります。

つまり、そのことを十分に考えるということと等しい意味やになりますので、結果的に考えに入れるという言葉と同じ意味で解釈することができます。

例えば、「相手の気持ちを念頭に置く」と「相手の気持ちを考えに入れる」という言葉は同じような意味で解釈することができます。

言葉を言い換えても意味が通じるようになるので、この両者の意味は類語の関係性にあると考えることができます。

冒頭でもご紹介しましたが、念頭に入れるという言葉は間違った使い方になるので、考えに入れるという言葉と非常に混同してしまいやすくなります。

なので、念頭に置くという言葉と考えに入れるという言葉が類語であり、念頭に入れるという言葉が間違っているということを十分注意してください。

心にとめる

次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「心にとめる」という言葉が挙げられます。

心にとめるとはどのような意味なのかというと「いつも意識し忘れないでおく、心にかける」という意味を持っている言葉です。

この言葉に関してはわざわざ説明をしなくても同じような意味を持っていることがすぐにわかると思います。

なぜならば、念頭に置くという言葉の意味が中に心に留めるという言葉が存在しているので、同じ意味であることが明白だと言えます。

例えば「友達の気持ちを念頭に置く」「友達の気持ちを心にとめる」という文章では、どちらの言葉も同じような意味になります。

つまり、念頭に置くという言葉と心にとめるという言葉が同じような意味を持ってる類語の関係性にあると言えます。

そのまま言い換えて同じような意味で用いることができますので、念頭に置くという言葉の別の表現方法ということで覚えておいてください。

頭に入れる

次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「頭に入れる」という言葉が挙げられます。

頭に入れるとはどのような意味なのかと言うと「記憶にとどめる、評価や判断の材料とする」という意味が存在している言葉です。

複数の意味を持っている言葉ですが、言葉の意味を考えてみると念頭に置くという言葉と同じような意味を持っていることが分かるはずです。

なぜならば、記憶にとどめるとは言い換えてみれば、自分の心の中に留めておくという意味で解釈することができます。

自分の心の中に留めておけば、いつでもそれを忘れないでいることができます。

それは記憶しておくということと同じような意味になるので、念頭に置くという言葉と頭に入れるという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると言えます。

実際に文章で比較してみると「友達と話した内容を頭に入れる」「友達と話した内容を念頭に置く」という文章は同じ意味として成り立ちます。

なので、この二つの言葉はどちらの言葉でも言い換えることができる同じ意味を持っている言葉だと断言できます。

敬語表現

ここまでは念頭に置くという言葉と同じような意味を持った類語についてご紹介してきました。

ある程度同じような意味を持った言葉を理解いただけたところで、ここからは念頭に置くという言葉の表現方法についてご紹介していきます。

念頭に置くという言葉はどちらかといえばかしこまった言語表現の一つとして知られています。

実際に、念頭に置くという言葉が用いられる機会としてはビジネスのシーンが圧倒的に多いといえます。

そして、ビジネスのシーンにおいては様々な上下関係が存在している中で言葉を交わしたりすることが求められます。

つまり、念頭に置くという言葉をそのまま用いるのではなくビジネスのその場のシーンに適した使い方に変換する必要性があるといえます。

では、ビジネスのシーンにおいて念頭に置くという言葉と同じ意味を持った言葉はどのような言葉があるのか、いくつかご紹介していきます。

ご承知おきください

まず初めにご紹介する念頭に置くという言葉の敬語表現の一つとして「ご承知おきください」という言葉が挙げられます。

ご承知おき下さいという言葉をビジネスのシーンで聞いたりすることはよくあると思います。

では、そもそもご承知おき下さいとはどのような意味なのかと言うと「知っておいてください」という意味の言葉として知られています。

つまり、相手に対して知っておいてほしいことなどを丁寧に伝えたりする際に用いられる言葉だといえます。

例えば、自分が出張で数カ月間いなくなることを取引先に伝えたりする際には「本日から数ヶ月間出張で不在となりますことをご承知おきください」と表現できます。

一見すると全く違う意味の言葉に感じるかもしれませんが、意味合いとしては知ってほしい、頭に入れてほしいという意味になります。

つまり、念頭に置くという言葉と全く同じような意味になりますので、ビジネスのシーンで用いる際にはご承知おき下さいという言葉で変換することができるといえます。

しかし、注意していただきたいのはご承知おき下さいという言葉は自分よりも上の立場の人に対して使うべきではないということです。

なぜならば、ご承知おき下さいという言葉の形だと命令や要請の形になってしまい、相手に対して失礼な物言いになってしまいます。

なので、自分と対等な立場の人間や自分よりも下の立場の人に対する言葉の形として意識してください。

【ご承知おきくださいの意味は、こちらの記事もチェック!】

お含みください

次にご紹介する念頭に置くという言葉の敬語表現の一つとして「お含みください」という言葉が挙げられます。

お含みくださいとはどのような意味なのかというと「知っておいてください」という言葉の意味として知られています。

つまり、先ほどご紹介したご承知おき下さいという言葉の意味と全く同じ意味として考えることができます。

では、どのような違いが存在している言葉なのかと言うと、この言葉は目上の人に対して表現するのに適している言葉だといえます。

先ほども紹介したご承知おき下さいという言葉は、自分よりも上の立場の人間に対しては用いるべきではないと説明しました。

しかし、お含み下さいという言葉は知っておいてください、言葉の適切な敬語表現になるので、上の立場の人に対して用いることができるおすすめの表現だといいえます。

なので、目上の立場の人間に対して何か知ってほしいことがある場合は「~をお含みください」という言葉の意味になるということを注意してください。

特に年齢が上の人に関しては言葉遣いに厳しい方も多いので、同じようなニュアンスだったとしても全く使い方が異なるということを念頭に置いてください。

ご了承ください

次にご紹介する念頭に置くという言葉の敬語表現の一つとして「ご了承ください」という言葉が挙げられます。

ご了承くださいとはどのような意味なのかというと「納得、理解して受け入れてください」という意味として知られています。

この表現は社会人として活躍している方であれば誰しもが聞いたことがある言葉ですし、一度くらいは使ったことがある言葉だと言えます。

幅広くビジネスのシーンで用いられる言葉ではありますが、ご了承くださいという言葉も念頭に置くという言葉の敬語表現の一つとして考えられます。

なぜならば、念頭に置くという言葉は心の中に留めるという言葉の意味が含まれています。

つまり、こちらが伝えていることを納得したり理解してもらうということはそれを相手の心の中に置いてもらうということになります。

なので、結果的に念頭に置くという言葉の意味とほぼ同じような意味合いであるということになります。

相手に対して念頭においてほしいことがあるのであれば、ビジネスのシーンではご了承くださいという言葉に変換して用いるようにしてください。

ご容赦ください

次にご紹介する念頭に置くという言葉の敬語表現の一つとして「ご容赦ください」という言葉が挙げられます。

ご容赦くださいとはどのような意味なのかというと「大目に見て欲しい、許してください」という意味が存在している言葉です。

ご容赦下さいという言葉もビジネスのシーンにおいては一度くらいは聞いたことがある言葉だと言えます。

主に使われる場面としては相手に対して何かしらのミスをしてしまった場合などで用いられたりすることが多いです。

ご容赦下さいという言葉もよく考えてみると念頭に置くという言葉と通じる部分がある言葉だと言えます。

なぜならば、ご容赦下さいという言葉は許してほしいという自分の気持ちを相手の心の中に留めてほしいということになります。

それを気持ちに止めることによって怒りをおさめてほしいという意味になるので、念頭に置くという言葉と通じるような意味であると考えることができます。

直接的な意味は異なるかもしれませんが、同じような意味として解釈することは可能です。

なので、念頭に置くという言葉を敬語表現する際にはご容赦下さいという言葉で表現することもできるといえます。

何卒

次にご紹介する念頭に置くという言葉の敬語表現の一つとして「何卒」という言葉が挙げられます。

何卒とはどのような意味なのかと言いますと「どうか、どうぞ」という言葉の意味を持っている言葉です。

なかなか直接的な会話の中で聞いたりすることは少ない言葉でもありますが、ビジネス文書などにおいては比較的多様される表現方法として知られています。

より丁寧に相手に対して表現したりする際に用いられる言葉であり、例えば「何卒ご承知おきください」という表現で用いたりすることもできます。

一見すると念頭に置くという言葉と直接的な関わりがないように感じるかもしれません。

しかし、よく考えてみると意味が通じる部分があり、何卒という言葉は「お願いしている事柄をどうか」という意味が転じたものだといわれています。

事柄が「何」、をが「と」、どうかが「ぞ」になっており、それが最終的に何卒という言葉になっているということです。

そして、「お願いしている事柄をどうか」という言葉を考えてみると、念頭に置くという言葉と共通した部分を感じることができるはずです。

なぜならば、念頭に置くとは心に留めるという意味になり、何卒は自分がお願いしている事柄をどうか(心の中に留めてください)という意味で考えることができます。

なので、念頭に置くという言葉と何卒という言葉は似た意味がある敬語表現であるといえます。

【何卒の使い方は、こちらの記事もチェック!】

使い方

ここまでは念頭に置くという言葉の敬語表現をいくつかご紹介してきました。

ある程度念頭に置くという言葉について理解いただけたところで、ここからは念頭に置くという言葉の使い方についてご紹介していきます。

ビジネスのシーンで用いたりする場合は敬語表現で表現することも多いですが、場合によってはそのまま用いたりすることも多くあります。

では、念頭に置くという言葉を直接表現する場合どのような使い方ができるのかご紹介していきたいと思います。

念頭に置く必要

まず初めにご紹介する念頭に置くという言葉の使い方として「念頭に置く必要」という言葉が表現できます。

これはどういう意味なのかと言うと「心の中にとどめる必要」という意味になります。

つまり、なぜ特定のことを念頭に置かなければいけないのかという必要性を相手に伝える際に用いることができる表現方法です。

相手に対して念頭においてほしいことを伝えたりする際に、当然相手からすればなぜそれを念頭に置かなければいけないのか疑問に感じることもあるはずです。

そのような際には念頭に置く必要という言葉を使って、相手に説明をしたり、その必要性を聞いたりすることができるといえます。

念頭に置いて

次にご紹介する念頭に置くという言葉の使い方として「念頭に置いて」という言葉が表現できます。

念頭に置いてとはどのような意味なのかというと、そのままの意味で「心の中にとどめて」という意味です。

念頭に置くという言葉を表現する上で非常にシンプルな表現方法の一つだといえます。

特にビジネスのシーンでは、自分と同じ立場の人間や自分よりも下の立場の人間に対して何かを依頼したりすることが多いです。

そのような場合には念頭においてという言葉を使うことによって重要なことを相手に伝えたりすることができるので、基本の使い方の一つとして覚えておいてください。

ビジネスの場では注意が必要!今一度確認を

今回は念頭に置くという言葉をテーマにして、念頭に置くという言葉の意味や念頭に入れるという言葉との違いについてご紹介していきました。

ビジネスの現場においては様々な上下関係の中で仕事を行うことが求められます。

その中で仕事を行うということは、相手によって最適な言葉づかいを選んで表現しなければいけません。

念頭に置くという言葉は非常に利便性が高い言葉ではありますが、その場その場によって適切な形に変換して使わなければいけません。

間違った使い方をしないように、今一度念頭に置くという言葉の敬語表現などを正しく理解し、最適な使い方ができるように確認しておきましょう。