同級生や職場に「天然」な人っていますよね。

天然な人を見ていて皆さんはどう思いますか?

「おい、そんなんで、大丈夫かよ!?」って心配になりますか?

それとも「いつもそのキャラには助けられる~!」と癒してもらっているのでしょうか?

逆に自分が天然キャラだと自覚している人はどうでしょう?

自分の天然さに気づかないから天然なんでしょうけど、それでも薄々自分が天然だと思っている人は心配事の方が多いんじゃないかと思うんです。

だって自分が天然だとわかってて心配事ない人って、その天然キャラの半分は自演な臭いがプンプンします。

たぶん、天然な人って、自分では周りと合わせようと思ってるのに、ついついマイペースになったりして、周りを困らせてしまったりすることを気に病んでるはずです。

「私ってどうしてこうなのかな…」って落ち込むことあるんじゃないでしょうか?

でも、一方でそのキャラが誰かを癒したり、周りより若干遅れ気味で息を切らしている人に歩調を合わせられたりできているはずです。

今回は、そんな天然な人がそのキャラを思う存分発揮できる仕事をご紹介しようと思います。

余計なお世話なのは百も承知です。

興味のある方はどうぞご覧下さい。

天然な人に向いている仕事4選とその理由

まず、天然な人のいいところは、考え方にもよりますが、「マイペース」なところや「(ストレスなどに)にぶい」ところ、「人に多くを求めない」ところではないかと思います。

そんないいところが活かせる、というかやもすればマイナスに見られがちな特徴がプラスにとられる仕事場を探してきましたのでご紹介します。

1.介護職


今後、いや既に日本は少子高齢化社会に突入しており、高齢者を介護する現場ではもっと多くの介護スタッフを必要としています。

ただ、この仕事、ご存じかとは思いますが専門的な技術が必要なことはもちろん、相手が人間であるがゆえに、被介護者の精神的ケアは身体のケアよりも重要な仕事なのだそうです。

被介護者との信頼関係も作らなければならず、肉体的にも精神的にも非常に骨のおれるお仕事だそうです。

しかしながら、そこにやりがいを感じ、介護士の道を選択する若者も少なくはないようです。

ただ、それでも人手が足りないのが現状だそうです。

そこでといってはなんですが、天然な人はこの介護の仕事にとても向いているように思います。

何よりも、被介護者の精神的ケアが、その生まれもったキャラによって上手くやってのけることができそうに思います。

細かく説明すると…

安心感を与えることができる

誰でも人に迷惑はかけたくないもの、寝る、起きる、食べる、歩く、風呂にはいる、用を足す。

なんて日常的な事を他人の手を借りなければならなくなった時、あなたならどんな気持ちになるでしょう?

そんなことまで他人に助けてもらいながら生きていたくないと思う高齢者もずいぶんいるらしく、中には自ら命を絶つ方もいらっしゃったそうです。

それだけ、他人から介護してもらうという事は被介護者に「情けない」、「辛い」思いをさせているのかもしれませんし、介護してくれる方に対する「申しわけなさ」も計り知れないものがあると思います。

その他にも「この人(介護士さん)本当はめっちゃ怖い人だったらどうしよう。」とか、不安などもあることでしょう。

とにかく、介護してくれる人に対してかなり気を使うわけです。

また一方で、介護される側がそれだけ気を使うとなると、介護する側も相当気を使います。

自分の家族ならともかく、他人を介護する場合、被介護者それぞれの勝手が掴めず、苦労します。

このように、介護の仕事は他人のプライベートの結構深いところにまで介入するという意味でも大変です。

だからこそ、天然な人にお勧めしたい。

というのは、天然な人の特徴として、あまり周りに対して細かい関心がないところがあります。

先にこの特徴のマイナス面を言うと、「最終的に他人がどうなろうが知ったこっちゃない」と考えてそうと思われそうな性格です。

しかし、その反面、人付き合いの中で他人に対して好き・嫌い、得意・苦手という相手を作らないというプラスな面があります。

分け隔てなく、誰に対してでも、変わらない態度で接することができます。

なので、千差万別の被介護者達に対して、深く考えず、ある意味肉体的ケアも精神的ケアもマニュアル通りにこなせるはずです。

そこに「心」が無い訳ではなく、被介護者に対する思いやりは当たり前にあるけれども、個人的に細かく気遣うというところまで考えが及ばないのでしょう。

けれど結果的に、必要以上に被介護者に対して気を揉むこともなく、考えすぎて心が疲れることもありません。

そして、そうやって、変に気を使わず皆と平等な態度でしっかりやることだけはやってくれる天然な人に対し、被介護者たちは安心感を抱くことになると思います。

のんびりした雰囲気が好まれる

介護職や医療関係のお仕事でなくてもそうですが、仕事している人にも家庭があり、面倒を見なければならない子供がいたり、早く帰って作らなければならない晩御飯があったりします。

すると、どうしても「目の前の仕事を早く終わらせておきたい」という心境に陥り、普通に進めても時間内に終わる仕事でも、なんとなくセカセカ急ぎ足でやろうとしてしまいます。

まあ、もちろん何でも早く終わらしてちょっとでも自分の時間を作りたいという欲求が、忙しい現代人には皆あるってことも大きな理由のひとつでしょう。

そんなわけで、とかく早く終わらせたら今日の仕事はそれでおしまい。

みたいなお仕事では皆、もちろん真面目に、頑張って急いで終わらそうとしますよね。

それが介護の場合、何か物を作る仕事ではなくて、人のお世話をする仕事ですから、相手のペースというものがあります。

例えば、この後介護側に何らかの用事があって、とにかく、今の現場を早く終わらせたいという気持ちで介護されたら、どうでしょう?もしくは、実際に態度に出ちゃって粗っぽく介護されたら、悲しいですよね。

もちろん、介護する側はこんな人ばかりではないですし、介護の仕事をする上で、そんな気持ちで介護することは絶対に許されないと戒められているはずですから、ゼロである可能性もあります。

しかし、人間ですので、本当ところは「早く終わらせたい」「早く帰りたいのに」と思う日もあるはずです。

そんなお仕事だからこそ、あまり物事に対して細かくこだわらないのが善さの天然な人であれば、しっかり勤められそうに思います。

天然な人なら、どこに勤めても、誰のところへ訪問しても、自分のプライベートはもちろんのこと、後の事など後で考えればよいわけで、その現場に集中してくれるはずですから、被介護者も限りなく自分のペースで介護してもらえます。

だいたい介護される人は普通の人より何でもペースが遅いのは当たり前です。

普通の人からするとのんびりしてるなと思われるかもしれませんが、被介護者にはそれぐらいの時間が必要なわけで、もちろん、急いでいないわけでもありません。

だから、ちょっと時間がかかっても、全く気にせず、のんびりしている天然な人の様子が被介護者に更に安心感を与えるはずです。

コツコツ進めることができる

あまり周りを気にしないマイペースな性格の天然な人にとると、誘惑も少なく、介護の勉強も仕事も集中し時間をかけることができるでしょう。

周りを気にしないという特徴は「人の話をあまり聞かない」というマイナスな部分も含んでいますが、自分の興味のあることなら別です。

先輩の指導や被介護者の要望をよく聞き、マニュアルや介護要領などのテキストは穴が開くほど熟読することだと思います。

コツコツと時間をかけながらも、確実に介護の仕事を覚え、慣れ、その道のスペシャリストになるはずです。

あまりストレスを感じない


何度か話に出てきたように、結局、介護の仕事は非常に気を使うお仕事です。

つまり、ストレスがたまりやすい仕事で、長く続けられない方もいます。

それで、言い方は悪いですが「にぶい」のが取り柄でもある天然な人なら、そんなストレスがたまりやすい介護のお仕事もなんなくこなせそうです。

どんな仕事でもストレスはあり、世の中にストレスフリーな仕事って無いと思います。

その為、時として、ストレスを感じないタイプの人やストレスフリーに(な感じで)働いている人を見ると、羨ましいどころか、憎くさも覚えた経験が皆あるのではないでしょうか。

これこそ、天然な人が希に周りから嫌われたり、腹を立てられたりする要因です。

本人はなにも悪いことはしてないのにね。

ちょっと、話が逸れましたが、つまり誰もがストレスをためてしまうお仕事なればこそ、ストレスに強い、いや感じない、「にぶさ」という長所をもつ天然な人にはもってこいのお仕事だと思います。

2.クレーム処理

最近は大手企業ともなると、通販系のみならず、運送業でもメディア関係でも、顧客からのクレームを処理する人は、「最初に電話をとった人」ではなくて、ちゃんと専門の「クレーム対応チーム」みたいなのがあるそうです。

「お客様相談室」なんてのがどこの企業にもありますが、クレーム対応する人達を聞こえが良いように呼ぶと、そういう呼び方になるのでしょうね。

やはり、クレーム対応というのも、そこそこテクニックの必要なもので、マニュアルなんかもあるんでしょうね。

おっとここで言う「お客様」にあたる人がこれを聞くと非常にまずいことになりそうですが、お許しください。

お客様のご意見をクレームと呼ぶからいけないんですね。

ただ、クレーム対応というのは、そもそも「クレームをはね除ける」為だとか、「いちゃもんを論破する」為の仕事ではありませんし、例え決まりきった対応マニュアルなんかがあったとしても、それは変な対応や言葉遣いによって顧客の不満をさらに増大させない為にあるものです。

あくまで、顧客満足の為に設置されている部署であることをなんとかご理解いただきたい。

さて、では、なぜ天然な人がこの「クレーム対応」という仕事に向いているのかということなんですが、以下にそう思う点をご紹介します。

冷静な判断ができる

売った物やサービスが価格に見合わないときや、同じ物やサービスを買ったはずなのに他の客より自分が買ったものの質が低いという場合に人はクレームします。

ですから、クレーム対応というのは、同じ物やサービスを売ったはずなのに違うものや質が悪いものがあったときに対応するというふうに考えるべきです。

つまり、売ったモノに焦点を当ててクレームについて考えなくてはなりません。

しかし、これをお客さんが男か女か、子供か大人かなど、性別や年齢によってクレームの質を判断したり、声の大きさや論調といった怒りの度合いでクレームの受け取り方を変えたり、客の期待度や二次的な損失の大きさによって対応の篤さを変えてはいけないはずです。

しかし、クレーム対応に慣れていない新入社員などはどうしても相手を見てしまいます。

また、その物だかサービスだかを売った当の営業スタッフであったりすると、どうしても自分の顧客贔屓になってしまいます。

しかしながら、この仕事を天然な人がすると、クレームに対して、冷静に判断し、かつ平等に対応することができるでしょう。

天然な人の特徴として、マイペースなだけに人の感情や気持ちに同調しない、というかする術を持たないというところがあります。

それについてマイナスな面を先に言うと、友達から相談をされても自分が本当に興味のあることでなければ良い助言ができなかったり、悩みを打ち明けられても、一緒に悩むことはできても、人の悩みなので、その友達ほど重く捉えられないという面があります。

この結果、友達から「ねえ、真剣に聞いてる?」とキレられたりしたことも多いのではないでしょうか。

以上マイナス面ですが、とは言えです。

これって別に悪いことではないはず。

友達が天然な人に求めるものが大きすぎるために起こりうる感情のすれ違いなわけですから、天然な人には全く悪気はありませんし、迷惑もかけていないはず。

この「にぶい」ところや「他に同調しない」ところが、天然な人がクレーム対応において冷静な判断ができると思う理由です。

「売ったものと違ったものを買った」ことに対してのみ対応していく、あるいみ図太いポリシーが天然な人の中に一本あり、相手が何であろうが、どんな気持ちであろうが、ルールに従って業務できるはずです。

神経質になりすぎず対応できる

クレーム対応に失敗すると、その会社のイメージに影響を及ぼす可能性もあります。

だからこそ、各社クレーム対応のプロを養成もしくは、雇用し、わざわざお客様相談室を設けているわけです。

「会社のイメージダウンに繋がりかねない…」おそらく、その会社のクレーム対応の任に就くものはみなそう言い聞かせられ、「だから、真摯な態度で丁寧な対応を…」と戒められているかと思います。

ですので、クレーム対応を仕事とされている方の心境いかばかりか。

大変なお仕事だと思います。

しかし、あまり「会社のため、会社のため~!」と神経質になって受話器をとるのは、ご自身にも不満を抱えて電話してくる相手にも良くなさそうです。

そもそも、会社を守るためや、イメージアップの為に「クレーム処理班」がいるわけではないわけで、顧客が納得する対応をすることが、会社を守ることであり、贔屓をしない会社というイメージを持ってもらうことに繋がります。

また、「買った商品が不良品だった為に、その商品を使おうと思っていた日に間に合わず、何だか色々台無しにってしまった」等々の話をクレームに載っけて電話してくるお客さんもいますね。

もちろん、その話が本当だとしたら、本当に申し訳ないことをしたと、直接売った本人じゃなくても、またその会社に雇われただけのクレーム対応スタッフだったとしても、胸が痛みます。

しかし、だからと言って、いち社員がどうこうできる問題ではないし、あまり相手の不憫な話に感情移入しすぎないことが大切です。

こういった業務だからこそ、やはり天然な人にはおあつらえ向きであると思います。

もちろん、神経質にならない性格の天然な人が、「会社のイメージなんて関係ない」とか、「客が困ったってどうしようもないもんはどうしようもない」なんて思っているとは思っていません。

どうしようもないことって世の中には沢山あり、毎日のように起こって消えていっています。

「どうしようもないことだけれども、ここまでは何とかしましょう」というのがクレーム対応、クレーム処理です。

これを冷静にルールに則って行っていけるのが天然な人であると思います。

感情が一定である

「感情が一定」というのを良いように言うと、「精神的に安定している」と言えます。

天然な人の特徴として、あまり感情的にならないところがあります。

時として、それが仇となり、周りからは「なに考えているかわからない」と思われたり、「人の話をあまり親身になって聞いていない」というような印象を持たれます。

確かに、クレームする客の側からすると、「お電話有難うございます」から「それは大変申し訳ございませんでした」まで、同じテンションで受け答えされたら、「本当に申し訳ないとおもってんのか?」と更に怒りが大きくなってしまう可能性があります。

ま、しかしそれも「声のトーン」や「話し方」を改善すればなんとかなる問題にすぎません。

クレーム処理のお仕事をするとなったら、おそらく、訓練を受けることでしょう。

本気で怒っているお客様には知られたくない事実ですが…
さて、本当に必要なスキルは「精神的に安定している」という点です。

相手がいくら怒っていても、また逆に困り果てて泣きそうでも、その相手の気持ちに流されない精神的安定感が天然な人にクレーム処理のお仕事をお勧めするゆえんです。

たまにワイドショーなんかで、あまりにも理不尽かつしつこいクレームに対して、逆ギレして喧嘩になっただとか、会社のイメージとキチガイじみたクレーマーとの板挟みになって土下座までしてしまったとか、ちょくちょく見ます。

だから、そういった局面に直面したとき、感情が一定である天然な人のキャラなら、腹をたて事を荒立ててしまったり、必要以上にお詫びをすることもなく、クレームに対して確実な処置ができるはずです。

まるで「感情の無いロボットのようだ」と言われるかもしれませんが、そうではありません。

必要以上に怒ったり泣いたりする必要がないという話です。

3.保育士

保育士と言えば「待機児童問題」。

つまり、保育士が足りなくて保育園が保育児童の許容数を増やすことができず、保育機関で保育を受けられない児童が増えている問題です。

今は少し緩和されてきたのかな?

それにしても、毎年保育士養成のカリキュラムを受けて、保育士免許をとる人はそこそこいるのに、一向に保育士不足は改善しないのは、過酷な労働条件にあると言われています。

ざっくりズバッというと「低賃金」がすべてみたいです。

一度は保育士になって保育機関で働き始めたものの、想像以上にキツイ仕事であるため、定着率はあまり高くはないそうです。

そこで、この保育士のお仕事を天然の方にご紹介するにあたって、確認しておきたいことがあります。

それは、絶対条件として「子供が好き」でなければなりませんよと言うことです。

いくら、こちらから天然の人には保育士向いてるよとお勧めしても、根本的に「子供が好き」でないと始まらないお仕事です。

今の現状を改善していくには時間がかかりそうです。

とにかく、子供を愛し、必死に保育の勉強をして保育士になることが大前提で、保育士をやっていくかどうするかは、実際の仕事の過酷さやその労働にみあわない安月給といった問題に直面してから考えましょう。

感情的にならない

「クレーム対応」のお仕事の項で紹介した通り、天然な人は得てして「感情が一定で安定している」特徴があります。

それがやはり、血の通っていない機械のように思われてしまう面もあり、保育の現場でも「この先生大丈夫なの?」と保護者や他の保育士からも心配されることがあるかもしれません。

しかし、その反面、感情的にならずに子供を指導することができます。

保育士も人間ですので、相手は子供とわかっていてもイライラさせられる時があるはずです。

特に年長クラスともなると親も手を焼く生意気揃いなことでしょう。

ついつい「指導」を忘れて「怒る」ようになったりします。

そこのところを天然な人なら、誉めるべきところで誉め、叱るべきところはしかるという、ある意味マニュアル通りに子供達を指導できるはずです。

マニュアル通りというと少し失礼かもしれません。

最初に確認した通り、保育士になる上で、天然な人のみならず、皆「子供が好き」でなったわけですから、子供を愛する気持ちからする指導に変なすれ違いなどは起こらないはずです。

常に笑顔でいることができる

ここまでに紹介してきたように、天然な人というのは、人当たりよく、ストレスに強く、クレームにも強く、そして興味の無い事の細かいことはあまり感心を持たない為、普通の人と比べて悩みごとも少ない方です。

なので、割合笑顔でいるときが多く、本人も気づかないうちに顔が笑ってたりするそうです。

この常に笑顔でいることができる能力は、履歴書には書けませんが、非常に重宝される能力です。

ことのほか、子供と毎日接する仕事では、プライベートでなんか悲しいことがあっても泣きながら仕事場に来ることはできません。

人が子供でいられる期間には、できるだけ毎日を楽しく過ごさせてやるべきで、その頃に世の中は希望に溢れ、将来は明るいものだとなんとなく心に刻み付けてやらなければなりません。

もちろん、大きくなれば、早い人で小学校ぐらいから世の中はストレスに溢れ、将来は想像以上に大変だと思い直す人もいます。

そうやって大人になっていくわけですが、どれだけストレスにまみれ、大変だと感じるかは人それぞれであって、やっぱり小さい頃感じていた明るく楽しい世界だと思える大人もいるはずです。

だから、とりあえず集団生活の一番最初あたりは、子供達にはポジティブになってもらわないといけないのはお分かりいただけると思います。

いつも面倒を見てくれる保育士さんが、ニコニコしていなかったら、子供達もその年頃からすでに、なんとなく未来ってめんどくさそうだと思い始めるかもしれません。

そんな小さい頃からそんなこと思っちゃうその子の人生、大丈夫でしょうかね。

ポジティブである

いつも笑顔でいられるぐらい、考え方がポジティブなのが天然な人の特徴です。

そのポジティブさは子供達にも良い影響を与えることだと思います。

そして、保育の現場の過酷さや、驚きの安さのお給料などの現実を目の当たりにしても、ポジティブに考えて、子供が好きだからやりたかったこのお仕事を続けていくことができるのではないでしょうか。

とは言え、現実は過酷なもです。

どれだけポジティブに考えても離職せざるを得ない実状もあろうかと思います。

男性となると、今の社会ではまだまだ一家の大黒柱として位置付けられることが多いわけで、家族を養う責任のある男性が、給料以上に得られるものがあるとポジティブに考えても、やはり月収12~15万程度では、共働きであっても大変です。

そして、女性においては、妊娠や出産のために一旦離職したが復職は諦める方も多いようです。

それはやはり、クラス運営のために夜遅くまで準備や会議があったりすると、自分の実の子供の面倒を見る時間も無くなったり、そしてやはり月収の少なさなども頭に引っ掛かり、戻ってこれないという元保育士さんが多いようです。

また、毎日の忙しさに追われて、自分自身に子供を授かることもできず、妊活のため退職する女性保育士も少なくはありません。

従って、ここでは、保育士という大変な仕事において、今の現状、国家の微弱なフォローでは、その過酷さから離職もやむ無しと言えますが、そんなお仕事だからこそ少しでもポジティブに考えられる人の方が向いているという意味で、天然な人にどうかとご紹介しています。

空気を読み過ぎないため、人間関係も良好

先の項でも述べた通り、天然な人は神経質になりませんので、保護者達に気を使いすぎて自分自身がしんどくなるようなことはないでしょう。

逆にそのマイペースな雰囲気が、保護者からも人気を集める事と思います。

もちろん、保育はしっかりやった上でですけど。

親も人間ですし、同時に保育士も人間です。

その二組の人間が一人の子供の1日を半分ずつ面倒見ているのが保育なんだと思います。

だから、親と保育士側で連絡帳を交換しあったりしながら片方は自分の子を、もう片方は他人の子について考えて意見交換していくわけです。

時として、実の親とまだ子を持たない大学出たばかりの若い保育士とかで意見の食い違いがあったりもするでしょう。

そこらへんは、介護職でもクレーム処理でも力を発揮できる天然な人なら、必ずこの保育士の苦労のひとつ、保護者との人間関係においても上手くやってのけることでしょう。

4.飼育員

「飼育員」とは、動物園や水族館などで生き物の世話をする人のことです。

動物達の生態を理解し、健康に、そしてできるだけストレスなく生活させることが重要なお仕事です。

具体的にはエサやりから、寝床作り、体調チェックなどして、動物園の開園準備。

それらの行程において、エサや動物自体といった重いものを運んだり、排泄物の処理などといった重労働もあります。

また、動物によっては朝早く、もしくは夜遅くまで状態をチェックしてやらなくてはならないものがいたり、大型の動物や獰猛な肉食系の動物を担当するとなると、命の危険にさらされる可能性も無くはありません。

よっぽど動物好きじゃないとできない仕事ですが、動物好きな人には憧れのお仕事でもあります。

ですので、このお仕事を天然な人には向いていると言う前に、天然な人だけでなく、皆の第一条件として「動物好き」でなければなりません。

それと、もうひとつは天然な人にありそうなことなんですが、「動物好き」ではあるけれども、ある単体のみを異常に愛しているという人もいるかもしれません。

「猫は好き、でも犬は嫌い」では、このお仕事は勤まりませんので、悪しからず。

では、動物(全部)好きな天然な人はどうしてこのお仕事に向いているのか見てみましょう。