生きていれば、涙が止まらないほど悲しい瞬間に直面する事もあると思います。

しかし、人前なのにも関わらずボロボロと涙を零してしまえば、周りの人達の方が対処に困ってしまう場合もあるでしょう。

そこで今回は、“涙が止まらないほど悲しい時の8個の対処法”をご紹介!

さらに、“涙が止まらない2つの理由”と“涙を抑える方法”と“人前でかわいく泣く方法”も教えちゃいます。

「涙脆くて困ってる」「人前で泣くのは恥ずかしい」という人は、これを見ればその悩みも解消するかもしれませんよ!

涙が止まらないのはなぜ?理由は大きく分けて2つ!

涙が止まらない時の対処法を見ていく前に、涙が止まらない理由を把握しておく必要があります。

涙が出た時に対処出来たとしても、そもそもの原因を解消しなければ、根本的な解決にはなりません。

それだと、きっかけがある度に涙が出てしまうでしょう…。

それでは意味がありませんよね?

実は、涙が止まらない理由は、大きく分けて2つだと言われているのです!

以下にその理由を挙げていくので、原因が分からずに困っている人は是非参考にしてみて下さいね。

肉体的原因

涙が止まらない原因でまず最初に確認すべきは、身体に不調がないかという事。

みなさんは、最近ちゃんと休めているでしょうか…?

睡眠を十分に取れていない時、体調を崩している時、「疲れている」と感じた時などに、涙脆くなるのは珍しくありません。

異常なまでに涙が止まらないのは、身体に疲労がかなり蓄積されているサインの可能性もあります。

オーバーワーク気味の人や普段から無理をしている自覚がある人は、注意した方が良いでしょう。

もし、「不調や疲れがなかなか取れずに、涙も溢れて止まらない…」という状況が続くなら、身体に限界が来て状況がさらに悪化する前に、医療機関での診断も検討した方が良いかもしれませんね。

ドライアイ

肉体的原因にはドライアイも含まれます。

ドライアイは現代病の一種であり、PCやスマートフォンや携帯ゲーム機の長時間使用などにより、目を酷使しているとなりやすいとも言われますね。

他にも、まばたきの回数が少なかったり、エアコンやコンタクトの使用による目の乾燥などがドライアイになる原因として挙げられます。

ドライアイは目が乾燥して、目の表面に涙の膜を作る事が出来ない状態。

涙の膜がない分、目の表面が傷付きやすくなるのですが、身体がその傷を修復しようとして、異常な量の涙を出す事があるのです。

さらにドライアイは、異物混入や冷たい風などの刺激すごく弱いので、身体が刺激から目を守ろとして涙の分泌を促すので、涙が止まらないという症状が起こります。

ドライアイや疲れ目はストレスとも密接に関係しているので、ドライアイの原因もしっかり把握しておく必要があるでしょう。

精神的原因

涙が止まらないのは、精神的原因の可能性もあります。

心が休まらなかったり、不安やイライラが募っている状態だと、ウルっとする程度の場面で、ボロボロと涙が止まらなくなってしまう事があるのです。

それでは、具体的に何が涙が止まらない原因に影響するのかを見ていきましょう!

ショックなことがあった

悲しくて辛い経験はいつ襲ってくるか分かりません。

例えば、大きな失敗・夢や目標の挫折・失恋・大切な人との別れなど、そんなショックな事が起こった時は、精神的にも大きなダメージを負うもの。

すると、涙が溢れてなかなか止まらないという事があるでしょう。

こういう場合、気持ちが立ち直るまでは、悲しい気持ちを思い出して泣いてしまう事が多いかもしれませんね。

環境の変化による不安や焦り

引っ越し・新年度・入学式や入社式などで環境が変わったり、結婚や出産をして生活スタイルが変化したり、転職や部署異動などで仕事の内容が変わるなど、自身を取り巻く環境が激変すると、人は無意識の内に不安や焦りを感じるものなのです。

例えその変化自体が良い事だったとしても、身体や心は慣れない環境に緊張しています。

すると、少しの刺激にも敏感に反応してしまう様になるので、ちょっとした事で涙が出てきてしまう訳です。

また、「新しい環境に早く慣れなきゃ!」とか「頑張らなきゃ!」「上手くやらなきゃ!」などと意気込み過ぎてしまうと、不安や焦りが余計に大きくなってしまう場合もあるでしょう。

そういう気持ちの時に涙が出始めると、なかなか止める事が出来ないかもしれませんね。

我慢の限界を超えている

何かに一生懸命になるあまり、自分の体や心が悲鳴を上げているのに気付けない事もあるでしょう…。

涙が勝手に流れるという状態は、無意識の内に大きなストレスを抱えており、我慢の限界を超えている可能性も考えられます。

こういう場合、涙が止まらない以外にも、異常なまでに落ち込んでしまう事があったり、イライラや不安な気持ちが止まらなかったり、食欲不振で急激に痩せる、または過食により激太りしまうなどのサインがあるはずです。

もし、「辛い」という自覚があるなら、早急に対処する必要があるでしょう。

場合によっては、医療機関で治療して貰う必要も出てくるので、絶対にその辛い状況を放置しないで下さいね?

もう一度言いますが、涙が止まらない時点で限界は超えています。

くれぐれも、「我慢出来る」「まだ頑張れる」などと自分を追い詰めて、最終的に壊れてしまわない様にして下さい。

ホルモンバランスの乱れ

精神的原因にはホルモンバランスの乱れも含まれます。

ホルモンバランスはちょっとした変化にも敏感で、寝不足や偏食や運動不足などの生活習慣の悪化でも、分泌量は簡単に変動するものなのです。

特に女性は、月経周期でホルモンバランスが変化するので、生理前(大体3〜10日前)に「涙が止まらない」とか「気分が激しく落ち込む」などの症状が見られる事も珍しくありません。

これはPMS(月経前症候群)と呼ばれ、他にも激しい頭痛や腹痛、眠気やイライラなどの様々な辛い症状があり、女性の8割がこれに悩まされていると言われています。

そういう時は、出来るだけリラックスした状態で過ごすのが良いでしょう。

また、思春期や更年期に入ると体調も毎日変わり、気持ちのコントロールが上手く出来ない事も多いと思います。

これはホルモンバランスが自律神経の働きを不安定にし、涙が止まらなくなるとも考えられますね。

年齢や性別に関係なく、ホルモンバランスの乱れは起こります。

出来るだけストレスを溜めず、規則正しい生活を送るのが、ホルモンバランスを一定に保つポイントです。

過度のストレス

過度がストレスが溜まると、身体は涙を流す事でストレスを解消しようとします。

なので、普段から泣くのを我慢している人は、ストレスホルモンの排出が上手く出来ていないのと同じなのです。

そのまま大きなストレスがかかり続けると、体調不良を起こす・感情の起伏が激しくなる・情緒不安定により人とのコミュニケーションを上手く築けなくなる・生活や仕事だけでなく趣味や好きな事に対しても無気力になってしまう、などの弊害も出てくるので、本当に気を付けなければいけません。

心に負担がかかりすぎている

上でも似た様な話は何度かしていますが、心に負担がかかり過ぎてしまうと、涙が止まらなくなる事があるでしょう。

悲しい・腹が立つ・悔しい・情けない・切ないといった、負の感情を抱いた時は特に、ストレス反応が強く起きるもの。

ストレスを溜め込まない事も重要ですが、普段からポジティブシンキングを心掛ける事も大切なのかもしれませんね。

思い当たる理由がない

涙は感情が高まった時に出てくるものですが、思い当たる理由はないけど、涙が出てしまう程悲しい気持ちに襲われる事もあると思います。

感受性の豊かさも関係していると考えられるでしょう。

特に思春期は感受性が高まりやすい時期でもあるので、些細な事でよく泣いていた人も多いのでは…?
それと同じで、感受性が豊かな人は様々な感覚を感じ取る分、感情も高ぶりやすいのでしょう。

さらに、大人になると感受性だけでは片付けられない複雑なものが絡み合ってくるので、「特に思い当たる理由はないのに…」という事が起こるのかもしれませんね。

涙が止まらないほど悲しい時の対処法8選!

それではいよいよ、“涙が止まらないほど悲しい時の対処法8選”をご紹介していきたいと思います。

やはり、“悲しい”などのネガティブな感情が生まれた時は、気持ちを切り替える事が重要です。

例え気持ちを上手く切り替える事が出来なくても、それ以上気分が落ち込まない様に、コントロールする必要はあるでしょう。

そこを踏まえて、対処法を1つずつ見てみて下さい。

思いっきり泣く

一人の時に思いきり泣いておくのも、悲しい時の対処法になります。

「泣いてはいけない」と我慢しても悲しい気持ちは解消されません。

それどころか無理をする事で心に負担がかかり、余計に涙が出てきてしまうでしょう。

体の中には様々な器官の働きを司る自律神経というものがあり、その自律神経には緊張や興奮を司る交感神経と、リラックスを司る副交感神経の2つの神経が存在します。

泣くという行為は、副交感神経を刺激し緊張を緩め身体をリラックス状態にする働きがあるのです。

ちなみにそのリラックス効果は、睡眠と同等の心の休息になるのだとか!

なので、泣くのを避けるのではなく、安心出来る場所で周りを気にせず思い切り泣いてみて下さい。

泣き終わった時には気持ちがスッキリしているはずですよ。

環境を変えてみる

悲しみの原因が自身が置かれている環境にあるなら、環境の改善が何よりも有効な対策になるでしょう。

中でも環境を変えるというのは、一番手っ取り早い方法だと思います。

例えば、悲しみの原因となるものから少しだけ距離を置いてみたり、引っ越しや転職などをして新しい環境に身を置くのも方法の1つです。

お風呂にゆっくり入る


バスタブに40度程度のぬるめのお湯を張り、ゆっくりと浸かってみて下さい。

泣いている時というのは、知らず知らずの内に力が入って身体が強張っているもの。

なので、ぬるめのお湯にゆったり浸かり血行を促す事で、身体の強張りを解消するのです。

すると、それだけで気分がラクになりますよ。

お湯に浸かりながら思いっきり泣くのも良いですが、好きな香りの入浴剤を入れたり、好きな音楽を流して悲しい気持ち紛らわすのもアリです。

本当に悲しい時は何もやる気が起きなくなってしまうものですが、そういう時こそ、無理にでも行動して気持ちを切り替える必要があります。

映画を見る

涙が止まらない程悲しい時というのは、その気持ちで頭の中がいっぱいいっぱいになっていると思います。

そんな状況で「何か楽しい事を考えろ」と言われても難しいですよね…?

そんな時は、あえて全く別の事で思いっきり泣くのも対策法の1つ。

オススメは泣ける映画を観て、自分には関係ない架空の出来事で泣いてみるという方法です。

悲しい本を読んで泣くのでも構いませんが、読書は自分のペースで行うものなので、集中力が切れた瞬間やふとした瞬間に、悲しみの原因を思い出してしまう機会も多いと思います。

一方、映画は自分のペースに関係なく、物語がどんどん展開していくもの。

だから、終わるまで映画に集中する事が出来、悲しみを思い出す回数も減るはずです。

この様に、別の事に目を向け意識的に悲しみの原因から離れる時間を作るのも、涙をコントロールするポイント。

逆にコメディ映画で思いっきり笑ってみるのもオススメです。

笑うという行為は深呼吸をしているのと同じ働きがあるので、酸素が全身に回って頭の中もスッキリするはずですし、笑顔になる事で脳が「今は楽しい事をしているんだ!」と察知し、自然と楽しい気持ちになれるはず。

何より笑う事はストレス解消に繋がるので、みなさんも試してみてはいかがでしょう?

掃除をする

どうしようもなく悲しい気分に襲われた時は、部屋の掃除をするのも対処法の1つです。

悲しくて何もやる気が起きないかもしれませんが、一度に全て片付けなくても良いので、「今日はリビングを掃除して、明日は水周りを掃除しよう」といった感じで、少しずつ片付けを進めてみて下さい。

部屋はあなたの心を映し出す鏡とも言えます。

整理整頓が苦手という訳でなく部屋が散らかっているのなら、あなた自身に余裕がなく、心の中が色々な問題でごちゃごちゃになっているのだと考えられるでしょう。

部屋を掃除し整える事で、あなたの心の中の悲しみや新たな解決の糸口が見えてくるでしょう。

それに掃除をして体を動かせば、ストレスも解消されて気持ちもスッキリするはずですよ!

好きなものを食べる


悲しい時は食事も喉を通らない、なんて事も珍しくありませんが、そういう時こそ食べないとダメです!

どんなに食欲がなくても、好きなものなら少しは食べられるのではないでしょうか?

多少辛い事や落ち込む事があっても、美味しいものを食べると元気になれるものだと思います。

それは、好きなものや美味しいものを食べると、脳内で沢山のドーパミン(快楽や快感を司る神経伝達物質)が分泌されるからなのです。

それから、親しい人と一緒に食事をするなど、出来るだけ楽しくリラックスした状態で食べる様に心掛けるのも、悲しみを和らげるコツになります。

未来の楽しい計画を立てる

ものすごく悲しい事があったとしても、すぐにそれから逃れるのが難しい場合もあるでしょう。

そういう時は、未来の楽しい計画を立てて、一時的にでも悲しい気持ちから逃れてみてはいかがでしょうか?

「現実逃避」と聞くとあまり良いイメージを抱かない人もいるかもしれませんが、ストレスの対処が上手い人程、目の前の問題から離れる時間を意識的に作り、気持ちの切り替えを行なっているものなのです。

ちなみに、計画した予定は本当に実行しなくても構いません。

なので、「世界一周旅行」や「宝くじで1等が当たったら」など、楽しい事であれば考える事は何でも良いのです。

ただ、なるべく具体的な計画を立てた方が気が紛れるので、上手く想像出来ないのであれば、旅行雑誌やインターネットの情報を眺めてイメージしてみるのも良いかもしれませんね。

病院を受診する

「何をしても涙が止まらない…」「自分ではどうしたら良いのか分からない…」という場合は、心療内科や精神科で診察して貰い、必要があれば治療を受けましょう。

特に心の病気は目に見えるものではないですし、自分で気付けない事もあると思うので、やはりここは専門医に任せるのが一番です。

中には、「心の病気だと周りに知られたくない」とか「メンタルが弱いのは恥ずかしい」という理由から、その症状を放置してしまう人もいるかもしれません。

ですが、メンタルが弱い事は決して恥かしい事ではありませんし、心の病気にメンタルの強さはハッキリ言って関係ないのです。

ストレス社会でもある現代においては、どんなにメンタルが強い人であっても、精神病を患う可能性があります。

実際、心療内科や精神科には年齢や性別問わず多くの人が訪れていて、それだけ多くの人が心の病に悩まされているのです。

自分で解決出来ない時は、怖がらずに専門医を頼りましょう。

そもそも、医師はその為に存在しているのです。

涙を抑える方法

ここからは、みなさんが1番知りたいであろう、“涙を抑える方法”をご紹介します!

これはあくまで涙を一時的に止める方法なので根本的な解決にはなりませんが、知っておくとここぞという時に役立ちますし、人目が気になるのも少しは和らぐはずです。

思わぬ場面で涙が出てしまった時や、泣くのを我慢しきれなかった時は、是非次の方法を試してみて下さい。

それではチェックしていきましょう!

涙が出る原因を取り除く

涙が出た時に対処するのも大切ですが、もし心に余裕が出てきたら、涙が出るそもそもの原因を取り除きましょう。

まずは原因を把握する為にも、思い当たる事を紙に書き出すなどして、目に見える状態にするのが大切です。

目に見える状態にする事で、対策を練ったり問題解決に向かって踏み出しやすくなるでしょう。

例え些細な事でも原因を1つ1つ潰していくと、「原因が解消されていく!」という実感が持てる様になり、涙が出てくる事も減ってくるはずです。

違う事を考える

涙が出そうな時、頭の中はその問題でいっぱいになりがちですが、違う事を考え、泣く事から気を逸らせるのも涙を抑える方法の1つです。

例えば、最近起こった楽しい事、友達とした面白い話、大笑いした出来事などを思い出してみて下さい。

急に思いつかなければ、好きな歌を頭の中で歌うのもアリ!

明るくノリの良い歌なら気分を上げる事が出来るかもしれませんね。

記憶を辿る事に夢中になれば、それだけで気が紛れるはずですよ。

舌の先を歯で噛んでみる

人の顔面には沢山の神経が走っており、それは互いに作用しているのですが、実は涙腺を司る神経と口を動かす神経にも関係性があると言われています。

つまり、口を動かしたり舌に刺激を与えると、涙が引いていくという効果があるのです!

なので、「涙を止めたい!」思った時は、舌先を軽く噛んだり、炭酸飲料で口の中を刺激したり、飴を舐めたりガムを噛んだりして口を動かしてみましょう。

特に、舌先を噛む方法なら周囲にも気付かれませんし、簡単かつすぐに実践出来ると思います。

舌を噛む力はあくまで軽くで良いのですが、もし痛いのが嫌なら、舌先を丸めて上口蓋に思いっきり押し当てて刺激するのでも同じ効果が得られますよ。

体を動かす

涙と汗は血液から出来ており、涙を流す事・汗をかく事・血の巡りは密接な関係にあります。

汗を大量に流しながら、泣き続けられる人はいませんよね?

つまり、汗をかく事で溢れ出る涙を止める事が出来るのです。

汗をかくには運動が一番!
特にウォーキングや体操などの有酸素運動がオススメです。

他にも上で紹介した、お風呂にゆっくり浸かったり、部屋の掃除をして汗をかくのも良いでしょう。

それから、血流を良くするだけでも涙は止まりやすくなるので、その場で足踏みをしたり(座ったままでもOK)、手でグーとパーの形を作ったり、首を回すといった簡単な動作でも、効果を実感出来る場合があります。

ゆっくり深呼吸をしてみる

深呼吸は興奮物質の分泌を抑え、脈拍を安定させ、気持ちを落ち着かせる作用があります。

さらに、深呼吸にはストレス解消に大きな効果もあるのだとか。

涙が止まらない時は、目を閉じて呼吸にのみ神経を集中させる事が重要です。

さらに、吸うよりも大きく吐く方が大切で、鼻からゆっくりと息を吸い込み、口から同じようにゆっくりと吐き出すのがコツ。

頭の中で、「1、2、3…」とゆっくり10まで数えながら、気持ちが落ち着くのを感じるまで、深呼吸を繰り返します。

(※吸うのに10、吐くのに10のペースです)
すると、気付いたら涙が止まっているはずです。

少し前から女性達の間でヨガが流行っていると思いますが、ヨガは腹式呼吸を始め深い呼吸が取り入れられているので、涙脆い人は趣味で始めてみるのも良いかもしれませんね。

涙を流すのは悪い事じゃない!

泣くのを“悪い事”だと思っている人は少なくないのでは…?

もちろん、泣いた理由やその状況によっては良くない事となってしまうケースもあるかもしれませんが、涙を流す事自体は決して悪い事ではないと言えます!

大人は「子供の様には泣けない」とか「泣いても何も解決しない」という考えがあったり、男性は「格好悪いところを見せたくない」という理由で人前で泣く事に抵抗がある人も多いかもしれませんね。

しかし、適度に涙を流す事は心のバランスを保つのに必要な行為とも言えますし、涙は他にも重要な役割をしているのです。

ストレス発散になる!

「泣いたら気持ちがスッキリした!」という経験をした事がある人も多いでしょう。

実際、涙を流す事はストレス解消に繋がります。

実は、辛い時や苦しい時に出てくる涙には、脳内に溜まったストレスホルモン(=プロラクチンやコルチゾール)が沢山含まれており、泣く事でそれらの不必要な物質を涙と一緒に排出する事が出来る訳です。

上でも少し説明しましたが、涙は感受性が強い事を表すサインでもあります。

涙が出てくるのは、ストレスや溢れ出る感情からあなたを守るための反応であり、心のバランスを保つ為に必要な事なのです。

つまり、涙を無理やり我慢し続けてしまうと、ストレスが上手く発散されないので、心の回復に余計な時間が掛かってしまうとも言えるでしょう。

それから、涙が出ている内はまだ良いのですが、「悲しはずなのに涙が出ない…」という状況に加え、「無気力になっている」と感じる場合は、自力での回復はかなり難しくなっていると考えられます。

こういう時は、なるべく早く医療機関で診て貰って下さい。

だから、涙を止める方法ばかりに気を取られてはいけません!

涙が出る内に傷付いた心をケアし、ストレスの発散と原因の解決を目指す事が何よりも重要なのです。

目に入った異物を出す

目にゴミやホコリなどが入った時に、涙がボロボロと止まらなくなりますよね?

これは、目に入った異物を排除しようとする体の防御反応です。

逆さまつ毛の様に目に異物が触れている状態だと、涙の分泌量が増え、常に涙目の様な状態になります。

また、涙は目に入った異物を出すだけでなく、角膜の乾燥を防ぎ目の表面を保護したり、黒目を覆っている角膜に酸素や栄養を運んだり(※角膜には血管がない)、ものをハッキリと見せたりするなどの重要な役割を果たしているのです。

視界がハッキリと見えるのは、角膜とその上に出来る涙の薄い膜がカメラのレンズと同じ役割を果たすからで、ドライアイなどの病気になると涙の質や量の異常により、涙の膜が上手く張れずに視界がぼやける事があります。

また、泣き出す瞬間などに涙で視界が滲むのは、沢山の水分(=涙)が目の表面で波立って乱れたところを通して見るので、視界がハッキリと見えなくなるのです。

人前でかわいく泣く方法

人前であっても、時にはどうしても泣くのを我慢出来ない事もあるでしょう。

嬉し泣きなら問題ないかもしれませんが、悲しくて涙を流している事がバレると、周りもどう対処して良いか分からない可能性があります。

そういう時は、出来る限り周りに迷惑や気遣いをかけない様にしたいところですよね。

それから女性は特に、「人前でわんわん泣いて、ブサイクだなんて思われたくない!」と考える人は多いでしょう。

そこで続いては、“人前でかわいく泣く方法”をご紹介します!

涙脆くて、よく人前で泣いてしまう様な女性は必見ですよ。

声を出さずに泣く

人前で泣く時は、ワーワーギャーギャー騒ぎ立てるより、声を抑えて涙を流す方が可愛く見られます。

これは、泣くのを我慢している様に見えたり、か弱く泣いている様を演出する事が出来るからです。

特に男性は、女性のそんな姿を見て「守ってあげたい!」「力になってあげたい!」と思うでしょう。

声を我慢せずに泣くのも時には可愛らしく見えるのかもしれませんが、あまりにも大声で激しく泣いてしまうと、周りも反応に困ってしまうかもしれませんね。

顔を隠して泣く

「泣き顔を見られるのは恥ずかしい」と顔を手で隠して泣く事も可愛い泣き顔の1つでしょう。

また、手で隠すのではなく、相手から見えない様に背を向け隠れて泣くのもアリ。

「涙は女の武器」とも言いますが、泣き顔を前面に出すと、場合によっては計算している様に見えてしまうので気を付けましょう!

泣き顔を隠しながら、「見ないで…」という弱々しい一言をプラスすると、さらに男心をくすぐる事が出来るのではないでしょうか?

時折笑顔を入れながら泣く

時折笑顔を入れながら泣く事で、周りの人達に「泣く程悲しくても周りに気を使える人なんだな」と思わせる事が出来ます。

この時、「ごめんね。泣いちゃった…」と一言添えると、さらに好印象に映るでしょう。

無理に明るく振舞う健気さに、思わずキュンとしてしまう人も少なくないはず。

まとめ

今回は、“涙が止まらないほど悲しい時の8個の対処法”、さらに、“涙が止まらない2つの理由”や“涙を抑える方法”、“人前でかわいく泣く方法”など、盛り沢山でご紹介してきましたが、みなさんのお役に立つ情報はあったでしょうか?

上でも言いましたが、涙を流す事は決して悪い事ではありません。

どうしようもなく悲しい時は、気持ちをリセットする為に思いっきり泣く事も必要です。

ギリギリまで我慢してストレスを溜め続けるより、泣いて発散した方が精神的にも良いですし、溜めたストレスを爆発させた時の周りへの迷惑を考えると、何倍もマシだと思いませんか?

「大人だから」とか「男だから」なんて関係ありません!

時には子供みたいにワーワー泣いても良いのです。

くれぐれも無理はしない様に、今回ご紹介した事を参考にしてみて下さいね。